デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

画像のみのランディングページ。効果やメリットについて解説

LPのデザインに関して
2022.6.13
画像のみのランディングページ。効果やメリットについて解説
広告効果の高いLPはデザインの制限もなく、自由に制作できる特徴があります。そんな特徴から、テキスト部分を画像で制作するLPも増えてきています。
画像だけで制作されているLPは通常のLPと、効果に変化はあるのでしょうか。

目次

Googleからの評価について

Googleからの評価について
Google広告でLPを出稿すると、Google独自の評価方法で検索エンジンの順位が選定されます。ユーザーにとって利便性の高いページであると認識されれば広告ランクも高くなりますが、画像だけで制作したLPはこの評価基準に認識されません。
広告ランクの高いページは掲載順位の向上や、クリック単価の低下といった特典が受けられます。ではどうして評価されないにも拘わらず、テキスト部分を全て画像したLPの利用が増えているのでしょうか。

コーディングの手間が大幅に削減される

制作したデザインをマークアップ言語と呼ばれるHTMLやCSSの仕様に沿って形成していく作業をコーディングといいます。制作したデザインをネット上に表示させるために必要な工程で、専門的な知識や情報を要します。この工程はデザイナーやディレクターでは必要スキルが異なり、通常は専門のコーダーが担当します。テキスト部分も全て画像コーディングする事で、通常1日かかっていた作業が1時間で出来たりと、制作工程が大幅に削減(制作コスト削減)されることから画像だけでLPを制作する企業が増えています。

SEOは意識しなくても良い

そもそもLPという媒体はSEOを意識する必要性のないページです。検索エンジンに対しての対策よりも、ターゲットに対して明確に訴求力を高めていくことが目的のためSEOを意識したテキストの導入が不要です。

細かいコントロールが不要

細かいコントロールが不要
テキストを導入すると改行の位置やコンテンツの配置加減が、PCやスマホなどのデバイスごとに変化してしまいます。テキストを画像で制作する事でズレもなく、またスマホの機種によっての表示ズレやプログラムに対応していない機種でも正常に表示することができます。

画像コーディングは必要

画像コーディングは必要
上述した内容から、テキスト部分を画像で制作するLPが増えてきた要因だと考えられます。画像だけを使用しているということは表示速度が遅く離脱率や直帰率に繋がるのではと気にされる方も多いですが、昨今通信速度の改善により、画像のみのLPも快適に表示されるようになってきました。しかし、画像のみのコーディングの場合は容量が大きくなりがちですので、画像の圧縮方法や表示方法に気を使って作ることが大切です。

画像の容量を圧縮できるサイト

各サイトともに画像をドラッグするだけで簡単に圧縮できるサイトです。

コーディングが必要な場合は企業に依頼する

コーディングが必要な場合は企業に依頼する
専門的な知識や技術を要するコーディングは、自社では対応し切れないこともあります。そんな時はコーディングを外注することも視野に入れてみましょう。

デザインからコーディングまで全て請け負ってくれる企業や、コーディングだけを行ってくれる企業まで多数あり、費用や内容、スケジュールなどから都合の合う企業に依頼しましょう。

LPで最も重要な事はコンバージョンへと繋げていくことです。そのためにSEOで効果を発揮したページからLPへと誘導し、コンバージョンへと導線を結ぶ。この流れを円滑にするためにも、せっかく作成したLPの崩れがなく、表示速度の早いクオリティの高いLPに仕上げることが重要になります。
この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。
この記事の画像を作成したデザイナー
所属:株式会社Ryuki Design / 部署:デザイン部
※デザイナー一覧

紙媒体のデザインからwebデザイン(LP制作・バナー制作)までオールマイティーにデザインが可能。
デザインだけではなく構成も得意なハイスペックデザイナー。毎回クオリティの高いデザインをクライアントに提供しています。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    mitekaku