デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

LPデザインを制作依頼!業者の選び方と料金相場は?

2022.5.6
LPデザインを制作依頼!業者の選び方と料金相場は?
ランディングページは作成ツールなどを使用すれば、自分で作成することが可能です。

しかし、成果のあるランディングページを作る際には、豊富な知識を持つプロの力を借りた方が費用対効果の見込みが期待できます。自分で制作することはコストを抑えることができますが、デメリットもあります。

そのため、制作会社に依頼することを視野に入れる方も多いと思います。そこで、ランディングページのデザインを外注する際、どのくらいの料金が発生するのか、大体の相場をご紹介していきます。

これからランディングページの制作をお考えの方は、ぜひご参考ください。

目次

制作会社に依頼するメリット

制作会社に依頼するメリット
個人で制作するか、依頼するかお悩みの方のために、制作会社に依頼することのメリットを2点ご紹介します。

メリット①デザインのクオリティが高い

自分で制作することもできますが、デザインのクオリティが高いのはやはり制作会社になります。また、制作会社は過去に制作したランディングページの膨大なデータや実績を持っているため、ユーザーへのアプローチの仕方がとても上手です。

ランディングページは商品の注文やサービスの申し込みなどをしてもらうために、魅力を伝え、アクションしてもらいやすいように誘導していく流れを作ります。

その流れの先頭になる部分、ファーストビューがユーザーの離脱率を上げるか、下げるかの決め手がデザインです。ファーストビューのデザインが上手く仕上げられていなければ、ユーザーの心を掴むことは不可能と言われるくらい重要な部分です。





メリット②完成までのスピードが速い

完成までのスピードが速いこともメリットです。

制作時間を長く取ることは、利益が生まれるまでの時間も掛かってしまうということです。目的や業種によって制作スピードは変わりますが、自分で制作するよりは圧倒的速さで仕上がります。早く運用できれば、それだけ利益も増える可能性があるため、費用対効果が見込めます。

どこに依頼をすればいいの?

どこに依頼をすればいいの?
制作会社に依頼するとはいっても、Web制作会社やフリ―ランス、広告代理店など様々です。そのため、依頼相場も幅広くなります。

フリーランスのWeb制作者が増えていますが、経験や実力によって仕上がり具合が変わってきます。コストは10万円からと比較的抑えることができ、個人というだけあって柔軟な対応もしてくれるところが多いです。



では、どこで依頼するか迷われている方のために、業者を選ぶ時に確認するポイントをご紹介します。

デザイン料金の相場

ランディングページの制作費は1ページあたり、15万円~30万円と大まかな相場になります。フリーランスの場合や格安業者であれば、10万円以内の可能性もあります。また、制作会社によっては50万円ほど掛かることもあるため、依頼会社によって大きく変わります。



低価格で高品質なランディングページを制作してくれる業者もあるので、事前確認を行うことを忘れないようにしてください。



デザインの制限の有無

まずはデザインに制限がないか確認をして、納得してから依頼するようにしてください。

デザイン価格が安い場合、挿入できる画像素材が少ないことや作成するページの長さによって追加料金が発生することがあります。



そのため、後から別会社に依頼すればよかったと後悔しないためにも、払う金額に対して、どのような制作内容が含まれているのか、最初に確認するようにしてください。



金額よりも実績や仕上がりが重要

ランディングページのデザインを依頼する時、金額だけで判断することがあるかもしれませんが、自分で制作するよりもクオリティが高くなければ、依頼する価値がありません。

また、商材のベネフィットや特徴を理解しつつ、競合他社の上をいく内容でなければ制作する意味がありません。そのため、制作会社を選ぶ際は多くの実績があり、構成提案から修正までしっかり対応してくれるような業者をいくつかピックアップしてください。

そして、選んだ業者の中から、金額の安い制作会社を選ぶという考え方がおすすめです。



最初に高いお金を出したとしても、売れるランディングページで利益を得続けることができれば、費用対効果が高くなります。

制作体制

デザインとは、その会社が良いと言うよりも、その会社に勤めているデザイナー、または外注先のデザイナーのクオリティが高いと言うことになり、会社実績を見ても同じ環境で依頼できるのか?クオリティのブレは無いのか?と言うのを確認する必要があります。すべて制作は外注していると言う場合はデザインのブレが大きい事が多いので、できれば社内でデザイン制作している会社の方が安定したクオリティと納期が期待できると言えます。

発注から納品までの日数 

発注から納品までの日数 
制作依頼会社によっては5日で納品できる業者もありますが、平均だと1か月前後になります。制作会社の案件数や繁忙期によって異なりますので、発注する前にどのくらいの日数が必要か聞いておくことをおすすめします。

zoom_in画像クリックで拡大

制作費用はこちら

ランディングページを発注する前に

ランディングページを発注する前に
ランディングページを制作依頼する場合、金額(後々費用がかかることはないか)・制作内容・日数・素材の有無・実績は最低限確認する点になります。これらの条件が揃うとなれば、10万円から30万円は最低でも必要になりますが、効果的なランディングページの制作が期待できます。



ほとんどの制作会社は、デザインのみの制作だとキャッチコピーやライティングは依頼主が考える必要があります。そのため、構成やライティングなども一緒にお願いする場合、さらに高額な費用が掛かります。制作会社を選定する際は細かな点も確認されることをお勧めいたします。
この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。
この記事の画像を作成したデザイナー
所属:株式会社Ryuki Design / 部署:デザイン部
※デザイナー一覧

紙媒体のデザインからwebデザイン(LP制作・バナー制作)までオールマイティーにデザインが可能。
デザインだけではなく構成も得意なハイスペックデザイナー。毎回クオリティの高いデザインをクライアントに提供しています。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    AMAZON制作