デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

LP制作をお考えの方へ!ブランディングデザインを成功させる秘訣とは?

LPのデザインに関して
2022.5.16
LP制作をお考えの方へ!ブランディングデザインを成功させる秘訣とは?
LP制作をお考えの方に知っていただきたいのが、ブランディングデザインを成功させる秘訣についてです。
そこで今回はブランディングデザインとは何か、ブランディングデザインの考え方、ブランディングデザインを成功させる方法について解説します。
知っていると必ず役に立つのでLP制作をお考えの方はぜひ参考にして下さい。

目次

ブランディングデザインとは何かについてご紹介!

ブランディングデザインとは何かについてご紹介!
テーマカラーの選定、広告・パッケージの作成やWebサイトの構築などのさまざまなデザイン業務があります。ブランディングデザインは、企業の持つブランドをユーザーに視覚的に伝えることを目的としています。

そしてどのようなブランドなのかを知ってもらい、最終的にはロゴをみて信頼できることを目指します。信頼感は固定客の増加につながり、それは価格競争からの脱却につながります。その結果、経営が安定し、商品やサービス開発へ投資できるようになり、品質の高い商品が新たな固定客を生み出すという好循環が生まれます。

特に安価な海外製の商品とも市場を争わなければならない現代において、長期的な繁栄を目指すためにはブランドの構築が必要です。どのような商品やサービスでも、顧客は最初にデザインを目にします。デザインはブランドの雰囲気をイメージさせ、購買に結びつける効果があります。

企業が素晴らしいコンセプトや信念を持っていたとしても、デザインで好感を持たれなければ機会損失になります。ブランディングにおける優れたデザインの基準は、ブランドの世界観やコンセプトをうまく表せているかどうかです。良いデザインにしようと独自性を出しすぎて、ブランドの雰囲気から離れないよう注意しましょう。

ブランディングデザインの考え方について

ブランディングデザインの考え方について
ブランディングデザインの考え方について2つ紹介します。

オシャレなだけのデザインにしない

1つ目はオシャレなだけのデザインにしないことです。よく勘違いされがちですが、見た目を美しくすることだけがデザインではありません。目的はブランドを伝えることですが、お洒落なだけのデザインではその企業のブランドらしさがなく目的を達成できません。

ロゴや社名が明かされていなくてもデザインを見ただけで会社がわかるものは、ブランドらしさがきっちり反映されている模範的なデザインと考えられます。クオリティという点でお洒落さは大切ですが、企業ブランドらしさに沿ったお洒落さであるかが重要です。

ブランドコンセプトを決める

2つ目はブランドコンセプトを決めることです。デザインにブランドらしさを反映するにはまず企業のブランドコンセプトを定めることが必要です。企業が顧客として対象としている人やどんな価値を提供するのかなどを考慮して決めていきます。
コンセプトが決まったらどのような媒体や方法でブランドを伝えるのかを決めます。ブランディングデザインを活用できる領域は広いので、そのブランドの特性やターゲットに合った手段を選択しましょう。複数の媒体でブランドを伝えていくならデザインの世界観を統一することが重要です。

ブランディングデザインを成功させる方法3選

ブランディングデザインを成功させる方法3選
ブランディングデザインを成功させる方法について3つ紹介します。

1つ目:キーワードを抽出すること

まずは、ブランドのコンセプトを決定しデザイン作成に至るまでの重要な鍵となるキーワードを決めます。
抽象的なコンセプトを言語化することで、スタッフの間で共通の完成イメージを持つことができ、デザインを作成する過程でより具体的な作業や指示ができます。キーワードを決める際は、できるだけ多くのアイディエーションを経て、たくさんの候補の中から核となるものを探しましょう。
この作業を行うことによってより具体的なブランドコンセプトを導き出すことができます。  

2つ目:ブランドコンセプトを明確にすること

ブランドコンセプトを導き出すキーワードが得られたら、コンセプトの構築を行いましょう。ブランドコンセプトは、キャッチフレーズのように一言で言い表せるものがよく、端的に表すことでより強いメッセージが伝わります。

3つ目:デザイナーにコンセプトを正確に伝えること

デザインを新しくするだけでは、ブランディングデザインとは呼べません。
ブランドのコンセプトを視覚化し、メッセージとして伝える必要があります。そのためには、デザイナーにブランドコンセプトを正しく理解してもらわなければなりません。デザインを発注する際、キーワードを基にして色彩やフォント、画像などのデザイン要素を決めたり、参考サイトや素材などを集めたりといった作業がとても大切です。 それではここからはブランディングデザインの成功事例をいくつかご紹介します。

レッドブル

カフェインが含まれたエナジードリンクという商品の特徴をそのまま宣伝するのではなく、「レッドブル、翼を授ける」というキャッチコピーを前面に打ち出し、独特の世界観を作り上げました。

今治タオル

今治タオルは、愛媛県今治市のタオルブランドです。
このブランディングデザインで印象的なのはそのロゴです。赤や青、白の3色のシンプルなマークが表現するのは、今治タオルのイメージそのもので、ブランドデザインのトーンを統一することの重要性を教えてくれます。

企画・サービスからコーディングまで行えるサービス

企画・サービスからコーディングまで行えるサービス
企画からコーディングには大きく4つの工程があります。
株式会社Ryuki Designは楽天市場・Yahoo!ショッピングに出店していたメーカーに勤めていた社長が立ち上げたECに特化したデザイン制作会社です。ネットショップの運営経験もあり、ヤフーや楽天では鉄則である制作スピートとデザインクオリティを最重要視しています。
企画からコーディングには大きく4つの工程がありますが、当社はその4つの工程を全て自社内で行っています。そのため、孫請けが存在せず、常に連携の取れる環境にあるため、デザインや内容にブレが無く、安くランディングページを作ることができます。この章では4つの工程について紹介します。

1つ目:構成・内容を考えること

株式会社Ryuki Designでは、クオリティのバラつきを無くすために社内研修が行われます。 またデザイナーも毎日トップページやランディングページなどの制作を行っておりますので、制作スピードやクオリティが向上しております。
その為、制作費用も安くクオリティの高いページ制作サービスをご提供出来ております。 丁寧なヒアリングにより、訴求ポイントを主軸に情報を整理し、ターゲットの購買意欲に結び付くスムーズなページ構成を考えます。

2つ目:写真撮影

訴求ポイントに合わせて、それをビジュアルで表現出来るように、写真素材を購入して、ランディングページの撮影に特化したカメラマンが撮影を行います。
ECサイトの商材撮影から個人でのご利用もできます。白ゴシック系から廃墟系まで1つのビルの中に複数のスタジオを運営しておりますので、1回の撮影で複数のシチュエーションで撮影が可能です。

3つ目:デザイン

ショッピングモールでは競合他社に負ける内容ではなかなか売れません。
弊社では、お客様の心理的な購買動向を考え、それに沿ったコンテンツ構成を行い、制作しています。

4つ目:コーディング

株式会社Ryuki Designではトップページ、商品ページ、特集ページ、バナーデザイン制作等、楽天に特化してデザイン制作全般を取り扱っています
。企画・制作からコーディングまでが社内完結のLP制作を行っているため、ブランディングデザインにこだわりやすくなっています。LP制作をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

株式会社Ryuki Designのサービスページはこちら

まとめ

今回はブランディングデザインとは何か、ブランディングデザインの考え方、ブランディングデザインを成功させる方法について紹介しました。
この記事を参考にLP制作を進めていただけると幸いです。当社ではデザインを全て自社制作しているので、LP制作をお考えの方はぜひ一度当社までご相談ください。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    賢瓦