デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

AIで革新するLPデザイン!LPのメリットとデザインの注意点

2024.3.29
AIで革新するLPデザイン!LPのメリットとデザインの注意点

効率的なLPの制作と運用は、ビジネスオーナーやマーケターにとっての大きな課題といえます。
特に近年は、高品質なLPを迅速に作成し、その運用をスムーズに行いたいというニーズが高まっています。
そこで今回は、LPデザインのメリットと注意点について解説します。
ビジネスの成果を上げるための新しい手法として、ぜひ参考にしてください。

目次

AIとLPデザイン

AIによるセクション自動生成機能

AIによるセクション自動生成機能

近年、AI技術の進化によりWEBサイト制作のプロセスが大きく変わりつつあります。
中でも、セクション自動生成機能が注目されています。
この機能を使用すると、テキスト入力だけでWEBサイトのセクションのデザインや構成、テキストの自動生成ができます。

セクション自動生成機能の特徴

セクション自動生成機能の特徴

セクション自動生成機能は、ユーザーが希望するセクションのデザインや構成に関するテキストを入力するだけで、最適なセクションをAIが自動で生成します。
さらに、生成されたセクションはレスポンシブ対応が考慮されており、一度に複数のパターンが生成されるのも大きな特徴です。

WEBサイト制作の効率化

WEBサイト制作の効率化

この機能の導入により、従来のデザイン検討やノーコードエディターを用いた実装の時間を大幅に短縮できます。
特に、ファーストビューに使用するキャッチコピーや、制作に時間がかかるフォームなどもAIが自動で生成するため、効率的なWEBサイト制作が実現されます。

AI活用で得られるLPのメリット

1.CVR(コンバージョン率)の向上

1.CVR(コンバージョン率)の向上

LPの最大の特徴は、情報がコンパクトにまとめられ、効果的な導線がレイアウトされている点です。
AIを活用したLPデザインはこの特徴をさらに強化し、アクセスしたユーザーが目的のアクションに至る確率、すなわちCVRを高めることが期待されます。

2.購買意欲の向上

LPの構成は、注意喚起から商材紹介、ベネフィット提示、そして購入への後押しといった流れで作られています。
この流れを踏まえてAIを活用することで、ユーザーの購買意欲を高められます。

3.効果の確認と改善の容易さ

LPの内容は限られているため、効果の測定や改善が容易です。
特に、AIを活用したLPデザインでは、Googleアナリティクスやサーチコンソールを用いたアクセス数や検索キーワードの確認、ユーザー情報の解析など、効果の確認と改善がスムーズに行えます。

zoom_in画像クリックで拡大

制作費用はこちら

AIを用いたLPデザインの注意点

1.継続的な効果測定と改善の必要性

LPは、一度作成・公開しただけで終わりではありません。
AIを活用したLPデザインも例外ではなく、継続的な効果測定と改善が必要です。
ユーザーのアクセス数やアクション率を細かくチェックし、効果的なLPへと進化させていくことが求められます。

2.ベネフィットの強調

2.ベネフィットの強調

ユーザーに伝える内容は、商品やサービスの「魅力やメリット」よりも「ベネフィット」を強調することが重要です。
なぜなら、ユーザーは商品やサービス自体よりも、それを利用することで得られる具体的な利益や効果に興味を持っているからです。

3.情報を詰め込みすぎない

情報を過剰に詰め込むとユーザーは圧倒されてしまい、ページを見るのをやめてしまいます。
必要な情報のみを選び、それを効果的に伝えることが重要です。

4.視線誘導の重要性

4.視線誘導の重要性

視線誘導は、ユーザーの視線の動きをスムーズに誘導する技術で、LPの効果を最大化するためには欠かせません。
AIを活用したLPデザインでも、この視線誘導を意識して配置やデザインを行うことが求められます。

まとめ

今回はLPデザインのメリットと注意点について解説しました。
AIを活用したLPデザインは、効率的なページ作成からCVRの向上、効果測定と改善の容易さなど、多くのメリットを持っています。
また、その効果を最大限に引き出すためには、ユーザーのニーズや視線誘導などの要点をしっかりと押さえることが必要です。
AIを活用したLPデザインで成果を出したい方はぜひ参考にしてください。

この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。
この記事の画像を作成したデザイナー
所属:株式会社Ryuki Design / 部署:デザイン部
※デザイナー一覧

印刷系出身、社内でも数少ない男性デザイナー。メンズ系商材はもちろん、バナーやメルマガまで幅広い案件をこなしながらも作業スピードも◎で時間内に終わらせ、ほぼ残業なく定時退社を実現している、出来るデザイナー!

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ