デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

効果的なシステム系LPを作るための7つの戦略

2023.6.15
効果的なシステム系LPを作るための7つの戦略
現代のビジネス世界では、デジタルプレゼンスが不可欠であり、システム系ビジネスも例外ではありません。成功するためには、効果的なランディングページ(LP)制作が必要です。LPは、見込み客を具体的なアクションへ導くための重要なツールで、その設計と内容は業績に大きな影響を与えます。この記事では、システム系ビジネスに特化したLP制作のノウハウを解説します。各段階における具体的な手順と、成果を最大化するためのヒントを提供します。

システム系のLPを外注するなら専門デザイン会社へ

システム関連のLP制作を得意としたLPデザイン専門の会社なら、構成からデザイン、コーディングまで丸っと依頼が可能です。

目次

システム系LPの目的とは?

ランディングページ(LP)は、ユーザーが初めてサイトと接触するポイントであり、その印象はユーザーの行動を左右します。特に、システム系ビジネスでは、サービスの複雑性を分かりやすく伝え、ユーザーにその価値を理解してもらうことが重要です。ここでは、システム系LPが果たすべき役割とその目的、業界特有の課題とその対策について解説します。

システム系LPの重要性

システム系LPの重要性
システム系LPは、企業が提供する製品やサービスの詳細を示すだけでなく、ユーザーに対してその製品やサービスがどのように問題を解決し、価値を提供するかを示す手段です。LPはユーザーが目的の行動に移るきっかけを作ります。なので、ユーザーが求める情報を明確に提示し、製品やサービスのユニークな価値を訴求することが不可欠です。

成果を出すためのLPの役割

LPの目的はユーザーに製品やサービスの詳細を理解してもらい、具体的なアクションに移すことです。そのためには、LPの設計やコンテンツがユーザーの意志決定プロセスをサポートするようになっていることが重要です。ユーザーがサイトに初めて訪れたときから、製品やサービスを購入するまでのユーザー体験をスムーズにすることが求められます。

業界特有の課題と対策

システム系ビジネスはその性質上、複雑な製品やサービスを提供していることが多いです。そのため、一般的な消費者にとって、これらの製品やサービスの利点や利用方法を理解するのは難しい場合があります。そこでLPでは、専門用語を避け、分かりやすい言葉で製品やサービスの価値を伝えることが重要となります。また、ビジュアル要素を活用することで、ユーザーが製品やサービスを直感的に理解するのを助けることも有効です。

ユーザーニーズを理解する

LPを作成する上で重要なことの一つは、目標とするユーザーが何を求めているのかを理解することです。この理解を元に、ユーザーが製品やサービスに興味を持つ要素や、購入へと動かす要素を見つけ出し、LPに反映させることで、より効果的なLPを作成することができます。ここでは、ユーザーニーズの理解とその活用方法について解説します。

顧客のニーズ分析

ユーザーのニーズを理解する最初のステップは、顧客のニーズ分析です。これには、顧客の属性、行動、欲求、問題点などを詳細に調査することが含まれます。具体的には、アンケート調査やインタビュー、データ分析などを活用することがあります。これらの情報を元に、ユーザーが何を求めているのか、何に困っているのかを理解し、それに応えるLPを作成します。

ペルソナ作成

ペルソナ作成は、具体的なターゲットユーザー像を描き出す手法です。年齢、性別、職業、趣味、ライフスタイルなど、ターゲットユーザーの詳細なプロフィールを設定します。これにより、製品やサービスが解決する問題や、どのようにその問題を解決するのかをより具体的にイメージすることができます。このペルソナを基に、LPの設計やコンテンツ作成を進めます。

顧客旅行マッピング

顧客旅行マッピング
顧客旅行マッピングは、顧客が製品やサービスを購入するまでの過程を可視化する手法です。ユーザーが初めて製品やサービスを知る「認知」フェーズから、情報を収集する「考慮」フェーズ、最終的に購入する「決定」フェーズまで、各フェーズで何が求められ、どのような障害があるのかを理解します。これを元に、各フェーズに対応したLPの内容を設計します。

zoom_in画像クリックで拡大

制作費用はこちら

魅力的なコンテンツ作成

ユーザーがLPに訪れたとき、そのまま離れてしまうのを防ぐためには、魅力的なコンテンツが不可欠です。ここでは、ユーザーの興味を引き、行動を促すコンテンツの作り方について解説します。

ヘッドラインの重要性

ヘッドラインはLPの最初にユーザーが目にする部分で、ユーザーの注意を引きつける役割があります。強烈な訴求力を持つヘッドラインは、ユーザーがページをスクロールして情報を探そうとする動機を与えます。ヘッドラインには、製品やサービスの主な利点や、ユーザーが得られる具体的な結果を簡潔に伝える内容が適しています。 また、ヘッドラインで7割のユーザーが離脱すると言うデータもあり最重要コンテンツになりますのでしっかりと作り込む必要があります。

ビジュアルコンテンツの活用

ビジュアルコンテンツの活用
人は視覚的な情報を処理するのが得意で、テキストよりも画像やビデオの方が情報を素早く伝えることができます。ビジュアルコンテンツを上手く活用することで、製品やサービスの特長やユーザーへの利点を強調し、理解を深めることが可能です。特に、システム系の製品やサービスは抽象的な部分が多いため、ビジュアルを用いて具体的に示すことが重要です。

信頼性の構築

ユーザーが製品やサービスを購入するためには、それに対する信頼が必要です。そのため、LPでは、製品やサービスの信頼性を示す要素を含めることが重要です。これには、顧客の声、導入事例、認証や賞のロゴなどが含まれます。

ナンバーワンイメージ調査

●●●だと思うNo1の様なイメージ調査をしてくれる会社で最安値級

ユーザビリティを重視したデザイン

ユーザビリティを重視したデザイン
LPのデザインは、ユーザーの体験に大きな影響を与えます。使いやすいデザインは、ユーザーが情報をスムーズに得ることを可能にし、その結果、製品やサービスへの興味を持続させることができます。ここでは、ユーザビリティを重視したデザインのポイントについて解説します。

直感的なナビゲーション

ユーザーが求める情報をすぐに見つけられるように、ナビゲーションは直感的である必要があります。分かりやすいメニュー構成や、クリックすればすぐに目的の場所へジャンプできるリンクなどを設定することで、ユーザーの操作をスムーズにします。

情報の階層化

LPには多くの情報が詰まっていますが、それらを適切に整理し、階層化することが重要です。情報の階層化は、ユーザーが求める情報を素早く見つけることを助けます。また、重要な情報を強調し、ユーザーの注意を引く効果もあります。

コールトゥアクションの配置

LPの目的は、ユーザーに何らかの行動を取らせることです。その行動を明確に示し、それを取るための手段を提供するのがコールトゥアクション(CTA)です。CTAの文言や配置、デザインは、ユーザーの行動に大きな影響を与えるため、その最適化に努める必要があります。

LPの表示速度の重要性

ウェブサイトの表示速度は、ユーザーエクスペリエンスを大きく左右します。特に、LPのような目的指向の強いページにおいては、ユーザーが求める情報に素早くアクセスできることが重要です。ここでは、表示速度が重要な理由と、その最適化のためのポイントについて解説します。

表示速度がユーザーエクスペリエンスに与える影響

ページの読み込みが遅いと、ユーザーはストレスを感じ、離脱する可能性が高まります。その結果、コンバージョン率やリピート訪問の機会が減少します。表示速度は、ユーザーがサイトを快適に利用できるかどうかを決定する重要な要素です。

表示速度の最適化のための手法

画像の最適化、キャッシュの利用、不要なJavaScriptやCSSの削減など、ページの表示速度を改善するための手法は多数存在します。これらの手法を適切に組み合わせることで、ページの表示速度を最適化し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることが可能です。

劇的に表示速度を改善してCVRを改善

導入前にA/Bテストをして効果が出れば本導入ができる、メリットしかないシステムです

表示速度の測定と改善のサイクル

ページの表示速度は定期的に測定し、必要に応じて改善を行います。測定ツールを用いて実際の表示速度を把握し、問題点を特定します。その後、上記の手法を用いて表示速度を改善し、再度測定を行うことで、その効果を確認します。このサイクルを繰り返すことで、常に最適な表示速度を保つことが可能となります。

権威性の強調

権威性の強調
あらゆる種類のLPにおいて、製品やサービスの権威性を強調することは重要です。権威性のある情報はユーザーの信頼を勝ち取り、その結果、成約率を高めます。ここでは、権威性をどのように強調すべきかについて解説します。

実績や賞の公表

企業が持つ実績や受賞歴は、その権威性を証明する有力な証拠です。これらの情報をLP上で積極的に公表することで、ユーザーに信頼感を与えます。また、製品やサービスが業界で評価されていることを示すことで、ユーザーの購買意欲を引き立てます。

専門知識の展示

専門知識を展示することも、権威性を強調する有効な手段です。具体的なデータや事例、独自の研究結果などを用いて、自社の専門知識を証明します。これにより、ユーザーは自社の製品やサービスが信頼できると感じるでしょう。

顧客の声や専門家による評価

既存の顧客からの声や専門家の評価も、新たなユーザーへの信頼を築くための強力なツールです。顧客の声や評価を引用し、その成功体験や満足度を他の見込み客と共有します。これにより、他人が製品やサービスに満足していることを見せ、見込み客にもその体験を手に入れる可能性があることを示します。

専門家をキャスティングしたい場合は

各分野の専門家から「オススメ」「使ってます」の様な評価をもらうことで、そのシステムやサービスは権威が付き、他社商材よりも選ばれる可能性が向上します。

効果測定と最適化

LPは一度作ったら終わりではなく、常に測定と最適化のサイクルを回していくものです。ここでは、どのように効果測定を行い、得られたデータをもとに最適化を進めていくべきかについて説明します。

ヒートマップの利用

ヒートマップは、ユーザーがページ内でどの部分をクリックしたり、どのくらいスクロールしたりしたかを視覚的に表すツールです。これにより、どの部分がユーザーの関心を引いているのか、逆にどの部分が見過ごされているのかを把握できます。この情報をもとに、LPのレイアウトやコンテンツの改善を進めます。

高性能で無料なヒートマップツール

離脱防止ツールもついてる高機能ヒートマップです。是非一度ご利用してみてください。

コンバージョン率の測定

コンバージョン率は、訪問者のうちどのくらいが目的の行動を起こしたかを示す指標です。これを測定することで、LPがどの程度効果を発揮しているのかを評価できます。また、コンバージョン率が低い場合は、その原因を解析し、問題点を改善します。

A/Bテストの実施

A/Bテストは、異なる2つのバージョンを同時に公開し、どちらがより効果的かを比較する方法です。これにより、具体的な変更が結果にどのように影響するのかを理解し、より効果的なLPに進化させることができます。
やっぱりLP制作はプロに任せたい!まず制作事例を見る

まとめ

今回の記事では、システム系LPの制作方法について解説しました。まず、ターゲットユーザーの理解が重要であること、そしてその理解を基に商品やサービスの特性を踏まえたバリュープロポジションの設定を強調しました。次に、ウェブサイトの構成について述べ、特に情報の優先度や視覚的な要素の役割について強調しました。

また、権威性の強調の重要性を指摘し、専門知識や経験、評判などを用いて信頼性を構築する方法を紹介しました。さらに、ヒートマップの活用やA/Bテストの実施など、データに基づいた改善の重要性について説明しました。最後に、ウェブサイトの表示速度の最適化とその重要性、そして効果的なキャッチコピーの作成方法についても触れました。

これらのポイントを踏まえ、効果的なLP制作を進めることで、ターゲットユーザーに対する訴求力を強化し、結果的にビジネスの成功につなげることが可能です。

この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。
この記事の画像を作成したデザイナー
彼女は、デザインが好きなパワフルなテレワークママ。自宅からでも、彼女の創造力は息を止めるほどです。デザインへの情熱が彼女をこの業界に引き寄せ、今や彼女は自分の道を切り開いています。家庭と仕事のバランスをうまく保ちながら、彼女の独自のスタイルで美しく鮮やかな世界を描き出しています。彼女のやる気と情熱は、他の人々に希望と勇気を与えています。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    mitekaku(動画)