デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

LPの表示速度を最適化!成功への7つのステップ

2023.6.7
LPの表示速度を最適化!成功への7つのステップ
訪問者があなたのウェブサイトに滞在し、購買行動に至るためには、速いページ表示速度が重要な要素の一つです。特にランディングページ(LP)は初めて訪れるユーザーに対する第一印象を左右するため、表示速度の最適化は必須と言えます。本記事では、LPの表示速度を最適化し、サイト利用者に快適な体験を提供するための7つのステップを紹介します。

手軽に表示速度を爆速にする方法

導入前にABテストで検証できるから、導入リスクほぼゼロ!表示速度の改善で200%のCVR改善実績もあるシステムです。

目次

なぜ表示速度は重要なのか?

なぜ表示速度は重要なのか?
LPの表示速度はユーザーエクスペリエンス(UX)に大きな影響を及ぼします。速度が遅いと訪問者はすぐに離脱し、逆に表示が早いと訪問者はより長く滞在します。また、表示速度はSEO評価にも関わります。

ユーザーエクスペリエンスへの影響

LPの訪問者は情報を素早く得たいと考えています。そのため、ページがすぐに表示されないと、ユーザーはすぐに別のサイトを探す傾向があります。

離脱率との関連性

表示速度が遅いと、訪問者が離脱する可能性が高まります。特にモバイル環境では、ページロード時間が3秒を超えると、ユーザーの約半数がサイトを離れると言われています。

SEOへの影響

Googleはページの表示速度をランキング要素としています。そのため、表示速度を改善することで、検索結果での順位を上げる可能性があります。

表示速度を計測する方法

表示速度を計測する方法
表示速度を改善する前に、現在の速度を正確に把握することが重要です。計測ツールを使用することで、表示速度のボトルネックを特定し、どの部分を改善すべきかを決定することができます。

Google PageSpeed Insights

Googleが提供する無料のツールで、PCとモバイルの両方でページの表示速度を評価します。また、改善点も提示してくれます。

Google PageSpeed Insights

GTmetrix

GTmetrixは詳細な情報を提供する表示速度テストツールです。表示速度だけでなく、その他のパフォーマンス指標も評価できます。

GTmetrix

WebPageTest

これはさまざまな設定をカスタマイズして表示速度をテストできる高度なツールです。複数の地域やブラウザからのテストが可能です。

WebPageTest

zoom_in画像クリックで拡大

制作費用はこちら

画像最適化による表示速度改善

画像最適化による表示速度改善
LPの表示速度を遅くしている最も一般的な要因の一つは、最適化されていない画像です。適切なサイズと形式で画像を最適化することで、表示速度を大幅に改善することが可能です。

画像のサイズを適切に設定する

画像は必要なサイズであることが重要です。適切なサイズに調整することで、不必要なデータ量を削減し、ページの表示速度を改善することができます。

画像の形式を選ぶ

JPG、PNG、GIFなど、画像の形式は様々あります。適切な形式を選ぶことで、画像の品質を維持しつつ、データ量を最小限に抑えることができます。

「JPG」「PNG」「GIF」の違い

■JPG(またはJPEG)
・一般的に写真やフルカラー画像に適しています。
・ロス型圧縮を使用します。これは、画像を圧縮する際に一部のデータを失う形式で、圧縮率を高く設定すると画像品質が低下します。
・RGBカラーモードをサポートしていますが、透明性をサポートしていません。

■PNG
・グラフィックスやテキスト、透明性が必要な画像に適しています。
・ロスレス圧縮を使用します。これは、画像の品質を維持しながら圧縮する形式で、JPGよりもファイルサイズは大きくなりがちです。
・RGBカラーモードをサポートし、透明性もサポートしています。

■GIF
・アニメーションを含む画像や、色数が少ない画像(256色まで)に適しています。
・ロスレス圧縮を使用しますが、色数の制限があります。
・透明性をサポートしていますが、半透明性はサポートしていません。
・GIFは他の2つの形式と比べて比較的古い形式で、現代のウェブデザインでは限定的な用途で使われます。

画像圧縮ツールの利用

画像圧縮ツールを使用することで、画像のデータ量を削減しながら品質を維持することが可能です。例えば、TinyPNGやJPEGminiなどのツールがあります。

TinyPNG

CSSとJavaScriptの最適化

CSSとJavaScriptの最適化
CSSとJavaScriptはLPの見た目と機能を制御する重要な要素ですが、これらのファイルが大きいと表示速度に影響を及ぼします。最適化により、これらの影響を最小限に抑えることができます。

不必要なコードの削除

使われていないCSSやJavaScriptのコードはページのロード時間を無駄にします。これらのコードを削除することで、ページの表示速度を改善することができます。

コードの最小化(Minification)

最小化は、ファイル内の不要な空白やコメントを削除して、コードを効率的にする手法です。これにより、ファイルのサイズが小さくなり、表示速度が改善します。

ファイルの結合

LPには複数のCSSやJavaScriptのファイルが含まれることがあります。これらのファイルを一つに結合することで、ブラウザのリクエスト数を減らし、表示速度を向上させることができます。

キャッシュの利用

キャッシュの利用
キャッシュはLPの表示速度を改善する強力な手段の一つです。一度訪問したユーザーに対して、ページの一部をそのユーザーのデバイスに一時保存することで、次回の訪問時にページが素早く表示されます。

ブラウザキャッシュ

ブラウザキャッシュは訪問者のデバイスにページの一部を保存します。次回そのページを訪問する際には、すでに保存されている部分はダウンロードする必要がなく、表示速度が改善します。

サーバーキャッシュ

サーバーキャッシュは、サーバー上に静的なページのコピーを保存します。これにより、毎回ページを新しく生成する代わりに、すでに生成されたページを送信することが可能となります。

CDN(Content Delivery Network)の利用

CDNは地理的に分散したサーバーにコンテンツのコピーを保存します。ユーザーは最も近いサーバーからコンテンツを取得するため、表示速度が改善します。

簡単にCDNを利用できるシステム

他社にはないパーソナライズ型CDN!他社CDNとは異なり、ユーザーのOSやブラウザによって最も高速な圧縮フォーマットをリアルタイムに判定し、画像を自動圧縮しLP高速化を実現します。

「WebP」よりも高画質な最新圧縮フォーマット「AVIF」にも対応しており、高画質を維持したままLPの高速化が可能です。

ホスティング環境の最適化

ホスティング環境の最適化
適切なホスティング環境を選ぶことは、LPの表示速度に大きく影響します。ホスティングプランの選択やサーバーの設定の最適化は必要不可欠です。

ホスティングプランの選択

ホスティングプランは、サイトのサイズやトラフィック量により適切なものを選びます。共有ホスティング、VPS、専用サーバー、クラウドホスティングなど、さまざまな種類があります。

サーバーレスポンスタイムの改善

サーバーがユーザーのリクエストに対してどれだけ早く反応するかは表示速度に大きな影響を与えます。これはホスティングプロバイダの選択や、サーバーの設定により改善できます。

データベースの最適化

ウェブサイトがデータベースを利用している場合、データベースのパフォーマンスは表示速度に直接影響を与えます。定期的なデータベースのクリーニングやクエリの最適化が重要です。

モバイルファーストの考え方

モバイルファーストの考え方
現在、ウェブトラフィックの大部分はモバイルデバイスから来ています。そのため、モバイルでの表示速度最適化は重要です。これにはレスポンシブデザインの採用やAMP(Accelerated Mobile Pages)の導入などがあります。

レスポンシブデザインの採用

レスポンシブデザインは、さまざまなデバイスサイズに対応するウェブデザインの手法です。これにより、デバイスによる表示速度の差を最小限に抑えることができます。

AMPの導入

AMPはGoogleが推奨するモバイルページの高速化技術です。AMPを導入することで、モバイルでの表示速度を大幅に改善することが可能です。

モバイル向けの画像最適化

モバイルデバイスでは、PCと比べてネットワーク速度が遅い場合があります。そのため、モバイル向けにさらに最適化された画像を提供することで、表示速度を改善することができます。
やっぱりLP制作はプロに任せたい!まず制作事例を見る

まとめ

LPの表示速度は、ユーザーエクスペリエンスとコンバージョンに大きく影響します。そのため、LPの表示速度を最適化することは重要です。
表示速度を改善するための主な方法としては、表示速度テストツールの利用、画像の最適化、CSSとJavaScriptの最適化、キャッシュの利用、ホスティング環境の最適化、モバイルファーストの考え方を採用することがあります。
これらの各ステップを適用することで、ユーザーにとって快適なブラウジング体験を提供し、サイトの成功に寄与することができます。

表示速度の最適化は継続的な取り組みが必要ですが、その価値は計り知れません。LPの表示速度改善にこの記事が参考になれば幸いです。

LPの表示速度を改善するなら

低価格、短期契約で利用が可能な「Hypersonic」がオススメです。
この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    mitekaku(動画)