デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

【初心者でも成功する】プロの現役デザイナーが効果的なLP設計とその作り方を一挙公開

2023.5.26
【初心者でも成功する】プロの現役デザイナーが効果的なLP設計とその作り方を一挙公開
ウェブマーケティングの世界におけるランディングページ(LP)は、お客様を誘導し、行動を促すための重要なツールです。しかし、効果的なLPを作り上げるためには、戦略的な設計と精緻な手法が必要です。今回は、初心者でも簡単に取り組める、プロのデザイナーから学んだLPの作り方を詳しく解説します。これを読めば、あなたもLP作成のエキスパートになれること間違いなしです!

LP制作を丸っと外注するなら!

構成、デザイン、コーディングまですべて依頼が可能なLP制作に特化したデザイン会社。制作時間の短縮、クオリティの担保が約束されるため早くリリースが可能です。

目次

LP作成の基本理念を理解する

LP作成の基本理念を理解する
LP作成の最初の一歩は、その基本的な理念を理解することです。LPは単に魅力的なデザインだけでなく、訪問者の問題解決のための重要なプラットフォームです。では、どのような思考を基盤に、LPを作り上げるべきなのでしょうか。ここでは、LP作成の基本理念について解説します。

LPとは何か?

LPは、訪問者を特定の行動へと導くためのウェブページです。その目的は製品やサービスの購入、メールアドレスの収集、情報の提供など、さまざまです。しかし共通して言えるのは、LPは訪問者が求める価値を明確に提示し、その行動を促すことが目的だということです。

LP作成の目的と効果

LPの作り方を理解するためには、その目的と効果を理解することが重要です。LPは訪問者に対して特定の行動を促すためのツールで、その成功は訪問者が求める価値をどれだけ的確に伝えられるかに左右されます。また、効果的なLPは、ブランドの信頼性を高め、訪問者のエンゲージメントを深めることにも寄与します。

サンプル事例

ある企業が新製品の販売促進のためにLPを作成しました。そのLPは、製品の特徴と利点を強調し、訪問者が製品に興味を持つことを促しました。その結果、訪問者の購入率が大幅に上昇し、LPの存在価値を明確に示しました。

LPの設計と構築について学ぶ

LPの設計と構築について学ぶ
LPの成功は、その設計と構築に大きく依存します。鮮やかなデザイン、強力なCTA(Call To Action)、そして適切なコンテンツ配置などが必要です。ここでは、LPの設計と構築について学んでいきましょう。

強力なヘッドラインとサブヘッドラインの作り方

ヘッドラインはLPの一番目立つ部分で、訪問者の注意を引きつける役割を果たします。ヘッドラインは明確で、訪問者にどのような価値が提供されるのかを簡潔に伝えるべきです。サブヘッドラインはヘッドラインを補完し、更に詳細な情報を提供します。

効果的なCTAボタンの設置

CTAボタンはLPの核心部で、訪問者を目的の行動に導きます。CTAは明瞭で誘導的な言葉を用い、ボタンの色やサイズも訪問者の注意を引くように選びましょう。

サンプル事例

ある旅行会社は、ヘッドラインに「忘れられない体験を提供します」と書き、サブヘッドラインに具体的なツアー情報を追加しました。さらに、鮮やかな色のCTAボタン「今すぐ予約する」を設置し、訪問者を予約ページへと導きました。これにより、予約率が大幅に増加しました。

zoom_in画像クリックで拡大

制作費用はこちら

効果的なコンテンツの作り方を習得する

効果的なコンテンツの作り方を習得する
LPのコンテンツは、訪問者が行動を起こすための決定的な要素です。情報を明確に伝えること、利益を示すこと、そして信頼性を確立することが必要です。ここでは、効果的なコンテンツの作り方を解説します。

訪問者の問題解決に焦点を当てる

訪問者がLPに辿り着く理由は、何かしらの問題を解決したいからです。コンテンツは訪問者の問題を理解し、それをどのように解決するかを明確に示すべきです。

証拠としてのテストモニアルやレビュー

訪問者の信頼を得るためには、他のユーザーからのテストモニアルやレビューを表示することが有効です。これにより、製品やサービスの価値と信頼性を証明することができます。

サンプル事例

あるオンラインコースの提供者は、学生からのテストモニタをLPに掲載しました。その結果、新規登録者の数が大幅に増加し、学生の成功体験が新規訪問者に強い影響を与えたことが明らかになりました。

LPのテストと最適化を理解する

LPのテストと最適化を理解する
LPを作成したら、その効果を確認し、必要な改善を行うことが重要です。ここでは、LPのテスト方法と最適化の手順について学んでいきましょう。

A/Bテストの活用

A/Bテストは、2つの異なるバージョンのLPを訪問者に表示し、どちらがより良い結果をもたらすかをテストする方法です。この結果を基に、LPの改善を行います。

ウェブ解析ツールの利用

ウェブ解析ツール(例えばGoogle Analytics)を使用すると、訪問者の行動を詳細に追跡し、LPのどの部分が最も効果的であるかを理解することができます。また、LPのどのコンテンツがよく見られているのかを分析する場合はヒートマップツールが効果的です。

無料で使えるヒートマップツール

ヒートマップツール+離脱防止機能が付いた高機能なシステムなのに無料。

サンプル事例

あるEコマースサイトは、CTAボタンの色とテキストを変更したバージョンのLPをA/Bテストしました。その結果、一部の変更がクリック率と購入率の増加に寄与することが分かりました。

成功事例から学ぶLP作成のポイント

成功事例から学ぶLP作成のポイント
成功事例から学び、それを自分のLP作成に活かすことは、効果的なLPを作る上で重要な要素です。しかし、同様に失敗事例から学ぶことも大切です。ここでは、どのように成功・失敗事例を分析し、自身のLP作りに活かすかを詳しく見ていきましょう。

成功事例の解析

成功したLPはそのデザイン、コンテンツ、CTAの設置など、多くの要素において優れています。成功事例を解析する際は、以下の点に注目すると良いでしょう。

1:クリアなヘッドライン
訪問者がサイトに来た理由をすぐに理解できるような、分かりやすいヘッドラインが存在するか?

2:ユーザー中心のコンテンツ
訪問者の問題を解決する方法を具体的に示しているか?

3:強力なCTA
訪問者が求めるアクションを明確に示しているか?

4:信頼を構築する要素
レビューやテストモニアル、ケーススタディなど、製品やサービスの価値を証明する要素があるか?

失敗事例から学ぶこと

ニーズに応えられなかったのかを理解し、同じ過ちを犯さないようにすることが重要です。

1:曖昧なメッセージ
ヘッドラインやコンテンツが不明確で、訪問者がサイトで何が提供され、どのようにそれが自分の問題を解決するのか理解できない場合、LPは失敗します。

2:弱いまたは存在しないCTA
訪問者が何をすべきかが明確でない場合、コンバージョンは期待できません。

3:証拠が不足している
製品やサービスの価値を証明する要素が不足していると、訪問者の信頼を得ることは難しくなります。

これらの要素を理解し、自分のLP作りに活かすことで、より効果的なLPを作成することが可能となります。

サンプル事例

成功したソフトウェア会社のLPは、明確なヘッドライン、鮮やかなビジュアル、具体的な利益説明、そして強力なCTAボタンを特徴としています。これらの要素は、訪問者を製品のダウンロードへと導くのに非常に効果的でした。

継続的な改善と更新を行う

継続的な改善と更新を行う
LPは一度作成したら完了、というものではありません。市場の変化、顧客のニーズの変化、そして新たな情報やデータに基づいて、継続的に改善と更新を行うことが必要です。ここではその手法について学んでいきましょう。

フィードバックの収集と活用

ユーザーからのフィードバックは、LPの改善に非常に価値のある情報源です。具体的な改善点や新たなニーズを把握するために、定期的にフィードバックを収集し、その結果に基づいてLPを更新しましょう。

市場トレンドと顧客ニーズの変化に対応する

市場のトレンドや顧客のニーズは常に変化しています。これらの変化を理解し、それに合わせてLPも柔軟に更新することで、訪問者にとって最も魅力的なコンテンツを提供することができます。

サンプル事例

あるファッションブランドは、顧客からのフィードバックと最新のファッショントレンドに基づいて、LPを定期的に更新しています。これにより、ブランドは常に最前線のトレンドを反映し、訪問者の関心を持続的に引きつけることができています。

LPの成功測定

LPの成功測定
最後に、LPの成功を測定することは非常に重要です。適切なKPIを設定し、これらのメトリクスを定期的に追跡することで、LPのパフォーマンスを客観的に評価することができます。

適切なKPIの設定

KPIはLPの目標達成度を測るための指標で、一般的には訪問者数、コンバージョン率、平均滞在時間などがあります。これらのKPIを設定し、LPのパフォーマンスを追跡しましょう。

データに基づく改善

KPIの追跡結果を基に、必要な改善を行います。このデータに基づくアプローチにより、効果的なLPの改善と最適化が可能となります。

サンプル事例

あるサービス提供企業は、KPIとして訪問者数とコンバージョン率を追跡しています。このKPIを基に、LPのどの部分が最も効果的で、どの部分が改善の余地があるかを判断しています。
やっぱりLP制作はプロに任せたい!まず制作事例を見る

まとめ

LP(ランディングページ)作りの成功は、計画、設計、作成、テスト、そして最適化のプロセス全体にわたる作業が必要です。良いLPは訪問者を引き付け、目的の行動を促すための強力なツールです。ヘッドライン、CTA、コンテンツの設計、そして市場の動向と顧客ニーズの変化に対応した更新が、高品質なLPを作り上げるための重要な要素となります。このガイドを活用して、自分自身の目的に合わせた、魅力的で効果的なLPを作成しましょう。

構成から全てLP制作の依頼ができます

安心してLP制作の依頼をしたい方は!LP制作.jpへ
この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。
この記事の画像を作成したデザイナー
所属:株式会社Ryuki Design / 部署:デザイン部
※デザイナー一覧

ペンギン好きなぺんぺんさん!webデザインのバナー制作が得意&制作スピードも特急仕様。得意なジャンルは美容関連。
可愛いデザインからクールなデザインまで安心しておまかせできます。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    AMAZON制作