デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

LP制作(ランディングページ制作)で成果を出すために必要なスキルは何?

2023.11.2
LP制作(ランディングページ制作)で成果を出すために必要なスキルは何?

LPとは、商品詳細ページやサービス紹介ページなど、ユーザーのアクションを誘導することが目的のページのことを指します。
1ページで商品やサービスに対する情報を網羅でき訴求力を強められますが、制作する際にポイントを押さえて制作していなければ、意味がありません。
せっかく制作するのですから、成果が出るLPを作りたいものですよね。
そこで今回は、LP制作を上手くこなすために必要なスキルをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

LP制作を丸っと外注するなら!

構成、デザイン、コーディングまですべて依頼が可能なLP制作に特化したデザイン会社。制作時間の短縮、クオリティの担保が約束されるため早くリリースが可能です。

目次

LP制作は何に役立つ?

LP制作は何に役立つ?

企業案内

LPは1ページで完結する構成なので、1ページに多くの情報をまとめることになります。
企業案内に使用する際は、「どのような企業なのか」「この商品にはどのような想いが込められているのか」などを伝えられます。

商品紹介

商品紹介は、実際の購入者の意見や、データ、写真を使って紹介することが多いです。
他のサイトに移られてしまうと、コンバージョン率、つまり「ウェブサイトに訪問したユーザーが商品の購入や申し込みに至ったかを示す割合」が下がってしまいます。
そのため、このサイトだけでユーザーが商品について理解し、商品の購入や申し込みなどの成果につながるように、情報の抜けがないようにしましょう。

認知拡大

LPは、ホームページのようにキーワード検索からの流入は見込めないため、SEO対策はあまり効果があるとは言えません。
リスティング広告で表示したいキーワードを選択したり、SNSからの流入を狙ったりすることがおすすめです。

ブランティング

LPは、レイアウトやデザインの自由度が高いので、ブランドイメージを反映しやすいです。
そのため、高級感を演出したり、ナチュラルなイメージを演出したりして、企業の価値やイメージを高く認知してもらえます。

問い合わせ獲得

LPの一番の目的は、ウェブサイトに訪れたユーザーが何かしらのアクションを起こしてくれることです。
アクションの例として、購入や問い合わせ、求人の申し込みなどがあります。
ホームページで掲げている目標を達成するためには、戦略を立ててLPを制作して、公開後も改善や修正をしていくことが大切です。

LPを作成することのメリット

LPを作成することのメリット

1つ目:コンバージョンの向上が見込める

コンバージョンとは、ウェブサイトに訪れたユーザーが商品の購入や申し込みなどのアクションを起こしてくれることを指します。
LPには、コンバージョンを獲得するのに適した情報が簡潔に載せられているので、ターゲット層やニーズを想定できることから消費者心理に沿った内容を制作しやすいです。

2つ目:離脱者が少ない

LPには、通常リンクを設けないため、離脱者が少ないことが特徴です。

ホームページをみている最中に、ホームページがややこしいため、ページを離れたという経験はありませんか。

ホームページでは、サイト内を移動しているうちに一定数がサイトから離脱します。
それに対してLPは、売りたい商品を1つに絞って紹介しているため、比較検討の迷いが生じにくく、離脱者を最小限度に抑えられるのがメリットです。

3つ目:理想的な順番で情報を伝えられる

LPは縦長の1ページで構成されます。
スクロールすればするほど、「こんな悩みはありませんか」「この商品のメリットはこれです」「今なら割引中」などの言葉を見るでしょう。

このように、LPでは注意や興味を高める理想的な順番で情報を伝えられています。
商品の割引やメリットをみると、「今ならお得に購入できるだけではなく、自分の悩みも解決できる」と感じますよね。
そうして、ユーザーは「購入しよう」「申し込もう」と決心するのです。

4つ目:成果の把握やLPの改善が比較的簡単にできる

LPは内容量が少ないため、「なぜ離脱者が多いのか」「どうすればより購入してくれるのか」など分析しやすいです。
例えば、「離脱者の閲覧時間が短い」という問題があれば、キャッチコピーや注意喚起の部分に問題があるかもしれないと推測できます。

zoom_in画像クリックで拡大

制作費用はこちら

LP制作の基本的な流れ

LP制作の基本的な流れ

1.素材集め・戦略策定

目的を決めたら、対象となるターゲットユーザーのペルソナを分析し、訴求内容やコンテンツの方向性を決めます。
ターゲットのペルソナが明確になったら、カスタマージャーニーマップを活用し、フェーズごとにユーザーが欲しがる情報や訴求方法の検討をしていきましょう。
同時に競合分析も行い、自社の打ち手を明確にすることをおすすめします。

2.ワイヤーフレーム設計

見出しを作成・ラフを作成・記事の執筆という手順でワイヤーフレームを設計します。
これらの手順は、それぞれ1週ずつおこなっていくイメージです。
ワイヤーフレームを設計する際は、以下のポイントをおさえておきましょう。

キャッチコピー

キャッチコピーには、ユーザーが商品やサービスを利用することで得られる利益を示すことで利用や購入につなげる役割があります。
ユーザーの課題を解決させるものや、興味がある内容のキャッチコピーを作ってアピールすることがポイントです。

結果

商品やサービスを購入、利用することでユーザーにどのような利益があるのかという「結果」を明確化しましょう。

実証

商品やサービスが本当にユーザーの役に立つのか、その信憑性を説明することも重要です。
「役に立つ」という実証なしに、ユーザーは「使いたい」という気持ちになりません。
そのため、ペルソナ設定したユーザーの導入結果といったことも踏まえ、リアリティのある説明がついていると良いでしょう。

信頼や安心

どこが提供しているのかわからない怪しいものは購入意欲を下げてしまいます。
また、商品を購入する前に「口コミ」を参考に購入する方も多いです。
そのため、すでにサービスや商品を購入、利用したお客様の声を取り入れることで、ユーザーに安心感を与えられます。

3.デザイン実装

ターゲットの属性にマッチした色使いやイラスト、写真などを精査し、LPのデザインを決めていきましょう。
ユーザーフェーズの違いによっても、デザインを変更したほうが良い場合があるので注意してください。
記事やデザインが決まったら、コーディングを行います。

4.効果検証・改善

LPが完成した後は、「目標が実現できるのか」「設定した指標を達成できるか」を運用しながら検証する必要があります。
設定した指標が達成できない場合は、「何が問題なのか」を考慮し、改善しましょう。

LP制作に必要なスキルは何?

LP制作に必要なスキルは何?

これらは、デザイン制作を行う際や、インターネット上で画像・ファイルを見られるようにする際に必要なスキルです。
そのため、LPを制作したい場合は、上記4つのスキルを身につけておくことをおすすめします。

必要なスキル

・イラストレーターの操作スキル
・トンマナを意識したデザインスキル
・コーディングスキル
・FTPソフトを用いたサーバーアップのスキル

LP制作の3つの手段

LP制作の3つの手段

1.フリーランス

クラウドソーシングサービスを介して、フリーランスのデザイナーにLPを依頼できます。
費用が低めなので制作依頼をしやすいですが、デザイナーのクオリティやレベルに差があるので注意が必要です。

2.WEB制作会社

WEB制作会社に依頼することでLPを制作してもらうと、デザインや構成が優れたものが期待できますが、費用が高いので依頼を躊躇してしまいがちです。
LPを運用していくなかでも、逐一変更を加えるのに依頼をする必要があるため、費用や時間がかかります。また、WEB制作会社であってもコーポレートサイトとLPは作り方や考え方が違うため、LP制作に特化したデザイン会社へ依頼する事が失敗しないポイントです。

3.LP作成ツール

このツールは、画像とテキストを挿入するだけで簡単にLPが作成できるツールです。
専門的な知識を持っていなくてもLPを制作できるので、素早くPDCAを回すことができ、制作会社に支払うコストを抑えられます。ただし、簡単なデザインしか実現出来ないため、オリジナリティーを出すことが難しいです。

やっぱりLP制作はプロに任せたい!まず制作事例を見る

まとめ

今回は、LP制作を上手くこなすために必要なスキルをご紹介しました。
LPを制作する上で、イラストレーターの操作スキルやトンマナを意識したデザインスキルなどが必要とご紹介しました。
それらのスキル以外にも、LPが完成したらリリース後の効果を検証することが大切です。
また、LPにユーザーが商品を利用する上で、その商品を安心して使えるのか、効果が期待できるのかなども記載したりすることで成果が出てくるので、実践してみてください。

この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。
この記事の画像を作成したデザイナー
所属:株式会社Ryuki Design / 部署:デザイン部
※デザイナー一覧

犬が大好きなたっぴーさん。特にマルチーズは天使のような存在!デザインはwebデザインなら何でもお任せできるマルチデザイナー。
LPデザインからバナーデザインまで高いクオリティで仕上げてくれるデザイナーです。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ