デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

LPにおける3つの構成要素とその役割

コンバージョン率の改善
2017.11.14
LPにおける3つの構成要素とその役割
LPの基本的な構成要素はこの3つ。ユーザーに最もインパクトを与える要素である「ファーストビュー部」、ユーザーと商品・サービスの距離感を縮める「ボディ部」そして購入するか悩んでいるユーザーを後押しする「クロージング部」です。

目次

はじめに

LP(ランディングページ)は、細かく分けて3つのパートで構成されています。
1.ファーストビュー部
2.ボディ部
3.クロージング部
こちらの記事では、それぞれの役割をご紹介するとともに、効果的にユーザーを惹きつけるためのポイントについても触れていきます。LP作成の際はぜひ参考にしてみてください。

ユーザーに最初のインパクトを与える「ファーストビュー部」

LPを開いたとき、最初に表示されるエリアがファーストビュー部です。
ここで重要なことは、「ユーザーにどのくらいのインパクトを与えられるか」。もし、ファーストビューでユーザーの興味を引くことができなければ、高確率でユーザーはページから離脱してしまいます。ファーストビュー作成の際は以下5つのポイントを意識していきましょう。

「メインキャッチコピー」で伝えたいことを一文に

ファーストビューでもっとも大切な要素と言っても良いのがメインキャッチコピーです。
「ユーザーに伝えたいことをひとつの文章に凝縮させた言葉」、つまりは「ページの顔」と言っても過言ではありません。
メインキャッチコピーの効果を最大限にするためには以下3つのポイントをおさえておきましょう。

*検索キーワードを埋め込む
*ユーザー目線の言葉でわかりやすく明確に
*大きく目立つように

「リード文」でメインキャッチコピーを補足する

リード文とは、メインキャッチコピーの下に続く文章のことです。メインキャッチコピーをさらに広げていき、ユーザーの期待感を膨らますことが目的になります。
リード文で気をつけなければいけないことは「情報を詰め込みすぎないこと」です。あくまでメインキャッチコピーを補足する導入部、という意識を持って書いていきましょう。

「ブレットポイント」で商品のメリットを手短に伝える

ブレットポイントは「箇条書き」のことを指します。
リード文の下に続くブレットポイントで、商品・サービスのメリットを書けば「ユーザーが一瞬で広告の商品・サービスのメリットを知ること」ができる魅力的なファーストビュー部になります。
ブレットポイントは短い文章でメリットを伝えることができるため、非常に有効な手段です。逆に言うと、ファーストビュー部には限られたスペースしかないということ。そのため、「商品・サービスの良さを伝えたい」と意識しすぎてしまうと、文字が多くなりデザイン性が著しく低下してしまうので注意しましょう。

「メイン画像」でキャッチコピーをより伝わりやすく

「人間の脳は文字よりも画像を瞬時に理解する力がある」ことが分かっています。
そのため、ファーストページに表示するメイン画像は慎重に選ばなければなりません。
ユーザーがどのようなキーワードを検索してLPにたどり着くのかを明確にして、検索キーワードに関連性が高い画像を作っていきましょう。

しかし、メインキャッチコピーよりも目立ってしまうような画像は避ける必要があります。忘れてはいけないことは、「画像はキャッチコピーをよりユーザーに円滑に伝えるためのツール」ということです。
文章と画像をバランスよく調和させ、キャッチコピーを引き立たせましょう。

「コンバージョンボタン」を設置しアクションに繋げる

ファーストビューには、コンバージョンボタン(CTA)を表示させておきましょう。
ファーストビューを見ただけで、購入や資料請求などのアクションを決めるユーザーもいるからです。もし、ファーストビュー内にコンバージョンボタンがなければ、ユーザーはわざわざ下にスクロールしていかなくてはならず、無駄なストレスを与えることになってしまいます。

ファーストビューを作る際には検索エンジン、そしてインターネット広告からアクセスするユーザーの利便性を考えることが大切。「ユーザーの求めている情報とLPのギャップをいかに埋められるか」がファーストビュー作成のカギになります。

商品の信頼性を伝えてアクションを促す「ボディ部」

ボディ部とは、「ファーストビューの情報をより細かく紹介していく」部分です。ボディ部の役割は「広告の商品・サービスの信頼性を伝えて、ユーザーのアクション(購入や資料請求など)を促すこと」。
それでは、ユーザーのアクションを促すには具体的にどうしたら良いのか、詳しく見てみましょう。

「共感部」でユーザーと商品の距離を縮める

「今、腹筋が一回も出来なくても大丈夫!」
美容や健康に関する商品のLPのボディ部では、まずこのようにユーザーに共感してあげると効果的です。また敷居の高いサービスではなく、「あなたにこそ必要なサービス」という事を示す事で、ユーザーと紹介している商品・サービスの距離感を縮めることができます。
もし、この共感部にユーザーの抱えている悩みが書かれていれば、そのまま読み進めてもらえる可能性が高くなります。3文以上ある場合は箇条書きで書くと見やすいでしょう。

「わかりやすいメリットとその根拠」で説得力を持たせる

共感部で書いた、ユーザーが抱えている悩みの解決策として商品・サービスを紹介していきましょう。
「この商品・サービスで今の悩みが解決されるんだ!」
「こんなメリットがある商品・サービスなんだ!」
このパートでは、ユーザーにこのような感想を持ってもらうことが大切です。
ファーストビューで紹介したメリットをより詳細に書いていく必要がありますが、どれほど詳細にメリットを並べたところでユーザーにはなかなか信用してもらえません。
ユーザーに商品のメリットを信じてもらうには「データによる裏付け」が重要です。
特に「数字」を積極的に使っていくことで、さらに説得力がある商品・サービス紹介が可能になります。

「体験談と事例」で安心感を生む

「本当にこんなにメリットがある商品・サービスなのか?」
このようなユーザーの不安を払拭するために有効なのが、「体験談」や「事例」です。利用者の声は、どんな紹介文よりも影響力があると言っても過言ではないでしょう。
しかし、体験談や事例も読まれなければ価値がありません。読まれる体験談・事例にするために大切なポイントは「信憑性」を持たせることです。
「性別、年齢、職業」という基本的な属性は絶対に必要ですが、利用前、利用後の変化がわかる詳細な体験談を載せることが何より大切です。また、可能であれば実名や顔写真を載せると完璧ですね。

ユーザーへ最後のメッセージを伝える「クロージング部」

クロージング部は、ユーザーに商品・サービスを勧める最後のチャンスです。
クロージング部の目的は「今が行動のときですよ!」というメッセージをユーザーに伝えること。
以下3つの要素を取り入れることで、その目的を達成することができます。

「限定」などの謳い文句でユーザーを離さない

LPから離れたユーザーはもう二度と帰ってこないと考えなければいけません。そのため、「限定」という要素を使って、ユーザーの気持ちを離さないことが大切です。
たとえば、「数量限定」や「期間限定」といった謳い文句が効果的。また、「10,000円以上お買い上げのお客様限定」など条件を提示することで、ユーザーの購買意欲を掻き立てることができます。
「この商品・サービスを買うなら今が一番お得!」というメッセージをユーザーにはっきり伝えましょう。

「特典」をつけてお得感を演出する

「この商品、お買い得!」
ユーザーにそう感じてもらうには、「特典」をつける方法が効果的です。
特典はオファーしている商品・サービスに関係性が高ければ高いほど好まれます。特に、商品・サービスを利用するために必要なアイテムが特典としてついていれば、お得感を演出できるでしょう。

「保証」をつけて迷っているユーザーを後押し

「本当に効果がある商品・サービスなのかな?」
そのようなユーザーの不安を完全に払拭するのは、インターネット上でのやりとりでは特に難しいことです。
このような状況を打開するには「保証」が有効な手段となります。「返品・返金保証」をつけることで、購入するか悩んでいるユーザーの背中を押してあげることができます。

まとめ

以上がLPの3つの構成要素になります。
それぞれでご紹介したポイントをおさえて作成すれば、より魅力的でユーザーを惹きつけるLPにすることができるでしょう。
ぜひ、LP作成の際はこちらの情報を参考にして、コンバージョン率の高いLPを作ってください。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    IT補助金