上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページに動画は最適化どうか?

インターネットが、私達の生活の中で色々な場面で便利なサービスを提供してくれるようになって、本当に生活のパターンが大きく変わってきましたね。

これは生活面だけでなく、ビジネスの世界でも恩恵ももたらしてくれています。

その一つがネットショッピングです。

わざわざ街に出かけて行き幾つものお店を回らずとも、インターネットで欲しい物を検索して、オーダーできるのですから、これ程、便利なことはありません。

それに伴って、ビジネスとして、ネットショップを立ち上げる人も年々、恐ろしいくらいのペースで増えています。

ここで、大事なことは、商品を説明してお客様の購買意欲を高める方法として、ランディングページがあります。

これはLPとも呼ばれているページですが、商品を買う時に、お客様が最後に読むページと言っても良いでしょう。

このページの良し悪しが購入の是非を決めると言っても過言ではありません。

したがって、LP制作の段階で、いかに効果的なデザインにするかが、大きなカギとなってくるのです。

しかし、悩みどころはどのようなランディングページのデザインにすればいいのかということです。

制作にあたっては、かなり試行錯誤するケースも少なくありません。

しかも、ネットショップの初心者でも取り組みやすい楽天やYahoo!ショッピングは、ショッピングモール型と言って、サイトの形式がパターン化されています。

作りやすい反面、自由度が少ないことがデメリットなのです。

特にランディングページを作る場合には、その制約の中で、構築することが求められると思います。

ページの鉄則は単なる商品説明だけではなく、商品を使う動機やお客様の課題を浮き彫りにしてから、商品の必要性を説かなければなりません。

最近、よく使われる手法は動画を用いることです。

動画で商品の使い方や利点を説明するのです。

限られたスペースの中では、極力、文字を避けて動画を使うランディングページが増えてきています。

意識して、課題を提議したセンテンスから意図的に動画に誘導する方法も増えています。

但し、注意することは、スマートフォンの利用です。

ネットショッピングをする人は、スマートフォンからのアクセスも少なくありませんが、その場合、動画視聴によるデータ通信料の増加が懸念されます。

スマートフォンは、データ制限の上限があるために、動画を差し込む場合は、一旦、クリックする見せ方もお客様にとって、優しいオペレーションになります。

このような手法でオーダーを確実にもらえる方法が団々と主流になりつつあるのかもしれません。
タイトル
スマートフォンのランディングページは必要か?

「スマートフォンのランディングページは必要か?」

と聞かれれば

「必要です。」

と答えるのが当然だと思います。

ランディングページとは、ネットショッピングをする上で、製品説明や購買意欲を高めるとことを役割としているページです。

LPとも略されて呼ばれていますが、このページの制作にするにあたっては、スマートフォンに対応したデザインを考えて対応しておくことが、今後のネットショップの成否を分けてしまうことになります。

インターネットが発達してから自宅でバソコンを使っていたものが、スマートフォンの登場で一気に、モバイルインターネットの利用が広まりました。

一時期、インターネットによる副業もガラケーに主体を奪われたことがありましたが、スマートフォンがさらに、それを加速させることになることが予想されています。

そうなるとネットショッピングの成功を下支えしているLPの制作デザインもスマートフォンに合わせた構成にしなければなりません。

ランディングページは、分かりやすく見栄えの良いページにすることが必要なのですが、それに加えて軽い画面作りも求められてくることでしょう。

何故ならば、スマートフォンの場合、LTEやWifiと言う無線回線を使うことになり、表示の速さに限界があります。

スマートフォンの画面でネットショッピングをしようとしても、反応が遅ければ、視聴者は即座に他のサイトに移ってしまうのです。

これではせっかく作ったランディングページも意味をなしません。

したがって、スマートフォンではデータ量を軽くする必要もあるのです。

元々、表記スペースが小さいことから、文字もシンプルに表記しなければなりません。

キャッチコピー的なフレーズで簡潔に商品説明をすると同時に説明に合った写真を当てはめてページを作ることになってくるのです。

また、文字はできる限り大きく表示させながら、購入の画面も入力書式をシンプルかつ効果的なデザインにすることが大事でしょう。

特に文字を入力する箇所はプルダウン式による入力方法を採用することも好まれる傾向にあるそうです。

ちょっとした部分なのですが、操作方法を簡素にしてあげることも、購入ステップの短縮になり、サイトからの離脱を防ぐ手立てになっていきます。

インターネットのニーズが自宅から外へと変化していく中で、スマートフォンをベースにしたビジネスが増えてくることでしょう。

その時にランディングページが対応していると、大きな成功の光が見えてくるのかもしれません。
タイトル
ランディングページは、難度でも変更できる

ネットショップを運営していると、自分のサイトからどのようなお客さんがアクセスしてくれているかを知りたくなってくると思います。

何歳くらいの人達がアクセスしてくるのか?

何曜日の何時頃にアクセスしてくるのか?

また、検索エンジンでどんなにキーワードでアクセスするか?

売れた場合も同じです。

性別、年齢、好み、あるいは地域性もあるかもしれません。

インターネットの使われ方が、昔のようにメールやWEB閲覧というものニーズから、商品を直接、オーダーすることまでに変遷してきしました。

それに伴って、サイトの作り方も変わってきています。

それがランディングページでよく分かると思います。略してLPと表現されることもあるのですが、このページはネットショップの販促活動において、なくてはならないものです。

お店の死活問題につながってしまうと言っても過言ではないでしょうか。

LPデザインの制作に必死に取り組んでいるショップは、かなりの成果を上げているはずです。

それだけにランディングページを制作するには、色々な観点からデザインを決めていかなければならないならないと思うのです。

多くの人達が、ネットショップを運営するにあたり、成功するランディングページの作り方は、経験則でノウハウも蓄積されてきました。

キャッチコピー、ニーズ、商品説明、使用後のメリット、そして注文手続き、必要に応じて顧客の声やFAQ集とある程度のパターン化は確立されていると考えて差し支えないと思います。

しかし、一旦、作成できたことで、ずっとそのままにしておくことはいいのでしょうか?

決して良くないと思われます。

消費者の好みは常に変化しています。

それと同時に商品のPRポイントも少しずつ変わっていく可能性もあるでしょう。

そのためにも、どのような人がどのような目的で購入したのかを把握しておきたいものです。

口コミによる意見や感想を集めたり、メールによるアンケートを取ったりすることは、利用者のニーズを掴むことに効果的です。

もし、ここで自分が予想しなかったメリットやニーズが分かるかもしれません。

そうなると、競争が激しくなっているネットショップの市場で、自分しかできないセールスそみしポイントが生まれてくるかもしれません。

それをランディングページに反映させることができると、また新たな展開が可能になってくると思われるのです。一度作り上げたランディングページもニーズの変化とともに変わり進化し続けることが必要です。
タイトル
ランディングページを作る重要なポイントを理解する

この数年、インターネットの利便性が高まってきました。

サイトを見るだけでなく、動画サイトも活況を呼んでいます。

それも単なるサイトの視聴だけでなく、自分の撮影したコンテンツをアップロードして、アクセス数をふやすことで収入を稼ぐというネットビジネスが流行っています。

今までの常識では、思いつかない新しいビジネスモデルの到来です。

このようにインターネットをだ誰もが、使えるようになってからは、新しいビジネスがどんどんと生まれてきています。

アフィリエイトやブログライティング、そして、ネットショップ。

これらの仕事の中で、キーワードになるのが、ランディングページとよばれるものです。

特に、ネットショップを運営されている人にとっては、ランディングページの位置づけは、とても重要なのです。

その理由は、このページが購買者の最終的な購入の決定を促すからです。

ネットショップで購入したいと考えている人が、このページを見て、初めて「購入ボタン」にクリックすると思えば、LPデザインをきっちりと作り込むことが重要になってきます。

LPとも呼ばれるランディングページの作り方には、効果的な言い回しが求められてくるのです。

それは、購入者の購買意欲をそそるものでなくてはなりません。

例えば、ネットショップで、ロードバイク(自転車)の購入する人が、いたとします。

その時には、バイクのフレームやフォルム、仕様、価格が掲載されているだけでは、単なるカタログと同じです。

「ロードバイクのプロも薦める最新モデル」

「ここでしか扱えない限定モデル」

見る人の購買意欲を高めるようなキャッチフレーズが必要です。

また、言葉だけではありません。

視覚に訴える施しも必要です。

爽快なロードコースを走っているロードバイクの姿。

そこに映る人の顔はまさに、走っているで時の爽快感を満喫しています。

このような写真とキャッチコピーがこのページに訪れた時には、釘付けになっているのです。

ランディングページで重要な要素は、直感的に理解できる視覚効果とロジックな説明文を織り交ぜたデザインで制作することが購入者の最終的な決断を後押しするのです。

インターネットでは、多く人がサイトを見ながら、どうしようかと考えます。

その段階で、ページの出来具合でためらいが少しでもあると、その場で終わってしまう事が多いのです。

せっかく、ここまで顧客を誘導できたのに、最終段階で商売をみすみす逃してしまうことは避けたいものです。

ランディングページの制作は丁寧に熟慮の末に作ることが大事です。
タイトル
ランディングページに情報として入れたい安全面のポイント

人がを何か買うときには、いろいろなメリットに惹かれますが、そのメリットのあり方も以前とは変わってきている面もあります。それは安全性への信頼です。単純に商品の優れた点、効果の面だけを強調していても売れなくなってきているのです。もちろん、そういう部分も必要なのですが、それはもはやあって当たり前であり、それにプラスして、商品自体が安全だということが必要になるということです。したがって、ランディングページを制作していくときには、そこにも気を使ってデザインをしていくと良いのではないでしょうか?ランディングページでは、まず商品の優れているところ、効果として素晴らしい面を紹介していくと思います。これは当然です。それが一通り終わったら、製造過程や商品に含まれている成分などをもとに、いかにその商品が安全か?利用しても健康などの問題を生じづらいか?ということについても載せていけると良いのです。こういった部分はランディングページの常套手段になっている面でもあり、実際にいろいろなページでそういった情報を載せているケースは多いです。こういうページが実際に増えてきているということは、消費者にとってもニーズの高い情報ということも言えますし、それが不足している、全くないランディングページというのは、それだけで価値が落ちやすい、購買意欲を下げてしまうという見方もできると思います。実際に安全面を証明するためには2つのやり方があると思います。それはすでに述べたように製造過程での安全面と商品に含まれている成分などの安全面です。製造過程に関しては、設備やチェック体制における配慮が行き届いているという点をアピールすると良いでしょう。成分などに関しては、その成分自体の特徴を詳しく説明して、いかに人体に無害であるか?そういう成分がどれだけ多いのか?といったことを伝えていくようにすると良いと思います。特に製造過程における安全面に関しては画像なんかを使ってデザインしていくと、よりイメージしやすくなります。LPを作っていくときには、商品自体の魅力からはちょっと逸れた部分に関しても気を配っていくと、結果的にその商品の付加価値が高まるといったことも起きると思いますから、今後LPを制作していくときには、是非しっかりと載せておいてほしい情報になります。どれだけ素晴らしいものでも、安全が確保されていないもの、不安なものを使う気にはなれないので、そういう消費者心理を読むことも大切なのです。
タイトル
ランディングページは、どこからアクセスされて分かるように

インターネットが発達してから、サイトの作り物かなり凝ってきたものが増えてきました。

詳しく説明されているサイトもあれば、動画を差し込んでビジュアル的に説明する手法が取られているサイトもあります。

それはテーマにより、サイトの作り方が変わってくるので、いくつものパターンが生まれてくると思います。

一方で、インターネットを使ったネットショップが流行っています。

これはスマートフォンやタブレット端末が普及したことも起因しています。

いつでも何処でも欲しいものがあれば、すぐにオーダーができるからです。

顧客はインターネット注文をする時に、見るのがランディングページです。

ランディングページは顧客に対して、最終的に購買を決心させる重要な位置づけになってきます。

商品のあらゆる説明が明記されているからです。

このベージの出来次第で、取り引きが成立するかどうかという重要な局面になるのです。

言わば、最後の一手と言ったところかもしれません。

しかし、サイトを制作する段階で、間違ったデザインになってしまうことが少なくないのです。

よくLP制作は、最終顧客を意識してと言われるのが、このことなのです。

具体的には、一般的なサイト構成を考えると理解できるのですが、通常のサイトは何階層かに分けられて作られています。

トップベージでは、商品のコンセプトを掲載しその下の層では、顧客の悩みや課題を明記。

そして、課題毎に具体的な解決型の提案として商品の紹介ページが表示されるパターンとなります。

LPと呼ばれるランディングページは、最終的に商品の紹介ページとなります。

このサイト構成だとデザイン的に、すでにトップベージや課題提議のページで前置きや背景が記載されていることから、商品説明のページでは省かれていることが多いのです。

トップベージから、アクセスして訪れる顧客であれば、それでも問題はありません。

しかし、アクセスする入り口は必ずしもトップベージに限ったことではないのです。

商品ベージのSEO対策を講じていると、YahooやGoogleなどの検索エンジンでヒットしたページが商品紹介のランディングページにいきなり辿り着くケースが少なくないのです。

その時に商品紹介だけを記載している内容だけでは、見る人が商品の紹介背景が分からずスルーしてしまう恐れが出てきます。

したがって、このベージを作成するには、どのルートからアクセスされても、このページだけで全体が理解できるような構成にしなければなりません。

背景、課題、そして購入後のメリットと言った内容です。

これらの条件が記載されて初めて、購入に結びつけることができるページトップなるのです。
タイトル
あらゆる方向からアクセスされるランディングページ

ランディングページではLP制作において、あらゆる観点からデザインをか考える必要があります。

インターネットを使って、ショッピングをする人はが増えている現代では、色々な方法で商品情報が入手できます。

Yahoo!やGoogleのような検索エンジンから、自分の欲しい商品の関連するキーワードをインプットして調べる人が多いでしょう。

中には、商品を紹介されているアフィリエイターのブログから、サイトに訪れてくる人もいます。

特に検索エンジンで、自分のサイトを検索結果画面の上位に表示させるために、関連したキーワードを盛り込むなどのSEO対策が施されています。

当然、ネットショップのオーナー側としても、SEO対策をLPデザイン制作で考慮していると思われますが、そのことにより色々なルートから、ランディングページがアクセスされるのです。

通常、このページで売り上げを伸ばすためには、いくつか抑えるべきポイントがあります。

・商品の開発されたコンセプトを明確にすること。

・商品を使う理由を明確にすること。

・商品を使用するメリットがどこにあるのか。

・上記のことを踏まえて、商品の性能、機能を明示すること。

・購入方法が分かりやすく、簡単にオーダーできる画面作りになっていること。

・単なる商品紹介にとどまらず購入者の意見、感想を取り入れて、視聴者に安心を与えること。

このようなことが、整理され簡潔明瞭な説明文で表現されていることも重要です。

これらの項目から構成されるランディングページは、通常、商品サイトのトップページからアクセスされて最下層にあるこのペーに辿りつくことが、多いと思われがちですが、前述のようにブログサイトや他サイトにある広告バナーからアクセスされてくることも否定できません。

商品の特性によっては、むしろ、そのルートからのアクセスが多き場合もありえます。

したがって、このようなこともを想定するデザインにしなければならないのです。

このランディングページを見れば、商品の全てが理解できる。

そして、購入まで簡単に行える。

このようなパターンを作ることができれば、ネットショップの売り上げは段々と伸びてくることでしょう。

もう一つ意識するとすれば、スマートフォン利用者からアクセスです。

スマートフォンの場合、パソコン画面と全く異なる動きにないりますので、その導線を意識したページ構築も重要になっていくものと考えられます。

したがって、一旦、制作されたランディングページはスマートフォン向けに見直しも必要になるでしょう。
タイトル
人の動線を意識したランディングページを作る

ランディングページというと、LPデザインの制作ということでネットショップから商品を購入する時に、重要なページになることで知られています。

ショップを経営されている人においては、とても重要なベージになることは間違いありません。

このランディングページは、すでに効果的な作り方のノウハウま確立されて、デザインを制作することについては、消費者の購買意欲を高めることに主眼か置かれています。

業界の中では、LPとも称されるランディングページのポイントは、サイトに訪れたお客さんをいかに、そのページに滞在させて、買う気になってもらえるかということです。

インターネットの場合、検索エンジンで色々な情報がすぐに検索できて、使える所が良いです。

しかし、あまりにも多くの情報が集まってくるので、取捨選択の行動が出て、関心のないページは、ほんの数秒で飛ばされてしまう可能性が高いのです。

そのためには。ランディングページをいかに目立たせるかが勝負の分かれ目になると言っても過言ではありません。

SEO対策を用いて、せっかくこのベージに辿り着いたとしても、すぐ似他のサイトに移られてしまったのでは、大きな機会損失になってしまいます。

そのためには、このページの上段には見る人の意識を集中させてしまうキャッチコピー的なキーワードを置くことがポイントです。

しかも、目立つデザイン、フォントを使うことも考えた方が良いでしょう。

この段階で、釘付けにしなければなりません。

次に考えることは人の目の動線に即したページ構成です。

サイトのベージは一般的に上から下の方向にスクロールされます。

それと同時に、文字の読む方向は左から右。

ごくあたりまえのことなのですが、これを意識した文章構成に視野ければなりません。

その人における悩みや課題を明確化すること。

商品の使うとどのようなメリットが生まれてくるのか。

そして、商品の特徴や性能。

これらの項目を箇条書きで、簡潔明瞭に書いていきます。

その間に使い方や「使かっていて良かった。」というイメージを連想させる写真を入れておくと、より効果的なディングページが仕上がってきます。

このうにして、お客さんがページに訪れたらなるべく短時間で、その気にさせてしまうことが大事です。

ここで、購入の最終決定のための「購入ボタン」もこだわりが必要です。

アイコンを使うことになりますが、なるべく大きくベージの背景色と対象的な色を使うことがスピーディーな購入行動をうながしてくれることになります。
タイトル
より説得性の高いランディングページで販売をアップ

インターネットでショッピングをする時は、スマートフォンでも、すぐに注文できる手軽さがウリですね。

しかし、実際に商品を見ることができない点が不安なところです。

一方で、ネットショップを経営している人は、その点を十分に理解して、サイトに誘導していかなければなりません。

それがLP制作デザインのこだわるところです。

LPすなわちランディングページは、商売を決定づける最終的なサイトと言っても差し支えはないでしょう。

その点はネットショップのオーナーさんは、良くお分かりだと思います。

現物を見ることのできない人がお客様となって下さるのですから、サイトで丁寧に説明していく必要があります。

しかし、どんなにページの制作で色々な手法で完成度が高いデザインでも、不安が残るお客様も少なくありません。

其の不安を払拭し安心して購入頂くようにしなくてはなりません。

その時に大きな後押しをしてくれるのが、お客様の声です。

言い換えると、「購入者の感想」や「体験談」をサイトに載せるということです。

これは非常的に効果的で、いくらサイトで機能説明だけでなくメリットを語れたとしても、本当に購入するまでには最後のあと押しが大事です。

この段階で一番、効果があるのが第三者の声です。

体験者の声を載せて紹介することで、お客様もて安心して購入ボタンを押してくれることになります。

機能的な説明や使った後のメリットもきちんとすべて分りやすくビジュアル的な手法も取り入れて、ランディングページ完成させていきます。

一方でサイトがどんなに出来栄えの良いサイトになっていたとしても、少なからず疑問点が生じてしまいます。

その時には、その場ですぐに問題が解消されるようなFAQ集をまとめて、同じページ内に掲載しておくことと必要になってくることでしょう。

そのような対策を打っておくことで、本当に欲しいと思ってもらうと同時に、購入しても後々のフォローをできるようにしておくことも、お客様の安心感を構築するのだと思います。

インターネットでは、一方通行の掲載しかできないと思われがちです。

しかし、体験談や質問コーナーがあるだけでも、サイトの公平性、信頼性が高まってくるのでます。

ランディングページを考える時は、レイアウトのデザイン効果的な説明は最低限、抑えておくようにしなければなりませんが、体験者の客観的な声は、何よりも人の信頼館を高めてくれる効果があるのです。

それこそ、理想的なランディングページの完成となるわけです。
タイトル
購入前のお客さんの不安を解消するのもランディングページ

>LPとも呼ばれているランディングページは、インターネットショッピングにおいて、商品サイトに訪れた人の関心を惹きつけ、購買意欲を高めてクロージングまでに導く大事なベージです。

いかに分りやすく理解しやすいかという観点からLP制作においては、デザインに色々な工夫が施されています。

ランディングページのデザインの出来次第で、販売が大きく変わってくるからです。

そのためには、ポイントを明確にしたキャッチコピー、商品の必要性、使った時の効果など、お客さんの気持ちを高めるための説明ブレゼンには、単なる説明文だけでなく、画像や動画も取り入れて、限られたスペースの中でできるように制作されているのです。

しかし、ここで、もう一つ踏み込んだフォローがあると、より効果的なランディングページに仕上がってきます。

それは口コミとFAQです。

これは、はじめ購入する人の不安を解消する目的と効果があります、

特に、インターネットで購入することについては、不安がつきまとうものです。

ショップのオーナーやスタッフと会話をするわけではないのですから。

それが故に、不安を抱いても不思議ではないのです。

しかし、第三者の意見や感想感想を聞くことができると、自然とその不安もなくなっていきます。

その手段が口コミとFAQです。

口コミは、客観的な立場で意見や感想を言ってくれますが、サイトを見る人にとっては、大変説得性のある説明文になってきます。

ただ、口コミをしてくれるお客さんは意外と少ないために、コメントを集めることに、努力を注がなければならない点が悩ましいところです。

口コミを集めるには、コメントしてくれたお客さんに特典を出すようにすることで、かなりの情報が集まってきます。

また、FAQ作成にも貴重な情報源になる可能性もあるのです。

実際に購入し使うことでの疑問点や不満点は、想定した問答集より、実際に使うことから来るリアルな質問の方が、説得性が高いからです。

この内容も口コミを集めると同時に、FAQの情報の入手源となりえます。

これによりFAQの効果も大変、高くなってくると思われるのです。

インターネットの取り引きは、対面による商売ではないために、第三者の話は、見る人の安心感を促してくれることから、非常に効果的だと考えます。

成功しているネットのサイトでは、かなり使われている手法ですが、取り組んでいない人でも、今からでも遅くはありません。

これらの方法も取り入れることで、評価が次第に高まってくることでしょう。

それがランディングページの本来の目的かもしれません。
タイトル
ランディングページを制作する前に考えておきたいこと。

インターネットで誰もが、ショッピングができるようになりました。

自宅でパソコンを開きながら、お買い物。

あるいは、出かけていてカフェテリアでゆっくりとコーヒーブレイクをしながら、スマートフォンでお買い物。

といった利用シーンが想像できます。

しかし、ウィンドウショッピングとは異なり、お買い物を楽しむという感覚としいうより、必要な商品を気軽に買えると言うてんが一番の魅力ではないかと思われます。

ネットショップを経営している人は、このような消費者の心理を理解して、ランディングページを制作されているでしょうか?

「LP制作において、デザインの凝ったランディングページであれば何とか売れるだろう。」

「LPデザインは、制作のプロに任せれいれば、大丈夫。」

そんな考えでは、おそらくネットショップの成功は程遠いのかもしれません。

確かにネットショップの成功はランディングページの出来具合によって、大きく変わってくると言われています。

しかし、それだけではありません。

ページやサイトを作り上げる前に、キチンを「考え」をまとめておくことが重要なのです。

「考え」とは、

・何故、自分がその商品を売るのか?

・どのような人に商品を提供していくのか?

・それは限定された年代なのか、高齢者が対象か?

・対象のなる人々のどのにょうな課題や悩みに対して効果がある商品か?

・購入し利用するメリットは?

・購入後のアフターフォローの仕組みも構築できるか?

と考えば考えるほどに、整理しておかなければならないことが山ほどあるのではないかと思うのです。

このようなことをキチンを整理し明確にできていないと、説得性のあるランディングページを作ることは不可能ではないかと思うのです。

効果的なページを作るテキニックやノウハウがあることは、事実です。

しかし。基本的な考えが確立されていないと、絵に描いた餅で終わって今います。

ランディングページは、いわば自分の商品を販売してしてくれるネットショップの営業マンでありスタッフでもあるのです。

リアルなお店を経営するにしても、社長やオーナーのキチンとした理念やポリシーがなければ、社員、スタッフはついていけないでしょう。

それと同じように、インターネットのお店でも同じことなのです。

ましてや、対面で商売ができるわけではないので、お客さんの信頼を高めるには、しっかりとした考えがないとランディングページを作ることもできませんし、ショップの売り上げを上げることもできないです。
タイトル
ランディングページの最適化におけるスプリットテストの重要性

ランディングページの重要性は高まってきており、どのサイトも専用のLPを制作するようになっていますが、ここで勘違いしやすい点があります。それは一回目から完璧なデザインのランディングページを用意しようとすることです。どんな製品やサービスでもそうですが、最初から完成されたモノを作ることは難しいです。何度もバージョンアップを重ねて改善を重ねていくうちに質が良くなっていくものなのです。ランディングページも同じで、最初に作ったLPは改良していく必要があります。ここでは具体的にどのようにして改良していくのかを説明していきます。

まず最初に知っておかなければならないのは、スプリットテストと呼ばれる用語です。スプリットとは「分割する」というような意味で、Webマーケティングの世界では複数のサイトに分けるという意味を指します。スプリットテストとは、同じようなページを複数用意して訪問者に提示し、もっとも反応の良かったページを採用する方式の実験のことです。特にLPOにおいて、ランディングページでスプリットテストを行うことは不可欠になってきます。

たとえば、ランディングページにあるボタンのクリック率を上げたいとします。この場合、ボタンの位置を3種類に分けたLPを3つ別々に制作します。そして一定期間の間に3つのLPを訪問者に提示してクリック率を測定するのです。測定期間終了後に3つのLPで比較をして、もっともクリック率の高かったボタンの位置を正式なランディングページのデザインに採用します。この場合の測定期間についてですが、できれば同じ期間に3つのLPをテストするのが望ましいです。月ごとによってユーザーの反応が変わってしまう可能性も考えられるからです。しかしアクセスが少ない場合は、同時にテストするのが困難になるでしょうから、LPを1つずつ、たとえば一週間ごとにテストするというようなことも可能です。また同じユーザーが再訪問した際に、LPが違うと混乱してしまうことがあるので、同じユーザーに対しては同じLPを見せることが基本になります。少し専門的な技術が必要ですが、ユーザーのPCのクッキーからユーザーを識別して、同じクッキーの人が再訪問した場合は同じLPを見せるように振り分けることが可能です。LPを振り分けるための専用ツールも販売されているので、こういったツールを利用するのも1つの手です。

スプリットテストで大切なのは、1度に1つの項目をテストすることです。欲張って多数の項目を同時にテストして混乱する人が多くいますが、大事なポイントに絞って1つずつテストを行い、改良を加えていくのがランディングページの反応率を上げる王道といえるでしょう。
タイトル
ランディングページの制作費用において気をつけること

ランディングページを作るにあたって、自力で制作できる人はなかなかいません。多くのものは非常にクオリティが高いので、制作を専門にしている会社に依頼をして作ってもらうのが一般的です。したがって、その際にはどういう会社に依頼をするのが良いのか?考えないといけませんが、ポイントとしては1つは費用面になるでしょう。費用面に関しては割と違いがあります。もちろん、出来栄えに関しても違いはあると思います。その出来栄えを1つ見抜くポイントが費用面になります。費用が高い会社と安い会社があると思いますが、安いならば安い方が良いという方も多いと思います。しかし、安いものには必ず何らかの代償があると思った方が良いでしょう。料金が安いということは、ランディングページを作る会社の収入が減り、実際に制作にとりかかる人たちの報酬が少なくなるということになります。それはつまり、ランディングページを作るにあたって、彼らは平均以下の報酬しかもらえないということです。実際に作ってくれる人間の報酬が低いということは、当然やる気に影響する可能性があります。したがって、意図的にではないにせよ、実際のランディングページの出来栄えに差が出てしまう可能性があるということです。逆に相場よりも高いところに依頼をすれば、そこは実際に作る人たちが平均よりも高い報酬を貰っている可能性もあり、彼らのやる気は非常に高い状態ですから、それが出来栄えにも良い意味で影響する可能性もあります。平均的な費用のところは、特に可もなく不可もなくといった感じではないでしょうか?ちなみにLPのデザインにかかる費用の相場ってどれくらいなのか?というと、15万円から25万円程度になっていると思われます。平均といっても割と開きがあるのですが、それは各会社によって料金がかなり違ってくるからです。安いところは10万円以下、高いところは50万円以上となっているため、平均を出すこともあまり意味がないかもしれません。10万円から5万円を下回る場合には、この業界では平均よりも安い金額でやってくれる会社と言って良いのではないか?と思います。料金が安いことは良心的に思えるものの、それが本当に良いことか?どうかは別なので、そういったところに注意しながらLPを作ってくれる会社を探さないといけません。出せる金額に限界があって、あまり多くの費用を捻出できない場合には仕方ないですが、多少多く出せるならば、やや高めの費用のランディングページのデザイン会社に依頼をしてみてはどうでしょうか?
タイトル
ランディングページの最初にどう変わるか?を明記すべき

ランディングページのデザインを考えるときには、やはりポイントはファーストビューです。これは多くの方が心得ている部分かと思いますけど、第一印象でユーザーの心をぐっと掴めるか?どうかがまず大事になります。これは扱っている商品のジャンルにもよるのですが、例えば美容系の商品をすすめるランディングページであった場合には、ファーストビューのデザインに含ませたい内容としては、商品の特徴とその商品を使ってどう変わるか?の2つのうち、どちらが望ましいでしょうか?ファーストビューは載せられる量が限られているので、この2つのうちどちらかに絞った方が良いでしょう。2つ以上の情報を入れると、文字が小さくなって目立たないですし、情報が多くて頭の中で処理しきれない可能性もありますから。この2つから選ぶならば、やはり商品を使ったらどう変わるか?の方だと思います。それは商品の特徴に比べて、こちらの方がよりダイレクトにページを見た人の悩みに訴えることができるからです。制作するときのポイントとしては、やはりここになります。例えば、あるスキンケア商品についてのランディングページだとして、そこのファーストビューに商品の特徴として配合されている成分を載せたとします。成分が一目で分かったとしても、知識がない人はその成分がどう作用するのか?どう役立つのか?が分かりません。つまり、結果、自分の悩みを解決できるのか?できないのか?がファーストビューでは判断できないため、そこで購買意欲が下がり、ページを閉じる可能性もあるということになります。逆にファーストビューにシミが1週間で消えるみたいな、そんな情報を載せていたとしたら、具体的にその商品を使ってどう変わるのか?が分かります。その結果、自分の悩みを解決してくれそうにないと思ったらページは閉じますが、自分の悩みにかなり関係があって、しかも効果抜群だと思ってもらえたら、それ以降も読み続けてくれる可能性が高まるのです。ランディングページを見た人全員に効果的に訴えられるわけではないものの、よりその人数が多いのは商品を使ってどう変わるか?という情報の方だと思います。こういった点に意識を向けながら、LPを制作していくと、よるり売り上げにもつながる度合いが増えて、収入も上がっていく可能性もあると思います。とにかくLPはファーストビューで何を伝えるか?ここが勝負になってくることは知っておくと良いでしょう。
タイトル
ランディングページのコンバージョン率を無料で上げる方法

ランディングページの制作でしばしば議論されるのがコンバージョン率です。いくら広告を打ってランディングページにアクセスを集めても、購入に結びつかなければビジネスが成り立たないからです。コンバージョン率を上げる方法はいくつかありますが、できるだけ費用をかけずに上げる方法をご紹介します。

まずできるのがランディングページの軽量化です。ランディングページに人が来ても表示速度が遅いと離脱してしまう可能性が高くなります。5秒ルールというものがあり、LPに来た訪問客はたった5秒の間にランディングページを読むべきか去るべきかを判断してしまいます。LP表示に5秒以上かかっている場合は、イライラしたユーザーがページを閉じてしまうことが多くなります。ページの表示速度にはデザインが関係しており、LPの画像枚数が多かったりJavascriptを読み込ませていると重くなりがちです。画像のファイル形式を変えたり、圧縮することで画像ファイルのサイズは小さくなります。またJavascriptは読み込むタイミングを遅らせるために、デザイン制作の担当者に頼んでJavascriptの記述はhtmlファイルのbodyタグの一番最後に配置してもらうと良いでしょう。このようにデザインを少しいじるだけでLPの表示速度が劇的に速くなることがあります。

次にすべきは、文章の見直しです。LPの目的がコンバージョンの場合、訪問者にアクションを起こしてもらうことが必要ですが、その時のモチベーションには複数の要素が絡み合っています。1つの要素は「限定性」です。商品の生産個数が100個しかなく、残り10個を切っているという希少性を出せば、人々は価値を感じて購入の行動をとりやすくなります。また「時間制限」の要素も大切で、人は焦りを感じないとなかなか行動してくれないものです。期間限定で販売しておりあと3日で販売を締め切るといったことや、○日までに購入した人は20%割引にしますといった特典をつけると、さらにコンバージョン率を上げることができるでしょう。他にできる方法として、先着100名様にはプレゼントを差し上げますとかオマケをつけますというものもありますが、追加コストがかかってしまいますので最後の手段にすると良いでしょう。また情報商品をメインに扱う場合は信用が第一になってきます。そのような時は、販売者の今までの実績やプロフィールを細かく書いて信頼されるような文章増やすことが売上アップにつながります。文章を書くだけなら無料ですし、文章に商品と関連のあるキーワードを散りばめれば、SEO対策にもなります。コンバージョン率を高めたい時には、すぐに有料の方法を試すのではなく、無料でできることを全てやってから検討しても遅くはないでしょう。
タイトル
あなたはランディングページでこんな間違いをしていませんか?

あなたはランディングページ(LP)で、こんな間違いをしていませんか?



・ランディングページは長ければ長いほど良い。

・綺麗で凝ったデザインの方が良い。

・商品やサービスの機能をとにかくたくさん伝えれば良い

・たくさん提案した方が良い。

・無料オファーをたくさん付けた方が成約率が高い。

・たくさんの情報を入力してもらった方が詳しい情報を得られて良い。

・丁寧に色々なリンクを付けておいた方が良い。

・目を引くキャッチコピーを書けば良い。

・PC用のランディングページだけ作っておけば良い。

・ランディングページは作ってしまえば、それで終わり。



もしあなたがランディングページ(LP)を制作する時に、このように考えているのであれば、あなたのランディングページは非常に惜しい物になってしまいます。



ランディングページは長い方が良い、短い方が良いという議論がありますが、長すぎても短すぎても良くありません。商品・サービスや読む人によって適切な長さは変わってきますが、まずは伝えたいことを全て伝えることを考えてください。



それと同じように、凝ったデザインのランディングページもたくさんあります。人は第一印象で判断する習性があるので、第一印象を良くするためにページトップを良いデザインにするのは重要です。しかし、ランディングページはデザインだけではなく、コピー(文章)が重要ですので、コピーに力を注ぎましょう。



また、たくさんの提案をしたり、商品やサービスの説明を長々と語り、何が言いたいのかよくわからないランディングページも少なくありません。人はいっぺんにたくさんの情報を理解することはできませんので、提案やメッセージは1つに絞りましょう。また、ランディングページは1ページ(場合によっては数ページ)で勝負するからこそ、提案やメッセージをぶらさずに一貫しなければなりません。いくら目を引くキャッチコピーでも、デザインやコピーと違っていては信用できませんので、キャッチコピー、デザイン、コピー、商品、オファーを全て統一させましょう。



人は理論ではなく、感情で物を買います。特にネットの世界では尚更です。商品やサービスの説明をグダグダ並べても、その商品やサービスを購入して自分がどういう風になるのか?どんな気持ちを味わえるのか?がイメージできないと買いませんので、商品やサービスの説明だけではなく、手に入れた後のイメージを持てるようなコピーを書きましょう。購入者の声も役立ちますね。



なお、現在はスマホが普及しているため、PCではなく、スマホでネットを見る人が少なくありません。スマホに対応していないランディングページでは、スマホユーザーが獲得できませんので、余裕があったら、スマホ版やスマホ対策もしましょう。



最後に、ランディングページは制作それで終わりではありません。別バージョン(一部変更した物)を作って、ABテストを繰り返し、改善を積み重ねて、反応率の高い物にしなければなりません。
タイトル
効果的ランディングページは画像だけでなくキャッチコピーもあり

インターネットでショッピングをする人は大変、増えてきました。これに伴い、ネットショップに取り組んでいる人をたくさんいらっしゃいます。

しかし、あまりにも多くの参集者がいて、競争が激しくなってきているのが元応です。

ここで、いかに特徴のあるサイトや広告で、商品を販売していくかを悩んでいるオーナーが少なくありません。

彼らが常に悩み工夫しているのが、ランディングページです。

このページはLPとも言われていますが、サイトで商品を紹介したり注文の手続きを進めるための重要な役目を果たしています。

このLPことランディングページの効果的なデザインで制作することがネットショップの成否を握っているといっても過言ではないのです。

ランディングページを変えただけで、販売が大きく変わってきた体験を持つオーナーも多くいらっしゃいます。

効果的なページ制作するためのデザインには、色々なノウハウがあるのですが、通常の成功パターンは画像と文字情報を適度に組み合わせて、視聴者に理解しやすいページ構成します。

ページ構成しては、

・キャッチコピー

・商品の導入する理由

・利用効果

・商品説明

・購入手続き

・口コミ

・FAQ

このようなパターンで構成されることが、一般的だと思われます。その中に、必要に応じで画像や動画を差し込むことになってきます。

最近は、画像や動画を多用するランディングページが増えてきましたが、制作するにあたり新しいデザインの考え方かもしれません。

しかし、文字による説明の必要性も軽く考えてはなりません。

画像を補足する役目が多いのですが、キャッチコピーをサイトの最上段に表記することで、視聴者を釘付けにしてしまうからです。キャッチコピーは昔かた用いられる手法ですが、短い言葉で、注意喚起をすることがポイントになってきます。

しかも、ロジックな説明より、人の感性に訴えかけるフレーズが、キャッチコピーの基本になってくるでしょう。

「ピリピリお肌がツヤヤカに」

これは、ある化粧水のサイトを作る時に、パッと頭に思いついたフレーズです。

これだと、見る女性の方々も頭の中で、実際に使うシーンが連想できれば成功です。

このキャッチコピーの近くには、気持ち良さような女性の方ん笑顔の映像を掲載させます。

この表記はランディングページのトップに据えるのです。

そうすることにより、このページに訪れた人は決して、他のページやサイトに移っていくことが少なくなるのです。

これこそインターネットによるショッピングを成功させる決定的な方法かもしれません。
タイトル
ランディングページで訪問客に行動を促す3つの仕組み

ランディングページでオプトインを狙う場合、訪問客にメールアドレスなどの情報を残してもらわなければなりません。そのためにはいくつかの仕組みが必要となります。ここでは3つの方法をご紹介します。

まず一つ目の方法はポップアップ方式です。ランディングページに人が来て10秒位たつと急に画面全体が暗くなり、白い小さな画面が浮き上がってきてフォームへの入力を促されたことのある経験はないでしょうか。これはポップアップと呼ばれる仕組みです。ランディングページに来た人が、何も行動を起こさない時に少し行動を後押しするために、このような画面を表示させて意思表示をさせるのです。このポップアップを嫌がるお客さんもいますが、行動のきっかけになることは間違いありません。このポップアップ方式がオプトインに役立つかどうかはテストしてみないとわかりませんが、デザインを少しいじるだけで良いのでやってみる価値はあると言えるでしょう。

次に有効な方法が、ボレットです。ボレットとはLPの文章の途中に箇条書きにするその商品やサービスのメリットのことです。このボレットを記載することで、オプトインすることによるいくつかのメリットを理解してもらうのです。メリットには金銭的な内容、商品を使った時の具体的な効果、リスクフリーなどといった内容を記述します。ポイントは読者がイメージできるような内容を書くことです。読者は日本人ですから、「アフリカで役立つ」というようなことを書いても想像しにくいでしょう。読む人が住んでいる環境を考慮することが大切なのです。数字を使った方が説得力があるので、具体的な数字を使うのもポイントです。キャッチコピーももちろん大事ですが、キャッチコピーを読んでもらった後にこのボレットの部分を読んでもらうことになるので、ここも念を入れて制作しメリットを書き連ねたほうが良いのです。

3つ目に大事なことは時間制限を設けることです。Javascriptなどを使うとランディングページの上部にタイマーを設定して表示することができます。制限時間を1週間にするのであれば、1週間からカウントダウンするようにタイマーをスタートさせて、訪問客に一定の猶予を与えつつ、1週間以内に行動しないと申し込みページが消えてしまうようにページをデザイン制作することが可能なのです。この時間制限は、期間限定でLPのページで一気にメールアドレスのリストを集めたい時に有効な方法です。
タイトル
ランディングページ歯、プレゼンテーションの塊

人が欲しい商品をネットショップで購入する時は、とてもスピーディーなアクションで行われることがほとんどです。

それが故に、サイトのページが読みづらかったり、注文の手続きが面倒くさいと感じた瞬間に、購入を止めてしまうりすくもあります。

このようなことを避けるために、ネットジャップでの購入の要となるランディングページには、多大な時間と労力をかけて作らなければなりません。

LPデザインの制作ということで、業界内でも重用視されている項目です。

LPことランディングページは、実際の商品を見ることができないインターネットの世界で、実際に手にとって納得できるのような感覚で作る必要があります。

文字だけでなく、画像、動画を上手く組み合わせることもよくある手法です。

まさにビジネスの世界で取引先にプレゼンテーションを行うような方法を取る必要があるのです。

ランディングページをデザインする時に、抑えておくべきことは、まず商品の必要性です。

買う人がなぜ必要なのかを課題を提示したり、使った時の効果やメリットをうたわれていることが優先されて表示することが大事です。

それは中々、そのサイトに留まりづらい人をできるだけ長い時間、滞在させることが必要だからです。

しかも、サイトページのスペースには。限界がありますので、出来だけ目立つフォントや色を巧みに使ったキャッチコピーを前面に押し出していきます。

その後は写真をうまく取り入れてできるだけ文字を少なくし、ビジュアル的な効果で商品の説明を進めていきます。

文字よりも。映像の方が視覚的効果が高いからです。

それができて初めて成功にむすびついていきます。

文字数が多いとすぐに飽きられてしまいます。

ここまで来ると、お客さんの購買意欲は、かなり高まっています



しかし、最後の手段もの忘れてはなりません。

それは購入手段を分りやすく明示することです。

これも非常に重要なことで、購入のクリックボタンが見にくい場所にあるだけで、購入手続きが止まってしまうからで

す。

大きくめだつアイコンを配置しておくことが大事です。

ランディングページの制作においては、デザイン性も重要な購入要因のファクダーなのですが、注文するなど際の機能性も泡へ持っておくことが必要です。

インターネットのおかげで、うなり上りに成長しているネットショップ市場ですが、簡潔明瞭で分りやすく、且つ、使うに当たっての説明はきちんと抑えておかねばなりません。
タイトル
ランディングページに必ず入れたいお問い合わせのリンク

ランディングページを制作するときには、商品についての良いところをいかにアピールするか?そのためのデザインやキャッチコピー、画像の見せ方などを特に考えているケースが多いと思います。そういった部分ももちろん大切なのですが、そこが良い具合に仕上がってもまだまだ不十分という場合があります。それはランディングページ内で紹介されている商品を作っている会社へのお問い合わせのリンクがない場合です。メールなどで質問などを送ることができるようなリンクのことで、いろいろなWEBサイトでよく見かけると思います。この部分は商品の紹介とは直接関係はないですけど、非常に重要な部分になります。これがないと、気になるところやちょっと分からないところが生まれたユーザーが質問をしたくてもできないからです。質問したいという気持ちを持つということは、ランディングページをちゃんと読んでくれて、かつ商品に興味を持っている状態です。したがって、そういった人に対して、質問を解決してあげられると、その中から実際に購入してくれる人が現れる可能性もあります。そういったリンクがないと、聞きたいことを聞きようがないので、不安なまま買うのは嫌だということで、諦めてしまったり、別の類似の商品を買うという人も出てくるかもしれません。そういったお客さんを他社にとられてしまってはもったいないので、こういうチャンスを逃さないために、やはり購入可能性のある人に対して、細かいケアをしていく必要があるのです。一般的に、こういうお問い合わせのリンクはホームページ上の1番下にあることが多いです。恐らくインターネットに慣れている人もそういったところを探す可能性が高いので、探すのに困らないように、迷わないように、同じ位置にリンクしておくと良いでしょう。そして、そういったLPを見た人からのメールにはできるだけ素早く返信していくなどの必要もあります。これはそんなに難しい問題ではないので、LPを制作するときには1番最後に行っていくということでも構わないでしょう。デザインしている途中から考えていかないといけないものではないので、ランディングページをきちんと作ってから、最後に入れておけば良いと思います。非常に細かい部分ですが、売り上げにかなりかかわってくる部分なので、必ず忘れないように、商品に関する問い合わせができるということを目立つように、分かるようにリンクを貼っておいてください。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.