上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
購入してもらうためのページ構成

ランディングページは、広告をクリックした先で表示されるページのことです。広告と言うのは、大体がインターネット通販のものであることが多いです。つまり、その広告をクリックしてもらい、そこで興味がある商品を購入してもらうことが目的と言うことなのです。
なので、第一に広告をクリックしてもらう必要がありますが、そこで終わってしまっては売り上げにはつなげることが出来ないのです。
そこから購入してもらう、というアクションをとってもらう必要があります。
そのためには、ランディングページと言うのはとても重要なものと言うことができるのです。
例えば、一度は経験したことがあるという人が多いでしょうが、いいと思った商品を見てみたくて広告をクリックしてみたものの、どこにその商品があるのかわからない、と言うことがあります。
そうなってくると、わざわざ探すのも面倒になってしまいます。
結果、購入してもらうことは出来ないのです。
それどころか、次に来た時にユーターンされる可能性が高いのです。
なので、ランディングページ作りは大事です。
タイトル
テストを重ねる必要が絶対に必要

ランディングページの効果を高めるためには、複数のランディングページを作成してテストすることが必要になります。
ランディングページは閲覧している人にとって価値があるか、目的が合致しているかどうかで効果が変わってきます。
閲覧者にとって価値のあるランディングページを作成することはとても難しく、人によって目的が違うので、どのランディングページが一番利益を上げることができるかのテストが非常に重要になってくるのです。
全ての閲覧者に対して目的が合致しているランディングページを作成することは不可能に近いので、テストした結果、一番利益が上がるランディングページを掲載するという企業が多いです。
このテストは複数回することで、よりランディングページの効果を高めることができるようになり、テスト結果によってはランディングページに改良を重ねてより良いものにする必要がでてきます。
企業利益を上げるためにはテストを重ねる必要が絶対に必要だと言っても過言ではありません。
タイトル
ランダムに表示されているわけではない

ランディングページと言う言葉を耳にしたことがある、と言う人はいると思います。ですが、これが一体何なのかについては、詳しくは知らなかったりする人もまた、とても多いです。
ランディングページとは簡単に言うと、インターネットサーフィンをしていると、ときどきページの隅に広告が表示されることがあります。
気になった広告などの場合は、それをついついクリックしてしまうことがありますが、このクリックした先に現れたページが、ランディングページと言われているものなのです。
また、検索エンジンなどで語句などを検索するとします。そうして表示された広告ページなどについても、ランディングページと言われているものです。
このランディングページと言うのは、実はランダムに広告が表示されているもの、と考えている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
きちんとどのような情報に興味を持っているのか、ということを検索結果などから考えて、表示されるようになっているのです。
タイトル
わかりづらいページでは、購入してもらうことが出来ない

インターネットビジネスを行う上で、ランディングページとはとても重要な役目を持っているものです。
では、ランディングページとは、具体的にはどのようなものなのか紹介します。
インターネットをしていると、いろいろなページで広告が表示されていることに気づくと思います。この広告には、今気になっていることが表示されることが多いです。その理由としては、今気になっていることなども検索することによって、その目的を読み取って表示されるようになっているのです。
そして、この広告をクリックした先で表示されるページが、ランディングページと言われているものなのです。
つまり、広告をクリックしてもらい、そこで表示されたランディングページを見てもらうことによって、ビジネスにつなげることが出来るのです。
ですが、ランディングページにアクセスしてもらうことが出来たからと言って、づぐに売り上げに繋がるわけではありません。わかりづらいページでは、購入してもらうことが出来ないのです。
タイトル
使い方次第で大きなメリットを作り出す可能性

ランディングページに関しての自分なりの意見をまとめてみたものです。

そもそもランディングページとはどういったものなのか?
ランディングページとはインターネット広告や検索エンジンをクリックした場合のリンク先のサイトまたはページのことである。
このランディングページを使用している会社は幅広く広告としての役割だけでいえば人々の目にとまることで興味を引くことが一番の広告ではクリックをすることでまずは知ってもらえることができるのは大きなメリットだといえるだろう。
さらにはリンク先での広告やページ内の文章、画像に興味を引かれるユーザーがいた場合にはさらに引き込める可能性も出てくるだろう。

リンクの中には別の広告がランディングページとして表示されている場合もあるので連鎖的に多くの種類のサイトへの関心を引くことができる効率のよい方法だと思います。しかし、ランディングページのなかには適切ではない場合は探している検索項目のページにたどり着くことができずにページを閉じてしまう場合もある。そのような場合はユーザーがすぐに離れてしまいデメリットを与えかねない印象を与えてしまう可能性もある。なので使い方次第で大きなメリットを作り出す可能性をもち、一方でデメリットを生み出して同じような別の広告サイトなどに奪われてしまう場合もあるというのが自分の見解です。
タイトル
適切なキーワードに最適なページを表示するようにする

インターネットなどでリンク先となるWebページのことをランディングページと呼びます。 この設定によって、アクセス数や売上が変化する可能性があります。では、どのような設定をすればよいのでしょうか? アクセスを無駄にしないランディングページの設定方法を考えてみましょう。 インターネットの広告や検索エンジンの検索結果は、方法こそ違うが「お客をサイトの入り口まで誘導する」という目的をもっています。 しかしお客を何人連れてきたとしても、その人たちが目的の情報や品物を見つけることができず立ち去ってしまっていては何の意味もありません。 例えば検索エンジンで「タブレット キーボード」というワードで検索をかけ、広告をクリックして訪れたページ(ランディングページ)がそのサイトのTOPページだったら、せっかく検索を行ったのにも関わらず、もう一度このサイト内からキーボード関係のページを探さなければならず、結果2度手間になってしまいます。 これではせっかくのお客を取り逃がすことにもなりかねません。 このようにランディングページの設定によって、見込めるはずの売上や集客も「チャンスがあるのに取り逃がす」という結果にならない為にも適切なランディングページの設定が必要なのです。 今回の例でいえば、「サイトTOPを表示させるのではなく、キーボードのページを表示させる」ことが適切なランディングページの設定といえるでしょう。 せっかく訪れたお客を逃がさない為にも、適切なキーワードに最適なページを表示するようにすることがランディングページの基本なのです。
タイトル
商品棚の役割

ランディングページとはどのようなものかと言うと、インターネットを閲覧しているといろいろなページの端に広告が表示されることがあります。その広告をクリックして表示されるページが、ランディングページと言われているものになります。 つまり、このランディングページはとても重要な役目を負っているということが出来るのです。なぜならば、このランディングページにアクセスすることによって、商品を購入する可能性があるからです。 だからこそ、ランディングページと言うのはいろいろなところに気を使う必要があります。 購入してもらうためには、やはりいろいろな点に気を使わないといけないのです。 店舗であれば商品棚の役割をこのランディングページは担っていることになります。なので、ディスプレイなどは気をつける必要があります。 見やすいようにするというのはもちろんですが、アクセスしやすいなどといったことについても気をつける必要があるのです。
タイトル
とにかく最初のインパクト

インパクトを出すということがランディングページだと思います。これは人が見てこれはすごいぞと思わせることが重要であり、一目で商品が分かって購入したくなるようなページが重要なのです。そのためには画像を工夫することになり、ページの一番上に大きな写真を導入してインパクトを出します。これで見る側としては商品の特徴を理解することが出来るのです。 一番重要なのはページの一番上であり、それ以外の部分を重視する必要性はありません。ランディングページというのはとにかく最初のインパクトが大切なので、作る側としては一番最初の部分に力を入れます。後は説明文という感じなので、見ない方も多いということを踏まえ作ることになるでしょう。 場合によっては実際に利用している画像を使ったり、映像をおくというのも1つの方法となります。とにかくランディングページのインパクトを出すために、キャラクターや商品等の強みのある部分を見せることが大切で、これさえ出来れば見る側に最後の部分まで見せることができるのです。
タイトル
勝負は10秒間

ランディングページとはLanding(上陸地点)という名の通り、外部からやってきたネットの閲覧者が最初に見ることになるページです。具体的にはインターネット広告や検索エンジンによる検索結果のリンク先がまさにこのランディングページであり、webマーケティングにおいて非常に重要な位置を占める部分でもあります。 インターネット上での訪問者は検索結果や広告などから誘導されてランディングページにやってきますが、彼らがひとつのページに費やす時間は10秒未満と言われています。その時間内に訪問者の興味を引き、商品やサービスの内容について情報を伝えなければいけません。その10秒の間に興味を抱いてもらえなかったり、商品やサービスの良さが伝わらなければ、彼らはさっさとそのページを閉じてしまいます。せっかく広告を打ったり、SEO対策に成功して訪問者を増やすことができても、ランディングページの出来が悪いとまったく売上にはつながりません。 ゆえにランディングページのデザインには非常に綿密な検討と訪問者への最適化が必要となるのです。
タイトル
作り込みにより、成果を数倍にまで跳ね上げることも可能

最近では、インターネットで自分のホームページを持ち、インターネットを使って利益を出そうとしている人は多くいます。
ランディングページはきちんと作り込むことにより、得られる成果を数倍にまで跳ね上げることも可能です。
そんな非常に効果の高いランディングページを誰にでも簡単に作れてしまう、初心者向けのポイントを知っておくと非常に便利です。
ランディングページの構成は、いくつかのブロックに分けることができます。その中の一つとしてまずキャッチコピーがあります。
それは、あるジャンルにおいて、お客さまの一番興味のある事を、全面にストレートにメッセージ力のある言葉で指摘したものです。
興味のある事とは、ターゲットにしている購買力のある人が抱いている、日々の悩みや人生においてのトラブルについてです。
どうして多くのターゲットにしている人が興味を持つのかについてお客さまの気持ちを考えながら、的確な言葉で表現することが大事です。
タイトル
有意義な投資

ランディングページの費用対効果について、皆さんはどうお考えになるでしょうか。 ランディングページは売り込みたい商品やサービスを宣伝するのに効果的ですが、当然ながらランディングページを作成するには費用がかかります。 個人のウェブサイトならば自分で作れば無料になりますが、企業の広告を効果的に宣伝するためにはプロに作成を依頼するのが好ましいですし、ほとんどの企業は制作会社に依頼して作成してもらっています。 ランディングページの費用は、制作会社によって数万円、または数十万円の差がでることがあります。 ここでの費用は後の企業利益に対する投資と考えてもよろしいと思います。 効果的なランディングページを掲載することができれば企業の利益が上がり、とても有意義な投資だったと感じます。 ランディングページ作成を疎かにしてしまうと制作費用に見合った結果が得られずに損を被ることになるので、しっかりと制作会社、費用を見極める必要があるのです。
タイトル
ネットで売り上げを上げるための最重要要素

ランディングページとは、「様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示されるする、サイトを含むWEBページ全般」を指す言葉で、LP、ランペ、などとも呼ばれています。 しかし、一般的に「ランディングページ」や「LP」が指すものは、一つの商品やサービスを売るための、一枚の長いWEBページです。 ランディングページはズバリ「ネットで売り上げを上げるための最重要要素」であり、ランディングページを改善しただけで、ネット上での顧客獲得数が6倍になったという事例もあります。 そんな成功の可能性を存分に秘めているランディングページですが、企業のポジションや目的に応じて多くの種類が存在しており、適切な使い方をしなければ満足のいく成果は得られません。 そこで、ネットで成功を収めるために最低限知っておくべきランディングページの基本情報を、ネット広告代理店でランディングページを制作している私がもう少し詳しくご説明いたします。
タイトル
サイトの魅力を表す物

私はランディングページとはそのサイトを表す鏡のようなものだと思っています。 なぜならば、今までにランディングページに魅力を感じなかったサイトの内容や商品が、魅力的であったと感じた経験がないからです。その反対にランディングページに興味や魅力を感じたサイトの商品を購入したり、資料請求をしたことは多々あります。 そもそもランディングページに魅力を感じなければ、そのサイトを興味を持って見ようとは思いません。インターネット上には面白そうな情報が多くありますので、他のサイトに移動をするからです。 このようにインターネット上で広告をクリックしても、ランディングページに魅力がなければそのサイトに興味を示すことはほとんどありません。 ランディングページはそのサイトの魅力を最大限に表すものだと私は考えていますし、そうでなければ誰もサイトの内容を注意深く見ることは無いのです。 ランディングページはサイトの魅力を表す物でないと効果がないのです。
タイトル
訪問者をいかに長く留めておけるかという重要な役割がある

ランディングページの「ランディング」とは、着陸のこと。 インターネット用語では、検索してそのサイトに訪れた人が最初に「着陸」、すなわち閲覧するページのことであり、リンク先からそのサイトに訪れたときの玄関口となる。 ただし、正面玄関である必要はない。すなわち、トップページである必要はない。 サイトへの訪問者をいかに長く留めておけるかという重要な役割があるからである。 例えば、ウェブ上にあるとある商品の広告バナーをクリックして、閲覧者がサイトを訪れたとする。 閲覧者は、バナーにある商品が気になったので、それを求めてサイトを訪れたということになる。 このとき、ランディングページが(バナーからのリンク先が)そのサイトのトップページだったとしたらどうだろう。 閲覧者はそのサイトの中から自力で求めている商品を探さなければならず、これは結構な手間である。 案外よくあることで、そういう場面に遭遇した人も多いだろう。 この場合、ランディングページは、そのサイトの中の、その商品のページである方が良い。 閲覧者の手間を省くことができ、「使いやすいサイトだ」という満足感を高め、長くそのサイトに留まらせたり、利用頻度を増やしたりすることに繋がる。 ランディングページに期待される効果は大きい。
タイトル
見込み客が欲しいと思っている情報を素早く提示する

ランディングページと言うのは、インターネットビジネスを行う上で、とても重要なものとなってきます。というのも、アクセスをしてもらうことができても、そこから購入してもらうためには、何か工夫を行う必要があるのです。 ただ流し見されるだけでは、購入してもらうことは出来ません。また、見込み客が欲しいと思っている情報を素早く提示することが出来る、ということについても重要です。 どこにどの情報があるのかわからないような状態では、諦めて帰ってしまうことになるからです。なので、ランディングページはわかりやすいように作るということが必要になってきます。また、商品を魅力的に見せる、ということも重要です。 魅力的に見えなくては、当然購入してもらうことは難しくなってしまうのです。 なので、ランディングページではこれらのことを行う必要があります。 インターネットビジネスと言うのは、店頭でディスプレイすることができないので、このランディングページ作りが重要なのです。
タイトル
ニーズに沿ったピンポイントに狙ったページ

ランディングページというのはあるWEBページを見ている人がサイト内にある広告をクリックして最初に表示されるページ、もしくは検索エンジンなどの検索結果をクリックすると最初に表示されるページのことで、広告主や売り手にとっては「肝」となるページといっても過言ではありません。 ある調査ではリンク先にジャンプしてそのページを見ても、数秒見るだけでさっさと立ち去ってしまう人が少なからずいるというデータも出ていますから、いかにそのページに留まってもらうか、売り込みたいサービスや商品に興味をもってもらうかということが重要です。 もちろん、利用者の立場に立たなければどうにもなりません。 利用者が「液晶テレビ」に興味があるとして、ランディングページが「家電」全般のページだとしたら、さらにそこから探すことになってしまって利用者にとっては二度手間になってしまいますし、面倒だと思って立ち去ってしまう可能性も高くなってしまうでしょう。 利用者にニーズに沿ったピンポイントに狙ったページであること、なによりもインパクトのあるページであることが大事です。 印象深い画像を多用したもの、利用者に疑問を投げかけて引き込むようなもの、マンガやアニメを利用したものなど、商材によって最適なランディングページの構築こそが、アクセスを無駄にせず、成果を出すコツといえるでしょう。
タイトル
見込み客が帰らないように商品が見やすい環境を整える

ランディングページとは、インターネット上で商売をするのであれば、絶対に欠かすことができないものです。 具体的にどのようなもののことを言うのかといえば、インターネットサーフィンをしていると、ページ上に広告が表示されることがあります。 この広告と言うのは、検索結果などから考慮し、興味がありそうだと判断されたものが表示されるようになっているのですが、この広告をクリックした先で表示されたページのことをランディングページと言います。 このランディングページたどり着くということは、その販売している商品に少なからず興味がある、ということになります。 つまり、見込み客ということになるのです。 そのような見込み客に商品を購入してもらうためには、どのようなところに注意をするべきなのか、というと、やはりランディングページ作りはとても重要になってきます。 見込み客が些細なことで帰ってしまうことが無いように、商品が見やすい環境を整える、ということはとても大事なのです。
タイトル
インパクト・分かりやすさ・興味を刺激するかどうか

ランディングページとは何か? ランディングページという言葉を聞いたことが無い方もいるかも知れませんが、実際に見たことがある方はとても多い筈です。 簡単に言ってしまえば、広告の顔でありインターネット検索での最初に出てくるページのことです、web広告をクリックした際にもこのページが最初に出てきます。 このランディングページは企業のトップページとは違い、ユーザーの需要に対して的確に標準を合わせた内容で作成することが出来ますので、即販売力へと直結されます。 ランディングページにとって大事なのはインパクト・分かりやすさ・興味を刺激するかどうかなどです、余分な情報をなるべく削ぎ落とした上で視覚に訴えるキャッチーなイラストや写真、文字などを効果的に使うことによりその本質が発揮されます。 今やインターネットでの検索など情報の多さに比例してユーザーの関心はすぐに流れてしまいがちですが、ランディングページを上手く利用することが出来れば一度HPに訪れてくれた訪問客を逃すことなく売り上げへと繋げることが可能です。
タイトル
ランディングページが魅力的でなければ成功することは難しい

インターネットを通してビジネスをする際には、ランディングページはとても重要です。 ランディングページとはインターネット上の広告をクリックした時に、最初に表示されるページの事です。そのページを見て興味が湧いたり親しみを感じることで、サイトにアクセスをするきっかけになります。 インターネット上には情報が溢れ返っていますので、興味をそそるランディングページでない場合にはすぐに人は離れてしまいます。ランディングページの先のサイトの内容がどんなに優れたものであっても、内容を見てもらわないことにはどうにもなりません。 一目見て興味のそそるランディングページを作成することは簡単なことではありませんが、目立つデザインにすることや商品の売りを簡潔に表した言葉を表示することで、人の興味や関心を引くことができます。 インターネット上でビジネスをする場合には、ランディングページが魅力的でなければ成功することは難しいでしょう。それだけにランディングページの果たす役割は、とても大きいと言えるのです。
タイトル
とにかくインパクトを出す

広告から飛んできて最初に見るページがランディングページです。これはサイトの公式ページというわけではなく、その企業が商品を購入して貰ったり、サービスを利用してもらうために付けているページです。基本的に広告リンクからしか見ることはできず、公式ページとは違った形に作成します。とにかくインパクトを出すことに加え、利用するとこうしたメリットがあることを伝えなければなりません。 ページは明るい感じに仕上げていることが多く、サイトによっては殆ど文章が記載されていないこともあります。勿論金融商品であればこうした取引を行いますというのは記載されていますが、基本的にサービスの質がいいことに重点を置いて制作しているのです。そのため見る側としてはサービスの内容を理解しやすく、買ってみようかなという気持ちが生まれます。 勿論ページによっては興味のないものもあると思いますが、最近はリスティング広告を利用してランディングページを効率よく動かすようにしています。検索で興味のある方だけにページを見てもらい、そのまま登録へ誘導するというのが主流となっており、この方法で利益を出している企業はかなり増えているのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.