上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
最後まで、くまなく読みたくなる文章を書いて欲しい

情報商材や教材の販売等で目にする機会も多くなったランディングページですが、特に威圧的と言うかこれは買いたくなくなるな・・・と思ってしまう悪い例から挙げて行きます。
  まず、儲かると称するネットビジネス系の塾の勧誘ランディングページなんですが、とにかく何円儲かったか?これ位の期間でこんなに儲かりました的な自慢が多いです。
  スクロールの縦幅で言うと多分50cm位は続いてたりします。
次に不快感を感じるのは、自分の身の上話です。
何故か大抵のノウハウ提供者は不幸のどん底から這い上がって来た的なお涙ちょうだい系の身の上話を冒頭にして来るのですが、ハッキリ言ってそんな事は知りたくも無いのです。
  そんな事より早く、そのノウハウのどこが本当に儲かるのか?とか本当に売りたい事は何なのかとか、この塾に入ると他の人と何が変わるのか?とか要点をじっくり書いて行って欲しいのです。
  要点を書く際は、回りくどくなく分かりやすい文章で書くことが重要です。
勿体ぶって中々要点を書かない人も多いのですが、大抵の人はランディングページを最後までくまなく読むとは思えません。
  あと、このノウハウを利用して実際に成果が出た人の声ですが、あまり大人数を載せるのではなく別ページに飛ばせて読ませるとか、或いはいままで案内してきたメルマガなどで紹介する方向にしてもらいたいのです。
  とにかく人は、自分に有益だと判断しない限り最後まで文章をじっくり読む事は無いですから、最後まで読みたくなる文章を書いて欲しいと思います。
タイトル
ランディングページ作成の三つのコツ

ランディングページとは一つの商品やサービスを販売するためのwebページのことです。コツとしては以下の三つがあげられます。それは、ユーザーの不安を払拭すること、ユーザー視点で求められている情報を提供すること、広告を配信しているキーワードに合わせて訴求をすることの三つです。
一つ目は、web上での顔の見えないやり取りにおいて発生する不安を取り除くということです。その商品によって確かに、安全にユーザーの欲している効用を生み出すことができるということを正しく伝えることが必要です。
二つ目は、ユーザーがその商品について何を知りたいかということです。何を求めてユーザーがそのページに辿り着いたかを考える必要があります。ユーザーが何を求めているかというと難しく感じられるかもしれませんが、その商品の魅力とユーザーの需要を合わせて考えることで、自然と答えが見えてくるものです。
三つ目は、広告とランディングページの内容を合わせるということです。販売したい商品やサービスにはたくさんの魅力があると思いますが、ユーザーの求めているものと合致していない場合にはその魅力を伝えることがマイナスに働く可能性があります。他の魅力についてユーザーが興味がないということは、その商品の価格に不要なサービスや魅力の分まで含まれていると考えられてしまうからです。
以上がランディングページのコツとなります。
タイトル
いいランディングページにするために

私たちがインターネットで自分の調べたい物やサービスなどを検索すると、その検索結果や広告がでてきますよね。特にその上部やサイドに表示される広告ですが、これは企業がお金を払って検索ワードに対する広告を表示させています。それらをクリックすると、商品やサービスの詳細ページが出てくるのですが、これがランディングページです。オフィシャルサイトのホームページのトップページとは違うランディングページを用意しているところがほとんどだと思いますが、検索をしたお客さまに対して、ピンポイントで必要な情報を提供することができるので、企業側も魅力的に商品やサービスを売り出すためにこのランディングページを工夫しています。
私が美容関連の商材の販売担当をしていた時に、このランディングページの作成にも携わりました。ランディングページの一番大きな戦略としては、クリックしてそのページに来てくれたお客様が、ワンスクロールだけで商品の内容を理解したり、もっと知りたい、うまくいけばその商品を買いたいと思わせることです。そのためには文面もわかりやすく書かなければいけないし、文字の大きさや書体に変化を付けたり、いろんなデータを信頼できる根拠として提示することも大切です。
女性対象の商品であれば、写真やわかりやすい解説図を入れたり、その商品の口コミを入れたりするのも良いと思います。
それらをうまく一つのページにまとめ、お客様を商品購入ページへ誘導してあげます。それがいいランディングページの役目です。
タイトル
ユーザーの行動を誘導するためのページ構成

ページを閲覧するユーザーに対して、商品の購買あるいはサービスの申し込みを促すには、まずはユーザーの注意を惹く必要があります。そのために、キャッチコピーや商品イメージ画像などはなるべく大きくページトップに配置しましょう。

特にイメージカラーなどがあれば強調し、キャッチコピーは一目で理解できる簡易な表現とすることが重要です。



次にユーザーへ訴えたいポイントは三つから五つに絞りましょう。あまり多いとユーザーの理解度や興味が下がる場合があります。

絞ったポイント項目を端的に表現したイメージ画像、またはポイントごとにふさわしい商品画像を添えるなどして視覚的にユーザーの興味を深め、その後に訴求項目のさらに詳細な解説を加えていきましょう。



また、ページトップ、訴求ポイントなどひとつひとつの構成要素ごとに申し込みや購入のためのボタンを配置し、ユーザーの関心が高まった際にすぐに行動に移ることができるように配慮することも重要です。

購入ボタンなどの近くには、商品価格などユーザーが購入の際に気になる情報を目立つように表記することで、ユーザーの興味関心が購入行動から離れる可能性を低減させることができます。



商品やサービスの実績を目立つようにアイコン化してページの各所に配置することや、既に購入者したユーザーのポジティブな感想や意見などを付記することでユーザーに信頼感や安心感を持たせることも購入を後押しする要素となります。



ユーザーの信頼や安心をより高めるには、商品を使用している実際の写真などイメージ画像や解説の項目で使用することも効果的です。
タイトル
サイトの魅力!

何より、多くの方がパソコンを所有していますので、それだけ様々な情報が流れていますので、ネットサーフィンをしていると、やはり目が肥えてきてしまうからでもありますし、そのような中でインパクトのあるデザインや、引き付けるようなキャッチコピーも重要でしょうし、今ではそれらを小中学生でも扱えるようなご時世ですから、群を抜いた技術も必要になってくる可能性がありあますので、とても多くの点で配慮が必要なのが、作成側としても面倒な状態ではいます。
  しかし、その一方で、自分のスキルアップも同時に出来ると考えられる方や、私のような(?)凝り症の人には、こういった作業が苦にならず、楽しみながら行う事が出来ますから、そういうタイプの方に依頼してみたり、同じ職場内にそのような人がいないか、よく注意をして見回してみるのも良いかと思いす。それでも、該当する方がおられない時は、やはりインターネットを利用し、負担にならない程度に自ら励む必要もあるでしょうし、先の事を考えるのであれば、これからの自分に向けての試練だと思って一度挑戦してみる必要もあるかと考えますが、それでも困難な時は、近くのパソコン教室を利用されてみるのも良いでしょう。
タイトル
ランディングページはシンプルかつ伝わりやすいことを念頭に

ランディングページとは、ネット検索や広告バナーをクリックした時に、一番最初に開くページのことです。

商品の紹介、会社の紹介など、ランディングページには様々なパターンが存在しています。

ランディングページを最初に見るのは、その商品や会社に興味を持った人がほとんどですから、いかにバナーなどから入ったページに留まらせるかが重要になってくるわけです。

一昔前にはとにかく派手で目立つページや、来た人を驚かせるような感じのページが流行ったことがありましたが、そういった奇抜なランディングページとゆうのはすぐに飽きられてしまいますし、派手で目立つ=非常に見辛いといった欠点もあるため、本来伝えたかった商品の紹介や会社の概要などが全く伝わらなかったケースも多かったようです。

誰もが見たことがあるのではないかと思いますが、商品を販売するHPで特価!!や激安などのフレーズを多用するようなお店があると思いますが、実はああゆうフレーズを多用してしまうと逆に胡散臭くなり、HPに滞在する時間を短くしてしまう恐れがあります。

ネットがまだ普及し始めた頃ならインパクトがあったかもしれませんが、ネットが一般に広く普及した現在では、こういったランディングページは逆効果になることが多いようです。

現在はユーザーの人に一目でいかに言いたいメッセージを伝えるかとゆうことが重要になってきているため、一目で分かりやすい単刀直入なメッセージや、留まって内容をしっかり見てみたくなるようなメッセージ性の強いランディングページが主流になっています。

ランディングページを作る際には、出来るだけシンプルにユーザーへメッセージが伝わるようにすると、効果が期待できるのではないでしょうか。
タイトル
ランディングページ作成の注意

ランディングページとは、商品や商材またはメルマガなどの
紹介したいものを魅力的に訪問者に伝えるホームページです。
  殆どがペラページと呼ばれるもので、1ページで完結しています。
  それでは、よいランディングページとはどういうものかと言いますと、やはり内容に惹きつけられる魅力のある言葉がかいてあると言う事が大前提になります。
  そして、バナーも気になるところに組み込み、訪問者が気持ちよくバナーをクリックしたくなるように仕向けます。
  誘導ページとも呼ばれますが、完全にセールスページです。
近頃は動画が良く用いられているようですので効果が出ているのでしょう。
  アフィリエイトに関しましては、アフィリエイターの悩みを解決できるような文章で迫ってきます。
  商品紹介ページでは、読むほどに欲しくなるように作成されています。
  商材紹介ページでは、この商材が有れば自分にも簡単に稼げると思わせる文章で書かれています。
  ポイントは、全て同じです。
ニーズに合わせて、欲しいものを提供する。
それを、そのページから購入したくなるようにするのが、
ランディングページの趣旨だと思います。
  文章だけでは飽きちゃいますので、写真や動画を取り入れて、気持ちを惹きます。
  この時に、画像やバナーをどこに配置するかで、効果が違ってきます。
もちろん、文字の強調に関しても同じです。
  最初に、インパクトにある画像を入れ、
次に読みたくなる誘い文句を書きます。
読み続けたくなると、
欲しくなるように文章を変えていきます。
  訪問者を自分の思うように成約に結び付ける
ことができるのが、良いランディングページです。
  自己満足で、自分では素晴らしいものができたと
思っても訪問者が横を向くようなものは、決して
良いランディングページとは言えません。
  まずは、目の前の方に語り掛けるように、
文章を書いていきましょう。
タイトル
ランディングページは縦に長い

ランディングページといえば最初にユーザーが見るページです。
トップページをランディングページと呼ぶこともあれば、広告のために作った特設ページをランディングページと呼ぶこともあります。
広告のために作った方は、わざとそちらの方にページが飛ぶようにしたりするんですね。
広告をクリックするとこちらの商品紹介のために作ったランディングページが表示されるといったようなものです。
広告をクリックしたという導線がありますので、少なからずとも広告で出稿していた商品なりが気になっていたユーザーということになります。
そのユーザーにたいして普通のページを見せるのではなくて、コンバージョン率を高める目的で作ったランディングページを見せることで少しでも購買率を高めようというのです

他にも検索キーワードを元にランディングページを変えてコンバージョン率を高めるという方法論もあります。
最近はフラットデザインの流れからどこもかしこも縦に長いランディングページを作っています。縦に情
報を詰め込んで徐々に見せていくというスタイルのところが多いですね。
確かに元からこういったページは縦に長いページが多かったのですが、普通のWebサイトのトップに使うようなページも縦に長くなってきているのです。
これもひとつの流行ですからこれからどうなるかわかりません。ともかく基本的にランディングページというと縦に長い印象があります。
徐々に見せていって一番下のところで商品購入へ踏み切らせるパターンです。これにも流行があるとは思うのですが、次に流行るのはどのようなスタイルなのでしょうか。
しっかりと考えながらランディングページを作っていきたいですね。
タイトル
ランディングページの最適化

ランディングページの最適化、 ランディングページを最適化するということは、非常に大切な事です。
そして、これがインターネットの場合、サイト保持者、管理者であるのホームぺページの場合は、その顔である表紙はとても大事な要素になります。
ホームぺージも、概ねは本の様に多量のページから構成されていて、謂わば、これは本の内容に相当します。 
そして、ホームぺページのトップページと言われるものは、本の表紙、或いは、テレビ放送の第一画面に相当する物で、これをランディングページとも称しています。  サイトに興味を持った読者・訪問者は、何らかの理由、例えばいきなりキーワード検索でやってくる場合や外部リンクからこのサイトにやってくる際、兎も角も最初に開くことになるのがランデングページであります。
即ち、訪問者に興味をもって見てもらう特に大切な第一ページなのです。 
例えば、サイトに広告を出す際、リンク先として第一番に指定するのが、自分のサイト内のトップページのことになります。 いきなり広告欄を観ても、訪問者は興味を示さないでしょう。 
それでも、広告欄に誘導する為の大切な第一ページが、ランディングページと云われるものです。 折角、興味を持って検索し、訪問者がサイトに訪れても、ランディングページそのものの内容が適切でなければ、そのまま別のサイトに移動してしまう可能性が高いのです。 広告ページにお客を誘導するために、訪問者を逃さないようにする為には、滞在時間や閲覧ページの増大、あるいは収益につながる何らかのアクションを起こさせる工夫を行わねばならず、これを実行することこそ、ランディングページの最適化(LPO:Landing Page Optimization)と言われるものです。
タイトル
良いランディングページの作成

ランディングぺージとは、ユーザーが初めにアクセスするWEBページの入り口となるページであるので、人を惹きつける魅力あるページでなければなりません。
そのためには、ある項目に興味を持つ人が、まず、検索ワードでそのページに辿りつく際に、ネットサーフィンを行うが、辿り着いた後、その目を惹きつけるようなページにする必要があります。
いくら内容が良くても、読んでもらわなければその先には進めません。あまり文字が多いものは、パソコンの場合、読みにくいでしょう。
若者は、文字を読まなくなっているし、高齢者も集中力が欠落してきているので、やはり、漫画や、カットや、大きなキャッチコピーを使うのがいいと思います。
また、検索ワードで同じようなサイトに辿り着き、その中から、人は、このサイトと選び、中には、お気に入りに登録することもあります。他のサイトではなく、このサイトと選んでもらうポイントは、何でしょうか。
読者が求めているものを、ユーザーの求めているものを、洞察する必要もあるでしょう。
あまりダラダラと長いランディングページもよくありません。長々と続くので、また違ったことが書いてあるのだろうかと、読み進めていくうちに同じことの繰り返しで、辟易とするとともに、何か怪しいページのように思った経験があります。
物事には、適当ということがあります。良いお話もダラダラと長いと、疲れてきます。
以上、述べてきました内容をクリアしているようなランディングページがいいのではないかと思います。
タイトル
ランディングページとは何か

ランディングページとは、インターネットのリンクを踏んだ時に、最初に表示されるページのことです。このランディングページは、インターネットの業界で非常に大事と言われています。なぜなら、リンクの内容と開いたページに違いがあれば、そのユーザーはショックを受けたり、嫌な気持ちをするからです。そうなると、そのユーザーはそのページを閉じたり、そのサイト全体に二度と来なくなる原因になります。そうなってしまうと、せっかくのリンクが無意味であるどころであるか、逆効果になってしまいます。また、これが単なる個人が趣味で行っているページであれば、そこまで大きな話ではないかもしれませんが、実際には企業絡んでいる場合も多いです。つまり、ビジネスです。よくあるのが、企業がある商品やサービスを宣伝するために、インターネット上のアクセス数の多いサイトや、検索結果のページの一部に広告を載せます。その広告の内容と、そのリンクを踏んだ先のページの内容が違った場合どうでしょうか?これによってのマイナス効果は多大なるものです。なので、企業はこのランディングページでのユーザーの挙動をよくチェックしています。仮に、そのページが悪くない内容、つまり広告の内容と違いがあまりなくても、よりその商品が売れたり、そのサービスに加入して貰ったりする人数が増えた方が良いので、研究に余念がないのです。具体的には、そのページに滞在した時間や、他のページに移行せずにそのままそのページを閉じたユーザーの割合などです。
タイトル
ランディングページとは

ランディングページとは、インターネットの広告や検索エンジンなど、外部のサイトから入ってきた場合、一番最初に表示されるWebサイトのことを指します。
効果的にホームページを活用するには、閲覧者に中身をじっくり理解してもらうことが大切です。
しかしながら、ランディングページが適切ではないと、すぐに「これ、違う」と閲覧者は、他のページを見ることもなく、すぐにそのWebサイトを出ていってしまいます。
他のページでいかに有効な情報を提供してあっても、このランディングページが適切に作られていないと、失敗してしまうのです。
  その理由は、以下のことが考えられます。
1.広告や検索エンジンの文言とランディングページの内容がかけ離れていて違和感がある。
広告や検索エンジンのキーワードの設定がWebサイトの主旨と合っていない可能性があります。
2.閲覧者が見たいと思う情報が載っていない。
閲覧者は何を知りたくて、そのWebサイトに入るのでしょうか?閲覧者のニーズを考えて作る必要があります。
3.その閲覧者が見たいと思う情報にたどりつくにはどこをクリックしたら良いのかわかりにくいレイアウトになっている。
閲覧者にとって有益なサイトを作成しても、どのボタンをクリックしたら良いのかわかりにくいと、Webサイトは成功しません。
  今は、どの企業や団体もWebサイトを作るようになりました。
しかしながら、Webサイトそのものを作ること自体が目的となってしまい、何のために作るのか、ということが不明確であり、作った後、改善しようとしないサイトは珍しくありません。
何度もアクセス状況を分析しながら、改善していくことが大切なのです。
タイトル
最初に目にするページ。

ランディングページとはお客様、ユーザーが最初に目にするページです。
検索結果や、知っているサイトからのリンクなどで他のページに訪問した際に、一番最初に目にするページです。
その先にクリックして進んで行った際に、どんな物があるのか、どんな内容が書かれているのかなどを、わかり易く要約して書かれている事が望ましいと言えるでしょう。
最初に到着するページという意味では、TOPページと似ているように思えるかも知れませんが、大きく違います。
  TOPページには様々な内容が書かれており、進む先の沢山用意されている事がほとんどです。
その点、ランディングページでは、YESorNO、進むか戻るかの2択である事が殆どです。
言うなれば、TOPページは本の目次。気になるタイトルがあれば、そこから読んで構いません。
ランディングページは本の表紙。まず本を購入してその中身を見るか、本棚に戻すかを決めます。
  ランディングページはつまり本の表紙。目次を開き、コンテンツを堪能する前のアイキャッチ的な部分と言えるでしょう。そう言った意味でも、余計なコンテンツへのリンク等は必要ありません。その先に進むか戻るかの2択が用意されているもの、かつそのサイトの内容が解る物が望ましいと言えるでしょう。
  ランディングページをTOPページと別に用意するかどうかはサイトの運営方針によりますが、TOPページの様にコンテンツが沢山ある場所に書き込むには適さない重要な内容をユーザーに伝えたい場合や、コンテンツ内で一番伝えたい内容を効果的にユーザーに受け取ってもらう為に必要な情報を置く等をする場合には、ランディングページがあった方が効果的と言えるでしょう。
タイトル
コンバージョンに結び付けるために大事なってくるランディングページ

ランディングページとはその言葉の通りユーザーが検索県人の検索結果などから最初に降り立つページのことです。一番最初に見るページになりますから、ここに求めていた情報がなければすぐに引き返すことになります。いわゆるそれは直帰率という数字でも確認することができます。必要な情報がない場合、すぐに引き返すことになるため直帰率が上がるんですね。SEO対策が良く施されたページですと、キーワード毎にランディングさせたいページをコントロールしている場合があります。この検索キーワードの場合はこのページが検索結果上位にいくようにしようというようにです。これは見事な例で、こうできれば最高なのですが、ここまで上手くいくとも限りません。その場合はどのように直帰率を下げていけば良いのでしょうか。まずはパンくずリストなどを載せて、自分が見ているのはどこなのか意識させることや興味関心のあるページへの誘導などが優先される必要があるかもしれません。ランディングページに必要な情報がない場合も考慮して、ユーザーを逃さないようにする対策が必要になってくるんです。ランディングページはその役割も担っているんですね。ある特定の検索キーワードをもって閲覧してくるユーザーに対してはリダイレクト処理などをおこなって特別なページを表示するというのも効果的かもしれません。ランディングページとはいかにコンバージョンに結び付けるか大事な役割を持ったページと言えます。
タイトル
ランディングページを設定する事で物品販売をすることが出来ます

ランディングページとはリンクすることでホームページに移動させる手法を言います。具体的に、どういう事かと言いますとブログからホームページに移動させ物品の販売を目的とする方法です。ブログの記事とホームページは繋がるようにしている事です。そのためには本人の興味のある話題をブログで記事にします。記事にしますと閲覧者が訪問して記事を読み興味があればリンクを設定していますので、リンクをクリックする事で物を販売するホームページに飛ぶ仕掛けになっています。
興味のある人ですので当然、ホームページを閲覧し、お気に入りの商品があれば購入する事になります。一連の流れはそういう事ですが肝心な事はブログを開設し閲覧者が多い事でないとブログ自身が消滅する事になります。それでは意味のないブログになってしまいますのでブログの訪問者を、どのようにすれば人気のあるブログですることが出来るかに問題があります。
それには文書力等の個人的な能力が問題になる事です。例えば同じ課題に対しても各個人により表現力が異なりますが文章が理解しやすい、あるいは発想力が優れていれば不思議と閲覧者は集まります。閲覧者が集まれば、その人のホームページに行きたくなります。ホームページでは、その人の趣味等に関する販売のサイトであれば購入する事になります。この手法はアメリカでは早くから行っている手法ですが我が国では少ないです。商品ですので個人の手作りを販売する事も可能です。様々に工夫をすれば商売をする事が出来ますが先ほどから言っているようにブログの人気が必要という事です。
タイトル
ランディングページの矛盾

ランディングページとは顔である。これは誰もが思っていることだろう。
一つのサイトが絶大な影響力を持って、そのサイト内で何かが完結してしまうというようなことがなくなった今では、そのサイトのホームが顔ではなくて、ライティングページこそが顔なのである。
制作者が意図して作ったサイトと各個人との出会いは、「集合と個」ではなくて、「一面と個」の出会いである。
それを「集合と個」へと持って行くことがランディングページには求められている。
  しかし、一つの矛盾がある。
ランディングページが個と出会いやすいように様々なキーワードを入れてしまうと、そのライディングページは「一面」のままで終わる。個人が欲していた情報が得られなくなるからだ。かと言って、そこに情報がなさ過ぎれば個人が訪れる機会が減少する。
つまり、個人のニーズを満たしながら、なるべく単一のキーワードで訪れるようにしながら、尚且つ、そこからサイト内の他の関連事物にも繋がるようにしなければならない。サイトの信頼性を認めさせ、「集合」として認識されて、再度訪れて貰えるようるような雰囲気をも含んでいなければならない。
  これらは、一体どういうことだろうか。
わたしたちは、思っているよりも一瞬の判断の中にいる。
例えば今、10年前のようなページを開いたとき、私たちは一瞬でそれを閉じるだろう。
「10年前だ。」と感じる前に、すでに閉じてしまうはずだ。ニーズがあって、それを元に訪れて、そのニーズと合っているサイトだとしてもこういうことが起こる。
これを「負の行動」とすると、ライディングページとは「行動を起こさせるもの」と考えることができるだろう。
意識、または意識閾での行動を促すページということだ。
  相手を騙すようにして動かすのではない。
相手を気持ちよく動かすということが求められている。
ランディングページとは、こういうものだろう。
タイトル
先ずは、HPはランディングページからスタート

先ずは、HPはランディングページからスタート、
  ランディングページとは、言葉自体は難しい様に感じますが極めて簡単な事で、ホームページを構成している各種サイトや文脈の内の最初に書かれている第1ぺーじを構成しているページを言います。 例えば、このホームページに興味を持ってキーワード検索などで訪問してくれた時、第1ページの表紙から訪れることになります。
簡単に言うと、ユーザーがサイトに訪問してきた時に、先ず最初に閲覧するページのことであります。
ランディング(landing)というのは地上に降り立つという意味で、航空機が着陸する時などに良く使いますね。 つまり、関心を持ったユーザーが他のサイトからやって来て、自社サイトに上陸した場合のページということになります。
ホームページやブログでは、よくアクセス解析を行いますが、この時、アクセス数、訪問者数などの表示で表わされるのが入口ページと言ったり、閲覧開始ページなどということもあります。
当サイトに興味を持ったユーザーや訪問者は、何らの理由で例えば、いきなり検索サイトからやってくる場合や外部リンクからこのサイトにやってくる際、兎も角も最初に開くことになるのがランデングページであり、当サイトの顔となるべきページで、折角の訪問者に興味をもって見てもらう為の大切な第1ページなのです。 
例えば、当サイトに商品紹介などの広告や宣伝、PRを出す際、リンク先として第一番に指定する自分のサイト内のトップページのことになり、この後、当サイトの商品部分である内部箇所にリンクして行くかどうかを決める大事なサイトなのです。
タイトル
差が出るランディングページ

ランディングページというのは、広告や口コミなどで誘導してきたユーザーが最初にたどりつくページのことなのですが、一般的な特徴として情報の発信元が全てを管理している側であるという点があります。
これはどういうことかと言うと、広告など他者が管理している媒体への露出の場合ですと、文言や表現などの細かな微調整にも反映するのに時間がかかってしまったり、時には差し替えなどの変更できないといったこともありえます。
一方でランディングページは急なキャンペーンや、旬の話題などを取り上げて、適切にユーザーを次のアクションへ誘導していくことも可能です。もちろん誘導元となる広告や口コミとの整合性を取る必要はあるのですが、管理下にあるランディングページは、その利点を活かして運用を行っていくべきだと言えるでしょう。
もちろん取り扱う商材や誘導の文言や方法などによっては、ランディングページを細かく更新していくことは好まれず、しっかりとした形のものを提示し続けるというスタイルも有効です。
しかしながら、全てのランディングページは作りっぱなしで良いというものではなく、ユーザーを次のアクションへ導くために常に変化させることが出来るページである事を念頭において運用していくべきです。
もちろんランディングページの変更には、クリエイティブを含めて費用が発生する場合も多いので、単純に内容を変えた更新をし続ければいいというものではありません。誘導との整合性を保ちつつ、ここぞという時に修正更新を行う体制が、ランディングページの運用で差が出る部分の一つだといえるでしょう。
タイトル
ランディングページは商品の顔

ランディングページとは簡単に言ってしまえば、商品販売の核となるページと言えるだろう。
なぜそこまで言えるのかというと、インターネット上にある広告バナーなどをクリックする=興味がお客様に対して、一番初めに見せるページ、これがランディングページになる。どんなに良い商品でも、ランディングページの良し悪しで貴重なお客様を逃してしまう可能性があると言える。
簡単に言ってしまえば、商品の顔になるページ。では、お客様にとってどのようなページ構成がいいのか?どうすればお客様の興味を深めてもらえるのか?これはクリック率、滞在時間等を細かく収集して、どこが良かったのか?悪かったのか?を何度も見直しをかけて行く必要があるといえる、
Web担当者はある一定の数が取れるようにWebページUI設計をおこなう必要があると言える。
特に通販やWeb販売等、対面商売ではない商品においては、クリックしてくれるお客様はかなり重要な顧客(上顧客)とみて間違いはないだろう。
分析方法として例を挙げるならば、ABテストページ手法を用いて購入まで追いかけてみてどちらのほうが良かったのか悪かったのかを見極め、細かいメンテナンスを繰り返し、再度リリースして状況を見る。と言った方法がある。
自社のWeb販売が頭打ち・横ばいになった際には、必ず見直すべきところとも言える、昨今では様々な解析ツールが登場しており、創意工夫を凝らしているランディングページがよく見受けられる。細かく嗜好を凝らしているものも多くある。Web担当者としては様々なランディングページをみて、勉強していかなければ、Web販売での勝利はないだろう。
タイトル
どんなページならそそられるか

広告そのものが興味をそそるものなのは勿論なこととは思いますが、開いていただいたその画面一面、上部のみでまずどんなサイトなのかわかりやすいように説明がされているといいと思います。
文章より単語と絵、の方が間違えて開いてしまった場合、興味がなくて開いた方でもすぐ目に入り、次の段階、隅々までサイトを見ていただけたり登録をしていただけるんじゃないかと思います。
興味がない場合に開くことが多いライディングページ、という印象を持たれていると感じているのですが、開いてすぐ、今なら安い、とか史上初、とかはじめての、などは正直惹かれるような文章には感じられません。
淡々とそのサイトの説明をしつつ、他とこう違うよ、という文章を示してくれる方が興味をそそられるなあという印象を持ちます。
動画をつけて説明できるようなサイトの場合、動画の説明は分かりやすくなっていることが多いですし、分の説明だけではなく動画の開始ボタンがあれば押してみよう、という気にもなるのではないでしょうか。
期間限定物のキャンペーンで人を呼ぶのも大変効果的だと思います。
特に少し遅くても流行ったものとのコラボ、というのは好きだった人ならば気になるものだと思います。
好きなものや、作品がかかわってるから少しやってみた、お金を惜しまない、という人も惜しまない人は多いです。
人の趣味に少しずつでも引っかかれば、興味を惹かれる方が少しでも増えるのではないかと思います。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.