上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページに動画を取り入れる

いいランディングページとはどういったものでしょうか?
個人的に思うのは、いろんなコンテンツが揃っているランディングページだと思っています。
例えば、ある商品を販売するためのランディングページを作る場合、商品の魅力をしっかりと伝える文章構成が必要になってきます。
そして商品の特徴を分かりやすくまとめたリストや表を活用していくことも重要です。
なぜならそのように視覚化した方が分かりやすくなるからです。
その他にも画像で商品の魅力を訴求したりすることも大事になってきます。
そして、今の時代忘れてはいけないコンテンツがあります。
それは動画です。
動画を活用することで、商品の魅力を存分に伝えることができるわけです。
動画をランディングページに用意しておくことは非常に有効です。
なぜなら、文章を読むのがめんどくさいと思っている人は、動画があればそっちを見てくれるかもしれませんよね。
逆に動画がなくて文字だけしかなかったら見てくれないと思います。
なので、いろんなコンテンツを用意しておくことがランディングページには大事なのです。
タイトル
ランディングページのファーストビューに力を入れよう

ランディングページで最も注目するのがファーストビューです。ファーストびゅーというのは、ネットサイトを開いたときに一番最初に表示され、画面に見える範囲の事を言います。このファーストビューで閲覧者の心を捕えている場合には、ページの最下部まで読んでもらえる確率がUPします。ファーストビューで捕えていないランディングページの場合、最下部まで閲覧してもらえる確率が減少します。ファーストビューが良い仕上がりでないと、どんなに良い画像編集をしたり、最高の商品説明をしていても読んでもらえないという事です。ファーストビューで捕えるには、ターゲットになりきり、少し離れたところから画面を見てみます。そして、離れたところから見てもメリットが一番に飛び込んでくるかをチェックしましょう。どうしてこのような事をするのかと言うと、閲覧者は、ページを表示した際に上から順序よく読んでくれる事はほぼありません。視線の動きなど平均的なパターンで【流し読み】をしています。この流し読みの際に目に止まるような、インパクトのある見出しを取り入れる必要があるんです。興味を持った場合には読んでもらえますが、興味がない、私には必要の無い情報だと判断するのはとても速く、3秒でページを離脱してしまうので、とても重要なポイントとなります。
タイトル
画面を支配して良いランディングページを作る

良いランディングページとはどのようなものなのでしょう。いままで色々なランディングページを見てきましたが、やはり目を離せなくなるページであり、きちんと目標達成ができるのが良いランディングページなのではないでしょうか。とても単純なことのようですが、とても難しいのがランディングページです。次のページへの導線になるページですからね。ここの作りいかんによって大きく売上げが変わってきてしまいます。ランディングページを新しく作り替えただけで売上げが何倍にもなったという事例が山ほどあります。そして、やはり先に上げたように良いランディングページというのは目が離せなくなりますね。グラフィック要素が巧みに配置してあったり、魅せる文章が書いてあったりして、画面から離れることができなくなるのです。良いグラフィックデザイナーは視線を巧みに誘導させる技術をもっていますので、そのようなデザイナーがそういうページを作るのでしょう。デザインの世界では点線面というのを基本原則にするのだそうです。その3つの要素がデザインの最小構成であり、それを上手く配置して画面を支配していくのだそうです。画面を支配していくと書きましたが、それは言い換えれば相手の視線を巧みに誘導するということです。ランディングページの目的はだいたい次のページへの誘導ですから、読ませたい要素を読ませた後にしっかりとそこに導いていくのが良いデザインなのでしょうね。
タイトル
ランディングページのデザインと画像

強調したい文言や、クリックボタンなどそれぞれ適しているカラーがあります。
人が第一印象で目を引くカラーは赤系の色です。
例えばセールの時など店頭で表示されているプライスなど、赤字である事が多いと思います。
ランディングページでも同じ効果があり、プライスや購入に結び付ける文言、クリックボタンなどは赤系のカラーで作成されることが多く、最も効果的となっています。
  また、安心感、安全などのイメージを与えるカラーは、緑系の色が多いです。
  ただし、デザイン全体のバランスもあるため、様々なカラーの多様や強調は、逆にランディングページが煩雑になってしまうため、カラーの配置やバランスは注意が必要です。
  ランディングページで最も興味を引きやすいのは、画像です。
特に画像では、商品やサービスを連想される画像ももちろん必要ですが、最も効果的なのは、人の画像です。
  販売しようと思っている商品を持っているキレイな女性やイケメンなど、ターゲットにもよりますが、人は物よりも人のほうが興味があるもので、カメラ目線の人が写りこんでいる画像は必ず目を引きます。
動画の場合は、言うまでも無く最も目を引きやすいです。
  このようにデザインやガラー画像、動画など視覚に訴える事でランディングページから離脱しないためにも十分な効果発揮することが可能です。
タイトル
ユーザーが離脱しないランディングページを作るには

良いランディングページを作るには情報の整理がとても大事になってきます。デザインというのは情報の整理をすることだなんていうことも言われますが、まさにそれです。ユーザーは自分が思うほどページの各要素を見ていません。見ている時間も驚くほど短いものです。ブラウザバックしてしまうのが当たり前という感覚でいましょう。そのため、まずファーストビューでどうやってユーザーを逃さないようにするのかというのが大事になってきます。そのためには情報の整理をしなければなりません。ユーザーを惹き付けながら効果的に伝えたいことを相手に理解してもらえるような画面配置にしなければなりません。今ですとフラットデザインで縦長のページが流行っていますね。縦長のページを最後まで読んでもらうのは至難の業です。長ければ長いほど当然のことながらユーザーの離脱率は上がってきます。そのためユーザーを引きかえさせないように、次のスクロールをしてもらえるように気を引いていかなければなりません。次はどんなことが書かれているのだろう、気になるなと言う状態にしなければなりません。情報商材にあるような縦長のランディングページはその点で上手いことできているんですよね。常に相手の利益になることが書かれており、読み始めてしまうと途中で止めることが出来なくなってしまう。そのような巧みな文章を使っているケースが多いように思います。ともかく、まずはファーストビューでユーザーの心をつかめるようにすることです。それが良いランディングページの第一歩だと考えます。
タイトル
ランディングページでのレビューやユーザーの声

ランディングページでは、商品やサービスのメリットやベネフィットを十分に伝えるべく、文章や一例、画像や動画などを使って作成していきます。
この、メリットやベネフィットは文章でより良い商品であるという事を様々な視点で、納得できるような文章作りを行っていきますが、最終的に読み手を説得するには、第3者の声が必要になります。
商品を販売したい販売者や、サービスを提供したい企業などが、いくら良い商品だと説明しても説得力に欠ける部分があります。
読み手はいつでも疑問を持ちながら読んでいます。
何でこの商品がいいのか?
何でいいと言い切れるのか?
自画自賛しているだけではないか?
良いと言える証拠は何か?根拠は?
と疑問符をたくさん投げかけながら読んでいます。
この疑念を一つ一つ取り払うために、コピーライティングでの文章力が必要になりますが、さらに説得する材料となるのが第3者の声と言う事です。
レビューは、1つよりも2つ、2つよりも3つが良いです。
とにかくこのレビューや体験者の声、ユーザーの声は多い方が説得力は増します。
また、性別、年齢層、職業、初心者と玄人など偏り無く、多くの声をひろった方がより良いです。
このレビューやユーザーの声を複数読み進めていく事で、自分と似た境遇の人の声が読者にも響きます。
購入に迷っている理由は、人によって違いがあります。
この購入するという決断をさせるための、解決策のようなものとなるので、必ずランディングページには掲載することをおすすめします。
タイトル
ランディングページの見出しは重要

ランディングページの作成では、コンテンツの内容に悩む方が多いですが、最も大切なのでコンテンツそのものよりも、見出しのほうが重要です。
この見出しが魅力的なものでないと、コンテンツを読み進めてもらえません。
見出しは、コンテンツの1文を読ませるための重要なポイントとなるのです。
  また、閲覧者が一番最初に目に止まるのは、見出しでありこの見出しでいかに惹きつけるかに集中しましょう。
  見出しは、人を惹きつける事と、内容を理解できるだけの要約である事が必要です。
そして、この見出しを考えるとき、内容のコンテンツを考えるときと同じだけの労力をかけるべきです。
  また、コンテンツも思いついたものを書き進めれば良いわけではありません。
最初のスタートとして、伝えるべきベネフィットを取り上げましょう。
・コンテンツで誰に何を伝えるのか?
・どのように行動してほしいのか?
ここにポイントを絞ってコンテンツの本文を作りましょう。
最終的にできた本文をまとめる見出しを作りましょう。
このタイトルも1つではなく、いくつかのパターンを作り、その中から最も心に響くであろうというものを採用するとより良いです。
この見出しの候補を作る際に、最も優れたものにするためには、閲覧者にとって有益である事や相手に切迫した印象を与えるもの、提供するベネフィットが限られたところでしか手に入らない点などを盛り込むことで、より魅力的な見出しを作成することができます。
タイトル
モバイルのランディングページ

モバイルサイトでのランディングページの作成では、属性が異なるためPCサイトとは少々違いがあります。
PCサイトを訪問している読者は、比較的じっくりと時間をかけられる状況であり、今すぐに必要としているわけではない場合が多いです。
モバイルの場合は、移動先から閲覧している場合が多く今すぐに必要としている、時間が無いなどの緊急性が高い場合が多いです。
ですから、同じ商品やサービスの情報を掲載するとしても、モバイルの場合は効率的に読み進められるような工夫が必要です。
また、モバイルの場合は表示できる情報量も圧倒的に少ないため、いかに重要ポイントを押さえた情報を掲載できるかと言う点が重要になります。
PCの場合はじっくりと丁寧に文章を組み立てる必要がありますが、モバイルの場合には、文言は短めにしたり見出しを分かりやすくするなどが良いです。
また、説明文などは短めにして、箇条書きにするなど完結にして、どんどん読み進められるようにしましょう。
モバイルユーザーの場合、内容をじっくり読み込み人は少ないです。
移動しながらの閲覧、ちょっとした時間の隙間に読んでいる場合が多いためです。
そのため、ランディングページは集中して読んでいるとは言えません。
明快に完結したスタイルでのコンテンツ作成が必要です。
また、モバイルの場合は文字が小さいので、文章が多いと読む気が無くなってしまいます。
画面に占める文字数のバランスなどの見た目も注意して作成しましょう。
タイトル
画像とキャッチコピーが大事

 まず、ランディングページとは何か。サイト等を見ていて、画面の上方、下方、サイトによって様々な場所に、押すとリンクになっており他サイトに飛ぶことのできる四角い画像があることがありますよね。AD、と書かれていることも多く、また動く画像であったり、一般的に画像が多いですが文字だけの物もありますね。これが広告であり、とんだ先のサイトにて一番初めに表示されるページが「ランディングページ」になります。
 さて、それでは「ランディングページを作る上で大切なことは何か」ですが、まずページ全体で完成された形にしてはいけない、ということです。どういうことかと言いますと、広告から訪れるのはもちろん内容が気になりクリックした、という方もいらっしゃると思いますしメインターゲットでもあるのですが、案外、間違えて押してしまい来た方というのも多いものです。内容が気になり訪れた方は大抵内容に一通り目を通してくれるものと想像できますが、そうでは無い方は、興味が無ければ表示されてすぐ、閉じてしまったりします。メインターゲット外も惹きつけてこそ、真の価値のあるページになると私は考えます。
先程の話に戻しますが、サイトを作る上で、作成者はついつい全体で一つの仕上がりにしてしまいがちです。しかしそれはランディングページとしてはあまり良くない物となってしまうかもしれません。なぜなら読者は、最初に見えるページで続きを読むかどうかを判断するのですから。
スクロールをせずに見える範囲に力を注ぐ、これが大事な事です。しかしそれは決して文字を詰め込めばいいという訳ではありません。画像と、目を惹くキャッチコピーを掲げる。シンプルですが、これが最も目を惹く手法ではないかと思います。
 読者の環境の違いを考えることも重要な事です。パソコンの大きさ、ブラウザ、読み込むのにかかる時間等もパソコンによってそれぞれ。物を作る、という時には一度読者視点になってみて、本当に興味を引く良いものが作れているかどうかを考えてみましょう。
タイトル
ライディングページは開いた瞬間が勝負

まずライディングページとは、簡単に言うとリンク先の最初にどーんとでて来る言わばリンク先の顔になります。
そんな顔に当たる大切なライディングページを作成するに当たって大切なことは一目でその商品、情報のインパクトを伝えることが大切です。
すごくかわいい子に会ったときお近づきになりたい、もっとあの子の事を知ってみたいと思うのと同じような事をクリックした人に思わせるくらいの感じです。
つまりリンク先が開いたときにそこからさらにもっと詳細をみてみたくなる事が大切です。
では具体的にどうすればいいのか。まず長ったらしい文章は省きましょう。見る側にはめんどくさい印象しか残りません。つたいたい事だけを更に最小限にまとめるのが最適です。またその物の自慢的な情報は信頼性を生みます。たとえばテレビで紹介された事や売上ナンバーワンなどです。ネットは今じゃ信頼性がとても大切になっています。
大切なことは閲覧者のイメージを沸き上がらせる事です。会話をしていて次を聞きたくなる、そんなイメージをライディングページに表現するようにするととても作りやすくなります。
僕のイメージは起承転結のなかのどれか2つを再現する。全て再現してしまうと相手に次を求めては貰えませんから。
ライディングページを作るに当たってはまず、自分のなかでその物に対しての物語を作っていくことが大切です。その中で自分が抜粋していきたい部分が見えてくると思います。そうすれば奥行きのある次を見てみたくなるようなライディングページができあがるでしょう。
タイトル
商品の情報にすぐアクセスできること

ランディングページとは、インターネット広告や、検索結果からリンクする先の最初のページという認識です。
私は主に使用する側なのですが、ランディングページで困るのが、具体的な商品名のリンク名にもかかわらず、表示してみると商品情報になかなかたどり着けないとか、購入したいのに購入リンクにたどり着かないとか、関連商品の表示が多すぎて読み込みが重いことだと思います。
特に最近スマートフォンで買い物をしようとした場合に、PCページがそのまま表示されているため他商品の広告が多すぎていつまでたっても買い物カゴ表示にたどり着かないことが多いです。
また詳細な商品仕様が確認したいのに、何画面スクロールしても該当の情報が出てこなくて、最下部の別リンクだったり、結局細かい情報が載っていないこともしばしば。
これでは販売の機会を逃してしまうと思います。
既存のHP画面を極力利用したい気持ちはわかるのですが、スマートフォンページは分けたほうが商品情報にはアクセスしやすいと思います。
そして具体的な商品名のリンクについては商品説明が表示されるとわかりやすいです。また、該当の商品の購入ページに直接リンクされる場合、わかりやすいところに商品説明のリンクがあるとうれしいです。
また、あとから流用や改造しようと思ったときには作り上思う形にはならないこともよくあることです。もともとのホームページの設計をきちんと吟味していないと、見やすいランディングページにはなりにくいと思います。
タイトル
ランディングページ作成の難易度

ランディングページは、ネットショップで買い物をしている方ならば多くの方が目にしているものですが、ランディングページで紹介している商品が実際に本当に良い商品とは限りません。というのも、ランディングページでは、商品そのものの魅力、画像などを使って売れている商品のように感じさせたり、読んでいる人に良い商品であるという判断をさせるようにできています。実際に本当に良い商品は、説明が不十分でも良さはあるもので、ランディングページ作成の難易度は低いです。これは売れないんじゃないの?という印象をもつような商品でもランディングページの内容で購入に至るようにするには、かなり難易度は高いです。ランディングページの内容では、良いところを説明して、お客様に共感してもらう必要があります。そして、レビューや体験者の声によってその商品に対する評価を高めてから、商品をおすすめできます。アピールできるポイントが多ければ多いほど難易度は下がるわけで、難易度の高い商品については、コピーライティングを磨かないと売れる商品ページの作成は難しいです。
タイトル
ランディングページ基本中の基本

ランディングページにやって来る人は、ほとんどが特定のキーワードで検索して、検索結果をクリックして来た人です。
たとえば「ハワイ 格安航空券」で検索してきた人は、ハワイ行きの格安航空券を探しています。ロンドン行きの航空券なんていりません。
ランディングページは、いわばお店の入り口です。
クリックして来た人は、お店に足を一歩踏み入れた段階です。いい店かどうかはまだわからないので、何かあればすぐ次の店に行こうと身構えています。目当ての商品がなかったり、あってもなかなか出てこなかったり、出てきてもつまらない売り方をしていたら、すぐ検索画面に戻り、次のサイトを見に行きます。せっかく来てくれたのに、もったいない話です。
「来た人をがっちりつかんで離さない、魅力あるページを作る」
これをつねに忘れないでおけば、あとはあなたの腕の見せどころ。わかりやすくて、見栄えもよくて、心のこもったページを作り込んで、見事なランディングページに仕上げましょう。
タイトル
画像を多用したランディングページ

いいランディングページを作るために必要なことはたくさんあるかと思います。
商品の売上から顧客獲得にいたるまで、ランディングページにはいろんな可能性が秘められていますよね。
そこからリピーターにつながることもありますからね。
さて、そんな売上を左右するランディングページですが、個人的に効果が出やすいと思われるポイントが1つあります。
それは、画像を多用したランディングページを作ることです。
なぜ画像がいいのかというと、そもそもテキスト中心のランディングページはあまり興味がそそがれないからです。
これはほとんどの商品やサービスに言えることだと思います。
テキストでいくら詳細な部分を伝えようとしても上手く伝わらず、逆に画像を1枚見せた方が伝わる場合がけっこうあるのです。
最初にユーザーがアクセスした時に、いかに興味がそそられる画像を表示させるかがポイントです。
まずは最初にアクセスした段階でユーザーの離脱をいかに防ぐかをしっかりと考えて設計する必要があります。
難しいかもしれませんが、成果が出るととても楽しいです。
タイトル
盛り上がりを演出するランディングページ

ネット上には様々なランディングページが存在しますよね。
ランディングページで重要なことは、ユーザーを離脱させずに最後まで目を通してもらうことです。
そして最終的には成果に結びつけることが大切です。
そもそも成果にむすびつかなかったらランディングページを作る意味がないですからね。
いかに成果を高めていくかが重要です。
ユーザーがランディングページ内から何かアクションを起こしてくれるためには、ちょっとした演出が必要になってきます。
それは、盛り上がっている雰囲気を演出することです。
例えば、シンプルで殺風景なランディングページがあったとします。
そこで何か商品を紹介していたとしても、なんだか熱が感じられないですよね。
もちろん見方によってはシンプルで見やすいと感じる人もいるかもしれませんが、一般的にはちょっと寂しく感じます。
逆に盛り上がっている雰囲気のデザインだったら、見ていても楽しくなってきますよね。
なので、ランディングページには盛り上がりを演出することが大事になってきます。
ただし、紹介する商品によっては落ち着いた雰囲気の方がいい場合もあるので、その辺りはケースバイケースで状況判断していく必要があります。
タイトル
電子書籍におけるLPの効果について

ランディングページ(=LP)とは、WEB広告(検索ワードから表示されたリスティング広告や様々なサイトに貼られているバナー広告)からクリックしたユーザーが突然クライアントサイトのトップに飛ぶより、その後一段階ページを挟むことにより、より個人に購買意欲を高めさせる為のページとなります。
例えば、電子書籍の中でもコミックサイトの場合ですが、
コミックサイトはリスティングよりバナーで見せるやり方が一番効果的だと考えていたので、広告バナーを作品毎に作り出稿しておりました。
その際、やはりサイトトップに飛んでしまうとクリックしたユーザーが見たい作品をそこから探すことになってしまいます。
もちろんたくさんの作品が掲載されているサイトであることも重要ではありますが、やはりユーザーはそのバナーの作品に興味があってクリックしています。
そしてその後いきなり月額入会しないと読めない、となるとそれもそこで離脱の原因となってしまう為、まずはここで「無料立ち読み」のLPを作るわけです。
LPの構成ですが、バナーに使った作品の目を惹くカットをアニメーションで3~5回程回します。そしてその下に「無料で1話」ボタンと「入会して読む」のボタンを置きます。(当然ほとんどの人が「無料で1話」をクリックします。)
そして、さらにその作品の“続きが読みたい”という意欲を高めるのです。基本的には2話からは月額会員にならないと読めないようになっていますが、やはりいきなりサイトトップに飛んだり、バナーと別の作品を紹介されるより入会率は格段に上がります。
LP制作に工数はかかりますが、その後の効果を考えるとやはりWEB広告にLPは欠かせないものなのです。
タイトル
売れるランディングページを作るための5つのポイント

ランディングページは、あなたの商品を売るための場です。いくらあなたがたくさんの人を集客したとしても、ランディングページの出来如何で、あなたの利益は大きく変わってしまいます。ここでは、売れるランディングページを作るための5つのポイントをまとめました。
1.キャッチコピー
キャッチコピーはランディングページを読んでもらえるかどうかを分ける最も重要なポイントです。ランディングページを見た人が、キャッチコピーに興味を持てば、そのままあなたのランディングページを読み進めてくれますが、興味を持たれなければ、ページを閉じられてしまいます。お客様を明確にし、お客様が反応するキーワードをキャッチコピーにしましょう。
2.ストーリー
ストーリーは、なぜあなたがこの商品を売ったのかなど、あなたの思いをお客様へ伝えるものです。お客様があなたのストーリーに共感すれば、あなたの商品を買ってもらえる可能性が高まりますが、共感してもらえないと、ページを閉じられてしまいます。お客様が共感できるストーリーを作りましょう。
3.商品とベネフィット
あなたが売る商品の説明と、その商品がお客様へ与えるベネフィットを詳しく書きましょう。ネットではよくわからない商品は買ってもらえませんし、ベネフィットがない商品も買ってもらえません。また、他の商品とどこが違うのかもしっかりと書いておくと差別化されて、あなたの商品を選んでもらえます。
4.お客様の声
お客様の声や感想を載せましょう。実際に使用した人の声があれば、あなたの商品への信頼が高まり、あなたの商品を買いたいと思っている人の背中を押してくれます。
5.行動を起こしてもらう
画面下の注文ボタンをクリックして注文してくださいなどと、あなたがお客様に採って欲しい行動を書いてください。どのような行動をして欲しいのかをしっかりと言わないと、ちゃんと行動をしてもらえません。
以上が売上に大きな影響を与えるランディングページのポイントです。これらのポイント中心に少しずつ改善しながら、少しでも反応の高いランディングページを作りましょう。
タイトル
3秒ルールから脱出ランディングサイト作成

ランディングページは、最初に訪れるページであるため見た目がとても重要だと思います!
ネットで訪れる人はパッと見てつまらない興味がないと3秒で他のサイトに行くと言われてます!(3秒ルール)
だから最初のインパクトが大事だと思います。
ヘッダー部分(一番上)に印象的な画像を載せるか、興味をそそるような文章を大きな文字で書くなどそこが重要だと思います。
そのあとにいくらすばらしい説明文章が書いてあっても読まずに他のサイトに行っちゃうでしょう!
第1段階の3秒ルールから脱出して興味を持って文章を読んでくれるまでになったら次は
読みやすくすることです!
長い文章が書いてあるだけで拒否反応する人も多いので
段落(改行)を上手く使って見やすい文章が大事だと思います。
商品を購入してもらうためには良い点ばかりではなく悪い点もしっかり書いてある方が胡散臭くなく
ここのサイトは信用できるなと思ってくれるはずです!
あとは困ってることを最初に書いて
例えばダイエットならば
ダイエット初めて最初はやる気があって始めるけど持続できなくて困ってたりしませんか?
みたいな言葉など訪れた人が「そうなんだよね!」って思う文章を書いて
商品の良さをアピールして
だからこの○○○はダイエットで挫折した人も続けることができるのです!
といった流れが効果的だと思います!
実際に経験してその画像を載せるのも効果的です!
何にしても最初のインパクトのある文章や画像でサイトに興味を持ってもらえるように心がけましょう!!
タイトル
ランディングページは、コンバージョンを左右する重要なコンテンツ

ランディングページにおいて重要なことは、見込み客に商品やサービスを知ってもらい、そのメリットを理解してもらってアクションを起こさせるまでの流れを作ることです。
ランディングページの冒頭は、何だろうと興味を持ってもらうためのつかみです。読まれなくては話になりませんのでつかみは結構重要です。具体的には、キャッチフレーズのような言葉や、大きくて、シャープな印象の写真です。次いで、商品やサービスを一発で理解できるテキストや図解などの表現です。商品やサービスの特長や簡潔に判りやすく伝え、閲覧者のメリットになると思わせることが重要なのです。
さらに、商品やサービスの優位性を裏付けるデータや事例を掲載しましょう。他と比べて価格が安ければ、価格表記を大きく目立たせるのもいいでしょう。
そして最後に忘れてはならないのはランディングページのゴールとも言える申し込みや購入のボタン。思い立ったらすぐに「行動」を起こす事ができるようにするため、そのデザインや位置も慎重に考え抜き検討する必要があります。
このように、視線や心の動きに配慮して作られたランディングページは、見込み客にとってメリットが伝わりやすく、アクションにもつながりやすくなり、結果としてコンバージョンの向上につながるのです。
まとめますと、ランディングページは、商品やサービスを認知し、理解し、欲しくなってくるという一連の仕掛けであり、その作り方次第でコンバージョンが左右される重要なコンテンツと言えます。
タイトル
ランディングページの目標

検索サイトの検索結果のリンク先や、ネットの広告をクリックしたとき、最初に現れるページです。
広告のページの場合は、大抵長いページになっていて、そこからスクロールするだけで、利用者が情報を得られるようなつくりになっています。
サイトではなく、ある商品などに特化したものになっています。それは、ランディングページに来る人は、その商品に興味のある人だけだと考えていいからです。
そして、ランディングページの中でも、一番最初に表示される部分は最も大切です。たまたまリンクをクリックしてしまったという人も、ちょっと手を止めさせることができるようなつくりが求められます。
たとえば、北海道のメロンなら、おいしそうなメロンの写真と、みずみずしさを想像させるようなキャッチコピー、そして注文ボタンがあったら、メロンを食べたいと思っていた人はクリックさせるのに十分でしょう。詳細な説明は、下にスクロールした先にでも書いておけばいいのです。
また、漫画形式にしてしまう、という方法もあります。リンクを踏んだ先で、すでに漫画が始まっていて、サービスや商品に興味が無い人も引き込めるような工夫です。
あるいは、よく見る芸能人がおすすめしている顔、というのもべたですが効果的でしょう。お、この人か、私、好きなんだよ、と思わせればしめたものです。
いろいろな方法がありますが、共通しているのは、まず、リンクを踏んだ直後、手を止めさせることができるか、ということです。タブを閉じられたり、戻る、ボタンを押させないことが重要です。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.