上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
いいランディングページを作るコツについてご紹介しましょう

いいランディングページを作るコツについてご紹介しましょう。
いいランディングページを作るコツは、ヘッダーについてインパクトが必要です。ヘッダーというのは、ユーザーが最初に見るページの一番上のところです。このところには中心になる商品やイメージ画像、使用例と一緒に、タイトル文のようなインパクトのあるコピーが必要です。強いインパクトがあるものほど、十分に見てくれるため、広告としてはこのところが強くないと全く意味がありません。何よりこのところの作り込みが大切です。
いいランディングページを作るコツは、流れをストーリー性があるものにする必要があります。ランディングページというのは、ページの1枚をスクロールしていくものです。そのため、無駄にだらだらと長いものは好まれません。短い場合でも内容がしっかりとあり、次に読んでみたくなるような画像や文章を準備しましょう。ワクワク感や驚き、面白さが常にランディングページには必要です。
タイトル
ランディングページを作るコツは、集客した広告とランディングページの見出しが合っていることです

ランディングページを作るコツは、集客した広告とランディングページの見出しが合っていることです。これが合っていないと、アクセスしてきたユーザーは考えていたのと違ったところに来た、クリックを間違えた、というようなことで、すぐに離れてしまうことが多くなります。そのため、クリックするユーザーの期待と要求する情報を考慮して、まずそれを入手することができるということをすぐに分かるような紹介をしていくことが必要です。
ランディングページを作るコツは、見出しは簡潔なものにすることです。リスティング広告などのように、特に多くの敵がおり、他のサイトにすぐに行くことができるような場合には、少しのユーザーに対する負担が離れることになってしまいます。すぐに分かるようなキャッチコピーが大切です。そのため、しっかりターゲティングができていることが必要です。基本的には、ターゲットのユーザーに対して、キャッチコピーはすぐに分かるようなものが必要です。
タイトル
コンバージョン率の高いランディングページを作るために注意しておくこと

コンバージョン率の高いランディングページを作るために、注意しておくことについてご紹介しましょう。
ランディングページに来た訪問者は、読むかどうかということを初めの8秒以内に見極めるそうです。いかにランディングページが素晴らしいと言っても、訪問者が読んでくれなければ全く意味がありません。
訪問者が読み始めてくれるためには、ランディングページを開いた場合に初めに表示されるファーストビューにおいてメリットを紹介して、しっかりと訪問者の興味をつかむことが必要です。
ランディングページを訪問者が読み始めてくれるようになれば、それからどのようにサービスや商品が役立かということを紹介します。どのようにして訪問者が持っている問題を解決できるかということを紹介していきましょう。解決策の具体的なものを訪問者に紹介することで、ランディングページを続けて読んでくれるようになってきます。
コンバージョン率の高いランディングページを作るためには、このようなことに注意しましょう。
タイトル
メリットが伝わるランディングページが成約しやすい理由

ランディングページとはウェブサイトで特定のサービスや商品を売り、成約につなげるためのページでランペとかLPとかとも言われます。
ではどのようなランディングページが成約率を上げるようなものなのでしょうか。特に重要なのはユーザーの側に十分にメリットが伝わることです。
なぜならそのページヘ行き着くユーザーは何らかの悩みや疑問を持っているからです。これは検索エンジンを経由してでもSNS経由からでも同じことです。
この際にメーカー側にとって売りたい理由を列挙しても残念ながら成約には結びつきません。なぜならそれではユーザーの欲求を満たすことはできないからです。
つまりユーザーにとってのゴール地点は商品の購入ではなく、商品やサービスを使って「自分の欲求を満たすこと」だからです。ここの部分を理解して作成しているページの商品は面白いように売れてゆきます。
そのための訴求方法がユーザーにとって十分にメリットが伝わることなのです。この点は商品のメーカであればはっきりと理解している点なので、その部分をきちんと整理して伝えてゆけば良いランディングページを作ることができるでしょう。
タイトル
ランディングページで高いコンバージョン率のものを作る場合に必ず意識しておくべきこと

ランディングページというのは、サービスや商品の購入、会員登録などを訪問者に行動してもらうためのものです。ビジネスをネットで行う場合にもっとも大切なものになります。
ランディングページで高いコンバージョン率のものを作る場合、必ず意識しておくべきことについてご紹介しましょう。
ランディングページを見るほとんどの訪問者は、アクセスを広告からしてくるようになります。そのため、ランディングページはキャッチコピーとして広告に記載したことを満足していることが必要です。
訪問者はランディングページを何らかの期待を抱いて読み始めるため、内容がもしマッチしていなければすぐに離れてしまうようになってしまいます。
ひとつのみにランディングページの目的は絞り込むことが大切です。いくつもの目的があると、ランディングページは最終的にどのような行動を訪問者に期待するのかがはっきりしにくいものになってしまいます。そうすると、コンバージョンが下がってしまいます。どのような目的のランディングページなのかをはっきりさせておきましょう。
タイトル
高いコンバージョン率のランディングページを作るためには、訴求テキストは分かりやすいものにすることが必要です

高いコンバージョン率のランディングページを作るためには、訴求テキストは分かりやすいものにすることが必要です。
ユーザーがクリックしてくれるかどうかは、理由がいろいろあります。しかしながら、一番改善しやすいのが訴求テキストのクリックを促すものです。
目的がはっきり分かって、クリックを思わずしたくなるようなテキストが必要です。
このようなテキストについては、ネットなどでもいろいろ紹介されているので参考にしましょう。
高いコンバージョン率のランディングページの作るためには、クリックするアクションボタンを追加することが必要です。
アクションボタンを、より目立つ訴求テキストにしてクリックをしてもらうために追加しましょう。
視覚的なアクションボタンを採用することによって、クリック率のアップが自然に期待できます。
クリックを思わずしたくなるようなアクションボタンを作るためには、魅力的なマウスオーバーエフェクトを利用したものにしましょう。
タイトル
ユーザー目線から

ランディングページは情報を1つにまとめたとこに飛んでいくわけですからまず飛んで文字だらけだったらそうとう興味がないこと以外は読むこともなく閉じてしまうと思います。そのため第一印象をよくして読んでもらうために画像や絵が多く使われているほうが第一印象がいいと思います。そのため文字は少なくなってしまう分キャッチコピーなどをしっかり考えていたら興味を引かれると思います。
あとは何のためのランディングページをしっかり伝えるようにして、なにがお得になるなどもわかりやすくしとくと使うか考えます。また利用者の口コミなど声があればあるほど利用しようとしてる人からしたら安心を持てていいと思います。
最後にしっかり登録するところや電話番号を目立つようにしていると困ることがなくてありがたいと感じます。
また全体のデザインも基本的に単調なものが多いと思うので少しぐらい変わった感じのほうが興味を引かれて多くの人が来てくれるとおもいます。色合いもカラフルなほうが感じもいいです。
タイトル
ライティングページ作成のポイント

ライティングページとは、インターネットにおける広告、あるいはインターネット検索の結果からリンク先としてクリックされるウェブページのことです。広告の場合には、その広告クリックすることでつながるウェブページのことです。
ライティングページは様々な目的がありますが、主な目的として自社製品や自社サービスを消費者の方にアピールすることがあげられます。サイトや広告を目にする方の動機や目的を分析し、消費者の興味を引くライティングページを作成することで、製品やサービスの購入につなげることができます。つまりライティングページは効果的・効率的に利益をあげるために欠かせないものなのです。
よいライティングページを作成するには、ページを目にする方が興味を持つための工夫が必要です。ターゲットをしっかり選定し、世の中のニーズが高いワードを含め、そして少ない文字数で興味を引くようなワード(キャッチフレーズ)を使うなど、リサーチをしたうえでページを作成していくことが大事です。そして広告の手段として、商品やサービスの画像・動画などを用いることも大切です。
タイトル
デザインと言う第一印象が重要視されるランディングページ

ランディングページでは、いかに申し込みや登録・購入のボタンを押してもらって成果をあげられるのかがポイントになります。
しかし、これは簡単に行く事ではありませんから、あらゆる面で効果を引き出す努力をしなくてはなりません。
コンテンツや記事のクオリティも重要ですし、商品そのものも大切ですが、押したくなるようなボタンを作るセンスも大切です。
特に、その時その時の即時性のあるキャンペーンやイベントで使われやすいランディングページですから、後からではなくその時に成果を上げなくてはなりません。
その場で強い印象を付けるためには、デザイン等の見た目で勝負する事が一番効果的と言えます。
慎重に判断して購入する層は、そもそも狙っていない事が多いのがこのランディングページでもあります。
キャッチコピー等の言葉もそうですし、背景の色や文字の色、それから画像のクオリティ等もかなり大きく関わって来ます。
内容も大切ですが、ランディングページの場合には第一印象となるデザイン面が特に問われる点を覚えておきましょう。
タイトル
ソーシャルプルーフのランディングページに取り込むべきもの

SNSにおいて注目されているということを表示することは、ソーシャルプルーフのランディングページに取り込むべきものです。
シェアボタンをSNSにおいて設けて、シェアの数を表示することは、SNSにおいてどのくらい評価、人気があるのかということを表示するようになり、多いほどユーザーから信用を獲得するために非常に効果です。
もう一つの方法は、ランディングページに投稿で自社のサービスや商品が取り上げられているものを埋め込むものです。新規ビジネスの場合には、サービスや商品への優れたファンによる投稿をユーザーの声の代わりに使うこともできます。
すぐにシェアボタンを設けるのは注意しましょう。シェアの数をSNSにおいて表示すると効果があるのは、シェアの数がそれなりに多い場合です。シェアの数がほとんどない場合には、話題に誰もしていないということを表示するようになります。
立ち上げた直後のビジネスのページなどの場合は、時間を少し置くようにしましょう。ある程度シェア数が多くなるまでは、ボタンは止めておきましょう。
タイトル
集客につながるいいランディングページのデザインを作るコツ

集客につながるいいランディングページのデザインを作るコツについてご紹介しましょう。
デザインの善し悪しが、しばしば制作現場においてトラブルになります。上司やクライアントから、デザインはこのようなものでは駄目と言われたような経験があるのではないでしょうか。どのように何が駄目かと確認しても、とにかくデザインは集客率がアップするようなものだというようなことしか言ってくれなくて、具体的に教えてくれません。では、デザインはどのようなものがいいものと言えるのでしょうか?ルールというようなものは何かないのでしょうか?
集客率がアップするようなデザインは、カプセル化することです。カプセル化というのはテクニックの伝統的なもののひとつで、トンネルの中を走っている状態のように、中心のみに視野が絞られる効果を作る場合に使用されます。例えば、円形のアーチが別の場所に視線が移動するのを妨げ、特徴的な奥の形に移動するように作られているような画像です。
タイトル
ページや企業によってホバーの内容を変える

サイト制作をする際の表現方法として、クリックして押す事が出来る箇所にはホバー画像を取り入れて、分かりやすく表現する方法があります。
ホバー画像を入れると、クリックをする前に間数カーソルを合わせた時点で動きを見せてくれます。
この動きがある事によって、ここはクリックしてページが移動する箇所だと知らせる事が出来るのです。
これをランディングページでも駆使して、分かりやすく案内してあげましょう。ただデザインにこだわって良いボタンを作ったとしても、この動きがなければ気付きにくいと言う人もいます。
マウスカーソルを合わせた時に何かしらのアクションが起きる要素を入れこんでみましょう。
代表的なのは、カラーを変更させるやり方ですが、カラーと言っても反転した色にするのか明暗を付けるのか等、色々なやり方があります。
Javascriptを取り入れて動きを見せる方法もありますから、品質や先進的な表現をしたい場合には取り入れると効果的です。
企業の特徴・ページのコンセプトに合わせて、カーソルを合わせた時に変化する内容を変える事を考えましょう。
タイトル
ランディングページは、一般のホームページと比較して割合シンプルであるため簡単に作ることが可能です

オンラインマーケティングをランディングページを利用して強化するような場合には、ランディングページをまず作ってみましょう。インターネットには、ランディングページ用のユーザーにクリックをさせるようなデザインのテンプレートがいろいろ揃っています。自分のビジネスに応じたデザインやテーマのテンプレートを選択して、オリジナルのテキストや画像をプラスするのみで、ランディングページがあっという間にできます。
ランディングページというのは、一般のホームページと比較して割合シンプルであるため簡単に作ることが可能です。そのため、ランディングページのいろいろなバージョンのものを作って、どのようなバージョンが効果が最もあるのかを試してみることも、大切なオンラインマーケティングのステップです。タイトルやテキストやクリックして欲しいボタンのカラーを変えて、ランディングページでコンバージョン率が一番高いものを探してみましょう。
タイトル
ボタンとその他のデザインはメリハリを付ける

ランディングページでは様々な種類のデザインを取り入れる事がありますが、デザインにメリハリがなくごちゃごちゃとしたデザインになると、非常に見づらいページとなってしまいます。
特にボタンのデザインについては非常に力が入れられますが、もしこのボタンのデザインに近いデザインのものが他にも散りばめられているとしたらどうでしょうか。
ユーザーにとっては、どちらを押せば良いのか分かりにくくなってしまいます。
例えば、上下でグラデーションを付けるデザインはボタンによくありがちなデザインですが、これを見出しや小見出しで使うような人も少なくありません。
こうなると、デザインが重複している事になり、どちらが何の表現をしているのか分かりにくくなります。
もし読者に上下のグラデーションデザインはボタンであると言う認識が強ければ、その部分をボタンだと勘違いしてクリックしてしまうかもしれません。
そればかりか、ボタンそのものの存在感が薄まってしまう事にも繋がりますので、メリハリは十分に意識して下さい。
タイトル
ランディングページは要素を限定することです。

ランディングページというと、検索エンジンからそのキーワードに興味を持った方が訪れる着地点ですね。
  ということは、その商品・サービスにおいて一番注目すべき点をファーストビューに持ってくるのは基本中の基本。
なので、メインビジュアルとタイトルは重要な要素となってきます。
  何がこの商品やサービスの売りなのかを的確に、かつ短く伝える。そうやってユーザーを留まらせて、いかに下へスクロールさせるかが第一関門です。
  どうやって作れば良いのか迷った場合は、一番わかりやすいのがキャンペーンページです。
まずは「何がプレゼントとしてもらえるか」「何人に当たるのか」「いつまでなのか」この3要素は必ずメインビジュアルに入ってきますよね。
  そして、次に「何をしたら抽選権が与えられるのか」ですね。
例えば、シールを集めて応募!とかアンケートに答えて応募!というものです。
  そして応募ボタンがあり、その下あたりに概要が書いてある、という作りです。
日本人的に「説明」があって「本題(オチ)」という会話のような作りはNGで、外国の方のように「結果」を言ってから「説明」という会話のような作りで考えるとよいランディングページができるわけです。
タイトル
モバイルを経由して訪問してきた人に対しては、ランディングページで欲しがっているものをとにかくすぐに提供してあげることが必要です

モバイルを経由して訪問してきた人に対しては、ランディングページで欲しがっているものをとにかくすぐに提供してあげることが必要です。
何かをモバイルで探しているような場合は、非常に急いでいるような場合が多いものです。自分で実際にモバイルを使用していれば分かると思いますが、例えば次にご紹介するようなケースでしょう。
パソコンを家に帰って見るまで待ちきれないため、少し不便でも手元にあるモバイルで調べている、通信速度が基本的に早くないため、サイトが表示されるまでに待ちくたびれている場合が多い、パソコンに比較すると、情報量で一度に表示可能なものが多くないので、情報を可能な限り効率良く見つけようとする、というようなケースでしょう。
モバイルを経由してきた人に対しては、このようなことを考えて、相手がどのようなものを要求しているかできるだけ素早く、分かりやすく提供することができるようにしましょう。 そのため、このことを考慮したようなランディングページのメッセージや構成にすべきです。
タイトル
ランディングページで、まず気を配る必要があるのが見出しです

ランディングページで、まず気を配る必要があるのが見出しです。最初に訪問してきた人が見る要素であるため、このランディングページでオファーの内容をはっきりとしかも簡潔に提示しましょう。
オファーの説明文章においては、具体的なオファーの内容、利用することによって得られるベネフィットを伝えましょう。どのようなことをオファーを利用するとできるのかということを明確に伝えることができるように、説明は説得力のあるものにしましょう。しかしながら、長いだらだらとした文章を続けているとよく分からなくなるため、箇条書きを必要に応じて使用するようにすれば情報が整理されるので、外観的にもメッセージがよく伝わるようになります。
また、説明を文章のみで行っても、イメージがなかなか湧いてこないものです。画像でオファーの内容が分かるようなものをプラスすることによって、ランディングページを見るとすぐにどのようなものが提供されているのかが分かります。
タイトル
ユーザビリティーを大切に

いいランディングページを作るにあたり、まず、ランディングページを設置することによるメリットを理解する必要があります。
ランディングページがあることにより、ユーザーは目的のページにより早く辿り着くことができます。
また、サイト運営者側にとっても、SEOの観点において、サイト構造が明確になり、また内部リンクも増えるため大変メリットがあります。
ランディングページを作る際にはにターゲット層を確認することが必要です。
男女比、年齢層、職種、どのようなライフスタイルを送っているかなどを調べ、ターゲット層のニーズに合ったランディングページを用意しなければ、ランディングページにたどり着いても、そこで離脱してしまう人が増える可能性が高くなってしまうからです。
メインコンテンツに合わせユーザビリティーのよいものにしなければなません。
そのためにはサイトの構造自体が正しいかといったこともチェックする必要も出てくることもあります。
タイトル
ランディングページにおけるボタンの重要性

ランディングページには、その商品やサービスを訴求するために大きく目立つボタンを配置しています。
このボタンをクリックする事で実際の契約や口座の開設等に結び付けるようにしています。実質的な取引の印象が非常に強いため、そのサービスを受けたい、あるいはお金を払いたい、システムを使いたいと思った人達に向けて作られています。

だからこそ、そのボタンのデザインや配置と言ったものは非常に重要視されるポイントとなっています。
その数は非常に多く、1ページにもかかわらず同じ目的のボタンが4~5個くらい置かれているような事もあります。それだけ、その目的に特化していて更に誘導してクリックしてもらいやすいようにする手法が最適となっています。
ただ、あまりしつこすぎるようでは嫌なイメージを出してしまいますし、大きすぎたり小さすぎたりと、サイズ感も大切になります。
ページとの配色具合や雰囲気によるデザインの一致等いろいろな要素が組み合わさるため、ボタン1つでも様々な拘りを入れこみましょう。
タイトル
無料サービス登録系のページは必ず無料をプッシュする

サービスの無料登録系でランディングページを作成する場合は、商品の購入等と違って費用が全く掛からないのが最大のメリットですから、まずはその部分をしっかりとプッシュする事を覚えておきましょう。
他の魅力を伝える事は非常に重要ではありますが、ユーザーにとってはそれにお金が掛かるのかどうかと言う点は非常に注目する点です。

どんなに良いサービスであっても、もしかしたらクレジットカードを登録して毎月引かれたりするのではないかと心配になってしまうものです。
有料登録を誘うページではないのであれば、とにかく無料である事をアピールして下さい。特に登録ボタンを押すボタン部分に無料の文字をしっかりと目立つように入れておくことが大切です。
これを入れているかいないかで訴求効果は大きく異なります。
もちろんボタン以外の部分でもしっかりと費用について説明を書いておいて、一切費用が掛からないのであればその点について少しスペースを取っても良いので、きちんと無料である事を説明しておきましょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.