上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページのデザインの制作方法についてご紹介しましょう

ランディングページは、広告などからの訪問者があることを考えられて作成され、コンバージョン率が一般のページに比較してアップするように考えられたものです。1ページだけで基本的には作られ、商材や商品の販売、店舗の予約、セミナーの申し込み、などのために作成される場合が多くなります。

コンバージョン率をアップするためには、セオリーがいろいろあります。もちろん、ブランドイメージや商品の内容にマッチしないこともあるため一律には言えません。しかしながら、作る上でのポイントを把握しておくことによって、デザインが応用を利かせたものができるようになります。ここでは、ランディングページのデザインの制作方法についてご紹介しましょう。

要素のひとつひとつが目につくようにするために、メリハリが効いた配色を全体として使用するようにしましょう。具体的な手法としては、同じ系統の色は使用しないで、補色などを利用する、高いコントラストにする、などがあります。

タイトル
ランディングページに多くのアクセス数があるが、コンバージョン率がアップしない

広告からランディングページに移ってきたほとんどのユーザーは、そのランディングページ上で申込みを絶対する必要があるというようなことではありません。

そのため、せっかくランディングページの内容を見てサービス・商品に興味を示したとしても、申込みする方法が分からなければ離脱する可能性が大きくなってしまいます。同じようなサービス・商品で、申込みする方法がもっと分かりやすいところを見つけた方が早いためです。

このようなことは、ちょっとランディングページを工夫することによって防止することができるものでもあります。ランディングページに多くのアクセス数があるが、コンバージョン率がアップしないような場合は、アクションボタンの申込みボタンなどが目立つように大きくなっているか、チェックしてみましょう。

ユーザーを迷わせないというためには、非常に効果がある方法です。大きさ・形・色などを工夫してみましょう。また、何かしらの変化がマウスオーバーした時に起きるようにするのもいいでしょう。

タイトル
ボタンのサイズを、ランディングページでは非常に大きくすることが必要です

ボタンのサイズを、ランディングページでは非常に大きくすることが必要です。大きなサイズのボタンというよりも、むしろ巨大なボタンのサイズと言う方がいいかも知れません。ボタンの中には、ボタンがランディングページの幅いっぱいに設けられているものもあります。

では、どうしてこのようにランディングページのボタンが巨大になっているのでしょうか?というのは、2択を迫ることがランディングページの目的であるためです。ユーザーに要求するのは、入力するフォームへ記入してもらうことです。

このことが目的であるため、ボタンがあるところをはっきりと伝えるため巨大なボタンにしているのです。また、一般的に、ボタンは赤色が多くなっています。このこともクリックするところをはっきりと伝えるためです。

しかしながら、単に巨大にするいいということでもありません。はっきりとクリックするところが分かれば、それでいいのです。また、ボタンは、必ずしも赤色がいいとうことでもなくて、赤色以外の方が商品によってはいいこともあります。

タイトル
ランディングページでは、販売実績を掲載して、しかも数字で販売実績を紹介することが大事です

ランディングページでは、販売実績を掲載して、しかも数字で販売実績を紹介することが大事です。例えば、1000件以上の販売実績というようなものになります。分からないからと言うことで、真実でないような数値を記載するのは駄目です。数字がある方がユーザーとしても安心できます。例えば、90%以上の人が満足している回答、おかげさまで運営してから20年、などというような安心感があり、分かりやすいものにしましょう。

ランディングページでは、電話番号や申込みボタンなどを設置することが大事です。ファーストビューの際に、電話番号や申込みボタンが見えていることが大事になります。コンバージョンにつながる申込みボタンが必ず必要です。

ランディングページでは、プレミアム感や限定感が出ていることが大事です。例えば、毎月5人限定というようなものになります。できれば、サマーキャンペーンの8月の5人限定など、さらに季節感などを盛り込む方がいいでしょう。

タイトル
ランディングページ最適化は、離脱を防止するページにすることです

ランディングページ最適化は、離脱を防止するページにすることです。コンバージョンに至らずランディングページを離脱されると、ランディングページ自体の設計に問題があるとも言えます。

ランディングページの場合にまず注意したいことは、広告をユーザーがクリックした場合に違った商品のページではないかと考えられるようなものになっていないか、ということです。

ランディングページでは、サービス・商品があることが分かることが大切です。リスティング広告やバナー広告から移った先が、そのサービス・商品を紹介しているものであることが一瞬でユーザーに伝わらなければ、すぐに離れてしまいます。一般の人は興味がよほどあるものでなければ、対象をわざわざ探してまで確認しようとはしません。

最も望ましいことは、最適なランディングページを検索キーワードや広告ごとに作っておくことです。サイトのカタログ一覧やトップページに遷移させる際は、すぐにその対象がそこにあるということが分かるようにしておきましょう。

タイトル
効果がでるランディングページというのは、商品を購入したくなるものです

効果がでるランディングページというのは、商品を購入したくなるものです。どのようにするとユーザーが購入したくなるのかということを考慮することが、ランディングページを作成する場合には最も大切です。

ターゲットがはっきりしているほど、その人がどのような気持ちであるのか、というイメージを思い浮べることができます。そのため、ターゲットをまずはっきりすることからスタートしましょう。

きちんと商品の開発・企画段階においてターゲットが絞り込められていると、ランディングページを作成する前にそれをチェックするのみです。

しかしながら、ターゲットが絞り込まれていなく、とにかく販売できればいいというような場合もあります。このような場合はターゲットを決める必要がない、あるいは決めることが不可能であるということは間違いです。

きちんとさらに販売できるのはどの層かということをリサーチすると、ターゲットは自然と絞り込まれてきます。ターゲットを必ず決めてから作成を始めましょう。

タイトル
ランディングページを改善する場合のポイントについてご紹介しましょう

ランディングページを改善する場合のポイントについてご紹介しましょう。

Webサイトを何となく訪問したユーザーへ促す必要があるのは、次につながるような行動です。お問い合わせ、メルマガ登録など、ユーザーと何かしら繋がりを持てる機会を逃さないようにしましょう。

ユーザーにサービスや商品を検討してもらうために、効果的なのは期間限定のオファーです。今すぐに申し込まないと先で後悔するでしょうと思わせるような、期間限定のオファーの魅力的なものを準備しましょう。

ランディングページを訪問した際に、いっぱい小さな字で書いていると全く読む気になりません。サービスや商品に興味を示してもらうには、まず特徴を理解してもらうことが大事です。ランディングページを訪問した際に、すぐに目に入るように、伝えたいことを分かりやすく箇条書きにしましょう。

ユーザーが希望しているものは、サービスや商品を入手したことで獲得できるメリットであるということを覚えておきましょう。

タイトル
ランディングページのリンクは、アクションをユーザーに対して要求するものです

ランディングページのリンクは、アクションをユーザーに対して要求するものです。そのため、ボタン化して行動をより喚起させるようにするのがいいでしょう。しかしながら、コンバージョンにつながらないプライバシーポリシーなどのようなリンクの場合は、テキストリンクにして逆に目につかないようにしましょう。意図的にボタンのデザインは、フラットなものを使用したくなる場合がよくあります。しかしながら、止めておく方がいいでしょう。上の方が特に明るいグラデーション、ドロップシャドウなどを利用すれば、立体感をボタンに出すことができるため、よりコンバージョンの高いものを期待することができるでしょう。ホバーの際の動作に関してはあっても損にはなりませんが、アクセス元が現状ではスマートフォンなどのように多様化しているため、動作を意図したようにしてくれないことがあります。動作の特殊なものをしなくても、デザインは行動を喚起するようなものにすることが大事です。

タイトル
ランディングページで大切なこと

ランディングページは、ベネフィットがファーストビューのみで感じられるかということが大切です。ユーザーはランディングページに訪問すると、読むかどうかを数秒のうちにスクロールをしないで決めます。スクロールをしないで見ることができる範囲のファーストビューのみで、ユーザーは十分に商品を購入することによって獲得できるベネフィットを感じることができなければすぐに離れて行ってしまいます。

ランディングページは、購入する理由が示されているかが大切です。ユーザーがランディングページを訪問した場合、そこから購入する理由が探せない場合は別の同じような商品を探してしまいます。競合している商品に比較してどのようなところがいいのかを、ユーザーの立場に立ってはっきり打ち出すようにしましょう。

ランディングページは、専門用語を使用しないようにすることが大切です。何かを伝えるランディングページは、文章を分かりやすいようにしましょう。

タイトル
ランディングページの構成について

ランディングページの構成としては、トップページをランディングページとするのであれば、普通の作りで問題ありません。トップページと別にランディングページを作る場合には、必ず会社の概要や特定商取引法に関する表示、運営者の情報を必ず入れましょう。

なお、会社の概要や特定商取引法に関する表示、運営者の情報は、リンクを張っても直接ランディングページの中に入れても、どちらでも問題ありません。また、リンクでトップページからのものも、クロージングをランディングページでするため、有り無し関係ありません。

効果を出すためには、購入のしやすさ、電話相談やお問い合わせなどのしやすさが大切です。購入のしやすさということで言うと、いろいろな決済方法の準備、ショッピングカートの採用、すぐに分かる購入ボタンの設置などがあります。電話相談やお問い合わせなどのしやすさについては、フリーダイヤルの設置、お問い合わせフォームの設置などがあります。

タイトル
商品の紹介ページを大きく

ランディングページには色々なことを記載しますが、一番メインとなるのは商品の紹介部分です。この商品はこうした効果がありますということを前面に出し、多くの方にアピールしていくことになります。このアピールが足りていない場合、思っていた以上に効果が得られなくなります。商品の特徴を明確にして、なお且つ優れている所を重点的に掲載するといいでしょう。

商品の画像も重要なポイントです。大きく見せて分かりやすいようにすると効果的です。特徴の分かるような画像であれば、更に使いやすくなるでしょう。アクションを起こしてくれそうな画像を掲載して、出来れば特徴が見やすいようにしておくことをお薦めします。ランディングページでは画像配置も重要な部分となります。

商品の紹介をしっかり行えば、それだけ高い効果が得られるようになります。勿論効果が得られるまでには時間がかかりますので、そのページをいかに信頼させられるか、詰めていくことも重要となります。
タイトル
売れるランディングページを作る方法

ランディングページの売れるものを作るためには、1人のみに紹介するように意識することが大切です。ランディングページの文章中で商品などを紹介する場合に、みなさん、あなた方よりもあなたとすれば非常に反応を獲得できるようになります。コピーライティングはマンツーマンで話をするように意識して行いましょう。

ランディングページの売れるものを作るためには、ターゲットは絞り込まれているかが大切です。ランディングページの構成は、具体的にターゲットをイメージしてから行いましょう。ターゲットがはっきりしていなければ、最終的にどのようなことを言いたいのかということが分からなくて、ランディングページがダラダラしてしまいます。

ランディングページの売れるものを作るためには、ベネフィットをアピールできているかが大切です。ユーザーは商品を購入するのではなく、商品を購入することによって獲得できる効果に対してお金を支払います。この商品を買えば、このようにいいことがあるということをアピールしましょう。

タイトル
ランディングページを作成する際に最も大切なことは、コピーライティングです

ランディングページを作成する際に最も大切なことは、コピーライティングです。

また、デザインについてもどのようにそのコピーを表現するのかというようになるため、コピーライティングがランディングページにおいては全てと言ってもいいでしょう。

このコピーライティングを作成する場合には、ポイントがいくつかあるためご紹介しましょう。とにかく、コピーライティングの場合には、非常にリサーチが大事になってきます。すらすらとコピーライティングが書けないような場合は、リサーチに時間を現在の数倍かけるようにしましょう。リサーチにかける時間は数時間では不足です。

では、どのようなことをリサーチするのでしょうか?サービスや商品、ユーザー、業界、競合のリサーチを徹底的に行いましょう。

しかしながら、1つその前に行うことがあります。ターゲットをはっきりすることです。ターゲットが違えばリサーチでも、調査することが変更になったりするため、ターゲットを必ずはっきりしましょう。

タイトル
リサーチを徹底的に行うことが、ランディングページで売れるようなものを作りたい場合には必要です

ランディングページで売れるようなものを作りたい場合にはどうすればいいのでしょうか?リサーチを徹底的に行うことが、ランディングページで売れるようなものを作りたい場合には必要です。というのは、ランディングページを作る場合には、最もリサーチが大切であるためです。

例えば、化粧品を女性向けに販売したいと考えている場合、ニーズとしてどのようなものがあるかということを調査していくことが必要です。では、どのようにして調査すればいいのでしょうか?調査する方法は非常に簡単です。周囲にいるような女性に単純に聞くといいのです。お肌の悩み、現在使用している商品についてのフラストレーション、将来のお肌の心配などについて聞けばいいでしょう。

もし、周囲に聞くような人がいない場合には、インターネットで調べてみれば答えがいくらでも見つかります。この他には、その商品についてのレビューや悩みをインターネットで見るといいのでしょう。また、ターゲットの人が読むような雑誌などもいいでしょう。

タイトル
ランディングページにおいてコンバージョン率をアップさせるためには、ユーザーが希望している情報をマッチさせることがポイントです

ランディングページにおいてコンバージョン率をアップさせるためには、ユーザーが希望している情報をマッチさせることがポイントです。

検索キーワードは同じようなサイトでも多くあります。キーワードは同じような意味のものをグループ化し、それぞれに合ったランディングページを作って、さらに、そのランディングページにおいて広告文とキャッチコピーをマッチする必要があります。そうすると、このランディングページにはユーザーが希望していた情報があるということになって、コンバージョン率もアップするでしょう。

また、このようなことで、ランディングページとキーワードと広告文を最適化することができれば、それからはスムーズにユーザーを誘導することができるような文章を作り、プロのデザインを採用することも大切になってきます。

同じようなランディングページの内容の場合でも、プロが作ったものと、素人が作ったものとでは、期待値や信頼感、安心感も違ってくるでしょう。
タイトル
効果的なランディングページ

目に留まりやすいランディングページを作るにはその売り込む物に合ったページ作りをする必要があると思います。

例えば何かを売りたいと思っているのなら写真を前面に出してイメージしやすくする、写真にプラスして心をつかむようなキャッチコピーを付けるなど、見てもらえるランディングページが良いです。



私は観覧する側ですがやはりインパクトというよりは自分でもっと「知りたい」と思えるランディングページだったらつい読んでしまいます。

印象的なページ作りも大事ですが、一瞬のインパクトより消費者に納得と興味を持ってもらえるようなページ作りが一番だと思います。

ランディングページを開く時にはメインの目的ではなく、寄り道と言った感じで開くのでそこでどれだけ足を停めてもらえるかが重要になります。

どんな人が観覧するのか分からないのでランディングページ自体の受け入れは限定しないように、多くの人に共感をしてもらえるようなデザインやページ作りが良いと思います。
タイトル
共感を得られる部分を作る

ランディングページというのは、共感を得られないようでは意味がありません。何も感じてくれないような文章を掲載しても、それは多くの人に伝えたいことを伝えられず、何の意味もない文章となってしまいます。そのため共感できる部分を必ず作ってください。この部分を作れるかどうかというのは重要な部分であり、それによって多くの共感を得られるようになります。

共感はアクションに繋がってくる部分です。これはいいなと思ってくれて、その後で色々な作業を行ってくれます。商品を購入してくれるかもしれませんし、他の部分にアクセスしてくれて、更に興味を持って貰えるかもしれません。こうしたことをやっていかないことには、売り上げ上昇が期待できません。ランディングページは共感させる部分が重要であり、この部分がしっかりしていれば、確実な効果を生み出します。

ちょっとした工夫で代わるものですので、一文を追加する等の対策をとり、もっと信頼性を向上させるといいでしょう
タイトル
その文章にあった単語をうまく使う。

文章と言うのは単語の集まりです。ですが、文章の殆どの単語はあまり意味をなさず、重要なのって

一個か二個ぐらいのものなんですよね。その単語をどう引き立たせるのかが良いライティングなのか

どうかの違いだと思います。



情報ページならその情報名かも知れませんし、ノウハウであるなら行動の単語かも知れません。

感情を伝えたいならそれでしょうし、要件などならやって欲しい事などの単語が重要でしょうか。



ともかく、どの単語を中心にして他の単語を組み合わせていくのかがポイントです。この重要度は

細かく言えば一番、二番と順位も付くでしょうが、その順位が混ざれば混ざるほど何が言いたいのか

分からない文章になって行きます。混ぜてしまうなら、いっそ二つとか三つのモノに分けてしまう

方が良いでしょう。



その上で最初に結論を持ってくるとか、楽しく感じる事、最後まで読んで貰える工夫を織り交ぜで

行きます。読む側の事を考えても、一番印象に残るのは単語の部分で、文章を丸々覚えてしまう、

と言う人は少ないですよね。選ぶ単語のセンスとかもあるでしょうが、何を書きたいのかと言う

考えから重要だと思える単語をうまく使いましょう。
タイトル
広告キーワードごとに、ランディングページの内容やリンク先は考えましょう

広告キーワードごとに、ランディングページの内容やリンク先は考えましょう。検索するユーザーがキーワードを検索エンジンに入力する場合には、目的を何か持っています。検索するキーワードはこの目的を反映しているため、ユーザーが把握したいことをキーワードごとに設けることが大切です。

例えば、帽子のネットショップのサイトの場合、ユーザーが「ニット 帽子」と「秋 帽子」のキーワードで検索する場合、把握したいことはそれぞれ違っています。「ニット 帽子」のキーワードのユーザーの場合はニット帽を見つけている、「秋 帽子」のキーワードのユーザーの場合は秋に適した帽子を見つけていることが考えられます。

このようなことから、検索するキーワードのそれぞれもので表示する全ての広告のリンク先をトップページにすると、はっきりとした目的を持っている「ニット 帽子」のキーワードのユーザーや「秋 帽子」のキーワードのユーザーを迷わせるようになり、サイトを離れてしまいます。

タイトル
ランディングページの構築の場合には、ターゲットになりきることが必要である

ランディングページのファーストビューで、しっかりと訪問者を捕まえておかなければ、いくら頑張ってそれより下を作ったとしても成果は期待できません。伝わるようなファーストビューを作るために頑張りましょう。

では、事前に伝わるか、伝わらないかということをどのようにして確認すればいいのでしょうか?確認するためには、ターゲットになりきって少し離れたところから見てみる、少し離れたところから一番最初にユーザーのメリットが飛び込むかを確認する、というようなことを自分でチェックしましょう。

ターゲットになりきってというのは、無理ではないかと思われるかも知れません。なりきることは実際には完全にできませんが、ターゲットが読んでいるブログを見たり、ターゲットが読んでいる雑誌を見たりすることによって、ターゲットのマインドや価値観に近づくことが可能です。

ランディングページの構築の場合には、ターゲットになりきるのは必要であるため訓練しましょう。


ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.