上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ネットショップの場合に、売れるランディングページというのはどのようなものなのでしょうか?

ネットショップの場合に、売れるランディングページというのはどのようなものなのでしょうか?ネットショップの場合に、集客したユーザーをコンバージョンさせるために非常に影響を与えるものがランディングページなのです。

ランディングページというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?ランディングページというのは、ユーザーが検索した結果のページやバナー広告をクリックした場合に、最初に訪問するページのことです。最初にランディングするページであるため、ランディングページと言います。

ユーザーはサイトを目的を持って訪問するため、ランディングページでその目的にマッチした情報が見つからないと、すぐに離れて行ってしまいます。一方、ランディングページに興味がある内容があれば、コンバージョンによくつながってきます。

このように、デザインや構成要素、情報を考慮したランディングページを作ることをランディングページ最適化と呼んでいます。

タイトル
ランディングページにおいて、ユーザーに伝える必要があるメッセージというのは、自分事であるとユーザーに気づかせることです

ランディングページにおいて、ユーザーに伝える必要があるメッセージというのは、自分事であるとユーザーに気づかせることです。例えば、乾燥肌で悩んでいるような場合は、お肌の悩みを解消する化粧品、というよりも、乾燥したお肌で悩むあなたにとって化粧品の最適なもの、と言われた方が自分事になります。化粧品の効果そのものは同じでも、メッセージが自分に話かけられているようなものであるほど効果が期待できます。

もちろん、メッセージが自分事であるほど、自分事ではないというような人は多くなります。しかしながら、メッセージで多くの人に該当するようなものは、最終的には自分事ではないように感じられるものです。

本体のサイトとは異なって、ランディングページは1つである必要はありません。むしろ、商品は同じものでも切り口を変更しながら、ランディングページを男性用、女性用、年配者用、子供用というように分けた方が精度の高いメッセージになります。

タイトル
ランディングページの理想的なものを作る場合には、基本的にはターゲットごとに作成することです

ランディングページというのは、基本的に検索した訪問者が初めに目にするページのことを言います。リスティング広告などの場合は、広告をクリックすると初めに目にするページです。

このランディングページに来た訪問者の心を掴むことができるようにすることが、ランディングページの最適化というものです。

ランディングページの理想的なものを作る場合には、基本的にはターゲットごとに作成することです。数十ものランディングページを、1つの商品で作っているような会社もあるそうです。時系列別、お悩み別、リピート、新規別などを考慮して作成しているそうです。

集客をホームページで考えている場合、起業してホームページを初めて作る場合、特殊な業界であるため一般の制作業者には依頼したくないと考えている場合、事業をホームページからの集客だけで行いたいと考えている場合、現在は上手くいっているが飛躍をさらに求めたい場合など、時系列や悩みで異なったランディングページを作成することができます。

タイトル
いかに魅力があるランディングページのオファーでも、行動をユーザーが起こす場合に不安に思っていれば、購入まで到達するのは困難です

いかに魅力があるランディングページのオファーでも、行動をユーザーが起こす場合に不安に思っていれば、購入まで到達するのは困難です。もし気に入らなかった商品の場合にはどうしようと不安に思っているユーザーのことを考慮し、しっかりと保証制度や返金制度などを示して、できるだけ心配ないように工夫しましょう。

販売数、満足度など、数字として自信をもって示すことができるものはどんどん出すようにしましょう。数字というのは説得力があり、信頼感をユーザーに与えることができます。

気軽に動画をインターネットで見るような人が多くなってきており、購入を促進するために動画は非常にいいツールになります。文章とは異なった角度でアピールするためにも、動画をぜひ検討しましょう。

Webデザインが古いままであれば、ランディングページの要点をいかに押さえていたとしても効果は期待できません。デザインのサイクルは、1~2年を目安にして最新のデザインを取り入れていくようにしましょう。

タイトル
集客がインターネットで可能かどうかは、大きなウエイトがこのランディングページに掛かっていると言えるでしょう

ランディングページを作るのは、インターネット広告によって集めたユーザーを会員登録や商品購入などへ導くためです。興味をユーザーが示してくれるか、それとも他のサイトへ移ってしまうかは、非常にランディングページの内容によって違ってきます。つまり、集客がインターネットで可能かどうかは、大きなウエイトがこのランディングページに掛かっていると言えるでしょう。

ランディングページの効果的なものの作り方についてご紹介しましょう。

ネットの広告を見てユーザーがランディングページに来たとしても、ユーザーが興味を示さなければ全く意味がありません。ランディングページを短時間で見たユーザーが、購買意欲を示さないと意味がありません。そのため、インパクトのある分かりやすいキャッチコピーにする必要があります。すぐにユーザーが離れないようにするため、ランディングページのキャッチコピーと広告文のキーワードをマッチさせることが非常に大切になります。

タイトル
ランディングページでは商品をすぐにアピールしないで、情報からまず紹介しましょう

ランディングページでは商品をすぐにアピールしないで、情報からまず紹介しましょう。

ランディングページの場合には、商品を初めからアピールするのは避ける方がいいでしょう。情報を要望しているユーザーに対して商品をいきなりセールスすれば、数秒もしないうちにユーザーは逃げてしまいます。

ランディングページにおいて、劇的にコンバージョン率をアップする早道としては、まず情報で興味を引き付けて、それから商品を紹介していくことです。具体的な方法としては、不安感をユーザーに抱かせるような情報を提供した後で、商品を解決策として提示することがコンバージョン率をアップするための早道です。

いかに商品の値段が安いということでも、商品の値段や写真をいきなりアピールするのは止めましょう。まず、ユーザーに対しては情報を初めに提供して、それから商品を解決策として見せることが、ランディングページにおいてコンバージョン率をアップするコツです。

タイトル
ランディングページで大切になってくることは、分かりやすい、イメージがいい、読んでみたくなる、というようなことです

ランディングページではどのようなことが大切になってくるのでしょうか?ランディングページで大切になってくることは、分かりやすい、イメージがいい、読んでみたくなる、というようなことです。このようなことがランディングページにあれば、問題ありません。

最終的に、商品を買って欲しいのか、メルマガのリストを集めたいのか、ということを明確にしておきましょう。

販売する場合は、ユーザーは嫌がる恐れがあります。例えば、商品を販売すると仮定した場合には、8割の人は嫌がります。残りの2割の人が嫌がらなければまだいい方でしょう。そのため、嫌われないように戦略を十分に練る必要があります。

お金を払っても購入したいような人がどのくらいいるのかが大切です。自分のセールスレターやランディングページを見たユーザーの気持ちを考慮しながら作ることが大切です。

もし、ランディングページを初めて作成するのであれば、信頼関係をステップメールで築いた方がいいでしょう。

タイトル
一般的にランディングページは、ネット広告の受け口のページであると言われています

一般的にランディングページというのは、ネット広告の受け口のページであると言われています。ディスプレイ広告や検索連動型の広告であるリスティング広告などをクリックした場合に、初めに表示されるページがランディングページです。

公式サイトなどにおいては、多くいるステークホルダーのために作成されており、基本的には過不足なく企業全体を紹介するようなものです。そのため、広告の受け口として、コンバージョンへつなげるようなものにはしにくいものです。

何かのサービスや商品に興味を示して、検索した結果に表示されるのがランディングページです。そのため、ユーザー質問や検索キーワードに合ったWebページでないと全く意味がありません。

いいランディングページを作るためには、情報の適切なものに絞り込んで、伝わりやすいコンテンツやシナリオへ転換されたものを入れ込むことが大事なことです。いいランディングページを作れば、高いコンバージョンを期待することができます。

タイトル
必要最小限のものを書かせる

ランディングページの最後には、必ず購入者用のページを作らなければなりません。出来ればそこにフォームを挿入しておいた方がいいのですが、それが出来ないという場合は、別のページを作ってください。これである程度のアクションに期待が持てるようになります。しかし注意しなければならない点として、入力する情報を多くしないことです。

情報が多くなってしまえば、それだけ入力する手間がかかってしまい、購入するのが面倒だなと思われてしまいます。これではランディングページをいかにいい物に変えたとしても、売上が伸びることはありません。必要最小限の情報で注文できるというのが一番いい方法なので、まずはこれを目指してほしいと思います。その上で自動入力が出来る部分を作っておけば、かなり売上は期待できるでしょう。

ランディングページの最後に注文フォームを掲載するのが常套手段ですが、何回かに分けて配置することによって、売上が伸びることもあります。情報は最小限にとどめ、少しでも購入しやすいようにしておきましょう。
タイトル
焦点をはっきりしてぼかさないようにすることが、ランディングページを作成する場合には大切になってきます

ランディングページを作成する場合には、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

焦点をはっきりしてぼかさないようにすることが、ランディングページを作成する場合には大切になってきます。

宣伝することによってユーザーに迫ったり、サイトの他のところにリンクを張ったりするようなことは絶対に止めましょう。ランディングページを作成する場合に大切なことは、横道にユーザーがそれないようすることです。ランディングページにおいては、コンバージョンがユーザーに対して要求することです。そのため、サイトの別のところをクリックすることや、アニメーションなどによって驚いてくれることは、コンバージョンがユーザーに対して要求することではありません。もし、お店に入って買い物をしようとしている買い物客に対して、その店から別のお店へ行くことをすすめるとどうなるでしょうか?1度でも訪問することを止めてしまうと、二度と訪問することはないでしょう。

タイトル
ランディングページを作成したと言うことでも、web集客に必ずしも成功するとは限っていません

ランディングページを作成したと言うことでも、web集客に必ずしも成功するとは限っていません。作成したランディングページも、運用した後で手を何度か加えて完成する方が非常に多くなっています。

そのため、コンバージョンがある程度現在のランディングページにおいて取れているのであれば、そのランディングページを改善することから入ることもできます。

基準の一つは、そのランディングページのコンバージョンレートです。コンバージョンレートというのは、申込みがセッション数に対してあった割合です。感じとしては、現状が0.5%以上であれば改善する余地があり、0.5%以下であれば新しく作成する方が早いでしょう。

主に自然検索で運用している、主にリスティング広告で運用している、リピート率や商品単価によってもコンバージョンレートの目安は違っています。やはり、コストパーフォーマンスを考慮して、どのような取り組みを行うのかを検討してみるようにしましょう。

タイトル
ランディングページは驚きや面白さ、ワクワク感が常に必要です

ヘッダーというのはランディングページの最も上で、初めにユーザーが目にするところです。ヘッダーでは主な商品やイメージ画像、使用例と一緒に、目を引くタイトル文的なコピーが必要です。強いインパクトがあるほど十分に見てくれるため、公告としてここが弱ければ意味がありません。

ランディングページは、ページの1枚をスクロールするものです。そのため、無駄にだらだらと長いようなものはおすすめではありません。内容がしっかりあり、次に読んでみたくなるような、画像や文章を準備しましょう。ランディングページは驚きや面白さ、ワクワク感が常に必要です。

しっかりユーザーにやって欲しいゴールを決めましょう。ゴールは業種によってそれぞれ違っていますが、いますぐ登録して下さいなどというようなメッセージをゴールの前には必ず挿入するようにしましょう。

また、ゴールに飛ばすようなボタンなどを、中間地点やヘッダーなどにも設けておけば、コンバージョン率もアップします。

タイトル
ランディングページが良くなければ、広告をせっかく出してもユーザーはすぐに逃げてしまいます

ネットショップの場合には、ある程度広告を出すことが必要です。広告を出さないとユーザーはなかなか見てくれません。

広告を出す場合に意識する必要があるのがランディングページです。つまり、広告をネットショップのユーザーがクリックした場合の最初のページです。

そのため、ランディングページは非常に大切になってきます。このランディングページが良くなければ、広告をせっかく出してもユーザーはすぐに逃げてしまいます。

ネットショップのサイトのトップにランディングページを設けているような場合が多くあります。しかしながら、あまりこれはおすすめではありません。トップページの場合は、情報があまりにも多すぎるため、ユーザーが広告で紹介した情報にたどり着けなくて離れていってしまう恐れがあります。一般的には、ランディングは商品あるいはカテゴリのページにさせるべきです。

ランディングページは、いずれにしてもしっかり作成することが大切です。ランディングページを最適化するようにしましょう。

タイトル
コンバージョンをランディングページにおいてアップするためには、ひらめきが大切ではありません

コンバージョンをランディングページにおいてアップするためには、ひらめきが大切ではありません。大切なことは、改善点を1つ1つ探して、アプローチを地道に漏れがないように行うことです。データの1つ1つ対して、いかに正面から向き合うことができるかということがポイントです。ここでは、データを取り扱う場合に注意するポイントについてご紹介しましょう。

判断するのは、勘ではなくてデータをベースに行うことが大切です。ランディングページのコンバージョンをアップするためには、ロジカルに改善点や問題点を導き出して、プロセスを計画的に踏むことが必要です。計画性も分析もない状態で、勘だけが頼りで進めると、同じようなことを何度も繰り返し、お金も時間も無駄になってしまいます。

要素が全てが計測できるWEBマーケティングにおいては、データが全てになります。勘などはデータの前では全く無意味です。データが勘に反した場合でも、信じる必要があるのはデータです。

タイトル
ランディングページのスマホ用のものを作る場合に注意すべきポイントについてご紹介しましょう

多くのランディングページを見てみると、スマホへの対応がまだできていないようなサイトは結構多くあるようです。ここでは、ランディングページのスマホ用のものを作る場合に注意すべきポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページは、表現やデザインをコンパクトにしましょう。ランディングページのスマホ用のものに入れ込む要素は、パソコンのサイトと基本的には同じです。しかしながら、スマホ用の画面はパソコンのサイトと違って小さいので、文字表現やデザインなどを考えてコンパクトにしましょう。

ランディングページでは、クリック箇所の無駄なものは削除しましょう。ランディングページはひとつに目的を絞り込んで、できるだけ無駄なリンク箇所を削除しましょう。商品の購入ページやお問合せへリンクをさせるのであれば、多くのリンクがページ内にあるとユーザーは離れてしまいます。また、サイトをスマホで見る場合にスクロールを指で行うため、余計なリンクがページの途中にあると間違ってクリックするようになります。

タイトル
ランディングページの基本的な特徴についてご紹介しましょう

ランディングページの基本的な特徴についてご紹介しましょう。

基本的なランディングページの特徴としては、どのようなことを、どのような人に対して申込みをして欲しいのかということを考慮して作られている、外部リンクがランディングページの中には無く、情報を1ページに集めて完結する、縦スクロールで見ることができる、というようなものがあります。

どのような人に対して、どのような申込みをして欲しい、というような目的のためにランディングページは作るものになります。そのため、ランディングページをあちらこちら探さなくても、ユーザーが希望している情報をスクロールすることによって、分かりやすく、見やすく表示していることも特徴になります。

そのため、一般のホームページと比べると、アプローチは特定のユーザーに対するものであるため、ページの改善が容易である、作成が1ページになるので制作費用が安くなる、というようなメリットがあります。

タイトル
集めた訪問者をコンバージョンに無駄なくつなげるために、ランディングページは大切な役目を果たします

検索エンジンの場合、特にユーザーの半数以上ランディングページから8秒以内に離れてしまうそうです。検索エンジンの広告をクリックしランディングページにおいて、自分が探している商品がすぐに見つからないと、検索結果の画面にすぐに戻ってしまって、別のサイトに移ってしまうのです。

最小限にランディングページから離れるのを抑えるために、特にSEOや検索エンジン広告のジャンルおいて注目されているがランディングページの最適化です。ユーザーが同じ検索エンジンで検索しても、検索キーワードが違うと、その目的や動機も違ってきます。一人ひとりのユーザーにランディングページの最適なものを準備することによって、サイトまでせっかく訪問してくれた人が、スムーズにコンバージョンの達成を促す方法です。

単にやみくもに訪問者を集めるのみでなく、集めた訪問者をコンバージョンに無駄なくつなげるために、ランディングページは大切な役目を果たします。

タイトル
ランディングページにおいて成果をあげるためには、検証することが大事です

ランディングページにおいて成果をあげるためには、検証することが大事です。

ランディングページのコンバージョン率をアップするポイントは、さまざまあるのではないでしょうか。ランディングページは、レイアウトの一般的なものとは違って、1ページで完結するタイプのページ構成になっており、ユーザーを獲得するために効果があります。

ここでは、成果が具体的に上がらない場合に、チェックする内容についてご紹介しましょう。

ランディングページを作った後、アクセス解析によってどのくらいのコンバージョン率になったのか、ということを検証することも大事です。広告費のコストパーフォーマンスをアップするためにも、定期的にランディングページは改善するようにしましょう。

なお、SEO対策についてもランディングページを作る場合には意識しましょう。一見すると、多く情報量があるようですが、多くのコンテンツが画像メインになっているので、テキストにキーワードのところをするなども大事です。

タイトル
購入者のメリットを明確に

購入した人がどのような効果が得られるのか、これはランディングページにおいて重要なポイントとなります。言い回しという部分に注意して考えていただきたいのですが、こうしたメリットがありますということを書くことに加え、利用するとこうした効果が得られますということをしっかり掲載してください。効果を実感できるとか、想像できるような文章の方が効果的です。

効果が分からないようでは、間違いなく買いたいと思わないでしょう。実感できる効果を記載することは、購入者側の立場を考えていることになります。これが明確になっている場合、ランディングページというのは優れた効果を表してくれます。出来る限り高い効果を得るためには、実感できる効果を中心に、色々なことを掲載してください。

文章の言い回しを変えるだけで、ただのメリットが購入者が利用した時の効果に変わります。こうした部分を変えていくだけでも、ランディングページはより優れたものに変わってくれるのです。
タイトル
ランディングページを作成する場合のいくつかのポイントをご紹介しましょう

ランディングページを検索ユーザーが入力するキーワードの目的にマッチするように準備することによって、サイトから離れて行くのを抑制して、問い合わせをさらにアップできるようになります。ランディングページを作成する場合のいくつかのポイントをご紹介しましょう。

入手する情報は必要最低限のものにして、商品は一つに絞るようにしましょう。商品を買うまでの流れのステップを最低限3つに抑えるようにしましょう。写真を最もランディングページの上に、目につくように配置して、キャッチコピーでインパクトをさらに与えるようにしてアピールすると効果が期待できます。

インターネットで幅広い層の人が検索する際にキーワードの特定のもので狙ってくるため、目的とそこに対応するメッセージがマッチすると、しっかりとランディングページ読んでくれるため、ターゲットをはっきりすることが大切です。実際に使用した人や権威がある人の声を掲載することによって、ユーザーに安心感が出てきます。


ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.