上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページとは

ランディングページとは・・・直訳すると「着地ページ」となり、その名の通り、訪問者が外部からサイトに訪れるさい、最初に訪れたページの事を指し、「lp(landing page)」とも呼ばれます。
「外部」とは、主に検索エンジンやインターネット広告、ソーシャルメディアの事です。
例えば、「Google」を例にしてみましょう。
下図は、検索結果ページですが、検索結果ページの構成は大きく二つに分けることができます(広告枠と検索結果枠)
ランディングページ(LP) リンク元の例
広告枠にしろ検索結果枠にしろ、リンクをクリックしたら、各サイトへ飛びますよね。
その着地点となるページが、ランディングページとなるのです。
ランディングページへのアクセスの流れ
また、単なる外部からの着地ページとしてだけじゃなく、もう1つ大きな特徴があります。
それは、「訪れてきた訪問者に対して、目的とする行動(商品の購入や会員登録など)をとってもらうために導くこと」です。
要は、訪問者に対して「商品の購入や会員登録」を促すためのページなんですね。
一般的な「ランディンページ(lp)」は、こちらの意味合いが強いでしょう。
なので、普通のWebページ(閲覧を目的とし、商品の購入などを目的としない)と、ランディングページでは、あきらかに構成や内容が違っています。
違いについては、実際に見たほうが良いでしょう。下記に、普通のWebページとランディンページを並べたので、比べて見てください。
普通のWebページ
ランディングページ
上記二つのページを比べると、明らかに違いを認識できると思います。
二つ目のランディングページ(lp)については、「訪問者に対して、お問い合わせを促すために、様々な仕掛けが施されています」
ランディングページでは、このように「いかに、訪問者の行動(商品の購入など)を促せるか」が最も重要なポイントなのです。
例えば、Google上にリスティング広告を出している場合、せっかくお金を投じて多数の見込み客を集客できても、このランディングページが機能していなければ、全くもって意味がなくなります。
なので、ランディングページを制作するさいは、訪問者に、商品の購入やお問い合わせ、資料請求など何らかの行動を促すために最適化する必要があります。
このことを「LPO(landing page Optimization:ランディングページ最適化)」と呼びます。
要は、「いかに、訪問者が行動をとる割合を高められるか・・・」が「LPO」になります。
タイトル
パララックス要素を取り入れたランディングページ

Web制作者のためのブックマークサイトのようなものがあります。良質なWebサイトをまとめてリンク集を作ろうというサイトです。 そこを色々とチェックしていると感じるのは、まだまだパララックス的な動きのあるランディングページが多いと言うことです。そういった動きをするサイトが評価されているということもできるかと思います。 どうせランディングページを作るのであればインパクトがある方が良いでしょう。そのためこの数年流行っているパララックス的な要素を組み込むんです。 パララックスとまではいかなくとも、ページを下に持っていくたびに何かしらの反応がある要素を加えて目を惹くんです。 いま流行で沢山そういったランディングページがあるとは思いますが、それでも相手の注意を引くのに良い方法だと感じます。 良いランディングページのひとつに相手の注意を引くというのがあると思いますが、その要素もしっかりと満たしています。それだけじゃなく、下にスクロールさせて情報をしっかりと伝えることも可能です。
タイトル
デザインの重要性について

一昔前までは素人が作ったような最低限のHTMLで構成されたビジネスランディングページも多く見受けられましたが、最近ではデザインを請け負ってくれる会社が増えたり、無料のデザインテンプレートも増えたため、素人でもちょっと知識があれば見栄えのいいランディングページを作成できるようになりました。 それでは、見た目で本当にコンバージョンに差が出てくるのでしょうか?それは、販売者や商材によってケースバイケースだと思われます。 まず言えることは、素人が作成したような見た目でも、訪問者が心の底から欲しい商品、情報で、それを信頼と共に伝える手段さえしっかりした宣伝ページであれば問題なく成約は起こります。 ただし、当然ちゃんとした企業の場合は、ページの見た目が素人臭いと信用が疑われるので、それなりの会社であればデザインにも注力すべきと言えます。 ただ、それでも情報さえしっかりしておけば、コンバージョンは下がるとはいえ売れてしまうことは確かです。つまり、ランディングページのデザインは、クオリティが高いに越したことは無いし、コンバージョンを高める手段として有効だが、お客が喉から手が出るほど欲しい商品であれば素人臭いページでも販売は可能だということです。
タイトル
ランディングページは、まずアクセスありきだと思います

ランディングページの究極の形は、ある1つの場所をクリックさせるためだけのページだと思います。 視覚的にシンプルで例え凝ったデザイン等がそこになかったとしても、いくらでもそのクリック先にある情報が気になって仕方がない状態にさせることができるはずです。 その奥のページを見れば、自分のほしい情報が確実にあると判断できたならユーザーは必ずクリックし、そこで納得した商品があれば必ず購入します。 無駄に下段に長いページを作成してみたり、凝ったデザインで選択肢がいくつもあるようなページというのはそれだけで見ている方は疲れてくるのです。最近は左右上下に広告が貼り付いているページだらけになっているので、シンプルに情報を提示した直球勝負のランディングページがお勧めだと感じます。その他の細かい情報は全てランディングページ先に設けた方が良いと思います。 私はランディングページというものは、まずアクセスありきの話しだと思っているので、そこにお金をかけるくらいならアクセス数の分母を上げた方が有用ではないかと思います。それから考えても遅くはありません。
タイトル
迷路

よくある事ですが、自分が検索したサイトのトップページで、多くの情報が集まりすぎていて、まず最初にどこを見たらいいかわからなくなります。ボタンの数、広告が多すぎて、まさに迷路。そして、ボタンや広告が多いので自ずと文字数までもが多くなり、頭の中でパニックになります。
ユーザーからすると、多い情報の中でそのサイトを見つけ飛んできます。そして、みたい情報をそこからまた探す時間が長ければ他へ移ってしまうケースも多々あります。
まずは、一目瞭然がベスト。何を売りとしている
サイトなのか。そして、見ていても疲れない色彩。文字数も、少なく上手にまとめてあると、次のページへクリックしたくなります。そして、私、よく迷子になることがあります。いろいろなページに飛びすぎて、自分が結局何が見たいかがわからなくなり、そして、自分がどこからここへたどり着いたかもわからなくなってしまい、最初のトップページからまたやり直し。できれば、時間のない人々が増えています。見出しは大きく。そのボタンをクリックすると何が検索できるのかを簡単にわかりやすく書いてあると、ありがたいと思います。
タイトル
良いランディングページの作り方

ランディングページは商品をお客さんが購入をしたり予約したりするための重要なページであります。
ランディングページをどのような作りにするかによって成約がとれるかが決まってきます。
良いランディングページはユーザーが見てその商品やサービス、予約をする事で得られるメリットを明確に感じイメージする事ができるページであることが重要だと思います。
文字ばかりで見づらいランディングページはユーザーから好まれません。嫌われるどころか少し見たら少しも見てもらえないかもしれません。
伝えたい事を目立たせ写真や画像を使ってイメージさせることも効果的な方法です。
文字と写真や画像のバランスを見たり文字の大きさのバランスを取る事が大事です。
文字色を変えるのは良いですが見えにくくなってしまってはいけません。逆に文字の大きさを大きくしすぎて周りとバランスが取れないページにならないように気をつけてください。
文言やタイトルなども商品やサービスを受けてどのようなメリットがあるのかも伝えられるようなタイトルを付けることも良いと思います。
タイトル
良いランディングページを作るのも制作会社

「良いランディングページ」というキーワードで検索をかけると制作会社やSEO専門の業者の記事がヒットします。そこに書いてあることはだいたい同じと言って良いでしょう。 ファーストビューで商品やコンテンツの強みを明示して下位ページへと流入させて、更にその下のページでといった具合です。このような情報が沢山溢れているからランディングページを作ろうと思った際に検索をして情報を取得してから制作会社に頼むという担当者の方も多いのではないでしょうか。そして、こういう風な記事を読んだのでこれで頼むという頼み方をしていたりしていないでしょうか。 きちんとしたランディングページの経験がある制作会社であれば、Webで調べて情報が出るようなタイプのランディングページだけが効果的だとは考えていません。 売りたいものや魅せたいものによっても変わってくる部分です。ですので、そのような発注の仕方はせずにしっかりと制作会社と打ち合わせをして作ってもらうと良いランディングページができてくる確率が上がってくるように思いますね。
タイトル
ヘッドコピーでいかに引き込むかが重要

私は過去に情報商材の販売をするために、個人でランディングページを作成した経験がありますので、それを元に考えを書きたいと思います。 まずどのビジネスでも言えることですが、訪れたお客の求めるものをファーストコンタクトで提示する必要があります。営業であればまずお客の求めているものを聞き出すと思いますが、ランディングページで言えばヘッドコピーでお客を振り分けします。 欲を出して多くの人を対象にして訴求力を薄めてしまうよりは、ターゲットを絞り込んで、その情報を心から求めている人だけが食いつくようなコピーにした方が、成約率は高くなると実証されています。 ネットでの情報商材の販売が流行り出した初期から色々とコピーの手法は考えられて来ていますが、アメリカのマーケティングの神様とまで言われるダン・ケネディ氏も、「お客の求めているものを事前に知ること」がビジネスの基本だとしています。つまり、ヘッドコピーでは「お客の求めているもの」を的確に伝える、そして感情を動かすほどの言葉を選び抜く必要があるということです。
タイトル
思わず買いたくなるランディングページの作り方

ランディングページとは、画面遷移を行わないで一気に購入や問い合わせにつなげるウェブページのことで、リスティング広告と合わせて公開されることが多い、もっとも利益率の高いホームページです。

商品の写真や文字を並べるのではなく1つの商品に特化したものがお客さんを迷わすことなく購入に結び付けることができます。まず商品の特徴、写真を掲載し購入ボタン、次にその商品の使用感(化粧品や飲料の場合)を書いて「私も購入したい」と思わせます。そしてその商品の科学的分析、さらに著名人からの声があればもう買わずにはいられなくなります。実際には、著名人に言葉をいただくことはほとんどなく写真の使用許可をとるだけでよく、著名人のイメージを損なわない文章をライターさんに書いてもらいます。デザインは、大きく見やすいインパクトがあるデザインが求められます。

ランディングページからインスピレーションを受け取るには、たったの2秒で理解できるほどのインパクトが必要です。ごちゃごちゃしたサイトは望まれません。
タイトル
ヘッドコピーでの色々な手法

ビジネスランディングページでは、業種や商品の種類によってヘッドコピーでの伝え方や雰囲気が変わってくるものです。 化粧品やメーカーの家電製品などを販売する場合には、お客さまの信頼を獲得することが第一ですので、ページのクオリティはもちろんのこと、言葉の言い回しにも最善の注意を払う必要があります。 逆に、インフォカートなどで販売されている個人のインフォプレナーなどが販売する情報商材は、個人に認知度がほとんど無い状態ですので、販売の手法は多岐にわたるようです。 もちろん、デザインクオリティが高く、丁寧な伝え方で好印象を与える方法も有効ですが、一般企業が取れないようなお客を煽るような販売文句やデザイン、上から目線の販売手法なども多く見かけます。 中には詐欺も多いようですが、無名の個人がお客にインパクトを与えるにはこのような強引な手法も有効だということです。 私は下品なページは嫌いですが、お客の感情を煽ることで注意を引き、読ませ、販売に繋げるというのはテクニックのひとつであることは確かです。どちらにせよ、ヘッドコピーでいかにお客の心を動かすかが成約率を上げるまず第一の仕事となります。
タイトル
ランディングページは分かりやすさが鍵!

ずばり、ランディングページは分かりやすさが鍵でしょう。何故ならウェブサイト閲覧者は「あ、このページわかりにくい」と思った瞬間すぐにランディングページから離れてしまうからです。あまり情報を詰めすぎず、要点のみを大きく表示することが大切だと思います。例えば画像をバンッ!と表示する、デカデカと装飾された文字を使う...等。一瞬でお客様の目を奪う必要があるでしょう。

加えてランディングページは複数用意すべきでしょう。広告ごと、検索ワードごとにそれぞれ適したランディングページを用意する。もちろん手間はかかりますが、手を抜いてランディングページを絞ることは収益率の低下を招くと考えます。一つのランディングページであれやこれやと情報を掲示してしまっては分かりにくいページとなってしまい、お客様はページを離脱してしまいます。

最後に。リンクボタンは大きく表示。とにかく目につくリンクがあれば「試しにクリックしてみるか」とその先のコンテンツへと訪問者を誘導することができる確率は上がるでしょう。
タイトル
こういう風にすると、鬱陶しく感じないと考えられます。

一般的に、ランディングページは人の目を引きますが、場合によっては派手すぎてそれだけで閲覧者がブラウザバックしてしまうという事態もあると思います。
確かにインパクトはあるが、目に優しくなかったり、はたまた何を強調したいのか分からないなど、そういったライディングページは素人目で見ても数多く存在しています。
  その中で、私の提案するものはできるだけ目に優しい色にする、ということです。
勿論、ただそれだけでは強調も何もありません、そのために本当に大事なところだけ強調するというのはいかがでしょうか。
大事な文の上下には大きめに改行するだけではなく、背景の色と普段の文字の色を少しだけ近づけるという方法も有効かと思われます。(たとえば背景色は白に限りなく近い灰色、文字色は黒に限りなく近い灰色)
  一番強調したいところだけをしっかりと強調し、他は読み流していただく程度で構わないと思います。
セールスポイントを直球で売り込み、閲覧者の心を震わせるようなものがいいかなと考えました。
タイトル
直帰を防ぐためのランディングページを作ろう

ランディングページとは、ある商品やサービスの購入してもらうための最後のページです。
検索や広告でそのページに入ってくる人は、何らかの悩みの解決を求めています。
しかし、そのランディングページが一目みた瞬間に何に関するページかわからないような場合には訪問者は「戻る」のボタンを押してしまいます。これを直帰といいます。
これを防ぐにはどうすればよいでしょうか。
それには、訪問者が入ってきて最初に見える範囲に、悩みに対してグサッと突き刺さる表現をする必要があります。
この最初に見える範囲をファーストビューといいます。
よいランディングページを見ていると、このファーストビューに悩み事を解決してくれそうな文言がドーンと載っています。
そして、スクロールしてくれたあたりで遅れましての自己紹介なんかがあったりします。
そして畳み掛けるようにチェックリストで同じ悩みをもっている人に何で悩んでないですか?というような問いかけをして、解決方法を呈示していくと良いランディングページが作成できると思います。
タイトル
見やすいランディングページが最も優れていると感じます

私の独断と偏見による良いランディングページとは、まず一つ目は見やすいことです。当たり前ですが、私は見づらいランディングページをいくつも知っています。 ランディングページは、1度しか開かないと思っている製作者が物凄く多いように思います。しかし、情報が詰まっているサイトのトップページとも言えるランディングページを閲覧者は何度も開いていますし、何度も見に来るのです。そうして慎重に検討した結果、知りたいと思ったらその場所をクリックして情報を得ようとします。その判断は恐らく1秒ないくらいの時間だと思います。 つまり、一瞬目にした時にどこをクリックしなければならないかを判断できないようなページは悪いページと言えると思います。 私の主観で言うと、写真やデザインの中にクリック先があるというのは論外と言えます。どうしても知りたい場合はクリックしますが、イライラすることが多々あります。 また、アニメーションのような動画的な動きが入ってくるページも良くありません。 ゲームサイトによくありがちなパターンですが、そのせいでマシンスペックがいまいちなユーザーに反感を買うことになるでしょう。
タイトル
好奇心をもつこと

好奇心を持っている人におすすめします! 人それぞれ、好きなこと、苦手なことがあるかと思います。 ライティングページを書くにあたり、文章にすることが苦手でも、自分の興味のあること、好きなことについてなら、誰でも人に説明できると思います! たとえば、音楽が好きなら、どういう音楽を聴いていて、どういうところがよいのか、興味を持ったきっかけなど、その物事に対して一つ一つ丁寧に書いていけば、一つのテーマとしてまとまったライティングページを作ることができるはずです。 興味を持っているものが多ければ、その数の分だけ書くことができます。 何も好きなものなんてない…という方でも、知らない分野に対して追及する好奇心を持てれば、同じように挑戦できると思います! 大切なことは、自分の興味のあるもの、知らないことに対しての好奇心だと思います。 それさえあれば、文章能力は二の次でも大丈夫です! 描くことが苦手なら、箇条書きにしていき、それを長い文章にしていくことで、ある程度まとまった形になります。 挑戦してみようという好奇心で乗り越えられるはずです。
タイトル
ネット閲覧機種の多様化でランディンページは必須となった

ランディングページの面白さとは、商品の販促に利用することがメインの役割だと思うのですが、ブランドのイメージアップ等でも使用されており、その使い方には多くの選択肢があることです。 一概に商品を販促するのであれば、普通のWebページであっても良いわけです。そうではなく、直感的にユーザーにほしいと思わせるようなページ、またはその企業のイメージが良くなるようなブランディングページ等、使用者がどのような意図を持って自社のホームページに誘導し、ランディングページを戦略的に見せていくのかというところに作成の面白さを感じています。 PCから閲覧する以外にタブレット、スマホの普及によってブランディングページの重要性はかなり増したと言って良いと思います。 直感的に操作でき、動作も軽く、1クリックで必要な情報に辿り着けるランディンページの作成は、もはやインターネットショッピングでは不可欠となっていると言っても過言ではありません。
タイトル
いいランディングページ(Webへの入り口ページ)に求めるもの

ランディングページはWebへの入り口ページですが、何をもってこれがいいページとするのか
非常に難しいです。知名度なのか、使いやすさなのか、情報量の多さなのか?
答えはたぶん、使い続けているからいいページなのではないかと思います。
私はパソコンでもスマートフォンでもランディングページにはYahooを設定しています。
なぜ、Yahooなのか?それを少し検証したいと思います。
①初めて使ったから
 初めてネットサーフィンをした際の入り口がYahooでした。
 たしか大学のPCからアクセスしましたが、当時はページを表示することで感動すら覚えました。
②見やすいから
 使い続けているから見やすいのかもしれませんが、どこに何が表示されているかわかる。
 それに慣れるとそのページが一番見やすいページになります。
③使い続けているから
 初めて使った、見やすいとなると使い続けることになります。
  結局のところ、使い続ける人が多くいるランディングページがいいページなのだと思います。
タイトル
基本は誤字脱字がないことが一番大事なのです。

ライディングをする時は、まず書きたいことの全体図を想像して、「起承転結」で文章を書くことが一番基本で、分かりやすいですね。

始まりに問題点などを挙げて、解決していく方法もありますが、「起」の部分が出来あがれば、文章は簡単に書けると思います。

ライディングしている途中に、文章を見直してみる、その作業をすることで誤字や脱字がなくなって、キレイな文章になっていきます。

書きたいことが文章にしてみると、表現できなかったり抜けてしまっていたり、見直すことでバランスを保つことが出来るのです。

良い文章を作りたいという気持ちが、空回りしないように何回も読み直してみると、文章の中に付け加えたり削ったりする部分が見えてきます。

見直し「しない」ことは、ライディングの一番の落とし穴で、書くことが多すぎると文字数が多くなり、見直しすることも億劫になることがありますが、絶対にするようにしましょう。

最後に、文章の中に専門的なことを一つ入れると、文章が引き締まります。

分からないことは、調べても良いので出来るだけ簡潔に入れて見れば、読んだときのリズム感も生まれてくるでしょう。

句読点にも注意すると、読み手がとても読みやすくなりますね。
タイトル
フルFlashなランディングページ

パソコンユーザーだけにターゲットを絞れるのであれば、いまだからこそフルFlashのランディングページを作るというのも良いかもしれません。
手間とコストがかかりますがスマートフォンでアクセスしてきた方には別のサイトを見せるようにして対処するのです。
今時めずらしいフルFlashですが、できることが沢山あります。人間は動くものに反応するようにできていますので、インタラクションをふんだんに使って相手の注意を惹き付けることが可能でしょう。
うまくやれば一風変わったランディングページに仕上がってコンバージョンもあがるかもしれません。
良いランディングページを作るのにみなさん色々な手を使っていますが、先の手も本当に未だにおこなわれている方法のひとつです。
先日たまたま見かけたWebサイトがフルFlashでした。ターゲットを絞れるからできることなんでしょうね。変わったページは注意を引きやすいですから、導線を作るのが簡単になるかもしれません。
タイトル
いいランディングページを作る方法とは

ランディングページとは、サイト訪問者の目に飛び込んでくる最初のページのことです。ここで訪問者の関心を掴めるかどうかの分岐点になるので、とても大切なページです。訪問者の関心を掴むには、まずキャッチコピーが大切です。訪れたページの目的があいまいだと、訪問者は関心を失い、去ってしまいます。関心を掴むには、このページの目的、購入した効果、購入者の声そして商品説明をわかりやすく掲載する必要があります。

まずキャッチコピーですが、訪問者が訪れる理由は、訪問者が抱える悩みや課題を解決したいからですので、悩みや課題を解決できるようなキャッチコピーを端的に表現し、訪問者の関心を掴むことが大切です。

次に実際にサイトを訪れて、商品を購入した人の肯定的な声を掲載することが大切です。効果がなかった、高い、対応が悪いなどマイナス意見の掲載はNGです。肯定的な声をわかりやすくまとめて、しかも実名写真入りだと信頼度が上がって効果は倍増します。

次に商品説明欄を設けます。キャッチコピーが良く、購入者の声を閲覧して、訪問者が購入しようと商品説明を見る欄ですので、購入したことによる効果、他の商品との差別化、購入料金、購入方法、購入条件などをわかりやすく列記します。特に大切な事項は、商品の差別化です。市場にある商品と差別化がないと、わざわざネットで購入する必要はなくなります。市場流通している商品とは違う、今だけ限定、ネットでの申込みなどと、他の商品との差別化が、購入の決め手となります。

いいランディングページを作ると、集客率が見違えるほど高まりますので、おもてなしの心で作製する必要があります。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.