上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページの無駄に多い画像はNG

新商品やおすすめ商品のリンクをたどると飛ぶランディングページですが、わたしが嫌いなのは「!!」「?!」のようなセリフ調の煽り文句が入った画像が、ベタベタとこれでもかとばかりに貼られているページです。
せっかく商品に興味が沸いてランディングページを訪問しているのに、肝心の情報が、そういった無駄画像を何枚もスクロールしていかないと得られません。しかも、こういう画像メインで構成されているランディングページは、スマートフォンで見ると見にくいことこの上ありません。
「!!」「?!」という煽りがあると、商品が胡散臭いようにも思います。閲覧者が一番頼りにするのは「購入者レビュー」だと思いますので、販売側の煽り文句ではなくそういった本当の声こそ早く知りたいです。しかし、レビューがページの下の方にあることが多く、制作側としてはページをすべてスクロールさせるためにわざとそのように構成しているのでしょうが、離脱率の方が高いのではと思います。
タイトル
良いライティングページを作るコツ。

ライティングページをつくるには、以下の手順が必要となってきます。導入分、段落わけ、まとめと分けていきます。
まず、初めに、導入分です。ここで、今から何について話すかが問われます。簡潔に、何について話すかを書きます。そこには、トピックが含まれてないといけません。相手に何を伝えたいか、重要です。
次に、内容です。何について書いたかをくわしく段落わけして書いていきます。ここで、2段落か3段落に、内容をまとめましょう。その方が、見た目がよくなります。内容は、濃ければ濃い方が良いです。
段落わけしたら、最後は、まとめです。まとめは、全体のまとめです。何が言いたかったのかを書きます。まとめは、重要です。時間がないときは、導入分とまとめだけを読んで内容が、わからなくてはなりません。
このように、以下の手順に沿って書くと、うまくライティングページが書けると思います。段落わけをして、見た目を簡潔に表現していれば、良いかと思います。
タイトル
これを守れば、お客さんが離脱しない!大切な2つのポイント。

ランディングページとは、お客さんがそのページを見て、資料請求だったりサンプル申し込みといった行動を促すものです。このポイントを抑えられていないとやはり途中で離脱してしまう可能性が高いです。今回はお客さんが離脱しないためには何をすればいいのかをいくつか紹介したいと思います。
■スクロールの時間が短く、内容が簡潔。
ランディングページの目的にもよりますが、例え購入目的であっても情報を盛り込み過ぎてスクロール時間が長くなってしまうと、途中で面倒になり離脱する確率が上がります。とにかく伝えたいメッセージは簡潔に、次にどういう行動を起こして欲しいかを考えてコンテンツを載せる必要があります。
お客さんがランディングページに入る時はまず興味本位でクリックしていることが多いです。最初に知りたい情報はまず一体どんな商品なのかです。
よく訴求のメッセージが長々と書かれているものがありますが、まず最初に欲しい情報は何の商品かなので、お客さんはストレスを感じます。情報は簡潔に記しましょう。 ■商品情報より、なぜこの商品を買う必要があるのかという情報が多い。
商品情報が多すぎると、選択肢が増えてお客さんは何を選んでいいのかわからなくなります。情報で大切なのは、なぜここでこの商品を買う必要があるかです。前述したように、これを最初に持ってきてはいけません。まず何の商品かを伝えた上で次にここで買う理由はなんだろうとお客さんに興味を持ってもらうことが大切です。
ただここも簡潔にまとめる必要があります。お客様の声とか、雑誌の掲載情報とかあまりに情報が多くてもお客さんは目を通しません。大切なのは、この商品を買うとどういうゴールを得ることができるのかということです。
本当に簡単でしたが、ランディングページを作成する上で重要なポイントを紹介しました。
ぜひご活用頂ければ幸いです。
タイトル
良いランディングページにはコントラストがある

良いランディングページに必ずあるもの、それはコントラストです。デザインの専門用語でジャンプ率などと言いますが、大小様々な文字を使ってコントラストを上げて、大事な部分を目立たせていくのです。 大事な文章なので読ませたいという気持ちから全ての文字を大きくしてしまっては意味がありません。大事なのはコントラストなんです。 その比率をコントロールすることによって、文字が目立ってくるんです。これは文字だけの問題ではありません、写真やデザイン上必要になってくる構成要素すべてに当てはまります。相対的に大きな構成要素はそれだけ目立つんです。 大きさだけではなくて色にも当てはまります。すべてを同系色でまとめたランディングページはぱっと見、色に統一感があって見やすいかもしれません。 ですが、全ての要素が同じような色になってしまうと先ほどの話で考えるとコントラストがないということになります。目立つ要素、目に入ってくる要素がなくなってしまい、何を主張したいのかわからないページになってしまうんです。 せっかく大事なランディングページですからこれには充分気をつけていきたいですよね。
タイトル
ランディングページは、費用対効果が高く、導入しやすいPRツール

ランディングページは、ウェブサイトというよりは広告・チラシに近いものではないかと思います。
通常のウェブサイトは、発信したいコンテンツを載せ、関連ページや連絡事項などへのリンクがあるものですが、ランディングページは全く異なり、強調したい言葉や画像などをかなり強調し、ウリ文句を畳み込むことで、ユーザの気持ちを揺さぶるものだと感じます。
そう考えると、チラシや動画などとの違いが気になりますが、チラシに比べるとターゲット層が異なり、かかる費用とその費用対効果も違ってきます。
チラシは大きさに制限があるため、最小限の情報を凝縮したものになりますが、ランディングページはいくらでも書き込めます。一方動画は、訴求力はかなり大きいですが、ページランク最適化がしづらく、制作コストも高いです。
それから考えると、ランディングページは低いコストで作成でき、強いPR力を持っており、SEOもしやすいため、ネットショッピングやウェブサイト主体のマーケティングにおいて、最も妥当で効果のあるマーケティングツールだと結論づけます。
タイトル
最適なランディングページとその有意性

ランディングページとはネット広告やリンクをクリックした際、最初に飛ぶことになるページである。
ネット広告をクリックすると飛ぶという性質から、特にアフィリエイトなどでは重要な位置を占めているといっていい。
ランディングページが良いと、広告をクリックしたユーザーがそのクリックした目的にたどり着きやすく、結果として報酬になりやすい。
逆にランディングページが悪いと、ユーザーは広告をクリックしたのは良いものの、、目的のものが見つけられず離脱してしまう。
これではユーザー、提供者共に損をしてしまう。
上記からランディングページが有意なものであることがわかると思う。
  では良いランディングページとは何か?
それは、ユーザーがクリックしたときに期待したページに飛んでくれるページである。
言うのは簡単だが実際にはそのユーザーが何を期待して広告をクリックするかはわからない。
「東京の美味しいもの」であっても、広告をクリックしたユーザーはいつ誰とどんな理由でいくのかがわからない。
例えばデートで行きたいのであれば、おしゃれなお店であってほしいし、友人と気軽に行くのであれば値段を気にするかもしれない。
最適なランディングページはページによってまちまちであり、ユーザーがどういった人であるかを把握した上でランディングページを選びたい。
タイトル
ランディングページとは何か?

ランディングページをどのようにして作るかによってその後の結果が出るのか失敗に終わるのかが決まってしまうほど重要なものがランディングページです。
現在では、さまざまな企業や小売店、デパートからお店まで広告やランディングページを使い顧客を集め売り上げを出しています。ランディングページとは簡単に言うと売上を上げるための重要なページの事を言います。ランディングページの事をLPと略されて呼ばれることあります。
ランディングページを改善しただけでお店の売り上げが二倍に増えたなんてことも最近では良く聞きます。
今は、インターネットがあれば全国どこでも宣伝ができますしネット上にお店があれば遠くにいる人でも商品を購入できます。そのため、たくさんの顧客を集めることができ売り上げを上げることができるのです。その為にもランディングページ作りというのはとても重要な事になってきます。
ただランディングページを作っただけではお客さんは見向きもしないかもしれません。安心感があり分かりやすくシンプルで良さが伝わるランディングページ作りが大切です。
タイトル
ランディングページに置けるユーザーの目線とポイント

ランディングページは最初の数秒間ユーザーが見た瞬間でその後も見られるのか閉じられるのかが決まると言われています。

見づらい、分かりづらい、魅力の無いランディングページは即座に閉じられてしまいます。

またユーザーの目線は左から右へ、そして上から下へと流れていきます。最初に開いたページの見える部分ですべてが決まってしまうのでその部分はとても重要なので注意して作る必要があります。

まず商品を宣伝するページであればどんなユーザーがその商品に興味を持つのだろう、どういった文言で検索してくるのだろうと考えることが大事です。それを考えることによって興味をもたれるランディングページのタイトル作りや工夫ができると思います。例で例えると悩みを解決する商品であれば悩み系の文言プラス商品の名前や機能を伝える感じです。また一番メインの写真は、タイトル下に置いた方が良いと思います。タイトルやメイン画像を見ることで伝えたい内容がユーザーに伝わることが大事です。また解決法や体験談などものせると信頼性が上がりユーザーが納得したり安心感がでてくるランディングページになると思います。
タイトル
ランディングページは無理にレスポンシブデザインにしないこと

近頃はレスポンシブデザインが主流でそれを提案しなければWeb制作者として恥ずかしいみたいな風潮が一部であるようですが、レスポンシブデザインで何でも作れば良いと言うものでもありません。 レスポンシブデザインにはいくつかのデメリットがあって、そのうちのひとつがデザインに柔軟性がなくなることです。 ひとつのコードで制作しなければならないのでもちろんそういうことになりますよね。普通に作るよりもデザインに対する制限がでてきてしまうのは仕方のないことです。 ランディングページをレスポンシブデザインにしているサイトもあるかともいますが、上述したデメリットが見事にでてしまっているサイトが多く見受けられます。 よく考えてみればわかることなのですが、良いランディングページを作ろうと思ったらターゲットをしっかりと見極めて、それに合わせてデザインを変更するのが良いと思います。 ですので、レスポンシブデザインにせずにきちんとパソコン用サイトとスマートフォンサイトを作った方が良いでしょう。 昔ながらの方法ですが、ユーザーエージェントで振り分けるなどの方法があるのですから、そういったことをしっかりとして、各々のユーザーに適切な配置をしたページを見せるのが最善かと思います。それが良いランディングページというものだと思います。
タイトル
知識の詰まったページ

webで検索する人は大なり小なり目的があって検索します。
それは「悩み」であったり、「疑問」であったり様々ですが、結果的に求められるのは「解決策」です。
なので、それに見合う知識が掲載されているライティングページが良いライティングページであり、支持されるページであると思います。
具体的な良いページの作り方は、悩んでいる人になりきって考えてみると良いでしょう。
例えばコンプレックスは誰にでもあり、人に言えないことが多いのでネットで検索することが多いです。
そのコンプレックスの「解決策」や「軽減策」などが掲載されているページは検索する人にとって良いページと言えるのではないでしょうか。
もちろん、正しい日本語で書かれていることは当然ですし、句読点や読みやすいレイアウトも大切です。
しかし、多少読み難くても自分に必要な知識が詰まっている、と思えれば最後まで読むことになるでしょう。
ネット上には多くの知識が集まっていますが、それを効率よく読めるページというものが求められているのかもしれません。
タイトル
情報を整理しセクションを明確に

ランディングページを作るうえで大切なことは、「起承転結」にそったページ構成です。
例えば健康器具のランディングページを作るとき、まず「ニーズの自覚」を即し「商品の提案」をし「効果」を謳い「価格の提示」というのが起承転結となるでしょう。
この区切りを明確にしておかないと、ユーザーは欲しい情報に速やかにたどりつけない不満の方が、商品への興味よりも高まり、ランディングページを離脱してしまいます。
まずランディングページを作るうえで意識しておきたいのは、閲覧者はランディングページに掲載したすべての画像や文章を見るわけではないということです。
そのため、起承転結の区分をデザイン的にしっかりつけるのはもちろんのこと、起承転結の中でももっとも重視する部分、例えば健康器具だと転の「効果」ですが、そこをしっかり作りこみ他のボリュームをおさえてあげるなどの工夫も必要です。たくさん情報を書けばよいランディングページという考え方は間違いです。
タイトル
ランディングページのコツ

検索エンジンなどで自社のサービスに対して興味をもってくれた人たちが最初にたどり着くページをランディングページとする。
商品の特性や顧客のメリットを表示することが多いが、その主目的はたどり着いた顧客(見込み)の人々をそのままサービスの購入まで結びつけることである。
ページを見てそのまま直帰されてしまうようなページにならないことが重要なである。顧客の要望を予測してどのような情報が必要とされているかを考え、記載することが必要である。
実務においては、当初作成したランディングページを元に細かな修正を加えていくことが必要となってくる。
当初予測した顧客の行動や、要望も時間が起つにつれて変化してくるし、競合との戦いも発生して状況は常に変化するからである。
そのため、ランディングページの中で顧客がどのようにふるまったかを計測し、常にページを変化させ続ける小回りの利いた対応を行うことができるかが、成功の可否に大きくかかわる。
ランディングページの作成は効果的な販促の手法となり得るが、情報のメンテナンスを常に行う必要もある
タイトル
ランディングページの重要性と価値

ランディングページを良く作るか悪く作るかでページを見られたときにユーザーがそのページを見るか見ないで閉じてしまうかが決まってしまうほど重要なものであります。

ランディングページとは通販サイトであれば商品を紹介したり購入してもらうページの事を指しスクールや学校であれば亜問い合わせや資料請求をしてもらって学校の見学に来てもらうため大事なページの事です。また企業であれば自社の製品の良さを知ってもらう事で購入に結びつけるための大事なページがランディングページです。

このランディングページの作り方によってユーザーの印象が変わってしまいます。

ランディングページを見てくれるユーザーは大体、その商品に興味がある人やたまたま見つけて見ている人、検索してたどり着いた人などさまざまです。

好まれるランディングページとは文字と画像や動画などの説明がバランスよく入っているページだと思います。

過剰に文字ばっかりのページだとユーザーは読むのがめんどくさくなり途中で見たくなくなります。

画像と文字のバランスを合わせ空間を持たせたページだと読む側は、ストレスなく見ることができると思います。

ランディングのページは一番大事で重要なページであると言えると思います。
タイトル
オリジナルのページを作ることを心がける

HPやブログでライティングページを作る時に、どんな記事を書こうか迷いますね。
たとえば、あなたが知りたいことを検索して、同じようなページばかりが出てきたら、読む気になれないと思いませんか。
いいライティングページとは、オリジナルの感想が入っているページです。
基本的なこととして、開業や読みやすい文章をつくることも大切です。
たとえば、商品の紹介などは実際に購入した見た写真や動画があると、もっとわかりやすいです。
ライバルが強いサイトとはりあっても、なかなか勝ち目はありません。
大手のサイトは、幅広くいろいろなサービスや商品を紹介しています。
あなたが作るページは、ライバルにはない独自の情報が書いてあるものがいいです。
それは、広い範囲で攻めるのではなく、ターゲットを絞ることです。
ダイエットなら、どんなダイエットか、食事、サプリ、運動、その中でも、年齢や職業、そして、性格なども(めんどくさがりとか)考えて記事を書きましょう。
タイトル
ランディングページの構成を理解する

ウェブサイトを作成する場合には、さまざまなページを用意しなければなりません。考えることも多いのですが、最も大切なことは訪れた人に良い印象を与えるページを作成するということです。自分が発信したい内容を書いているだけでは、独りよがりのサイトになってしまい、せっかく訪れてくれた人もすぐに立ち去ってしまいます。
まず、ランディングページを作成する必要があります。ランディングページでは、訪れた人の気持ちを惹き付ける構成を取るように心がけます。魅力的なキャッチフレーズを掲載することで、もっとよく読んでみたいという思いを抱かせることができるのです。
ランディングページを見た段階で、さまざまなページを見に行くか、立ち去ってしまうかが決まります。キャッチフレーズの使い方が適切であれば、訪れた人を惹き付けることができます。ウェブサイトでは、さまざまな情報を提供する必要がありますが、ランディングページでは写真・画像を多用します。文章が多いランディングページは、すぐに読むのが嫌になってしまうものです。
タイトル
ライティングのコツ

いいライティングを書くコツとは、2つある。
1、わかりやすい内容
2、わかりやすい書き方 である。
1はまず訪れた閲覧者に親切であること。
知識人からしたら知ってて当然ということも
初心者、素人からしたらチンカンプンです。
書くものにもよりますが小学6年生にも理解できる
というものを意識して作っていきましょう。
わからないような言葉があるならそれの説明をつけ、
わかりずらい言葉の羅列ならば、簡単な言葉を使って一回見ただけで理解できるような内容にしましょう。
2は見やすいように工夫すること。
ひとつだけ大きなテーマを作ってただただひたすら文字の羅列ではなく、大きな話題から中、小と記事を書くように、どこが重要で、どこが基礎になる部分なのかがわかりやすくしてあげましょう。
また、空白もなく黒の文字でただ書くのも見づらいものです。 
重要な部分だけはっきりした色の赤などにしてあげて、少なくとも一区切りつくごとには空白をあけてあげましょう。
タイトル
お客の心を掴むランディングページの流れ

ビジネスランディングページにはお客を販売へと導くための流れがあります。これは、コンバージョンを上げるために最も効率的とされる導線の引き方ですが、簡単にご紹介したいと思います。 まず、ページ上部にキャッチコピーがきますが、これはお客がなんとしても欲しい商品や解決したい悩み、喉から手が出るほど欲しい情報がここにありますよ、と簡潔に伝えることが重要です。 それを受けて次に来るのが、共感部と言われる、売り手や他人の失敗談などを交えつつなぜお客にはこの商品が必要であるかを寄り添いつつ伝えます。 お客が商品に徐々に興味が出てきたところで、次に商品(オファー)を提示します。ここでは商品イメージや使用している人の満足な様子、商品の持つ性能など魅力を大々的に伝えお客に商品を深く知ってもらいます。そしてその上で商品からお客がどういう利益を得られるかというベネフィットを提示します。この段階あたりからすぐに購入したい人のために決済ボタンなどを入れていきます。 迷っているお客の背中を押して上げるのは、すでに商品を利用したお客の声です。多ければ多いほど訴求力は高まります。そして、なぜ多くのお客がこの商品を選ぶのかという競合他社の商品との比較を提示します。動機付けを強く意識させることで、この商品が無くてはならいものだと思わせます。 最後に、まだ購入ボタンを押すことを迷っているお客のために背中をポン、と押すために、商品への万全なサポート体制が整っていること、困ったことはメールや電話で問い合わせるように誘導し、お客には心強い味方がいるということを理解させることで購入への決意を固めさせることができます。これがランディングページの大雑把な一連の流れとなります。
タイトル
ランディングページとは、サービスの「顔」です

ランディングページというのは、ホームページ等の入り口となるページで、本で例えるのであれば表紙のような役割だと思います。 ユーザーがパッと見てそのホームページにアクセスするかどうかを決めるランディングページは作成者にとって非常に重要となる1ページだと思います。 このランディングページをうまく作ることで、コンバージョン率を高めることができるという考え方が現在のWeb屋にとって主流の考え方になっているようです。 販売したいサービスの象徴とも言えるランディングページの出来不出来によってそのサービスを使用するかどうかが決まってしまいます。 これをしっかりと作成することで、インターネットの中にある多数のライバル会社との差別化を図ることができるのです。 また、現実社会で言えばランディングページは営業マン、または会社の建物の景観と言ったところでしょうか。 しっかりと営業マンやしっかりとした建物を保有している会社はなんとなく安心できます。ランディングページも同じことが言えるのだと思います。
タイトル
良いランディングページを作るコツ

良いランディングページを作るコツはいくつかあります。まず、わかりやすい文章にすることです。なぜかと言うと、わかりやすくないと、見ることが面倒だと感じられてしまうからです。 例えば、健康器具を販売するサイトがあったとします。しかし、購入方法の説明が複雑であると、「ちょっと欲しいなあと思ったけれど、いまいち意味がわからなくて面倒だから買わなくてもいいや」と思われてしまいます。 また、その健康器具によってもたらされる効果について、難解な言葉ばかりで理解しにくい文章しかなかったとすると、結局この健康器具によって、私にどのような効能がもたらされるのかがわからないため、「やっぱりいいや」と思われてしまいます。次に、大切なコツは信頼性です。 お客様の実際に使った感想や、実際に検証したデータがなければ、お客様に疑いを持たれてしまい、購入してもらえません。他にも、大手マスコミや知識人による紹介などがあると、更に信頼性を持たせることができます。
タイトル
素人が直感的に書いていきます

色彩は本当に素人ですが、ランディングページのまとめなどをぱっとみた時、不必要に赤や黒で切迫感や緊張感を醸し出しているようなページは見ようと思いません。ゲームや映画など、その世界に合っているものであれば良いと思います。
内容については当然ですが、一番トップに一番言いたいことが書いてあることが大事だと思います。そして、必要以上に文字が大きい必要はありません。スクロールするのが面倒です。読みやすいサイズで、1画面に売りが色々入っており、それだけでも十分と思えるようなものが良いです。そして、その画面内に本サイトなどへの誘導があるべきだと思います。
メールアドレス収集などのために長い説明が必要な場合も、「騙し臭さ」を感じさせないものしか私は登録しません。情報商材系などで必要以上に煽りを入れているものは敬遠します。しかし、「今だけ」という謳い文句はいつの時代も有効だと思います。カウントダウンタイマーはやり過ぎです。動きますので自然と目が言ってしまい内容に集中できません。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.