上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
分かりやすくポイントを解説するために大見出しを使用する

分かりやすくポイントを解説するために大見出しを使用することが、いいランディングページのデザインを制作するコツです。

最もランディングページにおいて大切なことの1つとしては、どのようなことがページに書いてあるのかユーザーが一目で分かることです。書いてある文章が長いような場合には、ユーザーが読む気にならないでしょう。ページに載せる文章を書く場合には、特にアピールしたい商品のメッセージは、大見出しでポイントにして伝えるようにしましょう。このようにすることによって、一目で商品のメリットがこんなにあるということをユーザーにアピールすることができます。ユーザーに商品をアピールすることができれば、ユーザーも商品に対して興味を示してくれて、最終的には商品を利用してみようというようになるでしょう。

ランディングページ作る場合には、大見出しを上手く使用することによって、商品の魅力をユーザーにアピールするようにしましょう。
タイトル
いいランディングページを制作するためには見やすいことが必要

いいランディングページを制作するためには、見やすいということが必要です。見やすいのは、シンプルなデザインの方です。カラフルな色合いの背景や暗い背景の場合には見にくいため、背景としては淡いブルー、白、淡いベージュやピンクなどがいいでしょう。

また、文字の一番見やすい色合いは黒色が一般的です。文字の大きさも中程度のものが一般的にはいいでしょう。文字があまり大きいと圧迫感があり、小さい文字であれば読みにくくなります。また、キャラクターの絵、星、ハートなどもあまり使用しない方がいいでしょう。このような文字や絵があればふざけた感じになります。それから、どのようなことをこのランディングページはアピールしているかたまに分からないというような場合があるため、このようなことにならないために、代表的なアピール文句や商品などは、ページの最初に掲載しておくようにしましょう。読みやすいシンプルなランディングページにすると、使うユーザーが多くなるでしょう。
タイトル
ランディングページのデザインも大切な要素となります

ランディングページというものは、見た目の印象も重要なポイントとなります。したがって、ランディングページのデザインというものは軽視できないこととなります。そんなことから、ホームページを制作するときに、一番重視するべきことは、ランディングページだともいえるのです。

ランディングページの印象によって、消費者は、そのホームページを利用することになったり、その反対に、利用しなくなったりするのです。ランディングページの良し悪しが、売り上げなどにも大きく影響するといってもいいでしょう。

ただ、ひと口にランディングページのデザインといっても、なかなか難しいものがあります。そして、自分ではうまくできないことも考えられます。こういった時には、デザインなどが得意な人に制作を依頼したりしてもいいでしょう。多少、費用がかかることも考えられますが、長い目で見れば、そのほうが得策だと思われるのです。

ランディングページの印象とは、そのデザインで決まるともいえます。この点をよく考えるといいでしょう。
タイトル
ランディングページにある販売主の顔写真は効果ある?

ランディングページで良くあるのが販売主の顔写真を載せているところでしょう。 なぜ自分の顔写真を載せるのかわたしの感覚から言ってしまうとわからないのですが、そういったページには怪しさを感じてしまうので止めた方が良いと個人的には感じます。野菜の販売などであれば生産者の顔が載っていてもおかしな感じはしないのですが、他の商品の場合にはわたしのように感じる人もいるというのが現実ではないでしょうか。良いランディングページにはそういった怪しさがないように感じます。少しでも不安に思わせないことが大事だと思うんです。 そのために顔写真ということなのかもしれませんが、それは逆効果に思います。人間の心理というのは不思議なものですね。顔写真の入ったランディングページのデザインというのは相手に強く訴えかけることができるとは思うんですけれども、諸刃の刃のように感じます。販売主の写真でそれをやるのはきちんとした作りをしないといけなくて難しいのでしょう。やはり人間の視線というのは強いものですからね。それを効果的に使うのは難しいのかもしれません。制作者の腕がかかってくるところですよね。

タイトル
いいランディングページを制作するには時間と手間がかかる

いいランディングページを制作するためには、非常に時間と手間がかかります。というのは、ランディングページで、マーケティングの全てを集大する必要があるためです。

ランディングページはユーザーに読んでもらう必要があります。まず、誰にアピールしたいのか、対象とする人を絞って、その人の性格、行動などを把握して反映させる必要があります。さらに、そのアピールしたい商品について、分析したり、掘り下げたりすると、商品のポジションがある程度分かってきます。構成をここから組んでいきます。問題を提示したり、問題の解決策を提案したりします。

これ以外に、ユーザーが心配しないような口コミ等、安心できるような項目も必要です。注意する必要があるのは、メリットを必要以上に押し出すことがないようにすることです。過剰にアピールするとクレームになり、評判にも関係しいてきます。基本的に、ユーザーが興味を持ってくれるようなページのデザインにしましょう。
タイトル
ランディングページは第1印象がとても大切

ランディングページを作るときに大切なのは、そのページを見た瞬間の第1印象です。それでその後の閲覧者の心理状態が大きく変わります。 多くのランディングページには印象をよくするような画像を用いていることが多いです。例えば、美容に関する商品であれば、若い綺麗な女性がそこに写っているということがよくあります。 その人物は商品とは基本的に関係がありませんが、それを見た人はどう思うのか?というと、これを使うと自分もこんな感じになれるのか?と錯覚するというか、そんなわけないのですが、そう思い込みやすい心理状態になるのです。いわゆるアイキャッチ画像のような手法に近いです。画像で人を引き込むというやり方はランディングページのみならず、WEB制作のデザイン面においては多く使われていると思います。ポイントはページを開いてスクロールをしなくても良い状態で、目にそういう画像が飛び込んでくることです。 それを見た後に商品の説明などを丁寧にしていくと、閲覧者がどんどんその商品に興味を持ちやすくなるという効果があるのです。
タイトル
ユーザーが納得してくれるような情報を載せる

ランディングページを制作する際に、さらに詳しい情報を載せるようにしましょう。そうすることによって、商品の魅力をユーザーに体感してもらって、商品の素晴らしさ、美味しさを裏付けすれば、ユーザーが商品に対して興味を示すことから商品が欲しいと言うように変わっていきます。

別のネットショップの商品と比べた場合でも勝負することができるように、この商品のみの魅力、ネットショップに対する安心感、商品に対する安心感、ネットショップのスタッフに対する親近感などについての情報をランディングページには載せるようにしましょう。こうすることによって、似たような商品に対しても勝つことができるようになるでしょう。

ランディングページをデザインする場合には、ユーザーに納得してもらうことが大切です。ここまで対応しているのであれば、間違いなくいい商品であろう、などというようにユーザーが納得してくれるような情報を載せるようにしましょう。
タイトル
良いランディングページはファーストビューが上手い

毎日のように多様なランディングページを見ていますが、あまり深く良いランディングページの条件というのを考えたことがありませんでした。 ですが、最近は良く思うんです。良いランディングページというのには必ずデザイン上の特徴があるんですね。制作している人ならわかると思いますが、ファーストビューといってユーザーが開いて一番最初に表示される部分が良くできているんです。そこの部分ができていなければユーザーはすぐに離脱してしまいます。 ですのでしっかりと相手の興味関心を引くように作り込まなければなりません。そして、本当に良いページというのは、ユーザーがすぐさま離脱してしまっても最低限の情報をファーストビューで伝えられているんです。ユーザーは気まぐれですからね。いつ離脱してしまうかわかりませんからね。 商品のページであったら、それについての情報というのを一瞬で記憶に定着してもらえるようにする。そういった作り方をしてあるんです。このアプローチは理想だと感じますね。

タイトル
ランディングページを充実させて、顧客をしっかり獲得しましょう

仮に、通販で「無農薬のキャベツ」を買おうと思ったとしましょう。お客さんは、まずインターネットで「無農薬野菜 キャベツ」などと入力して検索するはずです。すると、検索結果に、さまざまな通販サイトの情報が表示されます。気になる通販サイトをクリックして、まず初めに辿り着くページのことを「ランディングページ」と言います。



各ショップでは、通販サイトを制作する際、このランディングページを重要視しています。せっかく数あるサイトの中から訪問してもらったのに、肝心のランディングページが充実していなければ、購入してもらえなくなるからです。



例をあげると、お客さんはキャベツを購入したいのに、辿り着いたページに、キャベツ以外の野菜もたくさん掲載されていれば、お目当ての商品を探すのが難しくなります。そうすると、ページから離れていってしまいます。ですから、通販サイトのデザインはよく考えて作った方が良いのです。



理想的なのは、無農薬野菜をしっかりとアピールした文言を掲載し、キャベツの写真も大きく載せておくことです。他の野菜は掲載してない方が良いです。そして、無農薬で作ったキャベツについての簡単な紹介文も必要でしょう。できればそのページですぐに購入できるよう、購入ボタンの設置も行っておけば、即購入につながる可能性もUPします。
タイトル
スクロールしないで画面が見える範囲のデザインが大切

いいランディングページを制作したいのであれば、ページをブラウザで開いた場合に、スクロールしないで画面が見える範囲のデザインが大切です。つまり、この範囲は、ランディングページにおいてユーザーが最も初めに見る範囲であるとともに、さらに読むかどうかを見極めする範囲であるとも言えます。

ほとんどのユーザーは、ランディングページを一見するのみで、ページから流出してしまいます。効果のある文章をいかに並べたとしても、ユーザーが読んでくれなければ全く意味がありません。

では、ページをブラウザで開いた場合にスクロールしないで見える範囲には、どのようなことを記載すると効果があるのでしょうか?まず、魅力的な文章をこのところに記載したとしても、文章はユーザーのほとんどは読まないということを覚えておきましょう。まず、ユーザーに示すべき文言としては、箇条書き、短いフレーズ、魅力のあるキャッチーです。ユーザーが興味を示せば、さらに読み進んでくれるでしょう。
タイトル
ベネフィットを記載することが特に困難である

ランディングページを制作する場合に記載する内容としては、ベネフィットを記載することが特に困難です。というのは、説明書に商品のこのところが便利であると記載していても体感が難しいためです。

例えば、ベネフィットとして、カードを納めることが可能なポケットがスマホのケースに付いているため便利であるということをランディングページに記載すると仮定します。実際には、カードとスマホを納めることができるため便利でしょう。しかしながら、特別にそれほど便利ということでもなく、別の商品にも一般的にある一つの機能です。そのため、アピールを必要以上に行うということもできません。

このような場合には、どのようにベネフィットとしてアピールするか考えることが必要です。例えば、ランディングページのデザインを工夫することによって、スマホのカードを納めるポケットがないケースと比べると、ユーザーも納得しやすく、分かりやすいかもしれません。
タイトル
Webサイトを作るベースをマスターしておくと応用ができる

ランディングページの制作方法について、勉強したり、本を読んだりしても、マスターがなかなかできないようなこともあるのではないでしょうか。例えば、メリットも商品の単なる仕様を羅列したものになる、ランディングページに掲載しようと思っても行間をどの程度空けるといいか分からない、どの箇所を赤字にしたり、大文字にしたりするといいか分からない、というようなことも多くあるでしょう。

このような場合は、ランディングページを作るというよりも、むしろWebサイトを作るベースができていない可能性があります。まず、しっかりとHTMLについての勉強が大事です。例えば、BRタグとPタグの違いが分かると、どの程度行間を空けるといいか分かります。HTMLが分からない場合でもデザインが自動でできるものもあるため、最近では十分に把握する必要もありません。しかしながら、Webサイトを作るベースをマスターしておくと、応用がいろいろなことにできるため、勉強をしておきましょう。
タイトル
見ただけで内容が分かるようにデザインすることが最も大切

いいランディングページを制作するためには、見ただけで読まなくても内容が分かるようにデザインすることが最も大切です。というのは、ユーザーが検索結果によって流入した場合は、ほとんどのユーザーがページに書いてある内容を読んでみようということで訪問するのではなくて、読んで価値があるようなページであるかを見極めようとするために訪問しているからです。そのため、ページの内容は文字がメインのものではなくて、ユーザーが見ればすぐに分かるように設計をするべきです。

まず、直感的にこのランディングページにユーザーが要求していることがありそうだ、ということが分かるようなキャッチコピー・メインビジュアルが必要になります。また、エビデンスを示したり、権威付けをメダルなどのモチーフや数字などによって行ったりするなどして、このランディングページの情報が十分に信頼できる内容であるというようなイメージを与えることが必要になります。
タイトル
ランディングページは見てもらわないとダメ

ランディングページを考えて行くときには、どれだけ人を引き付ける事が出来るのか?それとどういった検索ワードを使ってランディングページに呼び込んでくるか?等を思案する必要があります。

素晴らしいランディングページを作っても、もし検索ワードも、見当違いのワードを設定してしまえばどれだけ記事を書いてよい内容でも検索窓からたどり着いてもらわないとアクセスが稼げずに、見てもらう事も難しいページとなってしまうかもしれません。またサイトのデザインについても目に優しい色にしないとサイトを開いた瞬間に見る気を失ってサイトから集客したいユーザーが逃げてしまいますのでこれも注意が必要です。

サイトの内容にもよりますので、どんな色が目に優しいのか好まれているのかを検索し調査のうえで決定することをお勧めいたします。

サイトを制作するにも、色々と準備が必要で色々な条件が全部かみ合った時に爆発的な集客が期待でき、インターネットの世界で少しの間注目を集める事が出来るはずです。
タイトル
全く分からない人が参考にすべきおすすめのサイト

全く分からないような人が、いいランディングページのデザインを制作する場合にはどうすればいいのでしょうか?ここでは、このような人が参考にすべきおすすめのサイトについてご紹介しましょう。

いいランディングページを作るためのおすすめのサイトは、画像も使いながらスライドスタイルで基礎から説明しているものです。基礎から説明しているため、ほとんど分からないような人の場合でも、最初から学習することができます。やさしい言葉を使って専門的な用語などに関しても説明しているため、容易に読んでいくことができます。

いいランディングページを作るためのおすすめのサイトは、誰もLPは見ないだろうというような視点で紹介しているものです。しかしながら、このようなユーザーに対して、アプローチをどのようにすると見てくれるのかというような方法を追求しています。具体的なものでなく、LPを作る場合に大切な客観的な考え方を学習することができます。
タイトル
ランディングページを制作する人が商品に対して詳しいこと

いいランディングページをデザインするコツは、ページを制作する人がその商品に対して詳しいことです。

商品に対して詳しければ、どのようにその商品にメリットとデメリットがあるのかを伝えることができます。具体的に、その商品のメリットとデメリットを示していれば、なほどというようになります。メリットを紹介する場合でも、具体的にポイントに分けて書けばさらにいいランディングページになるでしょう。

例えば、エアコンのケースで見ていきましょう。紹介しているこのエアコンは、非常に別のメーカーよりも冷えますが、価格がちょっと高くなります、と紹介すると、エアコンの良く冷えるものが欲しいと考えていたランディングページへ訪問してきた人の買いたい意欲を刺激することができるでしょう。メリットのみを紹介しても、心配がどこかに残るため、一緒にデメリットについても紹介すると印象にその商品は残りやすくなり、心配なく買ってくれるようになるでしょう。
タイトル
良いランディングページと見るユーザーの理解について

インターネットサイトは実際にそれを見て大多数が面白いと感じるかが大事です。広告や紹介ページも良いものは長く記憶に残る特徴があります。それを利用してページ制作をすればより高度なアイデアを取り入れられるのです。

良いランディングページの特徴がユーザーにストレスを与えないデザインです。普通は商品の紹介ページを見ると目的と違った感覚を抱きます。それはユーザーが別の目的で偶然にそういうページを開いたためです。

今はランディングページもリンクから導かれるので急に目に入ることがあります。重要なのはそういったユーザーを逃さないページの工夫です。

良いサイトは商品を売るために重要な言葉を的確に使っています。それは分かりやすい言葉で色や大きさがシンプルなものです。

現代ではランディングページも派手な装飾を控えて見やすい部分を強調しています。良いページはユーザーが自然に見ていけるので殆ど抵抗感のようなものがないのです。こういったページを作る側は実際のユーザーの目線を強く意識するのがヒントです。
タイトル
良いランディングページにあるナビゲーション

ランディングページというと縦に長いページで読ませるというのが一般的かと思います。縦に長いということは、ユーザーが下までスクロールをさせていかないと見たい情報にたどり着けないと言うことです。そこでたまに見かけるのがナビゲーションのあるランディングページです。 メニュー部分をクリックするとするするっとスクロールして目的の場所までジャンプできるようになっています。絶対的に良いランディングページにするためにナビゲーションが必要というわけではありませんが、ユーザーのことを考え、離脱率を下げようと考えた場合に必要になってくることがあるかもしれません。 きちんと制作されているページにはこういった相手のことを考えた、ちょこっとした仕掛けというのがある気がします。大それたことではなくて本当にちょこっとしたものなんです。それはごくごく表面的なデザイン上のものでも良いでしょう。そういったことを積み上げていくと良いページになっていくと個人的には考えています。

タイトル
ランディングページは勢いとターゲットが重要

ランディングページとは、一枚の長い広告のようなもので購買意欲を掻き立てるようにするものです。デザインもストーリーもターゲット層を商品を買わせるように動かすものにしなくてはなりません。 ランディングページ制作にあたっては、「限定」「産地直送」「人気No.1」など希少価値があるようなものから、健康的な価値があるワード選定が重要です。 そしてランディングページにも最も大切なのは一気に読ませるレイアウトをライティングの勢いです。ドラマのワンシーンを見てるかと錯覚するような勢いで攻める必要があります。 今ここで買わないでどうするのか、と攻める気持ちで制作して間違いはありません。また、販売ページにリンクするボタンを定期的に配置してアクセス解析を行い、定期的に文言やレイアウトを変えると効果的でもあります。1ページだからできるラッシュのようなセールスコピーの流れを意識すると効果的なランディングページが制作できます。
タイトル
ライティングは頑張ればそれなりの収入を得ることができます

自分は現在28歳の男性会社員をしております。自分は去年の四月からメンタルを壊してしまい、現在に至るまで休職をしております。会社の人間関係が問題でありました。 そして今から半年前にやっと回復することができました。私傷病手当だけは暮らせてはいけないので、ランサーズやクラウドワークスで副収入を得るつもりで、はじましたが、最初打ち込んでいたころはランディングページは未熟であり、否認ばかりをもらっておりました。そして久しぶりに文章や国語に関しても勉強を行いました。 一月後には自分が作成したランディングページちょっとはマシになったのではないかと自分が納得できるくらいランディングページが充実をしてきたと思いました。そしてつぎはコンペに自分が手掛けたデザインが一度だけ商品のネーミングで採用をされました。これらを通じて、最初は月に20000円前後でありましたが、現在では50000前後まで稼げるくらいにステップアップを果たしました。 そして現在はユーキャンなどで制作などに役に立つ資格を勉強しております。このままいけば、月に20万円も夢ではなく、射程圏内に入るのではないかと興奮をしております。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.