上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
商品の説明は効果等をはっきりと記載しましょう

商品の説明を、ランディングページを制作する場合には記載しますが、この場合には効果等をはっきりと記載しましょう。

商品の説明が長すぎる場合は、ユーザーも読んでみようという気になりません。

例えば、ランディングページの見出しにアピールしたいことを持ってくるようにデザインするなど、ユーザーがよくわかるように整理することが必要でしょう。

さらに、単純に商品についての仕様を記載するのではなくて、その商品を入手することによってどのような効果がユーザーにとって期待することできるのかということをはっきりと記載しましょう。

例えば、ダイエットスムージーは豊富に食物繊維が含まれています、ということではなくて、たっぷり食物繊維があるスムージーで、腸が朝から快適、などというような感じです。

ユーザーにイメージを具体的に喚起させるランディングページが、よりいいものであると言えます。

声を出して1度完成した商品の説明を声に読んでみると、いいかどうかが分かるでしょう。
タイトル
ランディングページを制作する場合にはファーストビューが大切

ランディングページを制作する場合には、ファーストビューがポイントになります。

ファーストビューというのは、そのサイトにユーザーが訪問した際にユーザーが最初に見る画面の範囲です。ランディングページに訪問してきたユーザーが、ページから離れていってしまうのか、それとも読み進むのかということは、ユーザーが求めている情報がこのファーストビューにあるかどうかで決定します。そのため、ファーストビューは、ランディングページをデザインする場合には非常に大切になります

 また、キャッチコピー文にユーザーが求めていた情報を入れ込むことによって、非常にユーザーの興味を引くことが可能です。

キャッチコピー文を作る場合に押さえる必要があるポイントについてご紹介しましょう。

ユーザーが求めている興味があることを記載する、大きな文字にして、左側から文章は書き始める、文章は簡潔に短くする、というようなことに注意してキャッチコピー文を作るようにしましょう。
タイトル
とにかくランディングページをたくさん見ることが重要です

いいランディングページを制作するためには、とにかく出来るだけ多くのランディングページを見てみることが重要です。

そうしたランディングページばかりを集めているサイトもあるので、それを利用すれば、簡単にたくさん見ることが出来ます。

良いランディングページを見たいと言う人が多いですが、質の良いものだけではなく、悪いものも含めて、どんどん見たほうが良いです。

これは読書で言えば、多読や乱読という感じになると思います。

こうやって、たくさんのランディングページを見ることで、だんだんと自分の目も肥えてきます。

つまり、良いランディングページとダメなものとを見分けるための能力が備わってくるのです。

そうした能力が身につけば、サイトを見ただけで、そのデザインの良し悪しが瞬時に判断できるようになります。

そうした能力があれば、自分で制作するときにも、その能力が如何なく発揮できるはずです。

だから、良いランディングページも簡単に作れてしまいます。
タイトル
しっかりと「企画」を立案することが最も大切

ランディングページを制作する場合に、最も大切なのはどのようなことがあるのでしょうか?

事前に、しっかりと「企画」を立案することが最も大切です。

自分でツールを使用して作るのか、それともプロの業者に頼むかとういうことについては、どこまで自分で企画することができるかということによって決まります。

販促する施策をさまざま過去に試しており、成果がこのようにすれば出るということがはっきりしているような場合には、企画を自分で立案して、原稿を自分で作って、プロの業者にデザインだけを頼むようにするといいでしょう。そうすれば、品質の高いものを安く作ることができます。

また、もしこのようなことが困難であるということであれば、セットでランディングページを作ることとリスティング広告を行っているようなプロの業者に相談するようにしましょう。

ランディングページを作る場合には、まず、しっかりと「企画」を立案するようにしましょう。
タイトル
ランディングページには動画を活用すること

ネットで売り上げを上げるにはランディングページが鍵となります。

ちょっとランディングページを変えるだけで、売り上げが倍増したというケースも珍しくはありません。

デザインも重要でしょうが、よほど見た目が古くさいものでなければ、デザインよりもコンテンツを重視して制作をしたほうが良いと思います。

というのも、お客さんはデザインよりもコンテンツで判断することが多いからです。

そうした視点から最近、流行りのランディングページを研究してみると面白いことがわかります。

それは多くのランディングページで動画を活用しているということです。

ここ2,3年の間に動画が急速にネットを席巻するようになっています。

こうした点から考えると、ランディングページにも動画を活用するのは当然の事かもしれません。

今のネット世代の人には、動画からのメッセージのほうが受け取りやすい可能性もあります。

今後、こうした動画全盛時代はしばらく続くと考えておいたほうが良いと思います。
タイトル
インターネットの集客元の広告との繋がりを考慮することが大切

成果をアップすることができるランディングページを制作するためには、インターネットの集客元の広告との繋がりを考慮することが大切です。

というのは、ランディングページの役割は、インターネット広告によって集めたユーザーを、上手に口説いて会員登録や商品購入へ導くことであるためです。

ユーザーがリスティング広告から訪問してきた場合、検索をあるキーワードで行った場合に検索結果に表示されるリスティング広告を確認して、ここに自分が求めている情報があるのではないかと思ったので訪問するはずです。

そのため、整合性がリスティング広告はランディングページと取れている内容でなければ、求めていた情報と違っているのではないかというイメージを与え、ユーザーは最終的にページから出て行ってしまいます。

つまり、いいランディングページをデザインするためには、集客元についての情報を持っているリスティング広告を運用している人などと連携を十分に取ることが大切なのです。
タイトル
ユーザーにポジティブなイメージを持たせることが大事

良いランディングページを制作するため、いつも意識していることはユーザーに対してサービスや製品に良いイメージを持ってもらうため、ポジティブなポイントをアピールしたり、ユーザーが良い印象や成功する印象を持てるようなキャッチフレーズや説明文を記載することです。

例えばダイエットのグッズを売るのであれば、実際にダイエットに成功した人のビフォーアフターの写真を掲載して視覚的にインパクトを与えるようにしたり、ボディサイズの変化を具体的に数値で表したりと、自分以外の他人の存在を活用することにより、商品に対する信頼感や安心感や期待感などをアップさせることが出来ます。

良いランディングページを製作するためには、ただ商品の特性を伝えたり、値段や使用感などをアピールするだけではなく、第三者の意見や声を伝えるというのも極めておすすめです。

ランディングページの製作では大きな商品の写真を活用したり、表情が良い人物の写真を掲載するなどし、ユーザーに良いイメージを持ってもらうため写真を工夫することも大切です。

上部に大きく写真や値段を掲載するデザインのランディングページは、インパクト絶大で集客力も高いです。
タイトル
会員登録や商品の購入を訪問してくれた人に対して促す

ランディングページというのは、会員登録や商品の購入を訪問してくれた人に対して促すためのものです。

ランディンページの一般的な意味合いとしては、このようなものになるでしょう。

そのため、ランディングページをデザインする目的がユーザーが閲覧することであり、目的が商品の購入などでない一般的なウエブページとは、はっきりと内容や構成が違っています。

この違いに関しては、実際に両方のページをチェックしてみる方がいいでしょう。

インターネットで、一般的なウエブページと比べて見ましょう。

この二つのページをインターネットで比較した場合には、違いがはっきりと分かるでしょう。

ランディングページを制作する場合には、訪問してくれるユーザーに対して、いろいろな仕掛けを行ってできるだけ多く問い合わせを促進するようにしています。

このように、訪問してくれるユーザーの商品の購入などの行動を促すことができるかということが一番大切なポイントになってきます。
タイトル
良いランディングページは具体的な商品の金額が載っている

どのような商売のページでもそうですが、商品の金額が載っていないページって怖いですよね。良いランディングページにはそのようなことがない気がします。 商品の金額が載っていなければ、ランディングページをせっかく見てくれたユーザーが、いったいいくらのものを買わされてしまうのかわからないという不安に陥ってしまうでしょう。 そのためランディングページからすぐに離脱してしまって商品の購買には結びつかないと考えて良いでしょう。そういったことにならないように、具体的な金額を載せてお客様の不安感をぬぐい去るべきですよね。さらに言うと、いかにお買い求めしやすい金額なのかということを念押しすると良いかもしれません。 テレビショッピングなどで良くやられているようにお得感を演出するのです。良いページにはそういった工夫がされているように感じますね。デザインでも演出することができますので制作する際に色々と手を加えて確認してみると良いかもしれません。

タイトル
ユーザーの声がランディングページを制作する場合に大切である

ユーザーの声は、ランディングページを制作する場合には大切になります。では、ランディングページをデザインする場合に、ユーザーの声はどのように掲載するといいのでしょうか?

ランディングページにユーザーの声を掲載する場合には信憑性が大切になります。そのため、基本的には、ユーザーは実名の方が匿名よりはいいでしょう。さらに、いいのはユーザーの写真を掲載することです。信憑性は、ユーザーの写真を掲載する方が強くなるためです。一般的には、ユーザーの声は多い方がいいでしょう。しかしながら、数が単純に多いといいということではありません。やはり、記載されている内容が大切で、特に評価を違った商品について行っていることが大切です。

このユーザーの声の役目は、ベネフィットを間違いなく得ることができることを、理解してもらうことです。そのため、ユーザーの声以外に、商品を買った実績、マスコミで紹介された内容、商品を開発した人の苦労話等、いろいろな面から、信憑性を伝えることが必要です。
タイトル
アクションボタンはどのようにデザインするといいか

ランディングページを制作するためには、アクションボタンを設けることが必要です。

ランディングページに訪問してきたユーザーに行動を起こしてもらうために、アクションボタンは非常に大切です。

では、ランディングページのアクションボタンはどのようにデザインするといいのでしょうか?

アクションボタンは、とにかくユーザーの目につくようにする必要があります。

アクションボタンは、実際にユーザーが商品を購入するために決心するためのものであるため、とにかくユーザーがよく分かるように、大きくするように注意しましょう。

例えば、ページ全体が暖色系のテイストの場合には、アクションボタンは真っ青のものにする、というような感じです。

そして、ファーストビューにこのアクションボタンは入れ込むのみでなく、スクロールをその後した先においても何個か設けても問題ありません。

そうすることによって、ユーザーに対してより行動してもらうことができるようになるでしょう。
タイトル
客のアクションを絞って明確なランディングページを作ると効果的

ランディングページを作る時、心がけていることといえば客のアクションや目的を一つにするということです。

一つのランディングページでいろいろな商品を同時に説明するというやり方もありますが、一つの製品だけを強調してアピールをしたり、ボタンを複数の選択肢で配置するのではなく、大々的に目立つようにシンプルに購入ボタンを一つ用意しておいた方が、ユーザーは迷わずに済むので購買率も高まる可能性が強いです。

ランディングページではユーザーの立場になったサイトの制作をすることが大事なので、商品ページへ来てもらったり、購入してもらうための導線をスムーズにすることが重要です。

ランディングページのトップページの上の方の位置に明瞭に目立つように購入ボタンや問い合わせボタンを大きく目立つボタンで配置するデザインにしたり、売りたい商品以外のまぎらわしい情報は載せないように、シンプルなサイト作りをすることも大事です。

売りたい製品以外にも、欲張って他の商品を紹介するとユーザーが悩んでしまったり、迷ってしまったり、混乱してしまうこともあるので、なるべく一つのサービスや商品に的を絞って買ってもらえる様に仕向けることを心がけています。
タイトル
ランディングページについて紹介している本を読んでみる

初心者の場合は、ランディングページを制作する場合にどうすればいいのでしょうか?

初めての場合は、まず、本屋さんで売っているランディングページについて紹介している本を数冊程度読んでみるようにしましょう。

その後、作られている会社のものを実際にチェックすることによって、どのようなものをデザインするといいのか分かるでしょう。

特に、リスティング広告を大手の検索サイトに出しているようなものは、傾向的に非常に売上げがアップしているため、よく分析してみれば非常に参考になるでしょう。

いいランディングページというのは、売上げがアップするものですが、目途としては、確率が1、2%で購入するなどの行動が起きるのが理想です。

なお、インターネットなどでは、多くサイトが紹介されています。

そのため、さまざまなサイトを時間がある際に十分に研究してみましょう。

そうすれば、どのようなものを作るといいのかということは、ある程度はっきりしてくるのではないでしょうか。
タイトル
一瞬で心に残るページがやはり求められる。

ランディングページといえば、ネット広告をクリックした際にリンクするページのことです。そして、ネットユーザーの私としてみれば、ランディングページは正直に言えばじっくりと見るものではありません。



突発的にネット広告をリンクして現れるページなので、自分に興味のある分野だったらさくっとは見ますが、そうでなければすぐに前のページに戻ることが多いです。それでも、ごくまれにじっくりと見たいと思える、ランディングページもあります。



そのページの特徴は、やっぱり派手で印象に残るものです。突発的にリンクをするページだからこそ、派手さや分かりやすさは必要なのではないでしょうか。特に、ページに商品のデザインやフォルム、またはお得な価格がデカデカと掲載されていたら、ついつい見てしまうこともありました。それから、ネットビジネスを行っている人ならば、このページの制作はビジネスの成功を左右するものだと思います。



素人の私の意見を言えば、やっぱりパッと見で分かりやすいデザインや、文字のフォントで来場者に対して印象付けることが大切だと思います。それによって、商品自体に興味を持つという人も、出てくるのではないかと思います。
タイトル
ランディングページを制作する場合にキャッチコピーは大切です

ランディングページを制作する場合に、メインビジュアルはキャッチコピーと同じように大切なものです。

ランディングページのキャッチコピーがいかにいいものでも、メインビジュアルにおいて写真の華やかさがないようなデザインの場合にはほとんど意味がないでしょう。

というのは、このような写真の場合には、ウエブサイトからユーザーが離れていく可能性が大きくなります。

そのため、ユーザーが興味を示すような、キャッチコピーにマッチした写真を選ぶようにしましょう。

もし、できれば、販売したい商品についての実績を、ランディングページのファーストビューの中に入れ込むようにしましょう。

そうすれば、販売したい商品の華やかさがさらに増してきます。

この場合に、一緒に王冠のマーク等を使うようにしましょう。

そうすると、高級な感じがより出るようになるため効果がさらに増してきます。

数字だけでなく、テレビでも紹介されました、などというようにユーザーにアピールすることもポイントです。
タイトル
良いランディングページにはお客様の声が載っている

良いランディングページにはお客様の声が載っているべきだと考えます。 たとえば自社商品の販売のためのランディングページだとして、自社製品の良い点を列挙していっても説得力はそこまでないように感じます。 裏付けが必要だと感じるんです。そのため実際に使用されているお客様の声を載せて説得力を増す行為というのが必要になってくるかと思います。 いまは口コミ時代ですからインターネットを検索すればいくらでも商品レビューが出てきます。 そういったものと全くかけ離れたお客様の声というのは問題ですが、そうではないものであれば相手の心に響くのではないでしょうか。 デザインもそこの部分にはイラストを使ってお客様をかたどってみたりしたらより親近感がわくのではないでしょうか。外注している場合は、イラスト制作が得意ではない会社などもあるのでそこらへんは注意したいですね。ともかく、ランディングページ自体の説得力を増すためにもお客様の声でアリバイを作るというのは大事なことだと考えます。

タイトル
ひと目で商品がわかる文字入りの画像を作ってみる

ランディングページでは、扱っている商品が何かと明確なことが一番です。扱っているのがコーヒーだとしたら、確実にコーヒーであることが誰の目にも分かるようにすべきでしょう。

だからランディングページの一番上に、コーヒーの大きな写真が掲載されるようなウェブデザインをしていくことは大切だと思います。コーヒーの写真があってこそ、ランディングページでコーヒーを扱っているんだぞと、閲覧している人に一瞬でアピールが完了することになります。

コーヒーの画像ですが、ただコーヒーを撮影したものではなくて、写真に文字を加えることで効果を2倍3倍にもアップさせることが出来ます。価格を30%安く販売しているなら、コーヒーの画像にコーヒーの商品名と共に、価格が30%オフであることを伝える文章をのせるべきです。確実にキーワードを使用することで、グーグルの画像検索からもアクセスが増える事にもなります。画像検索から購入されるためにも、画像の制作はきちんとしておきたいですね。
タイトル
利益をビジネスに対して生み出すためのツール

ランディングページとはどのようなものでしょうか?

ランディングページというのは、利益をあなたが行っているビジネスに対して生み出すためのツールの最適なものと言えるでしょう。

そのため、ランディングページを用途別に制作して、リードをできるだけ多く獲得するようにしましよう。

コンバージョン率をそれぞれのページにおいてアップされるためには、それぞれのページに対して、いくつかの数値から判断されるような施策を組み合わせる必要があります。

そのため、どんどん商品を販売することができるようなページを、1日のみでデザインするようなことは難しいでしょう。

しかしながら、コンバージョン率をアップするために、細かな施策をページを評価するような指標を使ってコツコツと修正しながら行っていきましょう。

このようなことを地道に行っていくと、あなたが行っているビジネスに対して利益を生み出すためのツールの最適なものに間違いなくなるでしょう。
タイトル
十分にページの構成を考慮することが大切です

ランディングページを制作する場合には、きれいな画像のみが必要ということではありません。サイトを訪問してくれる人を購入へと導くためには、十分にページ構成を考慮することが大切です。

優れたウェブ・デザイナーが、社内にいるような企業はないでしょう。ほとんどの場合は、このような優れたウェブ・デザイナーなどがいないため、苦労して作ったページのデザインが、コンバージョンを達成するための阻害になっている場合が多くあります。

大事なのは、ページの外観のみではありません。高いコンバージョン率のランディングページにするためには、要素のすべてに着目することが必要です。

フォントや矢印などの素材の活用の方法、レイアウトのコツ、色の使用方法などに注意する必要があります。

デザインが得意でないというような場合には、コンバージョン率をランディングページにおいてアップする方法について記載された、インターネットの記事などを参考にするといいでしょう。
タイトル
ランディングページの配色はしっかりと考えるべき

定期的にランディングページを見ていて感じることがあります。 それは新聞の折り込みチラシのような、いわゆるデザイン的に金赤が目立つランディングページというのは、特に若年層に対して信頼感を得にくいのではないのかということです。 金赤は目立たせるために良く使われる常套手段ではありますが、それがどうやら若い子たちにとってはうさんくさく見えるのだそうです。いままで蓄積してきた経験がそうさせるのでしょう。 怪しいチラシや情報商材、ホームページにお金をかけていないところが使う色というようなイメージがある気がしますね。ですので、若い子たちをターゲットに良い効果を得られるようにするためには、そのような配色は避けなければならないと考えます。 スーパーのチラシが悪いということではありませんが、ことランディングページに関してはマイナスに働くのであれば使わない方が良いですよね。良いページというのは使った配色が人をどう感じさせるのかというところまで考えていますよね。もしも制作サイドが金赤を使った提案をしてきたらその意図をしっかりと尋ねた方が良いと思いますね。


ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.