上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
LPのトップに必ずユーザーが確認する情報を入れる

ランディングページ(LP)のファーストビューのデザインを制作する場合は、ユーザーが希望しているような情報を記載しましょう。

ここでは、ユーザーが購入する場合に希望しているような情報についてご紹介しましょう。

商品の名前はどのような目的のためのものか、商品の写真はどのようなものか分かるように形状や色、素材などの感じが分かるもの、個数・内容量はどの程度の量で、競合している他の商品と比べた場合に量が多いか、使用期間は1週間たっぷりお試し、集中3日間パックなど、どの程度の期間使用できるか、通常価格はどの程度定価よりお得で、2回目からもユーザーが購入することができるかを見極めるために、2回目からの購入価格がどの程度なのか、というような情報が挙げられます。

なお、特有の情報も業界によってはあります。

例えば、脱毛の業界の場合の情報としては、施術することができる部位、選ぶことができる箇所数、施術できる回数、利用できる期限などがあります。

ランディングページのトップに必ずユーザーが確認するような情報を入れましょう。

ランディングページ(LP)のファーストビューのデザインを制作する場合は、お申込みボタンの付近にコンバージョンに対するハードルが下がるような言葉を入れましょう。

購入するかどうか迷っているようなユーザーをひと押しするために、言い訳がユーザーが購入するためには必要です。

言い訳としては、「買うのは今しかないのであれば、この機会に買わなければ」というようなものをユーザーは探しています。

そのため、お申込みボタンの付近に、割引や限定などというような情報の効果的なものを入れましょう。

例えば、今だけ33%割引、送料が今なら無料、100名限定、などというようなものです。

また、不安を取り去るような要素があれば、もっとユーザーは申込みを安心してできるでしょう。

例えば、ユーザーが勧誘をしつこく迫られて本契約をさせられるのではないかと思っている場合には勧誘は無理に行いません、あるいはユーザーが効果が全く無ければ心配と思っている場合には全額効果が無い場合には返金します、などというようなものです。

このように、ランディングページのファーストビューのみでも多くのポイントがあるため、参考にしてみましょう。

なお、ネットなどでは、ランディングページについてのいろいろなノウハウを紹介しているのでチェックしてみましょう。

また、リスティング広告をこれから始めたい人のための資料も紹介されているため、利用してみましょう。
タイトル
ランディングページ制作のポイントや信頼の掴み方

良いランディングページを作るにあたり、意識したいことはキャッチコピーや見出しを工夫することです。

熱心に商品やサービスの良さについて文章で説明したり、一生懸命にコンテンツを充実させたとしても、見出しやキャッチコピーが無いと、肝心なサイトの内容や商品の良さを理解してもらうことは非常に難しくなってしまいます。

ユーザーの関心を引いたり、購買意欲を高められるようなキャッチコピーを用意したり、簡潔に商品の特徴を説明できる見出しやタイトルを設けるのがおすすめです。

見出しやキャッチコピーはフォントではなく、画像を用いて分かりやすく明記したり、目立つ配色や位置に展開するのも効果的です。

また、ランディングページを制作する時に意識したいデザインのポイントは、購入ボタンや資料請求ボタンなどのボタンを目立つ位置に配置したり、なるべくランディングページの上部に表示しておくことです。

サービスの紹介などで、資料請求を誘導するランディングページは多いですが、実際にユーザーが資料請求をする時には金銭面や送料を気にするケースも多いので、ただ単に資料請求と記載するのではなく、無料という文字を追加したり、費用が掛からないことを分かりやすく明記しておくのも効果的です。

また、LPを制作する時に意識したいことは、製作者の視点で淡々と製品の特徴を紹介したり、製品開発のこだわりや商品についての機能を説明するよりもよりも、ユーザーの目線に立ってサービスや製品についての情報を発信するとおすすめです。

例えば化粧品であれば成分を記載するだけでなく、化粧品を使うことで肌の乾燥を抑えられてシワが目立たなくなったり、毎朝のお化粧の乗りが良くなるといった例を示したりと、サービスや製品を使うことでユーザーが得られる利点やメリットについて記載しておくと、ユーザーの関心をアップさせられたり、商品の興味や印象を高めることが出来ます。

また、LPを作る時にぜひ摂り入れたい存在といえば、ユーザーへ信頼性を与えるデータや口コミです。

インターネットという特性上、実際に自分が製品やサービスを実体験して試してから買えるわけではないですし、ありのままの商品を手にとって眺められるわけでも無いので、購入を不安視される方は多いものです。

しかし、実際に製品やサービスを利用したユーザーの口コミや良い意見や感想をLPで提示することで、ユーザーに安心感を与えることが出来たり、ユーザーの悩みに親近感を持たせることが出来ます。

良いお客様の声や口コミやレビューがあれば、ぜひランディングページのデザインに摂り入れたいものです。

また、売上や実績や満足度などを具体的に数字で示すのも、ユーザーへの安心感や信頼感を与えるために非常に効果的な方法です。 
タイトル
ランディングページのファーストビューのデザインの制作ポイント

ランディングページ(LP)のファーストビューのデザインを制作する場合は、1つのみにお申込みボタンはしましょう。

人というのは、決心・選択がなかなかできないそうです。

選択肢がいくつもあれば迷って、最終的に購入しないというような場合もありえます。

迷わないで決心してもらうには、1つにゴールは絞りましょう。

また、2つゴールを設ける場合は、高い優先度のものがよく目につくようにしましょう。

ゴールが2つの場合は、よく似ているようなものでなく、高いハードルのものと低いハードルのものを準備するのもいいでしょう。

そうすれば、片方にユーザーを誘うことができます。

例えば、低いハードルの場合は無料、簡単、安いなど、高いハードルの場合は買う必要がある、高い、多く個人情報を書く必要があるなどです。

ランディングページ(LP)のファーストビューのデザインを制作する場合は、トップに使う画像はサービス・商品の内容がよく分かるようなものにしましょう。

そのページの情報にユーザーが興味を示すかどうかは、ファーストビューのイメージによって決まります。

そして、トップの画像がファーストビューのイメージを左右します。

このような大切な役目をトップ画像は担っていますが、一見してどのようなサービス・商品であるかということが分からないと、自分が欲しい情報がないとユーザーは思ってページからすぐに離れてしまいます。

サービス・商品内容がはっきり分かるような画像を、ファーストビューには使いましょう。

ランディングページ(LP)のファーストビューのデザインを制作する場合は、ユーザーのベネフィットにキャッチコピーは言い換えましょう。

キャッチコピーを制作する場合のポイントとしては、ユーザーがそのサービス・商品の強みによってどのようになるかということを検討してみることです。

例えば、「だから」と強みの後に付けてみればいいかもしれません。

ランディングページ(LP)のファーストビューのデザインを制作する場合は、メダルや王冠を入れて数値での権威付けをしましょう。

誰でもユーザーはお申込み・購入になれば慎重ですが、情報が安心できるものであれば購入意欲が一気にアップする傾向があります。

権威付けを実績や受賞歴などで行う場合は、数値の具体的なものがあれば信用度がよりアップします。

また、素材として王冠・メダルなどを使うことによって、瞬間的に素晴らしそうと感じさせることができます。

特に、No.1と言うようなものがある場合にはアピールを必ずしましょう。
タイトル
ランディングページでは言いたいことは何度も繰り返す

ランディングページを制作するにあたって、1つ重要なことがあります。それは言いたいこと、大切なことは1度ではなくて、ページを下にスクロールしていくにつれて、何度も目に留まるように訴求していくことです。そういった風にデザインをしていきましょう。これがランディングページで売り上げをあげるためのコツです。たいていの場合、何かしらの商品をランディングページで紹介すると思いますが、その商品の特徴やメリット、またはそれを販売するうえでの特典などの中には、他社には負けない自社ならではのこだわりのポイントのようなものがあるのではないでしょうか?それを1つくらいに絞って、見てくれた人の目に何度も留まるようにしていくと、それが印象付けられます。歌だって、1つの曲の中でサビは最大3回程度繰り返されるわけですが、これはやはり大切だからでしょう。1番盛り上がる部分で、1番伝えたいことをサビに乗せて何度も歌うわけです。サビは大事なことだから繰り返すのです。それと同様にランディングページにおいても、自社製品の中でおすすめのポイントを強調する意味でも、印象付ける意味でも何度もワードとして、文章として使っていくことで、それが購買意欲につながることもあります。ただし、その何度も繰り返す部分はできれば1つに絞ったほうが良いと思われます。そもそもLPを見てくれた人に対して、特徴となる部分を印象付けるために繰り返すわけですから、それがいくつもあると、強調されているものが多すぎて、結局どれも中途半端にしか印象に残らないということが起きてしまいかねません。それだとランディングページを制作するうえで、大切なことを何度も繰り返す意味がなくなってしまいますから、できれば1個に絞って、そのポイントを読んでくれている人に語りかけるつもりで、何度も強調していきましょう。繰り返すタイミングは適度になるようにした方が良いです。LPのある部分に集中していてはダメで、たとえば3回繰り返すとしたら最初、真ん中、最後といった具合に、ちょうどバランスよく分散するようにした方が良いと思います。読んでいる人が忘れそうになるくらいを見計らって、再度登場させるような感じで全体の構成を考えていけると良いと思います。デザインを考えるときには、いかに読んでくれている人に訴えることができるか?心の中に留めておくことができるか?そういった部分を意識して作っていくと良いと思います。
タイトル
ランディングページのキャッチコピーを制作する場合の注意

ランディングページ(LP)の制作方法について見ていきましょう。

基本的に、ネット広告からユーザーを誘導する場合は、ECサイトではなく売りたい商品だけに集中した専用のページを制作しましょう。

というのは、ECサイトの場合には、コンバージョンを阻むハードルが多すぎるためです。

例えば、ログインするページがあったり、リンクの別の商品ページのものがあったりします。

そのため、商品ページからユーザーが目移りして離れてしまうようなものは基本的に駄目です。

コンバージョン率が実際に高くなるのは、売りたい商品だけの専用のランディングページ(LP)を準備する場合です。

ディスプレイ広告、バナー広告のネット広告をユーザーがクリックして訪問した場合、最初にページで目にするところ、つまりファーストビューには、写真、キャッチコピー、申込ボタンの要素は必ずデザインするようにしましょう。

つまり、ユーザーがクリックしたネット広告の商品が、必ずこのページで入手することができるということを瞬間的に伝えるようにデザインすることが必要です。

何だか違ったところに来たのではないか、と一瞬でもユーザーが思えば負けになります。

ここでは、キャッチコピーを制作する場合に注意することについて見ていきましょう。

キャッチコピーを制作する場合には、ランディングページを訪問するすぐ前にクリックしたネット広告と、訴求する内容だけでなくマナー&トーンを揃えておくことが大切です。

せっかくネット広告をわざわざクリックして訪問してくれたにも関わらず、訪問したランディングページが異なっている内容であれば、すぐにユーザーは離れてしまうでしょう。

なお、ネット広告において高いレスポンス率のキャッチコピーとしては、キャッチコピーのターゲットの特定のものだけを狙ったものと言われています。

ネットサーフィンの際に、意識してネット広告を見ているような人はほとんどいないでしょう。

ほとんどの場合は、自分が希望する情報を見つけているでしょう。

そのため、これは自分のことであるとユーザーが思うと、これはネット広告から情報になります。

情報の先の詳細や答えに興味を持って、クリックを相当の確率で行ってくれるでしょう。

そして、クリックして訪問したランディングページの最初に、希望するような内容が記載してあると、確実にコンバージョン率もアップします。

このようなユーザーの心理を把握した上で、キャッチコピーを制作する場合にはユーザーの期待を裏切らないように注意しましょう。
タイトル
ランディングページのデザインを制作する際に実施すべきこと

ランディングページ(LP)のデザインを制作する際に、実施すべきことについてご紹介しましょう。

ランディングページ(LP)のデザインを制作する際には、お客様目線が大切です。

ここでは、基本的なランディングページの構成についてご紹介しましょう。

サービス・商品が想定しているお客様のイメージを決めて、お客様の悩みや疑問にそのお客様が感じるようなことを考えましょう。

そのお客様の悩みや疑問について、解決あるいは回答する方法を示して、問い合わせフォームや申し込みフォームに誘導しましょう。

それぞれの段階において、しっかり作りこみがされているサイトとそうでないサイトでは説得力が明らかに違ってきます。

このようにして制作したストーリーをベースに、優先順位をアピールしたい情報を絞り込んでつけましょう。

ファーストビューで高い優先順位の情報を入れ込みましょう。

具体的には、電話番号やお問い合わせフォーム、想定しているユーザーに対する呼びかけ、具体的にユーザーのメリットを数値化したものの提示、画像のイメージしやすいものの明示、担当者などの顔が出ている画像、サービスの場合は画像で流れを掲示、などの情報があります。

基本的に文章が長すぎるようなものは止めましょう。

簡潔な箇条書き的な見出しと説明文にしましょう。

そのため、非常にコピーライティングのセンスが大切になります。

説明のそれぞれの段階の終了の後のところに、クロージング機能の問い合わせフォームなどを設置しましょう。

大切な内容をファーストビューに詰め込んだり、テキストの簡潔なもので構成したりするイメージとしては、構成がケータイのサイトに近いものです。

デザイン的な面のポイントについてご紹介しましょう。

アピールしたいユーザーのメリットについては、大きく表示して、きれいにゴシックを使用しましょう。

文字の色としては、印象が強い黒やオレンジ、赤などがおすすめです。

角度を変更したりして、アクセントをサイトにつけましょう。

印象的なイメージしやすい画像を使用しましょう。

例えば、エステの場合には痩せている水着姿の女性、化粧品の中高年向けの場合には叔母さんのきれいな人、などのようなものです。

安心感をサービスに与える場合には、女性の画像や担当者の顔出しがおすすめです。

チラシのデザインなどが、デザイン的には参考になるでしょう。

ランディングページのデザインを制作する場合には、このようなことに注意しましょう。
タイトル
良いランディングページはロジックが一貫している

ランディングページ、すなわち略してLPは、リスティング広告をクリックして着地するページ、すなわちランディングするページ(LP)、という意味です。

これを制作するには、通常の通信販売のホームページとは違ったポイントというかコツがあります。

まず大前提としては、通常のサイトと、ランディングページは、基本的な構造やデザインが違う、と思って制作しないといけない、ということです。

たとえて言うならば、一般的なネット通販のホームページは、大きなホームセンターのようなもので、ユーザー、つまりお客さんはそのサイトの中を自由に行き来して、好きな商品を探し出して購入する、という構造です。ですので、デザイン上のポイントは、商品を探しやすい構造で制作する、ということです。

これに対して、ランディングページは、言ってみれば、「啖呵売」という言葉は最近聞かれなくなりましたが、違う言葉でいうと、デパートの中で行われている実演販売のようなものです。売るものが最初から決まっていて、販売員がそれを売ることを最終的な目的にして、商品を見せ、実演し、口上を述べて、知らず知らずのうちにお客さんの財布のひもを緩めさせる、ということです。ですので、ランディングページで一番重要なのは、ユーザーが、「ほう」「なるほど」「それで?」「そうすればいいのか!」というように、話の展開に引き込み、思わず買わせてしまうロジックを、それも一貫したロジックで作られている、ということです。

それを前提に、ではどういうロジックでランディングページというもののデザインを構成し、制作すればよいのか、ということについてご説明します。

これは起承転結ではありませんが、それに似た、話の構造があります。

まず最初が、「問題の提示と共感」です。たとえば「年を取ると、膝が痛くて歩くのがつらくなりませんか?」「そういうことありますよね?」「誰でもそうなんですよ」という内容です。ここでまず、ユーザーの「そうそう」という共感を得ます。

その上で第2に「問題解決方法があることを提示」です。上の例に即して言うと「実は、その膝の痛みを解決する方法があるんですよ」ということです。気を付けなければならないのは、ここですぐに商品名を出してしまうと、説得力がなくなるので、あくまで「解決方法がある」ということの提示にとどめることです。

第3に、「問題の原因の提示」です。「実は膝が痛いのは、軟骨がすり減るからですよ」ということです。ここでその実例をデータで示してもOKです。

第4に、「その原因を解決する商品の提示」です。ここで初めて商品を出します。ユーザーは、ここまでで、自分の問題点の根幹の原因を理解していますので、そこにグサッと刺さる、解決策を出すと、一気に乗ってきます。ここで、軽く商品購入のボタンを用意するのもいいでしょう。

第5に、「商品の信頼性を担保する」です。商品の原料とその信頼性、原料の働き、商品に対する口コミなどで、たたき込みます。

そして最後が「商品購入とメリットの提示」です。こんな素晴らしい商品ですからぜひ購入してください、ということと、今なら1つの価格で2個販売(メリットの提示)という感じです。

ここまで、首尾一貫したロジックが流れていますので、ユーザーは「ほおほお」と読んで行くうちに、購入意欲がわき、ボタンを押しているに違いありません。
タイトル
広告宣伝をするときに色々な情報を知ってもらう

広告宣伝をインターネット上で行うときには、当然色々なサイトを組み合わせることによって、知ってもらえるような方法を考えなければなりません。これによって、自分がうまく出来ることが多くなっているならいいですが、宣伝がうまくできなくなり、サイトに興味を持ってもらえないことだって沢山あります。その興味をしっかり引くことが出来るサイトというのが、ランディングページになります。これが入っていることによって、説明をしっかり行って興味を引くための要素が生まれます。

宣伝をしているサイトであるLPについては、広告との組み合わせをしっかり行うことによって、興味を引くページを作ることができます。どのようなサイトなのか、そして何を宣伝するために作られているのかをしっかり考えることによって、多くの人に興味を持ってもらえるサイト構築をすることが出来ます。これが出来ないままとなっている場合、ランディングページを利用してもあまり効果を得ることが出来なくなり、しっかりしたサイトが作られないままとなります。

デザインをするときに気をつけることがいくつもあり、まず単純な方法でサイトを作らないことです。ただページを作っておけばいいと思われていることがありますが、制作をするときに複雑な要素を入れておかないと、興味を引いてくれる要素が足りないので、誰も利用したいと思ってくれません。さらに多くのページを見てくれるユーザーの場合も、同じようなものばかりだと興味を失ってしまうことが多いです。

デザインを作るときには、とにかく凝ったもの、何か制作をしているときにも楽しめるような要素を増やしておくといいです。LPというのは、作っている側の気持ちが、見ているユーザーにも綱割らなければ意味の無いことであり、それは全く効果のないサイトを作ってしまうことになります。それらの意味の無いサイトを作るくらいなら、ランディングページを作っている人も楽しめる、何か違った要素を入れつつ宣伝をすることです。

色々なページが出てきている中で、興味を示すために必要なこと、広告宣伝の際によく利用されているサイトであることをしっかり理解してから、制作に取り組むこととなります。ランディングページについては、作っている側がつまらないと思っているようでは駄目なことであり、とにかく作っている作っている側も楽しめて、それで他のユーザーに興味を持ってもらえるようなものが望ましいのです。
タイトル
商品の特徴を細かく出すことが出来る唯一のページ

商品の特徴を示すときに、色々なページを用意して話をすることもありますが、この時にページには限界が出てくることになります。本当に特徴を多く書きたいと思っても、スペースに書くことが出来ないままとなってしまうので、どうしても文字が詰まって見づらいようなページになってしまいます。これは、利用してくれる方が駄目だと判断しますし、デザインとしてもいいものにならないことが多いので、あまりいいとは言えない状態になります。

それを避けるために、ランディングページを利用して商品の説明をする方法も用意されています。デザインをしっかり見てもらいつつ、商品の特徴が伝わるようなLPを作り上げていけば、閲覧してくれる方が商品を知ってもらえます。ここで購入してもらわなくても、別のサイトで購入できることがわかっているなら、そこから購入してもらえばいいのです。そして売上に結び付けることができれば、制作をしたことの価値が上昇することになります。

ここで考えておかなければならないことが幾つかあり、まずは商品の特長について、メリットを多く説明することが大事だということです。メーカー側からデメリットを出してしまうような状態は、あまりいいとは言えないことですし、そんなことがあるなら購入できないと思われてしまいます。LPでは、本当にいいことだけを書いておき、悪いことはあまり気にされないようにしておくことが大事になってくるので、そうしたことを中心に検討します。

さらにランディングページでは、なるべく特徴ごとに区切って考えていくことになります。大量に書いてしまうと、何がメリットとして残されているのかを判断することが難しくなり、利用する側の良さがわかりづらくなります。ランディングページというのは、なるべく特徴ごとにしっかり判断できるような状態にすることも大事なことであり、そのために必要な情報を多くしつつ、区切りをしっかり持たせるようにすることも大切です。

いいページというのは、本当に宣伝することがわかっているだけでなく、商品の特徴を本当に伝えることが出来るようになっています。ランディングページを作る際は、とにかく目立つようにしたいかもしれませんが、それ以上に宣伝し安ことを考えて、特徴を書き込めるページにしておきます。商品の紹介ページ以上に、このページなら伝えられることが多くありますから、少しでも宣伝効率をあげることが出来て、制作の効果を上げられます。
タイトル
一見した際にファーストビューが魅力的であること

いいランディングページ(LP)のデザインを制作する場合のコツについて見ていきましょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するコツは、魅力的なファーストビューにすることです。

ランディングページの最初のポイントは、一見した際にファーストビューが魅力的であることです。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するコツは、きちんとキャッチコピーを目立たせることです。

基本的に、認識をユーザーに最初にさせるのはキャッチコピーでしょう。

写真を優先する場合は、非常に写真が魅力的でユニークな場合でしょう。

しかしながら、このような写真の素材を準備することができる場合は少ないでしょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するコツは、写真がターゲットにとって魅力があることです。

競合している業者のみでなく、ターゲットが購入するような他のもののデザインについても一緒に検討するといいでしょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するコツは、分かりやすいナビゲーションにすることです。

初めてのユーザーが、迷わないようなナビゲーションにしましょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するコツは、コンセプトと合っていることです。

ファーストビューのイメージと、商品そのもののコンセプトが合っているかチェックしましょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するコツは、分かりやすいコンバージョンにすることです。

アクションをユーザーに促すために、チェックすることについてご紹介しましょう。

コンバージョンエリアのデザインは、一見して別のところと違っていることが分かるようなものにしましょう。

例えば、枠を濃い色で付けたものにしましょう。

ランディングページの場合は、ボタンの感じをグラデーションやシャドウで出すデザインがいいでしょう。

また、ボタンを押した場合に、どのようなことができるか明確にさせましょう。

例えば、どのようなものを購入できるのか、登録することができるのか、資料請求ができるのか、などということです。

コンバージョンエリアは、ユーザーの目によくつくようにすることが必要です。

しかしながら、全体の感じからからあまりにもかけ離れているのは良くないでしょう。

全体を見た場合になぜかぼんやりとしていたり、視認性が良くなかったり、違和感があったりするような場合には、どうしてそのような感じがするのかについて話し合いをデザイナーと十分に行いましょう。
タイトル
LP制作はアクションボタンの工夫とお得感を伝えることが大切

LPを制作する時は、ユーザーへただ製品の特徴や利点を知ってもらうだけでなく、最終的に購入やサンプルや資料などの請求といったアクションを起こしてもらう必要があるので、分かりやすい大きなボタンで購入ボタンを用意したり、一つのランディングページ上に複数個に渡って要所要所で購入ボタンを配置しておくことを心がけたいものです。

スマートフォンにおいてもPCにおいても、webの特性上どうしてもスクロールしないとコンテンツを展開することが出来ないのですが、一つしかアクションボタンがない場合だとユーザーにボタンを探させる手間やロスやストレスを与えることになるので、購買率や資料請求率が下がってしまいがちです。

購入の見込み客を確実に逃さないようにするためには、出来るだけスムーズに商品購入や資料の請求など次のアクションへ導くことも大事です。

アクションボタンは大きくて目立つボタンにしたり、ランディングページのデザインで用いている配色とは真逆の配色にしたり、派手な配色のボタンにしたりと、ユーザーの目を引く存在にすることも大切です。

また、無料でサンプルを請求できたり、無料で資料を請求できるといった場合には、ただ単純にサンプル請求といった形でボタンを用意するのではなく、無料というワードを大きく提示するデザインにしたり、アクションボタン内に埋め込んでおく必要性があります。

無料という言葉に大きな魅力や強い興味を持つ人は圧倒的に多いので、サンプル請求という表現よりも、無料サンプル請求という表記にした方がおすすめです。

さらに、ランディングページの制作でユーザーを逃さないためには、お得感を煽る構成にするのも効果的です。

このページからの購入に限り、限定割引といった形でお得さを煽ったり、サンプルキットやトライアルキットを購入させたい場合ならば、定価の価格を記載して○○円相当といった形で割安感をユーザーに提示するのもおすすめです。

ランディングページを経由して購入する人にのみ割引を与えたり、数量限定や期間限定というワードを提示すると、購入意欲や購買への意欲をアップできるので効率良く売上増加を図ることが出来ます。

また、ランディングページで意識したいことは、他のライバルのサービスや製品との違いを打ち出したり、自社の製品のメリットやこだわりを示し、オリジナリティを確立することです。

商品の秘密や商品のこだわりを分かりやすく簡潔に示し、他の製品と一線を画することを具体的に示しておくと、商品のイメージを良くすることが出来ます。

ヘッダーの部分には文章だけでなく、具体的にイメージが伝わりやすいように綺麗な写真を打ち出したり、センスの良いキャッチコピーを提示するのも良いLPを制作するための基本と言えます。
タイトル
ランディングページを制作する際にミスマッチを防止するコツ

ランディングページ(LP)というのは、ウエブページでリスティング広告やインターネット広告の受け口になるものです。

このランディングページ(LP)の情報を、ユーザーが希望する内容・情報に応じて、デザインすることによって、広告の効果をアップすることができます。

しかしながら、訪問者がせっかく来てくれたとしても、ランディングページの構成内容によっては、すぐに離れてしまう場合もあります。

ここでは、ランディングページを今から制作しようと思っている人に対して、このようなミスマッチをしないためのコツについてご紹介しましょう。

ランディングページ(LP)とはそもそもどのようなものでしょうか?

ランディングページというのは、検索エンジンで検索した場合に出てくるテキスト広告やインターネット上のバナー広告のリンク先のウエブページのことを言います。

このランディングページは、会社や商品のサイトの最初のページである場合もあります。

しかしながら、ほとんどの場合は、単独で制作された広告効果をアップするためのウエブページを準備しています。

このようなランディングページは、ウエブサイトの雛形などに束縛されないで検索キーワードや流入元の広告から訪問したユーザーの要求に応じて制作することができます。

コンバージョンへ繋げるために、ユーザーが要求している情報とかい離することを防止し、ウエブサイトから離れえるのを抑制することができます。

つまり、効果をランディングページにおいてアップするためには、流入元の検索キーワード・インターネット広告などの情報と連携することが大事なポイントになります。

ここでは、ランディングページの構成要素を、このインターネット広告との連携をメインにご紹介しましょう。

ランディングページをデザインする場合に、構成要素として把握しておくと便利なものについてご紹介しましょう。

ランディングページの構成要素としては、ファーストビューがあります。

ファーストビューは、ユーザーが希望する情報がありますというエリアです。

キャッチコピー・コンバージョンボタン・画像などの要素があります。

ランディングページの構成要素としては、ボディがあります。

ボディは、あなたにどうして役に立つのか、ということを紹介するエリアです。

メリット、具体的な商品・サービスの情報、利用者の声、メディア掲載などの要素があります。

ランディングページの構成要素としては、クロージングがあります。

クロージングは、このタイミングが大切と促すエリアです。

期間限定、サンプル提供、プレゼント、送料無料などの要素があります。
タイトル
ランディングページはどのような特徴があるか

ランディングページとは、どのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、主なランディングページの特徴について見ていきましょう。

ウエブページにリンクがないということが、ランディングページの主な特徴です。

一般的なウエブページの場合には、多くの選択肢をユーザーに準備するためにリンクを貼っています。

このようにリンクを貼ることによって、興味があるテーマをユーザーは自ら選んで、希望するページに行き着きます。

リンクをよく分かるように貼るのがユーザーにとっては親切であり、ナビゲーション・リンクを希望するページがよく分かるように制作する必要があります。

一方、ランディングページをデザインする場合は、考え方が全く逆になります。

ランディングページをデザインする場合は、リンクを別のページへ貼りません。

では、どうしてランディングページの場合は別のページへリンクを貼らないのでしょうか?

というのは、別のページにユーザーに移ってもらうと困るためです。

問い合わせを獲得することが、ランディングページの役目です。

問合せを獲得するためには、ユーザーに入力フォームへ入力してもらうことが絶対に必要です。

ゴールが入力フォームになるため、入力フォームだけにリンク先は限定するということです。

着目すべきことは、LPの場合は一般的なウエブページとは、考え方が全く逆であることです。

はっきり言うと、ユーザーには全く親切ではありません。

選択肢をユーザーに与えないで、フォームに入力するかどうかの選択を迫る、ということがLPなのです。

このようなランディングページの役目について、違和感を何か持った人もいるのではないでしょうか。

ランディングページというのは、自由にユーザーに選択させないページということですが、少しこれはおかしなことではないでしょうか。

ユーザーから見ると、選択を迫られて、自由に選択できないのは嬉しくないでしょう。

嬉しくないことをユーザーは迫られるにも関わらず、どうして問合せが多くなるのでしょうか?

不思議に思われるかもしれませんが、ランディングページにおいて問合せを多く獲得することができるかどうかの最大の分岐点が実はここにあります。

ランディングページの表面的なもののみを理解して、ランディングページを制作すると問合せを多く獲得することができると考えている場合には、この不思議だという感覚が無くなっています。

問い合わせをランディングページが多く獲得する仕組みについては、ネットなどで紹介されているため確認してみましょう。
タイトル
遊べる要素を多くすることで会社を知ってもらう

本来は誘導目的で利用されるLPですが、デザインによっては遊べる要素を追加することができて、それによって宣伝効果を得られるようにしていることもあります。誘導すると言う感じではないかもしれませんが、遊んでもらうことによって、ランディングページから会社を知ってもらい、サービスの質を理解してもらえるようにしているのです。これもかなり高い効果を持っている方法として利用されているので、うまく使えば宣伝効果を高めることに繋がります。

制作をしっかりしていかないと難しいことですが、ドラッグをして遊べるようなサイトにしたり、特定の動作をしたことによって、本当のサイトに繋がるようにすると面白さを感じてくれることがあります。遊んでもらうことで、実はこうした企業なんだと言う宣伝をすることも可能で、名前さえ知ってもらえれば誘導できるチャンスだって多くなるのです。そうした気持ちを何とかして持たせるためには、フラッシュなどをうまく使って遊べるサイトを作り上げることになります。

ただ遊んでもらうだけでは、このよさを手に入れることができません。サイトの宣伝をするだけでなく、会社の知名度向上、さらには誘導といった一連のことができなければならないので、あまり会社に関係の無いような遊びは避けるようにしてください。本当にいいとされているような遊びや、これが会社の作っている商品に繋がっていると思えるものについて、積極的に知ってもらえるようにしておくと効果があります。

ランディングページには、制作をするときに色々なソフトを利用することが可能となっており、それから多くのデザインを作成することができます。この時にゲーム形式を導入するかどうか、事前に話をしておくことになります。LPに導入して、これが会社の宣伝やサイトの誘導に繋がることになるかをしっかり考えておくといいです。詳細な情報を見てもらわないことには、本当に宣伝効果を得ることが難しくなってしまいます。

ランディングページを利用して誘導するのであれば、そのページがつまらないような状態にならないように、遊べるようなページにすることも大事なことになっています。ランディングページの中には、遊べるゲーム形式のところがどんどん増えているので、そうしたサイトをしっかり見つつ、自分の企業にあわせられるページを作ることになります。こうした遊びの中から、いい思いをしてもらえればチャンスはあります。
タイトル
ランディングページにはマイナスの部分を入れても良い

ランディングページというのは、商品の宣伝のために存在するものですから、多くの場合でテレビで流れているCM同様に基本的にはプラスの面のことしか言いません。しかし、実はあえてマイナス面も指摘したほうが良いということもあります。ある商品を買うときに、消費者はもちろんメリットの部分にまず着目をしますが、当然デメリットが全くないとは思っていないはずなので、どこがデメリットなのか?はある程度気にするのではないでしょうか?多くの商品はデメリット部分は公表しません。だから、何か不都合があるのではないか?と勘ぐってしまった場合には、いくらメリットの部分が多くても、購入まで至らないケースも多々あるのです。そういった消費者の心理を逆手にとると、あえてデメリット部分をランディングページで明かすという手法をとり、そうやってページを制作していけば、それは消費者の安心を確保する役割を担えるのです。いくら一見良さそうな商品に見えても、マイナス部分が分からないのでは、ちょっと購入する気になれない人に対して、あらかじめこういうデメリットがあるので、それを承知したうえでご購入くださいと言っておけば、そのマイナス面を問題ないと思えた人は買ってくれるでしょう。また、仮にあらかじめ想定していたデメリットが露呈したとしても、あらかじめ公表していて、それで納得して買ったのだから、販売側が責められること少ないです。マイナス面を公表してしまうようなランディングページのデザインにしてしまうと、それは逆に買われないのでは?と思うかもしれませんが、そういったところを公表する企業はクリーンなイメージを与えられ、長期的に見たら信頼を底上げすることにもつながります。隠しておいて、それが露呈するよりも、露呈する前に公表しておいたほうが絶対に企業イメージとしては良いでしょう。テレビCMとかの場合には時間が決まっているので、どうしてもマイナス面を詰め込む余裕もないという事情がありそうですが、ランディングページであれば、ページの長さは無限に可能ですから、少しくらいの情報を詰め込んで制作する余裕はあるでしょう。LPのデザインは、本当に売り上げに直結するものですから、よく考えて作らないといけませんが、LPのあり方として、消費者の信頼に応えるという面も同時に果たしていかないといけないので、こういったマイナス面をあえて載せていくというのも良いのではないか?と思います。
タイトル
ランディングページを輝かせるには共感する文言を入れる

ランディングページは商品の魅力とか、特徴などを詰め込んで、いかに良い商品に見せるか?という点も確かに大切です。しかし、お客さんはそれだけでは買ってくれないことも多いです。したがって、ランディングページを制作するときには、お客さんの気持ちになってみることも大切になります。それは具体的にどういうことか?というと、共感をしてあげることです。お客さんの立場になってみると、共感してもらえることは購買意欲につながります。例えば、いろいろな方法を試したが、全部上手くいかなかった人が、痩せるためのダイエット食品を探しているとして、あるランディングページに辿りついたとしましょう。そこに「何をやってもダイエットが上手くいかなかった人もいるんじゃないですか?」といった文言があると、まさに自分のことだと思いますよね。そして、「そういう人にこそぴったりな商品」といった形で紹介をしていくと、これは自分に特に合っている商品、条件を満たしている商品だと思ってくれるでしょう。ここが大切なのです。ダイエット食品といっても、いろいろな会社がそれぞれ商品を販売していますから、数多くあって、その中でどれが自分に合うか?という判断がしづらいのです。しかし、まさに自分のことを言い当てているような、共感できる文言がそこにあると、その商品は自分のような人間のためにあるんだと、自分が使うと効果を発揮するんじゃないか?と思ってくれる可能性もあり、結果購入してくれる可能性が高まります。また、共感できる文言を入れることで、ターゲットを絞ることもできます。ターゲットを絞るということは、そのLPを訪れた人が全員共感するわけではないので、共感できない人は買ってくれない可能性が高いですが、共感をしてくれれば、一気に購入可能性が高まると思います。ターゲットを絞ると、特定の層の人たちに対してより効果的なアプローチができるということになるのです。そういった意味では、LPを制作する際の全体のデザインを考えるときには、その共感してもらえるような文言をどう配置するか?とか、どういった見せ方をするか?とか、そういった部分も同時に考えていかないといけません。ランディングページのデザインは、本当に細かいところまで考えていかないと、なかなか上手くいきづらいので、お客さんの立場に立って、どういったページこそが買いたいと思ってもらえるか?を特に重要視するようにしましょう。
タイトル
ランディングページの売れるものを制作する方法

ランディングページ(LP)で売れるものを制作するにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは、ランディングページ(LP)の売れるものを制作する方法について見ていきましょう。

商品やサービスをランディングページで売る場合、アクセス数を多くすることはもちろん大事ですが、実はこれ以上に大事なものがあります。

これは、どのくらい商品やサービスを購入してくれるような見込み客が訪問してくれるかということです。

購入するつもりがないようなユーザーがいくら訪問してくれたとしても、商品やサービスは売ることができません。

これよりは、全体の訪問者数をたとえ少なくしてでも、高い見込み度の客の訪問者数を得る方が売上がアップします。

このポイントが検索キーワードです。

ウエブマーケティングの場合は、キーワードが全てであると言ってもいいでしょう。

もう少し具体例でご紹介しましょう。

例えば、自分がウエブデザイン・ホームページの制作業者であると仮定しましょう。

キーワードが「ホームページ 制作」と「ホームページ 作成」では、非常にコンバージョン率が違ってきます。

コンバージョン率は、キーワードの「制作」の方が高くなります。

というのは、検索する人の要求が「制作」と「作成」では違っているためです。

「ホームページ 作成」のキーワードで検索する場合は、目的が自分でホームページを作成したいという場合がほとんどです。

そのため、コンバージョン率はウエブデザイン・ホームページ制作業者の場合は低くなります。

「ホームページ 制作」のキーワードで検索する場合は、目的がウエブデザイン・ホームページ制作業者に依頼したいという場合がほとんどです。

そのため、コンバージョン率はウエブデザイン・ホームページ制作業者の場合は高くなります。

このように、少しキーワードが異なるのみでも、非常に要求は違っているのです。

サイトの内容と検索する人の要求が合うと、高いコンバージョン率になります。

一方、逆に合っていない場合には、いかに訪問する人数を多くしたとしてもコンバージョン率はアップしません。

すぐに売上につながるキーワードを探すことができるかが、ランディングページの売れるものを制作する際には最も大事なのです。

なお、キーワードで見込み度が比較的高いものとしては、「○○対策」「○○相談」「○○依頼」「○○制作」「○○注文」「○○通販」「○○費用」「○○予約」「○○宅配」などが挙げられます。

このようなキーワードで検索してくる場合は、商品やサービスを購入したいと思っている場合でしょう。
タイトル
イメージを膨らませるようなページを作ろう

本当にいい商品であることを説明することは当然となっていますが、それ以上に大事なこととして、イメージを膨らませて購入しやすいようにしておくことも大事になります。イメージを持ってもらえないままになっていると、せっかく購入したいと感じている人が、これはあまりよくないものかなと思われてしまい、サイトへの誘導を行うことがかなり難しくなってしまいます。本当にいいと思えるようなものを見つけて、少しでもいいイメージを持ってもらうページが、LPになります。

そうしたイメージを持ってもらえないままだと、ランディングページを作るメリットが無くなってしまい、逆にイメージを悪化させる要因になってしまう可能性があります。デザインの際も、少しでもイメージをよくするための方法を採用して、制作でイメージが出やすいように工夫しておきます。フラッシュなどを採用するランディングページも増えていますが、せっかく作るのであれば、より商品のイメージをよくできるような方法を取らなければなりません。

明るいイメージを持たせたいと思っているなら、できる限り背景を綺麗なものにして、より明るい商品であることをわかってもらえるようにしておくことが大事になります。逆に大人向けとされているものであれば、背景を暗めに設定することによって、大人っぽい印象を与えることができます。しかし暗すぎるとイメージが悪くなってしまうので、デザインの際には色の使い方に気をつけて、背景の色を少しでもあわせられるようにします。

一番いい方法としては、パッケージの背景をそのまま利用して、LPとして使う方法です。デザインとしても利用しやすいだけでなく、制作でも取り入れることが行いやすいことから、基本的にランディングページでは使われている手法の1つとなっています。この方法を利用していくことによって、簡単に背景の設定が可能となるだけでなく、商品のイメージを持たせやすくなることから、手間もかからないメリットを持っています。

ランディングページを利用して宣伝をする場合は、どうしてもカラーという部分に気をつけなければなりません。カラーが綺麗なものになっていれば、より購入しやすいと感じてくれる人が増えることになります。しかしイメージを悪化させるようなものになってはいけないので、見た目以上に背景は大事な素材として考えなければなりません。背景はイメージを膨らませて、さらに良さを引き立たせてくれます。
タイトル
売れるランディンページを作成するために必要なポイント

商品などを売るときに必要になるランディングページですが、これは非常に重要です。この出来栄え1つで売れ行きがかなり左右されますから。では、どういったランディングページを制作していけば、商品が売れるのでしょうか?ランディングページで重要なのは、1つはキャッチコピーです。キャッチコピーって、どのランディングページにもだいたい載っていると思います。その商品を端的に表した短めの文章です。その商品の特徴を捉えて、魅力を伝えるために、考えないといけません。長すぎるとダメなので、ある程度の長さに収まるようにしないといけませんから、使う言葉選びなどは本当に慎重になる必要があります。なぜキャッチコピーが重要なのか?というと、だいたいのランディンページでは、ページを開いたときの1番最初に目に入ってくるのがキャッチコピーである可能性が高いからです。ランディンページの上部とか、スクロールしないで済む位置にだいたいこのキャッチコピーは配置されていることが多く、そこにまず目が行きやすいですから、そのキャッチコピーを誤ると、すぐにページを閉じてしまうかもしれません。その下にいくら良いことが書いてあっても、最初に見た文章がイマイチだと感じたら、そこで以降を読むのをやめてしまうかもしれないので、キャッチコピーはお客さんを惹き付けるためにどうしても真剣に考えていかないといけないのです。では、キャッチコピーを作るときのポイントはどういったものなのでしょうか?ポイントは長すぎない、魅力が具体的に伝わる、といったものです。長すぎると全部読んだときに、特徴が多く入りすぎていて、結局何が特徴なのか?が分からないといったことがあります。だから、キャッチコピーに入れたい特徴はある程度絞ってほしいです。2,3個程度にしましょう。そして、魅力が具体的に伝わることが重要です。ダイエット食品ならば、「簡単に痩せる」では、曖昧じゃないですか?「運動を一切しないでも痩せる」と表現した方が具体的ですし、魅力が伝わりやすいでしょう。そして、ランディングページ全体のデザインについても凝っていった方が見ている人の印象を良くしてくれます。LPを制作するときには、もちろんキャッチコピーも大切ですが、画像を多く使ったりとデザインの方にも気を配っていきましょう。商品の命運が懸かっているのがこのLPになりますから、キャッチコピー部分も含めて、全体をしっかりと仕上げていくことが大切になります。
タイトル
ランディングページは信頼を得ることが一番重要です

ランディングページには短いものから、長いものまで様々です。

中にはメチャクチャ長いものもあり、とてもじゃないけど、全部は読み切れないというようなものもあったりします。

さて、ランディングページにおいては、書かれている内容を読んだ人が信用するかどうかというのが大きな問題です。

ここで信用を得られなければ、そのランディングページが目指す購入や登録などのオファーは受け入れらないでしょう。

つまり、信用=成果と言うことになります。

ですから、何としても読んだ人に信用してもらうことが大切です。

ランディングページ自体、なんか胡散臭い感じがするものです。

ずらずらと長い文章が続くわけで、それだけでもちょっとキナ臭いものです。

そうした印象をはねのけて、信頼してもらうには、デザインを制作する時点から、どうやったら信用を勝ち取ることができるかを考える必要があります。

すべては信用を得ると言う目標に向けてLPの設計をし、その設計に則って、制作していくことが重要です。

ですからLPのデザインというのは単に見栄えを良くするだけのものではなく、信頼を勝ち取るのに有利なデザインを使うことが必要です。

色使いもそうですし、LP内の構成やコンテンツも重要なポイントです。

信用を得るためのコンテンツとしては、例えば、お客様の声があります。

これはランディングページの定番と言えるものです。

こうした声が載っていれば、客観的な意見のような感じがするので、迷っているお客さんの背中を押す効果があります。

できれば、顔写真入りで実名入りだと信ぴょう性が高く、信用へと結びつきます。

逆にお客様の声でも、写真がなく、名前もニックネームとかだと信ぴょう性が低くなりがちです。

それ以外に信用を得るための方法として、権威者や有名人の推薦があります。

これって芸能人を始め、多くの有名人が使われていたりします。

有名人の推薦があると、何だか信頼できそうに感じます。

また、資格や受賞歴、表彰歴があるのであれば、それも宣伝材料に使いましょう。

受賞歴や表彰歴というのは、それを読んだ読者が権威を感じる要素なので、そうした誇れる要素は積極的喧伝したら良いでしょう。

さて、お客様の声、有名人の推薦、受賞歴などの要素に共通しているのは、それらが外部からの評価という点です。

人はこうした外部からの評価に権威を感じます。

ランディングページを作成する人は、外部評価にも精通している必要があります。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.