上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページのファーストビューで改善すべきこと

売上をランディングページ(LP)でアップしたいと思って、誰もがランディングページ(LP)のデザインを制作しているでしょう。

しかしながら、ランディングページのデザインを制作したとしても、なかなか思っているように売ることができないというような場合も多くあるのではないでしょうか。

このような場合には、いいランディングページを制作するための基本が把握できていないためでしょう。

ここでは、ランディングページを制作する場合に、よくある間違いについてご紹介しましょう。

例えば、ランディングページを制作する場合に、会社側がアピールしたいことを入れ込みすぎている、サービス・商品と関係性があまりないようなメインビジュアルを使っている、基本的にどのようなサービス・商品であるかということが分からない、というようにことになっていないでしょうか。

このような間違いを防ぐために、ランディングページの象徴とも言える、売上アップに対して非常にインパクトがあるファーストビューに絞って、改善すべきことについてご紹介しましょう。

ランディングページを制作する場合には、ぜひ、参考にしてみましょう。

では、売上アップのポイントになるファーストビューとはどのようなものなのでしょうか?

ファーストビューというのは、ウエブサイトにアクセスした場合に、スクロールをしなくても見ることができる画面の範囲を言います。

550pxの高さで、パソコンを使用している場合には8割をカバーすることが可能であると言われています。

スマホの場合には、最近のものを基準にすれば460pxの高さになります。

ファーストビューにおいては、7割以上の直帰率になります。

直帰率というファーストビューでランディングページをすぐに離れるようなユーザーの割合は、びっくりするかもしれませんが、一般的に7割以上であると言われています。

このため、ファーストビューにおいていかにサービス・商品が魅力があるかということをアピールすることができ、もっと詳しく知りたいとユーザーに感じさせられるかということが、コンバージョン率をアップするためのポイントになります。

逆に言うと、ファーストビューだけでも改善することができると、売上アップは最初からランディングページを制作し直さなくても見込むことができるということになります。

そのため、ファーストビューのみを改善するのであれば、制作するための費用についても非常に抑制することができるのではないでしょうか。
タイトル
ランディングページ(LP)を制作する場合の基本的なレイアウト

ランディングページ(LP)を制作する場合の基本的なレイアウトについて見ていきましょう。

1つだけにキャッチコピーは絞って、概要は具体的かつシンプルに制作しましょう。

まず、ランディングページ(LP)のキャッチコピーは、端的にサービス・商品の特長をアピールしましょう。

いくつもアピールする点を入れ込まないで、1つだけに絞った方がキャッチコピーはインパクトがあるものに仕上がります。

いいキャッチコピーが思いつかない場合は、検索連動タイプの広告の説明文やタイトルを加工したり、そっくりそのまま場合によっては使ったりするのもいいでしょう。

そうすると、ユーザーに「ランディングページと検索連動タイプの広告の内容が違っている」というイメージを与える場合は少なくとも避けることができるでしょう。

次に、概要の場合には、サービス・商品の特長をより具体的に短い文章や箇条書きを使って説明しましょう。

この場合にも、検索連動タイプの広告でアピールした内容は、必ず入れ込むことが大切です。

なお、キャッチコピーと概要については、ユーザーが画面をスクロールしないで見えるようにデザインしておくといいでしょう。

このようにデザインすることによって、ページの内容をストレスをユーザーに与えないで伝えることが可能です。

なお、ユーザーの目線はウエブサイトにおいてはZ型をよく描くため、キャッチコピーは画面左上に置き、概要をその直下や右側に置くのが基本です。

キャッチコピーと概要の下には、サービス・商品の詳しい説明を準備し、スクロールすると見ることができるようにしておきましょう。

この詳しい説明の場合には、概要で十分に説明できなかったサービス・商品の特徴を詳しく記載しておきましょう。

お客様の声や疑問に見込客が感じるようなことについての回答というような情報を、記載するのもいいでしょう。

申し込みボタンは、サービス・商品の購入のためのリンクです。

申し込みボタンについては、画面上部と、詳しい説明の下の最低でも2か所に、一緒に問い合わせ先などと目につくように置くといいでしょう。

分かりにくいところに申し込みボタンがあれば、誘導をせっかくした見込客が逃げていくため注意しましょう。

また、できれば、ランディングページの中に申し込みフォームやショッピングカートを置くのもおすすめです。

なお、ランディングページのサンプルについては、ネットなどでも紹介しているので参考にしましょう。
タイトル
ランディングページを制作するときにはQ&Aを用意すると良い

ランディングページにはいろいろなデザインの仕方がありますが、基本的には見てくれた人に対して、魅力を伝えつつ疑問を解消してあげることも重要です。見ている人は次第にそこに載っている商品に興味を示してくれる可能性があり、そうなれば購買意欲もどんどん上がっていくでしょう。そういった状態の方には、さらに購買意欲を高めてもらうために、その時点で持っている可能性の高い疑問点を解決してあげるコーナーを作るといいのです。それがQ&Aになります。多くのランディングページには、これが載っていることが多いです。全ての疑問に答えるのは不可能ですし、どういう疑問を持つかは?人それぞれでもあるので、誰もが抱きそうな基本的な疑問点、容易に想像がつくような疑問点を中心に答えてあげると、興味を持った人がより引き込まれていくようになります。どれくらいのQ&Aを用意すれば良いのか?については、多すぎず少なすぎずというところになると思います。ポイントはこのランディングページを見た人の多くが疑問に持ちそうな事柄に関するものを載せていくということですから、10個前後載せれば、とりあえず数としては問題ないと思います。そして、ランディングページにQ&Aを載せる位置ですが、一般的には後ろの方、ページの最後の方であることが多いです。場所は正解はないかもしれませんが、ある程度商品に対する理解が定まった状態で見てもらうのがベストですから、LPの最初の方に載せてしまうのは早すぎると思いますし、デザインとしてもあまりよくないのではないでしょうか?1番最後である必要はないかもしれませんが、説明を読んだ上でみてほしいという意味では、真ん中よりは後ろにしておいた方が良いでしょう。また、Q&Aはただ載せれば何でも良いわけではなく、それ自体のデザイン工夫しておかないと、そもそもQ&Aと気付いてくれない可能性もありますし、無視されてしまうかもしれません。ここは非常に大切なポイントになるわけですから、絶対に読んでもらえるように、目立つようにして制作をしていくと良いでしょう。LPの内容としては、いろいろなものが必要になりますし、それぞれが商品の魅力を引き立たせてくれることでしょう。そういった中において、できれば一緒に載せておいてほしいのが商品に関するQ&Aですから、今後こういったページを制作する機会があれば、そのときには是非思い出して、実際に取り入れてみると売り上げにつながる可能性があると思います。
タイトル
実績や利用者の声を具体的に提示すると効果的です

ランディングページのデザインを制作するにあたり、トップには綺麗な写真や雰囲気の良いイメージを掲載したり、キャッチコピーや見出しを用意する方法は定番です。

何も写真を用意していないページだと非常に地味な印象になりがちですし、視覚的にもインパクトが皆無なので、ユーザーに商品の良さを伝えることは不可能です。

しかし、明るい印象やポジティブな印象に繋がる写真やイラストを記載したり、長い文章ではなく、キャッチコピーや見出しやインパクト有る短文をランディングページの目立つ位置やヘッダーに掲載しておくと、ユーザーの関心や興味をつかみやすくなるのでおすすめです。

また、良いLPのデザインといえば、ユーザーの関心や興味を弾けるページですが、実際の商品の実績を具体的に明記したり、商品を使用した利用者の声や反応や口コミを載せることです。

第三者の事例や他者の成功事例集があると、それを見たユーザーもポジティブなイメージや良い印象を持ちやすくなります。

また、具体的にお客さんの声や反応を掲載する時は、商品に関心を持つであろうユーザーのターゲット層を想定し、それに合致した年齢層や性別や悩みなど、購入の見込み客に近い人の意見にするとおすすめです。

自分とかけ離れている年齢やターゲットの人の意見や感想を読んでも親近感は湧きにくいものですが、自分と似ている環境の人や、自分と同じような悩みを抱えている悩みを持つ人の意見や口コミなら、親近感や共感を得やすいですし、ユーザーへ非常に強い安心感を与えることです。

さらに、ランディングページの制作をする時は数字や具体的な売上実績や導入実績など、商品の権威や格が高められるような具体的な数字を記載するのもおすすめです。

90%以上の人が効果を体感しているといった風に良い数字を記載したり、○年以上の歴史といった様に商品の伝統や歴史の長さをアピールするのも良いランディングページを作るためには非常に良い手法です。

また、商品を購入させたり、お客さんに具体的に商品を憶えてもらうためには、オリジナリティを確立する必要があります。

他の類似するサービスや商品とどう違うのかを丁寧に説明したり、他のサービスとの違いを具体的に明示すると安心です。

独自技術や商品の秘密を明かしたりするのも効果的です。

最後に、ランディングページを制作する時には購入したりサービスを利用する顧客のターゲットを具体的にイメージしたり、ターゲットを絞込むことが大事です。

LPではある程度ターゲットを決めたら、それに見合った情報を掲載したり、ターゲットが持つであろう悩みや不安を訴求したりすると、ユーザーの心を惹くことが出来るので効率良く顧客増加や売上増加を叶えやすくなります。
タイトル
ランディングページのファーストビューはシンプルに

ランディングページのデザインにおけるファーストビューはとても大切で、この部分をどうやって表現していくか?で売り上げも変わってきます。ユーザーの目の中に最初に入ってくる情報がファーストビューになりますが、ここではシンプルに作るというのも1つポイントです。実際、ファーストビューは大切だからと、非常に多くの情報を盛り込んで、ユーザーにとって魅力的なものに見せようとする例もありますが、それをやりすぎると逆に全く見てくれない可能性もあります。文章が無茶苦茶多いと感じられたら、読む気がなくなってしまうのです。割とコンパクトにまとめられていると、特にキャッチコピーを使って、短い文章でユーザーを惹きつけられれば、これは非常にチャンスです。スクロールして続きを見たいと1度思わせられれば、後はその流れにそってどんどん見てくれる可能性があるからです。だからこそ、ファーストビューが大切になりますが、すでに紹介したように情報を盛り込みすぎて、ごちゃごちゃしていて、読む量が多すぎると思われれば、LPのページを閉じてしまう可能性があるので、それは避けた方が良いでしょう。ランディングページのファーストビューでは、画像もシンプルで、文章もキャッチコピーだけにあえて絞っているサイトがあります。それはある狙いがあるんです。シンプルなキャッチコピーで完全にユーザーの心を掴むというものです。キャッチコピーはとても短い文章なので、それがファーストビューにあれば、非常に目立ちます。そして、無意識に読んでしまうケースが多いです。文章量が多いと、頭の中で読むのは面倒だと判断されてしまっている可能性がありますけど、シンプルに短い文章だと、そんなことを考える間もなく、知らないうちに、無意識に読んでいるケースが結構あると思うのです。つまり、キャッチコピーで興味を惹くことができるならば、以降の文章もそのままの流れで読んでくれて、どんどん紹介している商品の魅力にハマっていく可能性もあるということです。ランディングページの制作では、このファーストビューが大切というのは、本当にそのとおりなので、ここをどういうデザインにするか?ユーザーを惹きつけるためにどういうシンプルなキャッチコピーを載せるか?で、本当に命運が分かれると思います。ランディングページのファーストビューは続きを読んでもらえるか?を決める大切な部分という認識で制作していってほしいと思いますし、LPは読んでもらえることで初めて意味があるので、そのことをデザインするときに注意していきましょう。
タイトル
ランディングページでは数字でユーザーを惹き付けるべき

ランディングページでは、様々なワードやキャッチコピーを使って、読んでくれている人に商品の魅力などを訴えていくことになりますが、その中で是非使ってもらいたいコツが、できるだけ具体的な数字を使うということです。数字を使うことで、どういう意味があるのか?というと、効果を想像しやすいというのがあるのです。例えば、ダイエット食品を販売するためのランディングページを作るというときには、ダイエット食品の効果を如実に伝えるために数字を使うと良いのですが、どういう風に使っていくと良いのでしょうか?LPでダイエット食品の魅力をアピールするときには、例えば期間が挙げられます。痩せるまでにかかる期間ができるだけ短い方が、やはり商品としての魅力が上がるでしょう。つまり、自社のダイエット食品の魅力の1つに、実際に効果が表れるまでの期間の短さがあるようなケースでは、それをキャッチコピーや文章の中のワードとして、数字を使いながらアピールしていくとう手法が良いと思います。例えば、「わずか30日で効果を実感!」といった文言は読んでいる人を惹き付ける効果があると思うのです。数字を使うと、効果の程が分かりやすいのですそして、比較がしやすいです。30日で効果が出やすいものと60日で効果が出やすいものを比べれば、一目瞭然ですから。しかし、他社製品は60日で効果が出るといっているが、こっちの製品は「すぐに効果を実感!」みたいな表現を使っていると、「すぐに」っていうのはどれくらいなのか?60より短いのか?長いのか?判断に困るため、どうしても選ばれづらくなってしまいまいます。購入者としては、絶対に失敗はしたくないので、自信を持てない製品を買うということはしないでしょう。60日と書いてあれば、60日使えば効果が出る可能性が高いと思えますが、そういう具体的な数字がないと、いつまで待てば良いのか?分からないと悩ませる材料を与えてしまうことになりますから、そういう心理を考えてランディングページのデザインを制作していくと良いのです。ランディングページを制作していくときのコツはいくつかありますが、具体的な数字を目立つところに散りばめたようなデザインの仕方は1つ有効になるでしょう。多くが漢字とひらがなばかりで文章が構成されている中、使う機械が少ない数字は目立つという意味もありますし、どうしても目がいきやすいのです。LPの商品のアピールの仕方を上手く行うことで購入率も高まるので、こういったポイントは是非実践してみてください。
タイトル
高い訴求力のあるランディングページ(LP)を制作するコツ

高い訴求力のあるランディングページ(LP)を制作するコツについて見ていきましょう。

まず、成果をランディングページ(LP)において期待するためには、何を誰に対してどのようにして訴求するか、ということをきちんと検討したうえで、ランディングページ(LP)のデザインや構成要素、キャッチコピーを制作することが大事です。

また、ランディングページを制作する前に、「コンバージョンアクティビティ」というコンバージョンの成果にどのようなことをするかということを決めることが必要です。

ランディングページの成果についてはしっかりとお客様と話し合って、明らかにした上でデザインをスタートしなければ先々トラブルの要因になります。

ここではランディングページを構成するポイントについて見ていきましょう。

ヘッダーは、余計なナビゲーションなどの要素は入れないで、ロゴ、購入・申込ボタン、問合せの電話番号を配置することが多くあります。

ランディングページの流れが分断しないように、ナビゲーションがない時にはキービジュアルとヘッダーが一体のデザインの場合もあります。

年配のターゲットの場合は、問い合わせは電話での方がフォームよりも多いため、電話番号は必ず掲載しましょう。

購入・申込ボタンをヘッダーに配置する目的は、購入させるためではなくて、ランディングページの最終的な目標を最初にユーザーに示すことによって、ランディングページに対して十分に理解してもらうためです。

キービジュアルは、サービス・商品を使うことによってどのようなメリットがユーザーにあるかということがすぐに分かるように、よくイメージが沸くような大きなコピーと画像を配置することが大切です。

キービジュアルには、さらにボタンを必ずつけて、ヘッダーと一緒に、明確にランディングページのゴールがなるようにしましょう。

例えば、お得な値段を定価よりも掲載しておけば、ユーザーが興味を示すでしょう。

アクションボタンは、ヘッダー、コンテンツ、キービジュアルの要素の間に、アクションボタンを申し込み、購入につながるように配置しましょう。

ランディングページの中盤において、申し込み・購入を決めたユーザーがアクションをすぐに行うことができるようにしましょう。

さらに、コピーをアクションボタンの前には配置して、訪問したユーザーを誘導すれば効果があります。

ユーザーを誘導するコピーは内容の具体的なものを記載して、クリックをユーザーがしたくなるようにしましょう。
タイトル
ランディングページでコンバージョン率をアップするポイント

ランディングページ(LP)でコンバージョン率をアップするためのデザインのポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページ(LP)でコンバージョン率をアップするためのデザインのポイントは、印象付けをロゴで行うことです。

ランディングページの全てに、ロゴを戦略的に配置しましょう。

ランディングページの焦点に、ロゴをする必要はありません。

しかしながら、ランディングページが自分のビジネスであるということを認めてくれるようにロゴを配置しましょう。

このことは、検索やソーシャルメディアなど、ランディングページに外部ソースから訪問したユーザーの場合には非常に大切です。

ロゴを配置するところを決定すれば、一貫性を維持するために、ランディングページの全てにおいて同じところにロゴを配置しましょう。

このようにして、簡単にインバウンドマーケティングで成果を出しましょう。

ランディングページ(LP)でコンバージョン率をアップするためのデザインのポイントは、ビジュアルを過度に行わないことです。

ランディングページに、ビジュアルの意匠を凝らしているものを掲載するのはいい考えのように感じるかもしれません。

しかしながら、コンバージョンに対して過度に画像を掲載するのは効果がないそうです。

ほとんどの場合、訪問したユーザーの注意をランディングページの目的からそらしてしまって、コンバージョン率をアップできないばかりか、不協和音をランディングページに招くようになります。

また、グラフィックの場合は魅力的ですが、読み込み時間が長くなります。

読み込み時間が長くなると、閲覧数は減少し、コンバージョンも少なくなるそうです。

ランディングページを制作する場合は、シンプルにして、コンバージョンに役に立つような画像を使用するようにしましょう。

ランディングページ(LP)でコンバージョン率をアップするためのデザインのポイントは、フォーマットを改善することです。

ランディングページの整然としたものを制作する場合には、フォーマットの改善が最も容易に実行することができるものでしょう。

フォーマットの改善は、簡単であるのも関わらず、効果の大きなものを期待することができるものです。

ヘッドライン、キャッチコピー、画像、フォーム等のレイアウトをすっきりしたものにして、コンバージョンの行動をしやすいようにすることによって、オファーの価値をアピールすることができ、コンバージョン率をアップすることができます。
タイトル
LPにおいてコンバージョン率をアップするためのデザイン

ランディングページ(LP)において、どのようにすればコンバージョン率をアップすることができるのでしょうか?

ここでは、ランディングページ(LP)において、コンバージョン率をアップするためのデザインのポイントについて見ていきましょう。

ランディングページ(LP)でコンバージョン率をアップするためのデザインのポイントは、ソーシャルプルーフをプラスすることです。

推薦コメントやケーススタディーをランディングページに掲載するのと同様に、社会的証明であるソーシャルプルーフをプラスしましょう。

このことによって、自分のオファーとコンテンツに対して、信頼という価値を第三者からプラスされるようになって、コンバージョン率のアップにつながるようになります。

ランディングページ制作する場合に掲載できるような、お客様の声やケーススタディーを探してみましょう。

また、ソーシャルネットワークがないか調べてみましょう。

自分の記事をダウンロードして、コメントのポジティブなものをしている人のSNSを掲載したり、自分の会社のSNSのページにコメントのいいものを書き込んでいる人に引用をサイトで行ってもいいか問い合わせたりしてみましょう。

また、すでにオファーをダウンロードした人数についての数値がある場合には、ランディングページでその数値をアピールするものいいでしょう。

例えば、この電子書籍をすでに2000人がダウンロードしています、というようなものです。

ランディングページ(LP)でコンバージョン率をアップするためのデザインのポイントは、一貫性を維持することです。

ある調査結果によると、全体的なウエブサイトのパフォーマンスに影響を最も大きく与えるランディングページの要素について分析した結果、第一位がページのレイアウトであったそうです。

この理由としては、1つのランディングページに大きくレイアウトを変えるような要素があれば、全体のウエブサイトのナビゲーションが困難になるからでしょう。

結果を最大限に期待するために、A/Bテストをランディングページの要素について継続して実施していくことは大切です。

しかしながら、毎回大幅にランディングページのレイアウトを変えて制作することは止めておく方がいいでしょう。

一貫性をある程度維持することによって、長期的に考えればナビゲーションを訪問したユーザーがしやすくなります。

また、新しいランディングページのレイアウトを毎回理解する必要がないため、訪問したユーザーが戸惑って、コンバージョン率がダウンするようなことはありません。
タイトル
ランディングページ(LP)を制作する場合のコツ

コツがランディングページ(LP)を制作する場合にはあり、ウエブサイトの一般的なものとは異なった技術が必要になります。

では、ランディングページ(LP)を制作する場合には、どのようなコツがあるのでしょうか?

まず、ランディングページ(LP)の場合には、一般的なウエブサイトのように何度もユーザーが訪問して記事を見ることはありません。

そのため、ランディングページ(LP)に訪問してきた人を、一回で引き込むことができるような魅力が必要になってきます。

また、情報量がページあたりで多いため、細かいところまで明確に情報の順位付けをする必要があります。

そのため、ランディングページ(LP)のデザインを制作する場合には、どのように確認して改善を行うといいのか非常に悩むのではないでしょうか。

ここでは、ランディングページ(LP)のデザインの主なチェックポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページ(LP)というのは、アクションをユーザーに促すための流れに沿って制作されており、セクションのそれぞれにははっきりした役目があります。

デザインとしては直感的にセクションの違いが分かるようなものでなければ、計画した通りにユーザー心理が変わらなくて、イメージがだらだらしたものになってユーザーが飽きてきます。

例えば、本のケースで言えば、変化が「節」「章」にデザイン的に無くて、文章がだらだらと継続するようなものです。

セクションを余白や見出し、背景色などを考えて分けて、ランディングページ(LP)のデザインをメリハリあるものにしましょう。

ランディングページ(LP)は、それぞれのセクションを構成している図や段落の中にも、優先順位とはっきりと強調するところがあります。

このような強調するところが、ランディングページ(LP)を制作する人が考えた通りに行われているか確認してみましょう。

ランディングページ(LP)のデザインは、その商品らしさを表現し、しかもターゲットの好みに合ったものが要求されます。

デザインとしてふさわしいものにまとめるためには、文章に前提になる商品のターゲット、コンセプト、デザインキーワードを入れ込むことが必要です。

あいまいにこのことをすれば、迷子に高い確率でなります。

ランディングページ(LP)をデザインする前に文章化をしっかりと行って、十分に検討しましょう。

ランディングページ(LP)を制作する場合には、このようなコツについて十分に把握しておきましょう。

なお、このようなコツは、ネットなどでもいろいろ紹介されているので確認してみましょう。
タイトル
ランディングページを制作する場合に大切な考え方

集客対策のPPC広告やSEO対策などは積極的であるが、上手く大切なユーザーに販売するためのページが制作されていないようなサイトは多くあります。

時間が全体のサイトを見直しするためにはかかりますが、最初にユーザーと接するランディングページ(LP)を改善することから着手するのがいいでしょう。

しかしながら、ランディングページ(LP)を改善すると言うことでも、どのようなことから着手すればいいか、売上アップのポイントはどのようなことかなど、基本的なことを把握しておくことが必要です。

ここでは、ランディングページを制作する場合に大切な考え方と、必要な配置や要素についてご紹介しましょう。

ランディングページに関して、これからランディングページを制作しようとしているが、どうすればいいか分からない、ランディングページをすでに制作しているが、成果が思ったように出ない、基本のランディングページの知識に関して勉強したいと考えている、というような場合に役に立ちます。

ランディングページは、ページ内において意図したアクションをユーザーにしてもらうことが目的です。

一般的に、目的としてランディングページに設定するものは、お問合せ、メルマガの登録、資料請求、見積もり依頼、お試し利用、会員登録、商品購入、SNSボタンなどです。

これ以外の目的が、ホームページによっては設定される場合もあるでしょうが、このような項目にほとんどの場合はなるでしょう。

コンバージョンポイントと、目的のこのようなランディングページに設定されるものは言われています。

ランディングページを効果的にデザインするには、まず明確にコンバージョンポイントをさせる必要があります。

基本的な目的が明確になっていないと、ランディングページをどのようにデザインすればいいか分からないでしょう。

また、コンバージョンポイントのランディングページに設定するものの種類で、その後の戦略が大切になってきます。

例えば、コンバージョンポイントにメルマガ登録が設定されている場合、メールアドレスをいくら集めたとしても、フォローメールのその後の流れを考慮していないと、売上アップに最終的に繋げるのは困難でしょう。

いずれにしても、ランディングページの意味について十分に把握した上で、どのようなアクションをページに訪問してきたユーザーに対してとって欲しいのかということについてはっきりさせるということが基本になってきます。
タイトル
インターネット上でサイトや商品の理解を深める

仮に購入してもらえなくても、そのページを見てくれた方がいいなと思ってくれることが、何よりも大事なことです。ランディングページは、多くの宣伝をすることが出来て、会社の名前や商品の特徴を理解してもらうために利用するサイトとなります。このページが無ければ、何を宣伝しているのかわからなかったり、会社名が出ても何をしている会社かわからず、適当に見られることがあります。こうしたものが起こらないように、しっかり対応することが大事になってきます。

デザインを決めるときには、会社や商品の特徴がわかりやすいようにしておくことは当たり前となっています。これが出来ないと、本当に売上をしっかり伸ばすことが出来ませんし、見てくれる人が、他の方法で検索してくれたりすることがありません。しっかり見てもらうためには、やはり売り上げを増やすために会社の宣伝をしなければなりませんから、制作のときにもわかりやすいように会社名を付け加えることとなります。

その上で商品については、なるべく名前を知ってもらえるようにします。LPを利用して宣伝をする場合は、商品の名前をしっかり考えておかなければならず、その商品名で販売していることが知られていないと、いい宣伝になりません。知ってくれないような商品名だと、本当に何をしているのかわからないと思われますし、何が宣伝されていたか残らないので、あまりいい効果を得ることが出来なくなってしまうので、本当に大切なことは、そうした情報をしっかり出して、覚えてもらうことです。

ランディングページのデザインでは、商品名をしっかり作ることは勿論ですが、制作の時には商品名を多く利用するようにします。その商品名で販売されていることを、なるべく覚えてもらえるようにする工夫を行っていれば、売り上げ増加に期待を持つことが出来る要素を増やせます。さらに宣伝しているページが多くなることによって、LPによって商品名がわかり、多くの方が店頭で購入することもあります。

ランディングページについては、本当にいいものだと宣伝が的確であり、うまく利用して多くの方が宣伝から購入まで結び付けていることもあります。本当にいいランディングページというのは、相当な商品を扱っている場合でも、商品名や会社名をしっかり覚えてもらえる工夫をしているのです。これらの工夫がしっかりされていないことは、あまりいい効果が無いので、そこだけはしっかりやらないと駄目です。
タイトル
いいランディングページ(LP)を制作する必要がある

ネットショップの売上げアップに関係してくるのは、サービスと商品の品質だけでなく、非常に多くの情報量があるネット中において、サイトのデザインやサイトへのアクセス数になってきます。

このようなことを重視しておかなければ、宣伝が上手くできず、サイトが最終的に売れないものになってきます。

このためには、いいランディングページ(LP)を制作する必要があります。

では、ランディングページ(LP)とはどのようなものでしょうか?

ランディングページと言うと、あまり知らないのではないかもしれません。

ランディングページは、縦長く、1枚の中にすべての内容を入れ込んでいることが特徴です。

ほとんどリンクは使用しないで、上から下まで一気に読むことができます。

申込ボタンや購入ボタンが途中にいくつかあり、クリックすると、ページの最も下に移ったり、新しいページに移ったりします。

どこかでこのようなランディングページを目にしたことがあるでしょう。

ランディングページを見た場合に、目に最初に入ってくる内容は最も大切です。

ユーザーの興味をここで喚起することができなければ、売れるサイトにはなりません。

ここでは、ランディングページをデザインするポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページをデザインする場合には、商品のイメージ、価格、キャッチコピー、特典、付加価値、購入ボタン・問い合わせボタンを入れ込みます。

最も直感的にどのような商品を売っているか、アピールすることができるのは商品の写真です。

そして、ユーザーの興味、購入意欲を引き出すため、または、商品に対する不安を無くすため、キャッチコピーの適当なものを入れます。

これ以外には、詳しい価格、購入方法、サービスなどについて記載します。

技術が進歩することによって、最近は高いデザイン性のサイトが多くあるので、ユーザーのセンスも高くなってきています。

最初の数秒間で、ランディングページが成功するかどうかは決まります。

サイトがネット上に非常に多くありますが、ユーザーはいつまでも遅い表示のランディングページを待ってくれません。

どのようにランディングページを制作するとユーザーの注目を集めることができるかということを解決するためには、他の競合する会社のランディングページを調査して、配色、横幅、読み込むスピード、価格、キャッチコピー、購入ボタンの数、特典内容、などの項目についてよく確認してみましょう。
タイトル
ランディングページ(LP)を制作する場合に入れ込む項目

ランディングページ(LP)を制作する場合に入れ込む項目について見ていきましょう。

リード文章というのは、メインキャッチコピーの次に記載する文章です。

リード文章は、メインキャッチコピーの中身を補うと同時に、ランディングページの先の内容について期待を抱かせることが役目です。

つまり、ランディングページの本文とメインキャッチコピーつなぎになるものです。

そのため、あまり文章の量は必要なく、目安としては150文字~200文字くらいでしょう。

サービス・商品の写真は、サービス・商品のイメージを伝えるものです。

文章と比較して、ユーザーの直感にイラストや写真の方がアピールすることができます。

写真を撮るのは、プロの人に依頼しなくてもかまいません。

最近は、安い価格で買うことができるデジタルカメラでも性能が良くなってきています。

ホームページを制作する場合の写真としては、満足が十分にできるでしょう。

写真を撮る方法は大切です。

例えば、売りが泡立ちの石けんを販売する場合に、正面から商品パッケージを撮ったのみの場合と、手に実際にとって泡が立っているものを撮った場合では、ユーザーはどちらの方を購入したくなるでしょうか。

やはり、手に実際にとって泡が立っているものになるでしょう。

このようなものを撮る場合には、テクニックは特に要りません。

ユーザーがサービスや商品を実際に使用した際の目線で撮るようにすれば、間違いなくいい写真になります。

ユーザーが、コンバージョンである資料請求や商品購入などに至る場合には、問題意識が何かしらあります。

例えば、この商品が欲しい、このように自分もなりたいなどです。

ランディングページをデザインする場合には、再度ユーザーが持っている問題を認識させて、さらに深堀を具体的に行うようなものが必要です。

例えば、ダイエットのための商品の場合には、問題提起として「誰もが憧れるようなくびれを入手したくありませんか?」ということから、「体重を計るのが恐ろしい」「昨年着た服を着ることができない」「運動も無理にしたくない」というような、ダイエットの場合の問題の具体的なものについて深堀するような表現を使用してデザインしていきます。

「痩せたいでしょう」とのみ単純に言われるより、具体的な関係する問題を並べることすれば、興味がより深まってくるでしょう。

問題意識をこのように高めるようなものを、ランディングページ(LP)を制作する際には入れることが必要です。
タイトル
ランディングページの成約率を高めるためのコピーライティング

高い成約率のLP(ランディングページ)は、例外なく人を引き付けるコピーライティングが書かれています。もちろん、デザインも大事ではありますが、人が納得して行動に移るのは、デザインではなく、コピーライティングです。もしあなたがLP(ランディングページ)の成約率を上げたいのであれば、コピーライティングのスキルを磨かなければなりません。ここでは、高いランディングページを制作するために必要な説得力のあるコピーライティングを書くために要チェックのポイントを説明していきます。





1.読む人の視点で書く



あなたのランディングページを読んでいる人があなたの書いた文章に感情移入できれば、成約率は大きく上がります。そのためには、読む人の視点で書く必要があります。言葉遣いを変えるだけでも、読む人の視点になります。例えば、「みなさん」という表現を「あなた」に変えることで、読む人は他人目線から自分目線に切り替わります。他にも読む人が興味を持つ内容や言葉を入れたり、共感してもらえる話を書くのもポイントです。



2.小見出しを入れる



ランディングページは長くなってしまいます。そのため、パッと見て内容がわかりづらいためにページを閉じてしまったり、読んでも何を言いたいのかよくわからず行動に移さないことも少なくありません。小見出しを付けることで、ランディングページの内容は整理され、読む人もパッと見て自分に興味がある内容かどうかを判断できます。また、内容がまとまっているので、読む人も内容を理解しやすいです。更に、小見出しが刺激的だったり興味深ければ、一気に読む人を引き付けることができます。



3.読む人が日常使う言葉を使う



インターネットの文章で、自分の知識をアピールするために、わざと難解な言葉や専門用語を使う人がいます。もちろん、あなたの専門性をアピールし、専門家としてのあなたをブランディングするには、効果的です。しかし、ランディングページで使うとなると、考えものです。ランディングページの目的は、あなたの情報発信やブランディングではありません。具体的な行動を起こしてもらう(メルマガ登録や商品の購入など)ことが目的です。使う言葉は、あなたがターゲットにする人(読み手)に合わせましょう。人は自分のわからない言葉が出て来ると、その時点で思考停止になり、読む気を失せてしまいます。逆に自分のよく使う言葉なら、すらすらと読み進められ、感情移入しやすくなります。



4.具体的に書く



ランディングページでは、曖昧な表現はせず、具体的な表現をしましょう。例えば、「1ヶ月に約100個売れた。」ではなく、「1ヶ月に97個売れた。」とします。端数までしっかりと書く方が信憑性があります。ちなみに、偶数より奇数の方が信憑性も持たれるという統計データもあります。



5.あなたがしてもらいたい行動を書く



最後にあなたがしてもらいたい行動を具体的に書きましょう。例えば商品を購入してもらいたいのなら、「下記のお申込みボタンをクリックして、お申込みフォームに必要事項を記入して、確定ボタンをクリックしてください。」と具体的に書きます。ランディングページの目的は行動を起こしてもらうことですので、何をしてもらいたいのかをしっかりと書くことは大事です。逆にこれを書かないと、いい文章だったなぁっという感想だけで、何もアクションを取ってもらえないで終わってしまいます。





まとめ



ランディングページを制作する時、以上のポイントをチェックしながら書くと、説得力のあるコピーライティングを書くことができます。推敲を繰り返し、少しでも成約率の上がるランディングページに仕立てましょう。
タイトル
ランディングの初心者のための記事の作り方

私はまだランディングページの作成を始めて日が浅いですが、これからランディングを始める方に私なりの制作の仕方を教えます。

まず、ランディングページの作成を始めて最初にぶつかる壁が「何を書いていいかわからない」ということだと思います。

最初は知っている内容の記事から書いてみて下さい。

知っている話題なら考え込まずとも自ずと書くことも頭に浮かんでくるでしょう。

ある程度書くのに慣れてきたら今度は文字数の多い記事を作るのに挑戦してみて下さい。

書いている内に知ってる話題と言えども書くことが思い浮かばなくなってくるはずです

そしたら一度書く手を止めてみて、活字本を読んでみるんです。

字を読むことで頭も鍛えられ、文才もつき自然とLPの制作も捗ってきます。

それでも書くことに詰まったら、同業者のランディングページを見るのも手です。

自分と相手ではLPのデザインの方法も違いますから大きな参考になるでしょう。

特異な話題を制覇したらいよいよ自分の知らないジャンルです。

知らない記事をデザインするわけですから一から情報を集めないといけません。

ここで多くの方が検索エンジンを使うと思うのですが、検索エンジンに乗っているサイトは全部が全部信用できるものではありません。

素人知識のブログもありますから、誤った記事を載せると信用に関わります。

そこで役立つのが今CM等で話題のキュレーションマガジンのアプリです。

この種類のアプリは調べたい物、出来事を正確に検索することができます。

まずメインとなる話題がヒットしたら、見出しとなる記事を整理していきます。

記事にしたい対象の要点、細かい説明などを書いていきます。

記事を作る時に注意したいのが書き方です。

そのまま同じ文章を載せるいわゆるコピーペーストは絶対にしないでください。

すぐに弾かれます。

自分独自の文を書けたらそれが一番良いのですが慣れないうちは元の言い回しを書き替えるリライトをしても大丈夫です。

リライトをする際勘違いしがちなのが「です」を「なのです」に末尾の言い方だけを変えるのはNGです。

伝えるニュアンスは変えずに、尚且つ言い回しは自分の言い方で書くようにして下さい。

フリーランスの仕事の中でもランディングページの作成は幅広い方が行ってるジャンルで、それだけに話題もかなり豊富です。

これから始める方も最初の内は記事の作り方に戸惑いますが、私の書いたこのページが少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。
タイトル
ランディングページのビジュアル面におけるポイントやコツ

効果を視覚的にアップするランディングページ(LP)をデザインするコツについて見ていきましょう。

ランディングページ(LP)を制作する場合には、ユーザーがコンバージョンに至るまでの心理的な動向を考慮しながら、コンバージョン率がアップするようなページの構成要素がポイントになります。

このようなランディングページの構成要素を押さえると、次に工夫をデザイン面において行って、効果として視覚的なものも期待しましょう。

ここでは、ランディングページのビジュアル面におけるポイントやコツについてご紹介しましょう。

ランディングページのレイアウトをF型にして、インパクトをさらにアップしましょう。

ウエブページを人が見る場合には、視線が移動するパターンは主にF型になっているということです。

視線が移動するのは、左上から入って、右に移って、そして初めのところの少し下付近に戻って、下にそのまま移っていくというような流れです。

そのため、左上にアピールしたいものは置くことがおすすめです。

このパターンに則って、ページが有名なウエブサイトなどもレイアウトされています。

ランディングページの文字を画像文字にして、視認性をアップしましょう。

ランディングページの場合には、テキスト文字ではなく、文字は画像化したものを使用するようにしましょう。

こうすることによって、文字が非常に読みやすくなります。

一般的なSEO対策においては、テキスト文字しか検索エンジンは認識することができないということもあります。

しかしながら、基本的にランディングページの場合は、ネット広告からユーザーを誘導するのみのものであるためSEO対策は必要ないでしょう。

また、商品のメリットや緊急性・限定性など、アピールしたいところはよく目立つように赤ラインなどを引いておきましょう。

画像文字は、このような視覚効果をアップするためにも有効です。

ランディングページを制作する場合には、信憑性を手書き風の文字を使用することによってアップしましょう。

購入意欲をユーザーに起こさせる一つの心理的な効果として、社会的証明があります。

例えば、この代表的なものがお客様の声で、確実にコンバージョン率をアップする有効なものになっています。

お客様の声は、信ぴょう性が非常に大切であるため、名前、年齢、住んでいる地域などを必ず記載するようにしましょう。

さらに、コメントを紹介する場合には、手書きの方がおすすめでしょう。
タイトル
ランディングページでは商品の信頼性や格を高めることも大事

全く商品に対する知識が無かったり、売られている製品やサービスについて無知な人に、売り込みたいものの魅力やメリットをアピールできる方法といえばランディングページですが、ランディングページのデザインを制作する時には購買見込み客に対して信頼を提示する必要性があります。

実際に店で製品を買うのと違い、商品を試したり自分の目で実際に見てからでは買えないデメリットがあるインターネットでは、わかりやすい商品説明によって不安要素を解消させる必要があります。

ユーザーの不安解消のため、ぜひ摂り入れたい方法といえばランディングページに実際に商品を利用したユーザーの意見を載せる方法です。

日本人は共感しやすい性格の人が多いですし、他のユーザーが商品を使用してみて良いという評価が掲載されていたり、プラスのイメージに繋がる口コミやレビューがあれば、自分も使ってみたい気持ちになることも多いですし、商品に対する不安感も払拭されやすくなります。

ただ売りたい側が一方的に商品のメリットについて語り尽くしているだけではユーザーの信頼を掴むのは難しく胡散臭いイメージが持たれてしまいがちです。

しかし、第三者の率直な感想を用意したり、実際に商品を活用したユーザーの反応や感想が記載されていれば、安心感を持ってもらいやすくなります。

また、LPのデザインではただ製品の値段や特徴や成分などのスペックを記載するだけではなく、鮮明な写真を活用したり、売り込みたい宣伝文句や端的なキャッチコピーは文章として掲載するより、画像としてグラフィックで挿入したり、目立つバナーを制作するのがおすすめです。

実際の商品のパッケージや中身を写真に撮影し、ランディングページで掲載しておくことも必須です。

製品のパッケージだけではなく、どのような内容物かを具体的に示したり、梱包状態や商品送付時の包装の形態や配送方法などについて記載するのもおすすめです。

商品に対する具体的なイメージや姿をユーザーに知ってもらうことは安心感アップに非常に有効な存在ですし、文字やフォントだけのLPページだと地味な印象で読み飛ばされやすいですが、画像が掲載されていたり、親しみやすいイラストが用意されていると、ユーザーにランディングページを読んで貰える確率も高まります。

また、文章を記載する時に意識したいことは、一文は長すぎないようになるべく短く読みやすい文章にすることです。

専門用語や横文字など難しい語彙を使い過ぎないように気を付けたり、専門知識がない人や年配の人でも理解してもらいやすい文章を意識したいものです。

長過ぎるキャッチコピーや難解でわかりにくい表現の文章だと、せっかくの製品の魅力も伝わりにくいので、万人受けしやすく読んでもらいやすい文章作りをすることが大事です。
タイトル
いいランディングページを制作するためポイント

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するためには、ページの横幅がポイントになります。

よく使用されているページの横幅は、9000px~1000pxが半数近くになっています。

ランディングページというのは、縦長い1枚の画像で制作されているので、フルサイズの画面を使用するのは避けましょう。

というのは、フルサイズの場合には、情報量が1ページ内に多くなり、ユーザーが読む場合に時間がかかるので、途中で中止する恐れがあるためです。

そのため、横幅を抑えて、縦長にして、スクロールをユーザーがしながら読んでもらった方が、コンバージョン率が高くなるでしょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するためには、キャッチコピーの文字数がポイントになります。

キャッチコピーというのはランディングページを制作する場合に最も大切で、しかも難しいところです。

そのため、文字数が多くなければ意味を十分に伝えることができなく、効果が期待できません。

しかしながら、文字数が多くなれば、読みにくくて、ユーザーが読んでくれない可能性が大きくなります。

このようなことから、キャッチコピーの文字数としては11文字~20文字くらいにすれば最もいいでしょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するためには、問い合わせボタンがポイントになります。

問い合わせボタンは、コンバージョン前の最後の重要なところです。

問い合わせボタンの数としては、ページの長さによっても違ってきますが、数個程度設けましょう。

問い合わせボタンに記載する内容についてはいろいろですが、「ご購入はこちら」ということが最も使用されています。

また、商品の名称を前に記載する場合もあります。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するためには、特典がポイントになります。

特典を送料にする場合は、半数以上が無料になっているようです。

経費面におけるリスクを考慮すると、特典として送料のみが無料というのもおすすめでしょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するためには、ページの配色がポイントになります。

例えば、飲料商品のような場合は、それぞれのページの配色系を商品の性質によって違えるような方法がおすすめです。

このように商品のページによって配色を変更すると、ユーザーが見た場合に非常に分かりやすくなるでしょう。

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するためには、このようなポイントを押さえておきましょう。
タイトル
ランディングページを制作する場合のポイント

ランディングページ(LP)を制作する場合の大切なポイントについてご紹介しましょう。

ここでご紹介するポイントは、ランディングページ(LP)を制作する場合には最低限把握しておくべきものです。

また、ポイント以外にも、デザインについても失敗しないランディングページを制作するためには大切であるため、デザインについても注意しましょう。

どのような問題を持っている人のためのものかがポイントです。

ランディングページではこの項目が必須です。

できる限りターゲットを具体的に決めて、そのターゲットのためのページを制作しましょう。

このターゲットについても、年齢、趣味、年収、ライフスタイルなど、いろいろな要素から人物のイメージを具体的に作ることができるまで絞り込みましょう。

どのようなメリットをターゲットに提供することができるサービス・商品かがポイントです。

どのようなサービス・商品でも、何かを解決することができるものでしょう。

そのサービス・商品を利用することで、メリットはどのようなものがあるかを可能な限り分かりやすく示すことが必要です。

このようなメリットをアピールする場合には、その証拠が必要になります。

メリットであると客観的に見て感じるものでなければ、ターゲットには伝わりません。

ランディングページを制作する場合に大切なポイントとして、別の会社ですでに同じようなサービス・商品がある場合は、どのようなポイントを現在のウエブサイトがアピールしているかを掴んで、自社の場合にはあえてそのポイントと比べたり、別の会社がアピールできていないところで自社がアピールできるようなポイントをチェックしたりして、ページに記載しましょう。

ネットショップの場合には、多くのレビューがあるサービス・商品に注文がさらに入るように、他の人も購入していることが非常に大切です。

しかしながら、ランディングページを新しいサービス・商品のために制作する場合も多いでしょうから、この場合は会社の実績を紹介しましょう。

導入した実績の場合は「数」をメインに示しますが、この場合にはお客さんの実際の声を具体的に紹介しましょう。

お客さんの声としては文章を単に記載するのみでは十分ではなく、言っているのは誰であるかを記載する方がいいでしょう

特に、名前、年齢、性別、地域、できれば顔の写真を紹介して、可能であれば手書きの方がいいでしょう。

当然ですが、1件のみでなく、複数件紹介しましょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.