上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
今流行りのランディングページの動画マーケティング方法

ランディングページで流行りつつあるデザインがあります。それは動画とメールアドレスを入力するフォームを組み合わせた方式のLPです。以前は写真や文章をセットにしたランディングページが多く見られたのですが、ネット回線のスピードが速くなり、誰もがスマホやPCで動画を見るようになったことから、動画を使ったマーケティングが主流になりつつあるのです。

LPのマーケティングで動画を使うメリットはたくさんあります。まず第一に写真などと異なり、動きのある映像であるために視聴者の注意を引きやすいという点です。今はWeb上に無数のサイトがあり、日々増え続けています。このような時代になるとコンテンツの質もさることながら、ユーザーをいかにしてランディングページに食い止めるかが重要課題となってきます。その方法の1つが動画なのです。

また動画を使えば、文字だけではわかりにくい細かい点まで映像を用いて伝えることができます。販売したい商品やサービスが何であれ、動画であれば説明不要で見るだけで内容を理解することができます。簡単な商品紹介動画を載せるだけでLPを作ることができてしまうので、ランディングページで動画を使うのはもはや必須とも言えるでしょう。

動画を作成するというと大変な作業のように思われるかもしれませんが、実は簡単です。どうしても機材が用意できないという場合でも、スマホ1つで事足ります。スマホですと多少画質が落ちてしまったり録画時間が短くなるなど制約はついてしまいますが、スマホの動画撮影機能を利用して商品の動画を撮ったり、サービスを行っているシーンを撮ることができます。多少の編集は必要ですが、これだけで動画を制作することが可能になります。

また動画をアップロードする有料のホスティングサーバを探さなければならないと考える人も、これも無料で行うことが可能です。Youtubeを活用すれば良いのです。15分以内の動画であればYoutubeに無料でアップロードできるので是非使ってみると良いでしょう。これでLPに来ていない人でも動画を見てもらえるようになります。ただ動画の再生時間ですが10分以上になりそうな場合は、短めにカットして10分以下にしたほうが望ましいです。ユーザーが動画を見る時に10分以上の動画ですと、途中で飽きて再生をやめてしまう傾向があるからです。動画の長さはできれば5分程度にとどめるのが理想的です。

このようにしてスマホとYoutubeをセットで使えば無料で商品紹介動画やサービス内容を説明した動画を作成することができます。慣れればたった一日で完成させることができますので、ランディングページのデザインを制作するときには、動画を中心コンテンツに据えることを強くオススメします。
タイトル
スマホでもその情報がわかりやすいようにする

現在は、スマホでも情報を見ることが出来るようになっており、色々な情報を閲覧することによって、様々なデータを手に入れることが出来るようになっています。ランディングページについても、スマホからのアクセスができるようにしており、それによって情報が沢山手に入るようになっています。もし、そうした情報をしっかり得られないようなページにしてしまうと、LPというものの価値があまり無い状態となってしまうので、失敗する可能性が高くなってしまいます。

デザインを決めるときには、スマホ用も開発する必要があることを理解してください。スマホ用のページを制作しておくことによって、スマホからもランディングページを見てもらえるようになりますので、その情報を多くの人が理解してくれるメリットを持っているのです。適当にやっていると、スマホ用のページは作られないままとなってしまいますし、閲覧していると見づらいなどの症状が生まれてしまうことになります。そのようなことが起こらないように、しっかり対策を進めておきます。

1つの方法として、スマホ用とパソコン用にしっかりと分けて、デザインを決定していく方法もあります。本来は1つのページで2つの媒体からのアクセスを考えたいところですが、そうしたことをやったとしても、あまりにもメリットが小さいと感じられるようなら意味がありません。制作をするときには、なるべくLPというものがいろ異論媒体でアクセスされることを理解して、それに対応するページを作成するのです。

さらに、色合いにも注意しておかなければなりません。明るい背景については、ランディングページでも利用される傾向が多いのですが、あまりにも明るくしすぎたことによって、見づらいようなページが作られてしまうことは大きなマイナスになってしまいます。ページの背景は良く考えるようにして、なるべく明るくならないように、目に悪いような背景を利用しないようにしてください。

ページは、スマホ用としても作成しておくことが結構大事なこととなっていて、これによってアクセスしやすいようにしておけば、利用する人が増加したり、サービスの宣伝が行いやすくなるメリットが生まれます。ランディングページについては、色々なユーザーがアクセスしてくれることを前提に考えるようにして、なるべく多くの情報源を渡せるように、色々な確認をしながら取り組みつつ、いいページに変更させていくことです。
タイトル
アイデアが0からの状態でランディングページを作る方法

どのようなランディングページを制作してよいかわからないし、ユーザが何を求めているのかも全く検討がつかないという場合、まずはアンケートを実施するのが良いでしょう。既にホームページを持っているならば、そこでアンケートを取っても良いですし、フォロワーのついているツイッターのアカウントがある場合は、ツイートで選択式のアンケートを取ると素早く反応を得ることができます。今はグーグルや忍者ツールズのアンケートフォームなど無料のものが揃っているので、マーケティング会社などにお金を払わなくても無料でアンケートを取ることができます。ユーザーと接するプラットフォームが何もないという場合は、アンケートページを作った後に、有料でグーグルアドワーズやヤフーのスポンサードサーチを利用しアクセスを集め、アンケートに答えてもらうことができます。

アンケートを取る際には答える人の負担を少なくする必要があります。ユーザーが欲しい物や知りたい事柄を自由に書かせるフォームを使ってしまうと敷居が高くなり、アンケートに答えてくれる人が減ってしまいます。一瞬で選べる選択式で、選択肢は多くても5択ぐらいまでに絞った方が良いでしょう。またアンケート結果を公開するのもポイントで、アンケートに答えてくれた人は結果を知りたがっているケースが多いです。ですから、アンケートに答えてくれた人には結果を教えてあげるというようなインセンティブを用意するのも回答率を上げる秘訣になります。

アンケートでユーザーが何を求めているかを把握できたら、次にライバルの動向をチェックします。オリジナル性の高い商品サービスを提供していても、ライバルはいるものです。ライバルのホームページやランディングページを見て、デザインやコンテンツの中身を調べます。ライバルのランディングページに不足している箇所が見つかれば、自分のLP制作の際にその点を盛り込むようにすると訴求力を増すことができます。またライバルサイトと違うターゲットを設定することも有効です。たとえばライバルが30代の男性をターゲットにしているのであれば、こちらは20代の男性をメインターゲットにすることができます。他にもライバルがgoogleから集客を行っているようであれば、こちらはFacebookやYoutubeから集客できるようなLPを作ることができます。必ずしもライバルと競争する必要はなく、勝てないと判断したら競争を回避することも大切です。まずは商品が売れているライバルや知名度のあるライバルを徹底的に調べつくして、自分のランディングページをデザインする際のヒントにするのが近道です。
タイトル
ランディンページで人を引き付ける魅力はどこにある?

インターエットで色々なことを調べようとすると、すぐに検索エンジンで関連するキーワードを入れて、ヒットした結果のサイトにアクセスすることになります。

これは、現在、利用者が増え続けているネットショッピンブの利用者でも同じことが言えます。

ネットショップを経営しているオーナーさんは、いかに検索エンジンで調べて、自分のサイトを訪れた人を長い時間、滞在してくれるかに腐心しています。

そのためには、ランディングページというものを充実させ必要があります。

ランディングページとは、商品を説明するだけではなく、いかにお客さんに商品を買ってもらうかという気持ちを高めさせることも目的にしています。

そのために、色々な手法を用いて、LPとも呼ばれているランディングページのデザイン制作を考えていく必要があるのです。

LP制作においては、デザイン構成を検討するなかで、基本的に押さえておくべきポイントがあります。

まず、他のページに移らないようにリンクは広告を張らないとです。

せっかくページに訪れてくれても、興味を示す前に他のページに移られては意味がありません。

まさに、顧客の囲い込みという意味でも、他にサイトに行かないように出口の数を少なくすることが必要です。

次に考えることは、画像と文字の配置とバランスです。

最近は、スマートフォンでネットショッピングをする人が増えてきたので、サイトの画面は事前と縦長になってます。

その時にできるだけ画面に表示されているエリアで、来訪者の興味を引くことが大事です。

そのためには、文字を詰め込め過ぎずに、程度な画僧と文字のバランスを考えながら、配置することが大事です。

文字よりも画像を多用し文字は、補足程度の使う場合もあります。

特に画像は見る人の感性に訴えかける効果もありますので、できる限り、商品を連想させる画像を使うことがいいでしょう。

また、ページを制約がある場合は、動画を挿入することも効果です。

動画自体は、それだけで一つのストーリーを完結させることができます。

しかし、スマートフォンの場合、データ制限という制約もあるので、視聴者が必要に応じて、再生できるようにクリックボタンを設けておくとよいでしょう。

クリックボタンはここだけではありません。

最終的な仕上げとしての「購入ボタン」です。

このボタンを押してくれて初めてランディングページを役割を果たすことになります。

このボタンも立体的なイメージにするなり人の目に触れやすい色とデザインで構成することが大事です。

このようなポイントに注意しながら、ページを作成して多くの人を集めるようにしていってください。
タイトル
ランディングページであえて公開する商品の在庫数

ランディングページでは、いろいろな仕掛けをして訪れた人に商品を買いたいという気持ちにさせていく必要があります。多くのテクニックを使いながら、コンバージョン率や購入数を上げていくことが大切なのです。そのうえで実際にランディングページで使ってもらいたい方法の1つが、あらかじめ用意している商品の数を表記しておくというものです。商品の数、つまり在庫の数を書いておくことが結構重要になる可能性があります。商品の数がそこまで多くないような場合には、それが消費者の心理面に大きく影響を与えることがあるのです。というのも、在庫の数が全部でいくつか分かっているような場合で、かつそれが多くないような場合には、ある程度その商品が気になっている、欲しいと思っているような人は、売り切れる前に買った方が良いと言う判断のもと、いつ売り切れるか?というのが読めないからです。ちょっと気になるけど、もう少し考えてから買うか?どうかを決めたいが、あまりゆっくりと考えていたら売り切れるかもしれないというジレンマに陥ります。そうなると、ちょっと迷っているけど、買う方向に心が傾きがちになることもあるわけです。在庫の数しか書いていなければ、用意されている商品の数は分かっているものの、そこからいくら売れたか?は分かりませんし、今の時点で在庫がいくつ残っているか?分かりません。だからこそ、早くしないと本当に売り切れてしまうのでは?と考えてしまうのです。そういう消費者の心の葛藤を読んでいくと、ランディングページにおいて、最初の時点での在庫の数を明記して制作していくということも非常に大切になってくるわけです。できるだけ販売個数は目立つようにデザインしていくと良いと思います。そうやって、早く買わないと手に入らないんじゃないか?と不安にさせていくというか、そういった揺れ動く心理面を攻めていくように、ランディングページを制作していくと良いと思うのです。実際の商品の数はどれくらい用意しているのか?というと、結構多いケースもありますし、在庫がなくなりそうならば追加でどんどん生産していくケースもあると思うので、全てのケースに使えるワザではないかもしれませんが、扱っている商品によっては、在庫の数がそんなに多くないような場合もあると思いますから、そういうときには割と使える1つのテクニックになると思います。LPでは商品自体の特性でアピールするという方法以外にも、知っておくと使えるポイントがいくつかあるので、そういった部分も盛り込んでLPをデザインしていくと、より売り上げも上がりやすいかもしれないです。
タイトル
ランディングページを作ることを考えることが大事

インターネットが発達して、私達の情報の取り方がかなり変わってきました。

旅行先で美味しいものを食べたい。

街中のお店では中々、手に入らないグッズを買いたい。

あの美術館に行きたいけど、場所が分からない。

そんな時にインターネットを使えば、すぐに検索して分かります。

欲しい情報がすぐに取れるから、とても便利なのです。

このようにインターネットが身近な存在になってから、仕事も大きく変わりました。

特にネットをベースにした取り引きで、商品をインターネット上で販売するネットショップや商品を紹介するアフィリエイトが、増えてきました。

それに伴い、商品広告もインターネットで表示する手段も増えたのです。

この時に、注目されているのが、ランディングページです。

LPとも呼ばれていますが、商品を説明するサイトて、購入者に詳しく説明をする役割を果たすのが、ランディングページです。

このLP制作にあたっては、購入希望者の心理を想定してデザインを考える必要かあるのです。

というのも、ランディングページは、買いたい人にその商品の全ても伝えなければなりません。

商品の機能、価格、仕様、そして種類。

このような情報はLP制作においては、最低限やるべきことです。しかし、一番こだわらなければならないことは、デザイン設計です。

このページで全てのことが決まるからです。

全てのこととは、購入するかどうかということです。

インターネットを使う商売で特徴なのは、いつでも誰でも、すぐに欲しい物を探すことができ、オーダーができることです。

パソコンだけでなくスマートフォンからでも行えます。

反面、ネット上だけでの情報確認ですから、実際に商品を触れることができません。

したがって、このページでできる限りの情報を盛り込む必要があるのです。

しかも、見栄えの良いレイアウト構成で作成することが、重要なのです。

インターネットの怖さがあります。

買いたい人が、最終的にこのページに辿り着いて、購入の最終段階まで来ているのですが、ここで分かりにくいページ構成になっていると、ほんの数秒で立ち去ってしまうからです。

それだけにランディングページの良し悪して、商品が売れるかどうかが決まってくるのです。

ページを構成する時に大事なことは、このサイトのページを見て理解できるか、見やすさも重要になってきます。

文字ばかりが羅列されていると、人はそれだけでページを読み飛ばしてしまいます。

ビジュアル的なテクニックも駆使して魅力あるページにしなければなりません。
タイトル
感性に訴えかけるランディングページは人をを惹きつける

インターネットでショップの仕事を取り組もうと考えたなら、LPのデザイン制作にかなり力を入れなければなりません。

LPとは、ランディングページと呼ばれるサイトの着地ページとも言われています。

ネットでお客さんが商品をオーダーする時には、ショップの商品紹介から入っていくことになります。

その時に、商品の紹介や申し込みの手続きに入るページが、ランディングページになります。

利用者にとっては、とても便利でインターネットにつながりさえすれば、パソコンでなくてもタブレットやスマートフォンからでもオーダーが可能です。

しかし、実際に商品を見ることができませんので、全てサイトのベージで内容を確認してからのオーダーとなります。

「これは、買ってから損はしないかな?」

「位前にも、ネットショップで購入した経験があるけど、失敗したな。」

そんな不安を抱かせては、ネットショップ閉じては成り立つことができません。

したがって、ランディングページを制作する時には顧客視点でのデザイン構成を考えなければならないのです。

・見やすい。

・分かりやすい。

・オーダーの手続きが簡単。

このような観点でページを作成することが販売を伸ばすベージ

制作のコツと言えるでしょう。

その中でも、特にこだわって欲しいことは

「難しいことは書かない、表記しない。」

ということです。

サイトの作り手側とすれば、商品の特徴や機能をできるだけページに詰め込んで、良さを知ってもらいたいと考えることでしょう。

しかし、あまりにも細かな文字を入れても、見る人は読むこと自体を止めてしまいます。

それは商品が売れないということです。

売れるためのページ作りは、できるだけ使う人の立場を考えて表示することがあります。

見せ方、作り方には経験則から来るノウハウがありますが、一番、こだわりを持ってもらいたい点は、相手の感性に訴えかけるキャッチフレーズを入れることです。

例えば、スタミナドリンクをネットショップで扱うことにましょう。

普通の説明だと、

「〇〇成分が100mg中、3mg含まれていて、疲労回復に効果はがあります。」

「食後1時間以内の服用が効果があります。」

というような表現と

「疲れた時に、グイ飲み!それだけで疲れが吹っ飛びます。」

のどちらが、相手の心を掴めるでしょうか?

これが相手の感性に訴えかけるランディングページの作り方だと言えます。

お客さんに考えさせるのではなく、フィーリングに問いかけて、イメージさせやすい内容が商売に大きな影響をもたらすのです。
タイトル
リード獲得のためのランディングページの作り方

ランディングページを作ると言っても、目的は様々です。

ポイントは普通のホームページのTOPページとは全く違うという点にあります。一般的なTOPページではただ情報を羅列しているのに対し、ランディングページでは訪問者が何かしらの行動を起こすような仕掛けが随所に施されているのです。ネットでホームページを制作する際に、訪問者の動きを測定することは以前にもまして重要になってきており、今ではランディングページをホームページとは別に制作する企業が増えてきています。商品やサービスを開発する際に、ホームページを作らずにLPだけを作成し、ユーザーの声を聞くという会社もあるくらいLPが主流になってきているのです。

しかしランディングページの目的というのは大きく2つに分かれるといえます。

一つ目がリード獲得のためのページで、もう一つがクリックスルー率を測定するためのページです。

前者のタイプのページはリード獲得のためという目的がはっきりしているので、デザインを考える上でサインアップのボタンやメールアドレスや名前を入力してもらう項目欄を設けるのは必須となります。アンケートを取るためのボックスを用意したデザインのページもよく見られます。

基本はユーザーが何らかのアクションを起こすかページを離脱するかの2択しかないという状況に追い込むことにあります。こうすることで、ユーザーはページに興味があるのかないのかという意思表示をはっきりせざるを得なくなるのです。

ユーザーはそのランディングページの商品・サービスに関心がある場合は、サインアップをしたりアンケートに答えることになりますが、そうでない場合は戻るボタンを押したり、ブラウザを閉じたりして、そのページを二回目以降、ほとんど訪問することはないと考えられます。つまり一回目のユーザーの訪問が勝負どころで、二回以上見てもらえることはないと考えておくのが普通です。ですから一回目のユーザーの訪問で繋ぎ止められるように、各種の工夫をこらすことが非常に大切なのです。

ここで気になるのは、どういう項目をユーザーに入力してもらえば良いのか、という点です。見込み客集めのためのランディングページの目的は、ユーザーとの接点を作ることですから、ユーザーと連絡をする手段を作ることが最重要となります。ユーザーと連絡するためには個人情報が必要ですが、住所や電話番号を入力してもらうとなると敷居が高く、ユーザーが拒否してページを離脱してしまう可能性が高くなります。これは知らない人に話しかけられて、個人情報を細かく聞かれた場合を考えてみればわかりやすいでしょう。誰でも警戒してしまうはずです。ですからランディングページでユーザーに入力してもらう場合は、気軽に教えられる苗字やメールアドレスだけを聞くのがベストと言えるのです。
タイトル
ランディングページのSEO対策とベージ構成の関連性

インターネットで商売を成功させようとすると、いかにサイトのベージを充実させるかが、カギになってきます。

そのためには、LP制作をかなり練り込む必要が出てきます。

LP制作におけるポイントは、ランディングページのデザインを研究し尽くして、作り上げことにほかなりません。

ランディングページとは、商品を購入する最終段階で顧客が購買行動を決定づける最後のページだと言っても過言ではありません。

そのために、このページ作成については、あらゆる観点からベージを作り込む必要があるのです。

それは購買者がどのような手段で、インターネットで購入するかという行動パターンを理解して、このページにアクセスするルートを想定しておくとか大事です。

ランディングページは、一般的に商品のサイトの中では、最下層の位置に掲載される場合が多いとされています。

商品の入り口であるポータルサイトから、アクセスされて用途別紹介のベージ、そして用途に合う商品が最終段階として、このベージに辿り着くわけです。

しかし、ここで注意しなければならない点があります。

最終ページであるにも関わらず、いきなりこのページに辿り着く顧客も結構いるからです。

それは、SEO対策が施されるからです。

SEOとは、人がインターネットで何かを調べた時に、検索エンジンの検索結果の上位に、該当するサイトが表示される仕掛けをすることです。

ネットで検索する時に自分が欲しい商品を検索する場合、賞品名が分からないと、関連するキーワードを入れて検索をすることと思います。

この検索動作を想定して、サイトの作り手側は、デザインを考える時に、検索でヒットしやすいような関連キーワードを盛り込むようになります。

その結果、検索エンジンの検索結果画面の上位に、自分のサイトが表示されれば、それだけ商品の購買機会が高まることになります。

そのためにも、サイト作成においては、SEO対策を講じることになるのです。

しかし、この対策はランディングページでも同じ対策をすることがありますが、そのために検索結果にいきなり、この最終ページ表示されることがあります。

そうなると、ポータルサイトから下の階層にアクセスされるルートではなく、はじめから最終決定のためのベージが出てきて、見る人が、どのような背景や目的で、この商品を紹介しているのか理解できないままに、他のサイトやページに移ってしまうリスクがあるのです。

せっかく辿りついたページを素通りされることで購買の機会損失が生まれてくるのです。

このような事態を避けるためにも、ランディングページは他のルートからアクセスされても、理解できるような作りにしておかなければならないのです。
タイトル
ランディングページでは説明文は短く丁寧に書こう

インターネットでネットショップを利用している人が多くなってきました。

手軽に簡単にできることから人気が出ているのでしょう。

それに伴って、ネットショップを立ち上げる人達も増えています。

ネットショップを売り揚げを伸ばすためには、いかに多くの人をネットショップの商品サイトに呼び込んで、長い時間、滞在させて買ってもらうかが、成功のポイントになってきます。

この時に大いに力を発揮してくれるのが、ランディングページです。

ランディングページは、略してLPとも呼ばれていますが、このページの制作において、見やすくきれいなデザインを考えていく必要があります。

サイトに滞在する視聴者の時間が短いためにも、効率よく商品の必要性や利用効果を説明文や写真、動画を上手く組みあわせてページ展開をしていかねばなりません。

しかし、最近はパソコンと同時にスマートフォンの利用も増えています。

この変化の中では、LPデザイン制作もパソコンとスマートフォンに対応していく必要があるのです。

パソコン画面は横長になりますが、スマートフォンは縦長です。

そうなると、ランディングページの構成も変えていくことになりますが、スマートフォンの場合、画面自体が小さいので、画像と文字の配置やバランスをよく吟味しなければならないでしょう。特に、説明文については、文字数を少なくする反面、分かりやすさも求められます。

ここでよくあるのが、3点方式です。

商品には色々な特徴や性能があります。

しかし、説明文が長くて、全ての特徴を盛り込んでしまうと、特長のポイントが、ぼやけてしまうのです。

その時に使えるテクニックが3点方式です。

これは商品特徴を3点に絞って表記することです。

人の記憶は3点程であれば、強烈にイメージが残ると言われています。

しかも、スマートフォンの限られた表記スペースを考えると、この程度の文字数の方が対応しやすいというメリットもあります。

ポイントの表記は、箇条書きで簡潔明瞭に書くことが必要です。

だらだらとやたら長い文字ではなく、ピリッとスパイスの効いた適度な文字数が相手の脳裏に焼き付けられるからです。

この手法はビジネスの世界でもプレゼンを行う時に使われるのですが、初めて説明を、聞く人でも非常に理解しやすいと高い評価を得ることができます。

ランディングページは、相手に正しい情報を伝えることも目的としていますが、販売を上げることが一番の目的なので、効果的な酒房を意識しておくことも大事なのです。
タイトル
購入者を想定して作成されたランディングページは分かりやすい

私達が買い物をする時に、その気にさせる要因とはどんなことかあるでしょうか。

何かを困ったことがあって、その問題を解決するような製品だったから。

昔から欲しかったんだけれども、実際にお店のスタッフの説明も上手で、ますます買う気になってしまった。

そんな竜から、どんなに高くても、お金を出して買ってしまった。

そんな経験を持っている人も少なくないと思います。

インターネットによるショッピングでも、基本的には同じです。

ただ、違うことは実際に商品を見て、触って、スタッフの説明を聞けずに買わなければならないことです。

この数年、ネットショップのニーズが高まっており市場の成長は留まることを知りません。

これに合わせて、ネットショップを開業する人も増えています。

しかし、インターネットでショッピングをする時には、物を見ることができないことから、製品の仕様説明を全てサイトを見て判断するしかありません。ネットショップを営む人は、買う立場の人のことを考えて、サイトを作る必要かあります。

そこで、重要にもなってくるのが、LPとも言われているランディングページです。

このページは、サイトを見て最終的な購入判断をするための重要なページとされています。

それだけにLP制作については、あらゆる手法を用いてデザインを考えなければなりません。

ランディングページを構成する時に、意識しなければならない点は、購入者を想定した制作です。

説明する製品を購入する人はどんな人がいるのか?

性別や年齢、性格、あるいは嗜好まで、踏み込まざるをえない場合もあるでしょう。

健康グッズや健康食品が対象ならば、顧客の体調までも想定することを考える必要があるかもしれせん。

そのような観点から、ランディングページを作る必要があるのです。

このページを仕上がり具合によって、オーダーの確率が左右されてしまうほどです。

ランディングページは、ページを覗いている人に囁きかけます。

「このページに出会えたあなたは、幸せかもしれません。」

そんな気持ちを込められていたら、見る人はどんな思い持つでしょうか?

実際にあるお店のスタッフから声をかけられる感じで、段々と惹きつけられていきます。

この時。ベージにうたわれている言葉は、製品のPRがメインではなく、見る人の困ったことを、どのような方法で解決ができるのか?

このような考えで作られているランディングページであれば、何のためらいもなく、購入のアイコンをクリックしているはずです。

デザイン性だけでなく、相手を説得できる作り方が大事なのです。
タイトル
良いランディングページができないのなら、パクれ!!

ある2人の男性がいました。彼ら2人は別々の会社に勤めていたのですが、同じ業界で同じような規模の会社に勤めており、2人とも30代前半で社内でも実績と評価を上げていました。そして、2人とも会社から「ネットで商品を売れ!」と上司から指示を受けて、ネットで物を売ることになりました。2人ともインターネットでビジネスをしたことがなく、集客の仕方や物の売り方など、全然わかりませんでした。そこで、2人ともインターネットでの物の売り方を調べ、インターネットで物を売るにはランディングページ(LP)を制作して売るのが効果的だということを知りました。ちょうどそんな時、「インターネットで物を売るには」というテーマのセミナーがあったので、2人ともそれに参加し、ランディングページ(LP)のデザインや制作方法など、基本的なことを学びました。そして、2人ともランディングページ(LP)を作って、ネットで物を売りました。



1年後、2人の結果は、どうなったでしょうか?



1人はランディングページ(LP)を作ったものの、商品はあまり売れていませんでした。もう1人はランディングページ(LP)からの売り上げがかなりあり、新しい販売チャネルになり、その業績により昇進しました。



この2人に違いをもたらしたものは、一体何だったのでしょうか?ノウハウやスキルでしょうか?2人ともネットで物を売った経験はなく、同じセミナーを受講したので、ノウハウやスキルは同じです。売っている商品でしょうか?2人とも同じ業界に属しているので、彼らが売っている商品は基本的に大差ありません。ランディングページ(LP)のデザインや内容でしょうか?確かにその通りです。それでは、彼ら2人のランディングページ(LP)に一体どんな違いがあったというのでしょうか?



1人はセミナーやネットで調べた情報を基に、自分で構成やデザインやキャッチコピーや文章を考えて制作しました。もう1人は売れているランディングページ(LP)の構成やデザインやキャッチコピーや文章をパクりました。自分で最初から作ったオリジナルのランディングページ(LP)と、売れているランディングページ(LP)をパクって制作したランディングページ(LP)。これが2人の明暗を分けたのです。



売れるランディングページ(LP)には、売れるなりの理由があります。それは人に注意を向けさせるデザインやキャッチコピーであったり、人に読ませて惹き込ませる文章表現だったり、人に買わせようとする言葉だったり、人が買うのを後押しするオファーだったり。何度もテストをして、1%でも反応率が上がるように改善して、それに行きついたのです。ですので、素人が0から作って追いつける訳がないのです。もしあなたがすぐに売れるランディングページ(LP)を作りたいのであれば、売れているランディングページ(LP)をパクるのをお勧めします。
タイトル
どこからアクセスされても、分かるランディングページ

この数年、飛躍的に伸びているインターネットショッピング市場。

利用者が倍々ゲームのように増えてきて、ネットショップを始める人も合わせるように増加しています。

ショップのオーナーさんにとっては、商品を掲載するサイトの仕上がり次第で、売り上げが左右されていることは知っています。

俗に言うLP制作というものです。

LPは、ランディングページの略語ですが、このページを制する者は、商売の成功をも制すると言っても過言ではありません。

しかし、ランディングページは制作するにしても、デザインの見栄えが良いだけでは、商品が売れていくというものでもないのです。

誰もが見て、その商品の特徴や購入語の利便性を具体的に理解させる作りにしなければなりません。

ランディングページの構成には決まったパターンはないのですが、利用者のニーズを想定した悩みごとを具体的に標示して、それに合わせた使い方、利用後のメリットを説明することが効果的な見せ方とされています。

しかし、このページに辿り着くお客さんが何処からアクセスしてくるかということも、忘れてはなりません。

通常、お客さんは商品を購入する時、事前にインターネットで欲しい商品を検索して、調べる所から入るパターンが、多いと思わられます。

このパターンだと、サイトのトップページから、段々とリンクされている下層のページに入り、最終的にランディングページに落ち着くことになります。

このパターンを想定すると、ランディングページのデザインは、かなり説明を限定した表現にしてしまう傾向があるのです。

しかし、お客さんがサイトにアクセスしてくるルートは一つとは限りません。

いきなり、この最終ページにアクセスしてくる可能性も大いにあるのです。

そうなると、前段のように限定されたページ構成だと中々、見る人の理解を得ることは難しくなります。

したがって、どのような方面からアクセスされたとしても、そこ時点で分かりやすい作成をする必要が出てきます。

ランディングページを作るポイントは、商品をどのような人に提供したいのか、その人々が悩む理由が何か?

阻止で、最終的に商品利用することで、どんなふうに生活が豊かになっていくのかを具体的に説明していく流れを、構築しておくことが大事です。

最近のページ構成は文字と写真を多用しているだけでなく、動画を挿入して、プレゼン的な見せ方もあります。

多くの人が多方から訪れることを意識してページを準備することが大事なのです。、
タイトル
ビジュアル的なランディングページがやはり主流

LPデザインの制作を考える時は、やはりビジュアル的な仕掛けが大変、効果的と言われていますが、ランディングページの目的を成功させる重要なポイントになっています。

ランディングページとは、最近、多くの人が使っているネットショップでの重要な位置を占めているページです。

ネットショップで買い物をする時には、ほとんどの人から検索エンジンで欲しい商品を調べていきます。

検索結果が表示された商品サイトから、商品の購入手続きをしていきます。

ここで大事なことは、一度、サイトに訪れた人をなるべく長く滞在させる事を考えることです。

一般的にサイト見る時間は、ほんの数秒と言われているからです。

ネットショップで商品を購入してもらうためには、できるだけ関心を寄せて、滞在時間を長くしなければならないのです。

それがLPデザイン制作の一番の目的となってくるのです。

そこでランディングページでは、見る人の関心を高めるテクニックが必要になってきます。

ここでポイントになってくるのが、ビジュアル的な効果を用いたページ構成です。

最近のサイトは、映像を駆使した頁が多くなってきました。

画像などのイメージ情報は、非常に理解しやすく人の興味を惹きつける力があります。

文字情報よりも効果的で人の記憶に残させることができます。

したがって、ランディングページでは、文字情報より画像をメインにしているサイトも少なくありません。

商品の使用や性能などスペックについては、キチンと文字情報として記載しておくことは必要です。

しかし、商品の利用効果について説明する時は、画像をメインには据えて、説明する方が分かりやすくなってきます。

最近、エステサロンやスポーツジムの広告が増えてきました。

サロンの広告では、女性の気持ちよさそうにマッサージされている画像が表示され、スポーツジムでは、腹筋が割れている男性のたくましさがクローズアップされています。

これらの広告を見ると、サイトを見る時間が長くなっている自分に気付くはずです。

これはまさに画像を上手く使っているランディングページの成功例と言えるでしょう。

インターネットが普及して、久しいのですが、スマートフォンやタブレットを使う人が増えてきて、ますますネットショップで商品を買う機会も多くなっています。

このような環境では、場所や時間の制約が少ないために、気軽に買い物ができるようになりました。

それだけにサイトに訪れる人もスピーディーさが求められるようになっています。

そういうふうに考えると、やはりランディングページの構築するには、色々な工夫が必要になってくるのです。
タイトル
ランディングページの効率的なメールアドレス収集方法

今、ランディングページで見込み客リストを集める際、主流になっているのはユーザーのメールアドレスを残してもらうタイプのデザインです。多くの企業がこういったデザインのLPを採用してきているのですが、細かい点を改善することで反応率が飛躍的に良くなることがあります。

まず改善できるポイントは、この入力欄をアピールできるようにちょっとしたデザイン上の工夫をすることです。たとえば、メールアドレス欄に対して矢印をつけるという工夫をすることができます。些細なことだと思われるかもしれませんが、これをやるだけで訪問客の反応率が数%上昇することがよくあるのです。一般的に訪問客はランディングページに来た際に、瞬時にしてページの内容を判断します。そこで目を引くのが、視覚的な効果です。比較的大きめのサイズの矢印があれば、それを思わず見てしまうものです。メールアドレス欄が目立なければ訪問者は気が付かない恐れもあるので、初見で気付いてもらうような仕掛けが欠かせません。

矢印以外にもメールアドレス欄のサイズを大きくして注意を引く方法もありますが、あまり大きすぎると不自然になってしまうので避けたほうが無難でしょう。それよりも良い方法は、メールアドレス欄の枠を太字にしたり、分厚くしたり、枠を二重で囲ったりして目立たせることです。デザインのスタイルシートを変えるだけですぐに変更できるのでデザイン制作に詳しい人はすぐに試してみると良いでしょう。枠の色を赤くすれば良いのではにないかという意見もありますが、これには賛否両論あり、テストしてみないとわからないものです。ランディングページの背景色によって枠の色との相性が決まってきますし、商品に合ったカラーもあるので、テストなしに効果を判断することは難しいといえます。デザインの制作を担当する人に頼んでいくつかバリエーションを作って見ることをオススメします。

他にも、ランディングページにおいてのメールアドレス入力に慣れていない方のために、入力欄の真上に文章で「ここにメールアドレスを入力」というようにわざわざ訪問者が取るべき行動を言葉で書いておくことも大事です。まだネットに不慣れな人の場合、入力欄を見ても何をしたら良いのかわからないことがあるからです。気になる場合は、高齢者や子供などにランディングページを見せて、どのように反応するかを目の前で観察すると良いでしょう。自分では気づかなかったLPの落とし穴やミスに気づくことができるかもしれません。
タイトル
すまほのランディングページを作る前にアイデアをまとめよう

スマートフォンの利用が段々と増えている昨今。

インターネットでショッピングをする人も年々、急増しています。

これに伴い、ネットショップを経営する企業や個人でも、商品をPRするランディングページのデザインのあり方がかなり変わってきている感じがします。

それは、パソコンとスマートフォンでの利用の方法が根本的に異なっているからかもしれません。

LP制作段階で、デザインを考えていなねばなりませんが、パソコンのように、多くの情報を盛り込むことができないスマートフォの画面。

できるだけ、商品のエッセンスをシンプルに表現をする必要があるのです。

そのためには、LP制作の考え方は、はっきりとスマートフォン用として、捉えることが重要になってきます。

効果的なランディングページを構築する前に、一度、商品に関するあらゆる情報やデータを洗い出す必要がありそうです。

商品を買う人のターゲット層。

商品を使う必要がどこにあるのか。

利用効果。

様々な情報や項目を羅列してみて、そこから生まれてくるキャッチコピーのキーワードを作っていくのです。

特に、商品を使ってもらう必要性をキーワード化することは、ランディングページを見た人の購買意欲を高めるために、大きな影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

購入し利用する価値を見出しだサイトの視聴者は、高い確率で商品の購入手続きに入っていくことでしょう。

これらのキーワードは、スマートフォンのランディングページにあっては、最上段に表示させることが基本になります。

スマートフォンの画面は、縦長に続き全ての情報を見るために、下段にスクロールさせていきます。

最上段にあるキキーワードの内容いかんによって、視聴者が花壇まで読んでくれるかことになります。

もし、キッキャッチコピーが関心のないものであれば、その時点で他のサイトに飛んでいってしまうのです。

このように、スマートフォンは手軽に利用できるメリットがある反面、画面の作り手側とすれば、サイトに訪れる人の心理や行動パターンを予想すると同時に、読み手側の心を捉えるためのキーワードをいくつか準備しておくことが大事です。

もし、それで反応が薄い場合には、必要に応じてキャッチコピーの変更を試みることも必要になってくるかもしれません。

インターネットにおよるビジネスが常に進化し変化していく時代では、商品の購買目的も変化して行く可能性もあります。

このような動きに追随することができるように、常に最新のキワードを準備していくことも、成功の秘訣と言えるでしょう。
タイトル
ランディングページで商品を販売する時の注意点

ランディングページの制作における要素にはヘッドラインやイメージ画像、フォーム、シェアボタンなど様々あります。ランディングページの最適化を行うには、これら全ての要素を改善しながら制作していく必要があります。

ヘッドラインには犯しやすい間違いがあります。それは、いきなり訪問者に行動をとってもらうように促すことです。「ここから登録してください」といったリスト取りの文句から「購入は今すぐ」といった売り込みまで、ヘッドラインで商品サービスの購買に結びつく行動をとらせようとするとユーザーはかなりの確率で拒否します。知らないない人にいきなりモノを買ってくださいと頼まれるようなもので、ほとんどの場合は無視されて終わるのがオチでしょう。

まずは商品を買った時に得られる体験や効果を示すキーワードをたくさん盛り込むべきでしょう。たとえばダイエット商品であれば「3キロ痩せてモデル体型になり、着たかった水着を買うことができるようになります」といったように数字を持ちだしてメリットを語るのも1つの方法です。また有名人をプロモーションに使用するなら、LPの上部で「○○さんはこの商品で3キロ痩せた」というように個人名を用いたヘッドラインを見せて宣伝することもできます。

また商品を売る目的としたランディングページの場合、無料お試し期間を儲けたり、返金保証をつけると購入率が飛躍的に上がります。多くの商品はいくら良さそうに見えても、実際に使ってみないと本当に思っている通りの商品なのかわからないものです。ですからまずは無料で商品を使ってもらいユーザーの負担をなくして上げることが売上を上げるコツです。満足してもらえない場合は、返金するという保証を思いきってつけると良いでしょう。返金保証をつけるぐらいの商品だからきっと質の良いモノに違いないとユーザーは感じるのです。このようなサービスをつけると、返金の嵐になったり無料で使うだけの人が増えてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、意外とそうでもありません。一般的な商品であれば返金率は10%以下と言われています。あまりに返金請求が多い場合は、保証期間を短く設定して返金率を下げる工夫をすることもできます。まずは販売者側がリスクをとってあげることが、ランディングページでの商品の販売率を高めるコツなのです。

またシェアボタンをつけているLPがありますが、これはあまり目立つ位置に置く必要はありません。フェイスブックやツイッターなどのSNSでバズるような商品を提供している場合は少し目立たせても良いですが、そうでない場合は消してしまった方がデザイン的にスッキリします。ランディングページが奇抜なデザインの場合や、面白い動画や文章が書いてある場合以外は、ほとんどバズることはないと言ってよいでしょう。
タイトル
今すぐ知っておきたい!魅力的なLPを作る2つのコツ

カスタマーの購買意欲を向上させコンバージョンへと繋げるためのランディングページ。

皆さんのLPは、しっかりとコンバージョンの取れるLPですか?

ここではカスタマーの購買意欲を極大化させるランディングページ制作のコツを紹介していきます。



◆共感を得る

ランディングページにおいてカスタマーの共感を得ることがなぜ大事なのか?以下に簡単な例を挙げます。



「先にATMを利用させてもらえませんか?」

「休憩時間がもう無くなってしまうので、先にATMを利用させてもらえまえんか?」



この2つのセリフを見て、皆さんならどちらに譲りたいと思いますか?

恐らくほとんどの方が後者ではないでしょうか。



これはなぜかというと、後者は先にATMを利用していた人に対して共感を得ているからです。

「休憩時間がもう無くなってしまうので」という言葉に対し、「自分も同じような経験があるからわかる」と共感しているからこそATMの利用を譲ります。

そしてこれらは心理学的研究で実際に行われたものであり前者でATMを譲ってもらえる確率は60%、そして後者では94%と大きく差がついています。



つまり人は共感をすることで親近感が湧き、相手を受け入れる体勢が取れるんです。



これをランディングページに当てはめると、序盤で共感を得ることでその後の商品説明をカスタマーに響かせることが出来ます。

LP制作ではデザインなども重要ですが、まずはこの共感がなくては効果半減となります。



◆ベネフィットの書き方に注意する

ランディングページでカスタマーの購買意欲を高めるのは、ベネフィットの部分です。

つまり「この商品(サービス)を使うことでどんな良いことがあるのか?」ということであり、これが最も重要と言っても過言ではないでしょう。



そこで注意して欲しいのがベネフィットの書き方です。



例えば「世界最薄を実現!」というフレーズですが、これはあくまで商品説明であってベネフィットではありません。

ではこれは「ムダなスペースを取りませ!」にすると、省スペースで利用できるというベネフィットに変わります。



ほんの少し表現の違いを変えるだけで、ベネフィットになったりならなかったり非常に繊細な部分なので注意しましょう。



◆まとめ

ランディングページはまずデザインがどうのという話以前に、中身が大切です。

シンプルでいて分かり易く、そして訴求性のあるものであれば多少デザインがダメでもしっかりとコンバージョンの取れるランディングページになります。
タイトル
ホームページのデータ解析を利用してランディングページを制作

ランディングページを制作する会社には0からデザインなどを考えるところもありますが、もっと効果的な方法があります。既にホームページを持っていて、新たにLPを制作する場合に限られますが、今あるホームページを活用してLPを作るとより反応のとれるページが作れるのです。

具体的には、まず最初にホームページに測定ツールを導入します。測定ツールに必要なのは、ユーザの滞在時間、ユーザーがスクロールの有無、ユーザーがクリックした場所、ユーザーのカーソルの動きを追跡する機能です。こういった機能を兼ね備えているツールはヒートマップ解析ツールと呼ばれ、代表的なツールにはCrazy Eggがあります。こうしたツールを用いて、ホームページを訪問したユーザの行動解析を行えば、彼らが何を求めているのかが一目瞭然になります。いきなりランディングページを闇雲に作るよりも、ユーザのニーズをきちんと把握した上でLPを制作した方が圧倒的に反応率は高くなります。ですから、まずはホームページの解析からスタートするのがもっとも賢い良い方法なのです。

より細かい分析ポイントを見ていくと、ホームページの各ページの滞在時間をチェックすることで、どのページのニーズが高いかがすぐにわかります。滞在時間の長いページのコンテンツを凝縮したLPを作る計画を立てると良いでしょう。またユーザーがスクロールしたがどうかで、LPに最適なページの長さを割り出すことも可能になります。ここで注意すべきは、スマートフォン経由での訪問者とPC経由での訪問者は、別々に考える点です。スマートフォンを使ってページを見に来る人はスマホ画面が小さいのでスクロールに慣れているのに対し、PCユーザーはスクロールを面倒臭がる傾向にあります。ですから、LPのデザイン設計をする時には、スマホ用とPC用の2種類を用意することが大事です。

またユーザーがクリックした箇所のデータからは、複数の選択肢を用意された時にユーザーがどの選択肢を選ぶのかということを知ることができます。複数のコンテンツをホームページに載せている時に、ユーザーがどのコンテンツに一番興味を持つのかを理解できるのです。あとはLPを作る時に、ユーザーがもっともクリックをしたコンテンツを載せれば良いだけになります。ユーザーのマウスカーソルの動きを追跡したヒートマップからは、ページのデザインで無駄になっている部分がわかります。たとえば、ヒートマップで赤くなっている部分がページの上半分に集中していたら、下半分のコンテンツはほとんど見てもらえないということがわかるのです。そのような時は、LPのデザインを考える時に、ページの上半分にメインコンテンツを集中させるように設計すれば良いことになります。また目の動きのトラッキングからはキャッチコピーの文字のサイズが大きいところに視線が集中するというようなこともわかってきます。この場合、ランディングページで大きめのサイズでキャッチコピーを見せれば、読んでもらえる確率が高くなることがわかります。

このようにランディングページを作る前に、まずはホームページのデータ解析を十分に行ってから、制作に取りかかると成功する確率をグッと上げることができるようになるのです。
タイトル
ランディングページを効果的に作るには、いくつかのポイントがる

ランディングページは、商品を買う人に対して、とても重要なページになってきます。

インターネットが普及して、誰もが簡単にネットショップを見て、商品を検索し絞り込んで、購入手続きを取ります。

商品を購入する立場からみれば、非常に便利な手段です。

一方で、ネットショップを経営する立場の人は、いかにビジュアルで分かりやすいサイトを構築するかが、成功のカギとなってきます。

そのためには、LPデザイン制作のコツを掴んておくことが大事です。

通常、人がサイトに訪れて、その場所にとどまる時間は、ほんの数秒と言われています。

関心のないページや文字がゴチャゴチャを列記されているページはすぐにスルーされてしまいます。

そのために、LPデザインはまず、人の目を釘付けにする程のインパクトが求められることになるでしょう。

そのためには、商品の特徴となるキーワードを最初に打ち出すことが効果があると思われます。

スーパーに行った時に

「特売セール実施中!本日限り!」

という立て札を見た時に、思わず立ち止まることがありますが、まさに、これと同じ手法です。

次に出てくるのが、商品を使う前の「お悩み相談」です。

「こんなお困りごとはありませんか?」

お客さんの具体的な悩みごとを問いかけるようなフレーズです。

このフレ-ズを見た時に、お客さんは

「実はそうなんだ。」

と思わせてしますのです。

次に訴えることは、商品を使ったら、

「こんなに悩みが解決する。」

ということを強調してPRすることです。

この時点で、見る人は商品の必要性を感じてくるのです。

その後は、商品の機能説明です。

ここで、注意することが、ダラダラを文字ばかりで表現をしないことです。

プレゼンの常道は「3つのポイント」です。

商品の特徴を3点に絞って、PRするのです。

PRポイントは多ければ多い程、良いと思われがちですが、サイトで内容を読むときは、短い時間で相手を説得しなければなりません。

そのためには、3点ポイントに絞り込んで、説明する方が効果的です。

最終的には、注文しやすい位置に、購入アイコン貼り付けことになります。

もし可能であれば、口コミ欄を設けて、すでに購入したお客さんの声を反映させることも、信用の獲得を促してくれます。

このような構成でランディングページを制作することが、成功に導く基本的なテクニックとなります。

最近のランディングページは、動画が写真を取り入れる方法も増えていますが、この方法のより購買意欲を高めることになります。

まさにランディングページを丁寧に購買者の立場に立って作ることが大事なのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.