上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
リンクページをあまり利用しないで説明を行う

ページにリンクを大量に貼ってしまうことは、信頼性を捨ててしまう可能性があるため、あまりいいとは言えないことです。とにかく信頼を得たいと思っている場合は、ランディングページにリンクをあまり貼らないようにして、問い合わせフォームだけを作って置くような感じにすることが大事になります。申し込みの画面だけを入れておいたり、問い合わせが出来るようなフォームだけが入っているような状態であれば、そのページだけを見て、どのような行動をさせることが出来るのかを考えさせられるのです。

確かにデザインは非常に重要ですし、制作していく過程で、様々な文章を作り、画像を配置することが凄く大事なことでもあります。ただ、リンクによって簡単に作ってしまう場合は、あまりいいとは言えないページが作られてしまいます。最大の問題は、全く信用できない状態が生み出されることによって、多くの人の信頼を得ることが出来ず、内容を理解してもらうことも困難になってしまうためです。本当にわかってもらいたいのであれば、説明は全てLPの中で行わなければならないので、リンクページで全てを終わらせることは出来ません。

制作の過程で、リンクを入れたいと思っていることがあるなら、その思いは捨ててしまったほうがいいです。入れてしまえば、すぐに信頼は失われてしまうことになり、多くの人から共感してもらうことが出来なくなってしまうのです。さらに、リンクというのは、他のページに飛んでしまったことで、変な入会をされてしまったり、広告ページに移動するなど、あまりいい思いをされないので、基本的に採用してはいけません。

デザインを決めるときには、リンクページなんて作らないようにして、LPというのはそのページで完結しているものとして考えてください。ランディングページを作る際には、絶対にリンクを入れないようにしておき、どうしても必要なときには、リンク先はどのようなページになっているのか、ランディングページでしっかり表記しておくことが大事になります。

ページをしっかり作らないことには、多くの人から信頼されないような状態になってしまいます。ランディングページというのは、信頼を得るため、そして見てもらうことによって、次の行動を起こさせるために必要なページでもあります。信頼されるためには、リンクという簡単な手段を利用するのではなく、ページ上で全ての説明を行って、判断してもらうことが必要です。
タイトル
新しい展開をページに表示して喜んでもらうために

ランディングページというのは、新しい展開をページに加えることで、より企業としてのサービスをふやすことも出来ます。今まで利用していたものとは違って、別の方法によって更なるものが生み出されるようにしているので、かなりのメリットを持っていることは事実です。普通にページを作成していく方法も望ましいのですが、より高いものを作っていくためには、今までに無いサービスの実現は勿論のこと、LPに取り入れていく何かを加えておかなければなりません。

今までやってきたサービスに、少しでも不満が出ているような状態であれば、それをランディングページで新しいものに変えていく方法があります。これによって、ページ自体の安定感を図ることが出来ることや、新しい展開によって、企業の情報を理解してもらいやすいメリットが出てくるので、これらの情報源をしっかりと出すようにして、多くの人がいいなと感じてくれるようなサービスにしなければなりません。新しいことを加えることで、さらにサービス向上が出来るなら、それは大きなメリットとなります。

デザインについても、出来れば色を変えるなどして、今までに無いカラーを提供していくことが大事になってきます。ランディングページについては、今までと同じカラーを利用しても構いませんが、見てくれる人が新しいものを求めているのであれば、別のカラーを入れなければなりません。様々な情報を見た上で、これからこのサービスは新しい色を追求するんだということであれば、制作をする過程で色を変更することになります。

LPを作っていくと、新しい情報を提供しやすくなって、新しいデザインの構築も簡単にできるようになります。また、製作している商品についても理解してもらいやすくなるので、サイトの制作をしているだけなのに、新しい展開を生み出すことが出来るメリットを持っています。様々な情報を見てもらうことで、自分たちが今までに無いものを提供できるのであれば、それは大きなメリットと言えることです。

少しでもランディングページを良くしたいと思っているなら、今までに無いサービスをうまく活用していくことが望ましいです。そして、サービスをしっかりやっていくからこそ、色々なことが出てきて、メリットも多く増えてくることになります。多くの情報源から、少しでもサービスについての理解をしていくためには、今までに無いページの作成をして、評価をしてもらうことです。
タイトル
他とは何が違うのかを明確に記載しているもの

ランディングページというのは、他のメーカーが出している商品と、どのような違いがあるのかを説明することが出来るものとなります。違いを持っていなければ、利用してくれる人はそこまで多くありませんし、同じでは信用できるところを利用してしまうので、あまり効果を得ることが出来ません。違いを明確に示すことによって、多くの人が購入しやすいようにしていることが、LPに求められていることでもあります。

デザインを凝らせて、商品の特徴を示しやすいようにするのもいいことですが、それだけではいい効果を期待することが出来ません。大事なことは、見てくれる人がいいと判断してくれること、そして違いがわかりやすいことです。この商品との違いというのは、商品名を出して説明することが難しいかもしれませんが、これだけ違いを持っているという表現をすることによって、見てくれる人がいいものと思ってくれて、購入してくれる可能性が高まるようになります。

また、制作している過程で、商品を見て色々な違いを出していくことも大切です。この部分が他のメーカーとは明らかに違うなと思っていることがあれば、その部分を明確にしておくことによって、閲覧してくれる人が購入したいと思ってくれます。また、ランディングページを見てくれている人の中には、商品の見た目だけで結構判断してくれることがあります。見た目の違いについてもこれだけ目立つように作られているんだという示し方をすることで、購入しやすいようにすることも可能です。

ここで注意しなければならないのは、過剰表現にならないように気をつけることです。デザインを凝ったものにして、色々な比較ページを制作するのはいいですが、LPというのは宣伝を重視しているものとなります。過剰に表現するような状態になると、それはランディングページとしての意味というより、違ったものを表現することになりますので、これは間違っていることです。あまりにも誇大させる表現は避けるようにしてください。

見ている人が購入してくれて、なお且つ他の商品との違いを知ってくれるページとして、ランディングページというのは用意されています。他社との違いが明確になったことで、利用することのメリットがかなり生まれてきたり、これを使えば今までとは違うものが見られるなどのよさを感じてくれることもあります。そのために必要なことは、できる限りの比較材料を出して、その上で宣伝ができることです。
タイトル
誘惑するページにすることでさらに多くの情報を

広告という概念を持っているランディングページでは、やはり誘惑するために必要なことをやらなければなりません。そうしたページにしておくことによって、やっぱりこのサービスを利用することが正解だとか、こうしたサービスをうまく利用していけば、多くの情報を手に入れることが出来るなど、幅広いことを検討してもらえるようになります。様々なことを期待しておくことによって、今まで知ることの出来なかったことを伝えて、このサービスがいいですと誘惑していくことが大事になってきます。

その方法を実行するための1つが、サイトのデザインによって、このサービスがいいということを知らせなければなりません。LPについては、制作しているページによって、誘惑できるかどうかの判断が変わってくることになります。情報を提供するのはいいものの、それが最終的な判断として、意味の無いものとして判断されることは駄目なことです。なるべく誘惑を行って、このサービスがいいことをしっかり理解してもらうことが大事になります。

もう1つやらなければならないのが、色々な機能を利用して、サイトから出てしまうことを防ぐことです。ランディングページというのは、色々な機能を利用してもいいことになっていて、それによって引き止める方法を活用することも可能になっています。サイトから出るとき、本当に出てもいいですかというポップアップが出てくることもありますが、そうした方法を採用して、引き止める手段もあります。

デザインとして考えていくことは、出てしまうことを防ぐことと、本当に出てもいいのかという判断を、1度考えさせるような状態にすることです。LPから出ようとするのは、バックをするかページ自体を閉じようとすることになりますから、それを1度止めさせて、本当にサービスを利用しなくてもいいのか、ランディングページ側で判断させることが大事になってきます。勿論、そうしたことをやっているうちに、嫌がられることは覚悟しなければなりませんが、それは別の話となります。

誘惑をすることが出来るページとして、色々な機能を持たせることが出来るのがランディングページとなります。利用している企業については、場合によっては引き止める方法を採用して、どれだけ嫌だと思われたとしても、ページの情報を最後まで見てもらえる工夫をしています。それらの情報をしっかりやって、なるべく引き止められる手段を増やすことが、サイト制作上は大事です。
タイトル
カリギュラ効果をランディングページに入れると効果的

ランディングページでは、実は意外な文言が購買意欲の上昇につながることがあります。それは「カリギュラ効果」です。カリギュラ効果って何か?というと、分かりやすく言うと、ある物事を禁止すると、それを禁止された側はかえってやりたくなってしまう状態のことです。玉手箱を開けてはいけないと言われた浦島太郎がそれを開けてしまったような状況にも似ています。つまり、カリギュラ効果というのは、人間の心理面を上手く利用したもので、恋愛とかに使われているのです。自分のことを好きになってはいけないと、アプローチしたい相手に言うと、無意識のうちに相手はその人に好意を持ちがちになってしまうことがあります。これがランディングページの制作においても使える手法になると思います。例えば、痩せたい人向けの商品を売っているランディングページのデザインで使える例としては、「あまりに痩せすぎるので、ガリガリになりたくない人は決して買わないでください」といったものです。痩せたい人からしてみれば、ガリガリになるのは確かに困るかもしれないけど、でもそこまで痩せられる商品ってどんなもの?と興味を無意識のうちに抱きがちなのです。そして、イメージ画像としてガリガリの人の画像などを一緒に載せておくと、より効果的だと思います。文章だけではなく、視覚面においても訴えることができますから。ランディングページにおいては、このカリギュラ効果を上手く取り入れていくと結果的に関心を多く呼び、購入数の増加につながる可能性があると言えます。ただ、難しいのはカリギュラ効果を使いながらどうやって上手いキャッチコピーというか、文言を考えていくか?です。ポイントとしては、ある程度極端なことを表現した方が良いかもしれないです。先ほどの例で言えば「ガリガリ」という部分になります。結論は「買わないでほしい」というものなので、それに説得力を持たせるためには、買ってはいけないというイメージを与えられるか?が大切です。そして、そのイメージを与えたうえで、それは同時にその商品の効果があまりにも大きすぎるというアピールができないといけないのです。LPで効果が大きすぎるので買ってはいけないとアピールすれば、多くはいろいろな商品を使ってみて効果があまりなかったからこそ悩んでいるので、効果が本当に大きいの?と期待感を持てますから。LPを制作していくうえでは、こういった点のデザイン面で気を配っていくと良いでしょう。
タイトル
ランディングページで最初に問いかけをすると良い

ランディングページを作るにあたってはいろいろな点に考慮していく必要があります。特に重要なのはファーストビューにおいてどれだけ読者に興味を持たせて、続きを読ませられるか?ということです。ここで1つ使えるテクニックは、問いかけです。問いかけというのは、一種のクイズみたいなものになるケースもありますけど、ファーストビューにある程度目立つように問いかけの文章を載せると、それを読んだ人はどう思うのでしょうか?例えば、英語の教材などを販売するランディングページを作る場合には、単純に英語の問題を出してみましょう。文法の問題とかで良いです。英文を載せて、一部を穴埋めにして、そこに入る単語を選択肢から選ばせるやり方です。入試問題とかでよくある形なので、英語を学んだ経験のある人ならば、ついつい考えてしまうと思います。そして、ある程度の難易度にしていけば、当然答えが分からない人もいます。すると、当然答えが気になります。答えを知るためには続きを読まないといけないような状況を作っていくと、読者は自然と続きを読んでくれるようになります。実際、この手法はバナー広告とかでも使われています。バナー広告はスペースが限られますから、載せられる情報は少ないです。したがって、あえて今のようなクイズの文章を載せて、答えが気になる人が広告自体をクリックさせるように仕向けます。そして、クリックした先のページにクイズの答えと販売したい商品の紹介があるというような感じです。したがって、ランディングページのデザインを考えるときには、ファーストビューにこういったクイズを出題して、続きを読ませていくという手法が使えるということは知っておきましょう。クイズの答えの解説などをしながら、自然な形で商品を紹介していければ、購買意欲も高まりやすくなると思いますし、結果的に売れる可能性も上がるでしょう。人間の心理面を考慮すると、どうしても問いかけには反応してしまうのです。クイズという形でなくても構いませんが、思わず立ち止まって反応してしまうような問いかけをランディングページのファーストビューに配置すると、デザイン面としてはクオリティが上がると思います。LPの制作においてはいろいろなポイントがあるため、作っていく過程では本当に大変だと思いますけど、読者の側に立った制作ができれば、どういう商品を扱っていても、結果的に売れるLPを実現することができるのではないでしょうか?
タイトル
全てを見てもらうために必要なページとして活用

色々な情報を提供できるといっても、その情報をすべて見てくれる人は殆どいませんし、ページが分かれていることによって、見る気持ちを失ってしまう人も多くなってしまいます。そのようなことが起こらないように、ランディングページというのは制作することになり、それを見てくれる人が、全てのサービスを理解してもらって、実際に行動してもらうことが出来るのです。説明をするようなページとして、活用していく方法も凄く使いやすいものとなります。

企業のページというのは、説明をするときの部分については、色々なカテゴリに分かれていたり、そもそも説明自体も結構分かれているような感じになっていて、実際に見ようと思っていても、なかなか手が回っていかないようなことが多くなっています。そうした問題を解決するためには、LPと呼ばれるページを作っていかなければなりません。デザインを1つのページに纏めることによって、多くの情報を提供できるようになって、さらに正しい情報が提供されることとなっていきます。

制作されているサイトを見てくれた人は、ランディングページということを知らないまま、情報源を上から下まで見ていくことになります。自分が興味の無い情報だった場合は、どこかで退出することとなりますので、結局最後まで見られなかった場合、行動をしてもらうことは難しくなります。サイトのデザインを検討していくときは、とりあえず見てもらえるだけのページを作るようにして、LPというものが情報を多く提供しているサイトなんだということを示すことです。

その上でやらなければならないのは、行動してもらうために、説明をする部分をどうやって作り出すかという話になります。適当に考えていると、説明のできるページが限定的とされてしまい、ランディングページにあまりいい影響が出てきません。本当にいい情報については、見てくれる人全てがわかりやすいと思ってくれて、なお且つ説明を見たことによって、様々な判断をすることが出来るようになることです。

今まで説明をするといっても、ページを分けて行っていたことが多くなったので、全く情報として伝えることが難しかったのも事実です。そうした問題点を解決することが出来て、ランディングページを見てもらうだけで説明が出来るようになったことは大きなポイントです。そのことを踏まえて、なるべく情報としてわかりやすいもの、そして正しいことを提供することです。
タイトル
ランディングの効果的な作り方を考えてみる

インターネットが私たちの生活を向上させてくれるようになってから、もう随分、月日が経ちました。

それでも、ネットの利用の方法は常に進化してますます便利になっています。

欲しい情報を検索して、欲しい物をネットで購入すること。

そんな行動は今では、当たり前のことになっています。

ところでインターネットの中で重要な存在となっているのが、ランディグページとなります。

ネットの世界ではLPとも呼ばれています。

LPことランディングページは、インターネットのサイトの中で、商品を説明したり購入手続きを1ページで完結させる重要な役目を果たしています。

ランディングページのデザインの出来映えで大きく結果が変わることがありますので、制作にあたっては熟慮する必要があります。

LPの基本構成はある程度、パターン化されていることがありますが、重要なことはこのページに辿り着いた人を離さず、注文手続きまでして貰うかということです。

インターネットの世界では、サイトの訪問者は関心を示さないと、ほんの2、3秒で立ち去ってしまう恐れがあるのです。

それを避けるためには、分かりやすいランディングページノデザインを制作しなかえればならないのです。

まずは、ページ上段では人目でこのページを内容が分かる「キャッチフレーズ」で人目を引かせることが大事です。

簡単なフレースを特徴的なキーワードで並べます。

その後に詳しい説明文を書くことになります。

この説明文を箇条書きで、3点程にポイントを絞り書くこと分かりやすくなってきます。

また、強調したいポイントには文字のフォントや色を変えることで、より見やすい状態なります。

グラフやイメージ図などの図解で説明することをビジュアル的な効果があり、見る人の理解を高めてくれます。

最近のランディングページでは、動画を挿入する手法も多く使われるようになってきました。

1ページで説明をしていくのですが、あまりページが長すぎると、飽きさせてしまう傾向があることこから、動画で詳しく説明するという手法がいいのかもしれません。

ここまで来ると、購入手続きを踏みたいとことろですが、あと一押しの策が必要です。

それは、第三者の意見です。

第三者とは、商品の購入者や体験者の意見です。

インターネットでは、サイトの情報が全てです。

いくら詳しく説明できたとしても、最後は利用者の実際の意見があるとかなり違ってきます。

このコーナーを儲けることで、顧客の最終意志を高めてくれることになります。

このような流れでページを作成することが、基本的進め方となってきます。
タイトル
スマートフォンから見たランディングページの内容

インターネットを使い色々なことができるようになりました。

昔では考えられないことでしたが、自分の知りたい情報があれば、すぐに調べることができますし、欲しい物があれば、ネットショップでオーダーも手軽に手続きができます。

それもスマートフォンが出現してからは、ますます利便性が高くなってきています。

一方で、サイトを運営している立場からすれば、いかに見やすく分かりやすいページを作ることが重要なポイントになります。

その時に大事な役目を果たすのかランディングページ(LP)です。

ランディングページ(LP)とは、色々なサイトから誘導されて、最終決定を促すためのベージです。

商品を購入したり、資料請求をする手続きをするための仕上げのベージとも言えるでしょう。

したがって、ページのデザインの制作には、見やすく分かりやすい内容にすることが必要になってくるのです。

しかも、最近のインターネットの活用は、パソコンよりスマートフォンの方が多くなっていることから、これを意識したデザイン制作が大事です。

スマートの場合、ページは上から下に進む形になります。

上から下に流れる動線の方向でストーリーを考えなければなりません。

この時に大事なことは、スマートフォンの画面に収まりつつも、文字は適度な大きさで見やすくなる表現を考えなければなりません。

ページの最初の部分はページ全体を総括するような導入部分になりますが、キャッチコビー的な表現で簡潔明瞭な表現にすることを考えて制作していきます。

次の項では、テーマに沿った詳しい説明パートに移っていくのですが、ページの長さを抑えるために、画像などで説明をビジュアル的にまとめることもいいでしょう。

この時点で、商品の購入、資料の請求ポタンを設置しておくことで、クロージングを手早くできるようにしておくことが効果的です。

インターネットでは、サイトでの滞在時間が、非常に短いことが特徴です。

したがって、ランディングページでも、短時間で顧客の意思決定を促すことが大事なのです。

特に購入ボタンの配置も決定時間を短くするために、レイアウトを考えなければなりません。

導入部分から説明に入る前にボタンを設置しているランディングページを見かけることがあります。

しかも、立体的なアイコンを採用して、目立たせる工夫が施されています。

ボタンは必ずしもページの最下段に置く必要はありません。

基本的にスマートフォンの特徴を理解しながら、短時間でクロージングさせるようなベージ作りが重要なのです。
タイトル
不安に思われている部分を解消できるページに

不安に思っていると、その商品を購入したくないとか、サービスを利用することをためらってしまうなど、様々な問題がおきやすいとされています。ランディングページというのは、そうした問題を解決するために必要なページであり、不安を取り除いてあげるような方法を採用することになります。多くの不安が出ていることによって、ページを見たときの解決策が多く出てきたことで、利用したいと感じている人も結構いるのです。そうしたページにしていくことが、とても大事なことになっています。

デザインを美しくすることも、凄く大事なことではありますが、それ以上にやらなければならないのが、LPによって不安を取り除けるような部分をしっかり構築して、様々な情報を提供できるようにすることです。情報が不足していることは、利用したいと思っている部分を減らすことになってしまい、不安を取り除くことが出来なくなります。不安が生まれていることが、利用することをためらわせていることになっているなら、その部分をしっかり減らしてしまえば、利用してくれる人は増加することもあります。

何が不安に感じられているのか、現在持っているサービスを踏まえたうえで、ランディングページの制作をしていくことになります。様々なページを見ていけば、不安があることが見えてきたり、何が駄目なのかもわかるようになってきます。制作をしていくときには、そうした不安をしっかり解決できるようにしていくこと、そしてページ上で不安に思っていることを、少しでも減らせる努力をしてください。

ユーザーの人は、LPを見たとき、こうした不安が取り除かれて、自分にとってのメリットが大幅に増えていることによさを感じています。その不安を取り除くことが出来るデザイン、そしてサイト構築をしていかないと、ランディングページを見ても意味が無いことになります。成功するサイトの情報を提供して、なるべくいいと思ってくれることが大切なことで、そのために必要なページの制作をすることになります。

不安を解決すれば、利用してくれる人が倍近くに増えることもあり、ページとしてのメリットが多くなります。ただ作って宣伝をするのではなく、作ったことによって、色々な不安が消えてくれることがとても大事なことです。ランディングページを作るために、自分たちのサービスがどのように思われているのか、そのための情報を調査してから、作り始めるといいです。
タイトル
ランディングページを抑えることで販売を伸ばせる

インターネットの活用の幅が大きく広がっています。

スマートフォンの普及も手伝ってか、多くの人が情報を調べるだけでなく、ネットショッピングで利用するケースも増えているのが実情です。

その時に重要になるのがランディングページ(LP)です。

ランディングページ(LP)は、インターネットで商品を購入したり、資料やカタログを請求する時に、商品の説明を進めて最後の手続きまでを促すページです。

多くの商品サイトや検索エンジンから、このページに誘導して最後の意思決定を固めさせる重要なページになるのです。

せっかくあらゆるネットの媒体から、このページに誘導できたとしても、このベージのデザイン制作が思わしくなかったなら、顧客となる訪問者はすぐに立ち去ってしまうのです。

したがって、いかにこのページを分かりやすく構成するかが成功のカギを握っていると言っても過言ではありません。

このページのデザイン制作のボイントは起承転結をハッキリとさせておくことです。

ページの最初には、導入パートがあり、次に商品説明、そして最終決定を決める「手続きボタン」で構成されます。

作成する内容で最も大事なことは、このページで何を訴えているのか1ページで完結できていることです。

ランディングページに訪れる経路は色々あります。

企業のポータルサイトから最下層であるこのページにたどり着くパターンもあれば、検索エンジンから直接アクセスしてくるパターンもあります。

あるいは、アフィリエイトを行っている個人のプログサイトやソーシャルネットワークからくるケースもあるでしょう。

したがって、どこから来ても理解できる構成にしておく必要がなるのです。

まず、最初の導入パートではなぜこの商品が必要なのか、課題提議を行います。

商品を購入する必要があるための前提作りです。

次に商品の代表的な特徴をキャッチコピー的な表現を明記します。

ポイントとなる部分は文字強調をしたり、色、デザイン文字にすることで目立つようにします。

そして、次項では実際の利用効果を交えながら、機能説明を進めていきます。

ここで肝心なことは、文字だけでなくビジュアル的な効果を生み出すために、イラスト、写真を使うこともご説得効果を高めてくれます。

最終的には、発注や資料請求の「手続きボタン」を設置します。

これも視覚効果をたかめた立体的なデザインやカラフルな色彩を使うことも良いでしょう。

このような作り方でページを構成させることになるのですが、しばらく運用しながら、効果検証を行い、修正することも必要になってきます。

これがランディングページの基本的な作り方になります。
タイトル
ランディングページが長すぎるのは読者から見て望ましくない

ランディングページというのは、たいてい縦方向にスクロールをしていき、いろいろな情報を読者に読ませて中身を理解させていく形になると思います。それがランディングページのデザインの常套手段ではありますけど、それが行き過ぎた場合、中身を詰め込みすぎた場合には、ものすごくスクロール部分が長すぎて、最後まで読むのが疲れてしまう。読むのが面倒になってきてしまうということもあります。伝えたいことが多すぎる場合に起きやすいですが、最初から読んでいって、1番最後までたどり着くまでに5分以上かかるようなものもたまにあるのです。さすがにそういうものは読んでいて途中で飽きる可能性があります。ランディングページに載せているのは、別にどうでも良い情報なんか本来はないはずです。全てが重要な情報だと思いますが、読んでいる側からしてみれば、情報が多すぎても処理するのが難しかったり、いろいろな特徴やメリットが舞い込んできて、結局何が言いたいのか?がよく分からないケースも出てきてしまいます。特徴を並べすぎた結果、何が特徴なのか?把握できないのです。結果、読者の頭の中に残るのはいろいろと書いてあったなということくらいでしょう。そういう状況を生んではいけないので、ランディングページを制作するときには、情報の量に気をつけていってほしいと思います。情報を絞ると同時に、取捨選択をするということです。あと、さらにランディングページを長くしすぎる原因としては画像を多く詰め込みすぎているということもあるでしょう。画像は適度に使っていく分には効果的だと思いますが、多用しすぎると、しつこい感じもしますし、それだけスペースを多く使うので、ページの量が増えてしまい、スクロールしないといけない部分が増えて、結果読み終わるまでの時間が長く感じさせる原因になってしまうことがあります。画像を使うときには、あくまでも文章では伝わらない部分を補完する場合や視覚に訴えたいときに限定して使うと良いと思います。それ以外で使ってしまうと、LPの中で画像が溢れすぎる原因になってしまいますから。結果、最後まで読んでくれたとしても、長かったなという印象を与えてしまった時点で商品の魅力は頭から消えてしまっている可能性もあります。これからLPをデザインしていく中では、読み手の気持ちも考えて、コンパクトに制作していくということを心がけていくと良いと思います。ストレスなく読み勧められるページが理想です。
タイトル
その企業の独自色を出すようにしておかないと駄目

企業の色というのは、ページに反映させることが可能となっている部分です。企業の独自色を出していくことが、ランディングページをうまく作るコツでもあります。どのような企業であるのかを示すことが、実は非常に大事な部分となっていて、これが出来ていないとあまりいいページになりません。多くの人が見て、この企業は楽しいのかな、真面目に頑張っているのかなというイメージを持ってもらわないと、サービス自体のよさを感じることが難しいので、しっかりとページでは考えなければなりません。

反映させることが出来る部分の1つが、デザインとなります。背景にどのような色を取り入れるのか、写真を利用するのかによって、色々な変化を付けることができる部分でもあります。いいページというのは、LPの背景がしっかりしていること、見るだけで企業の色が大体わかってきて、こうした企業なんだなと感じてもらえるような感じにしていることです。このような部分が見えてこないと、いいページに仕上げることは難しくなってしまいます。

制作の前には、どのような色を利用してページを作るのか、そしてシンプルなのか派手なのかによって、色々変えなければならないところが出てきます。なるべくいい色をしっかり出すようにして、企業としてわかりやすいもの、シンボルマークなどがわかるような状態にしておけば、失敗することはありません。そうしたデザインを組み合わせながら、ランディングページの印象を作っていくようにします。

一通り完成したら、制作したものを全て確認して、企業の印象がしっかり出ているのか、見ていることでサービスのイメージがしっかり根付いているかをチェックしておきます。これが出来ていないと、失敗した状態でページが完成されてしまい、LPとして機能していない可能性もあります。自分たちが見て、何かおかしいところがあるなと思っているなら、修正作業を行います。出来れば、上の人に見てもらって、間違いが無いかをチェックしてから、ランディングページとして掲載することになります。

企業の色を出していくこと、そして企業のよさを見せるようにすることは、ランディングページでは大事なことでもあります。見ている人が、その企業についての理解を深められるように、そしていいと思ってくれることが何よりも大事なことでもあります。そのことを踏まえたうえで、なるべく色使いにも気をつけて、ページを作っていくことになります。
タイトル
ランディングページでは他社と比較して優れている要素が必要

ランディングページをデザインするときの構成要素として入れたいものの中に他社との比較の部分があります。これは実際に取り入れている例がいくつかあり、効果的なアピールの仕方になると思うのです。というのも、ランディングページは商品がいかに優れてるか?を消費者に対して訴えるわけですが、優れているというのは、他者と比較してという部分も含まれているはずです。つまり、ダイエット食品を販売するケースでは、ダイエットに効果があるというのは当たり前で、効果が期待できる商品はいくらでもあるはずです。ここで問題となるのは、消費者がその中で最も効果が大きいものやかかる期間が短いもの、値段が安いものなど、他社と比較して1番良いものを選ぶことになるということです。基本的に同じジャンルの商品を同時に複数試すというのは少ないと思うので、どこかしらに1番と言える要素がないとダメで、やはり自社製品がただ優れているだけではなく、他者と比べて傑出度が1番と胸を張れる部分があるというのも大切なのです。したがって、まずは他社と比べて自社の製品が優れている部分を作るということも必要ですけど、作ったうえでランディングページ内でそれをアピールしていく必要があります。制作するときにはそこを意識して、全体をデザインしていくべきなのです。優れている点は別に何でも構いません。その商品が同じジャンルの他社製品と比べて魅力が大きいんだと、これを買った方が得なんだと思わせることが大切なのです。よくあるケースは値段です。単品の値段自体が安かったりする場合もあれば、定期コースにしてお得度合いを高めたりする場合もあります。そのときには具体的な社名は出さないものの、同業他社の平均の価格などを出して、それと比較していかに自社製品が安いか?お得か?というのを消費者に訴えていく必要があります。やっぱり数値を出すと説得力が上がりますから。値段以外でも構わないでしょう。とにかく消費者から見てお得だと感じられるものであること、そしてその点において他社よりも優れているということが購買意欲につながることが重要になるのです。ランディングページの一部で構わないと思いますから、消費者が気付ける部分に、自社製品が他社よりも優れている部分、できれば数値で表せるものが理想だと思いますけど、そういうものを入れていくことで売り上げが上がる可能性はあります。LPの制作においては自社ではなく、他社のことまで考えていけると、より全体の魅力がアップすると思いますから、LPに欠かせない構成要素として、こういったものを忘れないで入れていきましょう。
タイトル
ランディングページのファーストビューには値段を表示しよう

ランディングページを制作するときには、ファーストビューの重要性をまず理解して、そこからどうデザインしていくか?考えていくのがセオリーだと思います。ファーストビューはランディングページの重要性の中でもかなりの割合を占めていると思いますから、ここで失敗すると、売れる商品も売れなくなるのです。そして、このランディングページのファーストビューに確実に入れておきたい情報があります。それは商品の値段です。これは実際に入れているものもあれば、そうじゃないものもありますけど、どっちが良いのか?といえば、入れておいたほうが良いと思います。商品のジャンルごとに消費者が何を重視するか?というのは微妙に異なるはずです。しかし、どういう商品を売るにしても絶対に共通する消費者が気にしているもの、重視しているものがあります。それが値段なんです。つまり、消費者からしていれば、値段というのは、商品の効果と同程度に重要なものになります。効果があると思われるものでも、値段が高すぎるものは買う気になれないと思うケースも多いからです。そうなると、値段次第では一気に消費者の興味、関心を引き寄せられる可能性を持っています。その結果、売り上げが上がる可能性も秘めているのです。値段は商品の効果と同様に読み手にとって、非常に重要な要素になるため、そこに好印象を抱ければ続きを読んでくれる可能性が高まりますから。商品の効果については、ファーストビューだけでは説明ができないというか、その範囲だけではとても収まらないでしょうから、改めて丁寧に解説していく必要があるものの、値段に関してはたった一行で済みますし、ほとんどスペースをとらないので、大々的に、ある程度目立つように載せられるとともに、インパクトもあります。そして、どうしても読み手は数字には注目してしまうのです。だから、自然と値段には目がいきます。そして、その値段で上手く商品についての購買意欲を上げられれば、ランディングページのファーストビューの役割としては上出来となります。こういったポイントを踏まえてランディングページを作っていってほしいので、デザインを考えるときには、値段は最後の方に持ってくるケースもありますけど、実はLPのファーストビューに入れておいた方が効果的なのではないか?と思います。消費者の心理を読みながらLPを制作していかないといけないので、かなり大切な部分として、ファーストビューに商品の値段の情報を入れておくということをしていきましょう。
タイトル
隠れた情報を見てもらえるいい機会になるページ

本来ランディングページというのは、全ての情報を提供できるページとなっていますが、普通のページでは示すことが出来ない情報についても、伝えられるようになっています。本来なら、伝えたいと思っている情報でも、なかなかサイトに書ききれない状態となってしまい、提示できないものも沢山出てきてしまいます。そうした情報を提供することが出来るのは、LPと呼ばれるページのよさになっています。これらの情報を提供することによって、もっとサービスを理解してもらうことと、利用できることが判りやすい状態にして、様々な人に利用してもらえるようにしておきます。

こうした情報の提供によって、徐々にですがサービスの理解は進むことになります。デザインの部分でも、なるべくあまりかかれていない情報を中心にすえることで、ページとしてかなりいいものになる可能性もあります。本来なら見ることが出来る情報だったとしても、あまり知られていないことを中心に記載しておくことで、利用してくれるユーザーが多くなる可能性はありますので、様々な情報源を知った上で、多くのページを制作していくことになります。

注意しなければならないのは、ランディングページというものが、1つのページで完了しなければならないことあまりにも長い状態にしておくと、それだけで多くの人の信頼を失ってしまうことです。なるべく短い状態にしておくことが、LPには必要なこととなっており、このページは短いから閲覧したいなと思わせるようなものに仕上げなければなりません。制作をする過程で、そうした部分に苦労しないように、少しでも節約できるところは節約しておかなければなりません。

デザインを決めるときにも、長い背景を利用することになると、後から調整することがかなり面倒になってしまいます。サイトの背景を縮めることは、ランディングページ自体も小さくしなければならないので、文章部分に影響が出てしまうこともあります。なるべくそのようなことはしないように、背景の範囲を決めて、この範囲でしっかりやることがわかるようにしてください。

全ての情報を提供できるページとして、そしてサービスの理解度を深める際に必要なページとして、ランディングページというのは大事なものとなっています。少しでもそうした情報を伝えられるように、わからないとされている情報を中心に取り上げつつ、信頼が持てるように工夫していかなければなりません。
タイトル
ランディングページで製品の生産者を公開すると安心感を与える

ランディングページを見た人が商品を買いたいと思うためには、商品に対する信頼がなければいけません。特に食べ物などの場合には、安全面なども重要ですから、安心感がないと購入に踏み切れないという事情もあると思うのです。でも、安心感というのはどうやって生まれるのか?それをランディングページ内でどう表現していくのか?制作するときには何に気を使っていけば良いのか?ここがはっきりしないと、なかなか身動きができないでしょう。ランディングページで読み手に安心感を与える、信頼をしてもらうために1つ有効なデザインというのは、実際に商品を作っている人間をに関しての情報を載せることです。こういうやり方はランディングページに限らず使われており、通販の番組や製品の公式サイト内で、生産者が誰なのか?どんな人が作っているのか?を紹介しているケースがあるのです。誰が作っているのか?分からないものよりもそれが分かっているものの方がより安心感はあると思います。それは作り手の顔とかを公開していると、下手な製品は作れないからです。当然、作った製品に問題があれば、あらかじめ生産した人間を公開していると簡単に特定されてしまうので、リスクは大きくなります。しかし、そのリスクを承知したうえで公開しているならば、それだけ製品の安全性に対する自信があるからということになります。自信がなければそんなことは簡単にはできませんから。そういう理屈で考えると、製品を実際に作っている人間をランディングページに載せているケースというのは、それだけその会社の製品に対する自信度の高さがかがえますし、客側としても一種の安心感が得られるので、購買意欲につながる可能性が高いのです。したがって、LPをデザインしていくときには、どこかに生産に携わっている人間、工場で働いている人間などを一部紹介しておくと良いでしょう。そして、できればその人の実際の声というか、作っている製品に対する思いなどを同時に載せておくと、真剣さも伝わって、信頼度を増幅することができると思います。こういうやり方は実際に行われているケースも多くありますから、1つの成功例として制作するときの参考にしてみると良いと思います。LPでは会社内の人間の声というのも意外と役立つことがあります。特にこういう形でLPに載せていくと売り上げにつながる可能性も否定できませんから、ランディングページをデザインしていくときには考えていってもらいたい構成の仕方になります。
タイトル
LP制作の王道を理解してコンバージョンの上がるページを作ろう

商品やサービスなどランディングページを制作する際に必ず意識して欲しいポイントがあります。それが、ランディングページの「構成」です。ランディングページも星の数ほど存在しますが、構成をしっかりと詰めないまま作られているページも数多く見受けられます。ランディングページを作るために、ウェブディレクター、デザイナー、ライターなども利用することになりますので、それなりの費用がかかってしまうでしょう。その費用をムダにしないためにも、以下の3つのポイントを必ず抑えるようにしましょう。



LP構成のポイント1:ファーストビューに命をかける。



LPの勝敗はファーストビューだけで7割決まると言われています。では、その勝負はどのように仕掛けていけばいいのでしょうか?基本的には、検索や広告からの流入ユーザーを仮定して、その人に突き刺さるキャッチコピーの制作と、何の商品であるかが一発でわかるデザインを用意するようにします。LP構成において非常に重要なポイントです。コピーライターを外注してでもファーストビューの濃度を高めるように意識しましょう。



LP構成のポイント2:特典の内容は適切か?



LPを作る際に強烈なフックとなる特典を用意している方も多いはずです。この特典、安易に決めてしまうと、メリットどころかデメリットにすらなってしまいます。特に意識しないといけないことがアップセル。アップセルとは、例えば初回は無料で体験できたサービスが二回目以降は3万円かかってしまうなどの落差の事を言います。この落差が大きければ大きいほど、成約率が低くなります。強烈な特典を用意するのはもちろん集客においてプラスになりえますが、アップセルについての意識もしっかりと持った上で構成をするようにしましょう。



LP構成のポイント3:デザインと構成のバランスを取る。



特にデザイナーを外注する場合、デザインの優先度とランディングページ全体のバランスを意識する必要があります。デザイナーの中には、まるで自分の作品でも作っているような感覚でデザイン提案をしてくる人もいます。LPの目的は言うまでもなくコンバージョンであり、ただなんとなくおしゃれなサイトではありません。この点をしっかりと押さえて、ディレクションを進めていきましょう。



ランディングページの良し悪しは構成でほぼ確定します。準備段階でしっかりとユーザーのペルソナをつくり、様々な仮説の上でページを用意するようにしましょう。
タイトル
問題を解決させるために必要な方法を伝える

ランディングページというのは、このような悩みを抱えているとか、問題があると思っている人の手助けをしてくれる部分を示すページとなります。困っていることに助けを与えて、この方法を使えば成功するとか、これなら問題はないということをアピールすることによって、解決させてくれるようにしなければなりません。適当に作っているLPだと、全く納得してくれないので、利用してくれる人が減ってしまい、サービス活用の糸口をつかめてもらえないこともあります。

サイトのデザインを決定するときに、まずは悩みがどのような部分から生まれていて、このサービスを利用してもらいたいのかを判断しなければなりません。ランディングページというのは、そうした情報を提供して、最終的にこの方法が凄く使いやすいですよという話をしておくことによって、成功するための近道を与えることになります。この内容を記載することが、絶対に大事なことでもありますので、悩みを持っている人が、どのように解決手段を見つけたいのか、作る側がしっかり考えていかなければなりません。

制作をしていくときには、LPの配置も考えることです。いきなり解決手段を書いてしまうと、どのような悩みを持っている人が利用しているのか、全くわからないままページが完成してしまいます。悩みを持っている人が共感して、そのページがいいと思ったからこそ、サービスを最後まで見て判断したいと思っているのです。そのための手段を与えないことには、成功する可能性は低くなってしまうので、必ず悩みから書き出すようにします。

出来れば、ランディングページのデザインでは、悩みの下に解決策のサービスを提供するような形にしてください。こうした制作にすることで、確実にページを見てもらえるようになりますし、どのようなサービスによって提供されていることか、大体わかるようになります。悩みを解決する手段が用意に見つかることで、利用したいと感じてくれる人が多く出るかもしれませんし、割と閲覧してくれるユーザーが増えてくれることもあります。

悩みというのは、ページを見てくれる人にとって大事なことですし、誰だって悩みの解決方法を調べてみたいと思っているはずです。ランディングページというのは、そうした人に対して解決策を与えてくれるページであると考えて、対策をしっかり進めていかなければなりません。うまくやっていくことで、解決策からサービスの利用が多くなります。
タイトル
サイトを変更しなくても情報を伝えられるよさ

色々な情報を提供するサイトを作ったとき、結局広告にあわせるなどして、単語の変更をしなければならないことがあります。このような状態を作ってしまうと、結局サイトの変更を多くすることになってしまい、あまりいい状態ではないパターンが生まれてきます。ランディングページというのは、そうしたサイトの変更をしないで、新しいページ1つを作っておくことによって、情報を提供できるような状態にしているところです。こうしたページをしっかり作っておくことで、様々な情報を提供できるようになります。

デザインについては、現在のサイトを思わせるような感じにしておけば問題はありません。それ以上を望むようなことをしても、あまりいいメリットがうまれないこともありますので、サイトの背景は一緒の物を流用しても問題はないです。問題は、説明するページが大事になっていて、どのようなサービスを展開しているのか、しっかりと判断させるような情報を提供することになります。この制作こそが、LPで一番大事なことになります。

サイトの変更については、全くしなくてもいい代わりに、1ページ余計なものを作ることになるのは面倒かもしれません。ただ、説明をするために、ページを沢山変更する作業については、非常に面倒な部分を持ち合わせています。それを繰り返して、さらにサイトの情報が悪くなってしまうことは避けなければなりません。ランディングページは、そうした部分の変更点をしっかり持たせて、安心して利用出来るサイトへと変えてくれるところがメリットとなります。

こうしたページを作っておくことで、安心して情報を提供できるようになることはいいことですが、それ以上の情報提供が難しいことから、なかなかページを見れくれなかったり、ランディングページから移動してくれないといった問題も出やすくなります。その部分については、何が悪いのかをしっかり判断して、なるべく利用しやすいように工夫をしなければなりません。

デザインの制作をしていくこと、LPとして機能させることが難しいものもありますが、しっかりやっていくことによって、閲覧してくれるユーザーの増加を期待することが出来ます。何もしないよりは、かなりのメリットを得られる可能性もありますから、ランディングページというのは作成するメリットは十分にあります。閲覧してくれる情報を元に、見てくれる人が何をやりたいのか、それを思わせるようなページが必要です。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.