上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
見せたいサイトへ流入させるための仕掛けを作る

ランディングページとは何なのか。英語を訳してわかるとおり、一番最初に見たページということになります。
ユーザーがどこのページから入ってくるのかということなんですね。

ランディングページオプティマイズとか色々と難しい言葉がありますが、それがわかってこその基本だと思います。
アクセス解析をしていればわかりますが、ユーザーのランディングページがわかるようになっています。
それがわかれば色々な仕掛けができるようになるんですね。
ランディングしたページから見せたいサイトへ流入させるための仕掛けを作ることができるようになります。
例えばユーザーからの検索キーワードを絡めて、Aという商品でBというページに飛んできたお客様にはCのような追加情報を載せるようにしようというようなことができてしまいます。
一番最初にユーザーが到着するページというのは大事なんですね。
そのユーザーたちをどうやって逃がさないようにするか、あるいは到着したユーザーにどのように企業側の意図を伝えるのかというのは本当に難しいことです。
ランディングページにはそういう仕掛けが必要になってきますね。そして、ランディングページはユーザーが最初に到着するページというだけではなく、その後のことも含めて考えるべきページなんですね。
タイトル
商品やサービスのアピールに繋がり、顧客獲得の可能性が高まる

インターネットにおいて、広告をクリックしたり、検索結果からURLをクリックしたりした先で、最初に表示されるページをランディングページといいます。一般的には、リンク先の一枚の縦に長いWEBページのことです。 サイトを運営している企業などは多くの場合、サイトを訪れる人々に、多少の時間をかけてページを見てほしいと思っています。そうでなければ、自社の商品やサービスをアピールできないからです。 そのため、クリックした先の最初のページとなるランディングページで、訪れる人の興味をひき、サイトからの離脱を抑えるようにすることが必要になります。 具体的には、検索される言葉に沿ったそれぞれのランディングページを用意し、そして、訪れる人の目的や動機に応じた内容やデザインにできるよう工夫をします。 このようなことをLPO(ランディングページ最適化)といいます。上手くできれば、繰り返しになりますが自社の商品やサービスのアピールに繋がり、顧客獲得の可能性が高まりますし、インターネット広告やSEO対策における出費が無駄にもなりません。 以上のように、ランディングページというのは、サイト運営において重要な鍵を握るものなのです。
タイトル
色合いについても注意をする必要がある

ランディングページとは、広告などでクリックすると表示されるページのことを言います。 つまり、インターネットで商売をする場合には、このランディングページと言われているものが大事になってきます。 何故なら、このページがわかりづらいように作られていれば、当然そのページから人は去ってしまうことになるのです。なので、このランディングページは、わかりやすいように作るということが大事なのです。また、色あいについても大事になってきます。 見えづらいような色合いで作られているようなことがあれば、色々な商品を見る前に去ってしまうことになるのです。 なので、出来るだけわかりやすいようにつくるというのはもちろんですが、色合いについても注意をする必要があります。 販売する商品によっても、色合いをかえるといいです。また、季節によっても変えるようにすれば、それだけでも人が集まってくることがあるのです。 このように、ランディングページにはいろいろな注意が必要です。
タイトル
購買意欲をかきたてられるようなページを作る必要がある

ネットで商品を販売する場合には、アクセスしてもらう、ということにばかり意識が向いてしまいがちですが、実はアクセスをしてもらうことができたからと言って、購入してもらうことが出来るとは限らないのです。 アクセスをされて、そこで終わってしまうことだって珍しくはありません。 つまり、アクセスしてもらった後が重要になってきます。 そうなると、ランディングページが鍵となってきます。 例えば、クリックをしたもののそのページには目当ての商品が無かったり、探そうとしてもどこにあるのかわからないようなごちゃごちゃしたページでは、購入してもらうことが出来る可能性と言うのは、ずいぶんと少なくなってしまうのです。 なので、ランディングページつくりというのは重要になってきます。 見込み客が欲している情報を素早く表示させることが出来るページつくりを心がけるというのはもちろん、他にも購買意欲を欠きたてらるようなページを作る必要があるのです。
タイトル
チャンスをものにできるかどうかはランディングページにかかっている

ランディングページとは一言でいうと、広告の要です。 ウェブサイトや広告をたどってきて一番初めに目にするページで、企業の業績を左右するといっても過言ではありません。 インターネットを利用する人は、何か目的があって利用するという人がほとんどです。 自分の興味があることを検索したり、欲しい商品を探すためにショッピングサイトを利用したりと理由は様々ですが、企業の利益になるチャンスがネット上に溢れかえっているのです。 そのチャンスをものにできるかどうかはランディングページにかかっています。 企業が売り込みたい商品やサービスを広告にしても、まず興味を持ってもらわなくては広告の意味がありません。 ランディングページを見て興味を持ち、初めて広告に触れて商品を購入したりサービスを受けようと思うのです。 ネットを利用している人に対して、適切かつ効果的なランディングページを見せることができるかどうか、ウェブ上で宣伝する企業にとってこれほど重要なことはありません。
タイトル
目的としては、注文や、資料請求、問い合わせをさせること

ランディングページとは、直訳すると着地ページで、リンクやバナー、検索エンジンの検索結果から、最初にたどりつくページの事を指します。トップページとは違うもので、すべてのリンクやバナーの訪問先をトップページにしてしまうと、そこからまた自分の目的にみあったものを探せなければならなくなり、手間がかかるので、どんなにアクセスを稼いでもすぐにそのページから人が去ってしまい、非常に効率がわるくなります。ランディングページの特徴的な目的としては、注文や、資料請求、問い合わせをさせることです。したがってデザイン的にも、大きな写真でインパクトをのこしたり、派手なデザインでどんなページかをすぐにわかるようにさせたり、資料請求や問い合わせ・注文のボタンがすごく大きくわかりやすかったりするようなデザインになっていくことが多いです。また、リンクなどをはって他のページに飛ばれても困るので、ランディングページにはリンクを貼らないことも多いです。
タイトル
見込み客が快適に利用できることが重要

せっかく集めることができた見込み客が、何も商品を購入することなく去ってしまう、と言うようなことが多ければ、それはランディングページに問題がある可能性が高いです。 ランディングページと言うのは、広告などをクリックして表示されるページのことをいいますが、これが不親切な設計だったりすると、見込み客と言うのは何もすることなく帰ってしまうことが多いのです。 例えば、探している商品をすぐに見つけることが出来ない、ごちゃごちゃしたデザインのランディングページであれば、一つ一つページを探すのが面倒になってしまうので、途中で帰ってしまうという人が多いです。 また、ページが表示されるまでにとても時間がかかるようなことがあっても、見込み客は去ってしまうことになるのです。 なので、ランディングページと言うのは、見込み客が快適に利用することが出来るようになっている、ということが重要になってくるのです。 その点を考えながらページを作れば、売り上げは伸びます。
タイトル
サイトを訪れた人が一番最初に見るページ

「ランディングページ」と言う言葉を皆様はご存知でしょうか。 「ランディングページ」とはインターネットにおける広告や検索エンジンを使った検索サイトが出した検索の結果などからサイトを訪れた人が一番最初に見るページの事です。 「ランディングページ」はあくまでもリンクURLを踏んだ人が最初に訪れるページであって、それは必ずしもサイトのトップページ、インデックスページである必要はありません。 「ランディングページ」はサイトを訪れた人がそのサイトを最初に見るページとなるので、「ランディングページ」の印象次第ではサイトを訪れた人が「ランディングページ」だけを見て「ああ、このサイトは見にくいから見るのは止めよう」とか、「ああ、このサイトは分かりにくいから別のサイトで商品を選ぼう」といったマイナスイメージに繋がってしまうと、せっかく「ランディングページ」まではアクセスを誘導出来たのにそれ以降のサイトの閲覧を止めてしまう事になり、「お客さん」であるアクセスをしてくれた人を逃してしまう事になります。
タイトル
初めて訪れた人でも、スムーズに目的の商品に辿り着けるのが理想

インターネットを利用して商売をするのであれば、普通の店舗形式の店とは違った点を工夫する必要があります。 例えば、商品の送り方についてもそうです。 壊れやすい商品であれば、包装などは厳重に行う必要があります。 それらと一緒で、ランディングページにも工夫を行う必要があります。せっかくアクセスしてもらうことが出来ても、そのまま帰られてしまったのでは売り上げには結びつけることが出来ないのです。 なので、ランディングページと言うのはオンラインショップではとても重要なものとなってきます。 ランディングページがごちゃごちゃしていて、どこにどの商品があるのかわからないようでは、売り上げに結びつけるのは難しいです。初めて訪れた人でも、スムーズに目的の商品のところに辿り着くことが出来るような、ランディングページと言うのが理想です。また、色使いなどについても工夫が必要です。 原色ばかりでは目に痛いので、すぐに帰られてしまったりします。
タイトル
ユーザーが直接訪問するランディングページこそ力を入れる場所

ランディングページは言うならばホームページの玄関です。ちょっと前まではトップページが玄関だったのですが検索サイトが一般的になった現在、ユーザーが直接訪問するランディングページこそホームページ作成に力を入れる場所となりました。会社の玄関をきれいにするのはお客様の第一印象を良くするために行うことで、これと同じことがランディングページにも言えます。訪問者が一見したときにどう感じるか、良いランディングページにはそこが求められています。センスの悪い人がページをデザインするとごちゃごちゃと見づらいページになってしまいます。やけにちかちかした色使いとか写真があちこちに分かれていたりとか同じサイト内なのにレイアウトがページごとに違うとか。こういうデザインの悪いホームページは何度も利用したくありません。結局は訪問者の数を減らしてしまうことになります。ではどうすれば訪問者が滞在してくれるのかというと、「わかりやすさ」が必要でしょう。何をアピールしたいかをきちんと決めて、わかりやすさ重視でデザインするよう心がけましょう。
タイトル
ランディングページは一枚の長いwebページ

「ひとつの商品やサービスを売るための一枚の長いWEBページ」
「リンクや広告の飛び先」のことでLPやランペとも呼ばれています。

ランディングページの役割
・ユーザーの問い合わせ・資料請求・注文です。
ランディングページの特徴

①デザインが派手
まずはページ、内容、何かしらに興味を持ってもらう必要があります。
キャッチコピーやデザインでユーザーの興味を引こうとする為にデザインが派手になります。
また、情報量が多いため読みやすくするためにイメージ画像が多くなってます。

②リンクが無い
リンクの多い一般的なサイトに比べてランディングページにはリンクがありません。
なぜなら、リンクが多いとユーザーが目移りしてしまうからです。

③縦長
ユーザーの求めている情報(商品・サービスの説明、疑問、不安)を細かく伝えたいので必然的に情報量が多くなります。
これを何ページかに分けてしまうとクリック率が減ってしまう為、縦長の1枚のページに仕上げています。

④ボタンが大きい
ランディングページの目的(問い合わせ・資料請求・注文)ははっきりしているのでユーザーにそのボタンを押してもらうために、クリックする場所を明確に示すためにボタンが大きくなります。
タイトル
印象・インパクト・便利姓に重点をおく!

ランディングページとは、検索や広告からサイトを訪れた人が最初に表示されるページです。「最初に表示される」という部分が非常に重要で、意図して広告をクリックした人はもちろん、たまたま訪れた人でさえも惹きつけることができれば最高です。
ですので、ページの作りこみはもちろんなのですが、最初に与えるインパクトの大きさが重視されます。例えば大きな文字でキャッチコピーを載せてみたり、見る人がより興味を惹かれるような写真を掲載してみたり。また、「おっ」と思わせるようなインパクトを与えたら、その後の手続きにスムーズに進められるような配慮も必要です。
サイトは見てもらうことに意義があります。せっかく作ったサイトも、訪問者がトップページだけで離れてしまうようでは意味が薄くなってしまいます。より多くの人に見てもらえるように、より多くの人が興味を持ってくれるための入り口になる部分ですので、印象、インパクト、便利性という部分に重点を置いて作成するのが良いと思います。
タイトル
ランディングページデザインで収益がかわる!

"ランディングページはデザインによって企業の宣伝の仕方が変わってきます。
企業が売り込みたい物によってデザインを変えることで、よりランディングページの効果を実感することができます。
売り込みたい物にデザインを最適化するには、その物自体をよく知らなくてはいけません。
商品を購入したりサービスを利用する人というのは、ある程度の目的がはっきりしていて企業のウェブサイトを見ている人だと言えます。
相手が必要としている目的をランディングページによって、よりはっきりさせることで売り上げを伸ばすことができるようになるのです。
そのためのデザイン構築はよく熟考しなくてはいけません。
商品の画像のみで購買意欲を高めたり、詳細なデータを明示してサービス利用を促したりなど宣伝対象によってランディングページのデザインを変え、どのようなデザインならば利用してもらえるのか、またはどのようなデザインならば利用されないのか、デザインによって企業の収益が大幅に変わってくるのです。"
タイトル
売りたいものに対して効果を発揮するページ

ランディングページとは、売りたい商品や集客したい講座など、ひとつのものに対して効果を発揮するWebページです。
主に使われているのは、リスティングやアドワーズのリンク先です。
有料広告スペースにて興味を持たせて、リンクした先に1ページで製作されているサイトがあるというのが主流であり、最も効果を発揮しやすいランディングページの使用方法です。
そもそも、ランディングページとは読んで字のごとく、読ませるためのページです。
ひとつのもの・ことに対して、詳しい説明や、体験者の声、他社との比較、実績などがのっています。
またページの随所に問い合わせのバナーがあるのも特徴です。
自然検索のみのHPを使った集客、問い合わせまで持っていくことは不可能ではないですが、 やはりSEOのめんでも難しいことが多いです。

自然検索よりは、有料広告スペースからランディング、そして問い合わせといった形で集客するほうが費用対効果は高いように思えます。
ランディングページとは、HPでは書けなかった詳細や実績などを記載できることから、費用はかかるものの最近では作成しているところが多いように見受けられます。
タイトル
ランディングページも作り方で効果が変わる

ランディングページとは、バナー広告クリックの際、次に表示されるページの事で、そこでインパクトを残せるかどうかが、訪問者に、そのページに長く滞在してくれるかを決めるインターネット上において非常に大切なページの事を指します。実際の人間との出会いと同じように、最初のインパクトというものは大事で、最初の印象というのは強く感情・行動に作用してきます。

意識的・無意識は別にしてもこのランディングページをみてそのページが自分の目的にあうか、または自分の感情に会うかを判断し、そのページにとどまるか、去るかを決めるのです。
したがってアクセスしてきた目的に近いランディングページ用意させることで、そのページの滞在率を高くするので、まずはアクセスをさせるバナーと並んで、非常に大切に働くWEBページとなります。
ページをスクロールせずにアクセスされた来た目的に対する回答をみせることがいいランディングページの表示例で、実際にそういったランディングページは、目的に見合わないページを表示させることよりも5・6倍の効果を上げています。
タイトル
ユーザーの心理を配慮して制作するべき!

ランディングページとは文字通りランディング(着地)するページの事です。
インターネットの検索エンジンで検索結果から目的に合いそうなタイトルをクリックしたり、記事を読んでその中にある広告バナーやリンクをクリックした時に最初に導かれて着地(ランディング)するページです。
検索ユーザーの立場から考えると、ランディングページは検索の目的に合った物である事が重要です。

例えばユーザーが自分の欲しい商品やサービスを探す目的で何らかのキーワードで記事を検索したとします。
そこで自分の興味を引くタイトルを見付けて記事を読んでみる。
記事に掲載された商品に関心を持って広告バナーやリンクをクリックした時にユーザーはその商品やサービスの具体的な情報が得られるページに導かれる事を望んでいます。
ユーザーは商品やサービスのスペックを確認した上でそれを提供する店舗や会社が信頼できると判断すれば購買の検討に入ります。
ランディングページが怪しい雰囲気であればユーザーはすぐに離脱します。怪しくは無くても店舗や会社のトップページに導かれた場合にもそこからさらに検索しなければならないという不便さを感じてしまいます。適切なランディングページとは、ユーザーの心理に配慮してすぐに役に立つ内容を提供しなければなりません。
タイトル
ランディングページで収益率がかわる

ランディングページに掲載されているサービスや商品のウェブページにジャンプするためのリンクは、できるだけ大きく分かり易く作った方が、よりランディングページの効果を高めることができます。
ランディングページはウェブサイトの集客率を上げて企業利益を上げるという目的があります。
その目的を達成するためには、宣伝したい物のウェブページにジャンプできるリンクを誰が見ても一目で分かるような場所に置き、かつ目立つようにすると達成しやすくなります。
ウェブページへのリンクが小さくて地味だと、ランディングページを見ている人がそのリンクを見つけることができずに、せっかくの集客率を上げるチャンスをダメにしてしまうかもしれません。
サービス、商品の紹介画像や詳細なデータの近くに置くとか、複数個置いてページをスクロールしてもすぐにクリックできる場所に置くとか、ランディングページによって変えることでより一層集客率を高めることができるようになるのです。
タイトル
よく見るページ…実はランディングページなんです

憧れの場所へ旅行情報を検索したとき、あの商品の価格を検索してみたとき、物件情報をネットで調べたとき・・・やっぱり検索上位のページや、最初に目につくページにアクセスしてみたくなりますよね。
でも良く見てください。そのアクセスしようとしたページ、横に「広告」や「AD」といった文字が表示されていませんか?
あなたがいつもアクセスしているそのページ、実は広告として出稿されているもので、いわば誘導したいサイトの入口の表示なのです。
そして、この入口をクリックしたページの先に表示されるページは、ランディングページと呼ばれています。
こうした検索結果のリンク先に限らず、特定のWebページの広告の表示をクリックした後に、最初に表示されるページも、ランディングページといいます。
ランディングページとなるページは、広告の力を発揮するためにも、サイトのトップページに限らず、より広告の内容に添った目線で作られていることが多いです。
広告の誘導力が高くとも、ランディングページがイマイチだと、なかなかサイト利用には結びつきません。従いまして、インターネットビジネスにおいて、広告の出稿とセットで、必ず力を入れたい戦略の一つといわれています。
タイトル
ランディングページ制作の必要性

ウェブサイトのページにはそれぞれ機能がありますが、ランディングページは他のサイトから一番最初に到着するサイトという定義づけであるために、すぐにその目的を果たせることをメインに作られます。
一番最初に見るページというと企業や商店などのトップページをイメージされる方もいるかもしれませんが、商品名などの検索ですぐに購入を考えている場合には、トップページから購入できるサイトまで数ページあればそれだけ無駄なアクションや時間が生じてしまうので、そういう目的でも訪問者はトップページというのはランディングページとしてふさわしくないといえるでしょう。
広告などを他のページで貼っておくと、特に具体的な商品なら購入できるページがランディングページになりますし、企業コマーシャル的な広告だとトップページから誘導して企業のことをじっくり知ってもらうために企業の顔としてトップページはランディングページとしての役割を果たすということになります。
タイトル
ユーザーの目的を考える必要性

ランディンページに多いのは商品の画像やイメージを表示するタイプのものです。
これは見た瞬間のインパクトが強く、ユーザーの記憶にも残り易くて一見企業の利益を上げるためにはとても効果的のように思えます。
しかし、このタイプのランディングページの効果を過信して多用しすぎるのは、逆に利益が下がってしまう可能性があるので注意が必要です。
なぜかというと、ランディングページを見ているユーザーの目的に合致していない可能性があるからです。
宣伝したい商品の画像は確かにインパクトがありますが、全てのユーザーがそれを求めているわけではないのです。 大まかな商品のイメージを持っているユーザーにとっては、画像よりも詳細なデータが欲しい、といった意見を持っている人も大勢います。
そんな人に商品の画像が載っているランディングページを見せても、すぐにそっぽを向かれて別の企業のサイトに移動されてしまいます。
ユーザーの目的を考えずに画像を表示するタイプのランディングページばかり作っていると、効果的に利益を上げることができなくなってしまうのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.