上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
インパクトがないランディングページなんて作る必要がない

ランディングページで重要なのは、見た目のインパクトです。
インパクトがあるかないか、それだけでウェブサイトの集客率が変わってきます。
インターネット上には無数のウェブサイトがあり、様々な手法で集客していてランディングページもその一つです。
企業のウェブサイトを見ていると、ランディングページによって閲覧者を増やしていると見受けられるウェブサイトが沢山あります。
なぜこんなにもランディングページを導入しているかというと、集客に一定の効果があるからです。
しかし、それはランディングページの出来栄えば良く、かつインパクトがあるものに限ります。
ウェブサイトを見ている人に有益な情報を掲示できて、記憶に残るようなものでないと見ている人はすぐにウェブサイトを閉じてしまい、別の企業のウェブサイトに行ってしまいます。
インパクトがないランディングページなんて作る必要がないといっても過言ではありません。
ランディングページを作る際にはどうしたら相手にインパクトを与えるか、これを重要視するかどうかでウェブサイトの行く末が決まるのです。
タイトル
万人に好かれるようなデザインやメッセージは必要ない

ランディングページとはインターネットビジネスにとっては重要な役割を担います。サイトの最初に表示されるページですので、そこで顧客を引き付けないとビジネスは成り立ちません。
しかしランディングページには、万人に好かれるようなデザインやメッセージは必要ありません。100人に1人しか興味を持たないような内容でも、その100人に1人が強烈な興味を持つランディングページであれば、充分にビジネスとして通用するのです。
そもそもインターネット上では様々な情報やビジネスが日々生まれています。莫大な情報の中でビジネスを成功させるには人と同じことをしていては成功することは難しいと言えます。
そこで個性を発揮するためにも、ランディングページは強烈なファンを引き付けるようなデザイン構成にするべきなのです。人と違う新しいことをできる人は成功できる可能性が高い人です。それと同じでランディングページに個性を持たせることは、インターネットビジネスで成功するためにはとても大切なことなのです。
タイトル
ユーザに、その魅力、性質を正しく伝えられるかどうか

インターネット上でユーザが最初に目にするものであり、そのサイトの印象を決定づけるページである。
その性質からネット通販などによく利用されており、現在の状況を見るにイコールと捉えて問題ないだろう。
販売ページとしてとらえた時、そこはユーザにとって店の商品の目の前に立っているのと同じである。そこに求められるのは、ユーザの要望を満たす事とそれを訴える力だ。
商品はものを言わないが、ランディングページには文字や写真を載せ、相手に訴える力を与えることができる。
しかしそれは同時に客を遠ざける力にもなってしまう。
落ち着いた雰囲気を持つ椅子を販売したいのに、大声で魅力をがなりたてる店員に勧められてしまえば買う気をなくしてしまう人もいるだろう。
大切なのは伝えたいことを正しく伝えることであり、求めている人に確かにそのメッセージを届ける事だ。
運営者の想定するユーザに、その魅力、性質を正しく伝えられる形になっているかどうかが、ランディングページの価値を定める。
その力を発揮できないランディングページは、残念ながらチラシの裏ほどの価値もないといえるだろう。
タイトル
欲しい情報をすぐに提供する

ビジネスを行う場合には、ランディングページがとても重要なものとなってきます。
ただ、ランディングページにアクセスさせることが出来れば、それだけでいいというものではありません。そこから商品を購入してもらわなくては、ビジネスとしては成り立たないのです。
なので、ランディングページにアクセスしてもらった後のことについても、考える必要があります。
例えば、見込み客がどのような商品を欲しがっているのか、ということは検索結果などでわかっているのですから、その商品ンスムーズにアクセスすることが出来るようにしてあげる必要があるのです。
そうすることによって、商品を購入してもらうことが出来る可能性は、とても高いものへとなってきます。
商品ページを自分で見つけて辿り着かなくてはいけない状況では、その前に面倒になってしまって諦めてしまう可能性が高くなってしまいます。
なので、欲しい情報をすぐに提供する、ということがランディングページでは重要になってくるのです。
タイトル
簡潔に伝える必要性

ランディングページは通常のサイトとは異なった構成で作られていることが多いですが、これもランディングページの目的に従って最適化された結果によるものです。
ランディングページの目的は、何かを求めてやってきた訪問者の興味を引き、商品やサービスの良さを伝え、最後にその商品やサービスを購入してもらうことにあります。ランディングページを訪れたとき、訪問者の多くはまだ商品を購入するつもりはありません。その商品を必要としていない訪問者に購入を決意させるには、訪問者が欲しているものをはっきりと自覚させ、この商品がその欲求に応えられるものであるということを簡潔に伝える必要があります。
しかし、通常のサイトのようにいくつもの項目リンクを作って詳細を記述しても、多くの訪問者はそれに目を通してくれません。よりわかりやすいサイトを求めてどこかへ行ってしまいます。そういった事態にならないようにランディングページの構成は、1枚のページに商品やサービスの内容、価格、口コミや信頼性を担保する情報まで盛り込んだ内容になっているのです。
タイトル
ずばりコンバージョンを獲得すること

ランディングページとは、検索エンジンの検索結果やインターネット広告の、リンク先のページのことを言います。クリックして最初に表示されるページです。ランディングページの役割は、ずばりコンバージョンを獲得することです。サイトによって商品購入だったり、資料請求だったり、会員登録だったりと異なりますが、それが売り上げにつながることであることに変わりありません。
コンバージョンの獲得が売り上げにつながるということは、つまりランディングページの良し悪しが売り上げを左右すると言えます。商品を検索してアクセスしたのに、商品のページではなくて企業のトップページだった、ではせっかくのお客様を取り逃がしてしまいますよね。ランディングページは必ずしもトップページである必要はなく、適切である必要があるのです。
広告の目的はアクセスを増やすこと、というのはわかりますが、適切なランディングページを作らないと広告費が無駄になってしまいます。ランディングページの最適化をLPOと言いますが、効率良くコンバージョンを獲得するのは、広告、SEO対策の他にLPOも重要です。
タイトル
出来次第で、集客率が変わって来ると言っても過言ではない

簡単に説明すると、インターネット利用者が広告をみたり、検索したりして目的のサイトのリンク先として最初に表示されるページの事です。
つまり商品や色々なサービスを売る為の重要なWebページなのです。
では何の為にランディングページを作る必要があるのでしょうか?
不特定多数の人が同じ目的や動機で、そのサイトを訪れるのであれば1つのページで済むのですが、当然違うわけですからニーズに合わせた内容でなければ閲覧した人は直ぐに再検索をする為に別のページを開く事になってしまいます。
それを防ぐには自サイトを最適化する必要性が有るのですが、際限なく広がるニーズに答える為には膨大な費用が発生してしまいますので、それをランディングページに置き換えて運用する事で費用を抑える事が出来ます。
逆に言うとランディングページの出来次第で、集客率が変わって来ると言っても過言では有りません。
もしこれからインターネットサービスを考えるとしたら、ランディングページを最重要課題として考えて行く事が必要だと思います。
タイトル
探している商品にすぐに辿り着くことが出来るように

ネットでのビジネスでは、どのようにして見込み客にアクセスしてもらうか、ということにばかり気を取られてしまいがちですが、アクセスをしてもらうことができても、そこから購入というアクションを起こしてもらわなくては、売り上げを上げることはできません。
その一つのアクションをどのようにして見込み客に起こさせるか、ということが大事なのですが、そのためにはランディングページがとても重要になってきます。
このランディングページの出来によって、売り上げをあげることは出来るのです。
売り上げをあげることが出来るランディングページといえば、探している商品がすぐに辿り着くことが出来るようになっているものです。
なかなか辿り着くことができなければ、途中で諦めてしまう人と言うのは多いです。そうしてせっかくの見込み客が、他の店に流れてしまうことになるのです。なので、そのようなことになるのを防ぐためには、ランディングページは親切に作る必要があるのです。
タイトル
文字の数を増やすよりも写真を大きく

ランディングページはインターネット上でリンクをクリックした時には他のサイトに移動をしますが、その時に初めに開かれるページの事を言います。このページはトップページである必要は無く、それぞれのリンクから移動をして来た人の属性に合わせたページにリンクをされるように作られているようです。
ランディングページではページを移動して来た人が、一瞬目を奪われてしまうような魅力的なキャッチコピーを大き目の文字で表示し、文字の数を増やすよりも写真を大きく掲載して最もアピールしたい事を画像で全面的に押し出すようなページにする事で、その宣伝効果は格段に上がると言います。
そして商品ページならば価格を大きく掲載し、購入専用ボタンを大き目に配置して購買意識をそそるようにします。このランディングページは実はこの下にも縦長のページが展開をしているので、いかにページの下までスクロールさせるかという事がランディングページの大きな役目ともなっています。
ページの下部には商品の特徴や魅力を掲載し、最後には体験者の声などを掲載して効果的に商品の魅力を伝えるページとなっています。
タイトル
広告を露出する媒体のユーザー層に合わせる

ランディングページというのは、様々な手法で誘導してきたユーザーに最初に見せるページのことを言います。
販売を目的としたサイト作成などの場合、高いコンバージョン率を出すためには、特にこのランディングページが重要になると言われています。
サイトの目的や誘導してくる手法、取り扱うサービスや商品によって、適切なランディングページを作り管理していくことが大切だと言えます。
例えば同じ商品を扱うにしても、ユーザーに対してブランドイメージを形成することを重要視したランディングページの構成と、期間限定割引価格といった価格要因をキーに誘導してきたユーザーに提示するべきランディングページとでは、当然構成や無いように違いをもたせるべきです。
また媒体広告で誘導してくる場合は、ユーザー属性に対しても注意が必要で、広告を露出する媒体のユーザー層に合わせたランディングページを用意することが大切だと言われています。さらに検索結果で誘導してくる場合は、検索内容との合致を考えてランディングページを作ることが重要だと言われています。
タイトル
魅力的なキャッチコピー

ランディングページでお客さんを集めて売り上げを伸ばすためには、洗練されたキャッチコピーが必要になります。
ランディングページの多くは宣伝したい物の画像を多用している物が多いです。
なぜ多いのかというとお客さんを集める一定の効果が得られるから、というのが主な理由です。
しかし、画像だけで集客率を上げて売り上げを伸ばすことができるというランディングページはほとんど見たことがありません。
お客さんを集めるためには画像の他にもインパクトがあり、ユーザーの記憶に焼きつけるようなキャッチコピーが必要になってくるのです。
ユーザーの興味を沸かせて誘導したいページにジャンプさせる、そんなキャッチコピーを作ることは並大抵のものではありません。
そのためには提供したい物の本質を見極め、多角的な視点から対象を分析する冷静さが求められます。
お客さんを引き付けるキャッチコピーを作ることは難しいですが、魅力的なキャッチコピーを作ることができればランディングページの武器になるといえます。
タイトル
第一印象さえよければ隅々まで見てもらえる

インターネット上で商品を販売、または有料のサービスを行っている企業は是非とも導入すべきものです。
ランディングページとは広告の第一印象だけでなく、企業のウェブサイトそのものの印象を決めてしまう大変重要なものです。
ウェブサイトを見ている人にとって良い印象を与えることができれば、商品やサービスの売り上げが上がる可能性が非常に高いのです。
完成度が高く誰にでも好印象なランディングページを作ることができたならば、ウェブサイトの売り上げが数倍になるということもあります。
第一印象さえよければウェブサイトを隅々まで見てもらうことができ、閲覧者が当初予定していなかった商品やサービスまで購入してくれるかもしれません。
逆に第一印象が悪いとランディングページを見ただけでページを閉じてしまい、全くと言っていいほど企業の利益にはなりません。
ランディングページの出来栄えによっては売り上げが下がってしまう可能性もありますが、相手が求めている情報を適切に伝え、印象を良くすることで利益を何倍にも上げることができるようになります。
タイトル
今買っておかなくちゃと思わせる

ランディングページとは、インターネット利用者がネット広告などからリンクされ、一番初めに見るページのことです。
何か欲しい物があるとき、導かれたランディングページで、買うか買わないかが決まると行ってもおかしくないと思います。
そのくらいランディングページというのは大切です。
せっかく、そこにリンクされたとしても、センスのないランディングページだと、すぐに去っていってしまうことになります。
インパクトが大きく、そして購買意欲をそそるようなものである必要があります。
何か欲しい物があるとき、いろいろなサイトをめぐり、いろいろな情報を得ているとよくわからなくなってきて、結局とりあえず今はやめておこうなんてことがよくあります。インターネット利用者がそうならないためにも、ひとつのランディングページでその商品の写真、評判、その商品のよいところ、お得な情報などをすべて知ることができる必要があるんです。
なおかつ写真がとても綺麗だったり、情報がわかりやすく見やすく配置されていると今買っておかなくちゃと思えてくるようになるのです。
タイトル
ネガティブな要素が売上アップの一因を担うことも

ネガティブな説明がランディングページによる企業利益アップの一因を担うこともあります。
ネガティブとは、その言葉の通り悪い印象を与えがちですが、使い方次第で企業にとってプラスに働く作用を持たせることができます。
宣伝したい商品やサービスの説明を行う際に良い面だけを伝えてしまうと、相手に本当にそうなんだろうかと疑問や不安を与えてしまうことがあります。
一度疑問や不安を与えてしまうとその商品に対して懐疑的になってしまい、購買意欲が薄れていってしまうのです。
そうならないためには宣伝したい商品やサービスのポジティブな面だけでなく、ネガティブな面も説明する必要があります。
ランディングページを見ている人にどれだけの誠意を掲示できるかどうかなのです。
掲載する商品やサービスにとってマイナスになりそうでユーザーに見せたくない部分でも、しっかりと誠意を持って説明することでネガティブな説明が企業の広告にプラスに働くようになるのです。
タイトル
ユーザーのニーズに最適化した特設ページ

インターネット上のサイトで外部からの入り口を指すランディングページですが、日本のwebマーケティングにおけるランディングページは、本サイトとは別に設置された一ページ分の特設サイトを指していることが多いです。
なぜ本サイトが存在しているにも関わらず、別の特設サイトであるランディングページを作るかというと、商品やサービスをネット上で購入してもらうには訪問者への最適化が必要だからです。多くのユーザーは自分が求める商品やサービスについてのキーワードを検索してサイトにやってきます。しかし、本サイトのトップページを訪れたとしても、そこからさらに多くのコンテンツをかき分けて目的の商品を探す必要があります。
実際に検索をして飛んできたユーザーの多くは、表示されたページに目的のものが見つからないとそこからコンテンツを探すことなく次の検索結果に移動してしまいます。それを防ぐため、特定のキーワードで検索をかけるユーザーのニーズに最適化した特設ページを設置します。このように捕まえた顧客を逃がさないようにするためにランディングページは必要なのです。
タイトル
相手にプラスになると思わせる

ランディングページに掲載した企業広告を利用した際に、ユーザーにどれだけの利益があるのかの理由をしっかりと説明できなくては、企業利益を高めるランディングページとは到底言えません。
広告で宣伝した物に対してもっともらしい理由を付けられるかどうかで利用率が大幅に変わります。
この商品を使ったらここが良くなって更にこれが良くなる、このサービスを利用したら今まで以上に良いことがあるなど、ユーザーにとって良いものであり、利用したら自分にとってプラスになると思わせるような理由が必要になります。
ただ単にこの商品はこうでこのサービスはこうです、なんて書かれてもユーザーは戸惑ってしまって商品の購入やサービスの利用を躊躇してしまいます。
商品やサービスに対して説得力のある理由を説明することで、相手にプラスになるんだと思わせてランディングページの効果を上昇させ、企業広告の価値を高めて企業の利益を上昇させることができるようになるのです。
タイトル
デザインだけを真似ても集客効果は上がらない

効果的なランディングページを作成するには、他の企業のランディングページを参考にするのが望ましいです。
参考にする際に特に重要視する箇所は成功している要因で、これをしっかりと見極める必要があります。
デザインやキャッチフレーズも重要ですが、なぜこのランディングページの集客率が高いのかを冷静に分析することで、作成するランディングページのクオリティが大幅に変わってくるのです。
単純にデザインなどを真似ても集客効果が高いランディングページを作成することはできません。
なぜなら、デザインなどを真似してランディングページを作成しても、既存の集客効果が高いランディングページに客を取られてしまうからです。
なぜ集客効果が高いのか、その理由を理解せずにランディングページを作成しても無駄な苦労に終わってしまいます。
集客効果が高いランディングページは必ず何か理由があり、企業の広告とユーザーの関係性を見つけて理解することが効果的なランディングページ作成の第一歩といえます。
タイトル
ランディングページは広告の顔

インターネットの広告、もしくはYahooやgoogleなどの検索エンジンを利用してのリンク先となるページ。もしくは、他のサイトに広告を出す時に、リンク先に指定している自サイト内のページのことを指す。
ADをクリックしたときに最初に表示されるページ。
インターネット広告や、検索されるキーワードなどで広告先にたどり着く事が多いと思いが、入口が多いほど人の動機や目的は様々である。
しかし、広告や検索によって訪問者がサイトに訪れても、ページの中身が訪問者の目的とあってなければ、違うサイトに移動してしまう可能性が高い。このような事態を避けるため閲覧ページを増やしたり、収益につながるサイトからの離脱率を抑え、コンバージョン率(企業Webサイトの訪問者数に対する、そのサイトで商品を買ったり、会員登録をした人の割合の事)を高める手法を行うことをランディングページ最適化(LPO)と呼んでいる。
ランディングページとは要は、Yahooやgoogoleを使って何か調べた時に出る、広告等をクリックして最初に表示されるページのことであり、つまりは広告の顔の事だと考えてもらえば良いと思う。
ゆえにインパクトがあったり、その広告をクリックしたくなるような工夫が必要でもある。
タイトル
役割は問い合わせを得ることにある

ランディングページとは、リスティング広告を含むネット広告やリンクをクリックすると表示される最初のWEBページです。
ランディングページの特徴としては、リンクがない、縦長、テキストよりイメージ画像を多く使用、デザインが派手、ボタンサイズが大きい、ことなどが挙げられます。
これは、ランディングページの役割が、問い合わせを得ること、にあるからです。

インターネット上でも、売上を上げるためには特定の需要を持つ客に対して応対し、供給を行うことが重要です。
ランディングページはその「接客」を担っているのです。ユーザーの多くは、広告を見て、ある目的のためにクリックします。
そのため、製作者はそれらのユーザーに的を絞ったページを作ろうとします。こうしてランディングページができるのです。
そのため、先ほど挙げたような特徴になっているのです。
ランディングページは、サイト全体を最適化することよりもコストをかけず売り上げを伸ばすことができるので、多くの企業が使用しています。
タイトル
文字情報よりも画像情報の方が直感的に受け取りやすい

企業や個人が自身の商品やサービスのメリットを伝える際に、非常に効果的な方法の一つとして、ランディングページの活用があります。
ランディングページの特徴としては、まず文字情報よりも画像情報が多いことが挙げられます。多くの人間が、文字情報よりも画像情報の方が直感的に受け取りやすく、キャッチーな画像等を用いることで、その画像を見た人間の印象として脳に多くの印象を残すことが可能となります。
そういった背景から、ランディングページでは、大きな画像データに、キャッチーで大き目、さらにカラーリングも鮮やかな文字情報を挿入されていることが特徴です。
次に、そういった印象を植え付けた相手に、直感的に商品を買ってもらったり、サービスの申し込みを目指すのがランディングページなので、商品の購入ボタンや、申込みボタンは比較的多くついているのが特徴です。
伝えたい側の伝えたい内容を即座に伝え、購買行動につなげたり、多くの印象を植え付ける目的で作成されたページがランディングページです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.