上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
改善するだけで思いもよらないほど売り上げがアップ

ランディングページとは、ネットのバナーやリンクなどをクリックした際に、最初に表示されるWEBページとのことを指します。
インターネット上で商品を売る際にはもっもと力を入れるべき部分で、このページをしっかり見つめなおし、改善するだけで思いもよらないほど売り上げがアップすることがあるなど、すごい可能性を秘めた重要なものです。

たとえばバナーをみていい感じの商品があると思い、その商品を購入しようと、そのバナーをクリックした際に、到着したページがそのECサイトのトップページだっうたりしたら、そこからまた、先ほど欲しいと思った商品を探さなければならなくなります。
そうすると検索がどこかわかりづらかったり、検索するのが面倒だったりして、そのページから脱出してしまうという傾向が非常に高くなります。

対して、バナークリックでしっかりその商品の購入ページにたどり着けば、そのページに滞在する時間が長くなる傾向があり、購入率も格段に向上するなどといった統計がでています。
ランディングページとは、こういったように確かに結果を左右する、非常に大切なものです。
タイトル
ランディングページのできによって、売り上げが左右されることがある

ランディングページと言うのは、広告をクリックして表示されるページのことを言いますが、ただそれだけのものではありません。というのも、このランディングページのできによって、売り上げが左右されることがあるからです。
どのようなことかというと、例えば、気になる商品が広告に表示されていたのでクリックしたものの、ランディングページがとてもごちゃごちゃとしてデザインをしていたので、どこに何の商品があるのかわからず、結局気になっていた商品を見つけることが出来ず、そのまま去ってしまう、と言うことがあるからです。
他にも、ランディングページ自体が重く、なかなかページが表示されない、というようなことがあっても、見込み客の足を遠のいてしまうことになるのです。
なので、ランディングページつくりと言うのは、とても重要になってくるのです。
このランディングページのできによって、人を留まらせることができたり、商品を購入してもらうことが出来るのです。
タイトル
わかりやすいページを作る

ネットで商品を販売する場合、どのようにして集客を行うのか、と言うことがとても重要になってきます。
少しでも多くの顧客を獲得するためには、インターネットの広告を利用している、と言うところが多いです。
検索結果などから、どのような商品を探しているのかを把握し、その見込み客にぴったりの情報を広告で提供する、といったものです。それの商品を探している場合には、ついその広告をクリックしてしまうものです。
そうしてランディングページに辿り着いてもらうことができても、そこで安心できるわけではありません。というのも、その見込み客が求めているものをすぐに提供することができなくては、ランディングページからは去ってしまう可能性がとても高いからです。
なので、ランディングページに訪問してもらうことばかりを考えるのではなく、そこからどのようにして購入してもらうか、ということを考える必要があるのです。
そのためにはやはり、わかりやすいページを作る必要があります。
タイトル
特定の情報を求めるユーザーを狙い撃ちする

ランディングページはそのWEBサイトが持つ目的,求める成果をわかりやすくユーザーに伝えるページです.
検索結果に表示される広告,商品説明URLなどその事項に需要を持ったユーザーが最初に訪れるページであるため,様々なコンテンツを表示するトップページよりも興味を持たれやすいというメリットがあります.
一方で,訪れるユーザーがランディングページの内容に興味を持たないとその他のコンテンツへアクセスする機会はありません.
特定の情報に特化しやすいものの,多目的なコンテンツへの誘導は弱いというデメリットがあります.
また,ランディングページは1ページで完結させること,ページ全体のインパクトがあることが求められるため,クオリティの高い写真を多く使う必要があります.
例えば,商品写真などがない文章主体のWEBサイトでランディングページを使用するとデザイン性の薄い,わかりにくいWEBサイトとユーザーに判断されてしまう可能性があります.
情報をわかりやすく,即座に納得してもらう必要があるので既存のデザインをそのまま使うこともできず,新しいデザインが求められます.
ランディングページは全てのWEBサイトに必要なものではなく,ある特定の情報を求めるユーザーを狙い撃ちするときのみ使われるものだと言えます.
タイトル
ターゲットは何者なのかということを考えながら

ランディングページを考える際に欠かせないのは、参照する相手が何者なのかを想定することだと思います。お店で言うとお客様ですね。

例えば若い女性向けのブティックならそうしたターゲットに合わせた店内ディスプレイを行いますよね。ホームページもそれと同じことで、見てくれるお客様は何者でどういう意図で訪れるのだろうかということを想像します。
ただ漠然とランディングページとやらに注意しなければ、キーワードを増やさなければ、なんて考えではうまくいきません。
ページを見てくれるはずのターゲットは中年の男性、しかも眼鏡に興味がある人だとすると、ページには「30代から40代男性に人気のオシャレな眼鏡を取り寄せました」なんて文言をいれるとよい、ということぐらいは想像がつくと思います。
次はターゲットをもっと絞るか広げるかです。
先の例でいくと、絞るなら「職場でかけていても問題ないちょっとオシャレな眼鏡を扱っています」なんてのを入れたり、広げるなら40代から50代にはシックな眼鏡を用意しています」という風に、より広いターゲットを拾う文言を入れます。
こういう風にターゲットは何者なのかということを考えながらランディングページを作っていきましょう。
タイトル
広告としての役割はテレビCMよりも大きい

ランディングページはネットで売上を上げるために必要です。
広告として様々なページにリンクに貼ってもらって自分の企業や商品などを宣伝します。
ポップアップ形式の面白いギミックをつけたライティングページへのリンクなどもあり、ページを見ている人の興味を惹きつけることが出来ます。
これから企業を宣伝していくにあたってとても重要でありテレビCMよりも期待出来ます。
またホームページにリンクを貼ってもらうだけでなくグーグルの検索結果のところにも表示させてもらうことも出来ます。
これはユーザーがあるワードで検索すれば、その検索ワードに該当する企業や商品の広告を上部に表示するというものです。
本来の検索結果よりも一番上に表示されるので、必ずユーザーの目につきます。
より細かい検索ワードの場合、検索したユーザーが求めているものと企業が宣伝している商品が上手く合致することもあります。
そうなれば本来の広告としての役割がテレビCMよりも大きいといえます。
タイトル
利用者を引き付けないと意味が無い

ランディングページは検索や広告からアクセスしてきた方が最初に見るページのことを指します。このページは利用者が確実に見ることとなりますので、重要なことを記載しなければなりません。その内容に不備があるようなら間違いなくサイトから出て行ってしまいます。
それを避けるために、多くのサイトではアクセスしたそのページに比重を置いて制作します。一般的なページよりも力を入れ、このサイトはこうした物を提供していますということを見せつけるのです。これによって多くの情報を公開しつつ、利用者がもう少し見たいなと感じられるようになります。ランディングページはとても重要であり、この部分で利用者を引き付けないと意味が無いのです。
広告からランディングページに入る場合は特に重要で、広告の内容とページが一致していないようだとすぐに別のサイトへ行ってしまうのです。広告を出している場合は、とにかく別のサイトに行かないような対策が必要となります。
タイトル
まずは、お客様の共感を

今ではオンライン上で成果を出すためには高度なオンラインマーケティングの方法が非常に必要となってきていて、ただ単にデザインが良いホームページを作成しておけばいいという考えでは、あまり高い成果を出すことはできません。

ランディングページをしっかりと作りこんで、お客を非常に惹きつける広告を作ったり、ソーシャルメディアからとても購買意欲のあるお客を集めたりすることで、、自分の扱っているジャンルのビジネスを、一層成果が上がるようにアピールする必要があります。

ランディングページを作る方法として、真っ先に自分の売りたいと思っている商品を提示することはしないで、まずは、お客が共感をしてくれるような言葉を使った魅力ある文を作る必要があります。

扱っている商品の情報をただ述べるだけでは、お客に買いたいと思わせることは非常に難しく、商品を買ったり、資料を請求をするといった、お客に現実に行動をするように誘導することはとても大事です。
タイトル
更新回数を増やして商品価値を高める

ランディングページの効果を高めるためには、頻繁に更新作業をすることが有効だといえます。
頻繁に更新をすることで商品価値や信頼度を高めて、お客様の購買意欲を刺激することができるようになるからです。
お客様が実際に購入して使用した感想や、どれだけの数の商品が購入されたかなど、詳細なデータを明示することで多くの人に見てもらうことができ、それだけお客様を増やすことに繋がるのです。
ランディングページを公開して半年や一年間も更新されていないページなんて誰も寄り付きはしません。
できれば週数回ペースで更新し、日々商品のデータを新しくすることで商品価値を高めていきましょう。
ランディングページが更新されていくと企業側のやる気や熱意が感じられて、それがお客様への誠実さに直結するのです。
企業が誠実だとお客様が企業を見る目が変わり、商品価値だけでなく企業の価値も高まって行き、ランディングページの効果をより深く感じることができると思います。
タイトル
自社製品や自社のの強みを性格に把握することが必要

ランディングページとは、外部サイト(検索サイトや他サイトに展開した広告など)からリンクされているウェブページのことです。つまり、広告や検索結果をクリックした際に最初に眼にするページのことですね。
それだけに、顧客へのインパクトをどれだけ与えられるかが、ランディングページの出来を左右する鍵だといえます。しかし、企業側の目的に応じて変えていく必要があり、一概にどれならば絶対にウケる、満足のいく成果が得られるというわけではありません。
ある商品を売りたい場合ならば、その商品をユーザー視点から観察し、どのような情報を提供するべきかを考えるべきでしょう。そしてユーザーがどのような点に不安を抱くかを考え、その不安を払拭させることも必要になります。
上記のように、目的に合わせてランディングページは内容や特徴を変えていかなければなりません。場合ごとにその対象のユーザーに対して最適化させる必要があるため、できれば作成はプロに任せたほうがより効果が上がると思います。
実際、ランディングページを軽視して適当に作ってしまったばっかりに予算ばかり食って効果が全くでなかった事例というものも何度も目にしています。製作の際はSWOT分析をするなどして自社製品や自社のの強みを性格に把握することが必要です。
タイトル
売り上げを左右するもの

インターネットで商売をする場合には、ランディングページがとても重要になってきます。
ランディングページが見づらい仕様になっていると、どこに何の商品があるのかわかりません。
なので、欲しい商品があると思っていても、見込み客はそのページに辿り着くことが出来ないのです。
結果、諦めてしまうことになります。そうすれば当然、売り上げに結びつけることは出来ないのです。
なので、ランディングページと言うのは売り上げを左右するもの、という認識で作るようにしないといけないのです。
初めてランディングページを見た人でも、どこに何の商品があるのか、ということがすぐにわかるように出来ていないといけませんし、他にも色使いなどもとても重要になってきます。
それらのことを考えてランディングページを作ったのであれば、売り上げをあげることだって出来るのです。
つまり、ランディングページは、売り上げを左右するとても重要なものと言うことができるのです。
タイトル
見栄えが良く、なおかつ分かりやすいページであるべき

ランディングページとは、あるサイトに閲覧者が訪れたとき、初めに開くことになるページのことを言います。言わば、ランディングページは、そのサイトを代表する顔とも言うべきページなのです。そのため、ランディングページは見栄えが良く、なおかつ閲覧者にとって分かりやすいページであるべきだと言えるでしょう。
ランディングページを見栄え良くするためには、ウェブデザインの知識が必要になってくると思います。サイトに訪れた人が知りたい情報がそこに無いと感じたら、閲覧者はすぐに別のサイトに行ってしまうでしょう。そのため、せっかく訪問してくれた閲覧者を逃がさないためにも、閲覧者を惹きつけるような魅力のあるページに仕上げておくことが、そのサイトの売り上げアップには必要なのです。
閲覧者は、必要な情報を得たいと思っているので、どのような情報を得たいと思っているかをリサーチし、適切な情報を掲載しておくことが望ましいと言えます。必要に応じて、画像なども掲載しておいたほうが良いでしょう。
また、ページを見やすいように配色や画像の配置などにも気を配るべきです。
タイトル
インターネット広告の第一印象はランディングページのデザインと内容

ランディングページとはインターネット上の広告にリンク元を設定して、最初に開かれるページの事です。
例えば商品の販売を目的にしたサイトを運営している場合に、ランディングページが訪問者の興味を引くような場合には商品の販売に繋がることになりますが、ランディングページが訪問者が警戒するようなものや、興味をもたれないような内容ならば訪問者はすぐに立ち去っしまうので、商品の販売という目的を達成することは困難になります。
ランディングページは広告によって訪問をしてくれた人を引き付ける大切な役割を果たしますので、そのデザインや内容はとても大切です。訪問者の興味を引くデザインや内容であれば、資料請求や商品の購入と言った成果を得ることに繋がるものです。
人は第一印象がとても大切な事と同じように、インターネット広告の第一印象はランディングページのデザインと内容ですので、ランディングページはとても大切な役割を果たしているのです。
タイトル
ゴール設定によって作り方を変える必要

ランディングページはWEBサイトの中にあるコンテンツとして作られており、特定の人物に焦点を当てて作られるページで、見てもらう人物を絞って1ページで公開しているので問い合わせや注文をしてもらうと言った行動を起こしてもらえる確率が格段に上がる方法です。

WEBサイトの場合は様々な方法が集まっているページなので、目的の情報に辿り着くまでには2ページ以上見て回るため、サイト内の操作性や内容が少しでも違和感を感じてしまうとそのままサイトを見ることをやめてしまう事も多くあり、その点ランディングページの場合は1ページ内に特定の人物に合わせた内容を集約して公開するので、ランディングページを見てもらった場合には、サイト内を移動するという手間もなく、求めている情報が1ページにまとまって違和感を感じることなく最後まで見てもらえる可能性が高くなります。

ランディングページはゴール設定によって作り方を変える必要があり、商品を販売する場合は、画像をたくさん使用し実際に商品を手にした状態をイメージ出来るようにしたり、会員登録の場合はすぐに行動を起こしてもらえるように内容は薄く短くしておくといった方法で魅せ方を変えて来ます。それだけでなく作る側もサイト全体の修正を行う必要もなく、作業量も減るため効率よく出来るのでコストが抑えられるというメリットも有ります。
タイトル
広告の主役となっていくもの

ライティングページはテレビCMなどよりも情報を格段に詰め込むことが可能です。
楽天などの有名サイトでは上から下まで情報がぎっしりと詰め込まれています。
情報を多くすればするほど、消費者に今買わないと損だという気分を与えることが出来ます。
また商品が売れたことを告知するバナーをおいておけば、一度波が来れば一気に売れていくことがあります。
広告とは消費者の心を掴むことが何よりも大事なので、一から十まで独自に趣向を凝らしていけるライティングページはこれからの時代の広告の主役となっていくものといえます。
宣伝費はなるべく少なく効果的にというのがこれからの時代のトレンドです。

またページに余裕があるので様々な比較表などをおけるのも便利です。
これもまた消費者の心理を掴むもので、消費者が自分で調べて比較する手間をなくすことによってすぐに購入を決断させるという効果があります。
商品が売れるか売れないかはそういった一瞬の判断で決まるのです。
タイトル
ユーザーが求めている情報をすぐに表示できるようにしておく

ランディングページとは、インターネットなどの広告などが表示されていて、そこをクリックすると表示されるページのことを言います。
インターネット広告と言うのは、ユーザーに何か購入してもらおうと考えてのものが多いですから、当然ランディングページなどは通販サイトなどが多くなってきます。
ですが、そうしてせっかくアクセスしてもらうことが出来ても、商品を購入してもらうことが出来るかといえば、そんなことはありません。
むしろ、アクセスはしたものの、そのまま何も購入することなく去っていくユーザーの方が、圧倒的に多いとされているのです。
その理由として、ランディングページが不親切であることがあげられます。
興味のある商品だったのでクリックをしたものの、その商品に辿りつくことができず、去ってしまう人なども多いのです。
なので、ランディングページで重要になってくるのは、ユーザーが求めている情報をすぐに表示できるようにしておく、ということになります。
タイトル
知りたい情報がすぐにわかるというのは大きなメリット

ネットサーフィンをしているとランディングページと呼ばれるサイトを目にすることがあります。
ではどんなもかというと1ページの広告の中にさまざまな情報が書かれて購買意欲を掻き立てるサイトのことをいいます。
ランディングページというと難しく感じるかもしれませんがみなさんも知らず知らずの内に見ているかもしれません。
個人的な感覚でいうとサプリ美容グッズ情報商材などでよく使われていると思います。
私がそのようなサイトを見るので自然とそのようなランディングページに出会いやすくなっていて他の方ならまた違う結果となるでしょう。
ぱっと訪れた人にもわかりやすく特徴が説明されているのでついクリックしてしまいたくなるのです。
プロが作成しているだけあってランディングページのデザインはもちろんキャッチコピーまで計算されている場合も多々見受けられます。
購入者側からすると長々とした説明よりもまず知りたい情報がすぐにわかるというのは大きなメリットなのではないでしょうか。
タイトル
ユーザーにピンポイントで宣伝できる

ランディングページとは商品を売ったりアピールする為の広告ページで、インターネット広告や検索結果などの飛び先です。
ランディングページをうまく使えば売上や問い合わせなどのコンバージョン率が倍増するといわれているほど重要なものです。
ポイントは一目で何について書かれているのか分かるような作りです。
普通のサイトとの違いは写真や大きな文字でとにかくアピールする事でユーザーを引き付けます。
ユーザーがランディングページを訪れた際に、じっくりと内容を見なければ分からないような小さな文字が並んでいるサイトと違って、パッと見や流し見でも伝えたい事が伝わるような大振りなサイトが多く、インターネット広告や検索結果から訪れたユーザーにピンポイントで宣伝できる。それこそがランディングページの醍醐味です。
最初に訪れたときに与えるインパクトや、ユーザーをひきつけるようなキャッチコピーなどが大切です。
写真やイメージ、コピーなどで「商品を買いたい」「申し込みたい」と思わせることで、売上のアップにつながります。
タイトル
アクションを起こして貰えるか否か

ランディングページ。
きっと、ネットを通じてものを売ろうとする人なら一度は聞いたことがある単語かと思います。
ランディングページとは簡単に言うと、【目的を1つだけに絞ったページ】と取れます。
本来、ウェブサイトやウェブページというのは、複数の目的(アクション)を導ける構成かと思います。
ブログサイトなどにある「関連記事」や「月間アーカイブ」などがまさにそれで、関連した記事を読んでもらって滞在時間を増やす&直帰率を下げるなどが挙げられます。
ところが、ランディングページについてはそういったことはすべて廃止します。
結果として生まれるページは以下のようなものになります。
売りたい・アピールしたい商品やサービスを伝え、アクションを起こして貰えるか否か
それがすべてで、直帰率やサイト回覧などは基本的に考えません。
そうすることによって、ユーザーの選択脇をなくし、アクションを起こしてもらいやすくするというのが目的になっています。
きちんとサービスや商品の良さをアピールして、アクションを起こしてもらいたいものがある場合にはとても有効な正攻法です。
タイトル
本の表紙

例えば、本や書物や、書籍の所謂、出版物の場合、特別な場合を除いて、取敢えず表紙が気になるものです。 挿し絵をどうしようかとか、イラストをどう選んで何処に差し込むか、更には主題のタイトル名の文字の種類や形、大きさをどう整えるかというのは、読者の目を射止めるには大事な要素です。
これがネットサイトの場合、サイト保持者のホームぺージの場合は、単に表紙のみの場合もあるが、概ねは、本の様に多量のページから構成されていて、謂わば、これは本に相当します。 そして、本の表紙に相当するのがホームぺージのトップページと言われるもので、これをランディングページとも称しています。 
サイトに興味を持った読者、訪問者は、何らかの理由、例えばいきなりキーワード検索でやってくる場合や外部リンクからこのサイトにやってくる際、兎も角も最初に開くことになるのがランデングページであり、訪問者に興味をもって見てもらう特に大切な第一ページなのです。 
例えば、サイトに広告を出す際、リンク先として第一番に指定する自分のサイト内のトップページのことになります。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.