上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
web上の広告、商品をとことん説明できるランディングページ

ランディングページとは簡潔にいうとパソコンのモニター画面から見る広告です。



近年は広告やカタログ、DMを見てそこから商品を買う人が減り、インターネットで商品を買う人が増えたため、紙媒体の広告からランディングページへと主流が流れつつあります。

紙での広告と違い文字の量、写真の量などは自由なため長いページになりがちです。

また、紙の広告は商品を数個紹介していたりしますが、ランディングページは基本1商品につき1つのランディングページとなります。

リスティング広告などから飛んで行った先がランディングページになることが多いです。



【ランディングページの基本構成】

まずTOPに商品のバナー、左側にキャッチコピー右側に商品写真、引き上げUPに繋がる売上文句が入ります。



次に問題提起に移ります。

ここで悩みを抱えている人、心配な人へ「こんな悩みはないですか?」と投げかけます。



アンケートやチェック項目

具体的に商品に関係するチェック項目を出し、悩みの具体化を消費者に感じてもらいます。



そこから商品の効果の説明、お客様の声、製作者の声のコーナーなどが下に続きます。



これは一部の例で、TOPバナーからすぐに商品の説明ページに入る短めのランディングページもあります。

構成内容は様々で、長いから悪いということはありませんし、短いから良いということでもありません。販売側の商品を伝えたい思いを比較的自由に載せられるため、とことん商品の良さを説明することができ、そして消費者に購入してもらうのがランディングページの役目です。
タイトル
購入につながるかどうかはランディングページの内容次第

インターネット利用者は広告を見てアクセスしようかなと考えることは多いでしょう。その最初のページとして登場するのがランディングページです。このページの内容を見て、本当にいいと思えば次のページを見ていくと思いますし、要らないと思えばすぐに出ていくのが普通です。従ってランディングページにはかなり有効な情報が記載されていることが多く、この効果があるので買ってくださいというアピールをしているのです。
本当にその商品に興味があるようなら、ランディングページの内容次第で購入しても良いと思います。ただページの内容に誇張している部分があるかもしれませんので、商品の情報は別の方法で仕入れた方がいいです。本当に買って大丈夫なのか、この商品は優れているのかを知った上で購入するといいでしょう。
ランディングページが広告に書かれている物と違うようなら、そのページに用は無いと思ってください。広告と違うものに真実があるとは思えませんし、あまりいいものは手に入らないかもしれないのです。
タイトル
リンクから飛んだ方全てを満足させる

ランディングページはこれを利用してみたいと思わせることが重要と言われており、とにかく疑問を解決出来るようなものに仕上げるのが望ましいです。
ページによっては困っているような人の写真を載せ、つぶやきという形で何とかならないかなという感じを出しています。
これはこの後のページに解決方法を記載して、リンクから飛んできた方を逃がさないようにするテクニックです。
最初の部分で見る必要が無いと思われるのだけは避けたいので、疑問を載せるということもいい方法と言えます。
どんどんページの奥まで見たいと感じされることがランディングページには必要で、妥協というものは中間くらいしか許されません。
もっと見たいと思わせるページを作ることが技術者に求められ、最終的には問題を解決できるようなページ内容になっていなければなりません。
ランディングページというのはリンクから飛んだ方全てを満足させる内容でなければならず、これが利益増加に繋がるために必要なテクニックだと思います。
タイトル
信用を高めるページ作りが必要

利用者の声を掲載することで広告の信用度はグッと高まります。
企業が宣伝して売り込みたい物には、当然ながらそれを購入して利用するお客さんがいます。
それは商品だったりサービスだったりと形態は様々ですが、そこには明確に売る側と買う側が存在します。
広告の物を買って利用した人ならば、必ずその物に対して何らかの感想を持つはずです。
この商品はここが良くてとても使いやすい、このサービスはスタッフの接客が素晴らしくてとても気持ちよく利用できたなど、利用したお客さんの声を取り上げることで信用度が増し、信用度が増したことでさらに利用者を増やすことができるようになります。
ランディングページは企業の広告の価値を高める絶好の場ではありますが、広告の宣伝ばかりに気を取られていると広告の信用度が失われ、逆に企業にとって不利益になる場合上がります。
そうならないために、適度に利用者の声を取り上げるなどの信用を高めるページ作りが必要になってくるのです。
タイトル
ユーザーの立場になって不安、疑問を一つ一つ解決

ユーザーの目的に対する不安や疑問点を解消するのも効果的なランディングページを作成するために必要なことだといえます。
ランディングページは広告の魅力をピックアップすることで企業の収益を上げることができますが、広告の良い面だけを伝えるだけではユーザーに信用されません。
自社の製品やサービスがいかに素晴らしくて他の企業には真似出来ない、といった悪く言えば自画自賛を書き連ねるだけではランディングページを見ているユーザーの目には魅力的に映らないのです。
ユーザーの立場になって不安、疑問を一つ一つ解決することでユーザーは広告に対して信用し、そこで初めて商品の購入、サービスの利用といった企業の利益になるような行動を起こすのです。
宣伝したい広告の不安や疑問というのは企業側からは見えにくいものですが、ユーザーと対話をするような形で解消することでランディングページの価値が高まり、より一層の利益を確保することができるようになるのです。
タイトル
魅力的なものであれば、購買意欲もあげることが出来る

インターネットビジネスを行う上で、アクセス数を稼ぐというのはとても重要なことです。なので、インターネットビジネスを行っているという会社は、広告を出しているというところが多いのです。
例えば、自分が気になっていることについてインターネットで検索をするとします。そうすると、その検索結果によって、広告の内容は変わってくるのです。
それによって、より多くのアクセス数を稼ぐことが出来るのです。
ですが、アクセスをしてもらうことができたからと言って、そこから商品を購入してもらうことが出来るのか、ということにはなりません。当然、アクセスしただけで帰ってしまうという人はいます。それどころか、帰ってしまう人の方が多いのです。
なので、アクセスしてもらって表示されるページ、ランディングページは魅力的なものを作る必要があるのです。
ランディングページが魅力的なものであれば、購買意欲もあげることが出来るのです。なので、ランディングページは大事です。
タイトル
商品を購入してもらうには作りこみが重要

ランディングページと言う言葉を聞いたことがあるものの、一体どのようなページの事を指しているのか、ということについてまでは知らない、と言う人が多いです。
では、ランディングページとは一体どのようなものか紹介します。
インターネットをしていると、いろいろなページの端に広告が表示されると思います。
例えば、以前気にって検索したものに関連した商品が、表示事されたりします。これは広告がどのようなものが興味があるのか、ということを判断して表示されるようになっているのです。
そうして、その広告をクリックしたことは、インターネットを利用している人なら一度はあると思います。
そうしてクリックして表示されるページが、ランディングページと言われているものなのです。
つまり、商品のページなどです。ですが、ランディングページをクリックしたからと言って、商品を購入してもらうことが出来るわけではありません。
なので、企業側からすれば、このランディングページ作りはとても大事なことなのです。
タイトル
提示したいものの趣旨や商品の特徴を素早く提示

ランディングページとは、HPの玄関みたいなものです。ほかのサイトから来た際に一番最初に目にするページ、それがランディングページとなります。
例えば売りたい商品があった場合に、他から自社のHPへ来てもらい商品を購入してもらわなければいけません。一番最初に目にするページが文字ばかりで地味でそっけない感じだったら、果たしてそのHPで商品を購入するでしょうか。おそらくほとんどの人が商品購入どころか、すぐにそのHPから帰ってしまうと思います。実店舗でも第一印象で入りたくなるお店とそうでないお店があるように、HPでも第一印象は非常に重要です。
ランディングぺージに求められるものは、HPに足を踏み入れた人をいかに帰さずそのページに留まらせるか、HPに記載されてる情報や商品に興味を持って貰えるかが重要になります。
よって訪問者へ一目見た瞬間に、こちらが提示したいものの趣旨や商品の特徴を素早く提示できるか、それがランディングページの一番大きな役割になると言えます。
タイトル
疑問や不安を解消できるような内容

ランディングページとはインターネット上で広告をクリックした際や検索結果一覧に表示されるリンクをクリックした際などに一番最初に表示されるページのことでLP、ランペ、などともよばれています。
このページはとても重要です。なぜならクリックしたときに最初に表示されるページの一瞬のイメージで訪問者の次の行動がきまるからです。広告の成功の秘訣でもあり、下手をすると大きな機会を逃すことにもなります。ランディングページをみなおしただけで売上や顧客獲得数が大きくあがります。
たとえば訪問者の知りたいことがばっちりと表示されていたり、疑問や不安を解消できるような内容のページを表示したりすることで効果があがります。
またこの効果を有効につかうために、検索のキーワードによって、または、クリックした広告の内容によって、それぞれ別のランディングページを用意することも多いです。通常つかっている企業のホームページのトップページへのリンクをはるのではなく、個別にランディングページを用意することによって、訪問者の望んでいる情報を適切につたえ、購入、会員登録といった成約に結び付きやすくすることができるのです。ランディングページをうまく使うことは、ネットで売り上げをのばすためのもっとも重要な方法といえるでしょう。
タイトル
さらに次に見せたいページへと誘導する流れを意識する

ランディングページとは直訳すると着陸したページ、すなわち検索した結果たどりついたページのことを表します。
サイトの運営管理者はランディングページとなるページの内容を意識する必要があります。特定のキーワードで検索してたどり着いた結果、内容がかけ離れていてはすぐにユーザーからそっぽを向かれます。

ランディングページをうまく活用するには、キーワードと関連のある内容をどう表示するかを考えます。
例えばビタミンのサプリメントが買いたいと思った顧客が検索した際、結果が表示された中にサプリメントの文言があるのは当たり前で、どういうサプリメントがあるのかを分かり易く表示する必要があります。
ただ関連のある文言をつらつらと並べるだけでは、ユーザーはあなたのサイトを読んでくれません。
あなたがサプリメントのうち、ビタミンAを売りたいのなら、それを大きく目につくようにレイアウトする必要があります。こういう風に関連性を考えることで、サプリメントを検索キーにして、ランディングページの内容がサプリメントからビタミンAへと移っていきます。
検索キーからランディングページ、ランディングページからさらに次に見せたいページへと誘導する流れを意識すると、ランディングページの有効活用が出来たということになります。
タイトル
情報をくれる便利屋

ネットサーフィンをすると必ず目にする機会がある。ある事柄について調べると、必ずと言っていいほど関連のある広告が嫌というほど付きまとう。
初めはこんな商品もあるのか、そんなサービスもあるのか、とつい夢中でクリックしたくなるが、その粘着性と言ったらストーカーもびっくりするのではないだろうか。
ネットユーザーにとっては「邪魔」以外の何物でもない。
私としては仕事柄インターネットを使う機会が多いのでうんざりしている。
特に、アダルト関連の広告など、撃退するまでに非常に時間がかかるので、仕事仲間にPCを覗かれたりしたらひとたまりもない。
ランディングページは、インターネット広告で収益を得ている人にとっては容易く稼げるツールであり、ネットユーザーにしてみれば情報をくれる便利屋みたいなものだと思う。
しかし今日に至っては情報が飽和しすぎて、ネットユーザーにとって本当に必要な事柄をかすませ、揚句に迷わせて本来の目的を見失わせる迷惑ツールに成り下がっていると言えないだろうか。
WINWINの関係を継続させるには、情報飽和を打破しなければならないと思う。
タイトル
自社の商品やサービスをしっかりと分析する

ランディングページとは、インターネットで広告やリンクをクリックした際に最初に表示されるウェブページのことです。必ずしもそのサイトのトップページに飛ぶわけではなく、その商品のページに直接アクセスできるようになっています。
実際に何かの商品を検索した際、そのサイトを開いたとしてもどのページに目的の商品があるか分からず一から探すとなると、そのサイトから去ってしまう可能性は高くなります。一目で目的の商品を見つけられることが重要なのです。
検索エンジンを使う人はその動機や目的も様々なので、それぞれに合わせた最適なランディングページを作成できれば、それだけ収益にも結びつきます。サイトを訪れる人の目的は様々ですが、特定の広告をクリックした人ならその目的が絞られ、その人にが求めている情報をすぐに提供できるからです。
顧客を他社へ逃がさないためには、自社の商品やサービスをしっかりと分析し、他社との違いが分かるようなものを作る必要があります。
タイトル
はっきりとした流れを作る

ランディングページとは、ホームページの入り口であり、各ページに誘導する大事なページになります。
しかしホームページのどのページにユーザがたどり着いてきたかは管理者にはわかりません。
言い換えると、ユーザーの検索ワードによってどのページでもランディングページに成り得るのです。
となると良いランディングページの条件は、どのページからでもサイト運営者の目的のページへと誘導する流れがあるということです。
商品説明しかり、会社案内しかり、最終的にここのページにユーザーを導きたいという、はっきりとした流れを作る必要があるのです。
例えばある商品を説明したらその関連商品のページに誘導したいとします。
ユーザーに目的のページに移動してもらいたいのなら、そのリンクがはっきりとわかるようにしなければなりません。
文字を大きくしたり写真をつけたりするのは基本ですが、すぐにカーソルが移れるかが大事です。
画面をスクロールしてようやく誘導したいリンクがあるようでは、うまく機能しているとは言えません。
ぱっと見たときにすぐ関連しているのが分かることが必要です。
タイトル
誘導された人に行動をおこさせる

ランディングページとは、ネット集客などで目標とする物品やサービス購買やメールアドレス収集・メルマガ登録をするためのページをいい、通称省略してエルピー(LP Landing Pageの略)とも言われます。通常、インターネット広告のクリック先として作成するページのことをいいます。
たとえば、ヤフーやグーグルの広告でお客様を誘導するときに、自分のホームページの一部に誘導することも考えられます。
しかし、その場合、そのページの他の部分にクリックをしたりして、目標とする物品やサービス購買やメールアドレスの収集・メルマガ登録をしないで他のページにいってしまうことが多くあります。
ですのでこのランディングページを作成する場合は通常、他へのページへのクリックは一切できないようにして、目的である購買やメールアドレス収集等に特化した形の文章のみのページになっていることが通常です。
そして、そのページには、目標とする物品やサービスの購買やメールアドレス収集のために特化した内容だけが記載されており、誘導された人に行動をおこさせる縦に長いページになっていることが多くあります。
タイトル
無駄なリンクや選択肢を省く

ランディングページとは、内部リンクや関連リンク等を極端に減らす、あるいは一切廃した商品販売やサービスプロモーションに特化したページのことを言います。
本来、ホームページというのはグローバルメニューやカテゴリリンク、フッターリンク等を考え、ユーザーがサイト内の目的のページ、あるいは関連したページへと行きやすくする動線を考えます。
しかし、これはランディングページには当てはまりません。
関連したリンクやフッターリンクがある場合、回覧者には選択する情報が増え、サイト側から意図して伝えたいことが伝えきれずにそのページから離脱してしまうことも有ります。
そこでランディングページでは、ほかへのリンクや選択を無くし、1つの商品案内やサービスプロモーションすることだけに特化した動線を引きます。
その結果、出来上がるページは無駄なリンクが無く、アクションへと導くボタンが配された縦長のページになる傾向があります。
ネット上でモノを売る、サービスをプロモーションする中でとても大切になる方法ですので、そういった商品を扱ている方は導入を検討されてみてはどうでしょうか。
タイトル
購入意欲をさらに刺激することが可能

ランディングページとは、ユーザーが求めた検索ワードの結果や、バナー等のインターネット広告からリンクされるページのこと。
主に、通販商品やネットサービスのページが作られ、過去に目にした方も多いことでしょう。
例えば、「ダイエット サプリ」と検索すると、商品広告のページがたくさん出てきます。
それらの多くが、ランディングページと呼ばれるものなのです。
商品ひとつを特集したランディングページは、縦に長く作られており、商品の情報量が多いことが特徴。
また、キャッチーな宣伝文句や、視覚的にインパクトを持たせているため、検索したユーザーの目を強く引き付けます。
この検索ワード「ダイエット サプリ」の場合なら、使用者の体験談や、配合成分の効果などが掲載されていることも。
そのため、ユーザーの購入意欲をさらに刺激することが可能なのです。
ランディングページは、商品やサービスをより多く売り込みたい時に有効的な広告だと言えるでしょう。
タイトル
SEOは重視しない

ランディングページは検索サイトの上位には表示されにくいという性質があります。
広告の宣伝のために画像を多用してテキストの量が少量であることが理由の一つに挙げられます。
ランディングページはウェブサイト上の企業一押しの商品やサービスを個別に掲載することが多く、通常のウェブサイトのように大量のテキストを載せる必要がないためです。
そのため、ランディングページは検索サイトとの相性があまり良くなく、検索してもランディングページが上位に来ることはほとんどありません。
ランディングページを検索サイトの上位に表示させるにはSEO対策が必要になりますが、情報量の観点からどうしても通常のウェブサイトに負けてしまいます。
検索サイトの上位に表示させるために必要以上に情報量を多くしても、ランディングページとしての効果が薄れてしまう可能性があるのであまりお勧めはできません。
ランディングページを作成するときには、検索サイトの上位に表示されるかどうかはあまり考えずに、今やネット上のどこにでもある広告からの誘導で集客に重点を置いた方が、ランディングページとしての効果は高くなります。
タイトル
訪れる人の目的に応じて変わるもの

ランディングページとはウェブデザインの世界ではよく使われる言葉で、特に広告を扱うサイトでは重要な位置づけになっています。

ランディングはランドという言葉からきているので着地や着陸という意味があり、具体的には広告先や検索サイトから一番最初に表示されるページのことです。
第一印象やイメージを決定付ける重要なページです。ランディングページはいわゆる企業サイトなどのトップページである必要はなくむしろ、訪れる人の目的に応じて変わるものだという認識でいいと思います。

例えば企業情報を知りたい検索で訪れた人のランディングページはトップページもしくは「会社概要」などのページがランディングページとしてふさわしいと考えられます。
また具体的な商品広告サイトもしくは商品名、購入などというキーワードで検索して訪れた訪問者には「商品購入ページ」がいきなりランディングページであるほうが顧客の購買を促し目的を達成しやすくさせるといえます。
タイトル
自分がユーザーの立場に立って考えてみる

私達がインターネットをしていて何かキーワードを検索をしたとします。
その時に1枚の細長いページに辿り着いたとしたらそれはランディングページといいます。
ランディングページを作成する際にはユーザーに興味を持ってもらえるようにすっきりとしたデザインで作成する必要があります。
なぜかというとあまり長々と特徴を書いてしまうと「くどい」と思われてすぐに戻るボタンを押される可能性も出てくるのです。
もしも興味を持ったら先のページへ行き詳細を確認すればいいわけなので闇雲にごちゃごちゃするのはNGです。
自分がユーザーの立場に立って考えてみれば一目瞭然です。
クリックをしたくなるような内容のランディングページだとそれだけユーザーも興味を示すので売上も上がってきます。
ただ闇雲にアクセスを増やすのではなく質にもこだわっていくことが大切なのです。
その為にはランディングページのイロハを学ぶもよしプロに作成を依頼するもよし方法はあなた次第です。
タイトル
アクセスしてもらった後のことについても考える

インターネットを利用している人の数と言うのは、今や相当なものとなってきています。だからこそ、インターネットを活用した商売なども活発になってきています。
ですが、そうなってくると競争率が高まってしまうものです。
なので、まずはどのようにして見込み客を集めるのか、ということが大事になってきます。その一つとして、重視されているのがインターネット広告です。
何かのページを見ていると、端のほうに表示される広告なのですが、興味のある情報だった場合には、見込み客はこれを見てページにアクセスすることになります。
そうして表示されたページが、ランディングページと言われているものです。
このランディングページにアクセスしてもらうことが出来れば、そこで商品を購入してもらうことが出来るのかといえば、どうではありません。
なので、このランディングページにアクセスしてもらった後のことについても考える必要があるのです。
インターネットビジネスでは、このランディングページがとても重要なのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.