上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
数字に込めるメッセージ

ランディングページとは、こちら側の伝えたい情報がさっと見る側の目に飛び込むことが重要だと私は思っています。
ですので、できるだけ構図はシンプルであることが望ましく、印象的な写真を一、二枚程度、内容を説明するための小さな写真を数枚といったふうに、大小しっかりメリハリをつけたほうが相手側に瞬間的に伝わりやすくなります。そして文章は長いと読む気がなくなる恐れがあるため、できるだけ簡潔にまとめて必要なだけ載せるようにします。

文章についても大小しっかりとメリハリをつけて、一番伝えたい言葉、二番、三番と順番をつけて構図を考えます。
ときどき、店名や商品名を大きな文字にしているものを目にしますが、私はそれはあまり好きではありません。
なぜなら名前は興味を持った人が記憶すればいいだけですので、まずは興味を持ってもらうようにしなければならないと考えているからです。
そして最も重要なのは数字です。数字は瞬間的にとらえやすいので、うまく使うべきです。どうしても数字が載せられないのであれば仕方がありませんが、エステであれば時間と値段、商品であれば値段、割引率、ダイエットであれば何キロから何キロまで落ちた、などを載せると見る側の興味を引きつけやすくなります。
ですが、数字も安易にいくつも載せるのではなく、数字もまたひとつのメッセージであると考えることが重要です。
この数字がどのようなメッセージを含んで見る側へ届けられるのか、それをイメージしながら使用するよう心がけることが大切です。
タイトル
ランディングページの役割について

ランディングページの役割とは何でしょうか。ホームページにくるお客様は2種類に大きく分けられます。
ホームページアドレスやホームページのタイトルを直接入力してトップページへ訪れるお客様が一つの種類。
もう一つのお客様は「気になるキーワード」を入力して出てきたランディングページを訪れるというパターンです。
すなわちランディングページはお客様にとって、「本来、訪れることを意図していなかったページ」なのです。
そのページをパッと見て、「このページは役に立たないな」とお客様が判断したら、1~2秒程度で閉じられます。
「もっと知りたいな」「このページはどのような人が作っているページかな」などと興味を持ってくれたら、製作者サイドの勝ちです。
ですので、いいランディングページとは「お客様がもっと知りたい」と思わせるような詳しい内容を載せることです。
あともう一つは、ランディングページにお客様が引っかかるように(ウエブとは蜘蛛の巣という意味ですからね。)検索キーワードを想定して盛り込むことがよいです。
タイトル
ランディングページの命は成約率

ランディングページで大切なことは綺麗なデザインや最新のhtml技術ではなく成約率だと言えるだろう。商品を販売するなら売れるランディングページが良いページであり、極端な例だがただレターを書いただけのPDFをサーバにアップして成約するならばそれはそれで間違っていない。素材を探しcssでエフェクトを工夫したからといって成約しなければそれは意味を成さない。ランディングページはデザイナーのセンスを披露するためのものではないのだ。
  ランディングページは縦長で1ページのものが多いがこれはページを分割すると離脱率が上がり最後までレターを読んでもらえないリスクを避けるための手段と言えるだろう。それゆえ独特の雰囲気を醸し出している感もあるが、これは販売者が成約するページ作りを考えて辿り着いた一つの完成形なのであろう。
  しかし閲覧者からすれば怪しげに見えてしまうことも事実だ。一部の情報商材販売者は誇大表現や二重価格ならぬ五重価格を表記したりしている例も散見される。これではネットで商品を販売するランディングページ自体が怪しいと思われてしまってもある意味仕方がない。モラルの低い販売者には襟を正してもらいたいと思う。
タイトル
興味を引きつける

良いライティングページを作成するには読み手を意識して興味を抱ける様にする必要があります。
読んでいて相手の興味を引きつけるものでなければどんな文章も意味がありません。
興味を引きつけるにはどんな人が読むのかを意識する必要があります。例えばダイエットして痩せたい人をターゲットにするとします。
自宅でもどこでも手軽に出来るエクササイズを紹介すれば興味を引きつけることが出来る可能性が高いです。
読み手を意識して何に興味があるのか、問題点は何か考えることが重要です。そして、相手の感情に訴えかけることが良いライティングページを作る事です。
理屈で説明しても心に響かなければ意味がありません。人は感情の生き物と言われています。文章で読み手にメリットを想像させて気持ちを高揚させることが必要です。
前述したダイエットであればエクササイズをして痩せた姿をイメージさせます。男性であれば痩せてバリバリに仕事をするイメージ。
女性であれば周りの異性からアプローチされるイメージなどポジティブなことを想像させます。そうすれ良いライティングページにする事が出来るのではないかと考えました。
タイトル
縦長ランディングページのメリット

ランディングページとは単に検索結果に対応してそれに特化したページのことなのですが、日本では縦長の1ページというスタイルが定着しており、ほとんどのランディングページがこのスタイルを踏襲しています。
この縦長のスタイルのメリットは通信販売でありながら、実際の店舗のようにユーザーに購買意欲を抱かせるような擬似ディスプレイができるということです。いきなり価格を提示せずに、検索でやってきたユーザーの悩みやニーズに焦点をあて、たくみに購買意欲をかき立てます。
ユーザーに商品購入までのひとつのストーリーを提供するという点から、このタイプのランディングページは購入する品物のイメージが固まっていないユーザーに非常に効果的です。例えば、腰痛対策のグッズが欲しいがどんな品物があるかわからないという人には、特殊なコルセットのような解決策を、筋道立てて紹介することができます。いきなりコルセットの商品や値段を提示しても、気に入られなければすぐにページは閉じられてしまいますが、効能や原理といった観点から順序立てて紹介することで、それまでイメージになかった商品を購入の選択肢に加えてもらうことができるのです。
タイトル
読者を引き付けるためのライティング

ライティングページの良さを測る基準は多々あると思いますが、その一つに「いかに読者を引き付けるか」が含まれると思います。どんなに内容が優れていても、だれにも読んでもらえなければ価値は無いに等しくなります。では如何にして読者を引き付けることが出来るでしょうか?
そのためにまず考えるべきは「この文章をいったい誰が読むか」考えることだと思います。例えば何か専門的な記事を書くとき、その記事はこれから知識を取り入れるを対象にした文章でしょうか?それともすでにある程度の知識を持っている人に宛てたものでしょうか?もし初心者向けの記事を書くなら、当然優先すべきは「わかりやすさ」ということになります。専門用語のわかりやすい説明を加えつつ、小出しにしていく必要があるでしょう。ある程度の知識をすでに持っている人が対象なら、専門用語を交えつつ一歩進んだ情報を提供する必要があります。当たり前の情報の羅列だとすぐに飽きられてしまいます。
いったい誰に語るのか。文の構成を考える時、それは当然含めるべき点だと思います。
タイトル
ランディングページの作成基本

先ず、「ランディングページ」とは、サイトの中でユーザーが最初にアクセスしたページのことで、本で言うなら表紙に当たる部分のことです。
このようにランディングページの目的は、ページのトップ又はそれに該当するページで、ビジネスにおいては特に影響するものであり、ネット広告やSEOの一次的な目的は、「先ず、サイトの入り口まで”見込み客”を連れてくる」ことが肝要です。
折角、検索結果で集められた「見込み客」のアクセスを無駄にせず、効率よく内部サイトへ誘導、獲得することが主要な目的にもなります。 では、サイトの構成については、売れるサイトとは、どういってサイトが売れるのか・・?。
この答えは、”言葉を簡潔に可視化”することです。 其れには、「深く考えず、単純に考えて」構成することで、「確実、簡単、安全」がキーポイントとしてイメージすることです。
例えば、健康食品や美容のための用品の「お知らせ」の関しては、”これを使えば、○○が解決します”、でいいのです。
即ち、これを使えば、「確実」に解決します、これを使えば、「簡単」に解決します、そして、これを使えば、「安全」に解決します、という、三段論法式が良いでしょう。
確実、簡単、安全、がポイントです。
タイトル
ランディングページに申し込みフォームを設置しよう

ランディングページの下部にわざわざ商品の申し込みフォームや、会員登録フォームを設置することは手間です。
しかし、ある統計の結果ではランディングページ上に申し込みフォームがあったほうがコンバージョン率が高くなるという結果が出ています。
そういったエントリーフォームも、一工夫が必要です。例えば、入力項目を最低限に少なく絞って入力の面倒くささを出なくしたり、入力誤りがあれば入力直後に知らせてくれたり、などです。ユーザーがエントリー情報の入力を出来るだけストレスなく行えるよう、前もって予測して用意をしておくことが大切です。
また、入力フォームは1つのランディングページ上にいくつも設置することは見栄えを損なう原因となります。ランディングページの節目に「会員登録はこちら!」といったボタンを設置し、ランディングページの途中からでも入力フォームまでスクロールするボタンがあれば、必ずしも最後まで読んでもらわなくともエントリーしてもらえるチャンスをつかむことができます。
タイトル
実店舗と考えましょう

よいランディングページとは
  ランディングページで気をつけるポイントは、「問い合わせや注文につながる構成(ストーリ)になっているか」
です。閲覧者はランディングページから直接訪問する場合もあります。トップページからいくつか回覧した上で、
ランディングページに行って、問い合わせをしたり、注文をするわけです。
実店舗に行っても、お客様の行動は同じです。まずお店に行きます。たくさんの商品をひとつずつ閲覧します。
店長はどんな人かな。店員さんは気が合うかな。店の中は綺麗かな。トイレは綺麗かななどなど、自分と気が合うかを
確認します。その上で「この商品いいな」と思って、その商品をかごに入れて、レジに行くわけです。
(もちろんお目当ての商品が買えればよいというお客様もいらっしゃいます。例外はあります。)
お客様が買いたいのにかごがなかったり、レジがどこにあるかわからなかった場合には、お客様の不満が爆発します。
なにも難しいことではありません。ホームページは実店舗と同じです。
ランディングページとは、お客様が「これいいな」とおもってスムースに商品をレジに持っていってもらうためのものです。
そのような造りになっているか今一度確認しましょう。
タイトル
どのように見てもらうか

インターネットが普及して、オンラインで広告を見る気機会が著しく増えました。
大多数の人は生活する上で、膨大な量のライティングページに目を通しています。
なので、明らかに広告と思われるライティングページには目を通してもらえないと思います。
膨大な数の中からどの様にして選ばれるのかが重要で、例えば読んでいる人に対して当事者意識をもってもらえるライティングページが良いと思います。例えば「あなたの収入が10倍になったどのような生活がまっていますか」といった、相手が主役になる言葉です。あくまで例ではありますが、あなたという言葉を文章に入れました。あなたという言葉を使う事によって、読んでいる人に当事者意識を持たせます。そして収入10倍になったらどのようになるかイメージをさせます。男性であれば、高級外車を乗り回したり、他の人から尊敬されたり、綺麗な女性を彼女にといったことをイメージさせます。あくまで主役は顧客という考え方は重要ということです。
タイトル
なんといっても利用者の声が重要です

売れるランディングページを作るために必要なことは色々ありますが、なんといっても重要なのは「利用者の声」ではないでしょうか。
  ランディングページ上の画像やキャッチコピーに力を入れるのは当然です。ただし、読んでいるお客さんの無意識には、「どうせ都合のいいことだけ書いているんだろう」という否定的な考えがあることには注意するべきです。
  その否定的な考えをくつがえすのにもっとも効果的なのが「利用者の声」です。ただし、「利用者の声」を捏造しても、目の肥えたお客さんにはすぐ見破られてしまいます。
  ですから、信頼してもらえる「利用者の声」を書くことが、これからのランディングページ作成には重要です。では、どうすれば信頼してもらえる「利用者の声」となるのでしょうか。
  一番いいのが写真、実名、さらには手書きの写真をランディングページ上に表示することです。そして、その利用者が事前に感じていた不安と購入後の感想を、ビフォー・アフターの形でわかりやすく書いてあげることで、これから購入しようとするお客さんの不安を取り除いてあげることができるはずです。
タイトル
縦長ランディングページの弱点

縦長のランディングページは、閲覧したユーザーに筋道を立てて商品提案できるという強みがあります。しかし、検索でやって来たユーザーの意向によってはマイナス面が生じる可能性もあります。
既に購入したい製品のイメージが固まっており、純粋に類似商品の価格比較や性能比較をしたいユーザーにとっては、自分が知りたい価格や性能といった情報をいち早く得られることが重要になります。実際に検索でそのページを訪れても、数秒して目的の情報が得られなければ別の検索結果に飛んでいってしまうでしょう。
これが縦長ランディングページの弱点であり、ユーザーが必要とする情報をひと目で提示できないという難点があります。最初にすべての情報を簡潔に提示してしまうと、ユーザーを誘導することは不可能なので、この弱点は縦長ページの宿命であるといえるでしょう。
ランディングページだけでは解決できない問題なので、結局はどの検索ワードにランディングページを対応させるかという対策をとることになるでしょう。具体的な製品の種類を含んだ検索ワードはカタログタイプの別ページに飛ぶように設定するなど、ランディングページとの役割分担をさせることが大切になります。
タイトル
顔であり心臓

ずばり、企業や個人、そのHPの顔と言えるでしょう。
世間一般を相手にする営業マンがとても気を使い柔和な笑顔を浮かべ接客するように、このライディングページは細心の注意を払い、形成していく必要があると言えます。
私自身ライディングページに関してはHPを作る上で一番時間を掛けていました。
色々なサイトを閲覧しては人が注意を引く色合いに、コントラスト、殺し文句
自らの脳をフル回転させて格闘してきました。
そしてそれは今でも適宜手を加えてより良い物に変えていこうと意識しています。
人というのは第一印象が大事というようにHPでもかなり重要です、
例え良い商品を販売していたり、内容の濃いHPであったとしても、ライディングページ一つで
その印象すら変えてしまうからです。
逆に言えばライディングページ次第で、そのポテンシャル以上の評価を頂けるとさえ言えます。
  ですので、私はライディングページとはHPを作る上で一番重要視すべき部分だと思っております。
熟考に熟考を重ねてより良い物にしていくことが成功への一番の近道だと考えます。
タイトル
離脱しないランディングページとは?

ランディングページの目的を考えると、まず資料請求や売上をあげるといったものがあげられます。
  それを達成させる回数が多いランディングページが自ずとよいランディングページと言えるでしょう。
  ①検索結果・広告とLPの内容を一致させる
上記の要素を満たすためにはまず大前提として、広告や検索結果とランディングページの内容が一致していること重要となります。
一致していないということは、ユーザーの意志(検索結果)とずれているということになり、全く関連性のないユーザーを呼び込んでいるということになり、離脱率が増えます。
  ②連絡先と料金を先に記載する。
よくランディングページで下までスクロールしないと、料金や連絡先がわからないランディングページがありますが、これはユーザーにストレスを与えます。連絡先は常に上の見えるところに、料金は序盤に記載することが必要です。あまりに長い説明だと途中でユーザーが離脱する可能性が上がります。
  ③使用する写真の質をあげる。
これ意外と重要です。写真の質が高いだけで、安心感が生まれますし、購買意欲も上がります。
  特に、飲食・美容は非常に重要で写真の選定を少し間違えただけで『あやしい』『うさんくさい』と思われて、離脱率がぐんと上がります。
  いかがでしたでしょうか。
どれも基本的なことですが、全て守れているランディングページはないのではないでしょうか。ぜひ、以上の項目に留意して作成してみてください!
タイトル
スマートフォン対策がされたランディングページ

気がつけばスマートフォン普及率がかなりのものになっていました。
たった数年でここまでインターネットの世界が変わるとは思ってもみませんでした。
サイトによりけりではありますがアクセス解析をチェックしてみるとスマートフォンでの閲覧がかなりの数を占めています。
半数以上がスマートフォンからのアクセスだというところも少なくないと聞きます。そうなってくるとランディングページにもスマートフォン対策をしなければなりません。
端末の情報を引っ張ってきてアクセス先のページを端末ごとに振り分けるのでも良いのですが、いまだったらいわゆるレスポンシブデザインが良いのでしょう。
ひとつのコードで複数のデバイスに対応させるという手法です。こういったことをしっかりとやって、スマートフォンで見たときに見やすくするのが今時の良いランディングページなのだと思います。
スマートフォンユーザーは、スマートフォンに対応していないページですとすぐに引き返してしまうという統計も出ていますからね。
そういった顧客を逃さないようにぜひともスマートフォンに対応させたランディングページにしたいですね。
タイトル
ランディングページで気を使うこと

ランディングページといっても、そもそもそのホームページの一部です。もしもお店等のホームページであれば、問い合わせ先のメールアドレスや住所を必ず記載しましょう。それも、トップページと同じ部分に掲載していることが必要です。トップページからランディングページへ移動する場合もランディングページからトップページへ移る場合も、パンくずをつかってページを移動するたびにページの配置が変わっては、閲覧者サイドが疲れてしまいます。なので同じ位置に同じ大きさで同じ色の文字で記載されていることが必須です。全体的にも言えることですが、どのページにいっても、ページの色合いはデザインは変えてはいけません。「違うホームページにいってしまったのかな」と閲覧者が混乱をしてしまいます。
良いランディングページを作るには、このページのフォーマットの統一性ということが非常に大切です。
朝モーニングやランチをしている地方の居酒屋さんもありますが、長続きしないのは、ここに理由があります。お客様を混乱させてしまっているからです。
タイトル
ランディングページはファーストビューが最も重要です

ランディングページはファーストビューが最も重要です。ファーストビューとはそのランディングページを開いてまず先に目に映る箇所、または1秒間に認識できる範囲のことです。
閲覧者との最初の接点になるため、気の効いたキャッチコピーや、印象に残る画像等を使用するのが良いでしょう。また、あまりゴチャゴチャしたページですとそもそもファーストビューが無くなってしまう(まずどこから見ていいのか分からない)ことがあります。その場合、閲覧者にとって無意識のうちにストレスになってしまい、ランディングページの内容を見てもらえないまま閉じられてしまうことがあります。ファーストビューとは、訪れた閲覧者にまず興味を持ってもらう大切な役割があるのです。
ファーストビューを意識して作るには、他のオブジェクトより大きく、目立つ色合いにすることが基本です。
自分の作っているページはもう見慣れてしまっているため、他人にページを見せて、「どこが一番初めに目に入った?」ときいてみると良いかもしれません。
タイトル
モバイルを意識したランディングページ

ここ最近はランディングページにおいて非常に重要な要素があります。
それはモバイルを意識したランディングページです。
というのも、以前はパソコンからアクセスする人が多かったのですが、最近ではスマートフォンやタブレットからのアクセスが増加傾向にあります。
おそらく今後もどんどんモバイルからのアクセスは増えていくと思われます。
そしてそれと同時にパソコンからのアクセスは減少していくでしょう。
モバイルを意識したランディングページで重要なことは、表示速度です。
モバイルの場合、自宅や会社などで使っているネット環境とは少し違いますよね。
おそらく通信速度が自宅などの固定回線よりも遅くなっているかと思います。
そういった時に、表示速度が遅いランディングページだとユーザーが離脱してしまう恐れがあります。だいたいスマートフォンやタブレットからアクセスする場合、隙間時間を利用してアクセスしてくるので、ランディングページの表示速度が遅いとすぐに他のサイトに行ってしまうわけです。
なので、今後はいかに表示速度の早いランディングページを作れるかがポイントになってきます。
タイトル
素人が考える良いランディングページ

ユーザーから見て良いランディングページとはどのようなものなのでしょうか。今までの経験から振り返ってみると、自分の興味を的確に誘導してくれるランディングページは良いページのように思いました。少し興味があったりしてホームページにアクセスして、その後自分が目的としているページがどこにあるのかが的確にわかり、そこに至るまでにもしっかりとそのことがある程度把握できるページ構成になっているとランディングページとして機能しているように思うんです。逆に良くないランディングページだったのは、一体なにをユーザーにしてもらいたいのかがわからないページですね。せっかくホームページを開いたものの、どこをクリックして良いのかわからなかったり、Aというものにたいして興味をもってやってきたのにBというものに対しての説明しかなかったりするようなページです。簡単にまとめてしまうと情報の整理がなされていないランディングページということになるかもしれません。そのようなランディングページに出会ってしまった場合、自分が欲しいものがないと思ってしまいますので、すぐにブラウザで戻るを押してしまいます。その戻るボタンを押すまでの時間というのもとても早いものだと感じます。ランディングページを開いてからささっと5秒もいかないかもしれません。そのようにさせない情報が整理されていて人を惹き付けるのが良いランディングページだと個人的には感じます。
タイトル
ランディングページとユーザーの目的について

日本のインターネットサイトは本格的にビジネスにも参加しています。そこで話題になっているのがランディングページというものです。ランディングページとは主にリンクの先にあるサイトのことを指しています。そのため、ランディングページの展開によってビジネスの売り上げが変化することもあるのです。
優れたランディングページを持つメリットは特に大きくなっています。ランディングページの目的はインターネットビジネスに深く関わっています。そのため、まずは優れたランディングページの基本を理解するのが大切です。ユーザーは様々な目的でリンクをクリックするため、その先のサイトで魅力的な要素がなければページを移動します。ユーザーをキャッチするという意味でも現代のランディングページは重要な存在です。
ユーザーの目的とはショッピングなどにも関係しています。特にショッピングサイトのリンクをクリックする場合は商品の購入を考えている時です。その後に登場するランディングページが魅力的なら詳細な情報が欲しいと考えます。だからこそ、ユーザーの目的を達成するためのランディングページが効率的なのです。ここでは直に商品の情報が分かるようなページが魅力的になっています。当然のように、ユーザーは目的を達成できないサイトからは離れていきます。
現代のホームページの進歩は非常に早いものです。そのため、ランディングページを意識したインターネットビジネスは成功する確率も高くなります。自分たちがユーザーになった感覚でランディングページを作るのが今の主流です。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.