上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページを効果的に作るには

ランディングページを効果的に作るには、       ランディングページとは、感じとしてはホームページと似たようなところがありますが、実は、その目的や活用、機能的には少々異なっているようです。
  Webを利用した各種の業界では、消費者に特定のアクションや情報を表示して、例えば、目的の物をダウンロードしてもらうとか、サイトの購読を促したり、宣伝商品の購入など、このような時には来訪者の行動を促すために、「ランディングページ」を利用することになります。
  全ての情報や広告内容が詰まっている、数ページにも亘る自社特性のホームページ等とは異なって、ランディングページの場合は、一目で判るような非常に具体的な目的をも足せるのが特徴です。
サイト訪問者に出来るだけ行動を促すような、目的をシッカリ絞ってデザインされた、特定のページの表面サイトになる事が重要です。
  実は、ランディングページを作るには、訪問者のクリックを促すような、形よくデザインされたテンプレートが豊富に揃っています。 先ずは、テンプレートを使用して作ってみましょう。 
  作る際には一個や二個でなく、数個つくって検討しましょう。 其れに一人が専従するのではなく、数人で目的の案を出してみましょう。 
この時、どれが最も効果的かをテストしてみるのも重要なステップです。    
タイトル
王道的なランディングページ

広告をクリックする確率はとても低いものです。せっかくクリックしてくれた潜在顧客を逃がすようなランディングページにしたくないですよね。
ユーザーに良い印象を与えるランディングページというのはどのようなものなのか色々と議論がなされていますよね。試行錯誤の結果、ある程度導き出された答えのようなものまでいくつか出てきています。
そのどれもが、100%効果的かと言われるとケースバイケースとしか言いようがありません。ただし、やはりいくつかの正解のようなものはあるような気がします。
ひとつめはとにかくファーストビューでインパクトを与える方法です。人間は忍耐強くないですから広告をクリックしてファーストビューに自分の興味をそそるものがなければすぐにブラウザの戻るボタンを押してしまいます。
もうひとつはそれに関連して次のページへスクロールをさせるための導線を作ること。
最終的にはコンバージョンを狙うわけですが、このふたつは王道的なランディングページを作る際の必勝パターンのような気がします。
タイトル
ランディングページは交差点

ランディングページとは、様々な方向からいろいろな人がやってくる交差点のようである。交差点には、車を運転している人、自転車に乗っている人、歩いている人と移動手段が様々な人が通過する。また、急いでいる人、道に迷っている人、特に目的もなく彷徨っている人と移動スピードや目的も様々な人がやってくる。
より良いランディングページとなるためには、どういった人がやってくる交差点であるのか、想像の限りを尽くすことがまずは必要となる。
そして、交差点があくまで人が移動する上での通過点であり、どちらに進むとどこに到達するかを示してくれるように、ランディングページは、様々な目的・手段でやってきた人々に対して、次に進むべき方向を提示することや、その目的を提供することが重要である。
ランディングページとして一番大事なポイントは、そのページに到達してきた人々に、目的が果たせないと感じさせないことである。そのためには、そのページにやってくる人がどういった人かを把握することを心がけなければならない。
タイトル
良いランディングページに作り替えるコツとは?

ランディングページといえば、化粧品や不動産の見積もりやシロアリ駆除見積もりなど、さまざまな分野で現在作られています。
  数も以前に比べると多くなってきてユーザーにとってどれがいい商品・サービスなのか見極めるのが難しくなってきています。今回は、どうすれば競合よりユーザーに見てもらえるランディングページにするかのコツをお伝えします。
  ①自社の強みを明確にし、目立つように記載する。
  ランディングページが乱立する昨今において、大前提の部分です。これが書かれていないとユーザーが長く見るランディングページにもならないし、競合に負けてしまいます。
  ②商品の効果を誇大的に表現しない。
  広告・宣伝において誇大広告は禁じ手ですが、いまだにすれすれのグレーゾーンで誇大的に広告を打っているものがあります。ですが、長期的にみれば誇大広告は企業のブランドイメージを決して上げるものではありません。
  決して大きく見せず、ありのままを記載すること。
  ③商品の機能ではなく、商品を通して何を得られるか、何を体験できるかを書く。
  お客さんは機能にひかれて商品を購入するのでなく、その商品を購入してどういったゴールを得られるかが明確になると購買意欲が湧きます。性能や機能をアピールしても響くのは一部のマニアックな層だけということを認識しましょう。
  いかがでしたでしょうか。言われてみればわかるけれども、
ついつい販売者目線でみてしまって、ユーザー目線が抜けてしまったとなっていませんか?
  以上の3点ぜひ、活用してみてください!
 
タイトル
良いと思うランディングページについて

見ている側にとっての良いランディングページとは、どんな効果があるのかというような、何を訴えたいのかをはっきりと、一目で分かるような工夫が必要だと思います。たとえば、エステのランディングページであれば、落ちた体重、落ちたサイズなど数字が重要になってきます。もちろん、体全体のスタイルの比較写真も効果的です。とにかく、数字やビフォーとアフターがはっきりと分かるように、訴え出るものが必要です。
  人の目は、かたまりごとに認識しています。だからこそ、見易さを追及して、ただの数字の羅列や文章の羅列ではなく、文字の強弱や文字の大きさなども工夫しながら、ひとかたまりですぐに認識できるようなデザインも大事だと思います。
  写真の工夫や、デザインの工夫に始まって、文字の強弱の工夫や単語や文字、大事な文章を端的にした部分をひとかたまりにするなど、見ている側にとって読みやすく、見やすく、なおかつ多少の昂揚感を揺さぶるようなものが必要だと思います。何らかの感情が動かなければ、ランディングページとして成り立たず離脱率が高まると思うからです。
タイトル
見てもらえるランディングページを作る3つのコツとは?

現在、不動産物件の資料請求や野菜のお試し宅配など様々な分野においてランディングページが使われています。
特に化粧品の分野においてお試しコース訴求で使用されることが多いので女性は見たことがある方も多いのではないでしょうか。
今回は簡単に3点いいランディングページを作るコツをお伝えしたいと思います。 1. LPでのゴールを明確にする
LPを通して何を得たいのかを明確にすることが非常に重要です。
なぜならば、それを決めないとLPに載せる文言は曖昧になり、
結局何を言いたいのか分からなくなるからです。
LPを通して、資料請求数を多く獲得したいのであれば、
資料請求をしたくなるような文言、構成を考えるべきですし、
会員登録を誘発するものであれば、会員になるとどういったメリットが
あるのかを明確に打ち出す必要があります。 2.商品・サービスのイメージと対応したデザイン・色合いにする
商品・サービスのイメージというものはそれが例え不動産、化粧品、水道修理であろうと、必ずあるものです。まずはLPに載せようと考えている商品・サービスの客観的なイメージを収集しましょう。とかく自分たちが考えるイメージは主観的であり、周囲から思われるイメージとは異なることがほとんどです。
アンケートなどの方法でまずは商品・サービスのイメージを明確にし、現状把握をしましょう。その上でLPを通してどういったイメージを与えたいか、そしてそのLPを使って何をしたいのかを加味した上でデザインをしていきましょう。 3.かならず一番上に言いたいことを載せる!
最も日本人において間違いがちな部分です。なぜかといえば日本人は起承転結の論理構成を学んでいるためです。LPはウェブ上です。ウェブ上において起承転結は通用しません。ウェブ上において重要なのはとにかくスピードです。『最後まで見てほしいから』という理由で最後の方に言いたいことを載せるのは間違いです。
ユーザーはより多くのより優れた情報を得ようとしているため、読み込むのに時間のかかると思われた情報は全て切り捨てます。そのため、すぐ目に入る最上部に肝心なこと、伝えたいことを書く必要があります。 いかがでしたでしょうか。簡単でしたが、いいランディングページを作成するには非常に重要な3点です。ぜひご活用くださいませ!
タイトル
起承転結が大切

ランディングページを作るコツ、それは起承転結にあると思います。
ただし、その順番は異なり、まず最初に相手に伝えたいことを、明確、端的、目立つように訴求する必要があります。
ビジュアルの強さも同時に重要となります。
ファーストページに綺麗に収まるようにデザインすることも重要です。
  そして以下に、改めて起承転結の流れで説明を記載していきます。
  そのランディングページを見ているあなたに、なぜその情報が必要なのか、そういったことをストーリー仕立てで説明していくのも良いかと思います。
  中には、文章がとにかく多すぎ、ページが永遠に続くのでは?というようなランディングページも存在しますが、そのようなページの離脱率は非常に大きくなります。
  起承転結の流れを、端的に、うまくストーリー展開させ、読む方に飽きさせないよう、時にはビジュアルもうまく活用し、構成することがランディングページでの成約率を大きく上げる要素だと思います。
タイトル
縦に長くから、縦に短くへ

ランディングページと言うと縦に長いページを想像します。ランディングページを集めたブックマークサイトで20個ほど確認してみましたが、そのどれもが縦に長く、スクロールさせて見せるタイプのランディングページでした。いつの間にかランディングページは縦に長くするものだという固定観念が生まれてしまったように思います。
もちろん、縦に長くするのが一般的な作り方になった裏には理由があるでしょう。ですが、縦に長いページという言葉を用いられ揶揄されていることも忘れてはいけません。
そこには胡散臭さがどうしても感じられてしまうんです。ですので、そろそろ縦に短いページで作るパターンが増えてきても良いかと思うんです。
確かに縦に長いランディングページを作るのが必勝パターンなのはわかりますが、そこにはどうしても胡散臭さが漂いますので、それを感じさせない、ようは信頼感を出すためには縦に短いランディングページにすることが必要だと感じます。これもひとつの良いランディングページの条件と言えるのではないでしょうか。
タイトル
レスポンシブの問題点

いまはレスポンシブで作るのが基本になってきていますが、それの問題もとても多いと感じています。デザインの柔軟性がどうしても低くなってしまうんです。
セグメントを分けて考えると、どう考えてもスマートフォンでランディングページに飛んでくるユーザーとパソコン用に作られたページに飛んできたユーザーとは違うと感じます。
いまはレスポンシブにモバイルファーストで制作していることが多いと思いますが、そのせいかスマートフォンで閲覧するユーザーに最適化されていて、パソコンで閲覧するユーザーまで考えられていないことが多いと感じてしまうことがあるんです。モバイルファーストで作ったデザインをパソコンサイズに展開していくという考え方のところが多いのかもしれないと感じることがあります。
レスポンシブウェブデザインでランディングページを制作するというのは、デザイナーやディレクターの力量がとても問われるなというのが実感です。
きちんとスマートフォンとパソコンに最適化されたレスポンシブなランディングページが良いランディングページですよね。なかなか作り方からして難しいことでもあるのですが。
タイトル
印象は一枚目

ランディングページとはwebにおいては最初に表示された、一枚目のページ。ダイレクトメールなどの媒体においては、一番最初に目につく、封筒なども含まれます。
どんなに良い商品や、どんなに良いサービスを提供していたとしても、それを見てもらわない限り販売にはつながりません。
あなたが提供しているものの良さを知らないお客様はまだお客様にはならないのです。そこで重要になってくるのがランディングページです。この一番最初に目つくところに、この先のページを見たい。もしくは封筒を開けたい。と思わせる仕掛けが必要です。ここでぐっとお客様の興味を引き付けられなければ、新規のお客様の獲得や既存のお客様を失うことにつながります。人は常にちょっと驚きのあるものに反応します。マンネリ化すると新しいものを求めてします。ランディングページには会社の顔やあなたが提供するものの顔が表現されているので、まず印象です。そこから感じとれる印象が非常に大事になってくるのでランディングページに重点を置く必要があります。
タイトル
意識と大どんでん返しが必要

ランディングページとは第1ページのこと。
一番最初に視界に入る文章、色、手触りなど、人が五感で感じて意識を取られるものです。
開けてみようとすらしてもらえなければどんなに人のためになる最高に優れた品も人の目に触れることは一生ありません。どんな手段を尽くしても人の意識に留めて、または入り込んでしまわなければなりません。そのための重要になるものです。
黒ヤギさんが白ヤギさんから届いた手紙を食べてしまったのは、手紙だという意識がなかった。それを認知させるだけのインパクトがなかったので、うっかり食べてしまったのでしょう。
なのでランディングページでしっかりと意識に残るようにします。
そのために必要となるのは最初から続きが気になる文章です。インパクトのある見出し、読んだ人がうんうんとうなづきたくなる話に根拠となるグラフや統計。そして、中盤にどんでん返しです。
人には信じているものが必ずあります。これを覆す話ができると、ランディングページの質が格段にあがります。
タイトル
良いランディングページの作り方

ランディングページ作成時に気をつけることは、伝えたいことを優先するよりもユーザーに伝わりやすいランディングページを心がけることが必要です。
初めてサイトを訪れた方は、ぱっと見の印象で離脱するか、もう少しこのサイトを見ようかなと判断されるケースが多いかと思います。
ランディングページのファーストビューに引き付けられる内容が分かりやすく簡潔に纏まっていることで、見ている側からも分かりやすく、興味を引くことが出来ます。
ランディングページで興味を持ったユーザーに対して、そこから更にサイトのコンテンツを見てもらえるように、ランディングページのファーストビューに一番おススメのコンテンツへのリンクを掲載するなどして、一度訪問されたユーザーに対して更に深くアプローチする導線にスムーズに到達できるような仕掛けも必要です。
流れとしては訪問したユーザーに対して、分かりやすいランディングページで、まずは興味を引く、興味を引いたところに更に深い内容を見てもらうための導線を設置する、一度訪れたユーザーをサイトのファンに変えていく、この流れを意識して、見る手側に伝わりやすいランディングページを制作することで、結果、良いランディングページを作る方法となるのです。
タイトル
いいランディングページを作るために心がけておきたいこと

紹介する商品やサービスが「誰に」対して必要なものなのか。ターゲットを明確にした上でランディングページを作成するのが基本である。
不特定多数の人に紹介するものなら、その商品の特性、特徴などを正確に明確に記す必要があり、これを使用したことによってユーザーにどのようなメリットがあるのか、どのような効果が期待できるのかを具体的に説明していく必要がある。
さらに閲覧している人がこの商品、サービスを手に入れるためにどのような作業をしなければならないのかを明確に記載する必要がある。
ユーザーはWEBページに対してよほどの興味がなければ読まないということを前提とし、掴みの言葉を要所に散りばめユーザーの目を離さないようなページ作りを心がける。
つまり、商品、サービスの概要、これを使用するにあたり得られる効果やメリット、これを手に入れるためのアクセスを明確に記載した上で、文章自体をユーザーの目を離さないような構成にし、かつユーザーの感情に訴え掛けるようなページを作ることができれば、それはいいランディングページだと言えるだろう。
タイトル
インタラクションのあるランディングページ

Flashが大人の事情で廃れてしまってからインタラクティブなみせかたで惹き付けるタイプのランディングページというものがほぼなくなってしまいました。
Flash製の良質なランディングページが大量にあったのを思い出します。Flashほどとはいわないまでもようやく最近になってHTML、CSS、Javascriptという構成でインタラクションを作れるようになってきました。
そうなるとやはり見たくなるのがかつて見たFlashで作られたようなインタラクティブなランディングページです。もちろん良質なという枕詞つきのものです。
マウスカーソルを動かす、それに反応するエレメント。こういったシンプルなことが相手を惹き付けて導線になっていたようなサイトがかつては本当に沢山ありましたよね。
先に上げたようにこれからはフルFlashサイトとまではいきませんが、少しだけインタラクションな機能を盛り込んだランディングページが増えてくるのではないかと感じています。
そういったインタラクションは良いランディングページにしようと思った時に効果的ですからね。
ユーザーを惹き付けるちょっとした味付けにインタラクションな効果が必須の時代になってくるのではと感じることがあります。
タイトル
読み続けてしまうランディングページとは?

良いランディングページとはどのようなものでしょうか。それはそのランディングページが目指す目的を果たしているものです。多くのランディングページは会員登録や問い合わせが目的となっており、その目的がゴールとなっています。
大切なのはファーストビュー。ランディングページの前のページからバナーなどの広告から飛んできているため、ファーストビューで読み手にとって「自分と関係があるサイト」「有益なことが書いてありそう」と思わせることが大切です。そのため伝えたいことは簡潔に、そしてキャッチーな表現をする必要があります。読み手は「自分にメリットがない」と思えばすぐにそのページから離脱するため、ファーストビューで読み手の興味をひきつけた後は「メリットは何なのか」「ほかの商品と違ってどこが優っているか」を端的に記載することも大切です。
またページのところどころに問い合わせフォームへのリンクをつけ、読み手がいかなるところでも問い合わせができるようにします。
タイトル
消費者目線で見た良いランディングページ

広告関係にはまったくの素人ですので、消費者としての目線から良いランディングページとはどのようなものかを考えたものをまとめてみます。
消費者にとって良いランディングページとは、「興味のある商品である」「自分の知りたい情報がわかりやすく載っている」ものだと思います。
自分で検索サイトを使って検索した言葉で出てきたページとはいえ、そういうことが知りたいのではないという情報がでてきたところでちゃんと見ようとは思いません。検索ページに戻るだけです。
様々な検索後でランディングページがひっかかるようにしたいという思いが強い企業が多いかと思いますが、興味のまったくないサイトは邪魔なだけです。
その意味で、どのような検索語のときに自社のランディングページを表示されるのかはよく考えて欲しいと思います。
さらに、興味のある商品だったとしても、例えばダイエット食品であればどれくらい効果があるのか、値段はいくらなのか、どうやって購入するのか、といった情報に不足があれば、さらに自分で検索する必要があり、面倒だと思ってしまいます。必要最低限の情報は過不足なく記載して欲しいと思います。
この2点が揃っているだけでも、個人的にはそのランディングページをしっかり見ることは格段に増えると思います。
タイトル
ユーザーを引き込み、アクションにつなげるランディングページ

ランディングページをどこのページにするか、またそのページのできでコンバージョンが大きく変わることは間違いないと思います。多くの場合、リスティング広告などから商品購入やメルマガ登録などのアクションをしてもらいたいという目的がほとんどであります。私はいいランディングページは、次のアクションにつながることだと思います。では、どんなランディングページであれば、アクションにつながるのでしょうか。
多くの場合、リンクを押してページに入ってくるわけなので、多少なりと興味があって入ってくる人がほとんどです。その人が離脱してしまわないためにも、まずページ上部の最初に目に飛び込んでくる部分が重要だと思います。この部分でよりキャッチな言葉や画像を使い、ユーザーの心を掴めるかどうかが重要なカギを握っているのではないかと思います。そのうえで、ストーリー仕立てのページ構成として、どんどんユーザーを引き込んでいく。その中で適宜、申込ボタンなどのアクションできるボタンを仕掛けておくことで、アクションのタイミングを逃さないようにしておくのです。すべてはアクションにつながるかどうかだと思います。ユーザーを引き込み、アクションいつなげるページこそよいランディングページと言えると思います。
タイトル
破れ一分の壁:ランディングページの滞在時間

ランディングページとは、企業等が自社の製品・サービスを購入させるための最終ページとして見られます。
  このページへの誘導には、PPC広告等のお金をかけたり、SEOの技術を駆使したりと、WEBマーケッターがしのぎを削っていることでしょう。
  問題はこのページをいかに見させるかです。
  なんとなく気になった>ぽちっと押した>なんか違う>戻るもしくは閉じる。これを直帰といいます。ここまでの時間が短いようではそのランディングページは失敗でしょう。
  あなたのおお客様になるかもしれない人は悩みを抱えてあなたのページにたどり着きます。
  また、同業者やそのWEBマーケティングをしている企業もその事業者がどのようなランディングページを作成しているか見に来ています。
  得てして縦に長くスクロールさせることが多いのですが、近年では動画を利用して利用者になにもさせないこともおおくなってきました。
  見込み客にどれだけ訴求しているかは、この滞在時間で図ることができます。
1分そのページを見ていればあなたの商品はその人の記憶に焼きつき、購入行動に出る人も現れるかもしれません。
  そのためには、最初に開いた画面(ファーストビューともいいます)でどれだけ惹きつけるか!これがランディングページの勝負になります。
タイトル
良いランディングページで効率アップ!

インターネット広告や検索エンジンの結果からたどり着く、最初に見るページのことです。
興味がある商品やサービスが掲載されたバナーを見つけてクリックしたものの、興味があったはずの商品やサービスがすぐに見つからなかったことはありませんか。
例えばインターネットショップを運営しているとして、一つの目玉商品をバナーなどで紹介します。その目玉商品に興味を持ちバナーをクリックしたのに、辿り着いたのはショップのトップページで、希望する商品はページの一番下だとなんだかがっかりしますよね。そんな問題を大きく改善するのがランディングページです。現在主流のランディングページは、いわゆる「チラシ」に近いページです。
毎日、新聞に挟まって来るスーパーや各種専門店のチラシの目的は、来客もしくは問い合わせを増やすことです。
人によってはチラシを持ってスーパーマーケットや自動車販売店に訪問します。これはチラシの目的そのものを達成していることになります。
ランディングページも同様で、そこに訪問させたら、他のページヘ移動させたり、ページを閉じたりしないように様々な工夫を凝らすのです。
ユーザに興味を持たせ、問い合わせを増やすために改良されたのがランディングページです。
タイトル
化粧品におけるLPに関して

化粧品のEC販売においてLPは欠かせないツールとなっている。ランディングページの作成に関して以下の5点が重要視されるとかんがえられる。
①販売したいターゲットを決める。
②何の商品をいくらで売るか。
③商品の強みはなにか。
④全体の構成はどうするか。
⑤ビジュアルイメージはどうするか。
  ①「販売したいターゲットを決める」
?そもそものターゲットを決定する必要があります。
女性/男性か、30代か50代か、高所得世帯か否か。
②「何の商品をいくらで売るか(オファーの決定)」
?LPに多々の商品を載せるのはナンセンスである。LPに載せるモノは1点(商品単体もすしくはセットでも構わない)に絞るべきである。また、金額も重要でありお客様が気軽に試せる金額設定(初回限定00%OFF等)にする必要がある。※購入して頂いたお客様に、後にインナーツール/コールセンター等の対応で定期に引き上げる。
③「商品の強みはなにか」
?LPには、商品の良さ等の情報を載せることが重要である。より、お客様にとって有効な情報を記載すれば購入同期に繋がる。ゆえに、強み/特徴を把握し整理することが必要。※00認可成分等のファクトがあると尚良い。
④「全体の構成をどうするか」
?LPの構成は、重要になってきます。上段は、お客様に見られやすく、下段は見られにくいです。ゆえに、上段には「何の商品か、いくらか、一番伝えたいこと」が記載されるとベターかと。※ファーストビューはかなり重要
⑤ビジュアルイメージはどうするか。
?①が決定した後、決めるめきかと存じます。
黒背景、金色文字だと上品な商品のイメージ・・・40代~50代高収集女性層(いわゆるセレブ)
白背景、水色文字だと清潔なイメージ・・・10代~20代の女性の層(ニキビケア等)      

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.