上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
検索ワードとファーストビューが一致する事が成功への近道

ユーザーは様々な角度から、複数のキーワードを元に、必要な情報を検索します。
ほとんどの場合、メインワードだけで必要な情報を得ることはできません。
  例えば、「ご飯」というワードで検索したとします。
  ユーザーはこの「ご飯」をどうしたいのか?
目的、行動がわかりません。
  ご飯を美味しく炊く方法を知りたいのかもしれません。
もしくは、ご飯によく合うおかずは何かを知りたいのかもしれません。
  ユーザーが求める情報については、「メインワード」「セカンドキーワード」「ターゲットキーワード」のような組み合わせで初めて本来の目的の方法に辿り着くことができるのです。
  SEO対策を万全にしているのであれば、検索結果の上位に自分のサイトが表示されることでしょう。
  上位に表示されれば、クリックされる可能性も高まります。
  開いたページが、ユーザーの目的と一致しているか、それはランディングページの内容、構成が重要となります。
  各種キーワードにあった内容となっているか。
  それは、ランディングページのファーストビューにかかっています。
ファーストビューが全てを決定付けると言っても過言ではないでしょう。
  ビジュアルもそうですが、伝えたい内容が一目でわかるようなデザイン、キャッチコピーを十分に練ったうえでランディングページを制作することが、成功への秘訣です。
タイトル
広告の効率が段違い!ランディングページは慎重かつ大胆に作りましょう!

ランディングページとは、WEBの検索結果に表示される広告リンクをクリックした際のリンク先(飛んだ先)の最初のページです。お客様にとっては商品を買う相手の顔、広告主にとっては自分の顔なのです。
人は見た目が9割?!ではありませんが、視覚による訴求効果の大きいWEBでは、このランディングページの出来不出来は広告の効率が段違いに変わります。
  ここでは広告テキスト作成のコツと画像の使い方のコツをお伝えします。
  1.WEBでは商品は手に取れません。情報は文章だけでなく、画像や動画を使って丁寧に説明しましょう。出来る限り、必要十分に説明するためには、商品の要点→商品の説明→(商品の利点)→(商品の欠点)→最後に再度商品の要点 このような流れで作るのが良いとされています。
  2.商品によって画像の使い方や容量を変えましょう
視覚に訴えることが大事です。かといって画像が大きすぎたり、解像度が高すぎればWEBページの読み込みが遅くなります。例えば、一般的なモノであれば商品画像がいくつかあれば十分です。しかし、目に見えないもの(結婚式など)は読者がイメージできるように写真を多用します。あなたが売りたいものは何かをよく考えて、画像の使い方を考えることが大切です。
  いずれにしても、宣伝したい商品の特性をよく考慮したうえでランディングページを作成することが大切です。
この文章をお読みの皆様が、よりよいランディングページを作成されることをお祈りしています。
タイトル
情報を凝縮する重要性とページ作り

ランディングページは、最初に見えるページ内にどれだけの情報を凝縮出来るかがキーポイントとなります。
あまり情報を氾濫させ過ぎて、事細かく書き過ぎると難しいページだとユーザー認識されてしまい、読んでもらえない事があります。
つまり、最初に単純明快な説明をまとめておいて、それを文章にして書いておく事が重要になります。
良く使われる手法が、要点をポイントとしてまとめる方法です。例えばサービスであれば安い部分をポイントの1つとしたり、やり取りが早いというスピード面をプッシュする等、色々な特徴をまとめています。
それらをページの一番上に書く事で、文章を読む事が面倒な人でもしっかりと最後まで読んでもらえるようになるのです。
その最初のページの下にはしっかりと、サービスの登録を実際にさせるためのボタンを見える位置に配置する等の工夫も必要不可欠となっています。
そうした基本を抑えたうえで、どれだけ個性的なページを作って誘導できるかが大切です。
タイトル
見やすいランディングページとは

ランディングページとは、ホームページ全体・対象カテゴリーの顔であり、ランディングページがわかりやすいか・見やすいかで、そのホームページを回遊するかが決まる。
まず、ファーストビューでそのページが何を掲載しているかがわかるように、写真やタイトル等が見えるようにする。
併せて、ホームページ全体のグローバルメニューもファーストビューで見れると、閲覧者が自分が欲しい情報がそのホームページに掲載されているか判断しやすい。
ランディングページは、なるべくコンパクトにまとめ、テキストをダラダラ記述するのではなく、写真やイラスト・キャッチコピー等の短いテキストで、直感的に伝わるわかりやすいページにする。そうすることで、閲覧者が求めているものがそのページにあるのかどうかが判断しやすい。
また、バナー広告やFacebbokやTwitterなどのガジェット等を埋め込むと、そちらが気になり、ホームページから離脱する可能性があるので、なるべく避けた方が良い。
タイトル
クラウドソーシングサービスを利用して実践経験を積む

ランディングページを作るコツを学ぶのであれば、実践は欠かせません。
しかし、実際に仕事場に就いてみなくては実践が中々詰めるものではなく、その敷居は高いイメージがあります。
ところが最近ではクラウドソーシングと言うお仕事をネット上で受注できるサービスも増えて来ました。
ネット上で情報の納品が可能なWeb業界の仕事ならではのサービスですから、実践積んでみたいと思っている方は是非試してみて下さい。
もちろん中には難しい内容のお仕事や、指定の細かいお仕事もありますが、初心者でも出来るような比較的簡単な内容のお仕事もいくつか存在します。
そちらを受注して見積りを少し安く出して受けてみる事で、実践を積むと言う方法もあります。
仕事としてと言うよりも、仕事の研修だと捉えて実践から勉強する方法もあるので、クラウドソーシングサービスを利用する事も有意義となります。
少しずつ慣れてくればそこで副業のような形で仕事が出来たり、果てには本業へと昇格させる人もいるので、チャレンジしてみて下さい。
タイトル
興味を引くオープニングで続きを読ませる

よほど紹介している商品(またはサービス)に興味のある人で無い限り
LPを細かく読んでくれることはないと心掛ける。
LPに訪れた見込み客を逃がさないためには、「見出し」すなわち
「ヘッドライン」でいかに興味を引くかにかかってくる。
どれだけこちらの商品が素晴らしいかを喧伝することよりも
まずは
  「あと○○万円月収が増えたとしたらあなたは何をしたいですか?」
  「食事の量を減らさずにダイエット出来る方法を知っていましたか?」
  などの疑問形で、読み手に想像を促すと先を読んでもらいやすい。
  「この商品が驚きのこの価格で!」
  などでは、その商品の価値や他店での価格を知っていて
自分で比較できる人にしかその価格の素晴らしさ(安さ)が伝わらない。
(売りたい物が一般的に価値の浸透しているものなら有効ではある)
しかし、新しいアイデアや、中身を読まなければわからない情報商材や書籍などでは
LPをまず読んでもらわなければならない。
  疑問形以外では
  「無料で○○を差し上げます」
  と、商品購入の際につくサービスを先に提示しておく
  「今から15分の時間を私に下さい。そうすればあなたに素晴らしい○○をご提供できます」
  など助けを求める姿勢で始める手法も有効。
  いかに良い説明文やセールスコピーを書いても、読んでもらえなければ意味が無い。
この「ヘッドライン」「オープニング」を重視するだけで「読んでもらえるLP」を
作り上げられる第一歩となる。
タイトル
ターゲットがアクセスした理由から更に細かくターゲットを知る

ランディングページを作る上でターゲットを想定する事は欠かせない事ですが、そこから更により細かくターゲットの内情に呼び掛ける手法も重要になります。
どう言う事かと言うと、ただターゲットを絞っただけではまだ足りないと言う意味です。例えば30代の子持ちの主婦をターゲットにするとしますが、この中でも色々な性格の人や様々な悩みを抱えた人が存在します。
みんな性格はバラバラですから、そのページに辿りついた目的も好みも違うと言う事です。
だから、更にターゲットの中でもどう言う人達がいるのかを想定する想像力や調査力が問われて来ます。
30代の子持ち主婦が、例えば子ども服を売買するサービスのページへアクセスしたとします。中には着れなくなってしまった服を売りたい目的でアクセスした人もいるかもしれませんし、逆に安く子ども服を買いたい人がアクセスした可能性も十分にあります。
他には、自分で服を裁縫で作っているからそれを売りたいがためにアクセするような人もいるかもしれません。
様々なアクセス理由を考えてみましょう。
タイトル
商品画像などの素材を加工してより伝わるデザインへ

ランディングページを作る場合、商品の画像やイメージキャラクター等、素材が予めクライアントから配布される事になります。
この画像をもちろんそのまま使用する事も大切なのですが、これを自分なりに加工して使う事もメリットがあります。
例えば、商品そのままの画像を使うとちょっとシンプル過ぎて親近感がわきにくかったり、デザインが地味に感じる事があります。
ですから、この画像を色やデザインを加えて加工してあげる事によって、より宣伝に特化したものに仕上げる事も出来ます。
もちろん商品自体の画像もしっかりと利用するのですが、それを使うのは商品ページを実際にクリックした際や、ページの一番下の商品詳細として別に載せたりすれば良いのです。
大事なのは、人の目を惹く見た目が良いものですから、そのために商品画像に手を加えると言うのは非常に有効です。
ただ、これにはもちろんクライアントさんの許可が必要になりますから、事前にしっかりと確認を取っておいて下さい。
タイトル
ランディングページを作る目的とその利益

ランディングページとは、特に何か商品をアピールするためだけに作るわけではありません。
Webサービスを利用してもらうために作るような事も良くあることです。
そのページで商品を購入してもらって利益に繋げるパターンも多くありますが、そこから商品やサービスを販売したり、利益を上げるためのページを確保しているサービスへ登録してもらうためにページを作る事もかなりあります。
直接的にページから販売すると言うビジネスは中々信頼を得にくい面もありますから、実際にサービスを使ってもらって利益を挙げる事も非常に効率が良いとされています。
ほとんどのWebサービスはそのWebページを無料で使えるようにしていますが、そこから利益を上げるためには有料登録をして更に便利なサービスが使えるシステムを導入していたり、広告を導入して利益を上げています。これらを更に加熱させる意味合いで、客層を取り込むと言う意図からランディングページを作る人達もいると言う事を覚えておきましょう。
タイトル
ターゲットを知る事でより効率的なページを作る

ランディングページとは非常に幅を狭めて特殊な立ち位置のページとして創設出来るため、ターゲット層をかなり絞り込む事にも適しています。
同じ会社のランディングページでも、ターゲット別に視点を変えた個性的なページで誘導する事も可能となっています。結果的に目的となる部分や誘導する場所は同じであったとしても、その方法を変える事で、違う種類のページをたくさん作る事も可能です。
例えば携帯電話は若者が主流となっていますが、最近ではお年寄りに向けられた使いやすい携帯電話も増えています。
スマートフォン等ではとても満たせない需要をケータイで満たすと言う、ターゲットを絞った非常に効率の良い商法となります。
大切なのはその商品の高機能さや新しさではなく、その魅力を需要のある層に的確に伝える方法と言う事になります。
商品やサービスにこだわらずに、柔軟な発想でターゲットを想定し、制作して行く事が重要です。そのためには色々なお客さんを知ることからスタートしてみましょう。
タイトル
商品のランディングページでユーザーが気になる送料

ランディングページで商品の購入ページを作成する場合、その送料についての情報はしっかりと載せるようにしなくてはなりません。
買い物をする人間の観点からして、コストを気にする人であれば必ず送料はしっかりと確認しているものです。中には1,000円程掛かるような所もあるので、通販と言うと1,000円くらい送料が必ず掛かると言うイメージを持っている人も実は少なくありません。だからこそ、送料が無料であったり安いのであればしっかりとその情報を記載する事が重要です。
そして、仮に安くなかったとしてもその情報を載せる事は意味があります。もし、送料の情報が載っていなくて、実際にクレジット決済等で手続きを進めて行く中で送料が掛かると分かった時点で信頼を失う恐れがあります。ですから、しっかりと送料が掛かる場合でもその説明をページの下の方でも良いので記載しましょう。
そして無料ならばページの上部に大きくアピールして載せておく事が大切です。
タイトル
ランディングページを訪れる2つのタイプの利用者に対応したページ作り

ランディングページを訪れる人は、もともと興味を持って広告をクリックしてきた人と、あまり興味はなく間違えてクリックしてしまったような人の2つのタイプの人がいます。
そこでその2つのタイプの人に対応できるようにランディングページを構築するのが、いいランディングページへと近づく近道です。
まずもともと興味を持ってクリックした人に対しては、興味を持った内容をより深く知ってもらえるような情報を提供すべきなので、そのページの詳細などを載せるのが好ましいです。商品の特徴や他の類似商品との違いなどを明確にすることで、このページの商品のメリットを知ってもらいます。
あまり興味がない状態で訪れた人に対しては、まず興味を持ってもらうための情報を提供するべきです。詳細の説明などではなく図などを多用したざっくりとした説明をメインとし、直感的にわかってもらえるような説明を心がけるべきです。
キャッチコピーや謳い文句を全面に押し出すのもいいかもしれません。
  2つのタイプの利用者に同時に対応するためにはまずページ上部には興味を持たせるような内容を、ページ下部にはその商品の詳細な説明を載せるような形で構成するのがベストだと思われます。
タイトル
自分目線ではなくクライアントの事を考えた技術の導入

デザイナーには様々な方がいますが、例えば覚えたばかりの知識を活かしたプログラミングを使いたかったり、クオリティの高いものを導入しようと自分の目線から様々なものを取り入れる人がいます。
しかし、それではクライアントの方から頼まれた場合に食い違いが起こる危険性があります。
いくら高性能で最新鋭の技術を取り入れていたとしても、クライアントが思っているサイトとは違うテイストに仕上がれば仕事にはなりません。
まずは何か作る前に、しっかりとどんなイメージにするのか、どういった機能を取り入れたいのかを聞く事を優先しましょう。
それには、具体的な例を他のサイトを見てもらって確認してもらったり、実際にテストで作ってみたものを相手に部分的に渡してみるのが有効です。
クライアントはサイト制作に関して知識は少ない方だと考えて交流する事が適切です。ただし、最新鋭の技術を導入しない方が良いと言うわけではありません。
むしろ喜ばれる可能性も高いですから、実際に導入する前に導入事例について詳しく説明して提案を行うようにしましょう。
タイトル
心を乱し暗示をかけるランディングページ

良いランディングページとは心を乱すようなページです。例えばキャッチコピーを考えてみれば分かりやすいと思います。
普段自分の思考にない言葉が飛び込んでくるので、一瞬ギョッとして思考停止状態に近い形になり、コピーの文言に動かされてしまいます。

良いコピーほど読み手に一時的な暗示をかけ、アテンションやデザイアーを喚起します。ランディングページというのは、そのWEBページ版であると言えるでしょう。
具体的には、装飾の美しさ、グラフ、キャチコピー等をシステマティックに連動させて、無料会員登録くらいならしてもいいやという気分に相手に一過的な暗示を与えます。
また人間は、動き始めるとより動く性質があります。 例えばブログの文章を書いているとき、最初の1文を書くと、その先がスラスラ出てくることがよくあります。
同様にランディングページでユーザーに最初に期待する動作は「お申し込みはコチラ」ボタンのクリックです。
クリックして画面が変わるだけで、ユーザーは初動を行ったことになるので、その先の入力作業に取り掛かりやすくなります。
もし、パッと目に映ったフォームがメアド入力だけで、後からメアドにあるURLから本登録画面に進むような設計なら、クリックという小さな動作の勢いでも、メアド入力という動作を喚起しやすいでしょう。
ここまで行けばしめたもので、後はとんとん拍子に登録までいってくれる筈です。
つまり、良いLPとは、ユーザーの気持ちを軽く揺さぶり、暗示をかけ、注目させ、欲しくもさせ、最初の動作であるクリックを誘発するために、いくつかのクリエイティブをシステマティックに組み合わせたWEBページのことだと言えると思います。
タイトル
優れたランディングページとはどんなものであろうか。

 ランディングページに関して私が一番重要だと考えるのは、ページの表示にかかる時間が短いことです。統計によれば、3秒以上ページが表示されないと、多く閲覧者はどこか別のページに移動してしまうということです。このデータを根拠として、「3秒ルール」なる言葉もあります。
 さらに、ページの表示速度が遅いことは、SEO上のペナルティにもつながります。Googleのボットは、ページを巡回する際にページの表示時間を計測していて、あまりにも重いページにマイナス評価を与えています。
 二番目に重要だと思われるのは、そのサイト内のページであれば、どこでもランディングページから行くことができるようにすることです。しばしばGoogleなどの検索エンジンから閲覧したいページへ移動したものの、そのページにリンクが全くないために、サイトを見て回るのを諦めることがよくあります。せめてトップページへのリンクくらいは貼ってあってもよいのではないかと思うことがあります。
タイトル
ランディングページ作成には、先ず訪問者の五感を刺激する

ランディングページ作成には、先ず訪問者の五感を刺激する、       自社作成した新鮮なホームページやランディングページは、ビジネスにとっては現在は必要不可欠な戦略の一つになります。
若い人でIT関係や広告宣伝に精通した者であれば当然ながら、最近では殆どの企業の経営者や運営者は、ネット広告の存在意義や重要性については既に認識していることと思います。
  ランディングページは、実は、普通のホームページと異なって比較的簡単に、シンプルに作成することができます。
実際に、様々な形やバージョンのランディングページを作成してみて、どの形式や模様、タイトルなどがクリックし易いかを、ボタンの色やテキストの大きさ形を変更してみて、最も高い確率のランディングページを見つけましょう。
  要は、ランディングページはテキストや画像のみでなく、音声入りもいいでしょうし、訪問者の五感を刺激することが重要です。
更には、動画などを嵌め込むのもより効果的です。       このような、ランディングページの作成は、オンライン上でのサイトの存在感を示す上で、極めて重要なステップになります。
  ウェブサイトにある、その他のマーケティング戦略においても、ランディングページのより良い告示、内容を取り入れることにより、これまで以上に来訪者の目に触れる機会が多くなり、より効果的なビジネス内容をアピールする事ができます。
タイトル
ランディングページにおける、体験談の重要性!

ランディングページでは体験談が見込み客の背中を押す!
  よいランディングページを作りたいなら、体験談は必ず入れるようにしましょう。特に直筆の体験談は効果が高いです。
商品の購入を考える時、誰もが「本当に効果あるのかな?」と不安に感じています。正確に言うなら、効果があることを信じたいから裏付けが欲しいという心理です。そうなると自然と「ほかの人はこのサービスを使ってどう感じているんだろう?」と考えることになります。
ランディングページに体験談があれば、見込み客ほどじっくりと内容を確認します。その上で納得できた時、初めてサービスの購入や登録を決意することができるんですよ。
  直筆体験談はお金を払っても準備をする価値がある!
  記事の始めの方で『直筆の体験談』が効果が高いとお話をしましたよね? なぜ直筆の体験談が効果が高いのかというと、リアルにそこに人を感じるからです。どうしても打ち込まれた文章だと「ひょっとしたら自作自演かも?」と感じてしまう人がいます。そこまでは感じていなくても、ホントかなと疑ってしまうのが最近の消費者です。
だからこそ、直筆の体験談が画像としてバーンと貼られていると「ホントなんだ!」と信じられます。なのでランディングページの効果を真摯に高めたいと考えるなら、お金を払ってでも体験談は準備をした方がいいですよ。今回ご紹介したランディングページのコツ。ぜひ実際に役立てて頂ければ幸いです。
タイトル
リサーチ9割! 登録率が高いランディングページ作りのマインド

よいランディングページ=登録数が多いページのこと!
よいランディングページとは、当然アクセスした人がサービスについて知ることができて、申し込みをしたいと感じるページのことです。
では、登録数が多いランディングページを作るには何が大事なのか? それは、なんといってもリサーチです。私の実体験では、9割をリサーチ作業に費やしてもよいと感じています。
  リサーチ内容は「何に悩んでいるのか?」
リサーチする内容はお客さんが何に悩んでいるのかにつきます。実は、実際のお客さんの悩みとこちらが魅力だと考えている部分は違っていることが多いんです。例えば、WEB制作代行のランディングページを作るとしましょう。こちらが考えるサービスの魅力はは低予算で簡単に作れることだとします。しかし、お客さんの方は「サイトを運営していく上でのサポート」や「納期を守ってくれるのか」といった部分を重要視している。こういったすれ違いが多いんです。
あくまでこれは一例ですが、リサーチをせずにランディングページを作ってしまうと、全くお客さんの心にささらないページになってしまう可能性があるのはわかって頂けたでしょうか?
  悩みを解決できる商品だと伝われば、登録は自然と増える!
ちゃんとしたリサーチを行えば、サービスのどこをアピールすれば良いのかわかります。悩みをきちんと解決してくれるサービスなら、お客さんの登録は自然と増えていくものです。
よいランディングページを作りたいと思うならば、リサーチに今以上に力を入れるようにするのをおすすめしますよ!
タイトル
ネットを利用する消費者的立場より

私は、携帯、パソコンとネットを利用することが多いのだが、良いページだなと思えるのは、飾り無くTOPページへ行くことができるサイトであると思う。 具体的にいうと、最初の入り口ページやFlashによる演出がなく、すぐにTOPが開く仕様である。入り口ページを儲けられると、まず入るところを探さなければならないため、しんどい。 場合によっては、めんどくさいからもういいやと思うこともある。特に嫌なのはFlashによる入場時の演出である。アーティストのサイトなどに多いのだが、まず重たい。 派手な広告はインパクト大だが、どうしても押し売りされているような感覚がし、あまりいい気分ではない。ましてやいきなり音が鳴るような仕様は夜中に開いた場合などに非常に困る。 宣伝を優先し、利用者への配慮が少し欠けている印象が。良いランディングページとは見る側のことも考え、飾らない、シンプルで用件を簡潔にまとめ上げたサイトのことをいうのではないだろうか。
タイトル
youtubeの動画を掲載しよう

よいランディングページとは何か。ずばり検索されやすいページです。そして、見てくれる閲覧者に価値のある効果的な情報を伝えることで。これらのことが満たされるページ造りでもっとも適した媒体は何でしょうか。「動画」です。百聞は一見にしかず。読むよりも見た方がより理解が深まります。
この動画ですが、動画で有名なサイトはニコニコ動画とヤフー動画とyoutubeですね。このなかのyoutubeが最近googleに買収されました。で、いまどういうことが起こっているでしょうか。もちろん一部例外はありますが、検索キーワード(とくに複数キーワードで入力してみると)を入力してみると、トップにくる検索結果で動画が占めている割合が多いです。これはどういうことでしょうか。グーグルの中で動画には、お客様に提供する検索結果としてとても価値があると評価しているということです。すなわち文章できちんと書いていることや、デザイン性、色合いなどのホームページで基本とされていることとは別の次元で動画があるwebサイトが評価されているということです。ですので、まとめますと、いいランディングページをつくるには、動画、とくにyoutubeで動画をつくって掲載することです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.