上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページは玄関。もう一歩入りたくなるワクワク感を演出したい。

ランディングページを一言で表すと、玄関です。一先ず外観や看板などに何かの興味を持って一歩踏み出して中に入った状態ですね。ここからさらに中に入ってもらうのがランディングページの役目、つまりこの先には何があるかをしっかりと伝える必要があるページです。
  いかにわかりやすくそのサイト全体のサマリーを表現しつつ、それぞれのページに行く方法をしっかりと表示し、すでに目的をもって訪問してくるユーザーにも応えなければなりません。
大事なことは入口なので、ワクワクさせる仕掛けがあることかと思います。「始まる」感とでも言うのでしょうか。また、わかりやすさが欲しいです。ランディングページに来る方はどこかのリンクから飛んできた初めての方も多いでしょう。他社自社問わずどこかへのリンクがたくさん貼ってあるランディングページを良く見ますが、本題よりもリンクバナーが目立っていて、結局どこに何があるかわかりにくく、めんどうくさくなってそのページから離反してしまいます。  
タイトル
ランディングページはデザインの他に文章を依頼される事も

ランディングページの制作を仕事として請け負う場合、もちろんデザインやプログラミングの作業を行うのがメインとなりますが、稀に文章を任される事もあります。
基本的には、業者がデザイナーとライターで別々に依頼をかけて、先に素材となる文章をライターに依頼するのが普通です。
しかし、業者や個人によっては必ずしも文章が最初から用意されているとは限りませんので、最初の仕事を請け負う段階でしっかりと確認しておく必要があります。
もし、簡単な文章の内容でも構わないと言われた時や、契約をする前にその確認を行っておらず後から必要だと分かった時のためにも、文章のスキルは少しだけ身に付けておいた方が良いかもしれません。
ちなみに、どちらも出来る人であればデザインとライティングの両方の仕事を同時にこなせるため、クライアントからは非常に重宝されます。
もし、文章を書くのが好きな人がいれば、その点についても出来る仕事としてアピールする事も有効になるので興味のある方は試してみて下さい。
タイトル
ランディングページをクライアントの依頼で作る際の注意

ランディングページをクライアントから依頼されて受ける場合、雰囲気やイメージと言ったものを的確にヒアリングする事はとても重要です。
ただ、テーマやターゲットについて聞くだけではなくて、本来その会社が大切にしている社風やそのページで表現したい雰囲気と言うのは必ず存在するものです。
例えばスーパーの広告のような、安くて使いやすい事を大胆に表現した、明るくて目立つようなものに仕上げるのが良い場合もあります。
しかし、落ちついた高品質な社風を表したい場合には、こうした部分はなるべく控えたいと思うはずです。
目立つ配色も使わず、デザインも落ち着いて洗練されたものを使用する等工夫をしなくてはなりません。
いくら第三者の目線から見てクオリティの高いサイトに仕上がったとしても、クライアントの意向にそぐわないものであれば仕事にはなりませんので注意して下さい。
あくまでクライアントからの依頼の目的は仕事を遂行する事で合って、自分の満足のいくページを作る事とは少し異なります。その事を踏まえて仕事をしましょう。
タイトル
様々なランディングページをまずは見て行く

ランディングページと言うのは、1つの目的に重点を置いて作られた何かに特化された着地点ページの事を言います。

例えば、銀行等の口座開設を目的としたページや、求人情報サービスへの登録を促す事を目的としたページ等です。
このように、目標がはっきりと表れていると言うのが、このWEBページの特徴となります。通常の様々なカテゴリに分かれたサイトとは違い、ひとつのページでその目的に応じた様々な情報を散りばめているサイトとなっています。
ツリー型ではないために、細分化されていてクリックした部分によってページが異なると言った事が全くありません。
クリックされるのは、主に申し込みなどの最終目的の誘導するページのみです。特に商業色が強い部分があり、何かの商品やサービスを訴求するために作られる傾向があります。

その他、キャンペーンや新商品を広めるために使われる事が多くあるのも特徴的です。色々な目的があるので、まずは検索して見て行く事から始めましょう。
タイトル
LP内容に興味持ってもらうには

ものを売ったり宣伝したりする場合
見込み客や購買層にとって
もっともメリットのある特徴を示すことが大切である。
  興味を引くヘッドラインを作った次は
内容、いわゆるボディーコピーを書いていく。
  大多数の人は、コピーの細かい内容まで読んではいない。
マウスをスクロールしながら、さっと目を通していくだけである。
  あまり細々と書くよりも、目を通しただけで興味を引くような
コピーを書かなければならない。
  ポイントとしては、この2つを守りたい。
  1・基本的に1段落につき1つの意見(内容)を述べる
  2・結論や要点を先に簡潔に述べ、後から補足情報を述べる       デザインを凝るのも大切だが、上記のポイントが守られていないと
伝えたい内容が、ページの閲覧者の頭の中に残らない。
そして、購入(申し込み)すればこのようなメリットが得られるということを伝える。
  例えば、「速読」の商材を売りたい場合
  ・1月に30冊以上読書が出来れば、専門資格の取得が楽にできます。
  などの成果をまず提示する。
  そして、自分が売ろうとしている商材がいかに優れているかの
情報を提示すれば、しっかりと読んでもらえる可能性は
飛躍的に増す。
  重要な事は、「最初」に商材の優れている点を
説明しようとしないことである。        
タイトル
ランディングページはゴール地点から作成すると作りやすい

ランディングページの目的は、ある一つの行動をとってもらうために作成します。注文や予約、そして問い合わせといったどれか一つに絞ることが大切です。たくさんの選択肢を用意してしまう事はランディングページの場合だと、最後までページを見てもらえずにページ内の内容を理解してもらえないことが多いので必ず行動してもらいたい終着地点は一つに絞ることを徹底することが重要です。
ゴール地点が決まったら、箇条書きでどういった形で読んでもらいたいかという枠決めをします。長いページになるので、読ませるような文章よりも一言一言が分かりやすくそして、イメージが沸き次が読みたくなるように作成していきます。そして最後にページの一番上に、インパクトを重視したキャッチコピーと画像を用意します。読んでもらう内容よりも、アクセスして一番初めに見る部分なのでヘッダーだけは時間をかけて強烈な印象を持ってもらえるように作りこみをすることが大事です。WEBの特性上トップページを見たら、一番下へと飛ばして読んでみるという人も多いので、しっかりと興味をそそるような内容にしておくことが大切です。
タイトル
ユーザー好みのランディングページを簡単に作るには

ランディングページとは本屋で例えるならジャンルや帯と同じようなものと考えて良いでしょう。まず見た瞬間に何のジャンルなのかすぐに判る必要があります。これがわからないようではランディングページとは言えないです。そして、次にどんな内容なのか簡潔に説明されているか、見てそれが分からないといけない。本屋でまず帯を見て、興味を持ったら中身を読みますよね。そういったページを作らないと、3秒でwebページを検索している人達は移動します。
そして、情報を詰め込み過ぎない事、ランディングページには情報は殆ど書かない事が大事で、詳しく書かれてるページに移動出来るだけにしてある方が、ユーザーは気にいってくれます。本の表紙にいろいろ書かれてるような本がまったくないように、最初に見る所はシンプルにする方が親切で好感をもたれます。
難しく考える必要性は全くなく、ランディングページを作る時に困ったり、迷ったりしたら、本を手に取って同じように作れば失敗する事はありません。
タイトル
ランディングページ最適化を活用した利用者の視点からのページ作り。

ランディングページは、お店でいえばショッピングウィンドーのような役割を果たすものでしょう。ウィンドーを覗き込んで、魅力的な商品があれば、当然、お店に入って商品を確かめ、気に入れば購入するでしょう。ランディングページにも、お客様の購入欲求を刺激するという意味で同じ効果があります。しかし、ランディングページとお店のウィンドーには決定的な相違があります。それは、目的の違いです。通りを歩きながらウィンドーを眺める行為は、その行動自体を楽しむ、つまり「眺める行為」が目的であるケースを多く見かけますが、ランディングページの場合は違います。ある明確な目的を持って、一つあるいは複数のキーワードを打ち込む行為の背景には、「いま、自分が欲しいものを手に入れたい」という明確な動機付けがあります。
その点、現状の多くのランディングページは、消費者の購買意欲を刺激しようとするあまり、アラカルト的に扱い商品を網羅しようという意識が強すぎるように映ります。多彩な商品群を訴求したい気持ちは十分に理解できますが、消費者サイドからすると、肝心の欲しい商品に行き着くまでに、かなりの時間や苦労が強いられるという致命的な欠点があります。
これでは、せっかくアクセスした人をみすみす逃しているようなものでしょう。そこで、検索キーワードを解析して、訪れる人の目的に適合するランディングページへの誘導を、もっと意識すべきです。最近は、LPO(ランディングページ最適化)も進歩しているので、こうした知恵を活用しながら、利用者の視点に立ったランディングページの作りこみが望まれています。
タイトル
ランディングページに必要不可欠な3つの情報

ランディングページで成約率を向上させるには3つのポイントがあります。
その3つさえしっかりと明記することさえできれば成果の出やすいランディングページを作成することが可能になります。

一つ目はその商品のブランド力を高める為に作り上げた気持ちや作るにあたったきっかけなどを気持ちに訴えかけ販売者の気持ちを伝える情報です。

その次に必要なのが商品の直接の情報です。この商品にはどういった機能や効果があり、どういったものが盛り込まれているのかという内容を伝えます。
推薦文や実績などがあれば一番効果的に訴えることが出来ます。

そして最後に利用者側へのメリットを提示します。
他社より優れている点や、購入において失敗してしまった場合の返金保証といった購入側へのお得になる情報を掲載していきます。

この3つを守って作成すると最後まで読まれやすく、他の商品と比較する前に購入に至るというパターンが作れます。
またその場で離れてしまっていても印象を残すことが出来るのでブックマークや再度訪れるという可能性が高まります。
タイトル
サービスを利用する気になるランディングページ

ランディングページは広告的な役割を果たすものですが、あまり売りたい利用して欲しいという気持ちを前面に出したページにしてしまうと、相手に引かれてしまうので注意が必要だと聞きます。詳しい説明もなしに安さだったり手軽さだったりをアピールするようなものは、目を惹いても気持ちまでを惹き付けることはできないということなのかもしれません。
ただの客寄せパンダとしてではなく、利用者にとって益のある情報を載せることが、ランディングページにおいては必要なことなのだそうです。そのサービスや商品の説明を、わかりやすい文章で表現することが第一、そして目立つレイアウトを考えるのが第二の重要事項ですね。その場で直接利用につなげられる可能性があるものだからこそ、必要な情報は全て提示するように心がけることが大切なのだと思います。
素人ではそのバランスや調整といったものが難しいので、自分で作れてもランディングページは自力で仕上げようとせずに、専門のサービスを利用するのがいいのではないかと感じました。
タイトル
ランディングページの作り方

ランディングページとは、インターネットのウェブにおける広告等のURLをクリックしたときに、一番最初に現れるページのことを指します。具体的に述べますと、自社の関連商品や提供サービスを消費者の方に紹介するため、あるいは購入を促進するための内容を含んだページのことです。
このような点から、ランディングページをどれだけ上手く作成できるか、上手く消費者に商品やサービスの良さを伝えることが出来るかが、商品やサービスの購入売り上げの向上に関わってきます。では、「売れる」ランディングページを作るためには、どういうことが必要なのでしょうか?
まずは商品やサービスの企画や開発段階でターゲット層をしっかり絞るということです。売れる層を見つけ、その層にダイレクトに情報を伝えられるようなページ作りが必要です。その際には、消費者の心を掴むキャッチコピーを織り交ぜたりしながら商品やサービスを説明することで、より多くの顧客を獲得できるでしょう。
そして基本的な構成をしっかりと練った上でランディングページを作ることです。ただ単純に紹介をするだけでなく、問題を提起する中で商品の効果を伝えたり、画像や動画を載せて文章の説得力をアップさせることが大切です。またお客の生の声や実績を掲載することで、商品やサービスの具体的な良さを伝えられるページを作りましょう。
タイトル
ランディングページは明確にテーマを決めた真っすぐなサイトにする

ランディングページは通常のサイトのように、色々なコンテンツを用意しているページではなく、何かに特化したページである事が望まれます。
そのため、違う話に移行してしまったり軸がブレてしまうような論調でページが作られていると、ユーザーを混乱させてしまいます。
それどころか、本来の目的からは逸れてしまい、ページの目的が達成できなくなる恐れがあります。

まずランディングページを作る前にそうした目的について明確な目標を立てておく事が大切です。何でもかんでも自社の製品なら便利ですよ、と伝えるのではなくて、その製品の何を推したいのか、どの部分が魅力的なのかを重点的に伝える事が強いられます。
あれもこれも良いと言う書き方をしていると、一体何がどう良いのかユーザーが分からなくなってしまいますので、特に主張したい点を書き出して要点をまとめておきましょう。
その要点をまとめた文章を更にデザインによって色をつけたり字体を変えてみたり、縁取りを追加する等工夫して魅力的に仕上げて行きます。
タイトル
ランディングページにおいて最初に重要となるファーストビュー

ランディングページを作る上で、まず最初に重要視すべきはファーストビューと呼ばれる第一印象の部分です。
一番最初にそのページをクリックした時に、魅力のある見た目でなければ、いくら良い事を書いてあっても全く読んでもらえません。
逆に第一印象さえ良ければ読んでみようと言う気になってページをスクロールしてくれるようになるので、結果としてサービスの利用や購入に結び付きやすくなります。
このファーストビューを良くするには、最初にディスプレイ内に収まると思われる範囲のデザインにこだわる必要があります。
多くの人が使っていると思われるディスプレイのサイズや、その見え方を計算する事も必要なくらい細かく見られている部分でもあります。
そしてもちろん、文字や色による訴求もかなり重要で、例えば人物画像等親近感を引くリアルなものにしなくては信頼性を確保出来ません。
逆に画像ばかりだとうさんくさい印象で、中身が伴っていない情報量の少ないページだと判断されるので注意しましょう。
タイトル
字体や画像など視覚で伝わりやすいデザインの選び方

ランディングページのデザインはテーマを決めて、それに沿ったものにまとめ上げなくてはなりませんが、これには様々な素材が関わっています。
文章ももちろんですが、それ以上に視覚的なイメージとして伝わりやすいデザインやその色や写真についても、合わせなくてはいけません。
ターゲットが女性であれば女性らしい雰囲気を持つもので、なおかつテイストが細かく合っていなくてはいけません。
色も女性向けであれば鮮やか過ぎない、淡い色合いのものを使う等工夫が必要になります。
画像やイラストについても、女性が好みやすい花やかわいいイラストを使ったり、主婦の日常風景を連想させるような素材が必要になります。
字体においても、堅苦しいビジネス等で利用されるような角ばったものではなく、柔らかくてポップなイメージを連想させるものや、少し通常のスタイルを崩したオシャレなデザインものを選んで見て下さい。
ターゲットが男性であればその逆をすると効果があります。
タイトル
流行を取り入れることの大切さ

Webの世界でのトレンドはものすごいスピードで変化していきます。
ちょっと前までWeb2.0だなんて言ってたのに、いまやもうフラットデザインが主流です。
主流とは言いますが、全てにフラットデザインが適用できるわけではありません。
どうしてもフラットデザインが合わないデザインというのも存在しますからね。
そしていま、フラットデザインからマテリアルデザインの話題に移り始めています。
Googleが提唱したデザイン手法のことなのですが、これもそのうち流行始めるでしょう。
ランディングページにもこういった流行を取り入れていくべきだと思います。
いままでに色々とランディングページを見てきましたが、良いランディングページにはこういったものもしっかりと取り入れられている感じがしますね。
ちょっとでも古くさいトレンドのデザインだとやはりランディングページ自体も大昔に作られたのではないかと見られてしまいます。
それが良い方向に結びつくこともあるので、一概に必ず流行を取り入れなければ駄目だとは言い切れませんが。
タイトル
ターゲットを絞った具体的なデザインを慎重に決める

ランディングページにはターゲットに向けたポイントを絞ったアピールをすると、より訴求効果が高くなります。
年齢層や性別による分け方は代表的ですが、それ以外にも趣味や性格等を具体的に絞る手法も最近ではよく取り入れられています。
例えば、サラリーマンの中でも出張が多い人だけをターゲットに絞った旅行会社のPRがあります。
航空会社のキャンペーンと言えば、海外旅行等休暇を楽しむ人向けに打ち出される事がメインですが、他の具体的な層も確実に存在するのです。
その層をしっかりと把握してランディングページと言う形で声をかけて行く事で、より自分に対して話しかけているような感覚に出来ます。
自分にとって親近感があるような内容だったり雰囲気・デザインにする事も大切で、どれだけ見る人達の事を考えて作ったかは非常に重要になります。
とにかくデザイナーのデザインセンスや表現センスはかなり問われるページで、ちょっとした字体や写真の違いで伝え方を大きく分ける事にもなります。
慎重にデザインを決定しましょう。
タイトル
ランディングページの基本

ランディングページをご存知ですか。
ライディングページとは、さまざまなネット広告やリンクをクリックしたときに表示されるウェブページのことです。
このライディングページは、ネットで商品などを売る場合に売り上げを上げるためのとても重要な要素になっているのです。
プロに頼み、ライディングページを改善しただけで顧客の獲得が数十倍になったという例もあるくらいなのです。
しかし、やみくもにライディングページを作成してもほとんど意味がありません。
商品の目的や顧客ターゲット層などをしっかり把握し、検討に検討を重ねてライディングページを作る必要があるのです。
ライディングページは、特定のユーザーが求めている情報を集約できるというメリットがあります。つまり、しっかり検討を行い作成すれば、間違いなく売り上げを上げることができるのです。
特定のユーザが持つニーズに答えるページを作成するためには、ランディングページをその商品やサービスの特性、そして目的に応じて変えてあげる必要があるのです。
タイトル
人を惹きつける画像やイラストを慎重に選ぶ

ランディングページでは、とにかく読者を惹きつける魅力のあるページ作りや、便利で読みやすいサイトを作らなくてはなりません。
情報量が勝負となる通常のサイトとは異なり、いかに見栄えで勝負できるかがカギとなりやすいページです。
ですから、ちょっとしたデザインや余白の大きさ等はかなり拘りぬく必要があります。特にユーザーがそのページにたどり着いて、スクロールをしていない状態で見える部分だけは拘りぬく事が多くあります。
一番上に載せるものとして代表的な素材が画像やイラストの素材です。画像やイラストを使うと、それだけでインパクトがあって読んでいる人達の関心を引き寄せる事が出来ます。
人間は文字だけで書かれてあるものより、画像や絵がついている方が圧倒的に読まれる傾向があります。
だからこそ、この画像や絵の選択には非常に時間を掛ける必要があるのです。
有料の画像提供サービスを駆使したり、自身で撮影したものを上手く加工する等、かなり能力やセンスが問われる部分になるので慎重に選んで下さい。
タイトル
ランディングページとリスティング広告の活用

ランディングページと言うのは、特に市場として注目されている所でリスティング広告に載せると言う方法があります。
ただランディングページを作ったからと言って、それだけでお客さんがたくさん来るような事はありませんし、むしろ広告活動・営業活動をしてなければ全くもってお客さんに訪れてもらう事は出来ません。
そこで、便利に活用出来るのがグーグル等の検索エンジンが取り入れているリスティング広告と言うシステムです。
これは検索エンジンで特定のワードで検索した時に、そのジャンルに応じて検索結果ページの上部や右側に目立つように載せてくれると言う非常に訴求効果の高いシステムとなっています。
特にサービスに自信はあって予算もあるが、認知度が少ないと言ったサービスに置いて非常に効果のある手法となっています。
ただ、月毎の必要な費用は高額になる事もあるので慎重な判断が必要となっています。自社のサービスがどれだけ自信を持てるのか、的確に判断しましょう。
タイトル
サイトとしてのデザインに統一性があるかどうかに注意

ランディングページを作る上で、ターゲットを意識したページ作りをする事は非常に重要ですが、それを意識し過ぎる余りにおろそかになりやすい点もあります。
それが、サイト全体のサイトとしてのテイストです。つまり、相手の事を気にし過ぎるあまりに自分の事を疎かにしてしまうのと同義になります。
ターゲットは女性でパソコンを扱うお仕事をしている人だと絞れていて、パソコンをより女性らしいデザインにして訴求したとします。
しかし、自分の思っている女性らしいデザインを適当に散りばめるだけではいけないのです。ターゲットに合わせてデザインをどんどん取り入れるのは良いのですが、その雰囲気に統一性がなければ全体の見た目が悪くなってしまいます。
まとまり感がないと品質が損なわれてしまうのです。一見すると素人目線ではどこにも違和感のないように思ってしまいがちな点ですから、他人に意見をもらうと良いかもしれません。
サイトイメージが完成したら一度振り返って、サイトとしてまとまりがあるのかチェックするようにして下さい。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.