上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
広告文を変更することのみで、コンバージョン率がランディングページにおいて非常に違ってくる

リスティング広告を予算を多くかけて出すと、目標としているアクセス数をランディングページにおいて集めることは可能になります。しかしながら、これのみではもちろん、コンバージョン率の目標としているものに達することはほとんどありません。
予算を多くかけてリスティング広告をスタートしているにも関わらず、コンバージョン率が想定していたものよりもアップしなくて悩んでいるような人も多くいるのではないでしょうか。
このような場合におすすめなのは、まず取り組む必要があるのは広告文を変更することです。というのは、広告文を変更することのみで、広告をクリックする割合や、それからのコンバージョン率がランディングページにおいて非常に違ってくるためです。
例えば、全くランディングページそのものは変更していないにも関わらず、広告文を変更したのみで30%売上がアップして、13%コンバージョン率がアップしたというようなケースもあったそうです。
タイトル
効果があるランディングページを作成するためには、デザインが大切なものになります

効果があるランディングページを作成するためには、デザインが大切なものになります。そのため、デザインについても検討することを、ランディングページを作成する場合には覚えておきましょう。
ランディングページを作成するためのデザインとしては、どのような興味を持っている人に対するものかを検討しましょう。ランディングページのファーストビューにおいて必要なことがこのポイントです。できるだけターゲットを具体的に決めて、そのターゲットのためのランディングページを作りましょう。このターゲットについても、年齢、趣味、年収、生活様式など、具体的な人物のイメージがいろいろな要素から作り上げることができるまで絞り込みましょう。
ランディングページを作成するためのデザインとしては、興味を持っている人に対してメリットのどのようなものを提供することができる商品かということを明確にしましょう。商品を使うことで、メリットとしてどのようなものがあるのかということを、可能な限り理解しやすく表現するようにしましょう。
タイトル
ランディングページのファーストビューには、どのようなことを盛り込むといいか

ランディングページのファーストビューには、どのようなことを盛り込むといいのかご紹介しましょう。
商品説明の場合に、長すぎるようなものは訪問者の目にはほとんど留まりません。例えば、見出しには言いたいことを持っていくなど、わかりやすいようにすることが必要です。さらに、単純に商品の仕様のみを紹介するようなことはしないで、どのような効果がその商品を使用することによって期待できるのかということをしっかりと説明しましょう。
例えば、ダイエットスムージーは豊富な食物繊維、というような表現ではなくて、食物繊維が豊富なスムージーで、腸が朝からスッキリ、というような感じの表現の方がいいでしょう。よりいいランディングページというのは、具体的な商品のイメージを訪問者に対して喚起させるものと言えます。そのためには、完成した商品説明を一度声を出して読んでみれば、しっくり頭の中にくるのかを判断することができるためおすすめです。
タイトル
ランディングページを作る場合には、1つにコンバージョンポイントを絞ることが大事です

ランディングページを作る場合には、1つにコンバージョンポイントを絞ることが大事です。
ランディングページで成果がなかなか現れないものに多くあるのが、いくつものコンバージョンポイントがあるというようなケースです。例えば、問合せ、見積もり依頼、資料請求、商品購入などがいろいろあるような場合です。
ランディングページを実際に作った人であれば理解できるでしょうが、どうしてもコンバージョンポイントはさまざまなものを欲張って設けたくなってしまいます。しかしながら、いくつものコンバージョンポイントがあれば、訪問者の行動を迷わせるようになってしまいます。訪問者は行動に迷うと、今はとりあえずいいかなというような気持ちになり、コンバージョンに結果的に繋がらなくなってきます。
ランディングページの売れるようなものを作りたいのであれば、訪問者に期待する行動はランディングページの1つにおいては1つに絞り込むことが大事でしょう。
タイトル
どのようにすると高いコンバージョン率のランディングページを作ることができるのでしょうか?

どのようにすると高いコンバージョン率のランディングページを作ることができるのでしょうか?
高いコンバージョン率のランディングページを作るためには、情報をいろいろ入れ込むのは駄目です。ユーザーに商品のメリットをアピールしたいということで、文字、画像、ボックス、クリップアート、アイコン、動画などのいろいろな情報を入れ込むのは止めましょう。上手く余白やフラットデザインを使用するデザインスタイルでも、内容が不思議と目立つものです。できるだけデザインはミニマルなものを心がけながら、メッセージや最も伝えたいものを見た場合に目につくようにしましょう。
高いコンバージョン率のランディングページを作るためには、統一したフォントにしましょう。フォントでWeb デザインの場合に使用するものの場合は、種類は2つにして、3つが多くても限度です。フォントの小さなものでの詳細説明文、大きめのフォントのタイトル部など、デザイン性と読みやすさを考えて、フォントの最適なものを選びましょう。
タイトル
良いランディングページとはテストと改善を重ねたものである

良いランディングページとは十分にテストと改善を図られたものを指します。なぜならページを作っただけでは完成ではなく、どんなタイプの文章で訴求をすればよいのか、購入ボタンはどうかなどを十分に考えなくてはならないからです。
そのための役立つ方法がABテストです。ABテストとはほぼ同じの二種類のページ(テストする部分だけ変える)を使って成約率を比較するものです。
結局のところランディングページは出来上がった時点の自分の印象と実際に運用した時の成約率には違いがあるので、その部分を数字を使って割り出す必要があります。
多少の手間がかかりますが成約率を上げるための十分な効果があります。ボタンの色やボタン内の文章を変えるだけでも成約率が上がることがあるからです。
文章についても同じです。積極的にアピールするのか、あるいは特定の部分だけは控えめに表現するかによっても結果が異なります。文章は足し算であることもあり、引き算が正解になることもありますが、成約率が答えを出してくれます。
何度もテストを重ねて分析-改善するのは手間のかかることですが、成約率を上げるためには必要なプロセスの一つです。
タイトル
成果をランディングページから上げるためのヘッダーの作り方についてご紹介しましょう

成果をランディングページから上げるには、きちんと何を誰にどのようにアピールしていくか、ということを考慮したうえで、ページのデザインや構成要素、キャッチコピーを作っていくことが大事です。また、作る前にコンバージョンの成果にどのようなことをするかということを決めることが必要です。
ここでは、成果をランディングページから上げるためのヘッダーの作り方についてご紹介しましょう。
ヘッダーには、余計なナビゲーションなどを入れないで、電話番号、ロゴ、購入ボタンを設けるようにしましょう。ページの流れが分断しないように、キービジュアルとヘッダーを一体にしたようなデザインもいいでしょう。
年配の人がターゲットの場合、問い合わせは電話の方がフォームよりも多いため、必ず電話番号は書くようにしましょう。ヘッダーに購入ボタンを設けるのは、購入させるためではなくて、初めにユーザーに最終的なページの目的を見せることによって、ページをよく知ってもらうためです。
タイトル
ランディングページのトピックスは1つに特化したものに必ずしましょう

ランディングページのトピックスは1つに特化したものに必ずしましょう。例えば、無料の電子書籍のサービスに関してのランディングページの場合には、その電子書籍の内容やどのようにそれが役立つかというようなことに絞って紹介しましょう。
というのは、トピックがいくつもあるような場合には焦点がはっきりしなくなってしまって、最も大切なメッセージが十分に伝わらなくなってしまうからです。また、ランディングページの内容とランディングページへの誘導元が高い関連性があるほど、コンバージョン率はアップするようになります。
新しくオファーを準備したような場合には、ランディングページは必ず専用のものを作りましょう。ランディングページをたくさん作成することは、非常に大変かも知れません。しかしながら、結果において違いが出てきます。そのため、ユーザーが期待しているものとランディングページの内容がマッチしているかということを考慮しながら、ランディングページを作ることが大事です。
タイトル
いいランディングページを作るためには、画像や写真に注意しましょう

いいランディングページを作るためには、画像や写真に注意しましょう。
画像や写真は、サービスや商品を伝えるものになります。文章よりも、訪問者の直観には画像や写真の方がアピールできます。
プロのカメラマンに、写真を撮影する場合に依頼する必要はありません。普通の価格帯で入手できるデジタルカメラでも、最近は性能が良くなってきています。写真の画質でホームページに掲載するものとしては、十分に満足できるようなものが撮れるはずです。
写真の撮り方が大事になります。例えば、石けんで泡立ちがセールスポイントのものを売っていると仮定しましょう。正面から商品の箱を撮ったのみの写真と、石けんを手に実際にとって泡が立っている写真では、訪問者はどちらの方に興味を示すでしょうか?興味を示すのは、やはり石けんを手に実際にとって泡が立っている写真になるでしょう。
写真を撮る場合には、訪問者がサービスや商品を実際に使用している場合の目線を意識すると、間違いなくいい写真が撮れます。
タイトル
ランディングページで活躍するスキュアモーフィックデザイン

Webデザインの中では、よりリアルを追求した傾向のものをスキュアモーフィックデザイン(またはスキューモフィックデザイン)と呼んでいます。
例えば、よくある光沢感のあるような光による加工が加えられているデザインや、奥行きがあってそこに本当にボタンがあるかのようなデザインの事を指します。
スマートフォンのアプリアイコンでもその傾向が強く、特に押す事が重要視されるスマホでは頻繁に使われているデザインの考え方です。
パソコンでもマウスをクリック操作すると言う動作がありますから、いかにこの動作に直結出来るようなデザインにするかがキーポイントとなります。
このスキュアモーフィックデザインは、思わず押したくなるようなデザインにする事も重要なのですが、リアルを演出する事でクオリティを高めて信頼を得る意味合いもあります。
信頼感を強めて本能的に押したくさせるため、少ない情報量で勝負するランディングページでは非常に活用出来る手法です。
タイトル
キャッチコピーは、自社のサービス・商品が、どのようなベネフィットがユーザーにとってあるのかを十分に考慮して作成するようにしましょう。

ランディングページの最も上に掲げられるのがキャッチコピーで、ユーザーが初めに見るところです。そのため、下手なキャッチコピーであれば、すぐにユーザーはランディングページを見なくなってしまうようになります。
ここでは、キャッチコピーの作成方法についてご紹介しましょう。
上手なキャッチコピーの作成方法は、どのようなもの売っているページであるのか分かるようにすることです。例えば、綺麗な女性は好きですか、などのキャッチコピーの大手の会社のイメージを作るために使用されるようなものは駄目です。
上手なキャッチコピーの作成方法は、ユーザーに響かせるようにすることです。具体的には、楽しさを得る、あるいは苦しみから逃れるのいずれかを意識させることです。例えば、毎朝つけるのみでお肌が一日中潤う化粧品、などです。
キャッチコピーというのは、このように次のところをユーザーに見てもらうための大切なところです。自社のサービス・商品が、どのようなベネフィットがユーザーにとってあるのかを十分に考慮して作成するようにしましょう。
タイトル
ランディングページには、訪問者に問題意識を持たせるような内容を入れ込むことが必要です

コンバージョンの資料請求や商品購入などに至る訪問者には、問題意識が何かしらあります。例えば、これが欲しい、こうなりたいなどというような問題意識です。
ランディングページの中には、再度訪問者が持っている問題を認識させて、具体的にさらに深く掘り下げるようなものが必要になります。
例えば、ダイエットに関する商品の場合には、問題提起として憧れるようなくびれをゲットしたくありませんか?というようなものから、昨年の服を着ることができない、体重計で測るのが恐ろしい、食事は制限したくない、運動を無理にしたくない、というようなダイエットの場合の問題の具体的なものに関して、深く掘り下げていくような言葉を使用する必要があります。このように単純に痩せたいですねとのみ言うよりも、具体的な関連する問題を言うことによって、興味がより高まってくるでしょう。
ランディングページには、訪問者に問題意識を持たせるような内容を入れ込むことが必要です。
タイトル
通常のサイト作りとは違うと言う認識を持つ

ランディングページを作るのであれば、その場ですぐに成果をあげられるようなデザインにしなくてはなりません。
通常の企業サイト等と違って、イメージアップのためにページを作っているわけではありません。
そうした信頼面は企業サイトの方でアピールして行けば良いだけですから、ランディングページではそうした面よりも、いかに成果に結び付けられるかが重要になります。
まずは、表現すべき点を最初に洗いだしておいて、サイトデザインのメリハリを付ける事を心掛けて下さい。
ランディングページは特殊な立ち位置にありますから、普通のサイトを作る時と同じような考えではいけません。
通常のサイト作りは、情報やコンテンツを分けるような作り方をしており、それぞれ表現したい事をそのページで別々に行う事が出来ます。
しかし、ランディングページでは1ページ内だけで全てを表現しなくてはなりません。
いかに、表現したい事を集約して分かりやすく伝えられるかがポイントとなります。
タイトル
ランディングページを制作する場合に役に立つおすすめのサイト

ランディングページというのは、ネットの広告などによって集客した利用者へ、サービスや商品について紹介し、会員登録や商品購入を勧誘するためのものです。ランディングページは、本サイトとは異なった完結型の1枚のウェブページであることが特徴です。また、特定の利用者に対するアプローチのためであるため、構造がポイントを押さえるようなものになっていれば売り上げアップになります。ランディングページは、このようにWebマーケティングにおいても、非常に大切なものになっています。
全くランディングページを知らないような人のために、ランディングページを制作する場合に役に立つおすすめのサイトをご紹介しましょう。おすすめのサイトは、基本から画像も交えてスライド形式で紹介されているため、ほとんどランディングページを全く知らないような人でも、基礎から学習することができます。平易な言葉で専門用語などについても説明されているため、心配なく読むことができます。
タイトル
基本的にいいランディングページを作る方法

基本的にいいランディングページを作るためには、注目をファーストビューにおいてさせる、興味をチェックリストでつける、解決する方法をアドバイスして興味をさらにつける、将来を想定することができるようなイメージを付けて体験が疑似的にできるようにさせる、購入ボタンを設ける、Q&Aを提示する、安心感を口コミで出す、購入ボタンをもう一度儲ける、というような流れにするようにしましょう。
しかしながら、もちろんここでご紹介したようなことは一例で、順番を商品によっては前後させた方がいい場合もあります。例えば、商品が豊富な種類がある結婚式の場合の招待状のセットのような場合には、寄り道をユーザーがしないように、ユーザーは商品の一覧をほとんどの場合見たいだろうと考えて、最初に商品の一覧コーナーを持ってくるというようなことです。読むのをページを途中で止めて離れて行ってしまうような人の比率を低下させるためにも、工夫を構成に対して行うことがポイントです。
タイトル
ランディングページではユーザーを絞ることが大切です

webサイトのみを作るだけでなく、ランディングページは検索エンジンのキーワードやインターネット広告からの訪問者に対する対策もセットで行わないと効果は期待できません。しかしながら、慎重に検索エンジンのキーワードやインターネット広告からの訪問者に対する対策は行うことが必要です。
ランディングページが高い離脱率であったり、悪いコンバージョン率であったりした場合は、要因をランディングページの内容そのものに求める前に、検索エンジンのキーワードやインターネット広告からの訪問者を絞っているかをチェックする必要があります。
コンバージョン率や離脱率に問題があるランディングページは、ランディングページの内容そのものよりも、問題なのはとにかく訪問者を集めようとすることの場合も多くあります。せっかくランディングページを作ったのであるため、効果をとにかく出そうと訪問者を集めることは分かりますが、ランディングページではユーザーを絞ることが大切です。余計な訪問者を流入させすぎないことも必要です。
タイトル
ランディングページを作るためのコツは、まず分かりやすいものにすることです

ランディングページというのは、知ってもらいたいサービスや商品を1つのページで紹介したものです。ユーザーはランディングページのみで、どのようなサービスや商品を提供しているかを把握することが可能であるというメリットがあります。
ランディングページを作るためのコツは、まず分かりやすいものにすることです。ポイントは適度に知ってもらいたいサービスや商品の特徴を入れ込み、また大きな文字、画像、写真などの分かりやすいものを多く使用するというようなものもあります。ランディングページの一般的な構成としては、最初にサービスや商品のキャッチコピー、次に利用した人の共感した声やサービスや商品の掲示、ベネフィット、競合している商品との違い、そしてそのサービスや商品の利用を促進するアクションになります。特に大切なのがベネフィットと言われるところで、このサービスや商品を使用することによってメリットとしてどのようなものがあるのかを提示するところです。
タイトル
成果をランディングページで高くするためには、検索キーワード・インターネット広告などの流入元の情報と連携することが大事なポイントになります

ランディングページとはどのようなものでしょうか?ランディングページというのは、インターネット上の検索エンジンの検索結果で表示するテキスト広告やバナー広告のリンク先のページを言います。このページは、Webサイトの製品や会社のトップページになっている場合もありますが、ほとんどの場合は広告の効果をアップするために単独で作られたランディングページが準備されています。
このランディングページは、テンプレートのWebサイトのものなどに拘束されないで、流入元の検索ワードや広告から流れてきたユーザーの要求に応じて作ることができることがメリットです。ユーザーが要求している情報とかい離しないようにして、サイトからユーザーが離れるのを防いでコンバージョン率をアップすることができます。つまり、成果をランディングページで高くするためには、検索キーワード・インターネット広告などの流入元の情報と連携することが大事なポイントになります。
タイトル
ランディングページで、ベネフィットをはっきりと打ち出せばいいのです

キーワードをユーザーが組み合わせて、リスティング広告を見つけたような場合には、ユーザーとしてはこのようなサービス・商品を探しているというはっきりした意図があります。このような要求にマッチした1枚のランディングページを作ることによって、自分の会社で扱っているものを、このターゲットにマッチした訴求活動につなげることができます。
このような検索サイトのユーザーは、キーワードの特定のものを使って、自分の要求する商品を見つけている途中でリスティング広告が見つかって、ランディングページを訪問したということなので、優れた見込み客になります。このような見込み客に対して、ランディングページで、自分の会社の商品であればこのようにして悩みを解決することができます、というようなベネフィットをはっきりと打ち出せばいいのです。
キャッチコピーにユーザーが要求しているような訴求ポイントを入れ込め、これに合った画像を使った後に、資料請求、メルマガ購読、無料サンプル請求、会員登録等の行動を起こさせましょう。
タイトル
ストレスフリーなランディングページ

ランディングページの目的は、商品やサービスに興味を持たせて問い合わせや本サイトへと誘導させることです。
コーポレートサイトなどとは役割が異なり、最終的な目的が決まっているためその目的を達成しているかどうかが判断のカギとなります。
それを踏まえて、良いランディングページとはファーストビューで商品やサービスのメリットを端的かつ魅力的に表現できているかです。たとえば「痩せられる」「英語が話せるようになる」学力が上がる」など具体的な結果をHPの訪問者に知らせます。スクロールして行く先に、「なぜ痩せられるのか」「なぜ英語が話せるようになるか」の理由やメソッドで信頼性を担保していくことが大切です。
また伝えたいことがたくさんあっても情報を載せすぎることはよくありません。いくら興味をもってもらった人でも、その興味の感度は必ずしも高いとは言えません。ストレスとなるような文字量、情報量は避けたほうが良いです。できるだけ情報量は少なく、視覚的に訴求することが大切です。
ランディングページの訪問者は興味の感度が低い人もいるということを前提に考えることが重要です。そのため伝えたいことを厳選し、ストレスなく読んでもらえるよう工夫することが成功するランディングページと言えます。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.