上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ライディングページのコンバージョン率をアップする方法についてご紹介しましょう

いくらライディングページを作成したとしても、頻繁にユーザーが訪問してくれなければ全く意味がありません。また、頻繁に訪問してくれたとしても、購入してくれなければ全く意味がありません。成果が上がらないようなライディングページをそのままにしておくことは、罪であるとも言えます。ここでは、ライディングページのコンバージョン率をアップする方法についてご紹介しましょう。
ユーザーは、ほとんどの場合、ランディングページを一人ひとり違った要求を持って訪問してきます。この要求を掴むことが、コンバージョン率をライディングページにおいてアップするポイントになります。仮に、ユーザーが満足しないようなランディングページになれば、ユーザーが購買したいという意欲は非常に下がってしまい、コンバージョンがランディングページから取れなくなります。一方、ユーザーが満足できるようなランディングページであれば、購買したいという意欲がわいてきてどんどんコンバージョンがとれます。
タイトル
いいランディングページを作るコツは、ゴールはひとつであるということです

いいランディングページを作るコツは、ゴールはひとつであるということです。しっかりと、ユーザーに行って欲しいゴールを決めましょう。予約して欲しい、注文して欲しい、問合わせをして欲しい、登録をして欲しいなど、ゴールは業種に応じていろいろです。しかしながら、必ずゴールの前に、例えば、いますぐ注文をしてください、というようなメッセージを入れるようにしましょう。また、ゴールに飛ばすことができるボタンなどを、中間地点やヘッダーなどにも付けておけば、成約率もアップします。
いいランディングページを作るためには、サービスや商品を買う側の立場で考え、それぞれの商材に適した見せる方法にすることが必要です。そのためには、ポイントがいくつもありますが、インパクトがあり、分かりやすい商材については容易にイメージができるため、ストーリー性としてどんどんコンバージョンのために盛り上がるようなものが必要になってくるでしょう。
タイトル
ランディングページ作成のコツ

ランディングページはHPを作る上でも大変重要な事です。このランディングページで上手く魅力を惹きつけられないとそれだけで他のコンテンツには見向きもされないなんてことはよくあります。一体このランディングページを魅力あるものにするにはどうしたらよいのでしょうか。そのコツを紹介します。
 ランディングページを魅力的にするには何と言っても配色に木を使うことが大事です。よくある色合いでは立ち止まってもらうことは困難で、基本的には刺激色の多様がオススメです。またランディングページにはキャッチャーな言葉がなくてはいけません。なにかを飼いたいと思わせるような文句、これをしなければと考えさせる文句を散りばめねばそれ以上読もうとしてくれないでしょう。実際のところ、画像などを気を遣うよりもこのキャッチャーな言葉選びの方がよっぽど大事です。プロに任せるとよい案を出してくれますから、この点ではプロに頼るのもよいでしょう。
タイトル
ランディングページのファーストビューは、考え抜いた画像や文言であることが必要になってきます

ランディングページにおいてスクロールしないで表示される範囲であるファーストビューは、考え抜いた画像や文言であることが必要になってきます。
ファーストビューは、そのサービスや商品が提供することができるベネフィットを、シンプルにしかもはっきりと提示するようにしましょう。また、サービスや商品のイメージにマッチした画像を準備して、そのサービスや商品を使用した感じをイメージ付けることも大切です。
ベネフィットがファーストビューにおいてはっきりと明示されていると、そこでコンバージョンボタンをすぐにユーザーはクリックしてくれるのではないでしょうか。一方、慎重な人の場合には、さらなるメリットをスクロールしてでも探すでしょう。
このようなユーザーの心理状態にマッチするように、ファーストビューにベネフィットを明示すること、そのサービスや商品を選んでも心配ないという安心をさせるための利用者の声や画像の掲載、Q&Aの設置、コンバージョンボタンをところどころに準備、が必要でしょう。
タイトル
ランディングページから成果を上げるためのコンテンツの作り方についてご紹介しましょう

ランディングページから成果を上げるためのコンテンツの作り方についてご紹介しましょう。
ランディングページから成果を上げるためのコンテンツを作るためには、数値的な情報でサービス・商品の特徴を紹介し、よりサービス・商品のイメージが分かるようにしましょう。また、コンテンツでは特徴のみでなく、ユーザーに安心感と納得感を与えることができるようにすると効果があります。
オリジナルの他の会社にはないようなポイントを、3つ探してアピールすると効果があります。ポイントを3つ探すというのは、特徴をユーザーに覚えてもらうために最適であるためです。
特徴などの情報は、サービス・商品を提供する側のものです。ユーザーの立場からすると、本当に問題ないのかというような疑問が生じてきます。そのため、第三者の声が必要になってきます。そのジャンルにおけるプロの声や、ユーザーで実際に使用している声が紹介できると、説得力が情報に対しても生じてきます。
タイトル
今すぐ利用して欲しい時にはカウントダウン機能を付ける

ランディングページによくある手法として、カウントダウン要素を取り入れる方法があります。
これは、アクセスした人の時間情報から、一定の時間経つまでを計測してカウントダウン式に時間を表示するシステムとなっています。
アクセスしてから特定の時間までに購入や登録を行う事で、割引きや特典が受けられると言うものです。
これを導入する事によって、その時に買わなければならないと言う気にさせる事が出来ます。
即効性を求めたいページを作る際には、是非取り入れたいシステムです。ただ、この実装には専用のプログラム知識が必要になりますので、しっかりと勉強しなければ実装出来ない特殊なものである事を知っておいて下さい。
仮にこれを外注する場合、技術料としてお金が掛かる可能性があります。しかし、そうした部分よりも得られる効果にメリットが感じられると言う場合には是非取り入れてみましょう。
ただ、焦燥感を与えて印象を悪くするデメリットもあるので、本当に特別なキャンペーンや自信のある商品を売る時等限定で使うようにしましょう。
タイトル
ランディングページに掲載する体験談や感想の内容

ユーザーの感想や推薦の声、体験談などは、ソーシャルプルーフの代表的なランディングページに掲載するものの一つです。匿名やニックネームなどではなくて、顔写真、実名、仕事先なども掲載されていれば、さらにいいでしょう。文章のみでもいいですが、映像で紹介する方法もあります。
体験談や感想は、内容がどのようなものでもいいということではありません。メッセージがあまりにも弱い場合には、掲載しない方がいいこともあります。
例えば、CMでも耳にしたことがあるような、人生が変わりました、もう手放すことができません、などというような感想しか掲載されていなければ、どのようなイメージを受けるでしょうか?感想は本物なのと疑うようになり、体験談の具体的なものが無いので参考にもならないでしょう。
また、感想を紹介している推薦人やユーザーが、想定している顧客と合っていないというようなことも避けるようにしましょう。
ランディングページに掲載する場合には、このようなことを注意しましょう。
タイトル
売れるランディングページとは

良いランディングページとは見た人にとって分かりやすく、何も伝えたいのかが瞬時に分かる事が大切だと思います。商品ページであればまずどんな商品なのか?そしてどのような機能があり特徴がありその商品を購入する事で自分にどんなメリットをもたらしてくれるのかがユーザーが考える事ができるページが良いです。機能や特徴がおおい場合はテキストを多くするのではなく写真などを使用して実際の見た目から使用しているところ、そして使用する事でこんなメリットや良さがあるよという事もうまく伝える事が大事です。
ユーザーは説明文がただ長いだけのページは最後まで読んでくれません。いかにシンプルにキャッチコピーをさりげなくいれながらお得感、商品の魅力を伝えていけるかが良いランディングページを作る上でかかせない事だと思います。とくに写真があると分かりやすくユーザーもイメージしやすいというメリットがあります。あとは適度が行間を確保し文字が詰まったようにしないのもユーザーが読む上でストレスを減らせると思います。
ランディングページを作るときはまずユーザー目線になって考えてみることが大事だと思います。
タイトル
広告が少ないぺーじ

ライディングページが何か、まず私はこの言葉をわかりませんでした。なので今回は素人目線からの意見ということになります。
調べた所、直訳で”着地ページ”、いわゆる最初に出てくる、目にするページであること。ホームページというのもやはり第一印象が大事ということは人間とは変わらないのですね。
ホームページ、私もいろんなものを閲覧するのですが、やはり一番は”見やすい”ということ。この”見やすい”に直結することは”広告が少ない”ことだと個人的には思います。伝えたいことだけをシンプルに伝えることはインターネット上での大事なことですよね。アフィリエイトなどのせいで広告まみれのホームページは見ようという気がそがれます。
こうしたことから、【いいライディングページを作るコツ】は【広告が少ないページ】と言えると思います。
もちろんそのほかにも、色彩、配置、様々な要因があることと思います。しかし、そのようなモノは見たいものが見えてからのお話し。まずは、伝えたいものきちんと伝えるという点。
私はそう考えます。
タイトル
ウェブ広告の見せ方

ウェブ広告で一番の胆となるランディングページですが、書いてあるキャッチコピーが魅力的なモノであるというのが売れるための条件ではないかと思います。
理由は、絵と認識される背景より訪問客は書いてある内容を知りたいという欲求があります。欲求がなくただ見に来た客も最初のコピーがダメであると直帰する確率が高くなるからです。
次に問題となるのは、強調したいコピーとそうではないコピーの使い分けです。
こちらに関しては、お客様目線も大事ですが、その商品がお客様にもたらす「価値」をきちんと伝える必要があるからです。
もし、平坦な字体で文字の大小や色分けをなされていないとやはり伝わりません。
お客様は、自分の広告をただ流し読みするように「見ている」だけだからです。
ここまでコピーが完成されて最後に背景やリンクの貼る位置やカラムの振り分け等を作っていくというのが理想的なランディングページではないかと思います。
リンクに関して、1つ付け足させていただくとあまりリンクが多いものでも気持ち的に嫌だと感じます。
タイトル
ランディングページの文章は、上手に箇条書きを使って、簡潔にしましょう

ランディングページの文章は、上手に箇条書きを使って、簡潔にしましょう。
ランディングページに文章をずらずらと書くことは止めましょう。可能な限り簡潔にして、文と文の繋がりについて注意しなくても、スムーズに読んでいくことができるように、軽快に記載していく方がいいでしょう。
モバイルのユーザーの場合は、内容をそれほど熱心に読んでくれません。というのは、ほとんどの場合、ネットを落ち着かないような状態で見ているためです。例えば、電車の中、歩きながら、何かの空いた時間などの状態で見ています。家でパソコンを使って調べ物をしている場合に比較して、周りに非常に気を取られるような環境でモバイルを使用しています。
そのため、読むために集中しなくても理解できるように、より簡潔に明瞭にコンテンツを作成していくことが大切です。外観的にも、字が一見して詰まっているとそれのみで読む気が無くなってしまいます。上手にインシデントや箇条書きを使用するようにしましょう。
タイトル
作り手の視点で作るのではなく、見る側の視点で見ると?

ランディングページを作る際に必要なのは、きちんと見る側の支持を得ているかどうかを測定することが必要です。
そのためには、2つ以上の複数のランディングページを作ってみて、キーワードごとに流入を計測し、どちらのランディングページのほうが見られているのか?ということをテストするいわゆる「A/Bテスト」が必要です。
作り手側からは力作が完成したとしても、読む側からすれば力が抜けていても読まれる文章で書かれている場合にはそちらのほうがマーケティング的には成功です。
ランディングページは作りての満足のためではなく売上のアップが目的です。とすれば、マーケティング的に成功することをしなければなりません。
具体的には2つ以上のページを作ってみて、そのページの計測をするのです。滞在時間は何秒なのか?動画はクリックされたのか?申し込みページに行った人は何%なのか。最終成約に至った人は何%なのかを、グーグルアナリティクス等の測定で検証します。
タイトル
ランディングページは利益を生む

ランディングページは資料請求、商品購入など企業や店などの利益を生むための大事なページの事でありこのランディングページの作り方がうまくできていないだけでかなり致命的な事だと言えます。
企業の利益や売り上げはまさにランディングページで決まると言ってもいいでしょう。
とくに実店舗ではなくインターネットで商品を売ったり紹介する場合はランディングページをいかに作り込むかが大事になります。
これを怠ると商品が売れない、資料請求がされなかったりして企業、店の利益を上げる事ができません。
まずページを見たときに何の商品なのか?分かる事が大事です。
見るからに文字ばかりで読むのが大変なページはユーザーは嫌になり全部読み終わる前にやめてしまいます。
また目立たせたい文字やクリックして欲しい重要なボタンなどは周りの色とかぶらないように押したくなるような目立つ色を使うのが良いでしょう。
そういったデザインにも少しこだわる事で良い成約につながりやすいランディングページが作れます。
タイトル
効果が上がるランディングページのためのコツについてご紹介しましょう

ランディングページは、サービスや製品を紹介するページとして作る場合が多いものです。広告からユーザーを誘導した際に、工夫をして見せるために作るものです。効果が上がるランディングページのためのコツについてご紹介しましょう。
広告文と見出しを分けることが、効果が上がるランディングページのためのコツです。見出しのところでは商品やサービスについてのイメージを伝えて、広告文のところでは、メリハリをつけて、注目されるようなカラーやフォントを使用してユーザーに読ませることに注意して、スクロールをページの下の方へしたいと思わせるようにさせることが大事です。
デジタルメディアコンテンツを利用することが、効果が上がるランディングページのためのコツです。できるだけ情報を多く与えるため、動画、インフォグラフィックス、ポッドキャスティングなど、デジタルメディアを多く使用しましょう。できるだけ情報を多く伝えることが可能なようにしておくことが大事です。
タイトル
ランディングページのボタン作りには力を注ぐ

ランディングページを作る上でデザインにこだわる事は非常に重要ですが、単純にデザイン観点から見てセンスが良いとかオシャレだと言う理由で購入に結び付くとは限りません。
本能的に押したくなるようなボタンを作ったり、そのサイトにずっといたくなるような雰囲気や引きこむ力を持っていなくてはなりません。
そう言う魅力的なページ作りをして、結果的にはランディングページが目的とする意図へしっかりと誘導出来るデザインでなければならないのです。
最終的な目的としては、様々なものがあるかもしれませんが、それを達成するにはボタンを押す行為が必ず発生します。
つまり、ボタンをいかに押してもらうか努力する事はどんなランディングページでも大事な点になると言う事です。
サイトデザインの観点から見ても、ランディングページは特にこのボタンに対して力を注ぐ事が基本となっています。
単純なボタンデザインにする事なく、あらゆる考えから試行錯誤し、そのページにあったクオリティの高いボタン作りが求められます。
タイトル
初心者の場合でも、売れるランディングページを作ることができます

初心者の場合でも、ポイントを押さえておけば、売れるランディングページを作ることができます。ここでは初心者が売れるランディングページを作る場合のポイントについてご紹介しましょう。
訪問者がランディングページでまず見るのは、見出しというヘッドラインです。見出しのみを見て、興味が無ければすぐにランディングページを離れることも極端な場合にはあります。見出しというのは、力強くてかつシンプルな言葉を使う必要があります。表現で回りくどいものも避けましょう。ホワイトペーパーや資料のダウンロードの場合には、見出しとしてダウンロードのタイトルのみを単純にするよりも、タイトルに「期間限定」や「無料」などをプラスするといいでしょう。
また、訪問者の立場で、見出しが完成した場合には見直してみましょう。見出しで自分が書いたものは、どのようなベネフィットを訪問者に対して与えているだろうか、ということをじっくりと考えてみましょう。
タイトル
ユーザ増えていく

ランディングページはお客様のためにあります。
お客様の心理状態により知りたいことが異なるので、それぞれに対応したページへ誘導することでフレンドリーなサイトと感じてもらうことが大切です。
ファーストユーザ
「探す」や「調べる」が目的で検索しますので、キーワードに合った内容のページを表示させるようにします。
この段階では売り込むようなコンテンツは控え、ユーザが知りたいことを分かりやすく提供し、他サイトの情報と比較されても優位な情報、コンテンツを詳細ページでふんだんに与えて返します。
再訪ユーザ
自サイトに関心が向き始めたユーザが再度訪れるケースで、ファーストユーザとは別のランディングページへ誘導し、いくつかの提案コンテンツを見てもらいます。ユーザは再び検討し気に入られれば見込み客になってもらえます。
見込み客
見込み客用としてのランディングページを用意し、そこで成約までの一押しをするコンテンツを用意します。
このようにユーザの心理状態やサイト訪問の目的別に検索エンジンからランディングページへ直接誘導し、ユーザの負担を減らし楽しんで(買い物/閲覧)もらうことが重要です。
(ページ内の配置やデザイン、コンテンツはテクニックとして大事ですがここでは割愛します。)
タイトル
具体的なランディングページの構造についてご紹介しましょう

一見すると、ランディングページは一般のホームページと違わないようですが、その目的や機能は少し違っています。オンラインマーケティングにおいては、ランディングページがユーザーに商品の購入やニュースレターの購読などを促進するために利用されます。ランディングページの場合は、非常に目的の具体的なもの、つまりサイトに来たユーザーに対して特定の行動をしてもらうためにデザインされたウェブサイトの1ページのものです。
具体的なランディングページの構造についてご紹介しましょう。
ランディングページのコンテンツについては、一つに一番アピールしたいメッセージを絞って紹介しています。サイトに来たユーザーに対して特定の行動を促して、その行動によってユーザーが獲得する利点を紹介してユーザーを説得します。
ランディングページは、サイトに来たユーザーにその行動をしてもらうようにデザインする必要があります。そのため、デザインがごちゃごちゃしたものは、ユーザーの注意が散漫になるため止めましょう。
&nbs
タイトル
ランディングページのキャッチコピーの作り方についてご紹介しましょう

ランディングページのキャッチコピーの作り方についてご紹介しましょう。
基本的にキャッチコピーのヘッドラインは左に、右に写真を置くことです。というのは、画面の左から下の方へ利用者の視点は流れていくためです。ランディングページは、文章の量がそれなりに必要であるため、ヘッドラインを画面の左に揃えて読みやすいようにしましょう。写真の場合は、人の顔の写真を視点を留めるため効果があるためよく使用します。
キャッチコピーに関しては、本もいろいろ販売されていますが、ほとんどの人が誤解しているため、ここで少しご紹介しましょう。キャッチコピーの役目としては、検索した人が間違いなくランディングページに来たことを伝える、ランディングページを読んでみたいと感じさせることです。ランディングページの最初に来るキャッチコピーは、ページが開くとすぐに目に入ってきます。そのため、自分が探すものと違っていると、検索した人はすぐに帰ります。
確実に興味を持たせるためには、キャッチコピーの技術が必要です。コピーライティングにもし自信がない場合には、キャッチコピーに検索キーワードを含ませましょう。
タイトル
最終的なランディングページの目的は、クリックをユーザーにしてもらうことです

最終的なランディングページの目的というのは、クリックをユーザーにしてもらうことです。この最終的な目的に沿って、ランディングページのキャッチコピーとデザインを考えましょう。
名前からも分かりますが、ランディングページで、ランディングというのは着地、ページというのはユーザーが着地するまず初めのページです。セクションにいくつか区切ったり、ギャラリーでダイナミックなものをプラスしたりすることは可能ですが、いくつものランディングページを設定することは止めましょう。ランディングページで長すぎるものも、途中でユーザーの集中力が切れてしまうためおすすめではありません。
また、サブタイトル、タイトル、画像、ボタンについては、説得力のあるランディングページで伝えたいことをサポートするようなものにしましょう。
このようなことを十分に考慮しておけば、最終的なランディングページの目的であるユーザーがクリックをしてくれることを期待することができます。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.