上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
いいランディングページを作る方法としては、専門のホームページの制作業者などに依頼する方法があります

ランディングページはweb広告のメインになるものです。写真のいい見栄えのものやキャッチコピーの分かりやすいものなど、興味を示した人にアピールする要素が入れ込まれており、非常に大切なものになっています。しかしながら、どのようにランディングページを作るといいのか、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
いいランディングページを作る方法としては、専門のホームページの制作業者などに依頼する方法があります。制作業者は制作のプロであるため、キャッチコピーやデザインなど、ランディングページの間違いの無いものを作ってくれるでしょう。
また、パターン別に違ったレイアウトやデザインのページの中から選択することも可能であるため、いくつか検討してから、コンバージョン率やアクセス数が高かったようなものを選択することもできます。
しかしながら、制作費が高くなることがあります。また、現状では、少し試してみるというようなことができません。
タイトル
いいランディングページを作るためには完璧な文章にすることが必要です

いいランディングページを作るためには、完璧な文章にすることが必要です。そのため、簡単にして、誤字脱字を無くしておかしい文章にしないようにしましょう。
信頼を示すことによってアドバンテージを獲得することが、いいランディングページを作るためには必要です。信頼というのは、いろいろなところからのおすすめや承認の言葉などのような、信頼度をアップするためのものです。きっちり提示することによって、訪問してきたユーザーの心理的な障壁を少なくすることができます。心理的な障壁というのは、もしかすると怪しいところで、騙されるのではないかというようなことです。例えば、タッグをソーシャルマーケティングと組むようなものもいいでしょう。
いいランディングページを作るためには、ひたすらアクションを強調することが必要です。例えば、メルマガ登録が目的の場合には、ひたすら登録フォームのみを強調することです。誘導が特定のページへのものであれば、そのページに対するリンクが目立つようにしましょう。
タイトル
ランディングページでコンバージョン率をアップさせるためには、大切にベネフィットをすることです

ランディングページでコンバージョン率をアップさせるためには、大切にベネフィットをすることです。
ベネフィットというのは利益のことです。ベネフィットは、商品の提供をユーザーのメリットを考慮して行うことで、ランディングページの場合には大切になります。例えば、ユーザーが包丁で美味しく刺身を切れるものを欲しいと言うことであれば、包丁で上手く魚を捌いて刺身の美味しいものを作ることができるものを提供することができると、ユーザーが満足してまた買ってくれます。
ユーザーを定着させてコンバージョン率をアップさせるためには、ユーザーに商品のメリットを伝えて購入してもらうことが必要です。しかしながら、ユーザーに単純に商品のメリットを伝えてもほとんど効果は無いのではないでしょうか。そのため、ユーザーの要求を把握することが大切になります。ユーザーがどのようなものを要求しているのかということを把握した上で、商品のメリットを伝えてコンバージョン率をアップしましょう。
タイトル
ランディングページは、たっぷりつかみになるものを入れ込んだ方がいいでしょう

ランディングページは、本当のサイトの入り口になります。トップページが入り口になるということももちろん間違いではありません。間違いではありませんが、別のページからも実際にユーザーが入ってくるということは、入り口がトップページでは必ずしもないということです。
つまり、頻度の高い入り口になるページが、本当のそのサイトの入り口であると思った方が賢いため、とにかくランディングページは、たっぷりつかみになるものを入れ込んだ方がいいでしょう。ランディングページを作成する場合、目にパッと開いた際に入るところに大切なものを入れ込んでおくことが必要です。
思うように商品を購入するボタンが見つからないということよりも、一番ランディングページで目に入るところに設置する方が成約率は確実に上がります。そのため、ランディングページを作成する場合は、そのランディングページをユーザーが開いた目的を掴んだ上で入れ込むようにしましょう。
タイトル
具体的にこのランディングページの作り方はどのようにすればいいのでしょうか?

基本的にランディングページというのはどのようなものなのでしょうか?
ランディングページというのは、一般的に検索エンジンから流れてきた訪問者が最初に見るページです。ランディングというのは着地という意味になります。言葉の本来の意味から考えると、リスティング広告からのリンク先でも一般の検索の場合でもいずれも該当するものですが、リスティング広告からのリンク先のことを言う場合が基本的には多いです。成約率は、このランディングページの作り方によって非常に違ってきます。
では、具体的にこのランディングページの作り方はどのようにすればいいのでしょうか?ここでは、このランディングページの具体的な作り方のポイントをご紹介しましょう。選択する答えを2つ以上作らないこと、期待を裏切らないように約束を果たすこと、見た場合に派手にしすぎないこと、心配している事を解決してあげること、ということがランディングページの具体的な作り方のポイントです。
タイトル
商品をランディングページで売る場合に大事なことは、どの程度見込み客の訪問があるかです

商品をランディングページで売る場合、アクセス数を増加するよりも大事なことは、どの程度見込み客の訪問があるかです。アクセス数がたとえ少なくなっても、高い見込み度の訪問者を得る方が売上に繋がってきます。
このためのポイントが、検索キーワードです。例えば、ホームページの制作業者の場合、ホームページ 制作とホームページ 作成のキーワードでは、非常にコンバージョンは違ってきます。キーワードのホームページ 制作の方が高いコンバージョンになります。
というのは、検索する人の要求が制作と作成では違うためです。ホームページ 作成のキーワードで検索するような人は、目的が自分でホームページを作ることである場合が多くあります。そのため、コンバージョン率はホームページ制作業者に対して低くなります。
一方、ホームページ 制作のキーワードで検索する人は、目的が制作を業者に頼むことである場合が多くあります。そのため、コンバージョン率はホームページ制作業者に対して高くなります。
このように、一文字キーワードが異なるのみでも要求は非常に違うのです。
タイトル
ランディングページは注意して作ることが必要です

最初にユーザーがたどり着いたページがランディングページです。よく、ランディングページというのは、トップのサイトのページであると考えている人がいます。しかしながら、ランディングページというのは、必ずしもトップページということではありません。ランディングページは、トップページのこともあり、商品のコンテンツの中にあるような説明するページのこともあります。
分かりやすく言えば、ランディングページというのは、例えば、本を開いた場合に目についたページのことを言います。そのため、ランディングページは注意して作ることが必要です。
最も中身が大切だからということで、手抜きをしてしまえば、ランディングページの高い離脱率のものになってしまいます。さらに、高い離脱率ということは低い成約率ということであるため、商売が成立しなくなってしまいます。
やはり、第一印象は大切であるため、工夫をランディングページですることが必要です。ランディングページをいい加減にすると、大切なページをユーザーが見る前に離れてしまします。
タイトル
成果が上がるランディングページを作成するためには、インターネット広告との連携する意識をすることが大切です

成果が上がるランディングページを作成するためには、インターネット広告との連携する意識をすることが大切です。
というのは、ランディングページの目的は、インターネット広告によって集めたユーザーを、上手に口説いて会員登録や商品購入などのゴールへ導くことであるためです。リスティング広告の集客元との関連性を考慮しましょう。
リスティング広告から来たユーザーは、リスティング広告というキーワードで検索した場合に表示されたものを見て、ここに自分が欲しいと思っている情報があるだろうと考えたために来たはずです。そのため、リスティング広告とランディングページは整合性が取れていなければ、欲しいと思っていた情報と違っているのではというイメージをユーザーに与えて、ユーザーは結果的にランディングページから離れて行ってしまいます。
つまり、成果が上がるランディングページを作成するためには、しっかりとリスティング広告を運用している人などと連携を図ることが大切です。
タイトル
ランディングページでは、メリットになるような理由、競合している他の会社のサービスとの違いについて記載しましょう

ランディングページでは、メリットになるような理由を記載しましょう。例えば、データ、メディアに掲載された履歴、利用した人の声などです。メリットであると客観的に見て思えるようなものでないと、相手にはアピールできません。
ランディングページでは、競合している他の会社のサービスとの違いについて記載しましょう。ランディングページを制作する場合に大切なポイントとしては、すでに同じような商品が他の会社にある場合は、どのようなポイントを現在のWebサイトがアピールしているのかということを掴んで、自分の会社ではそのポイントについて比べたり、他の会社がアピールできていないようなところで自分の会社でアピールすることができるポイントについてチェックしたりして、ランディングページで紹介しましょう。
また、ネットショップでは、多くレビューがある商品に注文がさらに入ってくるようになります。そのため、他の人も買っていることは非常に大切になってきます。
タイトル
ンディングページにおいては、商品をいきなりアピールしないで、入るのは情報からにしましょう

ランディングページにおいては、商品をいきなりアピールしないで、入るのは情報からにしましょう。
インターネットの情報を希望しているユーザーに対して商品をいきなりセールスすれば、数秒もしないうちに離れてしまうものです。
コンバージョン率をインターネットの特性から非常にアップするテクニックとしては、情報でまずひっかけて、商品へ途中から落としていくことが大切です。少し嫌な言い方をすれば、不安感が大きくなるような情報を提供した後から、解決する方法として商品を示すことがコンバージョン率をアップするためのテクニックです。
いかに商品が安いということでも、値段や商品写真をいきなり謳うようなものは駄目です。このことは、意図が強く商品をアピールするようなもので作ったとしても駄目であるということです。情報をまずユーザーに与えて、次に商品を解決する方法として見せてあげることがコンバージョン率を非常にアップするコツなのです。
タイトル
見やすく分かりやすいのが良いランディングページ

良いランディングページとはもちろん成約しやすいページの事ですが、ユーザーにとっても「購入しやすい」ものであるべきです。その理由を考察しましょう。
購入しやすいページとは見やすいページを指します。この商品は何なのか購入すると自分にどんな点で役立つのかはっきりと見やすく書かれているページです。
そのためには必ずしも<p>タグで実際に文字を打ち込む必要はありません。画像に置き換えて文字を作ったほうが文字の自体や色を自由に使えるので購入者にとっては分かりやすいです。
文章にも一工夫が要ります。先ほどの点と似ていますが、文字があまりにも多すぎると購入者は面倒くさがって読むのを止めてしまいます。これは購入したい気持ちを削ぐ原因になるので文字数は少なく、分かりやすいのであるべきです。
同様に重要なのが購入時の入力フォームです。ランディングページの目的は購入(サービスの申し込み)なので、それ以外の入力項目はユーザーを逃がす原因にもなります。
メアドは普通入力するので、購入後でも訴求できる機会は十分にあります。この部分も分かりやすくシンプルに心がける必要があります。
簡単に思えるような点でもユーザーの視点に立たないと忘れてしまいがちなので、十分に試行錯誤を重ねて良いページを作りましょう。
タイトル
どのようなランディングページが効果が上がるのかということについてご紹介しましょう

どのようなランディングページが効果が上がるのかということについてご紹介しましょう。
ランディングページの効果が上がるためには、早くアクションをして、ユーザーに必要なものを置くことです。サイトをユーザーが訪問してから要求していたものがなければ、すぐに離れてしまいます。そのため、必要な情報をすぐに入手できることは非常に大事です。サービスや製品に興味を示しているような人は、情報のアップデートのものなども欲しいと思っているため、メルアドを登録するところをできるだけよく分かるところに置いておけば、登録してくれる率は高くなります。
ランディングページの効果が上がるためには、イメージを色によって伝えることです。多くのメッセージを、サイトで使用する色でも伝えるようになります。緑や黒の色は高級感と威厳を、青の色は安心感と信頼性を、赤の色はエネルギッシュ感を、オレンジやイエローの色なども赤と同じ様にエネルギッシュにあふれたイメージになります。
タイトル
フラットデザインの導入も候補に考えてみる

よりシンプルにして誰もが使いやすいようなデザインを取り入れたい場合には、フラットデザインを取り入れるのも1つの方法です。
フラットデザインは、Windows8に代表されるような非常に平坦でシンプルなデザインの事を指します。
陰影や光沢等を表現したスキュアモーフィックデザインとは対になっている表現です。
見た目の押せる感覚よりも、操作のしやすさに重点を置いています。無駄にリアル感を演出してごちゃごちゃとしたイメージとして見せるよりも、ただマウスオーバーするだけでそのページが切り替わる事が分かれば良いと言うユーザーの志向に合わせたデザインと言えます。
Windows8が登場した際にこのフラットデザインが流行したように、どのような企業でもイメージに合わせる事が出来れば取り入れる候補として考えても良いデザインです。
シンプルさや可愛らしさを表現するサイトでは、その味わいを更に押しだす事が出来ますから、雰囲気や企業イメージ・サービスのイメージと照らし合わせて導入を考えてみましょう。
タイトル
本文は、必ずランディングページに来た人の立場に立って作る必要があります

売れるランディングページを初心者が作る場合のポイントについて見ていきましょう。
ランディングページの本文というのは、ヘッドラインに記載した内容を補うものです。本文とヘッドラインの役目は、コンバージョンをランディングページに来た人に対して促進することです。
本文の場合は、コンバージョンを促進するためにも、ランディングページに来た人に応じた明瞭かつシンプルな言葉を使う必要があります。明瞭でなかったり、回りくどかったりする言葉は、修正したり、排除したりしましょう。
本文は、見出しと同じように必ずランディングページに来た人の立場に立って作る必要があります。いくら注意しても、ランディングページの本文は、サービスする側の立場がメインになりがちです。
本文と見出しにおいては、サービスや製品のランディングページで紹介するものが、訪問してきた人のどのような問題を解決するのか、訪問してきた人のどのような関心・興味を満足するのか、ということをきちんと説明する必要があります。
タイトル
ユーザーの求める情報をいかに提供出来るか

ランディングページは見た目が命ではありますが、もちろん文章のコンテンツも無視できるものではありません。
見た目の面で他のランディングページとクオリティが同じだと受け取られた場合、それ以外の判断基準となるのは文章の内容やその書き方です。
他のサイトと比較するきっかけにもなるので、しっかり考えるようにしましょう。
まず、通常のサイト作りではSEOの事もありますから、長文で丁寧に細かく書き綴る事が主流となっています。
しかし、ランディングページでこれをやるのはNGです。ランディングページと言うのは、アクセスした人の目的に応じてコンテンツの見方を変えるような事が出来ません。
例えば、ページに訪問した人が会社の問い合わせページに興味があったとします。
通常のサイトであれば、問い合わせと書かれてあるナビゲーションボタンを押せば解決します。
しかし、ランディングページはそうした目的に合わせてユーザーが簡単に操作出来るページではありません。
ランディングページは1ページ内で、ユーザーが求めていると思われる情報をいかにまとめて表現出来るかがポイントとなります。
タイトル
ITの世界で成功したジョブズの愛好するリアルなデザインを取り入れる

万人受けする、誰もが信頼出来て使いやすいデザインと言うのは共通点があるものです。
それにいち早く気付いたのが、iPhon等で有名になったスティーブ・ジョブズです。
ジョブズは、この誰もが使いやすいようなデザインとして「リアルさ」を追求してきました。
例えば、書籍を管理するアプリもただ単に情報がまとめられるようにするのではなく、実際の本棚のリアルな画像を使ってまるで本当に本棚で管理しているようなシステムを取り入れました。
そして、最もリアルさが表現されているのはiPhon等で見られるアプリアイコンのデザインです。
シンプルで使いやすいフラットデザインではなく、近未来感と高級感のあるスキュアモーフィックデザインを採用しました。
これがスマートフォンの最初の普及としても非常にイメージアップに繋がる貢献をしましたし、何より押したくなるような人々の感情に訴えかけるデザインとして定着させる事が出来たのです。この魅力的な「リアルさ」を追求したデザインをランディングページの中でも取り入れてみて下さい。
タイトル
ランディングページで大切なことは、構成だけでなく、キャッチコピーや写真もあります

ランディングページはWEB上に非常に多くあります。どのようにすれば効果的なランディングページを作ることができるのか、いろいろ研究されているジャンルでもあります。
ランディングページで大切なことは、構成だけでなく、キャッチコピーや写真もあります。特に、写真はスッと一発で入ってくるため、非常に大事なものです。写真と言うことでも、何でもいいということではありません。商品を販売したい場合には、商品を単純に撮って掲載したとしても、効果はほとんどないものになるでしょう。いかにキレイに撮って画像を加工したとしても、スクロールをすぐにされてしまうでしょう。
そのため必要になってくるのが、写真でインパクトのあるものです。例えば、化粧品の場合には使用する前後の写真、石けんの場合には泡立ちなどもアピールする写真です。写真としては、普段は目にすることができないようなものであることがコツです。
十分にインパクトがあるような写真に、コピーでグサッとささるようなものがさらに付くと、非常に効果があります。
タイトル
きちんとランディングページが目的を達成するためには、そのランディングページにユーザーを導くことが必要です

きちんとランディングページが目的を達成するためには、そのランディングページにユーザーを導くことが必要です。ユーザーを導くための方法についてご紹介しましょう。
方法としては、PPC広告を検索エンジンで作ってリンクをランディングページに張る、ランディングページへ張るリンクをSNSに投稿する、メールマーケティングを作ってランディングページをユーザーに送る、などがあります。
さらに大切なことは、ランディングページにおいてクリックしたユーザーを、どのようなランディングページに導くのかということです。最終的なランディングページの目的はクリックをユーザーにしてもらうことですが、クリックしたユーザーはどのようなランディングページに移動させるのでしょうか?登録フォーム、ショッピングカート、あるいはサイト内のページのひとつでしょうか?ランディングページでユーザーがクリックした後、目的のランディングページにユーザーが着けるように十分に検討しましょう。
タイトル
ランディングページを作る場合に一番大事なことは、目的とターゲットを絞り込むことです

ランディングページを作る場合に一番大事なことは、目的とターゲットを絞り込むことです。きちんとこのことが設定されていなければ、影響がさまざまなところに出てきます。
ターゲットの設定については、ランディングページにどこから流入してくるか、またこの流入する元をチェックしてみましょう。リスティング広告からの流入か、検索エンジンからの流入か、あるいはソーシャルメディアからの流入かチェックしてみましょう。検索エンジンからの流入の場合には、どのようなキーワードで検索をして流入したかなどをチェックしましょう。
タイトル
成果をランディングページにおいて上げるには

成果をランディングページにおいて上げるには、キーワードの的確なものからの流入を獲得することが大切です。流入はあるがコンバージョンになかなか繋がらない場合は、内容をランディングページにおいて見直すとともに、キーワードはどのようなもので流入しているかをチェックしてみましょう。キーワードとしては、コンバージョンに比較的繋がりやすいものと繋がらないものがあります。
キーワードとしてコンバージョンに繋がりやすいものを使用する訪問者を把握し、ランディングページはこの層に対してサービスや商品のメリットが伝わるようなものを作るようにしましょう。また、キーワードとしてコンバージョンに繋がらないようなものを使用している訪問者に対しては、ランディングページを別に作って、誘導をそちらへ行うことによってアプローチを適切に行うことができるでしょう。
深くニーズを掘り下げて、可能な限り訪問者に細やかに対応したランディングページを作っていけば、コンバージョン率をアップすることができます。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.