上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページの滞在率を高めるすぐできる対策

ランディングページで効果を発揮させるための対策の一つとして、アクセスしたときに一番最初に目に入る部分に力を入れることで、そのまま下へと読み続けてもらえるようになります。
本と違いWEBページは流し読みをすることが大前提で、思っていなくとも自分が読みたい文字しか見ないように心理的についつい動いてしまいます。
そこで、目に入る最初の部分をわかりやすいキャッチーな文章を掲載し、自然で安心できるモデルを使用した画像を用意するだけで良いページへと変化していきます。
動物やイラストよりも人間が笑顔で自然体の写真が掲載されているだけで、楽しい雰囲気を共有することが出来ます。
楽しそうという雰囲気を出すことが出来ないと、どうしても疑いの目で見てしまう事が多く、大丈夫なのかと不安にさせてしまう要素になります。
モデル画像は1枚から購入できますし、商品に合わせた画像を1枚用意するだけで簡単に印象を変えることが出来るので、ランディングページで滞在率を上げたい場合にはすぐできる簡単な方法です。
タイトル
いいランディングページの作り方のポイントは、選択肢を設けないことが非常に大事です

いいランディングページの作り方のポイントは、選択肢を設けないことが非常に大事です。多くの選択肢を設けると、一貫性がないようになります。
マーケティングの場合には、フレームワークをいろいろ使用してターゲットを決定して、それからアクションを何か起こして欲しいために、DMを作ったり、WEBページを作ったりするわけです。そうしないと、コストパーフォーマンスが悪くなります。
ユーザーが訪問した場合に、アクションを理想的に起こしてもらうために、いくつもの複数のアクションがランディングページに準備されているということは、論理的に戦術に一貫性がないということになります。戦術に一貫性があれば、自然とアクションとして起こして欲しいものは一つになるはずです。 そのため、先にご紹介した選択肢を設けないということは、言い換えると、広告を選択肢があるような戦術で出しても成果は期待できない、というようなことになるのではないでしょうか。
タイトル
どのようなことをランディングページのファーストビューに盛り込むといいのでしょうか?

ファーストビューというのは、リンクをクリックした場合に画面上の最初に出るページのことです。訪問者の目をこのファーストビューでいかに引くことができるかが、勝負の大きなポイントになります。
では、どのようなことをランディングページのファーストビューに盛り込むといいのでしょうか?
まず、販売したい商品のキャッチコピーが必要です。商品はどのようなものか、キャッチコピーは訪問者に伝わるようなものを考えましょう。基本的に、Webページを訪問者は軽く読むような傾向があります。このようなことから、キャッチコピーは訪問者の目に留まるようなものにする必要があります。
キャッチコピーと同じように必要なものはメインビジュアルです。キャッチコピーがいくらいいものでも、写真が華やかさの無いようなものしかないと、サイトから訪問者が離れていく可能性は大きくなります。写真は、キャッチコピーに適した、訪問者の目を引くようなものを選びましょう。
タイトル
ランディングページではデザインが特に大切になってきます

ユーザーは広告をクリックしてから、そのランディングページを読むかどうかは8秒以内に判断します。そのため、コンバージョン率をアップさせるポイントは、このランディングページはユーザーが希望していたものですよ、ということが瞬間的に分かるようにして、しっかりとユーザーを掴んで、離さないことです。
このためには、デザインが特に大切になってきます。デザインについては、キーワードを上手に使用することが必要です。
余分な情報は省略して、ダイレクトに伝えたいことを表現しましょう。
その商品の余分な提案以外の情報は省略して、コアの必要最低限の情報にして、申し込みに対する誘導だけを意識したようなサイトを作るようにしましょう。
ランディングページというのは、リンクをすでにあるページへ行うのではなくて、新しく作成した方がいいでしょう。
もちろん、すでにあるランディングページに、ダイレクトに伝えたいことが伝わるようなものでもいいでしょう。
タイトル
ランディングページにインタラクションを

良いランディングページを作るのに参考にできるサイトはないかと色々と調べてみると、大抵は縦に長い紋切り型のランディングページを薦めるページばかりが見つかります。
フラットデザインの流行もあって縦に長いページがますます増えていっている印象があります。
既に定番と化した作り方ですし、Webページの特性から縦に長く作った方が効果があることはわかりますが、効果があるのはこの作り方をしたランディングページだけではないと思うんです。
もっと違うアプローチをしたランディングページがあっても良いと考えています。
例えばいまはCSSやJavaScriptを使ってかつてのFlashサイトにあったようなリッチで見応えのあるアニメーション効果をつけることが可能です。
ちょっと工夫をすればインタラクションサイトのようなものも作ることが可能でしょう。そういったアプローチもできると思います。
ただし、こういったインタラクティブなサイトを作ろうと思うと工数もコストもかかってきます。
それに見合うだけの効果が得られればと思うのですが、現状では対応できる制作会社という問題も含めてなかなか難しいのかもしれません。
ですが、良いランディングページというものを考えたときに、かつてあったようなものとはまた違う形のインタラクティブなサイトというのはひとつの形としてありだと思っています。
そういったサイトの作りはひとを惹き付けますので、良い結果を生む可能性を高くできると感じます。
タイトル
ランディングページにおいて、特に大切なところがファーストビューと言われるところです

ランディングページにおいて、特に大切なところがファーストビューと言われる、最初に表示されるところです。人間は他の人に会ってから、好き嫌いを3秒で判断するそうです。ランディングページの場合も同じ様なもので、ユーザーが希望しているような情報が表示された瞬間に無いと、すぐにユーザーはそのランディングページから離れて行ってしまう可能性が大きくなります。広告と連動することを考慮しながら、それぞれの要素にこのランディングページはユーザーにとって魅力的な役に立つコンテンツです、というようなメッセージを紹介して届けるようにしましょう。
ファーストビューのキャッチコピーの内容は、ユーザーが要求するようなものになっているかということが大切です。キャッチコピーというのは、ファーストビューの中においてもユーザーが最も目につくものです。このキャッチコピーの中には、ユーザー訪問してきた検索キーワードやインターネット広告から考えられるような要求にマッチする言葉を散りばめるようにしましょう。
タイトル
ランディングページを見た場合に、目に最初に入ってくるものは最も大切です

ランディングページを見た場合に、目に最初に入ってくるものは最も大切です。これで、ユーザーの興味を引付けないと、サイトは売れないものになります。ランディングページのポイントは、キャッチコピー、商品のイメージ、値段、特典、付加価値、購入ボタンです。
商品はどのようなものを売っているのか、一番直感的に伝えることができるのは商品の映像です。そして、ユーザーの興味、購入意欲を引き出すため、または、商品に対する心配を無くすため、キャッチコピーの適当なものを入れ込みます。あとは、サービスや値段の詳細、購入する方法などを入れ込みます。
技術が進歩することによって、最近は高いデザイン性のサイトが多くあるので、ユーザーのセンスも高くなってきています。最初の数秒間でランディングページの成否は決まります。ユーザーはいつまでも表示が遅いランディングページを待ってくれません。いいランディングページを作るためには、ユーザーの注目をいかに集めることができるかが勝負になります。
タイトル
高いコンバージョン率のランディングページを作るためには、1ページの中に収めることです

ランディングページは、リンクや広告をクリックしたユーザーが最も初めに見るページです。サービスや商品をアピールするために、ウェブページの最も強力なものです。商品一覧、お問い合わせ、会社情報など、多くの情報を複数のページで伝える会社のホームページなどとは異なって、多くのランティングページは選りすぐられた情報が1ページにまとまっています。
そして、一番のランディングページの目的は、ユーザーが納得してくれて、クリックしてくれることです。その後のページは、一般的に登録、購入などと続きます。ここでは、高いコンバージョン率のランディングページの作り方についてご紹介しましょう。
高いコンバージョン率のランディングページを作るためには、1ページの中に収めることです。ウェブサイトとは異なって、複数のページにしたり、機能の複雑なものをプラスしてしまえば、一番大切な目的地に着く前に離れてしまって、クリックする率も低下してしまいます。
タイトル
Webサイトのランディングページには、ソーシャルプルーフとしての役目を果たすようなものを探して掲載しましょう

多くの人が集合するパーティーに、自分も参加していると仮定してみましょう。見たこともない人も多くいて、いろいろな人を次々に紹介されると、会った全ての人を覚えることは困難でしょう。
このような中において、どのような人が記憶に残っているでしょうか?服装の華やかな人や面白いジョークの人など以外に、信用できるような人が記憶に残るのではないでしょうか。
Webサイトの場合でも同じです。信用できるだろうと考えてもらって、ユーザーにイメージがしっかりと残るようにする必要があります。そのためには、どこかにソーシャルプルーフを入れ込むといいでしょう。
ソーシャルプルーフというのは、他の人の行動は正しいと人間は推測して、この行動に従うということです。Webサイトにこれを当てはめてみると、人間はいいとみんなが考えるようなサイトは必ずいいサイトであろうと考える、というようになります。
Webサイトのランディングページには、ソーシャルプルーフとしての役目を果たすようなものを探して掲載しましょう。
タイトル
ユーザーがランディングページを訪問した後すぐに去られることのみは、なんとしても避けたいものです

ユーザーがランディングページを訪問した後すぐに去られることのみは、なんとしても避けたいものです。そのためには、インパクトのあるものにヘッドラインをしましょう。キャッチコピーにするだけでなく、インパクトのあるものにビジュアル的にもしましよう。デザインのサイトのコンセプトにマッチすれば、数種類の字体をヘッドラインに混ぜたりして、忘れがたいオリジナリティが溢れるものに変更すると効果的です。
オフラインで買い物をしている場合、何かお得というようなショップにはまた訪問してみたいと思うようなことがあるでしょう。オンラインの買い物でも同様です。何か1つでもユーザーに対してお得なものを提供する、ということがポイントです。
自社のサービスや商品を紹介するページを作る場合には、ユーザーがこれによってどのようなものを得ることができるのかということをアピールしましょう。どのようにお得なのかということがすぐに分かるようにすることが必要です。
タイトル
ランディングページとユーザビリティの関係

サイトデザインと言うのは、特にネットに詳しくないような人にとってはどの部分をどう操作したら、目的の行動が取れるのか分からないと言った人もすくなくありません。
この使い勝手に関しては近年見直されている傾向にあり、特に企業サイトや大衆向けのサイトにおいては注視されている点です。
専門用語でこの誰にでも使いやすいデザイン作りの事を、ユーザビリティと言います。
ランディングページでも同じように、ユーザビリティを意識する事が大切です。
ただただ、プロのWebデザイナーやプログラマーが高機能なデザインを組み込んでシステムを構築すると言うだけでは効果がない可能性があります。
本当に効果を出したいのであれば、機能面よりもそのユーザビリティについてしっかりと意識する必要があるのです。
そのためには、まず初心に帰ってどう言ったデザインが分かりやすいのか、多くのユーザーの心を掴む事が出来るのかを理解する気持ちがなければいけません。
システム作りだけに捉われないように注意しましょう。
タイトル
ランディングページの目的

ランディングページの目的はどのようなことなのでしょうか?ランディングページというのは、訪問者にページ内において意図したことを行なってもらうことが目的です。
ランディングページの具体的な目的としては、問合せ、メールマガジンの登録、会員登録、資料請求、見積もり依頼、商品の購入などが一般的なものです。このような目的以外のものが、サイトの戦略によっては設定される場合もありますが、ほとんどの場合はこのようなものになるでしょう。
このようなランディングページの目的は、コンバージョンポイントとも言われています。ランディングページの効果的なものを作る場合には、まず、明確にこのコンバージョンポイントをする必要があります。目的が基本的に明確になっていないと、ランディングページはどのようなものを作るといいのか分からないためです。また、それからのビジネス戦略が、ランディングページのコンバージョンポイントによっては大切になってきます。
タイトル
インパクトをランディングページに与える方法

インパクトをランディングページに与えるためには、ユニークさをビジュアル面にプラスすることが必要です。人をビジュアルは引きつけるとよく言われますが、写真やイラスト、動画を単に使用するといいということではありません。色の鮮やかなものやイラストの個性的なもの、構図の大胆なものなど、ユニークな別のWebサイトには無いような要素をプラスしてみましょう。
インパクトをランディングページに与えるためには、要素としてインタラクティブなものを入れ込むことが必要です。Webサイトの中には、十分にビジュアル的には個性がある、あるいは美しいのに、気持ちがいまひとつ盛り上がらない、何か物足りないというようなものがあります。このような場合は、ユーザーが単にWebサイトを受け身的に見ているのみであるため、インパクトが不足している可能性があります。そのため、何かインタラクティブなゲーム、お試し体験の簡単なものなどの要素を入れ込むといいでしょう。
タイトル
ユーザーが信用してくれるようなランディングページにするためにはどうすればいいのでしょうか?

ユーザーが信用してくれないようなランディングページの場合には、コンバージョンには当然のことですが結びついてきません。では、ユーザーが信用してくれるようなランディングページにするためにはどうすればいいのでしょうか?
ソーシャルプルーフが、そのためには大切になります。ソーシャルプルーフというのは社会的証明などというようなことですが、つまり、多くの他の人が行っている行動が正しいものであると考えることを言います。
例えば、行列が飲食店でできていると、きっとそのお店は非常に美味しいだろう、と誰もが思うでしょう。多くの人がある映画に高い評価をしていると、非常に作品はいいのだろうと思うでしょう。
ランディングページにこのことを当てはめてみましょう。その会社がサービスしている商品、ニュースレター、無料レポートなどに対して、評価を多くの人がしているというようなことを提示すると、ユーザーは評価を皆がしているため、間違いなくいいものだろうと思うわけです。
タイトル
利用者目線のランディングページの作り方

オフィスで言うと玄関のようなものだと思っています。
玄関は、来訪者(お客様)が一番最初に見て、印象を決定づける重要な要素です。
誰だって汚い玄関のオフィスには不信感や疑念を抱きます。
なので、ランディングページはできるだけ簡潔に、きれいにまとめられたものでないといけません。
一来訪者から見ると、今世に溢れているランディングページはどれもうさんくさく感じられます。
オフィスで言うのなら、見た目はきれいにしているものの、張りぼて感が否めないチープな玄関です。
私がそういうランディングページに出会うと、すぐにページを戻し、中を見ることはあまりありません。
私が見たいと思う理想のランディングページは「手が込んでいて、人が作った感じがする」ものです。
よくあるランディングページは「ユーザーの体験談」→「商品紹介」→「ユーザーの体験談」→「商品紹介」。。。といった風に、機械的に、ページが作られています。
そこで、「ユーザーの体験談」、「商品紹介」の前に、お客様の目に留まる情報を置くべきだと思います。
例えば、洗顔料のランディングページだとしたら最初に「ニキビに困っている」「乾燥で困っている」などのチェックボックスを置き、簡単な入力を終えると体験談と共に商品紹介が行われる形です。
お客様のニーズが多様化している今、玄関にしっかりとしたコンシェルジュを置くことで、よりニーズに沿った提案ができると思います。
タイトル
良いランディングページには回線速度も重要

最近、Web業界にいる知人と色々と話す機会がありました。
その中で出てきた話題のひとつが良いランディングページとはということです。出てくるのは当然だと思います。
ランディングページひとつでサイトが成功したのかどうかというのがわかってしまいますからね。
あたりまえながらある目的があってそれをしっかりと達成できるものが良いランディングページです。
達成率が高ければ高いほど良いわけです。ですが、そう簡単にそんなページは作れないんです。
Web制作を生業にしているとわかるのですが、あるひとつの法則を見つけたと思って、実際に制作物に落とし込んでみると思っていた結果と違ったと言うことがあります。
相手は人間ですからちょっとしたことで直帰率があがったりします。
例えばランディングページがおいてあるサーバーとの回線速度が遅ければどうでしょうか。
ページが開くのが遅ければイライラしてすぐに引き返してしまいますよね。
良いランディングページにはこういったものも必要になってくるんですね。
タイトル
ランディングページを作る場合に最も大切なことは、ユーザーにファーストビューで注目してもらうことです

ランディングページを作る場合に最も大切なことは、ユーザーにファーストビューで注目してもらうことです。いかに内容が全体的にいいものでも、アピールがファーストビューにおいて弱すぎれば、確実に訪問者はすぐに離れるようになるので、ファーストビューにおいてはベネフィットとインパクトをすぐに表示する必要があります。
イメージ画像の大きなものを表示することが、インパクトをつけるためには必要です。スクロールしてもらうのが目的であるファーストビューは、画像の大きいものを表示する方がインパクトをユーザーに与えることが可能です。
いかにインパクトをつけても、ベネフィットがあるとユーザーが判断してくれないと、コンバージョンに繋げることは不可能です。そのため、キーワードはユーザーが検索しそうなものを入れ込むことが必要です。キーワードでユーザーが検索したものがこの画像にあると、確実にコンバージョンに繋げることが可能です。
ファーストビューはこのようなことを意識して作りましょう。
タイトル
ランディングページを上手に作る方法

ランディングページを上手に作るためには、どんどん不要なリンクは削ることです。ランディングページというのは、特定の決めた目的のためのみに存在します。そのため、全て不要なリンクは外すようにしましょう。
ランディングページを上手に作るためには、内容に関係するような映像や写真を使用することです。タダの文章のみでなくて、映像や写真を効果的に使用しましょう。映像の場合は、上手に使用すると、効果が非常に高くなる場合があります。そのため、検討する必要がありますが、映像を入れることが目的ではなくて、映像を入れることによってコンバージョンレート率をアップすることが目的であるため、このことを忘れないようにしましょう。
一時、映像は能動的に行動するネットのユーザに対しては向いていないと言われていました。しかしながら、このことを考えた上での映像は、それからの反応をアップするのではないでしょうか。また、単純なことですが、映像を掲載しているのみで、何か素晴らしそうというような印象がでるものです。
タイトル
効果がアップするランディングページを作るには

効果がアップするランディングページを作るためには、よりいいものにしていくためにテストを行うことが必要になります。テストを行う場合には、コンバージョンをいくつか作ったものを比べるようになりますが、この際、どのようなところをオリジナルのページから変更するといいのか迷うこともあるのではないでしょうか。
ここでは、ランディングページのパターンを作る場合に確認すべきポイントについてご紹介しましょう。
キャッチコピーは、最もランディングページの中において目につくところにありますが、これをより魅力があるものに変更できないか、検討してみましょう。基本的に、ファーストビューにキャッチコピーは置きましょう。ページをスライドさせて読ませることがキャッチコピーの目的です。そのため、訪問者の立場に立って、ベネフィットの具体的なものが感じられるようにすることが大切です。
キャッチコピーは、サービスや商品を使用するとどのようないいことがあるか、ということを分かりやすく表すことができるようなものを考えましょう。
タイトル
適切なミスマッチがないようなランディングページというのはどのようなものなのでしょうか?

適切なミスマッチがないようなランディングページというのはどのようなものなのでしょうか?ここでは、流入してくるキーワードについて見ていきましょう。
検索エンジンの場合の検索ワードは、希望する情報やサービスについてのものが多く、ユーザーの要求を意味しています。そのため、このユーザーの要求に合った情報が、ページの中に分かりやすくあるかということが、適切なランディングページかどうかを見極める基準になります。
ランディングページへ流入してくるキーワードをアクセス解析ツールで確認して、これがページの内容と合っているかのチェックを行いましょう。もし、合っていないのであれば、合っていない内容について見直してみるようにしましょう。
流入が広告からのものに関しては、単純に別のページにリンク先のページを設定するのみでいい場合もあります。そのため、ページの内容を見直しする前に、適切なページが他にないかチェックしてみることも方法の一つです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.