上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページを作成する場合には、当然注意する必要があるというようなことができていないようなものが多くある

ランディングページを作成する場合には、当然注意する必要があるというようなことができていないようなものが多くあるというのが現状です。というのは、ランディングページがユーザーの立場の立っていなくて、提供する側の立場に立って作成されてしまっているためです。

会社であるため、全て何でもユーザーの立場に立つ必要はないでしょう。やはり、会社としても、アピールしたいようなことが多くあることも理解できます。しかしながら、決して全て何でも準備して見せるということがいいということではありません。場合によっては、見せる場合に絞ったほうが効果が期待できる場合があるということも認識する必要があります。

検索をキーワードで行って訪問をしてくること、バナーをクリックして訪問してくることは、すでにユーザーは絞込みをそこで行っているのです。ランディングページを作成する場合には、このことを意識しておくことが必要なのではないでしょうか。

タイトル
売上をアップさせるためには、ランディングページは立派な1つの手法なのです

ランディングページというのは、広告をメインの流入口としてサイトにユーザーが着いた場合、そのユーザーに最初に見てもらうページのことを言います。ランディングページと言うと、胡散臭い縦に長くなったようなサイトを思い浮べる場合が多くありますが、本当はそのようなものではありません。売上をアップさせるためには、ランディングページは立派な1つの手法なのです。

しかしながら、ランディングページを作成しても、集客ができなかったり、広告を出す予算がなかったりすれば、最終的にランディングページをせっかく作成しても意味がなくなってしまいます。ランディングページを作成すると、集客ができて売上がアップする、ということではありません。集客してから、つまりユーザーがサイトを訪問してくれることを見越して、コンバージョン率をアップすることが、ランディングページの目的です。集客できなければ全く意味がありません。このことをはっきりと意識しておきましょう。

タイトル
ランディングページを作る場合の大事なポイントについてご紹介しましょう

ランディングページは、会社の顔であるとも言えるような大切なものです。効果的なランディングページは、ネットビジネスにおいて必要な検索キーワードの分析、見込み客の獲得と言うような機会を生み出すものであると言えるでしょう。従来からある自社のサイトと別に、ランディングページは準備するようにしましょう。ランディングページを作る場合の大事なポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページを作る場合は、キーワードごとに作りましょう。例えば、プリザーブドフラワーを取り扱っているショップの場合を考えてみましょう。キーワードとして「プリザーブドフラワー」を考えれば、考えられるユーザーが多くなりすぎて、ランディングページの効果的なものを作成することができません。キーワードを「プリザーブドフラワー 母の日」「プリザーブドフラワー 誕生日」「プリザーブドフラワー 結婚式」などというように、細かく分けて考えると、キーワードのそれぞれによって作成すべきランディングページの要素が異なっていることが理解できるでしょう。

タイトル
本来のランディングページの目的を忘れているのではないかというようなものを目にする場合も多くあります

ランディングページできれいなものを、最近はよく目にすることがあります。エフェクトもいい感じに入っており、スクロールするのみで楽しくなってくるようなランディングページもあります。見ていてもきれいなランディングページはおもしろいし、よくシェアもされるため素晴らしいものです。しかしながら、結局このようなランディングページというのはどうなのでしょうか?

エフェクトやデザインにこだわるのは大事です。しかしながら、本来のランディングページの目的を忘れているのではないかというようなものを目にする場合も多くあります。ランディングページの一般的な目的は、商品購入、会員登録、お問い合わせの獲得などです。ランディングページの一般的な目的は、かんたんに言えば、アクションをユーザーから求めるものです。

では、どうすれば一体ランディングページの目的を達成することができるのでしょうか?結論から言えば、軸がフレームワークを利用すればぶれにくくなります。
タイトル
魅力のあるランディングページを作るためのポイントについてご紹介しましょう

魅力のあるランディングページを作るためのポイントについてご紹介しましょう。魅力のあるランディングページを作るためには、自分がもしサイトを訪問する人であれば、どのようなページに興味を示すだろうかというような視点を大事にしましょう。

魅力のあるランディングページを作るためには、ターゲットをはっきりして、キーワードはリスティング広告から多くの流入があるものを選定しましょう。

魅力のあるランディングページを作るためには、ファーストビューが大切です。ファーストビューというのは、スクロールしなくても見れるページの範囲を言います。ファーストビューには、サービスや商品の具体的な効果や性能を証明する数値、実際に利用した人の声などを掲載すると信頼度がアップします。また、数量限定、現在のみ送料無料などというような限定の条件をつけるとユーザーの購買意欲を促進します。

魅力のあるランディングページを作るためには、ターゲットを絞り込んで、興味をもたせるような、簡潔なキャッチコピーにしましょう。
タイトル
ランディングページで実際に商品を使用した人の声は、非常にリアルな意見です

ランディングページで実際に商品を使用した人の声は、非常にリアルな意見です。効果がやはりあるため、積極的にランディングページには入れ込むようにしましょう。

では、どのようなことをメインに入れ込めばいいのでしょうか?基本的には実際に商品を使用した人の声であるため、その声を素直に掲載するのが最もいいでしょう。第三者に近いような多くの人の声を紹介するのは、やはり共感できるでしょう。

ランディングページにはサンプルとトライアルを掲載するようにしましょう。一般的にランディングページは、ほとんどの場合、画面が上下に長いのでスクロールする必要があります。そのため、できる限りお問い合わせボタンや購入ボタンはポイントごとに設けるようにしましょう。もちろん、サンプルやトライアルはヘッダーのみに記載するだけでなく、再度記載して購買意欲をユーザーがかき立てられるようにする必要があります。ここで商品の値段などを記載するといいでしょう。
タイトル
ペルソナをランディングページを作成する場合には決めましょう

ペルソナというのは、話しをする場合にターゲットを1人のみに絞り込むことを言います。このペルソナを、ランディングページを作成する場合には決めましょう。 ターゲットを1人のみに絞り込むというのは、自分の商品はいろいろな人に買ってもらうため絞り込むことができないのではないかと考えるかも知れません。しかしながら、異なったターゲットに対しては異なったランディングページを準備しましょう。ランディングページをリピーターと新しいユーザーで分ける方がいいでしょう。というのは、要求している情報が異なるためです。 新しいユーザーのためのランディングページの問い合わせ率は、数%もあれば非常に成功であると言えるでしょう。キーワードの興味あるもので検索して来た100人のうち、数人が自社の商品に確実に興味を示してくれればいいでしょう。 実際には、問い合わせは、ランディングページはターゲットを絞り込んだもの方が、みんなが興味を示してくれるようなものよりも多くの人から来ます。
タイトル
ランディングページ最適化について見ていきましょう

ランディングページ最適化について見ていきましょう。 ランディングページというのは、リンクを検索エンジンあるいは広告などからクリックした場合に、初めに表示されるページです。 ランディングページは、ブログの記事のページであったり、トップのサイトのページであったりします。しかしながら、検索エンジンあるいは広告をクリックして訪問してくれたユーザーに対しては、特にそこで関心をきちんと持ってくれるようなページにする必要があります。さらに言うと、自分が希望している情報があるということを、ユーザーに瞬間的に知ってもらうことが必要です。 そのため、ランディングページとしてコンバージョンまで設定されたリンク先をしっかり設定しておく必要があります。このようにランディングページを調整したり、改善したりすることをランディングページ最適化と言っています。 検索エンジンの最適化対策があるように、最適化対策はランディングページとしても必要になります。
タイトル
ランディングページのトップページは、最もイメージに影響を与えます

ランディングページのトップページは、最もイメージに影響を与え、コンバージョンや問合せを左右します。そのため、インパクトなどがある程度必要になります。

ランディングページのトップページで大切なことは、ターゲットがはっきりしているかということです。商品の購入は誰に行って欲しいのかということを、はっきりすることが大切です。ターゲットが広範囲の場合は、購入はどのような人にして欲しいのか、どのような人が購入している割合が多いのかということを考慮して、ターゲットを選定するようにしましょう。また、対象エリアが絞り込まれているような場合は、大きくエリアをトップページで限定しておきましょう。

ランディングページのトップページで大切なことは、販売する商品がはっきりしているかということです。良くあるよくないケースとしては、商品を複数置くという場合です。1ページに商品は1つのみにしましょう。1ページにいくつも商品があれば軸がぶれます。
タイトル
誘導を次のページへ行うことがランディングページでは大事です

誘導を次のページへ行うことがランディングページでは大事です。まず、情報をユーザーに与えることが必要ですが、情報をユーザーに与えたとしても、いい話であったということのみでは、全く意味がありません。そのため、自分のサイトにどうしても引きとめておくことが必要です。例えば、ローヤルゼリーを飲む方法が分かったユーザーが、次に読みたくなるようなコンテンツを提案することが必要です。

また、ランディングページで大事なことは、コンテンツがいいということです。先にご紹介したようなことをいかに意識したとしても、コンテンツがユーザーに満足してもらえるようなもので無ければ、すぐにユーザーは自分のサイトから離れて行ってしまいます。コンテンツは素晴らしい他には無いようなものを提供して、ユーザーに満足してもらうために、情報の優れたものを提供しましょう。

このようなことを意識してランディングページを作成すると、非常に成果は違ってくるでしょう。
タイトル
ランディングページでは、希少性をアピールするようにしましょう

ランディングページでは、残りがわずかです、期間限定の割引です、などというような希少性をアピールするようにしましょう。希少性は非常に人が購入したいという意欲に影響を及ぼすそうです。基本的な古くから使用されているテクニックですが、効果が期待できるか試してみる価値はあるでしょう。ランディングページの例としては、希少性をカウントダウンによって持たせる代表的なものがあります。

興味を引く見出しとして、あなたの常識は正しくない、間違っている、というようなキーワードを使用するものがあります。これも、よくブログのタイトルなどで使用されています。人の習性として間違いを恥じるものがあるため、このような見出しは思わずクリックするのです。

しかしながら、タイトルが単なる釣りで内容が伴っていなければ、SEO的に良くない影響があるため注意しましょう。このようなタイトルのテクニックを使用したものは、ネットなどにいろいろあるため参考にしてみましょう。

タイトル
ランディングページを作成する場合の問題点と解決策についてご紹介しましょう

ランディングページを作成する場合の問題点と解決策についてご紹介しましょう。

ランディングページを作成する場合の問題点としては、要求される情報量が多過ぎることがあります。

情報の入力をあまり多く要求すると、訪問者はうんざりします。訪問者は、要求される情報を入力しないで、サイトを離れてしまいます。

このための解決策としては、入力フォームでは必要な関連性がある情報だけを取得する、目立つところにフォームを置いて、入力が簡単にできるようにすることです。

ランディングページを作成する場合の問題点としては、コールトゥアクションが具体的に存在しないことがあります。

ランディングページの半数近くは、提案を複数掲載しているそうです。訪問者は、このような状況では混乱してしまいます。その結果、コンバージョン率は低下してしまいます。

このための解決策としては、訪問者を考えて、表現を分かりやすくする、一つのみの提案を準備する、分かりやすくて見つけやすいコールトゥアクションにすることです。
タイトル
ランディングページにおけるキャッチコピーは、ユーザーが欲求するようなものになっているでしょうか?

ランディングページにおけるキャッチコピーというのは、ユーザーが欲求するようなものになっているでしょうか?例えば、英語を学習するプログラムを販売している場合、有名な大学の教授がその商品の特徴を監修した最高の音質のものであったとしましょう。

この場合、キャッチコピーが商品の特徴をアピールしたものであった場合、現役の有名な大学の教授が監修しました、音質が最高の英語を学習するプログラムです、というようになります。しかしながら、基本的にこのキャッチコピーは商品の特徴を紹介しているのみで、ユーザーの欲求を満足することはできません。

キャッチコピーでユーザーの欲求を満足するようなものというのは、例えば、字幕を見なくても映画を3週間で見ることができるようになります、などというように、ユーザーが叶えたいと考えている将来にスポットを当てたものです。もし、同じようなミスをしているのであれば、キャッチコピーはベネフィットをアピールしたものに変更しましょう。
タイトル
ランディングページで、予想よりも非常にコンバージョン率が下回った

時間をせっかく費やして作成したランディングページで、予想よりも非常にコンバージョン率が下回ってしまえば、この企画はやはり駄目であったと考えてしまうものです。しかしながら、企画が成功したとか成功しなかったということまで見極めるのは早計です。というのは、少し改善するのみで、非常にコンバージョン率は改善されます。わずか3つ改善したのみで、実際に5倍のコンバージョンなったこともあるそうです。

ここでは、簡単なコンバージョン率をアップさせるための方法についてご紹介しましょう。ソーシャルプルーフをプラスすることが、コンバージョン率をアップさせる方法です。ソーシャルプルーフというのは、自分の行動を他の人が行動するのを見て決定するというような人の行動の原理です。実験によると、多くの人通りがあるところで、同時に数人がある一点の空を見ると、8割の通行人が空を同様に見たそうです。

ソーシャルプルーフを強化するために、これまでの販売の実績などを充実しましょう。
タイトル
ランディングページにおいては、商品の写真とキャッチコピーが大切です

ランディングページにおいては、商品の写真とキャッチコピーが大切です。サイトに訪問した人は、サイトを3秒くらいで見極めると言われています。3秒くらいというのは本当にわずかの時間です。そのため、訪問した人を捕まえておくためには、ランディングページのトップページに、分かりやすくターゲットに向けて商品の写真とキャッチコピーを表示させることが必要です。サイトに訪問した人が目につくように、売り上げた数などの実績とイメージを記載するのがいいでしょう。また、ユーザーの購買意欲をかき立てるようなサンプルや無料お試しキットやキャンペーンなどを設けるのもいい方法の1つです。
ランディングページにおいては、効果的にポイントを演出することが大切です。ヘッダーでユーザーが興味を示してくれれば、ポイントのよりすぐれたものを抽出してイメージとテキストで表現しましょう。見やすさや読みやすさを考えて、ポイントを3つ位に分けるのがいいでしょう。
タイトル
試行錯誤の繰り返し! ランディングページ編

ランディングページは検索エンジンや広告などからリンクされ、一番最初に表示されるページであり、Webマーケティングにおいてとても重要です。しかし、多くの企業のランディングページはその役割を果たしていません。

以下にランディングページを構築する際に必要なポイントを挙げます。

1.ファーストビューでメリットと整合性を訴求できる。

2.簡潔にメリットを提示できる

3.安心感が訴求できる

4.購入後の情報や、質疑応答等の最後の一押しがある

これらを踏まえ、良いランディングページを構築していくのですが、重要なことは「良い」は時代の流れに左右されるということです。1ページを完成させて満足するのではなく、試行錯誤を繰り返し、常に良いランディングページを目指して開発し続けてください。良い点は活かす、問題点は解決することが良いサイトを構築する近道です。

効果があるランディングページとは、検索結果ページに目的の商品を買うための情報が揃っており、そのページから直接目的につなげるページ、それこそが本来のランディングページなのです。

タイトル
厳しい見方をするユーザーを納得させるのがランディングページである

ランディングページというのは、WEB上のリスティング広告などの広告リンクをクリックした際に誘導されるところです。公式サイトよりも、当該商品の問い合わせや購入をアピールするものになっています。
つまり、WEB上のリスティング広告などのページから訪問してきたユーザーに、資料請求や商品購入などの行動をしてもらうものと言ってもいいでしょう。
WEB上のリスティング広告などのページからユーザーは訪問してきたため、サービス・商品に対して高い関心があるだろうと考えるかも知れません。しかしながら、ほとんどのユーザーはランディングページをなんとなく訪問しています。資料を請求したり、商品を買ったりというような行動を起こすかどうかは分かりません。
買ってもこの商品は大丈夫だろうか、などというように厳しい見方をするユーザーに常にランディングページは見られています。
このような厳しい見方をするユーザーを納得させるのがランディングページであると言ってもいいでしょう。
タイトル
ランディングページは検索をして訪問してくれたユーザーの要求にマッチしたものであることが必要です

離脱率を抑制するために、ランディングページは検索をして訪問してくれたユーザーの要求にマッチしたものであることが必要です。
コンバージョン率をアップするためには、そのランディングページの中にユーザーの要求を満足させる情報と、その満足させる方法への道筋を設ける必要があります。同時にこの2つのことを達成させるには、ユーザーはランディングページの主題にマッチした人だけに訪問させるのが大切になります。
当然ですが、ランディングページの主題にマッチしたユーザーが集まると、コンバージョン率がアップして離脱率は低下していきます。もし、ランディングページの主題にマッチしないようなユーザーが訪問している時は、訪問数はあってもコンバージョン率がアップしないようになります。
いかにしてランディングページの主題にマッチしたユーザーだけを訪問させるかということが、ランディングページを作る場合には非常に大切なポイントになります。
タイトル
ランディングページで売れるものを作る際、どのような注意をすればいいのでしょうか?

ランディングページで売れるものを作る際、どのような注意をすればいいのでしょうか?ここでは、初めてランディングページを作る場合でも分かるように、主なポイントについてご紹介しましょう。
ランディングページで売れるものを作るためには、どのようなものを販売しているのかということを伝えることが必要です。サイトが自分にとってメリットがあるものかどうか、ということをわずか3秒でユーザーは決心すると言われています。どのようなサービスや商品を販売しているのか、瞬間的に内容を具体的に伝える必要があります。そのため、ランディングページで売れるものを作る場合には、ファーストビューでの魅力が大切です。
ランディングページで売れるものを作るためには、誰が販売しているのかということを示すことが必要です。区別化を同業他社と図るためには、誰から購入するかということも必要です。そのため、どのような人がサイトを運営しているのか、具体的に記載しましょう。  
タイトル
小出しにして宝を探してもらう

お店に行き着いた人が、まずはじめに見るページのことです。
オンラインショッピングが習慣になっている人もたくさんいるので、
この最初のページは購買意欲にも影響が大きいと思われます。
さて、このランディングページですが、
どういったものがベストだとされるのか?
ランディングページの模範的な雛型もありますが、
私は逆にそうではないものがあってもいいのかなー。
そんな風に思います。
それと言うのも、多くのWEBショップでは、
どうしたら売上が伸びるか?消費者の心が向くのか?
そんなことを研究しているのです。
よって、見た目には惹かれるものの、全てが似た者同士でつまらなくないと感じるようになります。
綺麗な写真に、心をくすぐるキャッチコピー。
24時間対応してくれる嬉しいサービスがあっても、
そこにしかない何か、それが欠けているのです。
そこで、情報をそっと出しにして探させる、
欲しい人や気になる人だけが探して購入するといった、
そんなランディングページがあってもユニークなんじゃないのかなと思います。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.