上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページには、まず問いかけが必要ではないか

良いランディングページというのは、ページの前半に、読んでいる人間に対して、このページはどういう人に向けた情報を発信しているページかを示しているものだと思います。ただただお得な情報を羅列していても効果が薄いでしょう。

もちろん、お得な情報はほしいです。ただ、ほかと比べてこれがどれくらい安いとか、どれだけ効果が上回っているか、といったことばかり書かれていても、こちらが情報を受け取る準備ができていないと思えるのです。

つまり、まず、あなたはこんなことがしたくないですか?それともこんなことを困っていますか?という項目が必要だと感じられます。その問いかけがあることで、このページは、それにイエスと答える人間のための情報を書いているのだな、と読んでいる側が準備できます。

それがなく、これがこれだけお得ですよ!と言われても、用意のできていない読者は積極的に読んでくれないので、読み流されやすくなってしまうのでは、と思うのです。

タイトル
ランディングページの場合には、ユーザーの声として第三者の声を紹介することが可能です

ランディングページの場合には、ユーザーの声として第三者の声を紹介することが可能です。コンバージョン率をアップするためには、ユーザーの声は大切なひとつの要素です。では、効果が期待できるユーザーの声というのはどのようなものでしょうか?ユーザーの顔写真を紹介することが大切です。サービスや商品を使用してトラブルが解消したことを印象付けるような、いい笑顔の写真がいいかも知れません。

ユーザーの身元が分かることが大切です。例えば、どこの会社の人か掲載したり、運営をユーザーが行っているホームページのアドレスを紹介するなどがいいでしょう。

声を有名な人からもらうことが大切です。社会的に信用がある誰もが知っているような人から推薦されるということは、サービスや商品についての信頼感の向上に繋がります。

ユーザーの声を簡単に集める方法としては、サービスや商品のモニターを募集して、無料でユーザーに使用してもらう場合に、WEB上において顔写真と感想を紹介することの了解を得るといいでしょう。

タイトル
ランディングページのコピーライティングは、スキルを常に磨く必要があります

ランディングページのコピーライティングは、スキルを常に磨く必要があります。上手な文章ということではなくて、ユーザーの反応があるようなものが書けるかどうかです。必死で書き方とかを学習するよりも、伝えるのは誰に対してか、ということをはっきりしましょう。

一つのみ出口を作るようにしましょう。購入ボタンを押すか、閉じられるかのみです。もちろん、さまざまことを伝えても問題ありませんが、相手の頭に最終的に残るのは一つのみにしなければ、ユーザーは混乱するようになります。

また、調査してみないと分かりませんが、作る上で大事なことはユーザーが使用している言葉です。しっかりと普段使用している言葉などを入れ込んでいくことが非常に大事です。

基本として、コピーライティングのレベルアップのために覚えておきましょう。キーワードは専門的なものを使用するのではなくて、ユーザーが反応するものを多く散りばめてコピーライティングを作成することが大事です。

タイトル
ランディングページのコンバージョン率をアップするためには、どのようなことをすればいいのでしょうか?

ランディングページのコンバージョン率をアップするためには、どのようなことをすればいいのでしょうか?コンバージョン率をアップするために行う必要があることは、まず計測を定期的に行うことです。計測する内容としては、アクセス数、流入数、コンバージョン数、ページでの滞在時間などがあります。このような計測した数値をベースにして、改善することを洗い出し、その後に改善する施策を立案し、実行しましょう。

コンバージョン率が0.1%わずか違ったのみでも、大きな売上額のサイトの場合には非常にインパクトがあります。定期的にこのようなことを実行していくと、着実に売り上げはアップしていき、最終的に伸長が100%以上も数年後には夢ではなくなってくるでしょう。

定期的なランディングページの計測、改善は、パターン化することが非常に大事です。どのように実際に行うかということについては、ネットなどでいろいろ紹介されているので参考にしましょう。

タイトル
ランディングページから、不要な全ての要素を削除しましょう

コンテンツの注意散漫なものは、コンバージョンを下げる要因になってきます。ランディングページから、不要な全ての要素を削除しましょう。ランディングページというのは、自分のホームページということではありません。ユーザーは広告を見て、ランディングページへ非常に限られたメッセージを求めて訪問しているのです。広告の遷移元のクリエイティブは、ランディングページとマッチさせるべきです。その方法の最も簡単なものは、見出しは広告のクリエイティブと同じものを使って、正しい場所にユーザーが訪問したということを示すことです。

ナビゲーションバーは、もし可能であれば削除するようにしましょう。もちろん、要素がコンバージョンプロセスにとってどうしても必要な場合は削除する必要はありません。自分のメッセージについて思い浮かべてみましょう。ナビゲーションとは、それは関係しないでしょう。この際、思い切ってナビゲーションバーは削除してみましょう。

タイトル
ユーザーをサイトの中ですぐに希望している情報に到着させるためにはランディングページを最適化することが大切になります

検索をネットで行って、広告をクリックしてサイトへ来たユーザーは、目的を何らか持っています。このユーザーをサイトの中で、すぐに希望している情報に到着させるためにはランディングページを最適化することが大切になります。

例えば、帽子のネットショップのサイトを仮定してみましょう。ニット帽を買いたいユーザーは、検索エンジンでまずキーワードとして「ニット 帽子」で検索して、その結果、表示されたサイトのリンクや広告をクリックし、自分が好きなニット帽をサイトの中から探して買います。

この場合、広告のリンク先がサイトのトップページの場合には、ニット帽を多くのメニューから探すことが必要です。しかしながら、初めてサイトを見るユーザーは迷ってしまう場合があります。場合によっては、そのままサイトから離れてしまう場合もあります。

一方、ニット帽の特集のページを広告のリンク先にした場合、ユーザーはすぐに自分が好きなニット帽を探して買うことができます。

タイトル
ランディングページにおいて、一つ何かを変更したのみで5倍のコンバージョンになった

ランディングページにおいて、一つ何かを変更したのみで5倍のコンバージョンになったというような場合には、魔法のどのようなものを使用したのだろうかというように考えますね。あるいは、特別な技術が何かあるのではないだろうかというように考えてしまうものです。

しかしながら、実際には、非常に基本的なところを変えるのみで、非常に結果というのは違ってきます。例えば、クリックするボタンの場所と大きさ、文言の3つを変更するのみで、5倍のお問い合わせ数になった場合もあるそうです。

このように、種が分かればなんだと思われるかも知れません。しかしながら、ユーザーの声にきちんと顔写真を入れたり、画像を変更したり、キャッチコピーを見せる方法を変更したり、などすることによって、実際に非常にコンバージョンが変化するということを、ぜひ、体感して欲してみましょう。

コンバージョンをアップするためには、このようなことに注意してみましょう。
タイトル
ランディングページのデザインを制作する場合には、初めに、これは気になる、食べてみたいなどとユーザーに感じさせることが必要です

ランディングページのデザインを制作する場合には、初めに、これは気になる、食べてみたい、あるいはこの商品は必要ではないか、などとユーザーに感じさせることが必要です。

そのため、ランディングページを目にした瞬間に、ユーザーが興味を示すキャッチコピーやイメージ写真など、ユーザー自身が必要なサービスや商品であるかをすぐに判断することができるようなインパクトがあるデザインにする必要があります。

ユーザーは、ランキングで紹介されている商品、よく売れている商品、行列ができているような商品に興味を示すものです。ランディングページ上では、サービスや商品がどの程度人気があるのか、どの程度認知度があるのかということを表現します。表現する方法としては、ランキングで紹介された際の雑誌や画像などがいいでしょう。

これ以外にも、ユーザーが悩んでいる問題の解決など、ユーザーが興味を示してくれそうな情報をランディングページでは掲載します。

タイトル
サイトを訪問したユーザーが逃げないように、初めに見るランディングページで希望しているサイトですということを伝える必要があります

ランディングページというのは、検索エンジンの検索結果やリスティング広告から訪問したユーザーが、最初に訪問するページのことです。ランディングページは、専用の広告のページであったり、一般の商品ページやトップページ、情報のページであったりすることもあります。

ここでは、専用の広告のランディングページとしてご紹介していきましょう。

リスティング広告からの訪問者の場合には、広告文とユーザーが選択したキーワードがマッチしているか、広告文とランディングページの内容が合っているかということが大事です。

この場合にミスマッチがあれば、広告にいくらお金をかけても、いかにランディングページのいいものを作成しても、コンバージョン率はアップしてきません。ページを見て一瞬で、ユーザーは自分が希望しているサイトであるかを見極めるそうです。そのため、サイトを訪問したユーザーが逃げないように、初めに見るランディングページで希望しているサイトですということを伝える必要があります。

タイトル
ランディングページは、一般のWebページに比較して派手なデザインにする必要があります

ランディングページは、一般のWebページに比較して派手なデザインにする必要があります。正直に言うと、非常に派手過ぎるくらいにランディングページはすることが必要でしょう。

というのは、着地力をランディングページの冒頭において高める必要があるためです。ランディングページというのは情報を一気に多く伝えることが必要です。

ランディングページの冒頭において、しっかりとユーザーの興味を引き付けないと、最後まで読んでくれません。そのため、ランディングページの冒頭は派手なデザインにして、強烈なコピー文にする必要があります。

しかしながら、強烈なデザインやコピー文にしたということでも、それほどランディングページの効果は高くなりません。コピー文は、本文をユーザーが読む気になるかどうかが勝負です。興味があれば、普通のユーザーは本文をそのまま読んでくれます。興味がなければ読まない、興味があると読む、というような簡単なことなのです。

タイトル
ランディングページを作成する場合には、多くイメージ画像を使用することが必要です

ランディングページを作成する場合には、多くイメージ画像を使用することが必要です。では、どうしてイメージ画像をテキストより多く使用するのでしょうか?

ランディングページを読みやすくするために、イメージ画像を多く使用するのです。ランディングページというのは、多くの情報をユーザー伝えることが必要です。このことをテキストのみで行おうとすると、文章の量が多くなりすぎて読むことが面倒になります。このため、イメージ画像を使用して、分かりやすくするのです。

なお、イメージ画像をランディングページでは使いすぎてもいけません。イメージ画像はイメージを訴求するものであるため、瞬時に内容を伝えることが可能です。このことは非常にメリットですが、一方伝えることが十分にできないということもあります。

そのため、概要を伝えるところは瞬時にイメージ画像で伝える。十分に読んで欲しいところはテキストを使用する、というようなことを意識してランディングページを作成しましょう。

タイトル
どのようなランディングページが優れたものなのでしょうか?

どのようなランディングページが優れたものなのでしょうか?ランディングページの優れたものというのは、簡単に言えば、高いコンバージョン率のものを言います。ランディングページを作成するのは、多くのユーザーにサービスや商品を売るためです。

興味をユーザーに持たせながら、購入までユーザーを導くことができるようなランディングページを作ることによって、販売数量をアップすることができます。

ここでは、高いコンバージョン率のランディングページを作る方法についてご紹介しましょう。高いコンバージョン率のランディングページを作る方法は、ユーザーが興味を示すタイトルにすることです。

キャッチコピー・タイトルは、大きくページの最も上に表示しましょう。タイトルは、興味をユーザーに持たせること、ユーザーが見つけようとしているページということを意識させることが目的です。コンバージョン率は非常にタイトルに影響されます。タイトルについては、ランディングページ最適化をテストデータに基づいて行うことが大切です。

タイトル
ランディングページを作成する際は、実際の写真を掲載するようにしましょう

ランディングページを作成する際は、実際の写真を掲載するようにしましょう。無料、有料に関係なく、コンバージョン率をアップするためには、イメージ写真のみでは限度があります。そのため、事務所の感じやお店の中の様子が分かるように、実際に撮った写真を掲載することも大事です。信頼感をユーザーに持ってもらうためには、人気が伝わるようなものが必要です。

ランディングページを作成する際は、どのような行動をして欲しいかを掲載するようにしましょう。成果を要求するために、要素をいろいろ入れ込んでしまえばコンバージョン率もアップしません。そのため、最終的なゴールを事前に決めておきましょう。

ランディングページを作成する際は、目立つところにボタンや連絡先は掲載しましょう。連絡先や電話番号等は、コンタクトがいつでもできるように、掲載は分かりやすいところにしましょう。また、ユーザーに押して欲しい購入ボタンなどは、目立つようにしましょう。

タイトル
ランディングページを作る場合の作り方についてご紹介しましょう

ランディングページを作る場合の作り方についてご紹介しましょう。

ランディングページを作る場合に最も大事なことは、ユーザーが要求している情報をサービスすることです。つまり、ランディングページにおいては、商品をすぐにセールスしてはいけません。

例えば、ローヤルゼリーを飲む方法というようなランディングページであれば、ユーザーは検索エンジンからキーワードとして「ローヤルゼリー 飲む方法」というようなもので流入してくることが予想されます。

検索エンジンを経由して流入してきたユーザーは、その場合にはローヤルゼリーを飲む方法に関する情報を要求しているため、商品を希望しているのではありません。そのため、ランディングページにおいては、ユーザーとの信頼を深めるということのみを目的にすることがポイントです。

このような場合に、自社の商品をすぐにセールスすると、ユーザーからすぐに信頼がなくなってしまうため注意するようにしましょう。

タイトル
ランディングページは、できるだけシンプルにするために要素として必要なものを取捨選択することが必要です

ランディングページは、できるだけシンプルにするために要素として必要なものを取捨選択することが必要です。

ランディングページの情報商材系のものを見てみると、製品の実績や特徴をくどくどと紹介しているようなものがよくあります。説明を丁寧に行うこともユーザーを説得させるためには大切ですが、これが時には逆効果になることもあります。ランディングページを作成する場合にはシンプルがおすすめです。

ランディングページの構成に関しても同じで、フッターのメニューやナビゲーションバーがランディングページと無関係のページに移るようになっていれば省略する方がいいでしょう。フォームに関しても、実際に必要ない情報は入手しないようにして、ユーザーが入力するものは最低限のものにしましょう。人間は多くの選択肢があるほど決心するのが遅くなります。

ランディングページを作成する場合は、シンプルにまとめるということを意識するように注意しましょう。

タイトル
ランディングページにリンク先から移った時、最初に見るところがファーストビューです

ランディングページにリンク先から移った時、最初に見るところがファーストビューです。ファーストビューは、ランディングページを訪問するユーザーのほとんどが見るところです。逆に言うと、ユーザーのほとんどがランディングページの価値をファーストビューで判断します。

ユーザーにとってファーストビューが響くものでないと、すぐにユーザーはランディングページから離れてしまいます。そのため、ユーザーにとってはランディングページのポイントになるのです。

ファーストビューには、必ず、会社名・問い合わせ先を必ず入れ込みましょう。ランディングページやサービス・商品の信頼性をアップするためのものです。ユーザーから信頼を集めるためには、できるだけ自分の素性を明らかにすることが大事です。

また、問い合わせが興味があるような場合にはできる、というような安心感を持ってもらうために、できるだけ問い合わせ先は電話番号などで紹介することをおすすめします。

タイトル
ランディングページを専用に設置することが最近は多くなってきました

ランディングページというのは、ユーザーが検索結果やリスティング広告などのネット広告をクリックした場合に入口になるページです。

7秒ルールというものが、Webマーケティングにおいてはあります。これは、ユーザーが訪問したページを十分に見るかどうかの見極めを、7秒で決心するというものです。

最近では、訪問してきたユーザーをますます短時間で説得する必要があり、ますますその大切さが高まっています。

多くの商品をECサイト上において扱うことは、ユーザーを広範囲に集めることが可能です。しかしながら、ユーザーに商品の特長を伝えて納得させるということは、非常に困難になっています。システムがテンプレート化されているようなものの場合には、より顕著にそれがなっています。

そのため、サイトの中のページの他に、ランディングページを専用に設置することが最近は多くなってきました。独立したランディングページであるため、ユーザーをしっかりとキャッチすることができ、魅力的なものを作成することができます。

タイトル
コンバージョン率をランディングページにおいてアップするポイントについてご紹介しましょう

コンバージョン率をランディングページにおいてアップするポイントについてご紹介しましょう。

コンバージョン率をアップするポイントは、見出しを価値、メリットが具体的に分かるようなものにすることです。ランディングページの見出しの場合は、キャッチコピーは商品の特徴ではなく、どのようなメリットがあるのかということを具体的に明示しましょう。

見出しは、ターゲットをより多くの人にするような抽象的なものにすることは絶対に止めましょう。例えば、SEO対策のランディングページの場合には、あなたのサイトを検索1ページ目に1ヶ月で表示しますというような見出しがおすすめです。この見出しを、みなさまのサイトのSEO対策をサポートします、というような抽象的なものにすると、どのようなことを具体的に行ってくれるのかということがはっきりしなくなってしまいます。

多くある競合しているサービスと比べる場合に、はっきりしない見出しではインパクトがありません。

タイトル
ランディングページの目的としては、ユーザーに見積もりや購入というような行動をしてもらうことです

ランディングページというのは、PPC広告や検索結果などから訪問するユーザーが初めに読むページで、最もホームページの中において大切なページです。

ランディングページの目的としては、ユーザーに見積もりや購入というような行動をしてもらうことです。そのため、ランディングページの内容としては、トップページと同じ様なものになります。

トップページと同じ様なものであれば、どうして2つも作成する必要があるのかと考えるような人もいるのではないでしょうか。ランディングページをトップページとして位置づけているような場合には、トップページのみで十分です。

ランディングページを作るのは、多くの商品がある場合など、オーソドックスなホームページの一般的なものようにしている場合、新しい商品、追加する商品を発表する際のキャンペーンなどを、季節ごとに行う場合です。

このようなランディングページは、ユーザーが初めに読むページであるため慎重に作成しましょう。

タイトル
ランディングページは考えるべき大切なことがあります

ランディングページを作成した場合に、費用をかけたが効果があまりなかった、デザインやインパクトを重視して作ったのでターゲットがはっきりしなくなった、画像中心で作ったので、品質が低下した、というような経験があるのではないでしょうか。このような場合は、ランディングページを作成しても、効果があまり無いというように思ってしまうかも知れません。

一般のホームページと比べて、ランディングページは別のページへ移るリンクが多くなかったり、コンバージョンに1ページで結びつけやすかったりします。しかしながら、考えるべき大切なことがあります。

まず、どのようなことを検索してきたユーザーが要求しているのか、どのようなコンテンツをユーザーのために準備すべきか、ということを十分に抑えることが必要です。

検索エンジンで実際に検索するキーワードで、ユーザーが検索する際に使用したものは世間に対しての質問です。リードが表示される広告になり、そして答えがランディングページなのです。そのため、コンテンツは検索キーワードを決定することからスタートして組み立てましょう。


ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.