上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
惹きつけるライティングページ

ライティングページとは一口で言うと、サイトを訪れたお客さんに自分の商品を買ってもらうための窓口のようなものです。

ですから、当然その窓口は魅力的なものでなければなりません。インターネットの検索結果を大通りとすれば、ライティングページはちょっと小道に入った小さなお店という位置付けになります。

この小さなお店にお客さんを誘って商品を買ってもらうには、商品だけではなく、当然お店自体もきれいにしなければいけません。

そこで、多くのライティングページでは人を引き付けるような目立った商品紹介を書いているのです。

更に、通常ライティングページではもっと商品を魅力的に見せようと、心理学的な観点からより多くの人に見てもらえるようなページの構成になっているんです。

写真を多用することによって、お客さんのイメージをかきたてたり、ページを長いスクロール型にすることで、サイトを見ている人がほかのページに移ることを防いだり、サイトを見ている人が感じている疑問を一つずつ解消していくことによって信頼感を与えていったりするんですよ。

ライティングページに興味がある方は是非一度、心理学の面からライティングページを分析されてみても良いかもしれませんね。
タイトル
一文で特徴を示す

多くの読者は、余計な情報を見たくないと思っています。そのためちょっとした情報で分かってくれるようなことが無ければ、ランディングページから離れてしまいます。一番簡単な方法としては、一文でそれなりの成果を出すことです。特徴を一文で見せることが出来れば、多くの方に理解して貰えるようになるため、それなりの売り上げまで持っていけることが多いです。

長々と最後まで読んでいる方というのは非常に少ないので、そうしたことを考える意味でも、早めに特徴を理解させた方がいいでしょう。そのためにはキャッチコピーのような一文を作ることになります。ランディングページには特徴的な一文が無ければ駄目なので、こうした文章に力を入れて、より商品の特徴を理解して貰えるものを作ることになります。

非常に優れた文章であれば、一文だけでも特徴を伝えられるようになります。これは多くの人に購入意欲を持たせることになり、更なる売り上げ上昇に繋がります。
タイトル
ランディングページをスマホで見ようとすれば、重たくてなかなかページが開かない

ページをスマホで見る場合、ほとんどの場合携帯回線などを利用するようになります。パソコンでサイトを見る場合は、高速回線を使用することが多くなります。そのため、スマホの場合には読み込みのスピードが遅くなることもあります。

大きくて縦長なサイズの画像が多いランディングページの場合は、ページサイズがどうしても大きくなりがちです。そのため、ランディングページをスマホで見ようとすれば、重たくてなかなかページが開かないというような状況にも成りかねません。3秒以上ページを開く時に待たされれば、ユーザーの4割以上が離れるというようなデータもあります。工夫をして、最適な画像サイズにするようにしましょう。

パソコンのサイトに比較して、スマホでの入力は手間がかかります。入力方法や画面サイズが最適なフォームにしましょう。

入力が必要な項目に関しても、本当に必要なものに絞って、無駄な入力負荷をユーザーに与えないようにしましょう。

タイトル
ランディングページで商品やサービスを説明する場合は、イメージが非常に大切です

ランディングページの作り方のポイントについて見ていきましょう。ランディングページで商品やサービスを説明する場合は、イメージが非常に大切です。商品やサービスをランディングページで説明する際に一番大切なことは、イメージをユーザーがしやすいように考えることです。商品やサービスを説明するということは、ユーザーに商品やサービスについて知ってもらうためです。

しかしながら、長い文章で単に説明したとしてもそれほどユーザーは理解してくれず、かえって飽きられてしまってページから離れて行ってしまう可能性があります。商品やサービスを説明するのは端的に行うようにすることが必要です。

効果がもっともあるのは、商品やサービスの写真を掲載することです。しかしながら、商品がもし包装されているのであれば、必ず商品そのものの写真も掲載しましょう。また、サービスの場合は、サービスを提供している人の写真やサービスの画像を掲載するようにしましょう、

タイトル
訪問者に応じてランディングページを仕立てあげるようにしましょう

ランディングページを作る前に、コンバージョンの成果はどのようなことでするのかというコンバージョンアクティビティを決めることがまず必要です。ランディングページのメールマガジン用の場合、コンバージョンアクティビティはフォームにメールアドレスを入力し、同意というボタンを押したものになります。

どのようなことをユーザーが探しているか、どのようなことがユーザーにとっては大切なのか、ということを把握することが非常に大切です。ランディングページを作る場合には、訪問者の理想的な人のプロフィールを作成し、心にとめて作りましょう。ランディングページはこれ以外の目的で構成しないで、ユーザーに構成要素の全てのターゲットを合わせましょう。自分の広告からすでにランディングページへ流入があるような場合は、非常に限られたメッセージをユーザーは期待して訪問してきます。訪問者に応じてランディングページを仕立てあげるようにしましょう。

タイトル
ランディングページにおいて、あまり全体的にスタイリッシュなものはありません

ランディングページにおいて、あまり全体的にスタイリッシュなものはありません。むしろ、感じが少しくだけたようなランディングページにわざとデザインされています。

コンバージョンをブランドや信頼で生むのであれば、ランディングページは綺麗なものにすべきですが、ユーザーにランディングページで伝えたいのは裏技です。裏技のメッセージなのにランディングページが綺麗なものであれば裏技感が出ません。

デザインの良否が伝わりやすさ・見やすさということではないため、コンバージョンを生むことと綺麗であることは同じではありません。

箇条書きが簡潔に伝えるためにいいとされていますが、要点のみをさらに絞り込んで伝えられる方法がマーカーです。箇条書きにすれば、その条項に関しては少なくとも全文を読むようになり、面倒であると思って離脱する人も多くなります。一方、マーカーの場合には、そこのみを読むといいようになるため、アピールを本当にしたいことを伝えやすくなります。

タイトル
効果があがるランディングページを作る場合に大切なポイントをご紹介しましょう

リスティング広告やSEO対策などで、いかにユーザーのアクセス数を多くしても、リンク先のランディングページでしっかりしたコンテンツがなければ、費用も全く無駄になります。

ここでは、効果があがるランディングページを作る場合に大切なポイントをご紹介しましょう。

ランディングページというのは、無料相談や資料請求、見積もり依頼やメルマガ登録などのために、最初にユーザーが訪問するページで、コンバージョン率がアップするようにコンテンツを作るものです。

ランディングページは、縦に普通のページよりも長くなっており、ユーザーが訪問している間、途中で離れないようにサイドバーなどは使用しないで、特定のサービスや商品に集中したものです。

また、最終的なランディングページの目標は、行動をユーザーに起こさせるためであるので、訪問してくれたユーザーにサービスや商品のメリットが伝わるように、実際に商品を使用している人の声を紹介するなどがメインになります。

タイトル
ランディングページを作成する前に把握しておくべきポイントについてご紹介しましょう

ランディングページを作成する前に把握しておくべきポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページを作成する目的をはっきりするようにしましょう。ランディングページでは、購入なのか、お問い合わせなのか、資料請求なのかというような目的をはっきりしましょう。まず、しっかりとランディングページのゴールを決定しましょう。

ターゲットとするユーザーを考慮しましょう。ランディングページに来るユーザーが希望すること、来る動機はどのようなものでしょうか?ユーザーの疑問が分かると、優先順位をそれらにつけて回答することによってランディングページを作成することができます。性別、年収、年齢、関心・興味、悩みや不安など、どのような特徴をそのユーザーが持っているのかを設けることもいい方法です。来る動機をターゲットとするユーザーになりきることによって把握し、解決したい悩みや知りたい情報についてランディングページを作成しましょう。

タイトル
効果的にランディングページを機能させるためには、商品の購入ボタンと商品の画像を見せる方法が大切になります

ランディングページは、Webでサービスや商品を検索したり、商品名で直接検索したりするユーザーに対して、直接広告バナーや検索結果から、そして初めにそのサービスや商品の情報にランディングしてもらうために設けるページです。特に検索をユーザーが行った後、そのページにランディングして、購入のボタンをそのままクリックしたくなるように、動機や目的にマッチしたページのデザインが大切になります。

また、効果的にランディングページを機能させるためには、商品の購入ボタンと商品の画像を見せる方法が大切になります。一般的に、ランディングページは縦に長い1ページのデザインが多くあるため、ポイントごとに商品の購入ボタンを設けて、いつでもユーザーがクリックすることが可能なように、探しやすいところに配置しましょう。特に、ユーザーを購入フォームに導く購入ボタンのデザインは一番大切なものです。ちょうどいいサイズ、ブランドの色を考えて工夫しましょう。

タイトル
ランディングページのポイントは、ユーザーの目的・知りたいことはどのようなことかを考えることです

ランディングページのポイントは、ユーザーの目的・知りたいことはどのようなことかを考えることです。ユーザーの目的や知りたいことがどのようなことかを、検索キーワードから考えてみることが大切です。例えば、「秋 帽子」のキーワードで検索したユーザーの場合は、秋にちょうど適した帽子を見つけている場合が考えられるため、帽子のこの秋に確認しておきたい特集など、リンク先としてユーザーの目的を満足するページにすると売上がアップするようになってきます。リンク先としては、現在あるページや、キーワードに応じて特集ページを新しく準備することがあります。

ランディングページのポイントは、シナリオをユーザーの要求ごとに考えることです。ランディングページの内容の最適化の場合やリンク先をランディングページで設定する場合は、サイトを訪問するユーザーの要求ごとにシナリオをリンク先や検索キーワードまでを考慮して整理しておくといいでしょう。

タイトル
ランディングページは、集客をより多くする、申込みをより多くするために、より最適化したり、改善したりしていくことが大切です

ランディングページを改善したり、最適化したりすることを、ランディングページ最適化と言います。

ランディングページというのは、作成するといつまでもそのままでいいということではありません。ランディングページは、集客をより多くする、申込みをより多くするために、より最適化したり、改善したりしていくことが大切です。

ユーザーが申込みする件数をランディングページにおいて多くするために、掲載内容を見やすくしたり、分かりやすくしたりするようにデザインなどを調整したり、最適化したりすることを、ランディングページ最適化と言います。

ランディングページ最適化の具体的な方法としては、いろいろなものがあります。例えば、ファーストビューという一見した際の画面で表示する画像を変更してみたり、キャッチコピーを変更してみたり、申込みするボタンのデザインを変更してみたり、などというようにランディングページ最適化の内容はいろいろあります。

 
タイトル
ランディングページのコンバージョン率をアップする方法についてご紹介しましょう

マーケティング戦略をオンラインで考える場合に、これらの最適化に多くの人々が取り組むようになりますが、大切なランディングページをいい加減にしているのではないでしょうか。

コンバージョン率がダウンすると、訪問客を多くするためにその分お金がかかってくるし、一方コンバージョン率をアップすることができると費用を低減できます。

ここでは、ランディングページのコンバージョン率をアップする方法についてご紹介しましょう。周りの人からの評価であるソーシャルボタンのクリック数や実績などを表示するようにしましょう。

古くから、よく信用が商売においては第一などと言われますが、このことがオンラインビジネスではより必要です。特に現在では、サービスを選択する際に周りの人からの評価が決め手の大きなものになっています。そのため、ソーシャルボタンのクリック数や実績などの評価を表示することは効果が非常にあります。特に、サービスで評価が信頼されているようなところのものがある時は必ず掲載するようにしましょう。

タイトル
全ての起承転は結のためにあると考える。

良いライティングは内容が混ざっていない事だと考えます。内容が濃い方が良い物だと思う人も

いるでしょうが、その結果言いたい事が分からないと言うのはよくある話です。



文章の段落として、起承転結、をよく使いますよね。それぞれ良い起だとか、良い承だとかも

ありますが、そもそも結がしっかりしていなければダメなのでは無いでしょうか。これら三つ、

結を除いたものは、全て最後に来る結論を導くためのモノです。



新聞などを参考に作る人もいると思いますが、新聞の場合は情報を伝える事が重視されているため、

起承転結になっていなかったりするんですよね。文字数の制限などもあるので仕方のない部分でも

あると思いますが、ライティングとしては読んでいて不満もあります。



書き方などはハッキリ言ってなんでもよく、承のための起、転のための承、最後の結を導くための

起承転だと考えれば伝えたい事はハッキリすると思います。長い文章だとか、短い文章だとかは、

良い悪いにはあまり関係ないと思いますね。短い文章の方が良い物を作るのは難しい訳ですし。
タイトル
ランディングページで売れるものを作成するためには、ファーストビューは3秒で選ぶことができるものになっているかということです

ランディングページで売れるものを作成するためには、ファーストビューは3秒で選ぶことができるものになっているかということです。

会った際の約3秒で人の第一印象は決まるそうです。さらに、半数以上が視覚的な情報から第一印象は判断されるそうです。ランディングページの場合でも、同じようなことが言えるのではないでしょうか。そのため、ランディングページは、3秒間のファーストビューにおいて離脱されないようなものを目指しましょう。

ランディングページで売れるものを作成するためには、キャッチコピーが他の会社との差別化でできていることが必要です。ネットで買うユーザーは、よく比べて検討します。じっくり見てもらうとこの商品の魅力はわかります、ということでは駄目です。用途やターゲットをはっきりしましょう。

雑誌の場合と違って、ウェブの場合はファーストビューからスクロールを縦にするしか方法がありません。そのため、ランディンページは心理学の原則に沿ったものなども有効になります。

タイトル
PDCAで回すランディングページ

考えに考え抜いてランディングページを作った後、ユーザーのマウスの動きがわかるというヒートマップ型のアクセス解析を導入して公開したんです。 導線を作って上げて、ここでこういう風にしてもらってというふうに作っていったのですが、すべては経験不足の机上の空論でした。ヒートマップ型のアクセス解析を見ると、ユーザーが悩んでいるのがすぐにわかりました。 どこへ向かおうかマウスが迷っているんです。このように実際に公開してみると思っていた反応を得られないと言うことが良くあると思います。 その時の検証用に、今回利用したようなヒートマップ型のアクセス解析はオススメです。これを導入して解析した結果からフィードバックをしっかりと得て、ランディングページを書き換えていく。 そしてまたフィードバックを得て、また作り直す。こういうPDCAサイクルのようなものが良いランディングページには必須のように考えています。 Webですから紙媒体と違って書き換えることが可能ですからね。悩まれている方は、ぜひ一度こういうプロトタイピングモデルにも似たランディングページの作り方を一度試してみて下さい。
タイトル
本当に必要な情報以外は短く

ランディングページは色々な人が見てくれるので、つい色々なことを書きたくなってしまいます。しかし余計なことをたくさん書いても、ただ見づらいだけの状態となってしまうのです。これでは売上を伸ばすことは一切できませんし、こうしたサイトにアクセスしただけで、何か変な臭いを感じられてしまいます。ランディングページは余計なことは書かず、本当の情報以外は短くすることをお薦めします。

必要な情報以外の部分を短くすることで、本当の効果を伝えやすくなります。これが伝わらないと売上に繋がっていかないので、導入部分は短めに抑えておいた方がいいでしょう。それ以外に効果が高いと思った部分については、しっかりと記載しておく方がいいです。肝心な部分が伝わらないランディングページというのは、ただ文章を載せているだけのサイトとなってしまいます。

ランディングページは必要な情報ほど多めに書き、要らない情報を小さくすることで見やすくなります
タイトル
スマホ用のランディングページは、文字サイズや画像は大きくしましょう

スマホ用のランディングページは、文字サイズや画像は大きくしましょう。文字サイズや画像が大きくしないと見えないようなものでは、ストレスをユーザーに与えるようになります。そのため、ランディングページからユーザーが離れて行ってしまうようになります。

ターゲットとするユーザーの年などでも、どのくらいの文字サイズや画像がいいかという見極めは違ってきます。実際に購入する人、あるいは年が近いユーザーに、スマホ用に作成したランディングページを実際に確認してもらうといいでしょう。文字サイズや画像のみでなく、全体のランディングページに関しての意見を聞くことによって、気づきを多く得ることが可能です。

ランディングページにおいて、アクションボタンは非常に大切なひとつの要素です。目につくように大きいボタンにしましょう。ボタンの色がサイトのメインカラーのものと同じようなものであれば分かりにくいため、目につくように反対色を使用するとより効果が期待できます。

タイトル
ランディングページを訪問する人は、7秒以内に自分が要求している情報があるかどうかを判断するそうです

ランディングページを訪問する人は、7秒以内に自分が要求している情報があるかどうかを判断するそうです。

特定の要求があるキーワードを使って、ランディングページへ検索エンジンから訪問した人は、すでにこの段階においてホットな状態になっています。そのため、検索ニーズにマッチしたキャッチコピーを準備し、明確にベネフィットを訴求しましょう。

実績エリアにおいては、実際のサービスや商品を利用した人の声を掲載しましょう。効果があるのは、取材風の第三者を使った記事や、該当するジャンルの権威のある人の声です。導入数や販売数などを紹介することによって、信頼感をアップすることができます。

行動エリアにおいては、チャンスは今です、資料請求をすぐに、というような行動を促すコピーにしましょう。ここで訪問する人をクロージングできなかった時は、サービスや商材によって、より詳しい情報が必要なこともあるため、再訪を訪問する人に促すために誘導を自社のサイトへ行ってもいいでしょう。

タイトル
ランディングページ最適化は、インターネット広告や検索サイトの検索結果のページから訪問したユーザーが、初めに見るページを改善する方法とされています

ランディングページ最適化は、インターネット広告や検索サイトの検索結果のページから訪問したユーザーが、初めに見るページを改善する方法とされています。ユーザーにコンバージョンとなる資料請求や商品購入などのアクションを促します。

ランディングページ最適化は、ユーザーが離れる率を抑制してコンバージョン率をアップします。

SEO対策やリスティング広告に多くの労力やお金を費やして、サイトの入口までユーザーを導いても、サイトからすぐに離れてしまっては全く意味がありません。そのため、大切なことは、ランディングページに、サイトの入口によって違っているユーザーのニーズや目的を掴んで、それぞれの要求に対応する情報やコンテンツを入れ込むことです。

アプローチを見込み客という潜在的なユーザーに対して行うためには、1つのランディングページで1つのサイトというのは必ずしも十分ではないため、多くランディングページを準備するようにしましょう。

タイトル
良いランディングページは、デザインから「信頼できる」

ユーザーがランディングページを訪れる直前にしていることは、検索です。欲しい情報が明確にあるのですから、リンクで飛んだ先にその情報がないとわかれば早急に立ち去ります。ですから、見た瞬間に「欲しい情報がありそうだ」と思わせられたなら、良いランディングページと言えるでしょう。



これにはデザインの担う役割も大きいと思われます。いくら内容が豊富でも、素人じみたちゃちなデザインだと読む気が失せたり情報の出所を疑いたくなったりします。販促系のサイトであれば、内容を参考は参考にされつつもアクション(=実際の購入)は別のサイトを利用されてしまう…という残念な結果を招きかねません。文字の大きさ、色、写真やイラストの取り扱いなどにも気を使うべきです。



また情報は豊富であるべきですが、だらだらと長い文章が羅列されているのも素人臭さが出ます。見出しできちんと分け、各項目は完結であることが望ましいです。



検索サイトから訪れたユーザーはまず、ページのどの部分が検索に引っかかったのかを知ろうとします。ですから、タイトルや見出しにそのワードが含まれているなら本文を読む気にもなるでしょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.