上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページはリスティング広告との連動が重要

ランディングページは多くの方にとっても大変重要な意味を持つのです。自分の好きなページを楽しんで作っていく事で素敵な毎日を楽しんで作っていくことは大変重要な事となるのですがどのようなページが多くの方の支持を得るかを考える事は大変重要且つ難しい事となるのです。素敵なサイトを自分で作ってアフィリエイトを行っていきたいと考える方や中小企業を経営する方にとってはこのようなページを自分で作っていく事は大変重要な事となるのです。ランディングページを自分で作っていく事は大変重要な事となるのです。デザインに拘ったサイトを上手く自分で楽しんでいく事は大変重要な事となるのです。ネットビジネスを楽しんで作っていく事は大変重要な事となるのです。素敵なサイトを作っていく事は大変重要な事となるのです。LPは多くの方にとっても大変重要な事となるのです。ランディングページとリスティング広告の関係を上手く捉える事でより効果的なサイト構築を楽しんでいく事が可能となるのです。インターネットで検索を行っていくと自分が検索を行って内容に類似した広告を目にする事も多いのではないのでしょうか。素敵な自分のサイトを上手く作っていく事でより素敵なサイトを楽しんで作っていく事も十分に可能となるのです。リスティング広告をクリックする事でランディングページに遷移するのですからそこを来訪する方は予め決められた意志を持ったユーザーが多いのは当然の事となるのです。そのようなユーザーをいかにして上手く取り込んでいけるかどうかを考える事は大変重要なネットビジネスにおいても大変重要な事となるのです。素敵なサイトを自分で作っていく事はこのようなリスティング広告との連動を考える事が大変重要な事となるのです。素晴らしいサイトを自分で作っていく事を考える事は高い広告効果とコンバージョンを確実に得る事の重要な事となるのです。最終的なコンバージョンを的確に得る事は大変重要な事となるのです。素敵なサイトを自分で作っていく時にこのような方法を確実い行っていければ大変素敵なサイトで自分の好きなサイトでの収益を確実に上げる事が可能となるのです。より快適なサイト運営をどのようにして楽しんでいけるかどうかを徹底的い考える事で大変素敵なサイトで自分の目的を確実に達成する事ができます。ネットビジネスを効率よく楽しんでいく事を是非考えてみてはいかがでしょうか。ランディングページはこのような方にとって最適なページとなるのです。デザインにも配慮した広告と上手く連動したLPを制作する事で制作の本来の目的が見えてくるのです。
タイトル
目的に合わせたランディングページの作り方

今やWebサイトを運営している人なら誰でもランディングページの最適化を声高に叫ぶ時代となっています。ランディングページを変えるだけで、コストをほとんどかけずに資料請求や購入率などの数字を改善できるからです。ただ、ランディングページを構成している要素が非常に多いため、どこから手を付ければ良いのかわからないという人も大勢います。 まず最初に分析することは、運営している各種ページの性質です。購入を目的としたページなのか、情報提供を目的としたページなのかを1つ1つ知っておく必要があります。全てのページが問い合わせや購入促進の目的で作られていればLPの最適化を行えば問題ありませんが、情報ページに関しては最適化しない方が良いケースもあります。 一番大事なのは、商品の購入やサービスの申し込みを促進するページで、営業でいればクロージングに当たるページです。売上に直結するこのページの改善にまず着手することが最優先となります。やり方は色々ありますが、デザインの一部を変えて試すABテストを行うのが一般的です。よく行われるのが、LPの中の最終クリックボタンの表示を目立たせる方法です。ボタンを大きくしたり、背景色を白にしてボタンを赤くするなどして、ユーザーがクリックしやすいように仕向けるのです。今は、縦長のページを制作するサイトが多いのですが、最後に押すボタンがわからなくなってしまいがちなので、一目でボタンの位置がわかるようにしなければなりません。 また他のデザイン面での工夫としては、商品ページを複数作る方法があります。たとえば、男性ユーザーと女性ユーザーの専用ページを作るのです。男性であればブルーのカラー、女性であればピンクのカラーにするなどして、LPのイメージカラーも変えていきます。こうすることによってコンバージョン率が改善されることがあります。さらにアクセスしてきたユーザーのエリア別に、表示するページを分ける方法もあります。北海道の人には北海道用のコンテンツを表示し、東京の人には東京の人用にコンテンツを表示させるのです。ページ制作の手間はかかりますが、試してみる価値はあるでしょう。 またLPのデザインを0から考えようとする人がいますが、それは無駄が多いので避けるべきです。すでに結果を出しているWebサイトが多数あるので、売れているとわかっているサイトをお手本にして、ボタンは配置や文言を作成していくことをオススメします。ランディングページの全てをオリジナルにする必要はないのです。
タイトル
ランディングページを作り込んでいく事で得られる満足とは

ランディングページは大変多くの方にとっても大変素敵なページを楽しんで作っていくには最適なページとなるのです。デザイン等に大変高い配慮を持っているページを作っていく事で大変素敵なページを楽しんで作っていく事が可能となるのです。LPは大変多くの方にとっては馴染みの深いページとなる事は間違いありません。しかし、自分の好きなページを楽しんでいく事で最適なコンバージョンを得る事は大変素敵な毎日を送っていく事とほぼ同じ意味を持つのです。デザイン等に配慮した大変素敵なページを楽しんでいく事で大変素敵なコンバージョンやアクセスを得る事が可能となるのです。LPの制作を楽しんでいく事は大変重要ですが、最終的に自分の好きなサイトで高い収益を得るにはどのようなページを楽しんで作っていく事が重要な事となるのでしょうか。ランディングページを楽しんで作っていく事でより多くのコンバージョンを得る事は大変重要な事となるのです。最近ではネットでの購買等を中心に行っていく層が大変多いのです。値段や即時性、希少性等の観点からしてもネットで上手く商品の購入を行っていく事でより高い利便性を得る事を考える方が多くなっても不思議な話ではないのです。しかし、このようなサイトは世間を見回しても大変多いのです。その中で自分のサイトを競合他社と比較してもより旨味のあるサイトであると認識を行ってもらうにはやはりネットでの基本的な考え方であるランディングページの制作には十分な配慮や注意を払っていく事が重要な事となるのです。ネットで最適なコンバージョンを得る事を考える方は大変多いはずですが、普段の自分の生活の中で効果的なセールスの方法をきちんと考える経験のある方は実は大変少ないのではないのでしょうか。ネットビジネスでは効果的な文言や人目を引く視覚的な効果を行っていかないと多くの方から支持されるサイトを作っていく事は大変難しくなってくるのです。ランディングページを上手く自分の好きなサイトとして楽しんで作り込んでいく事で得られる大きな満足は実は大変重要な意味を多くの方に提案する事となるのです。従来とは大変大きく異るネットビジネスの戦略が当たり前の時代となってきている中でいかにして効率的なサイトを作ってより多くの方から信頼されるサイトを作っていけるかどうかを考える事は極めて重要な事となるのです。是非、最適なサイト運営を行って自分らしいランディングページで今よりワンランク上のサイトを作っていく事を考えてみてはいかがでしょうか。
タイトル
ランディングページはシンプルな構成が重要な事

ランディングページとはネットビジネスを行う方にとって独特の用語です。自分の好きな事を行っていく中でネットで行っていけるクオリティの高いサイト制作等は大変重要な事となるのです。素敵なサイトから得られる多くの楽しみや刺激に満ちた体験は大変重要な思い出を多くの方に提案してくれるのです。LPは大変重要な意味を持つのですからやはり最適なサイトを自分で作っていく事で得られる満足を考える事は大変重要な事となるのです。LPは自分で作っていく中で素敵な毎日をネットビジネスで楽しんでいきたい方にとっては大変重要なページとなるのです。ネットビジネスでは普段とは異なる大変多くのアプローチングが大変重要な事となるのです。ただ単純に物事を紹介するようなページ構成だけでは普段の自分の好きな事を表現して最適なコンバージョンを得る事は大変難しい事となるのです。ネットビジネスの大変重要な点はこのようなコンバージョンを意識して的確なサイトを楽しんでいく事は大変有用な収益を上げる手法として感がられるのです。ネットビジネスにおいては自分の好きな事を楽しんで行っていく事が大変有効で誰でも平等にチャンスはあるのですが、その分、大変多くの方からシンプルに愛されるサイトを作っていく事が大変重要な事ともなるのです。ランディングページは大変優れたページとして多くの購買に直結するページですので、そのようなページをいかにして快適なページとするかを考える事は大変重要な事となるのです。デザインの面で優れたページを楽しんで作っていく事で大変重要なアクセスとコンバージョンを簡単に得る事が可能となります。ネットビジネスで成功したければランディングページを上手く作っていく事は今や当然のように重要な事となるのです。制作の際にデザインを意識して文字や写真等にこだわりを持ったサイトを作っていく事で素敵な普段の収益源を上げる事が可能となるのです。素敵な毎日の生活の中で自分のサイトを作っていく事は大変重要な事となるのです。是非、自分の好きなサイトを楽しんで作っていく事で得られる満足を収入面から考える事で最適なサイト構築を楽しんでいく事を考えてみてはいかがでしょうか。素敵なサイトを自分で作っていく事で得られる大変充実した時間は長い目で見てそのサイトを収益化させるには重要な方法となるのです。ランディングページでは自分の好きな事や多目的な表現よりもシンプルで多目的な表現が好まれるのです。
タイトル
動画をフル活用したランティングページの作り方

各種サービスを展開している方の課題となっているのが、ランディングページのデザインです。最初にデザイナーに制作してもらったサイトでも良いのですが、さらにユーザーの反応を良くしていくには、サイト改善が不可欠です。ランディングページの最適化という言葉がマーケティング業界では流行しており、どのネットショップやWebサービスも今や最適化されつつあります。こういった過激なLPOが進んでいくと、最終的には楽天のネットショップのように縦長のサイトばかりになってしまうのは目に見えています。しかし、ライバルと同じことをしていては差別化ができません。ライバルと違った新しい戦略を用いてこそ効果が得られるのです。 その新しい戦略の一つが動画の活用です。最近では動画をうまくLPに取り入れているサイトを見かけるようになりましたが、まだまだこれからと言えます。縦長のサイトではなく、スクロール不要の1ページにコンテンツを凝縮するLPのデザイン方法も現れ始めています。このようにランディングページの流行も少しずつですが、変化の兆しが見られているのです。 そこでまずは動画を使ってプロモーションをすることを推奨します。動画といっても本格的な撮影機材を用いてビデオを制作するのではなく、iphoneのようなスマホと三脚を使った撮影で十分な画質を得ることができます。そして合計で1時間ぐらい撮影した映像を、わずか3分ぐらいの動画に編集します。なぜ短い動画が良いかと言うと、視聴者はすぐに飽きるからです。今は長すぎる動画を作っても、視聴者は途中で離脱してしまいます。ですから、3分程度に収めるのが極めて有効なのです。編集も、最初はプロの手を借りるのではなく、パソコンで使える無料編集ソフト程度で十分です。切り貼りして、短くまとめましょう。簡単なキャプションをつければ、さらに効果がアップします。 動画の作成が完了したら、商品やサービスのLPの一番上あたりに配置すると効果的です。訪問ユーザーに対して、動画を自動再生するようにできますので、こうした設定もオススメです。ヤフーのTOPページに行くと、右上で広告の動画が自動再生されることがあります。このような動画を参考にすると良いでしょう。 また他のランディングページ改善法としては、オーバーレイがあります。これはポップアップ画面とも呼ばれ、スマホでサイトを閲覧した時に、サイトの上からかぶさるように表示されるもので、メルマガの登録を促したり、アンケートの申し込みを促進することが可能です。このような方法は、ユーザーから嫌がられることもありますが、コンバージョン率がアップすることもあります。実際にどうなるかはやってみるまでわからないので、試しに行なってみることを推奨します。
タイトル
ランディングページに代表者のコメントを載せることの効果

ランディングページにはその会社の代表者のことについて書かれていることがあります。どのランディングページにもそういったことが載っているというわけではないですけど、いろいろなページを見ていると、比較的目にする部分かな?と思うのです。代表者について何が載っているのか?というと、代表者についての自己紹介とその人のコメントが載っていることが多いです。その代表者が会社をどうやって運営しているのか?どういう気持ちで商品やサービスを提供しているのか?といったコメントが載っていることが多いと思われますから、直接そのランディングページで紹介している商品やサービスに関係してくる情報は書かれていないことが多いです。だから、一見するとあまり参考になるようなことが書かれていないということが多いのではないか?と思いますが、読者にとって有益なのは、代表者がどういう姿勢で会社を運営しているのか?を知ることができるということです。代表者の姿勢というのは、その会社の根本的な部分に影響を与えますから、代表者がある程度会社のあり方を左右していると言える面もあると思うのです。したがって、そこから何が分かるのか?というと、会社に対する信頼度です。これも漠然としたものかもしれませんけど、そこに書いてある代表者の姿勢から、なんとなくこの人は信頼できる、できないみたいな部分が掴めてくるのではないか?と思うのです。そうなると、会社の信頼から商品やサービスへの信頼へつながるわけですから、代表者のコメントが商品やサービスの利用への意欲に影響を与える可能性も十分考えられます。そういった効果が期待できる以上は、LPを制作する段階でそういったものを取り入れていくことを考えるのも良いのではないか?と思います。割と見られる例なので、全く効果がないとか、そういったことは考えづらいと思いますから。LPのデザインとしては、全体の真ん中あたりに代表者のコメントについて記載しているケースが多いように感じます。どこにこれを入れるか?のデザインに関してはまた難しいところかもしれませんけど、そこもちゃんと考えていきましょう。会社の代表者の顔を出して、考えていることを聞いておくだけでも、読者の心理面に影響があるのです。そういったことを知っておくと、ランディングページ以外でも応用が可能なのではないか?と思います。ランディングページを含めて、Web上での広告などを制作するときには、覚えておくと良いと思います。
タイトル
ランディングページにおいてオレンジを使うケースが多い理由

ランディグページを見ていると、それぞれにおいてベースカラーというか、中心になって使われている色が異なっています。どのページも一色しか使っていないということはまずないです。背景で言うならば白はだいたいどこも使っていますけど、それ以外に使う色の中でオレンジを使っているケースが割と目立つ気がします。オレンジをランディングページの制作において使う理由は何なのでしょうか?別にその会社のメインカラーとか、そういうわけではないでしょう。別に理由があるのだと思います。オレンジを使っている箇所というのはいろいろな部分で想定されます。背景だったり、文字の色だったり、強調する部分だったり、などなど活躍しているシーンはそれぞれで違います。そうなると、オレンジというのは結構重要な色としてランディングページでは使われているということも言えます。デザイン的に言えば、このオレンジを上手く使えば、ランディングページの効果も上がるということが言えるのではないでしょうか?オレンジを多く使う理由としては、やはり目立つというのが大きいと思います。しかも、割と優しい印象のある色でもあるのです。そうなると、赤とかと比べたときにより都合の良い色ということも言えるのではないでしょうか?例えば、学生時代にノートをとるときに強調したい部分に赤を使っている人もいましたけど、同時にオレンジなどを使っている人もいたと思うのです。オレンジという色は結構人気で、赤に近い役割を果たせると共に、赤ほど強烈な強さを感じる色ではないので、威圧感などを与えずに済みますから、そこが読んでいる方としても印象が良いと言えるのではないか?と思います。オレンジは比較的目に優しい色という部分が魅力的で、かつランディングページ全体の雰囲気を明るくしてくれます。背景にオレンジを使うと、雰囲気そのものを変える力となるでしょう。そして、強調したい部分や文字にオレンジを使うと、赤に近い形でインパクトを与えてくれるとともに、目に優しい色なので嫌悪感などもないということになります。したがって、非常にメリットがある色になるのです。色をどうするか?というのはランディングページのデザイン面では非常に重要な要素と言えます。色がどうなっているかでLPに対する印象は多少なりとも変わってくるものです。したがって、より印象を与えて快適に読んでもらい、少しでも商品購入などの気持ちを高めてもらえるようにするにはLPを制作するときにオレンジを取り入れてみると良いと言えるのかもしれないです。
タイトル
ランディングページではファーストビューに無料の情報を

ランディングページではいろいろな要素をアピールの材料として利用していくことになりますが、その中の1つといえば、無料という情報です。無料という情報は誰もが食いつきやすいため、ある程度強調していくことになりますが、実際に無料の要素が入っているランディングページならば、それをファーストビューからアピールしていくことが必要になります。なぜなら、ファーストビューはそのランディングページを見てくれた人を離脱させないような仕掛けをしていく必要があるからです。そういった意識のもとでランディングページは制作していかないといけないのですが、そのときにファーストビューのデザインを考えるときに重要なのが無料という情報で、これはどういう商品やサービスを扱うケースでも共通して使える要素なのです。何を紹介するときでも、無料という情報は共通して読者の魅力になります。したがって、ランディングページのファーストビューにおいて、読者を離脱させない、先を読ませるという役割を担うためには、無料のものを紹介したりするときには、その無料を絶対に載せた方が良いと言えるのです。無料と分かった時点で、コストを負担しなくても良いと認識できるので、その先を読み進めていって、魅力を感じられるものだったら利用してみようか?とか、そういった考えになりやすいです。ランディングページというのは、基本的にお金がかかる商品やサービスを紹介しているケースが多いので、どうせお金がかかるんじゃないの?という先入観で開く人が多いのではないか?と思います。そこに無料という情報が入ってくることで、良い意味で驚きが生まれると思います。その驚きによって、続きもちゃんと読んでくれる効果が期待できると思うので、無料の要素が含まれたものを載せるケースでは、ランディングページのファーストビューには無料という情報は確実に入れていきたいのです。LPを制作するときにはファーストビューはとても肝心です。ここを間違えると、以降をどれだけ素晴らしく作ってもほとんど読まれないみたいなことが起きるかもしれませんから。LPのファーストビューで無料を強調していくときには、どうやって見せるか?というデザインに関する部分もかなり重要になります。したがって、事前にかなり考えてからページを作っていかないといけないのです。無料という要素をどうやって表現するのが分かりやすいか?目立つか?読者の心に印象付けやすいか?などを特に考えていく必要があるでしょう。
タイトル
ランディングページでコンパクトに見やすく設計する方法

ランディングページにおいては一般的には情報をどんどん縦につなげていくケースが多く、それだけスクロールしないと見られない部分が多くあるという形が浸透していると思いますが、読者にとってより見やすいランディングページを目指すならば、もっとストレスを感じない形を模索すると良いのではないでしょうか?それはどういうことか?というと、よりコンパクトなランディングページのことで、載せるコンテンツの量は同じでも載せ方を変えることで、より読み手にとって気分よく見ていけるようなデザインのものを目指すと良いのです。具体的な制作の仕方はどうやるのか?というと、ポイントについて載せるときに1つずつ縦に載せていくというやり方をまずやめた方が良いと言えます。これをやると、どうしても縦に長くなるランディングページになりがちですから。この商品はここが違うみたいな部分をポイントを複数挙げて紹介していくようなケースがあると思うのですが、ランディングページでそれをやるときには横を使って紹介していくと良いと思います。というのも、縦に重ねていくと、横のスペースが余っているなんてことが結構あるのではないでしょうか?したがって、例えば6つのポイントを紹介するときには、6つを縦につなげるようなデザインにするのではなくて、2つずつ横に並べて3段にしていくと良いのではないでしょうか?そうすることで、少しすっきりする印象を与えられると思いますし、同じコンテンツの量でも、スクロールする時間が少し減りますから、読み終わるまでの時間も少し短縮できるといった効果があると思います。こういうデザインを採用している例はかなりあると思います。ポイントをいくつか載せていくようなときに、1つずつ縦に重ねているケースの方がむしろ、少ない印象です。ランディングページでは横をちゃんと利用して、スペースを有効活用するように、2つずつを横に連ねて、それを何段かにしているケース、または3つずつ横につなげて、何段かにしているケースなどが結構見られます。だから、実際によく使われているデザインの例とも言えると思うのです。ランディングページを制作するときには、他のLPをよく観察していくということも重要になると思いますけど、そういったところを見ていれば多くが気が付くポイントかな?と思う点を紹介しました。こういったところはLPを見やすく整備して、読者にとっても気持ちよく読み進めやすいデザインと言えると思いますから、是非多くの方にやってみてほしいと思います。
タイトル
資料請求のためのランディングページではネタバレをすると良い?

ランディングページを制作するときには、そこからある程度ネタバレみたいなのをしていく必要があるというケースが存在するので、それは知っておくと良いのではないでしょうか?例えば、ランディングページから資料を請求してもらうという狙いで作られるケースがあるはずですけど、その場合には資料の内容を結構具体的にネタバレしてしまうというのが良いと思います。ここでいうネタバレというのは、内容をそのままランディングページに載せるということを意味しているわけではありません。内容をそのまま載せてしまうのではなく、どういう内容が載っているのか?というポイントや項目だけを載せるということになります。内容をそのまま載せてしまったら、資料を請求してもらう意味はないですし、そもそも内容をそのまま載せられるほどのスペースはランディングページにはないでしょう。したがって、現実的に載せられるのはポイントだけというか、何が載っているのか?という項目部分だけで良いと思います。何が載っているのか?の概要さえ分かれば、資料請求をする意味があるか?どうかを事前に判断できると思いますから。そこがとても重要になってくるのです。資料請求をする意味があるか?どうかを判断できないと、資料を請求してくれる人がそもそもそんなにいないということも言えます。逆に中に何が載っているのか?をある程度事前に知ることができれば、期待が持てる人と持てない人に分かれる可能性があります。中身のネタバレを見て、期待が持てないと思って、資料請求をしない人も出てくると思いますが、何が載っているのか?を知ることで、資料を読んでみたいと思えれば、資料請求をしてくれる人も出てくるはずですから、そういった中身のネタバレはランディングページを制作するときには必要になってくると言えると思います。ランディングページの中では資料請求のアクションをする箇所、必要事項を入力して送信する箇所の付近に、中身がどうなっているのか?何が載っているのか?のポイントだけでも分かりやすく明記していくことが重要になります。資料請求をすることができる場所まで辿り着いた人が、資料にはどういったことが載っているのか?が認識できるように、中身のネタバレを記述する場所もちゃんと考えてデザインをしないといけないのです。LPを作るときにはそれぞれの目的によって、デザインや入れるべきコンテンツなどが変わってくるはずですが、資料請求を意図して作るLPというのも非常に多くあると思うので、そういったものを作るときにはすでに話したことを参考にしてもらえると良いと思います。
タイトル
ランディングページで集客を増やす方法を考える

ランディングページで集客を最適に集める事は大変重要な事となるのです。デザインに拘った最適なページを作っていく事は大変j重要な事となるのです。デザインに拘って素敵なサイトを作っていくことも重要ですが、総合的なサイトとは大きく異なり、このようなサイトをいかにして作っていけるかどうかは大変重要な事となるのです。制作の段階で快適なサイトを作っていくことは大変重要な事となるのです。ランディングページを効率良く作って行く事で大変素敵なサイトを楽しんで作っていく事が可能となるのです。LPは大変重要な事となるのです。自分の好きなサイトを作っていく事でより快適なネットビジネスを楽しんでいく事が可能となるのです。素敵なサイトを自分で作っていく事で最終的な購入や購買等が大変簡単に行っていけるのですから、いかにして集客を集める中で他のサイトと比較しながら最適なサイトを作っていけるかどうかを考える事は大変重要な事となるのです。LPでは多くのサイトを自分で作って行く事は大変重要な事となるのですが、文章の書き方一つで相手に与える印象等も大変大きく変化しますので、その点を十分に考える事は大変重要な事となるのです。素敵なサイトとはいかにして相手に高い興味を持ってもらえるかどうかを真剣に考える事と一緒の事となるのです。サイトを構築する中でいかにして素敵なサイトを作っていけるかどうかを考える事は大変重要な事となるのです。ランディングページでは効果的な集客を集める事は大変重要な事となるのです。制作を自分で楽しんで行くことでより効果的で素敵なサイトを楽しんで作っていく事が可能となるのです。ランディングページを自分で楽しんで行くことは大変重要な事となるのです。普段から最適なページを作っていく事で得られる満足を考える事は大変重要な事となるのです。最適なページを楽しんで作って行くことは大変重要な事となるのです。素敵なサイトとはいかにして相手が知りたいポイントを絞って最適なページを作って相手に効果的に訴求を行っていけるかどうかを考える事なのです。より素敵なサイトを楽しんで作って多くのアクセスやコンバージョンを得る事を考える事は大変重要な事となるのです。多くのサイトを楽しんで作っていく事で得られる満足を考える事は大変重要な事となるのですから、その点を考える事でより素敵なサイトを楽しんでいく事が可能となるのです。素敵なサイトを楽しんで作っていく事は大変重要な事となるのですから、そのような表現を徹底的に追求する事が重要な事となるのです。
タイトル
ランディングページが持つ、特徴に関しての概要

ランディングページといったものはインターネットを利用している方にとっては日常的にも常識的な意味合いを持つものといえます。このため、まずはこのページ自体に関しての定義をある程度理解をしておく必要性があるかもしれません。 現在のところ、最近のインターネット環境やコンピューター端末仕様などと照らし合わせたうえで、どうやら広義と狭義からなる機能面での定義の仕方が、2つ存在しているような感じでもあります。それではそれらについて触れてから、ランディングページそのものの特徴について、大まかに触れていきます。 まずは広義での意味に関してですが、その一番最初にアクセスをしたサイトやページから、さらに最初に訪問するWEBページ一般の事をいいます。実はこの広義での呼び方にはきちんとした理由があり、あるページやサイトにはどれも複数のそれらが存在していて、違いと言えば、扱うユーザーさん毎による違いに過ぎないという点です。そうした広義の意味での定義の呼び方があります。 これに対し、今度は狭義の意味での呼び方についてです。この場合、インターネット上にある広告へリンク元の設定を行い、そこの1ページのみでお問い合わせや資料請求依頼、購入などを促すための、独立がなされているページそのものを指すという意味になります。つまり、そこのサイトやページそのものの全体仕様の事を指す事になりますので、LPO(Landing Page Optimization:ランディングページそのものの最適化)での定義というカタチになります。その場合には、デザインや制作過程などの調整をする際の定義となります。 これらの各2つの定義について触れたうえで、それではランディングページそのものの特徴に関して触れてみます。俗に「LP」などといった略称でも呼ばれたりはしますが、わかりやすくいうと、新聞の折り込みチラシなどのような感じといえます。全ての機能が備えられていますので、リンクが存在していません。そして2つ目は、基本的に縦長であり、縦スクロールが必要な点です。3つ目は、テキスト仕様などよりもイメージ画像の方を多用します。4つ目はデザインそのものが派手な柄です。そして最後の5つ目は、押しボタンサイズ自体がとても大きな点です。以上の5つからなる特徴がありますが、これらのような特徴なども、やはりなるだけ多くのユーザーさんの方の利便性を考慮をされた制作仕様といえますので、そうした面でもとても利用価値が高いものと断言出来ます。
タイトル
ランディングページで得られる多くの満足感のあるサイト

ランディングページは全てのネットビジネスを行う方にとってお大変重要な意味を持つページとなるのです。素敵なサイトを自分で作っていく中で素敵な毎日を楽しんでいく事が可能となるのです。自分の好きなサイトを自分で作っていく事で素敵な毎日を送っていく事が可能となるのです。ランディングページは大変重要且つ多くの方にとって重要な意味を持つのです。LPは最終的にはサイトの成否を決める大変重要な事となるのです。自分のサイトが提供する商品やサービスを多くの方に提案する事は大変重要な事となるのです。ランディングページで得られる大変多くのアクセスやコンバージョンを考える事で大変素敵な普段の自分の性活を満足させる事が可能となるのです。ネットショップでは普段とは異なる多くのアプローチングが大変重要な事となるのです。素敵なお店を楽しんでいく事で得られる満足は時に大変大きな意味を持つのです。ランディングページで得られる満足を考える事で普段とは大変異る素敵なデザインを考える事が可能となるのです。LP制作を楽しんでいく事によって最終的には大変多くの売上等で自分のサイトをもっと素敵に楽しんでいく事が可能となるのです。制作の際に高いデザイン等を上手く使って素敵なサイトを作っていく事は大変重要な事となるのです。素敵なサイトを自分で作って行くことでより快適な毎日を楽しんでいく事が可能となるのです。素敵な普段の性活の中でいかにして多くの方にとって最適な普段の性活を楽しんでいけるかどうかを考える事も重要な事となるのです。ランディングページで多くのサイトを楽しんで作って行ければ大変素敵な毎日を送っていく事が可能となるのです。素敵な普段の生活をもっとシンプルにする為いはやはり最適なコンバージョン等をサイトから得る事が重要な事となるのです。普段の自分の好きなサイトをいかにして上手く作っていけるかどうかを考える事を考える事で素敵な自分らしいサイトやアフィリエイトで想像を超えるような収益を得る事が可能となるのです。収入に直結する最適なサイトを作って行くためにはやはりランディングページを作っていく事が大変重要な事となるのです。サイトの構成や色等、大変多くのポイントを徹底的に考えて最適なサイトを自分で作っていく事が売れるランディングページ作りにとっては最適な方法となるのです。素敵な普段のページ作りを楽しんでいく事を考える事で得られる満足を存分に感じてみてはいかがでしょうか。
タイトル
ヒートマップを使ってコンバージョン率を上げる方法

ネットショップを運営している人であればランディングページの重要性を認識しているはずです。ランディングページの最適化はどこでも言われていますし、実際に最適化を行うことで売上や利益が上がったという事例も多くあります。最適化には様々な方法がありますが、まだあまり浸透していないのがヒートマップです。ヒートマップとは、サイトを訪問したユーザーのカーソルの動きをカラーで色分けしたマップのことで、このヒートマップを見ることでユーザーの動きを知ることができるような仕組みになっています。 ヒートマップを導入する利点は、LPのデザインを変更した後に、どのような変化が起きたかをダイレクトに知ることができることにあります。たとえは、ヘッダーの位置やサイズを変更した時に、どの場所がクリックされやすくなったかを知ることができます。もちろんコンバージョン率の変化も重要となります。 また縦に長いページを制作している場合はスクロールバーがあるはずですが、訪問ユーザーがどれくらいランディングページをスクロールしたかを知ることもできます。スクロールしている量が少なければ、ページ下部にあるコンテンツは読まれていないことがわかりますし、当然フッターのような最下部には目線が行っていないことがわかります。そのような場合は、重要なコンテンツをページ上部に集中させるなどの対策を行うことができます。 その他に、購買に結びつかないクリックの場所も知ることができます。情報提供の一環として用意しているページがあっても、購買意欲に貢献しないページであれば削除した方がコンバージョン率が上がるかもしれません。削除したほうが良いのか悪いのかはABテストを行わなければわかりませんが、ランディングページに少しでも無駄なデザインの部分があるのなら減らしていくことが大切です。 またバナーを制作している場合は、バナーのどの位置がクリックされているかを知ることができます。クリックしてほしい部分のクリック率が低い場合は、クリックボタンの表示を大きくするなどの工夫ができますし、工夫の効果があるかどうかも、ヒートマップを見れば一目瞭然です。バナーよりもテキストの方がクリック率が良いかもしれませんの、これもまたABテストする必要がでてきます。 ヒートマップは有料のモノが基本となってしまいますが、うまく使えばすぐに元が取れます。LPをどう改善したら良いかわからない人も、ヒートマップを眺めればすぐにアイデアが湧いてくることでしょう。
タイトル
ランディングページにおいての、リンクが存在していない理由

そもそも、ランディングページ自体が持つ特徴というものは、リンクが存在しない・縦長及び縦スクロールの必要性・イメージ画像使用がメイン・デザインの派手さ・ボタンサイズの大型仕様、などの5つからなります。今回の記事では、それらのうちの1つである『リンクの不存在』の理由について触れてみます。 元々、このランディングページ自体はネット広告へリンク元のシステムの設定を行い、そのうえでその1ページのみで、お問い合わせや資料請求、購入促進などを行うための、それ自体が独立しているページになりますので、もうそのような狭義での意味合いからも、わかりやすくいえば、1枚の広告紙と同じである事がわかります。この点で、その他の普通のWEBページなどとは大きく異なります。 普通のものの場合、1つ1つ各々リンクを貼付しながら、それを利用するユーザーさんへ多くの選択肢を用意をしたうえで、そのユーザーさん本人は、関心があるテーマの選択をする事が可能になり、目的であるページへ到着したりする事が可能となります。これがいわゆる通常のページ及びリンクなどの形になりますが、ランディングページにおいては、これらとは全く異なる制作仕様になります。 基本的に、同ページにおいてはその役割自体が、先程も話したように、お問い合わせなどもその場から得たり出来る事でもあります。そして一般的に、お問い合わせ自体は必ず入力フォームなどの記入が必要になったりしますが、それ自体が終点になりますので、このため、リンク先そのものに関しては、入力フォームの1ヵ所のみへ限定をするという形になっていきます。ここが、通常のWEBページなどとは大きく異なるところといえます。 ただ、同ページにおいて気を付けなくてはならないところといえば、それゆえに、通常のWEBページとは真逆である点です。通常物の場合、多くのリンクを貼り付ける事により、その分だけ多くの選択肢といったものを、ユーザーさんへ与える事になります。しかしランディングページにおいては、ユーザーさん自身には選択肢を与えたりする事が一切無く、そのうえ、フォームへの入力あるいは記入などをするか否かに関しての2択を迫るような仕様になっていますので、ここがやはり、LPならではの大きな特徴の1つであるといえるかもしれません。 そうした特徴の1つがあるゆえに、デザインや制作仕様、それぞれにおいての独自性があるという点が、このLPならではのリンクが不要である特性に他なりません。
タイトル
ランディングページでは文字の大きさはやや大きめに

ランディングページで気になる部分があるとすれば、文字の大きさです。ランディングページごとに文字の大きさは結構違いがありますし、1つのランディングページ内でも箇所によって文字の大きさは違います。というか、意図的に変えているのだと思います。強調する部分とそうじゃない部分で文字サイズを使い分けているケースは多々あるでしょう。そういった中で文字サイズをどうやって決めるか?というのは非常に重要な決断です。基本的には文字サイズが大きい方が読みやすいです。限度というものがあるので、どれだけ大きくても良いわけではないですけど。ただ、一定の限度までならばある程度文字サイズは大きい方が良いと言われています。逆に文字が小さいと読みづらいというのもありますし、そもそも読む気にならないというのがあります。大きな文字ほど目立つので、自然と目に入ってきます。だからこそ、無意識のうちにそれを読んでしまいますが、文字サイズが小さいケースは自然と目に入ってきづらく、読んでくれないケースもあるのです。つまり、ランディングページの内容への理解やそこから発生する購買意欲などを考慮するならば、ランディグページの制作においては文字サイズはできるだけ大きくした方が良いと言えるのです。しかし、文章の量がある程度必要な箇所、長く説明文を書かないといけないような箇所はどうしても発生してしまうでしょう。そういったときには文字サイズを小さくしていくといったことを選択するケースがあると思います。しかし、文字サイズを小さくすればするほど読みづらくなり、読んでもらえない可能性を増すことになってしまいます。それは非常に困ります。つまり、このケースでは文字サイズを大きく保つためには文章量を少なくしていくことが必要になり、それをできる限り実行するのが賢明と言えるのではないでしょうか?文章量が多いままで文字サイズも大きくすると、デザイン的に不自然に見えたり、ランディグページの長さが長くなりすぎたりすることもありますから。ランディングページの中の文字サイズをある程度の大きさにして、読者に対して自然なデザインとして見せるためには、長く説明をしないといけない箇所を、より短く簡潔に言い換える技術が必要になるのです。そもそも長い文章は文字サイズなどとは関係なく、それだけで読む気を減退させてしまうこともあるので、LPではできるだけ1つの文章のまとまりは小さくしていけるように制作をした方が良いと言えます。したがって、どのLPにおいても1つのまとまりとなる文章の量をできるだけ少なくして、文字サイズをその分大きくしていくという作業が必要になるのではないでしょうか?
タイトル
ランディングページで取引先の企業を載せる意味

ランディングページを見ていると、そのページの会社が取引している会社の一覧が出てくることがあります。商品販売よりはサービスの利用について紹介されているランディングページにこういった情報は多く載っている気がしますが、実際にこれは必要な要素なのでしょうか?気になる人も多いかと思います。こういった情報は入れても良いと思うのです。というのも、取引している会社の情報を載せることで、ランディングページ全体にマイナス面などがあるわけではないと思いますから。つまり、それを掲載することにより、印象がよくないといった心配もないでしょうし、スペースを多くとるわけでもないので、問題視すべき部分は少ないと思います。では、逆にメリットはあるのか?というと、なんとなくのイメージアップにつながることがあります。こういったケースで載っているのは、だいたいが名が通っている企業です。つまり、世間で多くが知っているような企業と取引をしているという部分により、それだけの会社の存在感をアピールできます。また、それだけの有名企業と取引ができているならば、それだけ客観的な信頼度が増すのではないでしょうか?大企業が一緒に仕事をしているということになれば、変な会社じゃないだろうということも言えますから。したがって、ランディングページを制作するときに実際に取引をしている会社の中に、多くが知っていると言えるような会社が含まれているならば、それを載せておくことは読者に対して、プラスの印象を植え付けることができると言えると思うのです。そういったところに期待してランディングページを制作するときに取引先の企業の情報を入れるというならば、それは売り上げにも効果を発揮する可能性があると思います。したがって、誇れるような取引実績を持っているような会社は、こういった情報を入れてLPをデザインしていく意味があると言えます。たいていのケースでは企業名を明記しておくというよりは、企業のロゴを掲載しているケースが目立ちます。普段から見慣れているロゴの方が読者としてもしっくりくるみたいな傾向があるのではないか?と思います。こういったところからでもLPの売り上げにつながる可能性があるならば、やってみてほしいと思いますし、導入している例がいくつかあるという意味では、効果が十分に期待できると言えるのではないでしょうか?デザイン面などで考慮すべき点はありますが、上手くやればランディングページの中でも重要な存在になってくれる可能性があると思います。
タイトル
ランディングページにおけるQ&Aの作成について

ランディングページを作成するときに欠かせないとまでは言えないかもしれませんが、Q&Aといった箇所を用意している例があります。Q&Aはそのランディングページを見た人が恐らく気になっているであろう事柄について、事前に説明を加えていて、それを見て納得してもらうために用意しているものです。これを掲載していないランディングページも普通にあると思いますが、載せているランディングページも多くあるので、知っておいてほしい部分にもなります。しかし、ランディングページを制作するときに、Q&AのQの部分はどうやって決めると良いのでしょか?ランディングページをこれから作る予定の場合には、そこで悩む人たちも出てくるかもしれません。Q&Aは必須とは言えないかもしれませんけど、作っておくと便利に感じる読者も多くいると思うので、用意しておけるならばそれに越したことはないと思います。そこでいざQ&Aを作ろうとしても、Qの部分をどうするか?が問題です。1つおすすめなのはランディングページを制作して1度公開したうえで、そこに寄せられる質問をQにしたうえで、Q&Aを作るという方法です。ランディングページは見てくれる人がいれば、定期的に質問などのメールがくる可能性がありますから、それを参考にして、Q&Aの部分を作っていくという方法でも悪くないと思います。それ以外の方法でいうと、自らの想像力を働かせるということもできるでしょう。つまり、どんな疑問を読者なら抱くか?を事前に予想して、それをQ&Aの部分に入れてランディングページを制作していくということです。そういった方法をとれば、Q&Aをちゃんと用意した状態でランディングページを公開することができます。また、公開してからさらに別の質問がメールなどでくれば、その中で特に載せておいた方が良いと思うものは載せていくなどの手段もとれますし、臨機応変に対応ができるのではないでしょうか?そういったことを踏まえてランディングページのQ&Aを考えてもらいたいですけど、デザイン面も重要です。Q&Aをちゃんと読んでもらうためには、LPの中でデザインをある程度強調することも重要ですし、あとはどこに配置するか?も重要です。LPを読み進めていく中で、どこにQ&Aがあるのが最も理想なのか?読み手の立場になって考えていくことが本当に大切と言えるのではないでしょうか?Q&Aを上手く作成できれば、それによってランディングページからの売り上げが上昇する可能性もあります。
タイトル
ランディングページで自分のサイトを徹底的に強化する

ランディングページはネットビジネスを成功させる上で大変重要なビジネスとなるのです。デザイン等に高い配慮を行っていく事で自分にとって大変素敵なサイトを作って大きく売上等を調整sることが可能となるのです。LPは大変多くの方にとって大変重要な事となるのです。制作を自分で行っていく上で大変素敵な毎日を行っていく事が可能となるのです。制作を楽しんでいく事は多くの方にとって大変重要な事となるのですが、ランディングページの本来の目的を考える事で何を中心に多くの事を行っていけばより高いコンバージョン等を得る事が可能となるかを考える事が可能となるのです。デザインを拘って作り込んでいく事で大変素敵なサイト制作を楽しんでいく事が可能となるのです。素敵なサイトを自分で構築を行って楽しんでいく事で大変素敵なLPから多くのコンバージョン等を得る事が可能となるのです。売れるサイトぉ作っていく中出ランディングページは大変重要な役割を果たす事をしっかりと認識する事は大変重要な事となるのです。素敵な体験を行っていく中で最適なコンバージョンを得る事は大変重要な事となるのでっすが、最新のサイトを沢山作っていく事でより満足のいくサイトを作っていく事は大変重要な事となるのです。普段から自分らしいサイトを楽しんでいく事でよい素敵な毎日を楽しんでいく事が可能となるのです。刺激的で購買を徹底的に刺激するサイトを上手く作っていく事でより素敵なサイトを楽しんで作っていく事が可能となるのです。効果的なセールスの文言等をそこに盛り込んでいく事で得られる満足を考える事はどなたにとっても大変刺激的で素敵なサイトを楽しんでいく上では大変重要な事となるのです。より快適で素敵な普段の性活を楽しんでいくためにネットビジネスを成功させる事は大変重要な方法となるのですが、普段から多くの他のLPを比較しながら最適なサイトを作っていく事は大変効果的なサイト構築を楽しんでいくにはうってつけの方法となるのです。素敵なサイトを自分で作っていければ大変多くの収入を獲る事が誰でも可能な時代となっているのです。最適なサイトを楽しんでいく事で得られる最適なコンバージョンやその他のアクセスからの引き合いを手に入れる為には是非ともランディングページのクオリティを上げる事を考えてみてはいかがでしょうか。ネットビジネスの成功を収めるにはこのような方法で最適なコンバージョン等を得る事が重要な事ととなるのです。
タイトル
ランディングページで自分のページの収益を上げる

ネットビジネスにおいてはいかにして素敵な毎日を楽しんでいけるかどうかを考える事は大変重要な事となるのです。LPを自分で作っていく事でネットショップ経営を成功させたいと考える方は大変重要な事となるのです。ランディングページは他のページと大きく趣が異なりますので、その点を十分に理解できないと最適なページを作っていくことは大変難しい事となるのです。デザイン等の面で自分の好きな事を行っていく事でより快適で素敵なページを楽しんでいく事が可能となるのです。デザインはシンプルで1ページにおいて多くの内容を端的に表現を行っていく事が大変重要な事となるのです。ランディングページを自分で作成を行っていければ誰でも自分のお気に入りを楽しんで作っていく事が可能となるのです。制作の段階で自分の好きなページを作って行ければ最終的なコンバージョンを得る事も簡単に行っていく事が可能となるのです。制作の中で一番気にかけなければならない点はやはりコンバージヨンを得る為いどのようなページを作っていけるかどうかを考える事なのです。普段の自分のページを作っていく中で最適なページを作っていく事は実は大変重要な事となるのですからその点をきちんと考える事で視覚的な表現をきちんと意識したページを作っていくことは大変重要な事となるのです。いかにして最適なページのコンバージョンを得るかを考える事は大変重要な事となるのです。ランディングページを自分で作っていく事は大変重要な事となるのです。最適なLPを自分で作っていく事で最適な満足を楽しんでいく事が可能となるのです。普段の自分の好きなページを楽しんで行ければ必然的に多くの最適なページの中で素晴らしいページを楽しんでいくことが可能となるのです。いかにして誰もが興味を持って楽しんで購入を行っていけるページを作っていけるかどうかを考える事は大変重要な事となるのです。素敵なサイトを作っていく事で得られる満足は大変重要な事となるのです。やはりネットビジネスを成功に導いていくには最終的なコンバージョンを得る事は大変重要な事となるのです。上手く値段やスペックを表現する事で大変素敵な毎日を楽しんでいく事で得られる満足は大変多くの方にとって大変重要な事となるのです。素敵な毎日をいかにして素敵な毎日を楽しんでいくかを考える事は大変重要な事となるのです。その点を考える事で得られる満足を考えて行ければ大変素敵な収入をネットビジネスを行っていく事が可能となるのです。ランディングページはそれだけ多くの意味を持つのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.