上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
良いランディングページは情報が塊になってきちんと整理されている

デザインのひとつの手法で情報を整理する際に近接させるというのがあります。ふたつの情報が近接していた場合に、人間はひとつの塊として認識するんです。ようはひとつの情報として読み取るわけですね。良いランディングページではこういった情報のグループ化が上手くできているように感じます。縦に長いだけで何が言いたいのか、どこを見て良いのかわからないランディングページって意外に多く感じています。イラストがふんだんに使われていて一見、訴求力があるかなと思いきやただたんに目立つイラストが同じような体裁で沢山使われているだけで何が言いたいのかわからない。先ほども書いた、情報の整理がされていないから起こる現象ですね。塊として見ることができない。塊として見ることができないと人間はなかなか素早く情報を認識することができないんですね。ようは何が言いたいのかスッと入ってこなくなるわけです。良いランディングページはここらへんの作り方が上手いですね。
タイトル
良いランディングページを作る為には何をすればいいのか

ランディングページの目的は、基本的には商品を宣伝することです。健康食品や化粧品の宣伝をするためにランディングページは用いられるのです。ここで一番大切なことは、商品の魅力を伝えることです。その商品を利用するとどのような効果があるのかを、ひと目で分かるようにランディングページをデザインしていけば良いのです。

長文を用いるのは控えて、必要な内容だけを凝縮して表示するのがコツです。多くのネットユーザーは一つのホームページを長時間は見てくれません。ちょっと見て、分かりにくかったら次のページに行ってしまいます。

ですから、まずは効果をはっきりと記述することと、価格を表示することです。この2つをすぐに理解できるようにランディングページをデザインしなければならないのです。

文章だけではわかりにくいので、写真やイラストも使用すれば直感的に理解することが出来るランディングページを制作することが出来るのです。そして、商品の販売ページにリンクをしておくことで、売上を伸ばすことが出来ます。
タイトル
良いランディングページは記憶に残るような反復要素がある

ランディングページの目的は、基本的には商品を宣伝することです。健康食品や化粧品の宣伝をするためにランディングページは用いられるのです。ここで一番大切なことは、商品の魅力を伝えることです。その商品を利用するとどのような効果があるのかを、ひと目で分かるようにランディングページをデザインしていけば良いのです。

長文を用いるのは控えて、必要な内容だけを凝縮して表示するのがコツです。多くのネットユーザーは一つのホームページを長時間は見てくれません。ちょっと見て、分かりにくかったら次のページに行ってしまいます。

ですから、まずは効果をはっきりと記述することと、価格を表示することです。この2つをすぐに理解できるようにランディングページをデザインしなければならないのです。

文章だけではわかりにくいので、写真やイラストも使用すれば直感的に理解することが出来るランディングページを制作することが出来るのです。そして、商品の販売ページにリンクをしておくことで、売上を伸ばすことが出来ます。
タイトル
読者が求めているものを出す

ブログやHPなどで重要なのは、訪問した読者が必要としている情報を的確に・素早く見つけることができるか、ということです。

前置きに記事の概要を述べることはもちろんですが、求められている情報(悩み系サイトなら解決策や解決に必要な道具)などをしっかりと書く事です。

続きはこちら…というように、どこに解決策があるのかわからないページは不親切だと思います。(特に後日書くというようにしているのに、更新が止まっているなど)

せっかく最後までスクロールして読んだのに、どういうこと?と思いますよね。

商品を紹介するページが悪いわけではありませんし、その商品の情報を求めているのですから、必要なページなのです。

しかし、最終的な答えが書けない場合はヒントとなるキーワードや商品のリンクを張るのを忘れないようにしたいです。

最後に、ライティング全てに言えることですが、誤字脱字があると読みにくいことこの上ないので、推敲とチェックをしてからアップしましょう。
タイトル
安定した結果を出せる書き方、QUESTフォーミュラ

インターネットでの売上を大きく左右するは、ランディングページです。ランディングページの成約がたった1%違うだけで、あなたの売上は大きく変わってしまいます。そんなあなたの売上を大きく左右するランディングページにおいて、素人がやっても良い結果を出せ、中級者や上級者がやっても安定した結果が出せる書き方を紹介していきます。

そのランディングページの書き方とは、QUESTフォーミュラです。これは5つの英語の頭文字で、それぞれ、Qualify、Understand、Educate、Stimulate、Transitionです。この流れでランディングページを作ると、上手くいきます。それぞれについて、簡単に説明していきます。

Qualifyはターゲッティングです。「私なら、あなたの悩みを解決できる。」ことを話します。この時、実際に問題を解決した実績や何かの権威があるとより効果的です。

Understandは理解や共感です。「私にもあなたの悩みはわかります。」と相手を悩みを理解し共感することで、読み手とあなたの距離は近づきます。

Educateは教育です。あなたの商品の特徴やメリット、あなたの商品がなぜその悩みを解決できるのかなど、あなたの商品をアピールします。

Stimulateは利益です。商品を使って悩みを解決したら、どんな素晴らしいことが起きるのかを伝え、読み手を興奮させます。

Transitionは行動です。「今すぐ申し込んでください。」など、読み手に取ってもらいたい行動を書きます。

以上の流れに沿って、ランディングページを書くと、成約率が高くなります。

もしあなたのランディングページが、QUESTフォーミュラに沿って書かれていなければ、試しにQUESTフォーミュラで書いてみてください。<
タイトル
ユーザーが知りたいことをしっかり伝える

よいランディングページを作るうえで大事なポイントは、ユーザーが知りたいことがちゃんとそのページ内で伝わる構成であることです。

たまにあるのが、他のページに遷移しないと知りたい情報が得られないようなサテライト機能を兼ねたランディングページですが、現代のインターネットユーザーは、速いデータ速度で閲覧できる環境にも拘わらずページ遷移を億劫に感じる傾向にあります。それは、インターネット閲覧に使用するデバイスがモバイル機器になったこととも無縁ではありません。モバイル機器でページを遷移するのは、戻る時もデータを読み込むのにタイムラグが発生するので煩わしく感じるのです。

そのため、リンクでページ遷移させるのは、ユーザーがそのページの目的にたどり着くためのアクセスのみというのがベストです。例えばアプリケーションのランディングページであれは、アプリをダウンロードできるサイト、キャンペーン登録のランディングページであれば、メールフォームページへのリンクは大きくボタンで設置します。
タイトル
ランディングページを効果的に作る2つのポイント

ランディングページは、一言で説明すると「効果的な広告とその量によって顧客の購買意欲を高めるページ」の事です。

費用対効果の高いランディングページを作るための、大きな2つのポイントを説明します。

1つ目は広告量の度合い、2つ目は広告の質を高める配置(導線)です。これを明確にすることが重要です。

・広告量の度合い

作成の目的によって広告量は変わります。

購買意欲を高めるページならいかにその商品が魅力的かを伝えるために広告量を増やし繰り返し伝えるのが効果的です。

また無料会員を増やしたいなら、広告量を最小限にいかに簡潔に伝えるのかに重点を置くのが効果的です。

・広告の質を高める配置(導線)

購買意欲を高めるページなら構成した広告の中の合間合間に購入ボタンを配置します。

例えば上、中、下段に配置すると、顧客が興味を示して意欲が湧いたその先に購入ボタンを押しやすい構成にします。

無料会員を増やしたいなら、構成を簡潔にし、ボタンが多くあるれのではくどすぎます。

会員になるといかにお得なのか、それを簡潔に伝え終わったところにボタンを配置します。

広告量は費用に直結する要素です。上記のように広告の目的に合わせて、費用対効果を高めていく構成にすることが重要です。
タイトル
いいLPを作るコツ

いいランディングページとは、サイトを訪れた人がその目的を最後まで遂げることを推測できるようなつくりになっているページです。
訪れたはいいが、どこを見ればいいのか、どこをクリックすればいいのかわからないようなページが入り口になってしまってはみんなすぐにサイトを去ってしまいます。
また、目的までのページ遷移が多すぎると途中で面倒くさくなったり不安になったりして、これまた途中でサイトを去られかねません。見やすさ、わかりやすさを配慮して訪れた人にとっての使いやすさとはいったい何なのかを考慮しなければなりません。

物販サイトであれば、たとえば出汁を購入しようとサイトを訪れた人にとっては、出汁が売られているのか、どのようなものが売られているのかがわかるページに直感的にアクセスできる工夫がされていることが大切です。また、特定の商品の詳細ページ自体をランディングページに設定する場合は、購入にいたるまでの過程がそのページ内で推測できるようになっていれば、顧客は安心して購入までたどり着くことができるはずです。
タイトル
自分大好きな情報商材ランディングページは人を不安にさせる

情報商材系のランディングページで見かけるのですが、販売者の写真ばかりのランディングページがあります。
あれは結局何をしたいのでしょうか。
有名になりたいのでランディングページを作っているのでしょうか。それとも情報商材を販売したいのでランディングページを作っているのでしょうか。それともその両方なのでしょうか。
あの手のランディングページを見ているとわたしはとても不安に思ってしまうんです。
これを手にしたら色々な勧誘に誘われてメールボックスもスパムなどで埋まってしまうんじゃないかとも思ってしまいます。
販売者の写真が全面に押し出されたランディングページはわたしを不安にさせるようですね。どうしてもセミナーやそういった商法とイメージが結びついてしまうからでしょう。
わたしが思う良い情報商材のランディングページは、販売者の写真ばかりではなくて、その情報商材がどれくらい素晴らしくて、購入する必要があるのかという説明がしっかりと載っているものですね。それがないサイトはあまりにも胡散臭くてすぐにページを切り替えてしまいます。
タイトル
売れるLP作成を作りたい!

LP(ランディングページ)とは、ネットショッピングにおいて広告バナークリック後、最初に到着するページです。
広告に多大な費用をかけて訪問者を獲得しても、LPの内容が悪いと訪問者は離脱します。ネットの売り込みにおいて最も重要なページです。LPのレイアウト一つで販売数も大幅に変わるでしょう。
気をつけるべきは商品説明に偏りすぎない事でしょうか。商品に興味を持ってバナーをクリックした訪問者です。訪問者はベネフィット(商品の提供する価値)を知りたいのです。
最初に、どのくらいの長さのページにするのかを決める方がよいかもしれませんね。長くなればなるほど、途中で離脱される可能性が高いです。冒頭のキャッチコピーはもちろんですが、早い段階でベネフィットをアピール出来るよう構成しましょう。
また、次のステップへの移動ボタン(カートボタンなど)の位置だけでもCVAに多きな差が出ますので、何段階かに分けて設置するのも効果的です。
タイトル
良いランディングページは補色など色彩理論も使っている

初心者の方が制作されたランディングページを見ると配置しているパーツの配色がどれもこれも似通っていたり、極端に色が違うということがあります。
配色理論を知らずに全てを同じ色にしてしまい、必要な情報を目立たせることができないパターンと、目立たせようと思ったあげく、極端な方向に走ってしまうパターンなのでしょう。
制作者が配色理論を学ぶだけで人の視線をコントロールすることがある程度できます。
例えば、目立たせたければ色相環を見て反対側の位置にあるものを使えば良いのです。反対側に位置する色を補色などと言いますが、それを使うととても目立つのです。
例えば赤に対する緑などです。ですが、この補色を使うとコントラストが高くなり、あまりにも色が強くですぎてしまいますので、少し色をずらして利用したり、補色の関係なのだけど、少し和らげるようなことをしたりします。
こういったことを最低限しっているだけで、良いランディングページに近づく気がしますね。
タイトル
良いランディングページはきちんと画面をコントロールしている

デザインの学校に入ると、平面構成というものをやらされます。
1枚の紙に点線面などの要素を描き込んでいき色を付けて画面を構成していくのです。それで画面をコントロールする術を学ぶのです。良いランディングページはしっかりと画面をコントロールしているとなと感じることができます。画面の粗密などと言いますが、ものが集中しているところには視線が行きます。
逆に何もないところには目がいきません。密度の高いところに目をやらせておいて、何もないところに逃がしてやったり、そういうことができるようになると、ランディングページの中で見せたい情報を効率良く見せていくことができるんです。ここを見せた後に、ここを見てもらう。
そうやって情報を綺麗に伝えていくことができます。悪いランディングページですとそれができていません。どこに目をやって良いのかわからないのです。その結果、商品などの魅力が伝わらなくなってしまいます。良いランディングページを作ろうと思ったら、画面をコントロールする方法を覚えたら良いのではないかと思います。
タイトル
情報を長々と見せるまとまりのないランディングページはいらない

ランディングページを見ていると疲れてしまうことがあります。
それは何故かというと、あまりにも情報が詰め込まれているページが多いからです。縦に長いページを作るのは良いのですが、その長さに合わせて大量の情報を詰め込んでくる会社が多いのです。
そんなに情報があったとしても入ってくるのはごくごくわずかですし、そもそもそのほとんどはスクロールして目に入ってきません。良いランディングページと言うのは情報量も適切で、きちんと何を読ませたいのかという意図が見えるものだと思います。制作者や企業側が、この情報も見せたい、あれの情報も知ってもらいたいといったエゴを全面に出して情報を詰め込んでしまうのです。
大量に文字の書かれた広告があったらどうでしょう。読む気なんてなくしてしまいますよね。もちろん意図があってそれが適切に処理されているものであればまた違うのでしょうが、大半のランディングページにそういったものはないでしょう。良いランディングページにするのにぜひとも本当に見てもらいたい情報というのを整理してもらいたいですね。
タイトル
良質なランディングページ作成手順

ランディングページを作成するためのコツについて記事化していきたいと思います。

まずポイントを絞ってまとめていきます。ランディングページには構成があります。一番上からキャッチコピー、共感部、商品アイテムの提示、ベネフィット、お客様の声、差別化、一番下にアクションという構成になっています。キャッチコピー部分にはお客様の関心事を指摘します。つまりは多少ユーザーが抱える課題です。次に共感部分には何故多くの人が関心を持つのかをお客様の心に寄り添いながら書きます。読んでくれるお客様が共感できる内容を書いて関心を向けさせます。次に商品アイテム欄にはページで購入してほしい商品や、請求してほしいアイテムを説明します。重要な事は商品、アイテムの写真を使い、どんな商品なのか、どんなアイテムなのかをお客様にイメージしてもらうように働きかけます。ベネフィット部分には商品を購入したお客様が購入後どのような良いことがあるのかを説明します。お客様は今よりも良い状態を求めているので出来るだけ丁寧に説明し今以上の良い状態になれるイメージをつけさせます。次にお客様の声の部分で良い状態になると説明されても半信半疑の気持ち事実をもって説明し納得してもらうように働きかけます。

次に差別化の部分で商品が競合品と違うというところを説明します。競合他社との違いが分からなければお客様は価格が安い他社に流れます。この部分で商品、アイテムの独自性、優位性を説明します。最後にアクション部分は商品の購入ならば購入ボタンの配置、電話の問合せならば電話番号を目立つように書きます。以上がランディングページを作成する上で重要かつ最良な作成方法です。
タイトル
良いランディングページは写真の質も高い

良いランディングページには品質の高い写真が使われていることが多く感じます。
プロのカメラマンの撮影した質が高い写真というのは、一般的にそれだけで閲覧者に安心感を与えます。
素人が撮影したようなノイズまみれで汚い写真よりも安心感が得られるんです。理由はいくつかあると思いますが、素人がページを作っていない、ようはしっかりとお金をかけられるだけの財力があると思わせられるというのは大きいでしょう。力をかけている商品だというのが一瞬でわかるんですね。
とはいっても、ランディングページを作るのに毎回プロのカメラマンに発注をして…とやっていたら予算が大変なことになるかもしれません。予算がないプロジェクトではストックフォトを利用すると良いかもしれません。無料で使えるストックフォトもありますのでそういうのも検討すると良いでしょう。
ただし、無料で使えるストックフォトには注意点が多くあります。例えばモデルが写っている写真を使おうと思って調べてみたらモデルリリースが取得されていないということがあったりします。モデルリリースというのはモデルが写真の仕様を承諾しているかどうかです。
ストックフォト側に写真の権利があったとしても、モデルリリースが取得されていないと別でモデルにお金を払わなければならないということがあったりします。
知らないで使ってしまった場合は、最悪、訴えられてしまうと言うこともありえます。
ですので、充分に気をつけて使うようにしましょう。そして写真の質の高い、良いランディングページを作っていきましょう
タイトル
体言止めは、ほどほどに

体言止めはなるべく控えるのがコツです。

平易で短く書こうとすると、つい体言止めを多用しがちです。でも、読み手にどう映るか、ときどきチェックしてみましょう。

体言止めが多いと、どうなるか? いわば、目で読まされるが「心に」届かないイライラが募るものです。また、言い切り型が増えるわけですから、省略が多くて考えて飲み込むのに時間とストレスがかかりがちになるのです。硬い内容の文章、詳しい説明が必要な文章ほど体言止めをつい使ってしまいがちで

す。

体言止めを必要最小限にして分かり易い文章は、案外むづかいしいものですが、工夫を凝らすコツをマスターすれば乗り越えられます。



具体的なコツについて説明します。

【書き分ける】

ひとつの文章で書ききれず長文になりそうなら、二つか三つに書き分けることです。重複してもよいので平易な文章でポイントを絞って書くことです。小見出しを挟むのも効果ありです。全体として重複が多いぶんだけアピールしたいキーワードを強調することにもつながります。

【必要なら言葉に注釈を】

説明が必要でひとことでは書けない言葉、単語、文章があるなら注釈をつけるのです。ライティングページの一部に、言葉注釈の記号を添えて別に説明します。注釈を必要としない人もいます。ページ全体で簡潔なリズムが生まれます。短時間で直感的に分かるページとなるので、効果は絶大です。
タイトル
ランディングページと普通のWEBページの役割の違い

ランディングページの役割は、成約をさせるということに特化したページとなります。 一般的なWEBページの場合は、サイト自体を知ってもらう意味も含めているので全体的にユーザーに自由に動いてもらう性質がありますが、ランディングページに限っては、ユーザーに対して1つのことのみ行動してもらうように選択肢を問い合わせるかどうかを選んでもらうだけになっています。 そのため、ページには成約以外の他のページ以外に移動する手段はなく、大量の画像を使い縦長で1ページで完結出来るように作られています。
さらに、行動をしやすいように成約させるボタンをいたるところに配置し、さらに目立たせるようにできています。 WEBページは情報を与え取捨選択させる意味がありますが、ランディングページは行動を迫り動かすためにできているので、それ以外の情報を取り入れてしまうと結果として成約率が落ちてしまう事につながります。役割と理解しておくことで、満足する結果となる効果を発揮することが出来ます
タイトル
ランディングページは広告効果を高めるもの

ランディングページとはリスティング広告や商品やサービスを売るためのwebページであり売り上げを左右する重要要素のものであります。売り上げを伸ばすためにはネット上で最適な接客をすることです。

 ランディングページは主に最初に表示されるトップページをイメージしてしまうと思いますが、最初に開くページは決してトップページだけではありません。

 検索キーワードなどやインターネット広告の選び方によって

ウェブサイトへの入り口は違います。

 ランディングページはその特性上縦長のものが多く、大きなコンバージョンを生みます。

先ずは目的に一致したサイトであるかどうかを明確にチェックしてランディングページはwebサイトだけを作成するのではなく、検索エンジンのキーワードからのアクセス対策も両方ともに行わなければ効果は出ません。

 またアクセス対策は慎重に行う必要があります。

 ランディングページの離脱率が高くコンバージョン率が悪い場合にはランディングページの内容自体に原因を求めるよりもアクセスしてくれるユーザーに絞ってるかを確認します。

そしてサイトを訪れたユーザーが最初、視線が行く場所に適切なキャッチコビーを入れることで、

ここにあなたが求めている情報があると伝えることが出来るので。ユーザーにメリットがあるように考えることです。
タイトル
良いランディングページは離脱できないようにできている

ランディンページというのは基本的にページが長く、上から下にスクロールさせて読ませていくものです。
良いランディングページというのは相手にスクロールさせたいと思われるようにできています。
そこで気がついたのですが、良いランディングページはスクロールしていて気持ちが良いのです。
スクロールに何か工夫をしているということではなくて、情報が上から下からスムーズに流れていき、ワクワク感もありますし充実感も得られるんですね。お買い得な情報が下に行けばあるんだいう思いから、ついついスクロールしていってしまうんです。良いランディングページであればあるほど構成が練られており、その傾向は強いですよね。
長いページを読ませるわけですから飽きないようにできているというのも大事なポイントだと思います。離脱率を下げるために飽きさせないのです。
次は何が出てくるのだろうと思わせるのです。あえて焦らしていって、最後に大きなインパクトを持ってくると言う戦法でもってランディングページを作成している人もいますよね。
色々なランディングページがありますが、良いランディングページというのは離脱させないように作っていると感じます。
タイトル
ライティングの「狙い」は明確に

ライティングページは、料理店と同じです。狙いをしっかり定めることが大切です。

料理店は自己満足ではいけません。どんなお客まさまに、どんな満足を提供するのか、料理をつくる前に十分に考えて狙いを定めなくては、プロとは言えないですね。

ライティングもこれと同じです。



ウェブや印刷媒体、ポスターと、さまざまなライティングページがありますが、とくにウェブの場合は、事前に「狙いを定めること」がとても重要になります。ページを訪れる人は、その動機も目的も、趣味もライフスタイルもさまざまです。数え切れないほどたくさんあるウェプのページのなかかから、見る人をどれだけ引きつけるか…。これこそがライティングページの優劣を決めることになるのです。



具体的にポイントを挙げましょう。大きく分けると、以下の3点を点検してから、ライティングに取り掛かると、分かりやすく効果の高いページを作成しやすくなります。書きやすいというこにもつながります。

【狙いのポイント①】 とんな人に読んでもらいたいか

犬が嫌いな人に愛犬の話をしても効果はありませんね。つまりページ全体のイメージをどうつくるかを考えます。

楽しい暮らしを演出する明るいムードが大切なのか、深刻な課題解決が求められる真面目な印象が大切なのかを、そのときのライティングの基本としてはっきりとさせることです。



【狙いのポイント②】 どんな印象を持ってもらいたいか

ラインナップした商品の長所をアピールするというときにも、狙いを定めておくことが大切です。

優れたところばかりを並べ立てるのがよいか、その商品の長所ばかりでなく他の類似商品との特徴の違いについても平易な表現で説明することで信頼感が増します。

もちろん類似商品のなかで最高の品質である、と徹底してアピールすることを狙いと定めることもよいでしょう。見る人に一貫性を感じてもらえることが大事です。



【狙いのポイント③】 分かりやすく訴えるためのルールをつくる

くだけた表現を多用するのか、生真面目に説明するのか、細部にわたって説明を書き込むのか、時に大胆に省略するのか。これらをページ全体として、いくつかのルールを定めておくとよいでしょう。

自然に分かりやすいページとなり、ここぞというときにインパクトのある表現を使うと効果満点となるでしょう。つまり言葉使いの調子を全体として整えることです。



ライティングページをつくる前に、ページ全体の設計図をつくることが、大切なのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.