上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページにおける起承転結

ランディングページは1ページの中に閲覧者の問題解決にいたる術を的確に伝えていくことで最適解と思われる提案に到達するといった流れのあるページです。



例えば何か商品を売りたいランディングページを制作する際に、とにかくその商品のウリをこれでもかと言うくらい繰り返し展開するといったページを時々見ることがあります。このようなページ構成も間違った作り方ではないと思いますが、より今バージョンさせるには、構成に起承転結を設けると効果があります。



基本的な流れとしては、問題の指摘、解決できるという宣言、解決できる根拠、解決した実例、商品の説明、といった流れが王道といっていいと思います。



もちろん、訴求するものがサービスや情報であった場合もこの構成を意識することでコンバージョン率を上げるという意味では上手くいっています。



長すぎるページは離脱してしまうのではないかと言う意見も時折拝見しますが、スクロールのほとんど必要ないページと、長くなんどもスクロールしていくページでは長いページの方がコンバージョン率がいいというABテストを行った結果もあり、ページの長さはある程度長いものが良いランディングページといえるでしょう。
タイトル
顔が見えるのが良いランディングページ

良いランディングページはしっかりと「顔」が見えているような気がしています。顔が見えるという表現はとても抽象的ではありますが、企業であればその会社がどういう理念で経営されていてどのような成果を出しているのかというところです。具体的に顔を見せるというのも大事に感じています。
例えばスーパーなどで野菜を見ていると生産者の顔写真が載っているものがありますよね。
ああいうのってやはり顔を出している分、安心できる部分がある思うんです。顔を出して悪いことはできませんからね。ランディングページもそれと一緒です。
かといって、過剰な露出はよくないかもしれませんね。怪しげなページに見えてしまうかもしれません。やはりポイントは適度な露出なのでしょう。
そういったランディングページには親しみを感じますし、どのようなことが書いてあるのか気になります。
商品を薦めているのであれば、それがどのようなものかと気になっていくように気がします。
タイトル
良いランディングページは新技術を使うのが上手い

最近はブラウザで使える技術が増えてきているので、それに伴って大胆な演出がおこなわれたランディングページが出てきています。
例えば動画を使った演出です。昔からあるものですがFlashが使えなくなってからしばらく見なくなっていました。
それがHTML5の浸透で再び見るようになったのです。やはり動く絵の力は強く、見ている人たちに強く商品を印象づけることができます。
良いランディングページはこういった最新技術をうまいこと使っているように思います。こちらは昔からある手法ですが、上から下にスクロールするにつれて色々な要素が動いていくというのも進化してきています。ちょっとしたことも最新技術の使用によって見た目が良くなっていたりするんです。
やはり新しいものを見た時って印象に残るんです。新しい技術が良いわけではありませんが、印象づけるのに良い手段だと思います。
やはり良いランディングページはそこを理解した上で新しい技術を使っている気がしますね。
タイトル
私のライティングのコツ

私はライティングが好きです。体験を今までこの年55歳になり人生経験もある程度有るので書き安いです。自分の体験談や意見が反映されると思うとついつい書きたくなります。しかし、経験していない事も有るし女性専用だったりするとで出せないので、いささか困ることもあります。だからどの立場の人にもライティングの機会は有ると思います。自分が書ける物を根気よく探して投稿すれば良いと思います。

私は昔感想文を学生の頃、よく発表され表彰されていたので書き易いのかも知れないです。詩も書いていたし、作詞もします。それも有るかも知れません。日記を書いて練習してもいいと思います。小説を読むのもいいでしょう。

私がライティングしだすと、つまずかずに書くことができます。自宅でやるとマウスのせいで画面が消えてしまい出来なくなる事も有ります。

経験を増やす為に色々な事をして行くのも大切な事だと思います。実体験がそのまま生きるのがライティングの上手く行くコツでもあると思います。

やる事が増えれば仲間も増えるしライティングにも共用できるのは良いメリットだと思います。

私のライティングのコツはそんな所です。
タイトル
良いランディングページには良いデザイン

良いランディングページとはどういうものなのか。わたしが良いランディングページとして感じるページはどのページもヴィジュアルが綺麗なんです。
やはり人間は見た目で見てしまいます。デザインが良いということはそこにしっかりとお金がかかっているということです。
儲かってもいるということでしょう。それに比べて、デザインがあまりにも素人っぽいものですと、商品自体に不安を持ってしまいます。
良いデザインは商品の質を担保するものだと思うんです。もちろんデザインですから情報の伝達が重要な役目です。
それをこなしたうえでの話です。美しさというのは大切なんですね。それと、もうひとつ。定期的にデザインを変更しているサイトは信頼できます。
10年前のデザインのままずーっとやってきてしまっているランディングページというのはやはり信頼できません。
昔から変わらないことを良しとすることはあると思いますが、やはり商品を売るということに最低限お金をかけられるようなところじゃないと印象が悪くなるように感じます。
良いランディングページは新しくて良いデザインがあるんだと思いますね。
タイトル
良いランディングページは情報が多くても煩雑に見えない

ランディングページを色々とみていて思うのは、良いランディングページほどページ構成がすっきりして見えるということです。
正確には要素の数は同じなのにスッキリとしているということなのかもしれません。情報がスッと入ってくるんです。
良いランディングページというのは情報が適切に整理されているので、情報数が多く煩雑に見えないと言うことなのかもしれないですね。
逆に悪いランディングページは言いたいことを大量に積み重ねてできているように見えます。
これでは何を見て良いのかわかりませんし、欲しい情報にすぐにたどり着けないのですぐにページから離脱したくなってしまいます。
そうならないように情報には適切に優先順位をつけてみせていかなければならないのかもしれません。
優先順位をつけたら大中小と文字の大きさを変えるだけでも随分と印象が変わってきます。見る人の気持ちを考えたらそうやって整理していくのは当然のことにも感じますね。
ぜひ情報を整理して離脱率の低い良いランディングページにしてもらいたいです。
タイトル
良いランディングページはパーソナライズされたものかもしれない

いまはあらゆる情報が取得できる時代です。ランディングページにきた人がどのような人なのかも最低限わかるようになっています。
ブラウザは何をつかっているのか、OSは何を使っているのか、アクセスした時間帯はどれくらいなのか、検索キーワードは何できたのか、会員か否か等々、こういった情報を元にランディングページもパーソナライズするのはどうでしょう。
ページにアクセスしてから欲しい情報にすぐにたどり着けないサイトというのはあまり良いサイトと言えないと思うんですね。
要はそれって良いランディングページではない。自分の目的に沿った情報が載っているランディングページがあったら、コンバージョン率が上がるのではないでしょうか。
どこまでのコストがかけられるかなどとても大変なことだと思いますが、縦に長いランディングページばかりをやっているのであればやってみる価値があるように思います。
一回目と二回目の訪問で欲しい情報は変わってきますしね。そういった情報も考慮しながらパーソナライズされたランディングページが良いランディングページと言えるような気がしています。
タイトル
力は文章に表れます。

仕事柄 人の文章を見る事もあるので 常々思うのですが、はっきり言って、本人が心から思っている事知っている事などは 必ず力となって文章に表れます。

この力のある。もしくは無い。これが 最大のポイントになると思います。

はっきり言って 力のこもっていない文章は読んでいて気持ち悪いだけで 何も生みません。

しかし、たとえ意味が無くても 力のこもった文章は それだけで人を納得させてしまうような、パワーを持っています。

この文章を書く上で必要なパワーが無いと 長い文章は読んでくれないと思います。

確かに 目を引くタイトルなど 技術的に必要な事があるかと思いますが、結果的に 本当に最後まで読んで欲しい。そう思ったパワーが伝わってこない文章は読まずに捨てられるでしょう。

これがライティングの上でもっとも必要な事であるかと思います。

起承転結は必要かも知れませんが、そう言った技術は後から付いてくるものです。

私が今実践しているのは 個人的にブログやホームページに SEO対策を施した文章を書き込み。

果たして アクセス数が本当に増えるのか?

難しい キーワードを使っていますし、毎日更新して 結果が生まれるのだと思っていますので、まだまだ道半ばですが、文章をこうして書く機会がある嬉しい現実を 如何に生かすか?

本当のレベルアップに向けて 実践中であります。

技術的にうんぬんだけで ライティングは語れないと思います。

個性も文章に表れます。ひたすら実践して結果を見ながら 自分で答えに近い事を学んでいくしかないのです。
タイトル
素人から見るランディングページの良し悪し

最近のランディングページで多く見られるのが、文字が少なめで、その商材たる写真がバックに大きく出ていて、インパクトがあるWEBサイトには興味が湧きます。また、そのサイトの情報を知りたいとなれば、スクロールせずに、迷うことなくクリックできるのがいいような気がします。



それと、私の場合キャッチコピーは結構見ます。と、いいますかよく出来たコピーは目に付くのでしょうか。客の立場に立って考えるのは当然といえますが、シンプルで短く、インパクトがあるのがいいです。また、賢い消費者が増えているなかで、クーポンや割引を表示させているサイトもあり、なかでもメールを登録しない限り、つぎのページに進めない優待権付きサイトもあります。このように、ランディングページでメールアドレスなどの情報を入力させるサイトは数多くあり、企業などは興味がある消費者を把握できて、いいのではないでしょうか。しかし、別枠でメールアドレスを入力する画面がでたら、よっぽど自分の興味があるサイトでない限り、そのサイトごと閉じてしまいます。
タイトル
良いランディングページには小細工がない

未だにインターネット黎明期にあったようなホームページを作っている人たちがいます。ランディングページも例外ではありません。
驚いたのは音声がでるページです。何のランディングページだか忘れてしまいましたが、未だにFLASHを使って音声を流していたんです。
こういったものは良いランディングページの基準からいったら真逆にいっています。突然音楽が流れ出したらどうなるのかというユーザー視点が欠けています。
多くのユーザーが驚いて、すぐさまスピーカーの電源を落とすでしょう。迷惑極まりありません。商品の説明が載っていたとしたら、その商品のイメージまで悪くなってしまいます。
本当に良いランディングページには音楽を流したりといった余計な仕掛けがありません。ようは小細工をせずにシンプルに訴求しているんです。
何かしらの意図があって仕掛けを作るのは良いのですが、今の時代性を考えても音楽を流すというのはやはり良いランディングページの基準からは離れてしまうと思います
タイトル
どうしたらよいランディングページになるか

ランディングページは昨今のネット環境では特にその重要性を増してきています。実際、こういったランディングページを持っていない新興企業というのも少ないもので、短期間に顧客を得られるランディングページは重宝されています。

そんなランディングページを魅力的にするには何よりもターゲットの明確化が大事です。農耕器具のランディングページなのに、サラリーマンの嗜好に合うようなランディングページでは成果は望めません。どういった対象に訴えかけるのかといったことを明確にしないとランディングページの効果も半減してしまいます。

他にも押えておきたいのがランディングページならではの情報量です。ランディングページはかなり情報量が多いもので、こういった情報量の多さが購買にも繋がります。そのため盛り込む情報もなるべく厳選して詰め込んでいくことでより魅力的なランディングページにしていけるのです。こういったことを押さえて作ってみましょう。
タイトル
スマートフォン用に最適化されてるのが良いランディングページ

最近はスマートフォンでホームページを閲覧する機会が増えました。統計的に見るとかなりのユーザーがそうなっているでしょう。
そうなるといかにスマートフォン向けに最適化していくかということが大切になってきます。
この数年間はレスポンシブウェブデザインが流行っていますが、その手法を取り入れてただ単にスマートフォンサイトが縦に長くなっていくというランディングページは多いのではないでしょうか?
パソコンの画面を想定して作った横に広がったデザインエレメントを下に落として流し込んでいくというのはレスポンシブウェブデザインでよく使われる方法です。
ですが、これを下手にやってしまうと無意味にどんどんと長くなってきてしまうんです。ようはこのような作りをしてしまっているがために無理があるランディングページが多いんですよね。
良いランディングページはただたんにパソコン版のデザインを下に積み重ねるというようなことはしていません。きちんとスマートフォン用に設計しているんですね。
タイトル
良いランディングページはテキスト情報だけではない

悪いランディングページにありがちなのはテキスト情報が多いということです。
人に集中して読んでもらうというのはとても大変な労力がかかることです。良いランディングページはテキストと画像の比率がしっかりとしていて、基本的に文章は読まないという前提の元にページを制作しているように思います。
悪いランディングページはその逆で、自分がこんなに良い情報を出しているのだから読まないはずがない、といった態度のような気がします。
テキスト情報ばかりで画像も何もなければすぐに立ち去ってしまいますよね。もちろんその画像もなんでも良いと言うわけではありません。
テキストにあった、補足や説明してくれる画像であることが大事なわけです。わかりやすいことが一番大事です。
文字の情報は頭の中に入ってくるのに時間がかかるのに比べて、画像情報はすぐにはいってきます。
そういうところをしっかりと考えて作っていくと良いランディングページに近づけるような気がしています。
タイトル
良いランディングページはダラダラしてなくて濃縮されている

ランディングページと言うと縦に長いページを思い浮かべます。実際にそういったデザインのページは多く、縦に長く情報を詰め込んでいるところが沢山あったりします。作り手側としては沢山の情報を知ってもらいたいというのはわかりますが、本当に良いランディングページというのは情報を適切な長さにしているのではないでしょうか。悪いランディングページになると本当に何が言いたいのかわからないほど文章も練り込まれていなくてダラダラと下に伸びていくだけだったりします。人間が読める文章量などたかがしれていて、更にそれに加えて人間が記憶に残るような文章というのは数少ないものです。それがわかっていないので、長々と商品などに関して知ってもらいたいことを羅列していってしまうんです。もちろん商品の良い点などを沢山しってもらいたいというその気持ちはわかりますが、先にも書きましたが、人間は長い文章は覚えられないんです。要点をまとめてぎゅっと濃縮させたような文章だけのランディングページは良いランディングページだと思いますね。
タイトル
良いランディングページとは?

バナーをクリックして、ランディングページにやって来た人は、たとえばネットショップであれば「見込み客」ですから、それなりに見てもらえなければ意味がありません。



では、よいランディングページとは?



それはもう、一流企業のページのランディングページを参考に考えればいいでしょう。「参考につくる」のではなく、「参考に考える」というのがミソです。



一流企業のホームページは(ランディングページ含む)、それこそ一流美大を出た専門WEBデザイナーたちが、何日も試行錯誤して作られたページですから。見ならうべき点はたくさんあります。



が、しかし、真似をする必要はありません。

たとえばフラッシュ使いまくりである必要もなく、そこまで上品である必要はないのです。

なぜなら、一流企業のホームページと貴方が作ろうとしているランディングページは、来る人の目的がまるで違うのですから。



ランディングページは、見せるためのページであって、魅せる必要はないのです。
タイトル
文字と画像を組み合わせること

ランディングページをより素晴らしく改善するには、画像の工夫が必要です。

顧客は商品を選ぶ時、値段と見た目によって判断する傾向にあります。

ランディングページに映りの良い画像が使われていることは、とても大切です。

もし写りの悪いパッとしない画像が用いられていたら、売り上げを得る上ではかなり損をしています。

画像は商品の特徴を知らせるための、的確な角度から撮影します。

大きさも、アップにしすぎても引きすぎてもだめで、適度な大きさで映るようにします。

複数の画像を用いるとさらに良い結果を生み出します。

そして重要なのは、画像に文字を加えることです。

キャッチーなコピーを書き加えることで、商品の印象を良くすることができます。

光やキャラクターの絵を加える事も、時には商品の印象を高めます。

画像には、女性モデルを起用するのも一案です。

モデルが商品を手に持って使っている画像があると、顧客側は商品の使い勝手が把握しやすくなる効果があります。

ランディングページを良い見た目にするために、画像の工夫は確実にしておいたほうが良いです。
タイトル
客観性があって申し込みしやすいランディングページ

ランディングページは客観性と科学的な根拠などが必要かと思います。

あと信頼の根拠も重要です。



長所と短所

冒頭、これだけの効果がありましたと実績が数多く載っていたりします。

すごいなあと思って読み進めますが半信半疑になります。

私は購入して実践してもならないことの方が多いです。

長所より短所も取り上げてみるとバランスがよくなります。



体験談

○○ができるようになりました。と実践した人の感想がわりとたくさん載せてあります。

でも実際にやってみるとそうならないことの方が多いです。個人的に。

そういうケースのついての体験談もあったらいいと思います。



申込のボタン

申込のボタンがどこにあるかわからないサイトもあります。

特別価格で限定○○日までと書いてあるものも多いです。

そっちが目立ちすぎています。

申込のボタンがスクロールしても出てこない場合もあります。

上の方にもあったらいいと思います。



信頼

販売している会社の信頼性もよくわからない商品も多いです。

最近は個人の人の会社も多いですし。

なのでもっとしっかり力を入れて作ってほしいです。
タイトル
ランディンページのフォントは、多くて4種類にしぼる

ランディングページは、広告をクリックされて最初に出て来るページで、必ずしもTOPページとは限りません。

よく見る楽天の広告なんかはそうですね。広告をクリックしても、楽天のホームページにいくわけではありませんから。



したがって、そのページがダメダメだと、訪れた人はそのまま一瞬で閉じてしまいます。



では、よいランディングページとは?

一概には言えませんが、表示されるフォントが大きいのは×。

お年寄りが多いのだから良いのでは、と思われるかも知れませんが、WEB上では文字の大きいサイトは信頼がありません。

(ここで言う文字は、説明文とかの文字のことです)



極端な話、トヨタとか、銀行とか、一流企業のサイトで、文字の大きいサイトがありますか?



読む人が読みづらければ、表示フォントは読む側で大きくできますから。

せいぜい12pxとか。そんなところでしょうか。



文字色や太字がやたら多くてもダメ。

これは本などでもそうですが、色があまりにも多いと、どれが強調されているのか分かりません。

色はせいぜい4色まで。フォントの大きさも、タイトルを含めて4種類以下にするのがセオリー(本文のことで、フッターとかを除く)です。
タイトル
良いランディングページを作るには、多角的に検証してくことから始まる

良いランディングページは、対象の商品やサービスに興味がある人が見たときに、ページ離脱されないように結論から訴え出る必要があります。もちろん、ランディングページの構成にもよります。最初に、対象のものに興味がある人が、もっと興味を持ってくれる情報や、対象の物に興味がある人が常日頃抱いている疑問を投げかける形から始まるやり方もあります。興味をキープさせ、ページの下にスクロールさせ、サイト滞在率を伸ばして結論を読ませるという方法もあります。



保険関係は、後者の方が良い場合もあります。複雑な約款があり、契約事であるような商品の場合には、疑問系から入るケースが適していることもあります。



美容要素の強いダイエットやエステ、美容整形などは、結論である写真のアフターと訴求効果の高いコメントから入るランディングページを作ることで、ページの末端まで読ませることも可能になります。

容姿に関する商品のランディングページでは、結論から訴え出るサイト構成が良いですが、これもまた、必ずしもこの限りではありません。



対象のものに興味のある層が、必ず誰でも感じている不満や不服をトップに持ってくることで、当社はそうではないサービスを提供しているという流れで締め、商品やサービスを紹介するという形に持って行くことでも良いランディングページを作ることができます。



その商品やサービスに興味のある層が不満を持っていると予測できそうなことや、マイナスの部分を敢えて逆説的に目立つところで取り上げて、自社と他社の違いという流れを持っていくなど、有利ではないことでも、表現次第でいくらでも優位にさせることができる、それがランディングページの滞在率を伸ばすコツです。
タイトル
ランディングページの画像

ランディングページは、バナーとかがクリックされて最初に表示されるページですから、少なくとも「文字だけ」などということはありえません。



できれば、訪れた人が目的としているものが、

①一目瞭然で

②それなりの大きさで

③極力、奇麗に

④なおかつ軽い

目に飛び込んでくるのが理想です。

④の軽さは、もちろん軽薄という意味ではなく、ファイルサイズのこと。適度に圧縮され表示が速い画像のことです。



とかく陥りがちなのが、謳いたいことが多過ぎて、やたら無駄な画像がちりばめてしまうこと。

これは逆に散漫になって逆効果です。



どのページをランディングページとして、

どのページがサブページでもいいかをよく考え、デザインを重視したほうが、いいページが作れます。



画像の数や種類は、それはケースによって異なるでしょうが、平均として、ページの5割以上をテキストが占めていれば、見てもらえない確率は高まるでしょうね。



それだけ画像の役割が大きいということです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.