上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
アイキャッチの種類について

ランディングページの最上部、つまり最初に画面に映る部分には強いアイキャッチが必要です。

アイキャッチが弱いと、それ以降のページ内容を読んでもらえません。



アイキャッチの種類は大きく分けて2種類あります。

ひとつは雰囲気を重視したアイキャッチ。

もうひとつは、検索者の知りたい内容の答え。

前者は、イラストや写真で「信頼できそうな情報、必要としている情報」がありそうだと感じさせる方法です。

後者は、答えを出し惜しみせず最初に提示することで、訪れた人を逃さない方法です。



前者の雰囲気重視は、せっかちな人にとっては蛇足に感じるため、

どうしてもその情報が欲しいターゲット向けです。

専門性の高い情報やここだけの情報で、他のサイトでは入手できない可能性が高い情報を扱うサイトでは、

雰囲気重視にすることでリピーターも増えます。



後者の実利重視は、競合の多い物販サイトなどで有用です。

「ただいま10%引き」「最安値」と言った謳い文句と商品写真をバンと載せることで、

それ以降のページ内容にも目を通してもらいやすくなります。



以上、簡単ですがアイキャッチの種類についてでした。
タイトル
ユーザーの共感するランディングページとは

誰でも共感するキャッチコピーのあるランディングページを作成するのはとても難しいです。

自分ではうまくできたと思っても見た人が本当に共感できたかどうかはわかりません。客観的なデータを見れば成功したか失敗したかははっきりします。要するにそのランディングページのアクセス数と成約率からも判断できることではあります。

例えば猫のかわいらしいTシャツについてのキャッチコピーを作成したとします。プロが読んでもかわいいとアピールできていますが、ユーザーの中には本当にかわいいと思ってくれる人もいればそう思わない人もいたりします。

なぜなら価値観の多様化が進んでいて、みんなが同じものを見ても同じような感想を持つことは少なくなって来ています。社会の変化も考慮してランディングページを作ることも大切です。

ランディングページにこういったことを反映させるためにはもっとかわいさの根源的なものをアピールして多くの人の心に届くキャッチコピーを作らなければいけません。
タイトル
スマホで成約できるランディングページを作ろう

スマホでの成約率が低いと悩んでいませんか?今はパソコンよりもスマホで

ネットにアクセスする人の方が多くなってきました。スマホの画面を考慮せずにランディングページを作ることは成約率を下げることにもなります。

しかし今のスマホは技術が向上していてパソコン用のサイトも閲覧することが

できるということでスマホは特に意識していない人も多いかもしれません。

パソコン用サイトはスマホとは違って文字、画像など大きく見せる傾向にあります。キャッチコピーも画像テキストで目立つ装飾にしたり、ベネフィット部分に添える画像も商品に合う大きな写真を使ったり、それでテキストの文字も連動して大きくてお客様の声などが特に長く書かれています。

これではいくらスマホでもパソコン用のサイトがそのまま見ることができるにしてもちょっと見づらいかもしれません。ずっとスクロールしていて最後の購入ボタンにたどり着く前に離脱するユーザーもあったりするかもしれません。

やはりスマホを意識したランディングページを作ることこそがスマホでの成約率を高めることにつながると思います。
タイトル
雑誌から考える良いランディングページ

ウェブサイトにおけるランディングページと言うのは雑誌で言うところの顔になるかと思います。
雑誌の表紙を見て実際に手を取るか、手を取って紙面まで目を通すのかなどを考えるのが一般的かと思います。ですので、雑誌の表紙にはとても工夫が凝らしてあるんですよね。人が読みたくなるようなタイトルを組んだりビジュアルを持ってきているんです。
特集文字の組み方や大きさなどにも注意をしています。週刊誌の中吊りなどもそうでしょう。
いかに人の眼を惹き付けて実際に購買にいたらせるか考えたものです。ランディングページにおけるファーストビューというのは雑誌における表紙なんだと思います。良いランディングページというのはファーストビューの段階で先ほど雑誌の部分で書いた読ませようとする導線がきちんとできていると感じますね。次に進みたくなるようなビジュアルとタイポグラフィなどの文字要素がしっかりとあります。
逆に良くないランディングページは読まれない紙面と一緒で魅力的な特集がない状態なのでしょう。
タイトル
良いライディングページを作るには?

今日はライディングについて自分のやり方をお話をしていきたいと思います。 これは得意な人もいれば不得意なひともいると自分は思っています。 人間誰にだってそういうことはあると思いますし。 自分はちなみに得意だと自負してます。こういうことをやるくらいなので。 まずやることは、何を書きたいかを明確にしていく必要があると自分は思います。 それがないと先には進めません。大まかな内容だけは考えておくべきでしょう。 スムーズに進行していくにも準備は必ず必要にはなってきます。 あとはですます調を活用すること。 これに関しては使ってみれば時間しますが、非常に後味が良い。 上手く文章を終わらせてくれる良いアイテムになっていると思っています。 何文字まで書いてくださいとか結構あると思います。その時は文字数に対応して内容を考えるしかないでしょう。みなさんそれでやっていますから実際本当に。 それができていけばスキルアップになっていると自分は思います。
タイトル
ンディングページの目立つ場所には、広告や検索ワードと一致する情報が必要

インターネット閲覧者が何かの商品を買おうとしたり問い合わせをしようと思った時にとる行動は、主に2つのパターンがあります。一つ目は目的と一致するネット広告をクリックする、二つ目は検索サイトで目的のものに関するワードを入力して、表示された検索結果画面のリンクをクリックする、という二つです。 これらのリンク経由でランディングページに辿り着いた閲覧者には、広告や検索ワードと一致するような情報がすぐに目に飛び込んでくるようなページ構成が大切になります。せっかく他の場所のリンク経由で自分のランディングページにたどり着いてもらえても、訪問者が目的のものを瞬時に見つけられないようではすぐに逃げられてしまいます。実際に、はじめにランディングページを作った時はデザインを優先しすぎて、広告や検索ワードとの関連性をほとんど意識しなかったところ、訪問者が商品を購入してくれる割合はとても低かったことがあります。おそらく訪問者に別の場所に移動されてしまったのだと思います。そこでランディングページの目立つ場所に、訪問者が目当てにしている情報やワードを大きく載せておくようにしたところ徐々に購入率も上がった上に、訪問者自体も増えるようになりました。それ以来どのような広告や検索ワードからより多くの訪問者が来ているのかを、しっかり把握しておくようにしています。
タイトル
良いライディングページを作るには?

今日はライディングについてお話をしていきたいと思います。 これについての見解として得意なひともいれば不得意なひともいると自分は思っています。 自分自身はちなみに得意だと思っています。こういうことをやるくらいなので。 やることは、まず何を書きたいかを明確にしていく必要があると思っています。 それがないと先には進めないからです。大まかな内容だけは考えておくべきでしょう。 スムーズに進行していくにも準備は必要にはなってきます。 あとはですますをしっかり活用することです。 これに関しては使ってみればわかりますが、非常に後味が良い。 上手く文章を終わらせてくれる良いアイテムになっていると自分は思っています。 それ以外に何文字まで書いてくださいとか結構あると思います。その時は文字数に対応して内容を考えるしかないでしょう。みなさんそれでやっていますから実際本当に。 それができていけばスキルアップになっていると自分は思います。
タイトル
インパクト

私はランディングページの専門家などではありませんが、意味は理解していますので、1ユーザーとしての意見を書きたいと思います。 まずランディングページの最大の特徴はどこもインパクトがあり、何のサイトでどう使うのかが分かりやすく書かれているものが多い所です。 なので作成の際はやはりインパクトと分かりやすさが大事だと思います。 しかし、あまりにインパクトを求めるためか、やたらとカラフルで安っぽさや痛々しさが出ているサイトも多いです。 このような印象を受けると一気にテンションが落ちるのと何か怪しい感じがしてしまいページを閉じてしまうことが多いですね。 なのでインパクトを第一に考えるのではなく、分かりやすさを重視し、丁寧で綺麗な作りを目指すといいのではないかと考えています。 後初っ端から男性向けの女性が映ってっている広告も怖いですね。 ターゲット的には分かりやすいんですが、これも怪しいサイト臭がしてしまい警戒して閉じてしまいますね。
タイトル
mr10などといったスタイルを良いランディングページは使わないのではないか

ホームページ制作をしていると内部的にどのようなコードを書いているのかと言うことが気になることがあります。
そこで色々と見ているのですが、ランディングページなどにmr10やml15といったようなスタイルをかけているのをよく見ます。
mr10が右にマージン10pxを略したスタイルなのですが、こういった作り方は構造化を考える上であまり美しくはありません。
こういったスタイルを大量に定義したスタイルシートを用意して使い回せば確かに便利です。
そもそもランディングページの類は単発で製作して更新することがないということも多いので問題は少ないのかもしれません。ですが、このmr10などといってスタイルを効かせるのはかなり昔のやり方に感じます。きちんと制作されている良いランディングページにはこういった記述は少なくなってきているように感じます。
制作者の意識とどれくらいのコストで製作しているのかなど複合的な要因が絡んできますが、なるべくmr10などは使わない方向のほうが良いランディングページになる気がします。制作者の考え方もあるので一概には言えないのですけれどもね。
タイトル
伝える力が大切

いいライティングページは 書き物をする方々皆さん考えられる事だと思います。 その上で 思うのですが まず一番大切なのは読みやすい。と言う点ではないでしょうか? ライティングページとは 小説と違ってブログや情報サイトなどに掲載するのがおもな目的だと思います。 ですので 読みやすさ。というのは非常に大切だと思います。難しい漢字を多用したり専門用語を多用するのは 意外と陥りやすい落とし穴だと思います。読みやすさ。と言う点において 文章の組み立てをシンプルにして 難しい漢字を多用せずに書くのが基本的で大切な事だと思います。 次に上がるのが やはり1番重要な 伝えるパワーだと思います。 これは 書いている人の説得力であったり、見ている方へ伝える力で合ったりと非常に重要です。 へなへなと ただ書くだけ。では全く伝わらないと思います。 熱意。というものは文章に表れてくると思っています。なので その熱意。が伝わるような文章を書くことがライティングにおいて1番重要な事だと思います。 シンプルな文章構成でありながら 伝えるパワーを持っている。これが ライティングで読者に訴えかける1番大切な事で この基本が出来て 初めて色々な記事が書けるのではないでしょうか? 私は そう思います。
タイトル
昨今のwebで最重要!ランディングページ!

そもそもランディングページとはなんなのでしょうか? web上でモノを販売する時に、その商品の事を紹介して消費者に購買意識を植え付けるページですね。(もともとは別の意味があったのですが、時代とともに役割が変わってきました。 呼称はLP、ランペ、ペラサイトなどと呼ばれていますがどれも同じ内容です。 いきなり本題に入りますが、いいランディングページとはどのようなページか分かりますか? 答えは至極簡単!売り上げを上げてくれるのがいいランディングページですね。 知り合いでネットショップを複数やっている人がいるのですが、ペラサイトを変更しただけで従来の数倍の売り上げを記録したりと重要性を教えてくれました。 最近ではペラサイト専門の制作業者も増えてきており、web上での重要性も高まってきてますね。 売り上げを上げてくれる、良いペラサイトのポイントを上げるとすればズバリ消費者の不安要素をいかにして払拭出来るかにかかっているのではないでしょうか? ただでさえ顔が見えない、商品が手元に無い状態でモノを買う気にさせるのは消費者の不安要素を1個ずつ、やんわりと払拭出来ているかに尽きます。 実際に私もペラサイト作成の依頼等を頂きますが受注者様がここを理解していない場合がとても多いです。 もしペラサイトを制作または受注される場合には、この1点に絞って検討するのも良いと思いますよ。
タイトル
良いランディングページには大きな物語がある

ウェブサイトブックマークなどのサービスを利用して最新の注目されているランディングページなどを確認していくと面白いことに気がつきました。
ウェブ技術の進化というのもあるのですが、まるでひとつの大きな体験をしているようなページが増えているのです。
映画を見るようなというべきかひとつの大きな物語を見ているかのようにというべきか、ともかくひとつの体験をしているようなんですね。
グラフィックや動画などで相手を画面の中に引き込んで下へ下へとスクロールをさせていく。上手いこと飽きさせないように多彩な仕組みが盛り込まれていて、その中にきちんと見せたい情報を載せていっています。本当に壮大なドラマを見ているかのようなできなんです。
良くできているなと感じましたね。とても手間がかかるランディングページですが、効果は絶大でしょう。
手間がかかるだけじゃなくてセンスも問われますよね。技術力だけではなくてあらゆることが必要になってきます。良いランディングページと言うのはそういうものなのでしょう。
タイトル
良いライディングページを作るには?

今日はライディングについて自分なりのやり方をお話をしていきます。 これに関して得意なひともいれば、不得意なひともいます。 人間誰にだってそういうことはあると思いますし。 自分はちなみに得意だと思っています。こういうことをやるくらいなのでね。 はじめに、何を書きたいかを明確にしていく必要があると自分は思っています。 それがないと先には進めないからです。大まかな内容だけは考えておくべきでしょう。 スムーズに進行していくにも準備は必ず必要にはなってきます。 あとはですますをしっかり活用することです。 これに関しては使ってみれば時間しますが、非常に後味が良い。 上手く文章を終わらせてくれる良いアイテムになっていると思っています。 何文字まで書いてくださいとか結構あると思います。その時は文字数に対応して内容を考えるしかないでしょう。みなさんそれでやっていますから実際。 それができていけばスキルアップになっていると自分は思います。
タイトル
素人でも売れるランディングページ

QUESTフォーミュラと言われる、ランディングページの書く時の型があります。このQUESTフォーミュラはアメリカのダイレクトマーケティング業界で安定して結果を出せる手法として使われています。それでは、それぞれを説明していきます。 Qualify(ターゲッティング) 商品を売り込むターゲット層に、「あなたの悩みを解決できるのは私です。」と、商品を買えば悩みが解決できることを伝えます。 Understand(共感) 「実は自分に同じ悩みがあって、あなたと同じように悩んでいたから、あなたの苦痛はよくわかります。」と、相手と自分が同じ悩みを持っていた仲間であることを伝え、相手と自分との距離を縮めます。 Educate(教育) この商品がどうして悩みを解決できるのかなど、商品を説明や特徴を伝えます。 Stimulate(興奮) 「悩みが解決した後の生活を想像してみてください。」などと、商品を使って悩みを解決して、ハッピーになった姿を想像させ、興奮させます。 Transition(行動) 「申込フォームから購入してください。」などと、あなたが採ってもらいたい行動を具体的に伝えます。 以上がQUESTフォーミュラです。この順番にランディングページを書くと、成約しやすいという結果が出ていますので、ぜひ試してみてください。
タイトル
LPページ作成には

サイトを訪れたユーザーに対し、強い印象を残す事が、まず第一条件ではないだろうと思います。 通常のサイト自体を作成していく場合には、サイト全体のイメージやユーザービリティを考慮して作成していく形かと思いますが、ランディングページに関しては、そのようなサイトの他のページとは異なり、独立したページデザイン、構成が必要かと思います。 色調等も強く、アイキャッチのフォントなども大きく、正直 若干、下品に思えるくらいではないと、一瞬でユーザーの目に止まらせる事ができないのでは、ないでしょうか? 強い印象により、目に止める事で、まずはユーザーの離脱率を低くする事が第一です。 そしてその次には、キャッチコピーが重要ではないかと思います。 Webサイトの制作に関しては、コピーライターといったようなコピー専門の人間を置いている会社等は、あまり多くないような気がしますが、キャッチコピーの重要性は、特にランディングページの場合、とても効果が高いものではないでしょうか? ユーザーの心に刺さるキャッチコピーが目立つようにデザインされていれば、その後もユーザーが興味を持ってくれるのではなおでしょうか。
タイトル
利益増加に繋がるために必要なテクニック

「ひとつのサービスや商品を売るための一枚の長いWEBページ」 
「様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示されるWEBページ」
「リンクや広告の飛び先ページ」
LP、ランペとも呼ばれる。
ランディングページの特徴
①リンクが無い
これはリンクが多数ある普通のサイトに比べてユーザーのページ移動の際の離脱が少ない。
簡単に言えば目移りが少ないということです。
②制作費が安い
③縦長
ランディングページの役割は、ユーザーに問い合わせ・資料請求・注文を
してもらうことです。
なのでユーザーの求めている情報を細かく伝えたいので必然的に情報量が多くなる。
また、ページを分けてしまうとクリック率が減るので沢山の情報を縦長の1ページに
しています。
④テキストよりイメージ画像が多い
ページを読みやすくするため。
⑤ボタンが大きい
ユーザーに求めるものがはっきりしているので
「問い合わせ・資料請求・注文」のクリックする場所を明確に伝えるためです。
タイトル
より簡潔に、商品やサービスの魅力を訴える

一般的に、一つの商品やサービスを売るための、WEBページの事を指します。普通のHPとは少し目的が違いますが、1つのものに特化したWEBページなので、商品やサービスを細かく閲覧者に伝える・アピールする事が可能となります。



また、基本どんなに内容を詰め込んでもアリなので、長いページだと何度もスクロールしなければ最後まで内容を見る事ができないものもあります。しかし、伝えたい事をだらだら書くだけでは、全く読む気にならないし、ページを作った意味がありません。 より簡潔に、ストーリー性を持たせ、共感させ、納得させるページでなくてはなりません。



まず、ファーストビューで売り出す商品やサービスを理解できるデザインやレイアウトが望ましいです。商品を売りたいのであれば、分かりやすいキャッチコピーと商品写真・価格・購入ボタンは必須です。サービスであればサービス内容とコピーが見えた方が良いです。スクロールしなければ内容が分からないレイアウトは親切ではありません。それ意向は普通のHP作成の時よりも、大きめの文字や画像を多様してデザインしていきます。チラシを作っていくような感覚です。もちろん、SEO対策を意識しながら、テキストで打ち込める部分はテキストで表現しましょう。

内容量が多いので、同じような大きさの文字がだらだら続くと、文字を読む側もストレスになってしまいます。ランディングページでは、画像や文字の装飾を少し派手めにした方が、購買意欲がそそられます。



いかに閲覧側の悩みや不安を汲み取り、それを解決できるアピール内容をページに盛り込むかで、売り上げは変わっていきます。
タイトル
良いランディングページに共通のこと

企業サイトがインターネット上に沢山開設されていますが、ユーザーのどれだけが企業の玄関口と指定しているホーム画面から入っているでしょうか。
ほとんどのユーザーが検索エンジンから入ってくるので、最初に見るページがホームとは限らないんですよね。
そして、最初に入ったページのことをランディングページなんて呼び方をしますが、そこのページをどうやって見せるかでユーザーの滞在率が大きく変わってきます。
ランディングページから情報をどうやって展開していくかということが大事になってきますよね。
ユーザーとしては欲しい情報が素早く見つかるのが良いランディングページだとも言えると思うんです。
検索キーワードごとにページ構成を変えるということをしている企業もありますが、さすがにそこまでするのは大変です。
そこで、やはりページ設計をしっかりしてどこのページから入ってきても、あらゆる情報に瞬時にアクセスできるようにするというのが一番だと思うんです。
基本ですが、良いランディングページはそれがしっかりとできているように感じます。
タイトル
いいランディングページを作るコツ

私が「これ欲しいな!」と思うようなランディングページは、その商品についてページ作成者が詳しいかどうかが良いランディングページをつくるポイントだと思います。

詳しいというのはその商品の魅力をどう伝えてくるか、どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるかを具体的に示していると、ああなるほどなという感想を持ちます。メリットを説明するにしてもポイントにわけて具体的に書くとよりいっそう良いページになると思います。

例えばエアコンを例に取り上げますと、こちらで紹介しているエアコンは他のメーカーよりもぐっと冷えます。しかし、ちょっと値段が高いです。とすれば、良く冷えるエアコンがほしいなと思っていたページ閲覧者の購買意欲を刺激されるのでないでしょうか。メリットだけを書いても、どこか不安が残りますので、デメリットも一緒に説明すればその商品は印象に残りのこりやすいし、安心して購入に結びつくのでは無いでしょうか。
タイトル
素人の率直な感想

広告をクリックすると一番最初に出会うWebページで、この時点でその広告への興味が継続するか消えてなくなるかが分かれると思います。
よいランディングページは一目見ただけで何の広告が分かるようにできています。商品が何なのかはっきりとわかる写真やタイトル。
情報量が多すぎず少なすぎない。少し興味を持っただけの人でも軽く読めてしまい興味をそそられる紹介文。
しかし、それがすべてではありません。何よりも大事なことはレイアウトにあると思います。
一番最初に商品の名前かキャッチコピーに目が付き、すぐ下に簡単な説明と商品の詳細への誘導、メルマガがあればメルマガだけでも登録してもらえるように簡単に登録できるようメルマガ登録案内が設置されていて、ダイレクトに広告を届けられる工夫が施されている、それがよいランディングページであると私は思います。
「簡単」そして「手軽」商品であっても広告であっても顧客から求められるものは同じはずです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.