上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ライディングページで購買意欲を刺激するために出来ること。

ライディングページはその縦長の狭い、限られた空間で、お客様に商品の購入意欲を高め実際に商品を購入して頂く必要があります。

しかし、その限られた中で目的を達成するには、そのページの情報がいかに簡潔、明瞭であるかが鍵になります。

ではどうすればそれがにできるでしょうか?



一つは、効果的な写真の使い方。

見やすく、かつ商品の特徴を伝える写真を持ちいる事だと思います。しかしこの点で、よく目にするのが写真がごちゃごちゃしすぎている、または良さが伝わってこない写真を用いたライディングページです。これは作製者が気を付けないといけない点だと思います。



そして二つ目が、惹きつけるフレーズだと思います。

フレーズが良ければ、読者は容易に商品の価値を想像出来ますし、その商品を使っている自分を想像出来ます。

この点に気を付けて、簡潔、明瞭なライディングページ作製をするならお客様の購買意欲を刺激する良いライディングページを作れるのではと考えます。
タイトル
大切なのは見出しと書き出し!クライアントのニーズを取り入れよう

ランディングページは、日々進化を続けるGoogleの検索エンジンで高評価を得ることだけでなく、クライアントの実来店や受注 (コンバージョン) に繋げるために大変重要なものです。 より効果的なランディングページを作成するためには、まずクライアントのニーズを調査し、冒頭でクライアントの心を鷲掴みにすることが必要だと考えます。 普段から読書をされる方はお分かりかと思いますが、ある本のタイトルに惹かれてページを開いたとき、冒頭の始まり方が自分の興味をそそるものであるかどうかによって、その本を購入するか否か判断される方がほとんどかと思います。クライアントが自然検索を利用するには必ず「目的」が存在します。 そしてクライアントはその「目的」を満たしてくれるサイトを検索結果から探し出そうとします。しかしながら、検索結果を通してアピールできる情報量はごく限られており、時間のないクライアントにとって手っ取り早く「目的」を達成できるサイトほど魅力的なものはありません。要するに先程挙げた例と同様、ランディングページの見出しや冒頭の書き出しからクライアントに対して「あなたの目的を満たしているサイトですよ!」と伝えることがコンバージョンアップの第一歩なのです。 効果的なランディングページを作成するなら、まずはクライアントの求める情報を冒頭に書き出しましょう。
タイトル
偶然、訪れた人にも成約率の高いランディングページを目指す

本当に売れるランディングページとはリピーターだけでなく偶然、訪れた人に成約できるページのことではないでしょうか?

ショップを運営しているとリピーターをついつい増やそうと思ってしまいます。そして何回か訪問してよさをわかってもらっての成約を目指したりもします。しかし検索で見つけてたまたまやってきた人などもきっといるはずなのにそこまで頭が回らなかったりします。守りに入ってしまうのかもしれません。

例えばスーパーの試食コーナーで味見に一つどうですかと手渡されて「おいしい」と思った人は、きっと即決して買っていきます。その買った人はリピーターでなくとも。

ランディングページでそんな成約率を高めるには、はじめて訪問した人にもわかりやすいキャッチコピーや商品の説明が求められます。短い言葉で瞬時にやさしい言葉でメッセージを届けたりいろいろと工夫することが大切です。最終的にはどんな人にも成約率の高いランディングページを目指したいです。
タイトル
すっきりしたランディングページを作りたい

ランディングページの試作を知り合いに見せたところ、少々、くどいところがあると言われました。自分ではそんなことはないと思っています。自分でもわかりづらい点をどこを直せばいいのでしょうか?

ランディングページが迷路のようになっていないでしょうか?

ちゃんと項目ごとに行間を空けてすっきりと見やすくなっているかを点検します。レイアウト、構成など簡単に直せるところから修正します。

さらにネットの文章は紙の本と同じように書いていては見づらいことが多いです。そしてなによりも第一印象が大切です。ランディングページをスマホからユーザーが閲覧したとき直感的に読みたいと思ってもらえるようなわかりやすさが求められます。

ということでちょっと見ただけで何が書いてあるかわかりづらいと思われる場合は修正する必要があると思われます。内容はともかく見やすさいページを作ることが大切です。どんなにためになることが書いてあっても見づらいと損をしてしまうことになります。
タイトル
ランディングページの差別化の工夫

おすすめしたい商品についてランディングページを作成する場合、どこをどう差別化すればいいかわからないときがあります。

なぜならすべての商品が個性豊かで特徴にあふれているわけではないからです。

例えば、車。走る移動手段でどれもその基礎的な特徴は同じです。素人からすると違いは外観くらいかもしれません。軽自動車か普通自動車か?ファミリー向けか?など。車のプロ並の内部構造をおすすめしてもすべての人が車に詳しいわけでもありません。女性の場合、車の詳しいことは知らない人も多いはずです。

車の場合、走るという部分で訴求するではなく、誰に向けておすすめするかに特化すると差別化できそうです。コンパクトでおしゃれな軽自動車なら女性向けとしてランディングページを作成。スタイリッシュな普通自動車ならサラリーマン向け。

このように見たところ、同じように見える商品でも誰に向けてを考えるとどれも個性的に見えてランディングページが作りやすくなると思います。
タイトル
ランディングページのお客様の声をどこに書く?

ランディングページで重要なパート、お客様の声の部分。商品を紹介する上で、実際に購入して使ってみたリアルな体験談はとても重要で欠かすことができないものです。ランディングページに何をどんな順番に並べてかくかは基本的な形式もあります。少しは自分のやりやすいようにアレンジも可能だと思います。

それでベネフィットを説明しつつ、すぐにその下にお客様の声を付け加えると説得力が増すような効果が得られそうです。例えば、リクライニング5段階の座椅子を紹介。「5段階に角度を調整できて便利」とベネフィットを書いたあとに「○○代、女性 自分で角度を自由に変えられるので大変、便利で座りやすくなりました」と

書くとユーザーも見やすいし納得しやすいです。

下の方にお客様の声というコーナーを設けるのもいいかと思います。しかし最近はスマホからアクセスするユーザーも増えているので下の方まで見る人の割合は減るかもしれません。

なのでなるべくランディングページの上の方でも「これは便利そうだから欲しいかも」と思ってもらったほうが成約につながると思います。
タイトル
知識ゼロでもわかるランディングページ作成のコツ!

そもそも、ランディングページとは何のことでしょう…?ネット上に存在する広告をクリックした時に、表れるページのことを言います。自社の商品を売っていたり、他社の商品を売っていたり、はたまたサービスや会員登録について紹介していたりとページの中に存在する情報は様々です。



ページにとんできてもらうには、クリックしたくなる広告文にしなければいけません。また、目立つところに広告を掲載する必要があります。しかし、もっとも大事なことは、飛んだ後です!飛んできても、結局購入や入会等に繋がらなければ、広告費だけがかかり、利益には繋がりません。だから、ランディングページは、工夫して作らなければなりません。



ポイントとしては、2つあります。1つ目は、ファーストビューです。これは、飛んだ時、最初にPC、スマホの画面上に表れる部分のことを指します。ファーストビューに、売りたい商品やサービスの情報やどんな魅了があるのかを簡単に詰め込みます。



2つ目は、ランディングページの構成です。どんなに良い商品やサービスであっても、その情報がしっかりと見る人に伝わらなければ、意味がありません。なんでこの商品やサービスが誕生したのか、どんなところが魅力的なのか、実際に使用した人の感想はどんなものか…画面を下へ下へと移動して読み進めたくなる構成にすることが大切です。本当にその商品やサービスをほしい人は、どんなに長い文章であっても読み進めて買っていきます。



これは、ランディングページの作成に限りませんが、最終的に、このページに飛んできた人にどうアクションしてほしいかを考えて作成を進めると良い結果に繋がるのではないかと思います。
タイトル
魅力的なランディングページのキャッチコピーの作り方とは

ランディングページを開いたときにまず目に飛び込んでくるのはキャッチコピーです。

魅力的でなかったらそこで離脱してしまうユーザーも多いです。スマホからアクセスする人が多いので本当に第一印象は大切です。

はじめてのネットショップ運営でキャッチコピーを作った経験がない、簡単に上達するにはどうすればよいでしょうか?

例えばファッション雑誌などのキャッチコピーを参考にするのが早道です。学校のテストのようにキーワードを入れる部分をカッコ「」にします。そこに自分のおすすめする商品を形容する言葉だったりを入れてみたりして練習します。

具体的に例を出すと

○○な夏にぴったりなカゴバッグ。

この○○の部分を自分で考える練習です。頭から自分でキャッチコピーを考えるのは難しいのでこういう方法でなんとなく雰囲気をつかむ練習をすれば、自分でもキャッチコピーを考え出せるようになると思います。

ランディングページの一番、大切な部分ですので一生懸命考えたいです。
タイトル
ランディングページのデザインについて

ランディングページを作成する上で、見た目もとても気になります。今はどのサイトもおしゃれでスタイリッシュです。それでいてためになることが書いてあります。いろいろなサイトを訪れるたびに驚きます。

しかしWebについての技術を持っていないと難しいと思いがちです。見た目を気にしてばかりいると中身がおろそかになります。

例えば見た目がすっきりしたサイトとそうでもないサイトがあったとします。同じダイエット商品を取り扱っています。やっぱり見た目がすっきりしたサイトを訪れる人が多いかもしれません。

実際の生活に置き換えても面接でも合格しやすい人は第一印象がいい人だったりします。またネットの世界ではこの第一印象の判断が瞬時に行われたりと厳しいです。よって10年前だと見た目にこだわることはそこまで求められなかったかもしれませんが今はやっぱり見た目重視かもしれません。ランディングページの作成時はデザインにも少し気を配っておいてもよいと思います。
タイトル
良いランディングページは宣伝文に信憑性がある

縦に長い系のランディングページにありがちなのですが、誇大広告と見まごうような大きな煽り文が載っていたりするのは良いランディングページと言えるのでしょうか。 個人的な印象なのですがそういったものには不信感を抱いてしまいます。最近見たそういうランディングページの中でこれは信頼できるかも知れないというものがひとつありました。 きちんと商品のマイナス点も一緒にかいてあったのです。良いことだけ載っているわけではないのです。商品を売るためにセールスマンが使うテクニックのひとつなのでしょうけれども、100%効果があると誇大広告じみた宣伝をしているランディングページよりは好感が持てましたね。このように宣伝の仕方で効果が大きく変わってきますよね。 やはり良いランディングページは人間心理を考えられて作ってあるように感じます。言葉の使い方が上手いんですよね。誇大広告じみたところはやはりうさんくささを感じてしまいますよね。

タイトル
成果を上げるランディングページの3つのポイント

ランディングページで成果を上げるにはいくつかのポイントがあります。ページのデザインなど視覚的なクオリティももちろん重要なファクターですが、以下に挙げるポイントをおさえていなければ、ランディングページとしての成果を上げることはできません。



■ポイント1 目標設定

意外と一番大切なことが曖昧なケースが多いです。このランディングページは何の為に制作するのか。

・商品購入をしてもらう

・資料請求をしてもらう

・応募してもらう

など、ランディングページを制作するということは、何らかの目的があるはずです。全ては目的を達成するために行うのですから、ランディングページ制作を企画されたならば、目標を可視化して目立つように張り紙にでもして、いつでも目標に立ち返るようにしておくことをオススメします。



■ポイント2 広告との連携

基本的にランディングページ制作の際はインターネット広告と併せて行うケースが多いと思います。この時、広告の時点からユーザーへのメッセージ訴求が始まっていると考えてください。つまり、広告でユーザーが引き寄せられたはずの内容をページのはじめ(ファーストビュー)で端的に表現することで、ユーザーにとって閲覧する価値のあるページと判断され、離脱率を劇的に抑えることができるようになります。



■ポイント3 コンテンツ内容の削ぎ落とし

ユーザーに商品をアピールできる場であるランディングページですから、商品のベネフィットをたくさん掲載したくなる気持ちは分かります。ただ、ユーザーにとって煩雑な情報掲載ほどストレスが溜まるものはありません。詳細まで興味のあるユーザーに対しては、リンクでも貼って、別ページで読んでもらえば良いのです。

最低限の伝えたいことを、見やすいデザインと読みやすいコピーで伝えることで、ユーザーのストレスは最小限に抑えられ、最終的なアクションを起こす余力を残すことができます。
タイトル
共感度が高いランディングページを作るには

「私もそうなのよ」「わかる~」「みんな同じことで悩んでいるんだ」とランディングページを見た人が共感してくれるにはどうすればよいのでしょうか?

ランディングページに書かれていることが自分の悩みでもあると思ってもらうことが大切です。

例えば便秘。多くの人が抱えている悩みの一つですがいろいろなパターン、ケースが住んでいる環境、仕事、家庭状況、年代、性別を含めると何百通りも考えられます。100万人いれば100万通りくらいはあるかもしれません。

しかしランディングページに書けるのはせいぜい2,3通りくらいです。それを見た大勢の人が「自分もそう思う」という共感を引き出すのは難しいです。でもどれも自分の便秘のケースにあてはまらないとすると便秘で悩んでいるけど、自分のこととして考えられない、つまり共感できないことになります。

なのでランディングページでは短い言葉や具体例で多くの人が見て共感できるように工夫することも大切です。
タイトル
ランディングページって何?

ランディングという言葉自体も初めて聞きましたので、検索を掛けてみました。

「広告をクリックしたら次にに開くページ」という認識で間違いないでしょうか。

間違っていないという前提で、ネットを利用する一般人の一意見を。



私は如何にも広告というバナーは、滅多にクリックしません。

でも、興味をもってクリックした先のページは、まずざっとスクロールします。

全体を見て興味が持てそうだったら、再度上から読んでいきます。

が、やたら同じセリフ(決め台詞?決めのコピーなんていうのがあるんでしょうか?)ばかりが大きな文字で書かれている場合は、何となく読みたくなくなります。



文字の大きさが違い過ぎるのも、小さな文字で不都合なことを誤魔化そうとしているように思えてきて好感が持てません。



ある程度読み物として成立しているページは、好ましく思えます。ただ、急ぎで商品を探してる場合もあるので、目的のモノがスクロールしてずーーーっと下にしかないような作りのページも無駄に時間が掛かります。そんな時は「何が言いたいねん!」と、ページに突っ込みつつキレそうになります。



どうすればいいページがつくれるか?になっていなくてすいません。

素人でも良いとあったので、つい嫌だったなぁ~という思いを書いてしまいました。
タイトル
良いランディングページは幅も考慮されている

ランディングページを作るときにホームページをどれくらいの幅にしているでしょうか。悪いランディングページにありがちなのは、昔の環境を元に作られた幅の狭いタイプと見る人間の環境を完全に無視した幅の広いタイプのものでしょう。狭いタイプは昔の環境に合わせて作られているので仕方がないでしょう。 ただ、古いページというのがすぐにわかってしまうので問題はあるでしょう。また、最近の環境に最適化されていないのでとても見づらく感じてしまうでしょう。良いランディングページというのはその時代にあった横幅で作られていることが多いですよね。ちょっと前まで960グリッドを使って制作されたような横幅が多かったですが、最近はそれよりももうちょっと幅を広げるのが主流になり始めています。 また、良いランディングページはスマートフォン向けにレスポンシブデザインにして幅を変動させるというようなこともしていますね。こうすることによってとても見やすいページになりますからね。
タイトル
ランディングページの申込が少ない原因は?

ランディングページの申込ボタンのクリック率は1日に300件くらいあります。しかし申し込みは0のときが多く、1件あればいいほうです。100~200クリックで1件申込があるのが一般的です。300件近くもクリック数があるのに申込がないのは何か原因があるのかもしれません。

本当に申込をしたいユーザーの訪問が少ないこともよくある原因の一つです。これはランディングページにアクセスのあった検索キーワードを調べればわかります。例えば、講座 比較というキーワードより講座 申込の方がいますぐにでも申込を考えていそうなことが想像されます。

また訴求するターゲット像があいまいなのかもしれません。お客様の声も掲載していたとしてもいったいどんな目的を持って申し込んだのかが書いてなかったり漠然と紹介しているときも成約率が落ちると思います。

このようにキーワード、訴求ターゲットなどさまざまな原因を分析して改善を繰り返すことでランディングページの申込も増えていくと思います。
タイトル
ランディングページの成約に結びつかないアクセスを改善したい

せっかくランディングページにアクセスが集まってきたのに成約率は横ばい。こんなものだろうかとアクセス解析を見ると意外なことが判明しました。多くの人が大なり小なり経験することでもあります。

例えば脚やせのエステについてのランディングページを作ったとします。簡単に家でできる方法なども多くの人に共感してもらおうとコラム的に書いています。

実はその部分にアクセスが集まっていただけなのでした。メインはエステの集客のはずが無料でできるノウハウ部分へ集客していたことになります。

ならいっそのこと家でできる方法についてのコラムは削除すべきでしょうか?せっかくコンテンツが充実しているならなくしてしまうのはもったいないです。最近の傾向では質の高いコンテンツ(文章の量も)求められています。逆にエステの紹介部分をもう少しいろいろと詳細に書いてみるのもいいと思います。そうするとバランスもよくなって成約率も改善されるかもしれません。
タイトル
外国ブランドのランディングページ

だいたい外国のブランドを紹介するときはお洒落でクールな印象が多いです。身近なものでも近寄りがたいような雰囲気。まるで美術館の展示品のようなものもあります。

普段の買い物のついでに手に取ってもらうにはどのような工夫が必要なのでしょうか?

ファッションを例に考えてみようと思います。

メーカーのページでは外国人のモデルのみしか登場しない商品ページ。そんなファッションブランドも多いです。聞いたことのない名前も多いです。

「ちょっとノースリーブのワンピースがほしいな」くらいの気持ちを持っているユーザーにどう訴求するランディングページを用意すればいいのか?ブランドのイメージを損なわない程度でユーザーの日常にあったらいいなというベネフィットを書くといいと思います。「デートやお出かけ用に持っていたらおしゃれですよ」そんな訴求の仕方をするといいかもしれません。

ブランドはイメージを大事にするのでなるべくそれに近い日常の利用シーンを思い描くことが大切です。
タイトル
ランディングページの滞在時間が短く申し込みも少ない

せっかく作ったランディングページだったけどユーザーの滞在時間が短い気がしてやっぱり申し込みも少ないのでなんとかしたい。

ユーザーが知りたいことがランディングページにあまり載ってないのではないでしょうか?

例えば美白をテーマのランディングページとして考えてみます。

シミをなんとかしたい、日焼けしたくないと思っているユーザーが訪れて読んでいると想定はできます。滞在時間が短くて申込もない。

実は本当にユーザーが知りたいことが載ってないのではないでしょうか?ランディングページには海水浴のときの日焼けのことだけだったりするかもしれません。ユーザーが知りたいことは実は違っていて日常の午後の2時ごろのショッピングに出かけるときの日焼けが心配だったり、ミスマッチを起こしているかもしれません。検索ワードをアクセス解析で確かめてみるといいと思います。

このように美白というテーマでもユーザーが知りたいことはさまざまです。知りたいことがずれていても申込に影響が出てくると思われます。
タイトル
感性を磨いて良いライティングを!

私はごく最近ライティングのお仕事を始めさせていただいた者です。良いライティングは正直まだよく分からないのですが、コピペなどで他の人の文章を使うわけではないのでやはり自分の内面の感性が出てしまうなと思います。普段から、良い読み物や良い刺激となるもので自分を養っていないと良い文章も生まれてきません。 いろいろな情報に普段から興味を持ち、それが好きで苦ではなく楽しんで出来ていれば、きっと話題の豊富な人になっていると思いますし良いライティングに繋がってくると思います 。文章を書くというのはすごく難しいことですが、書くことで自分の考えをまとめる楽しさと、新たのことを知る喜びが味わえるのではないかと思っています。とは言っても私は素人のライティングしか分かりませんがプロの方はきっともっともっと多くの努力をされて素晴らしい文章を作り上げておられるに違いありません。 私はそのような方とは違いますが今の人生をもっと豊かに、そしてもっと心を広く柔軟にしたいのでこのライティングというお仕事にこれからゆっくりと取り組んでいきたいと願っています。
タイトル
ランディングページ秘術!売りたいならば買う理由を与えよ

ランディングページを作るとき、閲覧数ばかりに気を取られてはいけません。本当に必要なのは、ページを閲覧後、ユーザが目的の行動(たとえば商品の購入や、サンプル・資料の請求など)をとってもらえるかが、ランディングページの真のゴールです。もちろん、閲覧数が多ければ、その分商品購入の数も上がっては来くるのですが、効率よく集客したいのであれば、コンバージョン率(成約率)を意識してページを作成しなくてはなりません。

さて、コンバージョン率を上げるにはどうすればよいのか?あなたが商品を売りたいとして、その商品をどれだけ売りたいか、熱意を持って語ったところで、ユーザはおそらく買いません。問題は、あなたが売りたいかどうかではなく、ユーザが買いたいかどうかです。そこで、ユーザに、その商品を購入する理由を与えなければいけません。それには、ユーザの持っている根源的な欲求に訴えなければいけません。出世したい、成功したいなどの優越感に応える方法や、病気したくない、健康でいたいなど、恐怖心に応えるような方法があります。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.