上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
スマホにも対応しているページを作ってみる

最近はスマホでも閲覧している人が多くなっており、多くの人がそこからランディングページにアクセスしています。しかし本来はパソコンで閲覧することを推奨していることが多いため、スマホだと見づらいようなページになってしまうことも多いのです。それを避けるために必要なのが、スマホのデザインに合わせたページの制作です。

スマホは入る部分が限られていることを知っていないと、上手くランディングページを作ることができません。スマホにも入りやすいページの構築、もしくはスマホ用にページを新しく作るようにして、両方からのアクセスに対応できるようにしておきます。どちらにも対応できるようなページにしておくと、閲覧する人の苦労が無くなり、アクセスも増えていきます。

最終的に購入したいと思わせるようなサービスであることも大切ですが、ランディングページを見る際に苦労したくない人も多くいます。そのためにはスマホ用に合わせたページ作りも必要なこととなります。
タイトル
いいライティングページを作るためにすること

誰もが素敵でいいランディングページを作りたい、そう考えているかと思いますが、やはりランディングページを作り上げるために必要なことは、読者が知りたい情報が掲載されているか、または、そのページを見て満足できるかが重要です。もちろんそれにはデザインや制作面などもすごく大事になってきますが、一番興味が行くのは、しっかりとためになることが書いてあるかだと思います。



いくら素敵な絵や動画があったりしても、書いてあることがペラペラの内容であれば、もう一回訪れようとは思えません。



しっかりと知りたい情報、参考になることが書いてあれば、いくらグラフィックなどが充実していなくても満足できます。



いいランディングページを作るためには、やはり文章力プラス読者が楽しめる内容や共感できること、知りたい情報を書くことが大切だと思います。



その際には、読者の視点にも立って、これで本当に読者に喜んでもらえるのか、もっと興味を持ってもらうにはどうしたら良いのかを考え、しっかりと工夫した文章を書くことが大切です。
タイトル
良いランディングページに高品質なデザインは必須ではない

ランディングページを外部の制作会社にお願いすればそれなりのものを作ってくれますが、やはりそれなりにお金がかかってきます。 このようなところに頼む予算がなくても良いランディングページをつくることはできるのでしょうか。わたし自身の個人的な見解ですけれども、それは可能だと考えています。ノウハウなどがないのはつらいところですが、そういうときは色々なページを参考にしていけば良いんです。ノウハウというのは言い換えればちょっとしたコツのようなものです。 いまはランディングページをまとめているサイトがありますので、そこで大量にサンプルを見て、なにがこのページでは良いのかなど分析していくんです。そうやって自分なりに咀嚼したらあとは作るだけです。デザインを作るのは難しいかもしれませんが、最低限、信頼感があるページを作れれば良いんです。 きらびやかなページじゃなくても信頼感を得ることはできます。むしろあまりきらびやかではないほうが味があって相手に好印象を抱かせることもありますからね。

タイトル
絶対に忘れてはいけない問い合わせフォーム

ランディングページには問い合わせが出来るフォームを作っておかないと、情報がいいのに相談ができず、利用することが難しいと思われてしまいます。このような問題点を解消するためには、問い合わせフォームの制作がとにかく重要になります。誰にも相談できないような状態よりも、誰かに相談して解決出来るページが必要となります。

デザインを上手く作りたいのは分かりますが、肝心の相談ページが1つも用意されていないというのは大きなマイナス要素になります。折角見てもらえる人が多いのですから、ランディングページにも相談用のフォームを付けてください。相談できることを示しておくだけでも、このサイトは分からない部分が聞けると判断して、多くの人が利用してくれます。

忘れがちでつい失敗しがちなのですが、相談できるフォームを作っておかないと、いいランディングページを作ることができません。問い合わせは電話のみという場合でも、番号を付けておかないと利用者が減ってしまいます
タイトル
ランディングページで重要になるキーワードの活用法

インターネットでビジネスをしている場合には集客効果があるサイトが有効になります。こういったサイトはどういったキーワードを使うかで結果が異なるのでプロたちが意識しています。また近年ではページを様々な工夫をして楽に表示できるようにしています。

実際に今のランディングページはインパクトが重要なので意識される部分です。単純にこのページは商品を理解してもらうことが条件なので工夫が欲しいです。今ではこれらのページ制作も情報が多いので他の意見を参考にできます。

優れたランディングページはデザインする側のアイデアに関係しています。特に見やすいページを作るのは基本ですがキーワードの配置がコツです。商品の内容をイメージできる言葉は大きくして分かるようにすると効果的です。

一般ユーザーはいきなりランディングページを見てそれを閉じることもあります。だから大切なのが印象に残る言葉を使うことです。そういった言葉をページに配置しておけば閉じた後も気になって再び見たくなります。
タイトル
良いランディングページはひとつのページで完結している

ランディングページというものは昨今のウェブ集客においてかなり重要な位置を閉めていると思います。それ故に必要となってくるのはいかにわかりやすく、魅力的なランディングページに仕上げるかということではないかと考えます。

インターネットでピンポイントな単語で検索してくれたお客様がページをみた時に、欲しい商品の情報があったからクリックしたのに別のページで手続きをしなければいけない、なんてことになったら面倒で離れていってしまうかもしれません。もしも購入や会員登録を悩んでいるといった方がいらっしゃった場合には、サービスを利用したいと思えるような魅力的なセールスポイントやフレーズを散りばめてぐっと引き寄せられると良いですね。一ページの中にそれらの要素が端的に完結していることが重要なのではないかと思います。

また、たとえ完結していてもデザインが見づらかったりチープでは利用したいという気持ちも半減してしまいます。

ランディングページは自分が利用するとなった時、どのようなレイアウトや文章だと惹きつけられるかということを想像しながら制作するのもひとつのコツといえるのではないかと思います。
タイトル
ランディングページにお客様の悪い評価は載せるべき?

実際に商品を購入して使ってみたというお客様の体験談はとても貴重です。

購入を検討するユーザーの参考になります。しかしすべての人がよい評価を持ったわけでもなくお客様の中には「あまり便利ではなかった」という評価の人もいたりします。問題はそういった悪い評価をランディングページで紹介するべきかどうか?

一定の割合で載せてもいいかとは思われます。例えば大手通販サイトAmazonではマイナスのレビューも多数、寄せられています。少し厳しいことも書いてあったりも見かけます。載せてもいいのではと思う理由は一般にランディングページの大半がいいことばかり書かれています。それを見て納得して買ったものの、実際は「便利ではなかった」と思うユーザーも多いかもしれません。

ランディングページに書いてあったことは本当だったの?そうでなかったの?と半信半疑になります。

なので真実味をUPさせるためには商品のイメージを損なわない程度のお客様のよくなかったという体験談も載せると客観性も出てランディングページもしっかりとしたものになっていくと思います。
タイトル
ランディングページの作り方を勉強しても作れない

ランディングページの作り方について本を読んだりして勉強しても

なかなか身につかないってことありませんか?

キャッチコピーの書き方もさっぱり、何も思いつきません。ベネフィットもただ商品のスペックの羅列になってしまう。さらにホームページにUPしようとしてもどのくらいの行間を空ければいいかどの部分を大文字にしたり赤字にすればよいかもわからないということも多いです。

ランディングページを作るというよりWebサイトを作る基礎ができていないのかもしれません。HTMLをまずしっかりと勉強することが大切です。例えばPタグとBRタグの違いがわかれば行間もどのくらい空ければいいかわかってきます。大文字ならHタグ。

最近ではHTMLがわからなくても自動で装飾ができたりもするので深く知る必要もなくなってきています。

しかしWebサイト制作の基礎を身に付けておけばさまざまなことに応用できるので遠回りですがランディングページを作る前に勉強しておくといいと思います。
タイトル
良いライティングページの作り方について

良いライティングページはまず一番最初は見やすさだと思います。まずデザインはシンプルなほうが見やすいです。 背景の色合いがカラフルなものや背景暗いものだと見にくいので、背景は白や淡いブルーや淡いピンクやベージュなどが良いと思います。 それから文字の色合いは一般的な黒色が一番見やすいです。文字のサイズも一般的な中くらいサイズにすると良いと思います。あまり大きな文字だと、圧迫感を感じて嫌だと思います。そしてあまりにも小さい文字だと読みにくいです。それからイメージキャラクターを務めている男性や女性も、なるべく好感が持てるような清潔感のある方が良いと思います。 そしてキャラクターの絵やハートや星などのマークも、あまり使わないほうが良いです。こういう絵や文字があるとふざけているように見えます。それからこのページはどんなことを宣伝しているのか分からないというページがたまにあるので、こういったことにならないようにそのページの代表的な商品や宣伝文句や会社名は上に載せておくと良いと思います。 全体的にシンプルで読みやすいデザインにすれば、使う方が増えると思います。
タイトル
良いランディングページは配置にリズム感がある

良いランディングページにはリズムがあることに気がつきました。悪いランディングページに比べて良いランディングページは右に左にきちんと視線がふれていくのです。 かといって散漫な印象は持ちません。しっかりと読んでいる、見ているなという気分になれるのです。それに対して悪いページは全ての構成要素が右を中心に配置されていたりします。 たとえば写真が毎回のように右に配置されていてリズムがないのです。こういうページは飽きてしまって下に続けてスクロールしていこうという気持ちが萎えてしまいます。 やはりきちんとリズムが合った方が人間は心地よく感じるのだと思います。でもリズムがあるだけでは駄目だと思うんです。 先ほども書きましたが散漫な印象を作るような配置はしてはいけないと思います。それをやってしまうと文章はしっかりしていても何を言いたいページなのかわからなくなってしまうように感じますね。要素の配置をどこにするかで画面の印象は変わりますので気をつけたいですよね。
タイトル
ランディングページのベネフィットをどう書くか?

ランディングページにはいろいろと書くことが多いのですが特にベネフィットは書くことが難しいです。

なぜならこの商品はこの部分が便利だとメーカーからの説明書にも書いてあったとしても実感することも困難だからです。

例えばスマホの手帳ケースにカードを収納できるポケットが付いているので便利というベネフィットを書くとします。理論的には便利です。スマホとカードが収納できます。

しかし、そんなに特別に便利でもないし他の商品にも普通にある機能の一つです。なので必要以上に誇張するわけにもいかないです。

ここではベネフィットとしてどう強調するか工夫が必要となってきます。

客観的に何かと比較するというのも一つの方法です。収納ポケットがないスマホの手帳ケースと比較する。わかりやすいしユーザーも納得しやすいかもしれません。

このようにベネフィットとは特別な利点でなくても充分にその商品の魅力の一つとしてユーザーへ伝える方法はいくらでもあると思われます。
タイトル
ランディングページは「アバブ・ザ・フォールド」で決まる

いいランディングページを作ろうと思っているなら、決して無視できないのが「Above the fold(アバブ・ザ・フォールド)」です。 さて、初めて聞いたという方もいるかも知れませんが、アバブ・ザ・フォールドとは、「ブラウザでページを開いたとき、画面をスクロールせずに見える範囲」という意味があります。 つまり、ランディングページを開いたとき、一番最初にユーザが見る範囲であり、同時に「読み進めるどうか」を判断する範囲とも言えます。 ランディングページの直帰率は8割以上とも言われており、多くのユーザーは一見しただけで、ページを離れてしまいます。 どれだけ効果的な文章を並べても、読み進めてもらわなければ意味がありません。では、アバブザフォールドに何を書けば効果的なのか? まず注意したいのが、この部分に文章を書いても、たとえそれが魅力的であったとしても、多くのユーザは「文章を読まない」という点です。 まずユーザに見せるべきは、「短いフレーズで」「箇条書きで」「魅力的でキャッチーな文言」です。そこでユーザの気を引ければ、ページの続きへと読み進めてもらえることでしょう。
タイトル
一目で引き込むように

注文までしてもらうためのページである。故にランディングページは作るのには手間と時間がすごくかかります。

なぜならその1ページですべてのマーけティングを集大させなければならないからである。

見た感じがだけよくてもダメです。お客にそのページを読んで読ませなければなりません。まずは誰に訴えたいのか。ターゲットを絞って、そのターゲットの行動、性格、性別を読み取りそれを反映させていく訳です。それからその訴えたい商品等についても掘り下げる。分析をする事である程度商品のポジションがみえてきます。そこから構成をくんでいきます。問題提示、あおり、問題解決策提案、行動を実行させる。その他、代表者の写真挨拶、口コミ等お客が安心するような項目も必要です。注意が必要なのは必要以上の利点を前面に押し出さない事です。いくら売りにしているとはいえ過剰に宣伝しすぎるのはクレームにつながり、評判にも関わってきます。あくまでお客に共感してもらえるようなページ作りを心がけたいものです。その商品を制作したのにはその物語が必ずあるはず。その過程をきちんと伝えて、お客に理解していただき、あくまで本質で見てもらえるページを作るべきである。お客をだますような事は考えてはいけない。
タイトル
ニーズに合わせたランディングページ

ランディングページはネットの広告からリンクし、1ページで資料請求や、登録を促すものです。そのため重要なのは見てくれた人に特徴などをわかりやすく伝えるようにつくることが重要だと思われます。 しかし、もう少し深く考えてみましょう。そもそも人が何かを購入する理由は何でしょう。おそらく、興味があるから使ってみたいとか、不便だから何とかしたいという理由が多いと思われます。 そもそも広告をクリックして、ランディングページを開いた時点で、どちらかの理由があると考えられます。そのときに読者は何を考えてそのページを見るかというと、見たプランや、商品が自分の要求にあっているかどうかだと思います。特に値段などは重要視するでしょう。そのためランディングページを作る際にはまず、どういった人たちに向けて作るかを理解する必要があります。 つまり、誰にでも売るように作るのではなく、困っている人や、興味がある人に正しくサービスを提供するように作る。こうしたランディングページ作りが、世の中という大きな視点で考えてもより重要だと言えます。
タイトル
ランディングページ作成のポイント

ユーザがアクセスしたページについてしっかりと見るかどうかの判断は3秒程度で決まると言われています。そのため一生懸命ページを作成しても最後まで見てもらえない可能性もあります。では具体的に以下に挙げる3つのポイント押さえてみましょう。

まず初めのポイントとしては、キャッチコピーです。メインのキーワードをキャッチフレーズに用いれば、ユーザーに安心感を与えられるので即時離脱を抑えることができます。

次のポイントとしては、キービジュアルです。メインイメージ部分は、ひと目でイメージが伝わるような写真を選びましょう。そうする事でターゲット(男性なのか女性なのか等)は誰なのかがはっきりと分かり

最後のポイントとしては、デザインです。エンブレムや実績(△万個売れた!等)は目立つ場所に載せてアピールをしましょう。また、「購入する」ボタンを置きましょう。ランディングページのボタンについては形は角丸、色は緑がよいとされています。角丸の長方形はユーザーに安心・快適を感じさせる形で緑は信頼性や安全をイメージさせる意味を持っています。
タイトル
簡単にランディングページのキャッチコピーを考えるには

ランディングページのキャッチコピーページのは第一印象として大切ですがなかなかすぐに思いつかないことが多いです。せっかく思いついても地味だったりこれでは成約率が低くなりそうなものだったりします。

メーカーの商品の説明書だけを見てキャッチコピーを作成していませんか?

例えば、スマートフォンを例に挙げると電話ができて、ネットができてOSはアンドロイドで、、、たてとよこの長さは、、、、

これだけでの情報からでは魅力的なキャッチコピーを作ることはできません。

どんなユーザーが使ったらこのスマートフォンがかっこよく見えるかを想像してみましょう。ゴールデンウィークに彼女とデートに行く男性、夏休みを家族と旅行に出かける女性などです。使っているシーンを想像するだけでも何かこのスマートフォンが輝いて見えてきます。

このようにランディングページのキャッチコピーを作るときは商品の基礎データだけでなくさまざまなことを想像することが大切です。
タイトル
ランディングページ!ちょっと光るベネフィットを書きたい

日々、ネットショップの運営においてランディングページを作成していていつも単調になってしまうし、時間がないので少し勉強してから書こうと思っても結局、いつもと同じだったりということはありませんか?

時間がない人もほんのちょっとのことを意識するだけでも違ってくると思います。

例えば筋トレマシーンのランディングページを作成しているとします。テレビショッピングでも見かけるし、そこまで目新しいものではありませんが自分のショップで取り扱うことにしました。ということはライバルも多いので差別化する必要があります。それでいったいどんな人が使うのかを詳しくリサーチします。ネットで探すといろんな悩みを抱えている人がいます。

男性で痩せたい人って?ということから調べます。婚活、デート、商談というケースを見つけたとします。そこからベネフィットを自分なりに考えます。

婚活で筋トレマシーンを使うとやせてかっこよくなり結婚できるというベネフィットが生まれます。デートなら結婚、商談なら昇進というようにベネフィットをそれぞれのケースで考えます。

このようにランディングページを作成するときはちょっとリサーチしてみるといつもとは違うように書けそうです。

タイトル
興味のない人にランディングページに関心を持ってもらうには

「まったく興味のない人にも商品をおすすめしたい」

「あの芸能人に宣伝してもらったら」

でも、いくらネットと言っても今が旬の芸能人を起用することも難しいです。いったいどうやって多くの人に関心を持ってもらうランディングページを作ればよいのでしょうか?

最近のトヨタのCMはずばりこの問いへの答えとなっています。

今まではトヨタウンという有名芸能人が数多く出演する独特な世界を演出していましたが今回は車種を限定して今、若者に話題の人気バンドを起用しています。ファミリー向け車種編では子どもも登場せず親子で使うシーンをPRするわけでもなくただ演奏しているだけのCMにはおどろかされます。

一般的に若者の車離れも叫ばれています。車を必要な時に借りるというシェアも広がっていて、ますますこの世代に売るのは難しそうです。

しかし車には関心はないけど、バンドには興味があるというひとたちに訴求することができます。

この事例を応用して「関心ない+関心ある」を組み合わせてランディングページを作るといいかもしれません。
タイトル
ランディングページのベネフィットの書き方

ランディングページを作成していて一番、難しいのはベネフィットの部分かもしれません。上手に書こうと思っても一行で終わってしまったり、400文字以上は書きたいのに何も浮かばない。そんな経験はありませんか?

学校の作文などで苦労した思い出のある人も多いと思います。ベネフィットだけではなく文章というものは考えれば考えるほど書けなくなります。柔軟な思考が大切になってきます。

例えばCDラジカセのランディングページを作成するとします。カセットテープ、CDだけではなくUSBメモリ、microSDカードも使える高機能型です。さまざまなベネフィットが書けそうですがメーカーの商品説明文以上のことは書けなかったりします。

一つの方法としてこの高機能ラジカセをユーザーが日々の生活において楽しく使っている様子を演出するようなベネフィットが書けたらと思います。それにはどんな人が利用するのかを想像します。子どもを持つママやファミリー、おじいちゃん、おばあちゃん。ファミリーなら子どもたちの好きな歌を聞かせたりするのかもしれません。おじいちゃん、おばあちゃんならカラオケの練習をするのかもしれません。

このように商品の機能から利用するユーザー像を想像するとベネフィットが浮かびやすくなると思います。
タイトル
訪問者が少ないショップのランディングページ

ネットの世界では100人集客してその中の1人くらいが買ってくれるくらいが平均とされています。しかし運営をはじめてまもないサイトの場合、1日100人の集客もいつになるのかわかりません。最近は検索エンジンでの上位表示も厳しい時代です。

お店に来てくれるすべての人に買ってもらえたらと思うのが切実な願いでもあります。

それを叶えるには最強のランディングページを作ることが大切です。見た人すべてがほしくなるそんな夢のようなことが実現できるのかと半信半疑にもなります。

まずはユーザーが本当にほしいもの、悩みなどを丹念にリサーチすることです。面倒かもしれませんが、一番、重要なところです。

例えば浴衣。夏の花火大会では欠かせないアイテムです。しかし差別かも難しいし安いものからいろいろです。漠然としたランディングページになりがちです。でもユーザーがいったいどんな浴衣を求めているのかをきちんと把握しておけば、一度の訪問で「これ、ほしいかも」と思ってもらえるかもしれません。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.