上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
反応が取れるランディングページのコツ!!

ランディングページを作る際にまず押さえておきたいのは『ターゲッティング』。

このターゲッティングがしっかりできていないと、反応が取れるランディングページにはならない。

これぐらいはある程度の人なら知っているだろうが、知っているだけでできていない場合が多い。

ターゲッティングをしっかりする。

つまりターゲットを明確にするということ。

ではどれぐらい明確にすればいいのだろうか?

それは、そこにそのターゲットが存在しているがごとく、その人格が存在するがごとく描くことだ。

名前、年齢、見た目、職業、生活習慣、性格、年収、学歴、ありとあらゆることを決めていく。

細かすぎてめんどくさく感じるかもしれないが、頭の中で理想の見込み客を描くわけだから、自由にやっていい。

これらの人格をペルソナと呼ぶが、このペルソナがしっかりしていないと、デザインも決定できない。

男性向け、女性向けでは色調なども違うだろうし、20代と40代では文言にも違いが出てくる。

つまり、ペルソナがしっかりできていないとランディングページ制作にはとりかかれないのだ。

これでもかというほど、細かく描こう。

そこに本当に存在するかのように、会話をし、外見を見て、どんなことに喜ぶのか。

全ては心の中で、相手を思い描くことから、ランディングページの制作は始まる
タイトル
いいランディングページを作るための注意点

いいランディングページを作るためには、タイトルなどは統一したルールを設けましょう。ページの中のそれぞれのコンテンツには、タイトルとして同じフォント・同じ色・同じ揃え方のものをつけるようにしましょう。このようなことがタイトルとして統一されていなければ、ごちゃごちゃした、でこぼこしたようなイメージのページになってきます。

配色は見やすいようになっているかということが、いいランディングページのデザインを制作するためには必要です。色を選択するような場合、よく目立つということで、赤色のみを使っていると最終的にどこが大切であるのか見分けがつかなくなってしまいます。色を利用してよく目立つようにしたい場合は、相対的な周りの色との関係が大切になります。コントラストを色で付けたい場合には、色が対極のものを組み合せると容易にできます。いいランディングページを作りたいのであれば、このようなことに注意することが必要です。
タイトル
良いランディングページは写真使いがちゃんとしてる

良いランディングページにはきちんとした写真が使われているように感じます。無料で使える写真が大量に出回っているようで、それを使って制作しているページを多く見ています。 またこの写真を使っているといった具合に既視感があったりすることがあるんです。確かに作り手からしてデザイン上、使いやすい写真のため色々な場所で使われるのでしょうが、それを見る側としては新鮮な感じが薄れてあまり良い印象はありません。良いランディングページにはこういった既視感のようなものがあまりない気がします。 わたしが良いと思うページはしっかりとした写真選びをしており、もしもよく使われるような写真を選択したとしても、上手い具合に加工などをして既視感が出ないようになっています。やはり、見たことがあるようなという印象を相手に抱かせてしまったらマイナスですからね。また、何度も使われ陳腐化した写真というのはただそれだけで安っぽいイメージを与えてしまいます。良いランディングページにはそれがありません。

タイトル
ランディングページについて感じること、改善点は?

今日は自分が思うランディングページの作り方を説明します。

ランディングページとは最初がとても肝心になります。

みんなが見る始めのページになってきますのでそれ次第でそのウェブの良し悪しが決まります。

インパクトのあるランディングページをつくることが重要であると自分は思っています。

それはどうするかをしっかりと考えていくことが大切です。

自分の得意分野で考えればもっと良い提案ができるかと考えています。

ですが、大まかな内容やデザインは必ず考えておいたほうがいいです。

スムーズな提案をするにも準備は必ず必要にはなってきます。

内容はある程度考えておけば問題はないと自分は思っています。

最初が非常に肝心ですけど、目的を明確にしていけばおのずと道は開けてきます。

作成がとても楽しくなってくるのではと自分は思っています。

制作に関して試行錯誤するのもいいと思います。

やればやるほどリターンはきます。それがランディングページです。

自分は時間を掛けて研究をして、最高のランディングページを作りたいと思っています。
タイトル
ライディングページ云々に挑戦してみます。

ランディングページの作成にこれから挑戦しようと思っているまったくの未経験者である私は、未経験の初心者であるというニュートラルな視点を活かして、どんなランディングページがキャッチーでどういった謳い文句やデザインに訴求力があるかを思い返すことから着手しました。これは人の性格によってまったく違うと思いますが、見る側だったときの自分が今は一番の見本だからです。 そこでまず思ったのは、無駄に大きな文字は逆に視界の外に追いやっていたことを思い出しました。ではどんなものに好奇心をそそられ、無意識にクリックしていたかというと、まず視界の片隅に大きなアイコンのような物が見える、そのランディングページの生命線とも呼べる画像を見て興味ある分野であれば、そこで初めてようやく意識下での知覚に至ります。 その次に文字類を一度瞥見して謳い文句が頭に入ってきます。そうしたプロセスを経てクリックしてみようというフラットな気分になってライディングページにカーソルを置いてあれこれ見ていたことを思い返しました。それが万人かどうかはさておき、まずは「自分」を参考資料にして作成のヒントにしていくことに決めてみたいとおもいました。
タイトル
いいランディングページのためにはカプセル化が必要

ランディングページを制作する場合には、デザインがいいかどうかということが、よくページを作る場合には問題になります。このようなランディングページでは使えないと、クライアントなどから言われたこともあるでしょう。どのようなところが使えないのかと聞いても、とにかくよく集客することができるようなものにする必要があるようなことを言われて、はっきりとは教えてくれないかもしれません。

よく集客することができるようにするためには、カプセル化が必要になります。カプセル化は伝統的な一つのテクニックで、トンネル内を走行しているような感じで、視野が中心だけに絞られるような効果を期待する場合に使われるものです。例えば、アーチの円形のものの場合には、視線が他のところに移るのを妨げて、奥の形に移るようになっている画像です。ページがこのようなカプセル化されたものであれば、他のところに視線が移ることもないため、集客率のいいランディングページにすることができるでしょう。
タイトル
ユーザーの良くない評価はランディングページに掲載すべきか

ユーザーの良くない評価は、ランディングページを制作する際に掲載すべきでしょうか?商品を実際に使ったというようなユーザーの体験談は非常に大切です。商品を使ってみたいというユーザーにとっては非常に参考になります。しかしながら、ユーザーの全てがいい評価をしているということもなく、思っていたほど便利ではなかったというようなユーザーも中にはいるでしょう。

ランディングページにはこのようなよくない評価も、デザインする場合には掲載するといいでしょう。例えば、通販サイトの大手では多くマイナスの評価も掲載されています。掲載するといい理由は、一般的にほとんどのランディングページがいい評価のみ掲載されていますが、この評価を見て購入したが、使ってみると不便であったというようなユーザーもいるかもしれないからです。そのため、商品のイメージが悪くならないくらいのユーザーのよくないという声も掲載すると、客観性も出てくるでしょう。
タイトル
インパクトがあるデザインにすることが必要

いいランディングページを制作するためには、これは何なのだろう、美味しそう、などというように、一目でユーザーが求めている情報があるかを見極めすることができるような、インパクトがあるデザインにすることが必要です。例えば、ランディングページを見た時に、すぐに注目するような商品のキャッチコピー、写真などを載せるといいでしょう。

また、商品のランキングや、ユーザーが獲得することができるものに対する期待感などについての情報を載せるようにしましょう。これ以外にも、ユーザーが持っている悩みやトラブルへの共感、商品が完成するまでのエピソード等、ユーザーが興味を示すような情報を載せることが必要です。

ネットショップの場合は、商品を他社と比べやすいため、差別化してアピールすることができる、商品のアピールポイントを載せて、商品を選択する際の判断材料になるようないいイメージを持ってくれるような情報をランディングページには載せましょう。
タイトル
アピールしたい場合は大胆に行うことがコツ

いいランディングページのデザインを制作するためには、コツがあるそうです。では、いいランディングページを作るためにはどのようなコツがあるのでしょうか?

アピールしたい場合は大胆に行うことが、いいランディングページを作るためのコツです。アピールしたいところが決まれば、別のところとの違いをはっきりさせるために、そのところを強いコントラストにしましょう。簡単に言うと、強いコントラストというのは強弱をつけることです。この場合に最も大切なことは、大胆に行うことです。文字をちょっと大きなものにしたり、太字にちょっとしたりするのみでは、ユーザにとってはイメージは全く違いません。

では、どのようにしてコントラストはつけるといいのでしょうか?基本的なコントラストをつける方法は、文字の太さ・大きさを変更する、フォントを変更する、色を変更する、あるいは濃いものにする、立体的に変更する、装飾する、枠で囲む、などというようなものがあります。
タイトル
コントラストを使ってよく目に付くようにする

コントラストを使ってよく目に付くようにして、行動喚起をはっきりと示すことが、ランディングページのいいデザインを制作するコツです。

ユーザーの行動喚起につなげることが、ランディングページの最終的な目的になります。ネットの有名なサイトの場合には、コントラストを使うことによってよく目に付く、30秒で完了、無料でまずは登録、というような行動喚起のボタンを設けています。このような行動喚起のボタンを設けることによって、登録をユーザーに対して促しています。このように、いいページを作るためには、行動喚起のボタンをよく目に付くところに設けて、行動喚起のステップをユーザーに対して示すようにしましょう。はっきりと行動喚起のステップを作ることによって、ユーザーが迷うことなく、誘導を意識的に行うことができます。

いいランディングページを作るためには、よく目に付くようにコントラストを使って、はっきりと行動喚起を示すようにしましょう。
タイトル
ランディングページはアポ取り営業マンです。

よく見かけるランディングページのデザインで、とても不思議なことがあります。

ヘッドコピーと画像のすぐ下に、お申込みのバナーがあるんです。



制作者の気持ちとしては、「すぐにも売りたい!すぐ申し込んでくれ」という感じなんでしょう。

しかしランディングページはいわば、「アポ取りの営業マン」です。

営業の電話をかけて、いきなり「今すぐお申し込みを!」と叫ぶでしょうか?

そんなことをしたら、見込み客は思わず引いてしまうと思います。

電話を切るかもしれません。

それではせっかくのランディングページが何の意味もなしませんよね。



まず必要なのは、この商品をリアルで売るとしたら、

アポ取り営業をするときにいったい何を、どんな順番で話すか、

どんな雰囲気にするか、どう詰めていくか、などをあらかじめよく考えておくことだと思います。



もちろん相手の考え方や習慣などをよく下調べして、それに合わせたコピーを準備することも重要です。



お客が心を開いてくれるには、どんなことを書いておけばいいのか、

どんな順番がいいのか、

制作者の間で十分話し合いがもたれるのがいいと思います。
タイトル
悩みと良さを出して惹きつける要素を増やしておく

ランディングページを良くするためには、デザインという部分も大切になってきます。しかしこれだけではいいと思わせることが出来ないので、文章構築も必要なこととなります。特に重要なこととして、これを利用しておけば悩みが解決すること、このような結果が出ることを分かりやすく伝えることです。これができるようなら、相当な利用をしてもらえるようになります。

基本的にランディングページの制作をしていく時には、真っ先にレイアウトの方を考えてしまいがちです。これでも別にいいのですが、レイアウトの方ばかりを考えてしまい、文章の方を適当に作ってしまうことも多くなります。これではしっかりしたアピールができるわけがないので、もっといいアピールをするために必要なことを考えていきます。

使いやすいページも大切なのですが、ランディングページは見て悩みが解決することが一番重要なポイントとなります。その悩みを解決させるための部分を前面に出してください。
タイトル
ランディングページを作る際の私が心がけていること

まず初めにランディングページをよりよく、来てくださった来場者に

目に留めて頂き、なおかつ見やすく交換がモテるようなランディングページを作る際の

注意点を実際に制作したことのある視点からお話をさせていただきます

私がまずランディングページを制作する際に重要視しているのは

見やすさ、親しみやすさ、記憶に残るかどうかの三つです

文字ばかりのページですと、見ている人が疲れてしまい、そのページに長くとどまってもらえない

ということになってしまうからです。

親しみやすさ、の点では好感度を持たせるためにマスコットキャラや色の使い方を統一し

閲覧者にストレスを与えないということを重視しページをデザインしています。

最後の記憶に残るという点では、人間は忘れてしまう生き物だという事を念頭に

いかに長く頭に残り閲覧者に制作したページを見て居なくとも、また見たくなるような

工夫をするという事、です。

制作側はどうしても、閲覧者側の気持ちを疎かにしがちで、自分は見やすい良い

ランディングページだと思っていても、閲覧者はそうでないことも多々あると思います

以上の点をふまえ、私はランディングページを作りよりよいページを心がけて居ます
タイトル
非常にインパクトがあるランディングページを作るコツ

初めてランディングページを制作する場合には、どのようなデザインにするといいのか分からないのではないでしょうか?ここでは非常にインパクトがあるランディングページを作るコツについてご紹介しましょう。このコツをマスターすることによって、ランディングページやWEBサイトは非常にいい見栄えになります。

一つに整列する方法を統一しましょう。右揃えにするか、中央揃えにするか、左揃えにするか、ルールを事前に決めておきましょう。最初は右揃えであったが、中央揃えに途中からなったりしないようにしましょう。揃え方は全て統一しましょう。

意味の同じようなテキストはまとめましょう。テキストが、だらだらした、ばらばらのような場合はすぐにスルーされます。しかしながら、これ以上掲載するコンテンツは削減することができないというような場合は、同じようなもの、意味が似たようなテキストをまとめるようにすれば、ユーザーは非常にストレスが少なくなるでしょう。
タイトル
簡単であるとユーザーにイメージしてもらうこと

項目をできるだけ絞り込んで、精神的・物理的な負荷を軽くすることが、いいランディングページを制作するコツです。ランディングページのデザインを改善するためのポイントとしては、一見した場合に、これは簡単であるとユーザーにイメージしてもらうことです。

では、ユーザーに簡単であるとイメージしてもらうためにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、具体的に押さえておくべきポイントについてご紹介しましょう。ページで入力する場合の項目はできるだけ少なくして、入力が任意の項目についてはできるだけ削除するようにしましょう。注意事項や説明などを少なくしたり、右側のカラムに移したりすることによって、ランディングページにできるだけ入るようにしましょう。項目を配置する場合は、視線の流れにできるだけ沿うようにしましょう。

なお、具体的に押さえておくべきポイントの詳しい内容について、ネットなどでも紹介されているため参考にしましょう。
タイトル
いいランディングページを制作するためにはリズムが必要

リズムがあることが、いいランディングページを制作するためには必要です。良くないランディングページに比較して、いいランディングページの場合は視線がきちんと左右にふれていきます。しかしながら、散漫なイメージはありません。十分に見ている、読んでいるというような気持になれます。一方、良くないページの場合は、右をメインに全部の構成要素がデザインされたりしています。例えば、毎回のように右に写真が配置されているとリズムがありません。このようなページはすぐに飽きて、続きを見てみようという気持ちが無くなってしまいます。

やはり、リズムがきちんと合う方がユーザーは気持ちよく感じるでしょう。しかしながら、リズムのみでは駄目で、配置は散漫なイメージがあるようなものにしてはいけません。これを行うと、しっかりした文章でもどのようなことを言いたいのか分からなくなるでしょう。どこに要素の配置をするかによって、ページのイメージは非常に変わるため注意しましょう。
タイトル
ファーストビューがランディングページを作る場合には一番大切

ランディングページを制作する場合には、構成案をベースにしてデザインを実際に練っていきます。しかしながら、紙の場合とwebの場合で非常に違うことがあります。基本的に、紙の場合は、全体のページを1枚の絵で作るようなスタイルを採用します。しかしながら、webの特にランディングページの場合には、画面をユーザー自身がスクロールして、いくつかに分けて情報を見るようになります。

つまり、ランディングページの構成というのは、1枚のページの構成ではなくて、例えば、漫画の四コマの構成に似たようなものであると言えます。そのため、ページ全体の構成を整える必要はそれほどありません。

また、ページを訪問するユーザーの中で、8秒のうちに8割は流出すると言われています。このようなことから、ページを作る場合に最も大切な要素というのは、ファーストビューというページをユーザーが訪問して最初に見る範囲です。このファーストビューが、ページを作る場合には一番大切です。
タイトル
反応の取れるランディングページを作るには?

あなたがこの記事を読んでいるとうことは、あなたはランディングページを制作しているのかと思います。インターネットでは、ランディングページの出来によって、影響がかなり出ます。たった1%の反応率の違いでも、売上が大きく変わってきます。ここで、あなたのランディングページの反応率を1%でも高く上げるための方法を説明ししていきます。



まずは、広告とあなたのランディングページとの整合性を確認してください。PPC広告からにしろ、ホームページからのバナー広告からにしろ、広告をクリックした人があなたのランディングページに違和感なく読めるような世界観、デザイン、キャッチコピーにしましょう。



次に構成ですが、QUESTフォーミュラの形に沿って書くと無難です。QUESTフォーミュラの形とは、宣言(ターゲッティング)、共感(ストーリー)、教育(商品アピール)、興奮、行動という流れです。ターゲットや世界観によっては、アレンジしても構いません。



最後に、完成したランディングページの1箇所のみを変更したバージョンを用意しましょう。完成したランディングページをA、変更バージョンをBとして、AとBの2つの反応率を見ます。そして、反応率の高かった方をまた1箇所変えて、またテストします。こうして、反応率の高いランディングページを選別していきます。これであなたは反応率の高いランディングページを制作できます。
タイトル
良いランディングページは検証作業がしっかりしている

良いランディングページを作ろうと思った際に必要になってくるのが検証作業です。素人考えではありますが、効果を高めようと思ったらデータをしっかりと見なければならないと考えています。 たとえば予算が潤沢にあるのであればランディングページをふたつ制作してABテストをすることも大切でしょう。どちらのページが最も効果があるのか計測するわけです。そのふたつというのはデザインなどが違うものでなければなりません。どれくらいそのふたつに違いがあるのかというのは問題ではありますが、そこは色々と考えて実験していきましょう。 そういった細かいことをやってデータを取っていき、最終的に効果が高いものを残していけば良いんです。ランディングページを改善するときにも同じような手法を用いてやると良いかもしれません。データには現れないものというのがあるのは確かなことではありますが、まずはデータに表れたところをさらってみるというのが良いのではないでしょうか。

タイトル
効果の上がるランディングページのためのポイント

ランディングページとは、リスティング広告(Gooleなどで検索した時に、検索結果とは別のスペースに出てくる「検索連動型広告」)をクリックしたときに、表示されるページのことです。ですので、ランディングページとして一番大切なのは、そのデザインがいかに美しいか、ということではなく、そのランディングページを見てもらって、その商品なりサービスを確実に購入してもらえるような内容になっているかというです。

そういうランディングページを制作会社に制作してもらうためのポイントを以下にご紹介します。

まず最初は、クリックして最初に見える画面(ファーストビュー)に、ユーザーの見たい・知りたい情報がしっかり載っていることです。ここが変にデザイン優先で情報が少ないと、そのまますぐにユーザーが離脱してしまう(これを直帰といいます)ので、注意しましょう。

2つめは、その商品なりサービスなりを注文してもらう導線が一直線であることです。どうしてもオーナー側はたくさんの情報が知ってほしくて、内容を詰め込みすぎ、それによってユーザーが返って「今どこにいるのか」わからなくしてしまう危険性があります。そうなると、ユーザーはまた途中で離脱してしまいます。ですので、ランディングページは内容を厳選して、ゴールまで一直線に向かえるような構造にすることがポイントです。

以上の点に注意してランディングページを制作しましょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.