上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
PC・スマホといったデバイスの違いにも留意すること

ネット上にも公式ホームページなどの窓口を持つのが当たり前になった時代。ランディングページのもつ重要性はますます高まってきています。



それは消費者から見た側面だけではありません。「ランディングページ」という単語をネットで検索すれば、どんなふうにすればより良いサイトが作れるのかという需要面、また優れたランディングページを制作すると宣伝する供給面、両者についての情報もたくさん見かけられます。



ランディングページのデザイン如何で、せっかく広告に興味を示してくれた人々が離れていってしまったり、逆に、興味をひかれてリピーターへと繋がる可能性もあります。



そんなふうに大変重要なランディングページ。それを作るコツは、ユーザーや提供したい情報などによってさまざま。



ですが、たったひとつだけ、確実にいえることがあります。

それは、ユーザーのデバイスに合わせる、ということです。

パソコン用のランディングページはしっかりしているのに、スマートフォン用のランディングページのデザインはいまひとつ、というところもあるでしょう。



大事なのは、PC用、スマホ用、それぞれのデバイスの違いに留意して制作できるかどうかです。
タイトル
効果が高いランディングページを作るためには

サービスや製品についてユーザーに知ってもらう時に、こだわりいものといえばランディングページのデザインです。

今まで全くサービスや商品について知らなかったユーザーに実際に購入してもらったり、商品を理解してもらうには、写真を用いたわかりやすくて目立つデザインにしたり、短文でわかりやすく商品の魅力を伝えるとおすすめです。

ただ商品の特徴や成分などを羅列するのではなく、ユーザーの立場になって、実際に商品を使うことでどのような悩みが解決するのかを伝えたり、サービスを使うことによってどんなメリットや利点があるのかを伝えるのも効果的です。

ただ売る側としてランディングページを作るのではなく、なるべくユーザーに共感してもらったり親近感を持ってもらえるページづくりをすることが大切なので、私が実際にランディングページを制作した時には、実際に商品を使ったユーザーの口コミレビューをお客さんからの声という形で掲載したりもしました。

独りでに押し売りするのではなく、他人の実体験や誰かの成果などが記載されていると、安心するユーザーも多いので客からの反響を掲載するのもおすすめです。
タイトル
ページで情報の余分なものを削ることが必要です

いいランディングページを制作するためには、情報の余分なものを削ることが必要です。具体的には、文章はできるだけ短くして図などのデザインを多くする、要らない言葉は削る、要点にストレートに入る、ユーザーから入手するのはメールアドレスだけの情報にする、ユーザーのアクションをできるだけ軽くする、というようなことなどが必要です。

いいランディングページを作るためのノウハウはいろいろありますが、まずこのようなことを地道に実施していきましょう。このようなことをコツコツと行うことによって、非常に反応がアップしてきます。

いいランディングページというのは、非常に大切です。ページにアクセスを流すような方法を把握して実践したとしても、大切なページがいい加減であれば、全く意味がありません。いいページであれば、1,000人しか年間でユーザーの登録がなかったようなものでも、すぐに2倍以上になるようなことは結構多くあるのです。
タイトル
ランディングページの本文を制作する場合のポイント

ランディングページの本文を制作する場合のポイントについて見ていきましょう。

ランディングページの本文というのは、ヘッドラインに記載した内容を補うものです。

ヘッドラインと本文の役目は、ページを訪問したユーザーに商品の購入を促すことです。

ユーザーに商品の購入を促すためには、本文は、ページを訪問するユーザーのペルソナにマッチした、明瞭でしかもシンプルな表現を使用するようにしましょう。

表現が明瞭でなかったり、回りくどかったりするのは避けましょう。

ヘッドラインと同じように、ペルソナの視点で必ず本文は作るようにしましょう。

ページをデザインする場合は、注意をいくらしたとしても、サイト側の視点がメインによくなります。

ヘッドラインと本文においては、ランディングページに記載しているサービスや商品が、どのようなユーザーの問題を解決できるか、ユーザーのどのような興味を満足できるかということをきちんと説明する必要があります。
タイトル
よりよいライティングページを作るためには

私が考えるよりよいランディングページを作るために必要だと思うことがいくつかあります。

まず、文章のテーマだと思います。制作する人が「このテーマは面白い」と考えたとしても、読み手が求めているものとあまりにもかけ離れていては誰も読んではくれないと思います。そのため、あらかじめどのようなテーマが良いのか念入りなリサーチが必要だと思います。

次に、そのランディングページのデザインだと思います。例えば、20代の女性向けに書いてある記事なのにシンプルすぎるデザインにしてしまうと、せっかく内容が良くても読み手の読みたい意欲を失うことになり、もったいないことになると思います。凝ったデザインでなくても読み手をある程度意識したデザインは読み手を増やす要素の一つになるはずです。

最後に、そのランディングページの内容です。面白い記事でも信憑性が明らかにないものは読み手を減らすことになりますし、主観的過ぎると信頼性に問題が出てくると思います。
タイトル
良いランディングページは読み込み速度が速い

良いランディングページというのはページ表示速度が速い気がします。昔のインターネット回線で見ているようにだらだらと遅く表示されていたらせっかく人が来たのにイライラして他のページへと去ってしまいます。 こういったことにならないようにランディングページを設置しているサーバーの回線を増強したり、デザインを最適化すると良いのかもしれません。 制作している人間ならわかると思いますが、ページの読み込み速度を早くする方法は沢山あります。複数枚の画像を一枚に統合して読み込みを一回にするといったCSSスプライトのような小技やスクリプトの読み込み順の変更など、本当に沢山あります。そういったことをしっかりとやっていきランディングページのページ読み込み速度を少しでもあげていけば足を運んでくれた人にストレスを与えずにすみます。ストレスがなければコンテンツを見てくれる機会が高まるでしょう。 もちろんコンテンツの中身も大切だと思いますが、こういった一見すると地味な部分も本当に大切だと感じています。

タイトル
キャッチコピーがランディングページを制作するためには大切

キャッチコピーが、いいランディングページを制作するためには大切です。基本的に、キャッチコピーの場合には、文章の場合は左に寄せて、右に写真は置くようにしましょう。というのは、ユーザーがランディングページを見る場合には、画面の左から下の方へ見ていくためです。ランディングページというのは、文章の量が結構必要であるため、ユーザーが読みやすいようにデザインする必要があります。

キャッチコピーの役目としては、正しいページに検索したユーザーが訪問したことを伝える、ページを読んでみたいと感じさせる、ということです。

キャッチコピーの場合は、ページの最初に来るため、ページが開くとすぐに目に入ってきます。そのため、自分が探しているものと違っていると、ユーザーはすぐに出て行ってしまいます。確実にユーザーに興味を持ってもらうためには、キャッチコピーの技術が必要です。自信がコピーライティングにない場合には、キャッチコピーに検索ワードを含ませましょう。
タイトル
ランディングページの本文を制作する場合のポイント

ランディングページの本文を制作する場合のポイントについて見ていきましょう。

ランディングページの本文というのは、ヘッドラインに記載した内容を補うものです。

ヘッドラインと本文の役目は、ページを訪問したユーザーに商品の購入を促すことです。

ユーザーに商品の購入を促すためには、本文は、ページを訪問するユーザーのペルソナにマッチした、明瞭でしかもシンプルな表現を使用するようにしましょう。

表現が明瞭でなかったり、回りくどかったりするのは避けましょう。

ヘッドラインと同じように、ペルソナの視点で必ず本文は作るようにしましょう。

ページをデザインする場合は、注意をいくらしたとしても、サイト側の視点がメインによくなります。

ヘッドラインと本文においては、ランディングページに記載しているサービスや商品が、どのようなユーザーの問題を解決できるか、ユーザーのどのような興味を満足できるかということをきちんと説明する必要があります。


タイトル
キャッチコピーがランディングページを制作するためには大切

キャッチコピーが、いいランディングページを制作するためには大切です。基本的に、キャッチコピーの場合には、文章の場合は左に寄せて、右に写真は置くようにしましょう。というのは、ユーザーがランディングページを見る場合には、画面の左から下の方へ見ていくためです。ランディングページというのは、文章の量が結構必要であるため、ユーザーが読みやすいようにデザインする必要があります。

キャッチコピーの役目としては、正しいページに検索したユーザーが訪問したことを伝える、ページを読んでみたいと感じさせる、ということです。

キャッチコピーの場合は、ページの最初に来るため、ページが開くとすぐに目に入ってきます。そのため、自分が探しているものと違っていると、ユーザーはすぐに出て行ってしまいます。確実にユーザーに興味を持ってもらうためには、キャッチコピーの技術が必要です。自信がコピーライティングにない場合には、キャッチコピーに検索ワードを含ませましょう。
タイトル
ランディングページの場合にはできるだけ短い文言にすること

できるだけ短い文言にすることがランディングページを制作する場合には必要です。

ランディングページのデザインとしては、ほとんどの場合に画像が多くなります。

しかしながら、画像の場合でも文言をどのようにするかということは非常に大切です。

バナー等の場合とこのことは同じですが、できるだけランディングページのテキストの内容は分かりやすくて短いものにしましょう。

上手くユーザーが要求していると思われる情報を示すことが大切になります。

これ以外にも、背景の色合いやフォントの選定などについても、確認を都度行う必要があります。

いかにいい内容の場合でも、テキストそのものが見にくければ意味が全くありません。

また、できるだけテキストはhtmlで多く入れ込む方がいいでしょう。

良くユーザーの声というものを記載するコンテンツがありますが、左右いずれかにほとんどのユーザーの画像を寄せて、文章が残りの半分に記載されているような場合が多くあるのを目にすることもあるでしょう。
タイトル
ランディングページの場合にはできるだけ短い文言にすること

できるだけ短い文言にすることがランディングページを制作する場合には必要です。

ランディングページのデザインとしては、ほとんどの場合に画像が多くなります。

しかしながら、画像の場合でも文言をどのようにするかということは非常に大切です。

バナー等の場合とこのことは同じですが、できるだけランディングページのテキストの内容は分かりやすくて短いものにしましょう。

上手くユーザーが要求していると思われる情報を示すことが大切になります。

これ以外にも、背景の色合いやフォントの選定などについても、確認を都度行う必要があります。

いかにいい内容の場合でも、テキストそのものが見にくければ意味が全くありません。

また、できるだけテキストはhtmlで多く入れ込む方がいいでしょう。

良くユーザーの声というものを記載するコンテンツがありますが、左右いずれかにほとんどのユーザーの画像を寄せて、文章が残りの半分に記載されているような場合が多くあるのを目にすることもあるでしょう。

タイトル
良いランディングページにはストーリーがある

テレビを見るとコマーシャルのオンパレード、新聞や雑誌も同様に広告だらけ。

このように普段から広告を雨あられと浴びている現代人は、簡単に広告文句には踊らされないようになってしまっています。

ですから、ランディングページを見ても、疑いの心が優ってしまって、なかなかアクションを起こさないという人も多かったりします。

では、どうすれば疑いを捨ててアクションを起こしてくれるようになるのでしょうか。

実はユーザーは物語を読む時には疑いの心が無くなっているのです。

ですから、ランディングページに物語を埋め込めば、疑いの心が生じず、比較的アクションを取ってもらいやすくなります。

ランディングページの制作においてはデザインが重要と言われますが、いかに素敵なデザインであってお、疑いの心を持ったままではアクションにつながらないのです。

だからストーリー性のある物語をランディングページに導入するのがアクションを増やす最も効果的な方法と言えます。
タイトル
バナーやボタンの工夫でランディングページの見栄えは良くなる

ランディングページをより良く制作するにあたり、見直したいことといえばボタンの大きさやバナーの工夫です。

ユーザーに対して無料で資料請求やサンプル請求といったアクションを起こさせたい時には、ただボタンを設置するだけでなく、無料という文字を大きく強調させたり、ボタンに無料という文字をきちんと加えてユーザーに安心感を持ってもらうなど、配慮を重ねる必要があります。

また、ランディングページは初見の印象が大事なので、ページをスクロールせず済む上位の位置に、必ず購入ボタンや資料請求ボタンなど、次のアクションへ移ってもらうためのボタンをわかりやすく用意しておくのも効果的です。

ランディングページのデザインではおしゃれさを優先する人もいますが、実際に商品を利用してもらったり買ってもらうためには、導線をスムーズにすることが肝心です。

お問い合わせボタンや利用登録ボタン、購入ボタンなど、ユーザーへアクションを起こしてもらうためのボタンは周りの背景と調和し過ぎないように気を付けたり、大きく目立つ存在を取り入れると効果的です。
タイトル
良いランディングページは非常に具体的な説明がある

良いランディングページは抽象的な説明に終始していないように感じます。 長いページを上から下まで見たもののいったい何が言いたいのかわからないといったことがないんです。 わからないと言っても何もわからないというわけではなくて、商品程度はわかるという程度のページのことです。ですが、それではせっかくランディングページを開いたお客様がどういったものなのかわからないことから怖くて商品に手を出せなくなってしまいますよね。 ですので、良いランディングページはそのまま商品購入へと向かわせられるように商品の具体的な説明もしっかりと入っているべきです。 デザインが華やかでぱっとみて良い商品なのかなと思わせるようなページということに始終していてはいけません。 確かにイメージの良いページを制作することは大切ですが、それが全てではないからです。やはりどのような商品かということがわかってこそのランディングページなのだと思います。

タイトル
ランディングページの作り方で思っていること

今日は自分が思うランディングページの作り方をお話をしていきたいと思います。

ランディングページは、みんなが見る始めのページになってきますのでそれ次第でそのウェブの良し悪しが決まります。

インパクトのあるランディングページをつくることが重要です。

デザインなどをどうするかをしっかりと考えていくことが大切です。

自分の得意分野で考えればもっと良い提案ができるかと考えています。

ですが、大まかな内容は必ず考えておいたほうがいいです。

スムーズな提案をするにも準備は必ず必要にはなってきます。

内容はある程度考えておけば問題はないと自分は思っています。

制作は非常に難しいですけど、目的を明確にしていけばおのずと道は開けてきます。

作成がとても楽しくなってくるのではと自分は思っています。

試行錯誤するのもいいと思います。

やればやるほどリターンはきます。それがランディングページです。

自分は時間を掛けて研究をして、最高のランディングページを作りたいと思います。
タイトル
いくつも上手に入れ込む必要がある要素がある

ランディングページを制作する場合には、ユーザーに求める行動をはっきりと示すことが大切です。ランディングページをデザインする場合に記入が入力フォームへ必要であれば、ページにフォームを貼り付けましょう。入力する内容は、必要最小限にしておくことが大切です。入力する内容が不必要に多い場合は、コンバージョン率が間違いなく低下してきます。

十分にそれぞれの入力する項目の行間はとっておいて、記入しやすいということをユーザーに伝えることが大切です。連絡を電話で要求する場合には、大きなフォントで電話番号を記載しましょう。また、受付する時間については、平日のみなのか、それとも土日祝日なども対応可能なのか、丁寧に記載するようにしましょう。入力フォームを作成する方法については、実際にテクニックがいろいろあります。しかしながら、まずはランディングページで入力する内容は必要最低限のものにしておくということから、始めるようにしましょう。
タイトル
ユーザーに求める行動をはっきりと示すことが大切

ランディングページを制作する場合には、ユーザーに求める行動をはっきりと示すことが大切です。ランディングページをデザインする場合に記入が入力フォームへ必要であれば、ページにフォームを貼り付けましょう。入力する内容は、必要最小限にしておくことが大切です。入力する内容が不必要に多い場合は、コンバージョン率が間違いなく低下してきます。

十分にそれぞれの入力する項目の行間はとっておいて、記入しやすいということをユーザーに伝えることが大切です。連絡を電話で要求する場合には、大きなフォントで電話番号を記載しましょう。また、受付する時間については、平日のみなのか、それとも土日祝日なども対応可能なのか、丁寧に記載するようにしましょう。入力フォームを作成する方法については、実際にテクニックがいろいろあります。しかしながら、まずはランディングページで入力する内容は必要最低限のものにしておくということから、始めるようにしましょう。
タイトル
自分が行ううえで守っていることは三つです。

自分は現在28歳の男性会社員をしております。自分はライティング経験は半年程度で10回に3回は否認をされてしまう未熟者でありました。自分なりにですが、コツをつかむことができました。 それはランディングページを作成するときに、3つの事を守れば、自分みたいな素人でも少しずつですが、承認されることが上がってきました。それはしっかりと自分が記載したい内容を起承転結を守って書くことです。いろいろなタスク作業や制作作業などを行っていると集中力が欠けてしまい、起承転結などが守れなくなります。 ですの、しっかりと記載を行う前に起承転結で自分が記載をしたいことを考えましょう。もう一つは確認です。ランディングページが完成をすると確認も行わずに終了をしてしまう人もいます。そこは我慢をして一呼吸おいて、しっかりと自分でチェックを行いましょう。もう一つは見た目の良さで、読者がよみたくなるように、ランディングページのデザインもオシャレにしましょう。それで読者が内容が気になり、中身を確認したくなるのです。
タイトル
素人でもすぐに反応が取れるランディングページ

ランディングページの出来は、あなたの売上を大きく左右します。ランディングページは非常に難しいです。良いデザインのランディングページを制作したからといっても、たくさん売れるランディングページになるとは限りません。しかし、ある流れでランディングページを制作すれば、素人でも高い反応率を取れます。それでは、その方法をこれから説明していきます。



QUESTフォーミュラ



QUESTフォーミュラとは、読み手の心理を購入に導きやすい文章の構成です。1つ1つについて、詳しく説明しいていきます。



Q:Qualify



Qualifyはターゲッティングです。「あなたの○○(悩みなど)は、私が解決できます。」と言って、その悩みに興味がある人を惹き付けます。



U:Understand



Understandは理解・共感です。読み手の状況を理解できることを伝え、読み手に親近感を与えます。例えば、「私も以前、○○で悩んでいました。」などのストーリーです。



E:Educate



Educateは教育です。あなたの商品の特徴やメリットを伝え、読み手にあなたの商品が必要であることを伝えます。



S:Stimulate



Stimulateは興奮です。読み手があなたの商品を手に入れた、悩みが解決できた、願いが叶った後の世界をイメージさせ、読み手のテンションを高めます。



T:Transition



Transitionは行動です。「下の申込ボタンをクリックして、商品を注文してください。」などと、あなたが読み手に採って欲しい行動を伝えます。



以上がQUESTフォーミュラです。この通りの順序で文章を組み立てると、高い反応率のランディングページを制作することができます。
タイトル
商品の価値をユーザーにアピールすることがコツ

機能や仕様ではなく、商品の価値をユーザーにアピールすることが、いいランディングページを制作するためのコツです。つまり、ユーザーの興味があるようなことに対応する商品の価値を示すことが必要です。よく多くの人が失敗するのは、自分の会社がアピールしたい商品の機能や仕様だけをアピールすることです。例えば、製法はフリーズドライを使っています、ということは商品の仕様であり、価値がユーザーにとってはありません。価値がユーザーにとってあるのは、ご飯の炊きたてのもので作ったと思えるように美味しくてふっくらしているということです。

このようにランディングページの内容を表現することによって、本当に美味しいのだろうかというようなユーザーの興味があることに対して対応することができ、コミュニケーションがスムーズに進んでいきます。いいランディングページをデザインするためには、このように商品の価値をユーザーにアピールすることが必要です。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.