上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページを作る場合には非常に時間がかかる

ランディングページを作る場合には、非常に時間がかかるそうです。では、どのようなことに具体的には時間がかかるのでしょうか?

画像の切り出しやコーディングなどに、ランディングページをデザインする場合には時間が非常に掛かります。

例えば、ランディングページに記載するような商品についても調べる必要があります。

また、競合しているような別の会社についても、情報を調べることが必要になってきます。

効果が良く出ているようなページを多く見てみると、共通する部分が細かなところで多くあるでしょう。

ここを自分なりに調べてまとめる流れを確立することができると、効果の期待できるページを多く制作することができるようになるでしょう。

これ以外にも、ページを作る場合には、注力する必要があるところはいろいろあります。

このようなことについてさらに知りたい場合には、インターネットのサイトなどでもいろいろ紹介されているため参考にしてみましょう。
タイトル
顧客を増やすためのランディングページ制作について

ランディングページで顧客を上手く増やしたい時には、なるべくユーザーの視点に立ってどのような悩みや物事を抱えているかを考えるようにしたり、サービスや製品を活用することによってユーザーが得られるメリットは何なのかを具体的に簡潔に伝えることが大切になってきます。

ランディングページに滞在してもらえる時間は案外短い事が多く、ユーザーはランディングページの上の方だけしか見ないことも珍しく無いものです。

下部ではなく上部に、資料請求のボタンや問い合わせのボタンや購入ページへの導線などを用意しておいたり、短文のキャッチコピーやインパクトが有るフレーズやキーワードで、ユーザーの興味を煽るというのが効果的です。

具体的に数値の変化や改善例を示してユーザーに良いイメージを持ってもらいやすくしたり、人の笑顔の写真や、商品を使用した前後でのビフォーアフター写真など、ユーザーに対して成功イメージを提示したサイト制作をするというのもランディングページのデザインにおいて大変効果的な方法と言えます。
タイトル
キャッチコピーをファーストビューに入れ込む必要がある

ファーストビューとは、どのようなものなのでしょうか?

ファーストビューというのは、リンクをクリックすると、初めの画面に出てくるランディングページのことです。

このファーストビューにおいて、ユーザーの興味をいかに引き付けるかということが、勝負を決める大きなポイントと言えるでしょう

では、一体どのようなことをランディングページを制作する場合に、ファーストビューには入れ込むといいのでしょうか?

販売したい商品についてのキャッチコピーを、ファーストビューに入れ込む必要があります。

キャッチコピーとしては、ユーザーに対して商品はどのようなものなのかということが伝わるようなデザインを考えましょう。

基本的に、ユーザーは傾向的にはランディングページを軽く読むようになります。

このような中において、キャッチコピーはユーザーが興味を持つようなものにする必要があります。

ユーザーがもっとこの商品について見てみたい、思ってくれればいいということになります。
タイトル
素人の目から見た、心惹かれるランディングページ

私はWeb系の仕事の経験が無く、ランディングページについても詳しい知識はありません。

自分なりに調べた結果、ランディングページというものは、広告をクリックして一番最初に表示されるページであり、それが実施にサービスの利用に繋がるという重要な役割を担っているということを知りました。

インターネット自体は毎日長時間利用しているので、一般人の立場として、魅力的に思うランディングページについて考えました。

まず、デザインがとても重要だと思います。例えば通販限定の商品の販売の場合は、なんとなくつまらない・そっけないデザインのものが多いような気がします。それ以外にも、メルマガ・講座の有料登録の場合も、制作する人にとっては沢山情報を入れたいのだろうとは思いますが、デザイン性に欠けている上に、文字数が多いです。ランディングページにたどり着く人は、その内容に少しだけ興味があるから開くだけで、始めから徹底的に情報を集めたりしようとはしません。

ですから、正直に言うと、いきなり沢山の情報が提示されているよりは、デザインを重視し、簡潔にそのサービスを説明し、次のページへ誘導するほうが良いと思います。

私を含め特に若い年代の人にとってはなおさら、気軽にクリックできる、少しオシャレなページだと更に興味が沸くような気がします。
タイトル
差別化がいいランディングページを制作する場合には必要

差別化がいいランディングページを制作する場合には必要になってきます。差別化というのは、重要であるということがいろいろなところで言われています。そのため、ランディングページをデザインする場合においても、もちろん必要になります。しかしながら、ここで注意する必要があるのは、特にオファーが情報系のもの、つまり冊子やレポートの場合には、入手が別のサイトではできないということを十分に説明することが必要です。

現在は、あらゆる情報をインターネットで調べると入手することができるようになっています。ほとんどの人は、このように思っているのではないでしょうか。実際には、インターネットで最も大切なことが紹介されるようなことはありません。しかしながら、どのようなことでもインターネットで分かるとほとんどの人は思っています。そのため、別のサイトではオファーは入手することができないという理由について、ランディングページで説明することが必要なのです。
タイトル
ランディングページで売り上げ倍増を目指すコツ

現代日本では、様々な物がネット通販で取り扱われています。

最初からこれが欲しいと目的を持ってネット通販を利用する人もいれば、

ビタミンのサプリメントが欲しいとか、男性用育毛剤が欲しいけれでもどのメーカーのどの商品が良いか分からないなんて人もいるかと思います。



そんな時にとても役立つのがランディングページです。

ランディングページとは、「様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示されるする、サイトを含むWEBページ全般」のことで、

簡単に言えば、ウェブサイトに訪問してくれた人が最初に開くページのことです。



ランディングページが何故に重要なのかというと、サイトの入り口で訪問者に興味を持たせる事による客の連れ込みです。

ある検索結果をクリックして表示されたランディングページで、

一目で自分の目的の商品が見つけられなければ。

他の同じような商品を販売するサイトに行ってしまうでしょう。

お客さんになってもらうには、このランディングページのデザインやパターンなどをある程度分析しなくてはなりません。

製作費用も10万ほどで出来るものから50万を超えるものなどピンきりです。

これらを軽視すると、広告に予算をつぎ込んだのに、リンク先が悪くて顧客の獲得に失敗するということも考えられます。

売る出す製品の強みや他社とのポジションなど様々な要因や制作が考えられますが、

きちんとそれらを把握すれば自然と良い流れにのれるでしょう。
タイトル
要点をまとめて簡潔にサービスや商品の魅力を伝えるのが大事

良いランディングページを制作するため、気をつけたいことといえば要点をまとめて、少ない情報でも具体的な内容がわかりやすいページ作りをすることです。

長い文章や回りくどい説明文、ゴチャゴチャとした写真やイラストが過剰にありすぎたりすると、ユーザーに何のページかを理解してもらうことは出来ません。

良い売上げや成果を出すためには、ランディングページのキャッチコピーを工夫すると便利です。

具体的な数値を示してサイトの来訪者へインパクトを与えたり、商品の良さを箇条書きで簡潔に示したりすると効果的です。

また、ランディングページではある程度客層を絞ることが大事です。

女性向けサイトならば女性に好まれやすい配色に仕上げたり、華やかな雰囲気に仕上げたりと、デザインを工夫することも忘れてはいけません。

ある程度商品について購買見込みがある客に対してのセールスのためのランディングページであれば、商品の基礎知識を一から説明するより、他者製品より優れている点を表などで比較をしたり、実際の商品を買った人の口コミやレビューなどを伝えたほうが効果的であると言えます。
タイトル
ランディングページをデザインする場合には目標の数値を設ける

ランディングページをデザインする場合には目標の数値を設けることが必要です。

ランディングページを制作する場合には、セールスの純然としたルールがあります。

このようなランディングページのルールを把握して、論理的に目標の数値を組み立てると、これに近い数値を間違いなく獲得することができます。

このための第一歩は、目標の数値を設けることです。

この場合に設ける必要がある数値としては、売上の月間の目標の数値を設ける、月間の必要なコンバージョン数を設ける、月間の必要なアクセス数を設ける、ことが挙げられます。

目標の数値は、このように逆算を売上から行って設けましょう。

ここでは、もう少し詳しくご紹介しましょう。

売上の月間の目標というのは、単純に毎月売上したい目標です。

月間の必要なコンバージョン数としては、コンバージョン数の売上の目標を達成するために必要なものを設けましょう。

このコンバージョンというのは、売上の本数がB2Cの場合は該当し、反響がB2Bの場合は該当します。
タイトル
商品のイメージ画像がランディングページを制作する場合に大切

商品のイメージ画像が、ランディングページを制作する場合には大切になります。

視覚的なイメージ画像が与える効果は、文章よりも非常に大きいということは事実です。

例えば、レストランにあるメニューの場合でも、メニューに写真がある場合はよく売れます。

ランディングページの場合でも、レストランのメニューの場合と全く同じです。

ランディングページでサービスする情報・サービス・商品をデザインする場合の写真については、ページの内容について訪問するユーザーがきちんとイメージすることができるようなものを掲載するようにしましょう。

ページに掲載するイメージ画像については、十分にヘッドライン・本文の内容を引き出しているか、ということについて何回もチェックするようにしましょう。

もし、手元にイメージ画像が無いような場合は、イメージ画像を無料でサービスしているようなサイトもあるため、そのようなサイトのものを利用するようにしましょう。
タイトル
ウエブマーケティングを体系的に見る必要がある

ユーザーがウエブサイトを訪問した場合、自分にとって必要かどうかということを3秒間で平均的に訪問したサイトについて判断するそうです。

必要とユーザーが判断するとスクロールをし、不要であると判断した場合にはすぐに離れて行って、永遠にユーザーは見ないでしょう。

必要かどうかを一瞬で判断するという非常に厳しい現実がランディングページにあるため、いかに素晴らしい商品であってもこの段階では見てくれません。

そのため、ランディングページも大切ですが、企画する段階において、どのようなユーザーを狙うのか、そのユーザーはどのようなキーワードで検索するのか、検索をどのような気持ちで行ってくるのか、温度は低いのかそれとも高いのかなど、ウエブマーケティングを体系的に見る必要があります。

ランディングページの場合はこのようにして制作をしなければ、いいデザインではあるが、全くコンバージョン率がアップしないというようなことになってしまいます。
タイトル
ユーザーの声をページで紹介するようにしましょう

いいランディングページを制作するためには、どのようなことを行うといいのでしょうか?いいランディングページを作るためには、ユーザーの声を紹介するようにしましょう。

ユーザーの体験談や感想などは、代表的なランディングページで紹介する一つのソーシャルプルーフです。このような場合には、匿名やニックネームではなく、実際の名前、勤め先、顔写真なども紹介されているとよりいいでしょう。やはり、匿名やニックネームの場合には、本当のユーザーであるのか疑問に思う場合もあるのではないでしょうか。また、商品を紹介する場合には、文章のみでもいいですが、できれば動画などのデザインで紹介するような方法もあります。例えば、動画などを使って実際に商品を使用しているところなどをページで紹介すると、よりユーザーにアピールすることができるでしょう。

このようなことに注意してページを作ると、より多くのユーザーが訪問してくれるようになるでしょう。
タイトル
ランディングページを制作する場合には参考になるサイト

ランディングページを制作する場合には参考になるサイトがあるそうです。

ここでは、ページを作る場合に参考になるサイトについてご紹介しましょう。

全くランディングページについて知らないような場合に参考になるサイトは、スライドスタイルで基本から画像も交えて紹介されているため、全く知らないような場合でも、最初から学習することができます。

専門的な言葉などに関しても、やさしい言葉で説明されているため、初心者の場合などでも心配なく読むことができます。

誰もランディングページは読まないというような切り口で紹介している参考になるサイトは、読まないユーザーに対してアプローチをどのように行うと読んでくれるようになるか、というような観点から、説得力をユーザーに対して持たせるような方法について紹介しています。

構成の具体的なものに関しての紹介ではなくて、ページをデザインする場合に大切な客観的考え方について学習することができます。
タイトル
会社と世の中のニーズを結合するような作業である

ランディングページを制作するというのはどのようなものでしょうか?

ランディングページを作るというのは、会社と世の中のニーズを結合するような作業であると言えるでしょう。

さらに言えば、ある願望や悩みを持っているユーザーと、このニーズにマッチするサービス・商品を持っている会社を結合することでしょう。

ページをデザインする場合には、会社側、ユーザー側のいずれの立場に偏りすぎないようにする必要があります。

直接的にユーザーの悩みが分かっていることを言わないで共感してもらって、しかも、ユーザー目線に会社側の立場での強みを置き換えることが必要です。

コンバージョン率をアップするためには、サービス・商品とユーザーの接点を上手に生み出すことが必要でしょう。

ランディングページというのは、会社側とユーザー側の両方の立場を行き来しながら、ビジュアルやメッセージを作り出すものです。

このようなことに注意するといいものができるでしょう。
タイトル
良いランディングページはどこからでも離脱できる

良いランディングページというのはページのどこからでも離脱できるように作ってあるように感じます。たとえば商品説明を縦に長く書いているとします。 いわゆる縦に長いページです。そのようなページで、一番下までスクロールしなければ商品ページにたどり着けなかったらどうでしょうか?おそらくページの途中で次のページへと行くリンクが張られていないことに気がついて離脱していくお客様が多いのではないでしょうか?そうならないようにランディングページのところどころに次のページ、要は商品購入ページへと飛ばせるリンクを作るようにした方が良いでしょう。デザイン的にもそれとわかるようにしっかりとした大きめのボタンをつけたりしても良いでしょう。 ランディングページに大きめのボタンというのは制作サイドからしてみたら常套手段かもしれませんね。そういった工夫をして少しでもお客様が購入ページに飛ぶように仕掛けていくんです。良いページは必ずやっている仕組みのような気がしますね。

タイトル
一番伝えたいことを、一番わかりやすく書こう。

ランディングページとは、ネット広告をクリックした際に表れるページのことです。そして、ネットビジネスを始めるにあたっては、これが売り上げを大きく左右するといわれており、非常に重要な役割を担っているものです。そんな、ランディングページを制作していくうえで大事なのは、一番伝えたいことを一番分かりやすく書くということです。



例えば、健康食品のページならばその商品を買うことによる効果や、満足度の数値などを見やすくページにデザインをすることです。また例を挙げると顧客満足度90%の商品の場合は、「顧客満足90%」という文字を派手にしたり、大きくしたりすればページへの来場者へのアピールも簡単にできますよね。



他に例を挙げると、リーズナブルな商品の場合ならば割引額や商品の値段自体を、大きく目立つようにするだけでも効果はあると思います。実際、ランディングページに来場をする人は、突発的に広告をクリックして来る人が多いので、一目でその商品やサービスの売りが分かるようにすることは、とても大事なことです。このように、分かりやすく一番の売りや、伝えたいことをアピールしていけば自然と効果が出てくるものだと思います。
タイトル
ランディングページを制作するためにツールを使用する

ランディングページを制作するためにはツールを使用する方法があります。

ランディングページを作るために、予算を業者に依頼するほど掛けることができないような場合もあるでしょう。

しかしながら、自分で最初から作るのは困難であるという場合は、ランディングページを作るためのツールを利用しましょう。

このようなツールの中には、自分のショップやサービスを魅力があるように見せることができるページを作ることが可能なものもあります。

このツールは、専門のHTMLやデザインなどの技術や知識が要らなくて、簡易的に誰でも1枚のウエブページを目的に応じて作ることができるサービスです。

このサービスの主な対象としては、今まで専門の技術や知識がないためにウエブページを作ることができなかった個人や企業、技術や知識はあるが作る時間を確保することができなかった個人や企業、効率良くウエブページを簡易的に作りたい個人や企業です。

無料のものもあるため、ぜひ一度利用してみましょう。
タイトル
キーワードの選択が優れた見込み客を呼び込むためには大切

キーワードを選ぶことが、アクセスを適切に集めるためにランディングページを制作する場合には必要です。

ランディングページをデザインする場合に、キーワードの選択が優れた見込み客を効率よく呼び込むためには大切です。

一般的に、特定のサービスや商品のサイトに訪問するためのキーワードとしては、サービス名や商品名のキーワード、問題を解決するために複数のサービスや商品を比較検討するためのキーワード、知識を得るために調査するためのキーワードがあるでしょう。

このようなキーワードは、ランディングページで高いコンバージョン率があると言われています。

また、このようなキーワードの選定の場合に注意する必要があるのは、どのようなターゲットを設定するかでしょう。

まずは、人口の統計データからどのような人にアピールすることができる商品であるのかということについてはっきりさせるようにしましょう。

例えば、ターゲットとしては、どのような世代か、男性か女性か、どのくらいの家族数か、どこに住んでいるか、などがあります。
タイトル
ランディングページはプロに頼むのも効果的です

商品を宣伝したり買ってもらうにあたり顔となるような存在であるランディングページですが、質良いランディングページを自力で制作するのは難しいので、デザインにこだわりたい時にはプロの業者を活用するのも効果的です。

写真や文章でダラダラと長文で商品を紹介し始めるのではなく、まずは目立つキャッチコピーや、分かりやすいイラストや画像、客へ良いイメージを植え付けられるような前向きな言葉や他ユーザーの成功事例、商品を使うことで得られる効果や期待などを、商品名や価格より先に伝えるという形がランディングページでは一般的です。

会社名やお店の名前などはとりあえず後で良いので、まずは商品に興味を持たせるためのキャッチコピーや画像配置が何より大切です。

また、ネットでは実際に客に話しかけたり、客の不安や疑問に即座にリアルタイムで回答出来ないので、客の不信感や不安感を解消させるためには、メディアへの掲載事例や芸能人の愛好者の紹介、企業での導入事例や実際に使った人の前向きな感想や良いレビューを載せるというのもおすすめです。

他者が実際に使用してみた情報や他人の成功事例をライティングページで伝えると、ユーザーの同調性を煽ることが出来るので、企業や製品への不信感も和らぐものです。
タイトル
キャッチコピーがランディングページを制作する場合のポイント

キャッチコピーが、ランディングページを制作する場合にはポイントになります。

物語の場合でも、冒頭のところになるキャッチコピーは非常に大切です。

ランディングページのキャッチコピーを実際に改善すると、非常にコンバージョン率がアップしたようなこともあります。

どのような商品かということを考慮した上で、ユーザーの心に突き刺さるようなものを準備することが必要でしょう。

具体的には、大きく金額を示す、ユーザーが困っているようなところを解決してあげる、等を入れ込んで示すようにしましょう。

例えば、おかげさまで売上を何本全国で達成しました、等というようなものがいいでしょう。

このようなキャッチコピーがどうしてメインなのかと言えば、ユーザーの誰もが要求している情報であるためです。

できるだけ商品を安く買いたいと考えるのは誰も同じです。

ランディングページのキャッチコピーをデザインする場合には、文章でこのところを突き詰めて示すというようなものがいいでしょう。
タイトル
商品を説明する場合はイメージが大切になります

ランディングページを制作する際に商品を説明する場合は、イメージが大切になります。

ランディングページで商品を説明する場合に、もっとも大切なことは、ユーザーが商品についてイメージしやすいようにすることです。

商品を説明するというのは、商品について理解してもらうためのものです。

商品の説明を単純に長い文章で行っても、ほとんどユーザーは理解してくれず、かえって飽きてしまってランディングページから離れて行ってしまう可能性があります。

商品を説明する場合は、できるだけシンプルにするようにデザインしましょう。

商品の写真を掲載すると、もっとも効果があります。

しかしながら、パッケージに商品が包装されている写真だけでなく、必ず商品そのものの写真も掲載するようにしましょう。

また、商品を提供するのではなく、サービスを提供する場合は、サービスについての構図を表示したサービスを提供している人の写真や画像を掲載するようにしましょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.