上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページで集客を逃さず効果的に集客を高めるために

ネットでビジネスを行ったり、集客したい時に非常にこだわりたい存在といえばランディングページですあ、個人的にはランディングページを制作するためには、キャッチコピーが非常に重要であると感じています。

長々とわかりにくい説明を丁寧に行ってもユーザーに興味を持たせることは出来ません。

しかし、客のニーズに合致した短いフレーズや、客が抱えているお悩みや疑問を提唱したキャッチコピーがあれば、自然と商品やサービスに興味を持ってもらえることは増えます。

化粧品系のランディングページであれば、こんなお悩みありませんかといった風に、肌のくすみや肌の乾燥など誰しもにありがちな肌トラブルを短い文やフレーズで分かりやすく羅列して、ユーザーの共感を煽るというのも大切です。

ただ商品を説明したり、会社名を紹介するだけでは、ユーザーの購買意欲を高めることにはつながらないので、ランディングページではインパクトを重視したデザインにするとおすすめです。

スクロールしてもらい下の方のページまで読んでもらうためにも、上部のページには写真を大きく掲載したり、必ず商品申し込みボタンや資料請求ボタンを用意するなど、ユーザーへアクションを起こさせるボタンを用意するのも鉄則です。
タイトル
ランディングページを制作するためには材料をまず集めること

いいランディングページを制作するためには、材料をまず集めることが必要です。

材料としては、商品についての情報と見込みユーザーの心理があります。

ここでは、掃除機のケースについて見ていきましょう。

商品についての情報というのは、吸引する力、集塵する方式などがあり、商品の仕様や商品のメリットなど、見込みユーザーに売り手側がアピールしたいことです。

見込みユーザーの心理というのは、どのようなことを掃除機に対して要求しているのか、どのようなことが購入の決め手になるのか、どのようなことで購入する前は悩んでいるのか、などというような見込みユーザーが把握したいと考えていることです。

このことを把握しないでランディングページをデザインしてしまえば、商品のメリットのみをアピールするページになってしまって、大切な見込みユーザーが本当に把握したいと考えている情報が漏れる場合があります。

このような材料を、いいランディングページを作るためにはまず集めましょう。
タイトル
ランディングページで大事にしているキャッチフレーズや文章

ライティングページでまず大事にしていることは、ユーザーの興味を引き寄せるようなキャッチフレーズを伝えたり、短い言葉や短文を大きな文字で掲載し、商品の特性や効能について簡略的に伝えることです。

ランディングページのデザイン制作では、ある程度購買の見込みがあるユーザーに対する働きかけが大切なので、ユーザーが抱えている悩みについて想定し、その悩みや不安を具体的に提示して共感を仰ぐようにするのも効果的です。

例えばダイエット製品のためのランディングページなら、年々太ってきた、食生活が乱れがち、運動不足、痩せたい、といった誰もが抱えがちでありがちな事例や理想を具体的に短文で挙げてユーザーへ興味を持たせたり、実際にサービスや製品を使ったことでダイエットに成功した人の様子を記載するのも効果的です。

ポジティブな成功事例や、商品を使ったことで得られた性能や良い変化を提示すると、ユーザーはそれを自分に置き換えて連想することも多いものです。

また、他のライバル製品と成分や内容を比較したり、商品のメディア掲載歴や売り上げ人気などをランディングページの中で具体的に伝え、商品への信頼感を良くすることも大事です。
タイトル
良いランディングページには、終わりはない

インターネットでビジネスをするのに、ランディングページの出来は、あなたの収入に大きく影響します。コピー、デザイン、ストーリーなど、綿密に考えて制作しても、必ずしも売れるランディングページになるとは限りません。逆に、完璧を求めて修正ばかりして出稿しないと、広告に出稿して売れるはずだったら売上を逃すことになります。



そこで、ランディングページは一通り作ってから、一度PPC広告に出稿して、反応を見てみましょう。そして、売れた場合も売れない場合も、再度修正しましょう。しかし、ここで修正する場合、1箇所のみ修正しましょう。修正したバージョンを再度、前回PPC広告に出した条件(クリック数)で出稿しましょう。そうすれば、その修正した箇所が実際にはどのぐらいの効果があるのかを数字で確認することができます。



このように、あなたのランディングページを1箇所1箇所修正していき、あなたの望む反応率が出るまで修正し続けましょう。もちろん、反応率が下がったら、また修正です。良いランディングページを作るのに、終わりはありません。
タイトル
ランディングページは一度きりの関係を作るものではない

良いランディングページというのは見込み客を増やすためのツールなのではないかと考えることがあります。商品の販売に直結させるだけではなく、もっと長くお客様とつきあっていけるようにするというのが良いランディングページの仕掛けとしては必要なのではないでしょうか。そのため製品を購入後もフォローするような体制があることを見せたり、もしそれができないのであれば他の仕組みを作ってお客様を定期的にフォローするようなことを見せていくというのは大事な気がします。そして、ランディングページから企業のファンになってもらうというのが理想だと感じます。そして最終的には商品を購入してもらう。できれば継続的に購入してもらえるようにするというのが理想ですよね。良いページというのはデザイン的にもそういった導線がきちんとできているように感じますね。製品のことを知ってもらって、実際に手に取りたいと思ってもらう。そういう関係を結びつけながら戦略的に販売していく。これが良いページで制作する際に熟考しなければならない点だと考えます。
タイトル
炎上狙いのランディングページは問題がある

定期的にデザインを派手にして笑いを取ったり炎上を狙ったランディングページが登場することがあります。ソーシャルネットワーク上で拡散したり、ネットニュースで取り上げられ話題になりますし、またそれらを狙ったものとなっています。ですが、これらのアクセス増加は一時的なものでしょう。継続的なアクセスへと結びつくものは少ないのではないでしょうか。また下手にこのようなランディングページを制作してしまうと、ただ単に企業のイメージを落とすだけというようなことになってしまう気がします。また、笑いを取ったつもりが滑ってしまった場合のことを考えるとどうでしょう。わたしの考える良いランディングページというのは信頼が持てて、ブランドイメージ全体の向上につながるものです。ただ単に一時的に話題になって面白おかしく消費されるだけのページではないのです。やはり良いページというのはその後のことまでしっかりと考えているものだと思います。そういう風にしてこそ良いページになっていくのだと思います。
タイトル
視覚的にわかりやすく表現することが大事です

ランディングページでは、ただ文章を羅列しても最後まで読んでもらうことは出来ないので、商品へ良いイメージを持たせるため、視覚的に見ていて楽しいサイト制作をしたり、ターゲットにどう感じてもらいたいのかを考慮したサイト制作が必要です。

高級感や希少性を打ち出したい場合と、価格の安さをアピールしたい場合とでは、デザインや配色やランディングページ全体の雰囲気などを大きく変える必要があります。

また、商品をただ販売するために価格を表記したり、商品の特長や製法などを伝えるのも良いですが、ユーザーに良い印象を持ってもらうためには、その商品をどう活かせるかや商品を使うことでどんな利点や魅力があるのかを伝えることも大切です。

食品であれば贈り物にも最適と伝えたり、商品を活かしたレシピ画像を掲載したり、コスメであれば製品を使うことで解決する可能性が高い肌悩みを具体的に伝えたり、他者の成功例を掲示したり、ユーザーが実際に商品を使うイメージを持たせるための工夫をすると良いでしょう。

また、ランディングページでは商品への不安感や不信感を解消させるためのコンテンツも必要です。

メディアへの掲載歴や実際の顧客の声や感想があれば、積極的にアピールするとおすすめです。
タイトル
宝石を取り扱うような感じでアクションボタンはデザインする

宝石を取り扱うような感じで、ランディングページのアクションボタンはデザインしましょう。

最近は、アクションボタンとしてマテリアルデザインやフラットデザインが流行ってきました。

しかしながら、アクションボタンは立体的なものが、結構長い期間多かったのではないでしょうか。

ランディングページだけでなく、サイトの場合でも同じですが、アクションボタンのサイズではなくて、立体的で艶っぽいものが最も多いでしょう。

きちんとした理由がこれにはあり、人間というのは艶々してボコってしている場合には自然に押したくなるものです。

そのため、クリック率もこのような制作方法にするとアップするようになります。

これ以外には、一目でアクションボタンであると分かることが必要です。

一言を少し追加して、艶々してボコっとしていると、一目で申し込みのページにここから飛ぶということが分かります。

効果がランディングページで出ていない場合は、アクションボタンと一目で分かりにくかったりするものが多くあります。
タイトル
カラーも考える必要がある大切な一つの要素です

それぞれのカラーにはイメージがあり、上手にそのカラーが持っているイメージを活用して感応をユーザーに与えることが可能です。例えば、カラーがオレンジの場合には感情を積極的に引き起こすパワーがあると言われており、アクションボタンのカラーとしてはおすすめです。これ以外のカラーのイメージとしては、赤のカラーは危険、熱さ、エキサイティング、白のカラーは正直さ、などがあります。

ランディングページをデザインする場合には、カラーも考える必要がある大切な一つの要素です。カラーの対比を活用することで、ランディングページのアクションボタンの周囲よりも目につくようなものを制作することができます。ランディングページのアクションボタンのカラーは大切ではないような声もありますが、カラーの対比については違っています。例えば、一般的にはアクションボタンが赤のカラーの場合の方が青のカラーよりも特にいいということではないですが、青のカラーがメインのページの場合には、青のカラーのものよりも赤のカラーのものの方がユーザーの目をもっとひくことができます。
タイトル
選択肢を設けないことがランディングページの制作の場合に大切

選択肢を設けないことが、ランディングページを制作するためには大切です。

言い方を変えれば、多くの選択肢があると一貫性が戦術的にないということになります。アクショントリガーの種類が全く異なったものが並んでいれば、非常におかしくなります。

マーケティングの場合には、フレームワークをいろいろ使用して、ターゲットを決めて、アクションを何かして欲しいというために、ランディングページのデザインなどを作ります。

そうしなければ、非常にコストパーフォーマンスが悪くなります。

このようなアクションを、このようなターゲットにして欲しい、そのため、このような流れと打ち出しにこのアクションをしてもらうためにしよう、このような広告文に素直にそこに行ってもらうためにしよう、キーワードはこれにしよう、というよう

な順番になります。

ユーザが訪問した際に、アクションを理想的にしてもらうためのランディングページに、いろいろないくつものアクションが準備されているのは、論理的に戦術に一貫性がないということになります。
タイトル
素敵なランディングページを作るための工夫とは

実際にアクセサリーやコスメなどをネットショップで販売しているので、ランディングページを複数制作したことがありますが、大切にしている点は写真を摂り入れた見やすいデザインや、ユーザーの抱える悩みや疑問に寄り添ったキャッチコピー作りです。

コスメを売るためのランディングページでは、ユーザーが抱えがちな肌の悩みを実際に提示して、商品を使うことで肌悩みが解決するといった様な宣伝をしています。

また、ランディングページでは企業側が製品をアピールするだけではなく、実際の導入例や使用例を宣伝したりと、他人が実際に製品を使ってみた感想や、製品を使ったことで得られた成果や変化や成功例などを紹介することも非常におすすめです。

実際にユーザーが持つ疑問や懸念について一度考えてみたり、ユーザーの立場で導線を考慮し、購入するためのボタンや、資料を請求するためのボタンの存在をしっかり目立たせたり、大きいボタンにするというのも効果的です。

商品の画像だけを大きく載せてもユーザーにその中身や効能を知ってもらえないので、綺麗な写真を載せて良いイメージを伝えたり、短文で簡潔に商品の効果を伝えるなど、短いワードと明確なイラストや写真を摂り入れたライティングページ作りがおすすめです。
タイトル
まずは年齢層のターゲットを決めることから始めること

ランディングページの作り方として重要なのは、実際に制作を始める前に、デザインコンセプトを明確にすることだと思います。 そこで、まずは、そのランディングページのターゲット層をどこにするかが非常に重要だと思います。例えばそれが年配の方の場合(PC使えないとか、そういう人はここでは除く)、ごちゃごちゃしたデザインよりかは、クリックの回数が増えてもいいので、比較的シンプルなデザインが好まれるのではないかと思うからです。 反面、若者については、時間も認識能力もあるので、若干詰め詰めでもいいくらいのデザインのほうが評判が高いのではないかと思います。若い人は、クリックの回数が多いなど、”めんどくさいこと”を極端に嫌う気がするので。ここまでコンセプトが決まれば、あとはもうランディングページを書きながらデザインや文章、構成を考えていけばいいのかなと思います。 もちろん、ここでも制作を始める前に構成を練るのもありですが、自分としてはそれはちょっとめんどくさいかなと思っています。なので、ランディングページは製作しながら考える、これがいいかなと個人としては思います。
タイトル
上手なランディングページを作るためには信頼感を持たせる工夫を

ランディングページを活用して実際にセールスに結びつけるためには、商品をまだ知らない人や買ったことがない人に対して、どう信頼感を持たせるのかが大切です。

初めて使うサービスや製品へ対しては、どうしても不安感を抱いてしまう人は多いものです。

ランディングページで顧客に安心感を持ってもらうためには、ただ単純に価格の安さや製品のこだわりや魅力を伝えるだけでなく、メディアへ載ったことがある実績を記したり、芸能人や有名人などの愛好家がいることを伝えたり、売上が多い製品である場合には利用者数の多さや売上の数を伝えたりするのが効果的です。

地方紙や地域のフリーペーパーに載ったくらいの実績であっても、雑誌掲載と掲載することも出来たりします。

また、楽天などショッピングサイトでランキング上位になったり、多くのレビュー件数を誇っている場合には、それをアピールするのもおすすめです。

ランディングページのデザインでは目立つ写真やキャッチフレーズを掲載するだけでなく、客へ信頼感を持たせるためにも、高い売上の実績を掲載したり、商品の権威をなるべく高く見せられるように制作するとおすすめです。
タイトル
ランディングページについて感じること、作り方は?

今日は自分が思うランディングページの作り方を説明します。

ランディングページとは最初がとても肝心になります。

みんなが見る始めのページになってきますのでそれ次第でそのウェブの良し悪しが決まります。

インパクトのあるランディングページをつくることが重要であると自分は思っています。

デザインなどをどうするかをしっかりと考えていくことが大切です。

自分の得意分野で考えればもっと良い提案ができるかと考えています。

ですが、大まかな内容は必ず考えておいたほうがいいです。

スムーズな提案をするにも準備は必ず必要にはなってきます。

内容はある程度考えておけば問題はないと自分は思っています。

制作は非常に難しいですけど、目的を明確にしていけばおのずと道は開けてきます。

作成がとても楽しくなってくるのではと自分は思っています。

試行錯誤するのもいいと思います。

やればやるほどリターンはきます。それがランディングページです。

自分は時間を掛けて研究をして、最高のランディングページを作りたいと思います。
タイトル
ヘッドラインがランディングページを制作する場合には大切

ヘッドラインがランディングページを制作する場合には大切になります。

ランディングページへ訪問したユーザーが、まず見るのがヘッドラインです。

ヘッドラインのみを見て、極端な場合にはページを離れていくようなユーザーもいます。

ヘッドラインは、力強くてシンプルな言葉を使用しましょう。

表現が回りくどいようなものも避ける必要があります。

ホワイトペーパーや資料をダウンロードする場合には、ダウンロードするもののタイトルのみを単純にヘッドラインにするよりも、タイトルにプラスして、キーワードとして「期間限定」や「無料」などのようなものを入れてみるのもいいでしょう。

完成したヘッドラインは、ユーザーの立場で見てみましょう。

自分が書いたヘッドラインは、どのようなベネフィットユーザーに対して与えることができるのだろうか、というような観点から見直してみましょう。

ランディングページをデザインする場合には、ヘッドラインが大切です。
タイトル
効率よく集客をするためのサイト構築について

ランディングページは、より集客したいページであり、基本的にはリスティング広告のクリックから誘導してくる最も売り上げに直結するページとなります。



そんな事から、Webデザインを制作する場合には、ランディングページを最重要として構築していく必要があります。ただ、ランディングページにボリュームを持たせるようなサイト作りにしていくと、トップページに掲載するボリュームが少なくなる傾向になります。



しかし、サイトを運営する意義は売り上げを高める必要があるため、あえてトップページのボリュームを少なめにして、キーワードが重複しないように気をつけながランディングページの文字数を増やしていく必要があります。



最近のグーグルは、トップページに被リンクが集中していてもなかなか順位が上昇しないので、ランディングページにリンクを集め、記事のボリュームも増やし、広告のリンクもランディングページに集めることで集客の効率を高めていきます。
タイトル
人の意見は自分に足りないものを教えてくれます。

いいランディングページとはと聞かれたらなんと答えるか。色々な見方があると思いますが、まず初めにそれが自己満足で終わらない人に見てもらうものだという意識を忘れないことじゃないでしょうか。デザインでもそうですが制作段階で自分ひとりで組み立てるとき、一連の流れで自分しか携わらないとどうしてもその本人の好み、理解度だけで作成してしまうことがあります。

しかしランディングページと言うのは多くの人に見てもらい、興味を示してもらい、またそこから多くの場合購入の糸口などにしてもらう窓口です。多くの方に好印象を持ってもらうために

私はランディングページを作る段階でまったくの素人の方でも何でもいいので見た目だけでも見てもらってその印象を聞いてみたりします。

そうすると大抵はあーだこーだと意見を言われます。

時には自分がいいと思ったことも酷評されます。



ですがそれこそまさに一番ほしい情報です。

そこで作り手の意見で分かってないなで終わらせないこと。

こういう意見があったかと自分とは間逆となるような意見でも

耳を傾けることです。



作成段階ならいくら作り直しても取り返しがつく。

そう思って作成段階で見てもらう。意見を聞くことが公平な見やすいランディングページとなり結果、いいランディングページを作るコツに繋がるんじゃないかと僭越ですがそう自分自身には言い聞かせております。
タイトル
ユーザーが信用してくれるようなページを制作する

ユーザーが信用してくれないようなランディングページであれば、コンバージョンには当然ですが結びつきません。では、ユーザーが信用してくれるようなページを制作するためにはどうすればいいのでしょうか?

そのためには、ソーシャルプルーフがポイントになります。ソーシャルプルーフというのは、多く人が行うような行動が正しいことである、というようなことを言います。

例えば、行列が飲食店でできていると、そのお店は間違いなく非常に美味しいだろうと誰もが思うでしょう。高い評価を多くの人がある映画につけていると、非常にいい作品だろうと誰もが思うでしょう。

ランディングページにこのことを当てはめてみましょう。その業者がサービスしている商品などに対して、高い評価を多くの人がしている証拠を示せば、ユーザーは多くの人が高い評価をしているため、間違いなくいいものだろうと判断するのです。いいランディングページをデザインするためには、このようなことに注意し+ましょう。
タイトル
商品単体よりイメージを伝えたいランディングページ

ランディングページを制作するにあたり心がけることは、商品そのものの名前や写真をアピールしたり、自分のお店の名前や会社名をまず知ってもらうより先に、商品を使うことによってどんな成果や利点や効能が得られるかユーザーへメリットを提示することです。

商品情報や企業情報を発信するだけの存在ではなく、ユーザーへ訴えかけるようなライティングページや、ユーザーがサービスへ求めることを提示したランディングページの方が遥かに効果的であると言えます。

具体的には、ユーザーがサービスや商品を利用した事例を載せるようにしたり、今までの売上実績を紹介するのも効果的です。

ランディングページの制作でライバルに負けないためには、ユーザーへ信頼してもらえるサイト作りが欠かせません。

写真を豊富に取り入れて文章だけではなく視覚的に情報を掲載したデザインで華やかな雰囲気にしたり、ユーザの声を宣伝したり、過去の利用者数や販売数を公表するなどして、多くのユーザーや利用客を抱えていることをアピールしたりすれば、ユーザーの購買へのハードルを下げられるのでおすすめです。
タイトル
ランディングページにユーザーの声を紹介する場合の注意

ユーザーの声を掲載することが、いいランディングページを制作するコツです。では、ランディングページにユーザーの声を紹介する場合には、どのようなことに注意するといいのでしょうか?

いいランディングページをデザインするために掲載する体験談や感想の内容は、どのようなものでもいいということではありません。メッセージがあまりにも弱いと、掲載しない方がいいこともあります。

例えば、人生が変わってきました、もう手放すことができません、などというような、テレビのCMでも耳にしたような感想だけが掲載されていると、どのようなイメージになるでしょう?感想は本当なのかと疑問に思うし、基本的に体験談の具体的なものがないため、参考に全くならないでしょう。

また、中小企業の社長のためのコーチング業者のページに、ユーザーの推薦の言葉として、大会社の管理職の言葉が掲載されているような場合は適当ではないでしょう。このような場合は、推薦の言葉を中小企業の社長をクライアントの中から選んでもらうようにしましょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.