上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
商品の外観を想像することができるようにデザインすること

ランディングページを制作する場合には商品を説明するようになります。ランディングページで商品を説明する場合には、商品の外観を想像することができるようにデザインすることがポイントになります。商品をランディングページで説明する場合には商品の写真、サービスを説明する場合には、サービスを行っている人の写真などがいいでしょう。オファーを説明する場合には、イメージ図のオファーの外観のものなどを使いましょう。

オファーの場合には特に注意する必要があります。オファーというのは、集客用のオリジナルに売り手が作った無料の商品であるため、すぐにユーザーは内容を想像することができません。そのため、冊子やレポートの場合には、ページ数やサイズなどを紹介して、外観を想像することができるようにしましょう。また、試供品の場合には、大きさや量をはっきりと記載しておくようにしましょう。また、ネーミングが大切なポイントになることもあるため、ネーミングについても十分に検討しましょう。
タイトル
ランディングページはデザインをあまり重視しなくても大丈夫です

インターネットをビジネスとして利用する場合、ランディングページがその成否を握ると言うケースは少なくありません。

では良いランディングページは何かというと、見込み客がアクションを起こしてくれるものです。

そのために重要な要素は何なのか?

実は以前、1つの実験をしたことがあります。

ある商材を販売する場合に二つのランディングページを用意しました。

1つはプロに制作してもらったデザインに優れたサイトです。

見た目からして、すごくカッコよく、今風のランディングページと言えます。

もう一つはhtmlに関してもあまりよく分かっていない自分がホームページビルダーを使って作ったランディングページです。

で、結果はどちらが売れたかというと、見た目も悪い自分が作ったランディングページのほうだったのです。

売り上げ数だけでなく、コンバージョン率も自分の作ったほうが上でした。

これらの点からデザインはあまり重視しなくても大丈夫だと実感しました。
タイトル
ランディングページ訪問者さんの答えがわかることが大事

いいランディングページを作るのに、デザイン制作に凝る方は多いです。シンプルで見た目がいいランディングページは魅力があります。しかし訪問者さんは、何かで悩んだり情報を知りたくてランディングページを訪れます。なので、しっかりと答えがわかることが大切なのです。タイトルとは違う、どんな詳しい情報があっても、親切ではありません。タイトルで疑問に思ったことが、解決できるような、ホームページを作ることが大切です。また公式ページに書いてあるようなことは求めていません。実際に使った感想とか、オリジナルの文章が求められます。もちろん、見た目がごちゃごちゃしていては、どんないいページでもすぐに閉じられてしまします。見た目と内容とどちらも大事ということです。難しい言葉をつかっったり、言葉を飾る必要はありません。しっかりと相手の気持ちになって作ると、気持ちは必ず伝わります。たくさんの人に共感してもらうのではなくて、ただひとりの人へのメッセージを伝える気持ちで作りましょう。
タイトル
コンバージョン率の高さが一番大切な指標になります

ランディングページを制作する場合には、コンバージョン率の高さが一番大切な指標になります。

では、コンバージョン率とはどのようなものなのでしょうか?

コンバージョン率を計算するためには、ランディングページへ訪問した人の数を登録している人の数で割ります。

このようなコンバージョン率を掴むことができれば、コンバージョンの流入を次に探りましょう。

つまり、ユーザーの流入分析を行うことです。

コンバージョンが流入する経路別にわかると、ページのコンテンツとユーザーが流入する前に持っている検索キーワードや期待値がわかります。

ページに記載している内容と訪問するユーザーが持っている期待値がもしマッチングしていないような場合には、訪問したユーザーはページからすぐに離れていってしまいます。

このようなランディングページのデザインが簡単にできるようなものもあります。

このようなものはネットで紹介されているので確認してみましょう。
タイトル
ファーストビューは十分に考えられた画像や文言で制作すること

ランディングページにおいてスクロールしないで画面に現れる範囲であるファーストビューというのは、十分に考えられた画像や文言で制作することが必要になります。

そのサービスや商品が提供することができるメリットについて、シンプルでしかもはっきりと示すようにしましょう。

また、商品のイメージにマッチした画像をデザインして、その商品を使っている感じをイメージ付けすることも大切です。

サービスや商品についてのメリットがランディングページのファーストビューではっきりと示されていると、すぐにそこでアクションボタンをクリックするような人も出てくるでしょう。

一方、慎重な人の場合は、さらにメリットを探すためにランディングページをスクロールをするようになるでしょう。

このような心理状態にマッチするように、メリットをファーストビューに明示して、そのサービスや商品を選んでも心配ないということを感じさせるためのユーザーの声や画像を掲載したり、アクションボタンをところどころに準備したりすることが必要でしょう。
タイトル
ランディングページはひと目でわかりやすく作る

ランディングページとは検索でやってきたお客様たちが初めに目にするとても重要なページです。このページのでき次第で売り上げが変わってくると言っても過言ではないでしょう。

そんなランディングページで大切なもののひとつにキャッチコピーがあります。キャッチコピーは商品の魅力を伝えるだけでなく、このページにはあなたの求めているものがちゃんとありますと伝える効果もありますのでしっかりと制作したいものです。

最も集中して見られるのはページの上部、上から少し下辺りなのだそうです。ですのでその辺りにより食いついてもらえるような情報を載せ、最後まで読んでいただけるように興味を惹きつけることも大切でしょう。

カートなどのデザインもわかりやすくしたいところです。商品を気に入っていただけてもその場で購入できなければ、面倒くさくなって買わずに去ってしまうということも考えられます。ですのでカートの位置やボタンのわかりやすさも良いランディングページを作る上で大切なコツと言えるでしょう。
タイトル
素晴らしいランディングページを作るためには

あなたのホームページやブログなどは、素晴らしかったりページがしっかりとしていて見やすいでしょうか?



当然のことですが、全く魅力がないサイトであれば、誰も興味を抱きませんよね?少しでも読者の方たちに興味を持ってもらえるような、素晴らしいランディングページを作り上げることができれば、格段にアクセス数もアップし、魅力的なサイトとなるはずです。



そのためには、人々を惹きつけるような素敵なデザインで制作することも大切になってきますよね?



多くの読者は、自身に有益になるようなサイトを訪れたいと思っています。そのために、ちょっと見ただけで全く興味を抱かないようなサイトだと、すぐに帰られてしまいます。



なるべく、わかりやすいランディングページで、読者に共感してもらえるようなランディングページを仕上げる必要があるでしょう。



最初はなかなか大変かもしれませんが、ある程度傾向を調べ、どのようなものであれば興味を持ってもらえるのかを対策していけば、きっと素晴らしいサイトができるはずです。
タイトル
1ページだけでも自分で作ってみるようにしましょう

ランディングページを制作するツールを使用したり、プロの業者に頼んだりするのが困難であるというような場合もあるのではないでしょうか。

では、このような場合にはどうすればいいのでしょうか?

このような場合には、とりあえず内容にあまりこだわらないで、1ページだけでも自分で作ってみるようにしましょう。

そのためには、無料のブログを利用してもいいし、HTMLで自分で作るのもいいでしょう。

1ページだけでも自分で作ってみれば、「企画」がランディングページをデザインする際に最も大変で大切であることを理解することができるでしょう。

何を、誰に、どのようにして伝えれば効果を期待することができるのか、どのような打ち出し方法を競合している会社は採用しているのか、などというようなことが分かってくるでしょう。

成果をランディングページにおいて出すためには、分析調査を事前に十分に行って、これをベースにして戦略をトータル的に立案することです。
タイトル
メリットをユーザーに与えることが必要です

いいランディングページを制作する際のポイントについてご紹介しましょう。

いいランディングページを作るためにはメリットをユーザーに与えることが必要です。例えば、ユーザーが非常に欲しい情報やものを準備する、内容は有料クラスのものが必要である、この情報を入手することによってどのようなメリットがあるのかを示す、言いたいことを目立たせる、などということが必要です。

いいランディングページを作るためにはユーザーに考えさせないことが必要です。例えば、小学生でも分かるようなシンプルな言葉にする、専門的な言葉は使わない

ようにする、理解しにくいような表現は、画像やイメージ図で補うようにデザインを工夫する、具体的に入手することができるメリットを表現する、一切はっきりしないような表現は使わない、実際に読んでみて、ちょっとでも詰まったところがあればシンプルな表現に治す、常に主役はユーザーである、などというようなことが必要です。
タイトル
背中をそっと押してあげるような感覚で作るランディングページ

ランディングページは結果を求めるという状態にするのが目的のページですので、見に来るユーザーに対しては何かしら動きをしたくなるように雰囲気出し切ることが大切です。

商品の情報をしっかりと出すには文字よりも少ない一文とイメージが伝わる画像をたくさん使うことが良いデザインになります。

ランディングページを制作する場合はその部分を大切にすることで商品を欲しい人や気になっている人の背中をそっと押してあげるような感覚で作りこむのが良いです。

商品のイメージが沸くようにするには、商品の性能や品質もアピールしつつ、実際に手に取った時の感動や使った時の喜びが伝わるように作るのが良いです。

物だけだとイメージが沸きにくいのでアピールしたい商品を使うことによってどんな風な自分になるかということを連想させることでより商品の価値をわかってもらえるようになります。

ランディングページをすべて画像だけにしてしまうと表示が遅くなってしまうということもあるので、なるべく軽い画像やユーザーが使う端末に合わせて表示が変わるように見やすくて軽いページにしておくことも大切です。
タイトル
客を引き付けるためのランディングページ制作とは

ランディングページでお客さんを引き付けるためには、ターゲットを想定したり、他のライバルサイトやサービスとの違いをアピールすることが大事です。

他の似たような業者ではなく、自社製品や自社のサービスを利用してもらうためには、何らかの希少性をアピールすることが大切です。

このページから購入した人限定で送料無料といった特典を用意したり、ここからの注文なら限定割引があると記載したり、お得感を煽るための工夫を行うことも大事になってきます。

また実際にはそうではなくても、数量限定といった文字を掲載したり、限定発売といった特性を用意すると、格段にランディングページでの購買率を高められます。

また、他のライバル製品に対して価格や成分や売り上げなど優れた点がある場合には、それを記載することも大事です。

ランキング上位という実績や、業界トップクラスの配合量や売上、雑誌に掲載歴ありといったキャッチコピーや権威に惹かれる顧客はとても多いです。

良い売上げ実績がある商品の場合は、人気度の高さや過去の売り上げの良さなどを積極的に打ち出したデザインのランディングページを制作するのもおすすめです。

日本人はブランドが大好きですし、実績ある商品や人気を呈する商品と聞くと、買いたくなる人も多いです。
タイトル
有益な情報が欲しくて検索していることを忘れないで欲しい。

私は全くの素人で、ホームページ制作は、大昔に趣味のページを作成したに留まります。よってランディングページへの意見は、使う側からの目線のみとなります。

まずランディングページに対して言いたいのは「スクロールし過ぎて、どこに何があるか分からなくなるほど長いページは止めてくれ。」ということです。

素人がランディングページにたどり着く際、何もセミナーに参加したかったり、商品を買いたりしたくてたどり着く訳ではありません。大概は単に何かを調べていたら、そのページにたどり着いたまでのことです。

よって宣伝丸出しで、思わせぶりなだけで肝心の役立つ情報が一個も書いていない場合、正直憎しみすら感じます。

長々とスクロールし、指が痛くなった挙げ句に「資料請求」の文字にたどり着く徒労感…。時間泥棒です。

たとえ宣伝が主目的であっても、「役に立った」と思える内容が、複数個所入っているのが理想です。

同じく時間を無駄にしたくないという観点から、ロードに時間がかかる動画も止めて欲しいです。

最近は見やすいデザインのランディングページも増えていますが、肝心なのは「有益な情報が入っていること」。これに尽きます。
タイトル
レイアウトがランディングページを制作する場合のポイント

レイアウトが、ランディングページを制作する場合にはポイントになります。

では、ランディングページをデザインする場合のレイアウトとしては、どのようにするといいのでしょうか?

ページのレイアウトは、できるだけシンプルなものにしましょう。ランディングページへ訪問するユーザーは、わずか数秒で、訪問したページを続けて見るのか、それともすぐにページから離れて行くのかを決めます。

このようにページへ訪問したユーザーは、訪問したページがいいかどうかということを瞬時に判断するようになります。

そのため、当然ですが、ページのレイアウトにおいて訪問するユーザーの立場でシンプルにメッセージがまとまっているような場合には、ページのコンバージョン率を非常に改善することができます。

ページのレイアウトをデザインする場合には、統一感を自分の別のページと持たせるようにしましょう。

そのため、ある程度ページのレイアウトは統一するようにしましょう。
タイトル
良いランディングページには質の高い文章がある

デザインも大切ですが良いランディングページには質の高い文章が使われていると感じます。あるときからWebライティングという言葉が出回るようになりました。今までの紙面媒体とは違い、WebにはWeb用のライティングが必要になってくると言うことなのですが、ランディングページにもそれが当てはまるように感じます。やはり素人が書いた文章ですと表記が統一されていなかったり、何を言いたいのかわからなかったりといったことがあります。制作会社で頼めるプロのWebライターにはもちろんそういったことはありません。さらにたとえば商品を販売するランディングページでしたら、成約へと導くための効果を高めるための工夫を沢山していくでしょう。言葉ひとつで人間の感じ方は大きく異なります。自分でランディングページ用に文章を書きたいと思った場合でも最後はきちんとプロのWebライターの方に添削してもらうと良いでしょう。文章の質が確実に上がるかと思います。そうやって作られたページは質の高いものになると思います。
タイトル
いいランディングページのためにはカプセル化が大切

いいランディングページをデザインする場合には、カプセル化ということが大切になってきます。

では、カプセル化とはどのようなものなのでしょうか?

カプセル化というのは、テクニックの伝統的なもののひとつです。

ページを訪問する人の視点を奪うために、トンネルの中を走っている状態のように中心だけに視野が絞られるというトンネルビジョン効果を狙う場合に使用されるものです。

例えば、画像の場合に、円形のアーチが他の場所に視線が移るのを妨害して、特徴がある奥にある形に視線がいくように作るものです。

ランディングページの場合でも、アクションボタンに自然にユーザーの視線が誘導されるように制作する必要があります。

なお、アクションボタンというのは、ユーザーがウェブサイトを訪問した場合にとって欲しい行動に誘うボタンのことです。

また、このアクションボタンのことをCTAボタンとも呼んでいます。

カプセル化によっていいランディングページを作りましょう。
タイトル
いいランディングページは高いコンバージョン率がある

簡単に言うと、いいランディングページというのは高いコンバージョン率があるものを言います。

ランディングページを制作する目的は、サービスや商品をできるだけ多くのユーザーに売ることであるためです。

ランディングページにユーザーが興味を示して、商品を実際に購入するまで誘導することができるようにデザインすることによって、売上実績をアップすることができます。

高いコンバージョン率のページを作るためには、できるだけ多くのユーザーが興味を示すようなタイトルにしましょう。

キャッチコピー・キャッチコピーは、大きくページの最も上部に表示しましょう。

タイトルを表示する目的は、興味をできるだけ多くのユーザーに持ってもらうこと、ページはユーザーが見つけているものであるとすぐに分かるようになることです。

タイトルというのは、非常にコンバージョン率に影響します。

そのため、タイトルを、決める場合には慎重に検討するようにしましょう。
タイトル
ランディングページにはキャッチコピーが必要です

インターネットユーザーにとってネットで見るべきものは無数にあります。

ちょっと検索すれば、スゴイ数のホームページがヒットします。

ですから、興味が無いものをわざわざ読む人はあまりいません。

もし、あるホームページを開いた後、それに求める情報が無い、あるいは内容に興味が無いと判断したら、ユーザーは即座にホームページを閉じてしまいます。

時間にしてわずか数秒でユーザーは見るか閉じるかを決定します。

そのためランディングページを制作するにあたって重要なのは、訪問者がそのランディングページを閉じないようにするということです。

数秒が勝負ですから、いくら良いコンテンツを持っていたとしても、それが伝わらず閉じられてしまうこともあります。

もちろん、デザインだけ良くてもダメです。

それを避ける方法としてはキャッチコピーが有効です。

このコピーでランディングページの内容が有益であると判断してもらえるようにしないといけません。

つまり、上手いコピーを書けるかが勝負と言えます。
タイトル
インパクトがあるようなヘッダーにしましょう

ランディングページをデザインする場合のポイントについて見ていきましょう。

インパクトがあるようなヘッダーにしましょう。

ヘッダーというのは、一番ページの上にあるもので、最初にユーザーが目にするところです。

ヘッダーとしては、商品のメインになるものであるため、イメージ画像、使用例と一緒に、タイトル文のようなユーザーの目を引くキャッチコピーが必要です。

最初に強いインパクトがあるほど、十分にユーザーは見てくれます。

そのため、このヘッダーが弱ければ意味が広告として全くありません。

流れはストーリー性があるものにしましょう。

ランディングページというのは、1枚のページを下にスクロールします。

そのため、長いだらだらとしたものはユーザーに嫌がられます。

短くても内容が十分にあり、次にユーザーが読んでみたくなるような、画像や文章を準備しましょう。

ランディングページを制作する場合には、驚きや面白さ、ワクワク感が常に必要なのです。
タイトル
ランディングページを制作する目的とはどのようなものか

ランディングページを制作する目的というのはどのようなものでしょうか?

ここでは、ランディングページをデザインする目的について見ていきましょう。

ページに訪問するユーザーに対して、商品を買ってもらったりたり、情報や資料を何か入手したりしてもらうためであれば、ランディングページのみで訪問するユーザーが必要とする情報は完了しましょう。

いろいろなページへ、ユーザーを移動させるようなことはしないようにしましょう。

そうすると、訪問したユーザーは戻ってくれきてくれません。

また、リンクを余分に貼るようなことは必要ありません。

できるだけ、グローバルメニューやバナーなどのリンクも少なくするようにしましょう。

バナーやグローバルメニューを無くしたのみで、コンバージョン率が1割近くもアップすることがあるそうです。

このように、ユーザーが本当に必要としている情報を完結させて、できるだけバナーやリンクは排除するということが基本になります。
タイトル
ランディングページの第一は期待を抱かせること、 

先ず、ランディングとは飛行機などが滑走路に着陸する状態やスキーのジャンプ選手がバーンに着地することを意味します。 即ち、ランディングページというのはWeb上の訪問者、即ち外部から興味や何らかの意思を持って此のサイトにやってくる際、最初に見ることになるページのことで、トップペ-ジとも称しています。

例えば、本に喩えるならば表紙の部分であり、如何に表紙の装丁を良くし一目でわかるインパクトを与える題名にするかがポイントになります。



折角、広告や検索エンジンによって訪問者してきても、このランディングページの見た目や内容が良くなければ、アッサリと別のサイトに行ってしまう可能性があります。

興味を持ってやってきた訪問者を逃さず離さずに、「おっ、此れな何だ・・?」と何らかの引きつけをさせる工夫を行うことがランディングページであり、此れには目で見て感じさせる最適化が必要になってきます。



此れら最適化のポイントとして、先ずシンプルで見やすく、チョットユーモラスの中にも、目的がはっきりしていて、而も、其の結果が鮮明に判ること、此等が大事な要素になります。



よく公告用語の基本として、「何が、何して、何とやら」といいますが、ページ全体のデザインからすると見た目のイメージを良くし、目で読み込んで直ぐに理解することが出来、果たして其の結果がどうなるのか、という期待を抱かせるような制作を心がけることが、ランディングページの必要なこととなります。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.